FC2ブログ

独り言 その壱千弐百五拾六

 大きいだけの鈴蘭です。





(´・ω・`)
(つ■と)
…漢字ねぇ…。




 難読漢字、というのも判断が難しいものがあるんですよね…。
 単に字面が難しいから難読、というものでもあないと思う鈴蘭です。

 広く認知されているものであれば、字面が難しかろうが、何を指す言葉であるのかを察するのに苦労はしないはずです。
 何かにつけ触れる機会があり、興味が無くとも目にするものであれば、頭の中に関連するイメージが出来上がると思うのですよ。
 読めずとも、『あー…コレってアレでしょ?』となる。
 …そんな難読漢字は多いと思います。

 個人的には、そうして意が通じているのであれば、『読めていない』とは言い切れないのではないかな、と。
 学校のテストであれば話は別ですが…意を汲むことにこそ、意味があることなのですから。



 その点、地名とかは…馴染みの無い人にしてみれば、サッパリ分からないものが多いんですよね…;



 関西だと…そうですね、この辺の地名は他の地域の人には読めないかも?
 ※読みは白色反転させています。

 我孫子 あびこ
 出灰 いずりは
 立売堀 いたちぼり
 大饗 おわい
 交野 かたの
 喜連瓜破 きれうりわり
 孔舎衛坂 くえざか
 杭全 くまた
 四条畷 しじょうなわて
 十三 じゅうそう
 住道矢田 すんじやた
 蕎原 そぶら
 土師ノ里 はじのさと
 放出 はなてん
 日置荘 ひきしょう
 枚方 ひらかた
 三栗 めぐり

 …他にも難しい地名は、日本各地にいっぱいあります。
 大陸から入ってきた外来語が訛って定着した言葉が、今の地名になっていたりもするようですし…。
 北海道や沖縄は、そもそも言葉が違いましたしね;



 …そうそう。



 こうした難読地名と言えば。
 京都に引っ越す方が『住所の字面から選ぶならココ(´・ω・`)!!』という場所があるそうで…。
 春先などに、不動産屋がよく問い合わせを受けるという話を聞いたことがあります。

 それが『天使突抜(てんしつきぬけ)』。



 …この地名、実は人気に反して有難くない謂れがあります。



 応仁の乱によって二条より北の地域…所謂『上京』が焼失したものの、続く戦国時代において復興など進むはずもなく…安土桃山時代以前の京都の町は、ひどく荒廃していました。
 その有様を見た織田信長は、上洛の際に治安回復と復興事業に着手。
 責任者として奉行を置きますが…その役を担ったのが羽柴秀吉…後の豊臣秀吉でした。

 織田信長の没後、天下人となった豊臣秀吉は亡き主君の遺志を継いでか、京都を日本の首都に相応しい町とするために、4つの大規模土木事業を推進します。

 1.御土居(おどい)と呼ばれる、京都全体を囲む、外敵の侵入防止を目的とした城壁の建設。
  ※現在も遺構の一部が現存しています。土塁と堀で構成されたもので、外周は約22kmにもなったそうです。

 2.外国の使者を迎える迎賓館…聚楽第(じゅらくだい)の建設。
  ※秀吉の政務を行う庁舎としての性質がありましたが、天皇を招いて饗応したり、イベントの会場などにも使用。
    しかし、築後8年あまりで取り壊されたため、実像については謎が多いのだとか。


 3.寺社勢力の切り崩しの為に、信者と寺を切り離すように移築を進めた寺町造成。
  ※戦国時代の寺社勢力は戦国大名にも匹敵し、度々武家と衝突してきました。
   織田信長の半生は、こうした寺社勢力との争いでもありましたし、それを間近で見てきた秀吉だからこその政策でしょう。
   『刀狩』にも見られるように、秀吉は社会制度の改革に熱心だったようです。


 …そして、4つめ…京都の市内を大規模に作り変えた『天正の地割』と呼ばれる、区画整理事業です。

 よく、京都の旧い家を『うなぎの寝床』と言いますが。
 こうなったのは、豊臣秀吉が行った『天正の地割』の結果なのですね。



 京都は古くに区画整理がされており、豊臣秀吉が生きていた頃には、既に碁盤目状に道路が作られていました。
 しかし、その間隔が広く…。

 □□□□□□□  □…道路
 □■■■■■□  ■…家屋
 □■◇◇◇■□  ◇…空き地
 □■◇◇◇■□
 □■◇◇◇■□
 □■■■■■□
 □□□□□□□

 …通りに面していない場所が、空き地となっていたり、農耕地になっていたりしました。
 京都が広大な平野にある町であれば、こうした空き地をそのままに、町を大きくすれば済む話ですが…。
 盆地の底の限られた土地に作られた京都という町において、その住人を増やすには、こうした空き地を有効活用する必要があったのです。
 そこで、この問題を解決すべく豊臣秀吉は…。

 □□□□□□□  □…道路
 □■■□■■□  ■…家屋
 □■■□■■□  ◇…空き地
 □■■□■■□
 □■■□■■□
 □■■□■■□
 □□□□□□□

 空き地を貫くように通りを増やし、空き地を宅地として開発したのです。
 こうした事業により、京都の人口は短期間のうちに倍増したという記録が残っています。

 …が。

 良いことばかりでもなく…問題もありました。

 □□□□□□□  □…道路
 □■■☆■■□  ■…家屋
 □■◇□◇■□  ◇…空き地
 □■◇□◇■□
 □■◇□◇■□
 □■■☆■■□
 □□□□□□□

 道路を通す上で、☆印の位置にある建物を壊す必要があったのですが…。
 道路の建設予定地に『五条天神宮』の聖域…境内が含まれていたのですね。

 神であれ仏であれ、自分にとって不要と思えば寸毫も斟酌しない…というのが豊臣秀吉という人です。
 彼は、住民の反対には耳を貸さずに、道路建設を進め…



 …ご覧のように、神社の境内を突っ切って道路を通してしまいました。
 これを恨みに思った住人たちが、『太閤殿下が、有難くも神社を突っ切ってまでお作り下された道路なんですよ』という皮肉を込めて『天使突抜』という名前を付けたのだとか。
 知らない人が見ても…そんな謂れがあるとは、思いもしませんね、これは;

 しかし、こうしてみると…。

 背景を知ることで、難しい字の読み方が忘れられなくなると思えば。
 勉強というものは、一直線に成果を目指すのではなく。
 遠回りしてこそなのではないかな…などと、改めて思ってもみたり。



■今日のニークス

pso20171209_022855_000.jpg
                       (C)SEGA

 新生トナカイさんのネタを書こうと思ってたら、前段が長くなりすぎました…。
 …トナカイさんは明日にしましょうか;



〒 〒
(´・ω・`)
(つ x と)
…え、ここで待ってた私は!?




 明日まで寝ててくださいな;
スポンサーサイト



コメント

  • 2017/12/12 (Tue)
    01:52
    読みが難しいとかややこしい地名

    趣味の一環で各地を旅したり、航空自衛隊の基地などに行ったりしますがそれだけで難読な地名のオンパレードです。

    特徴的なのが九州で
    基地と地名で 築城新田原 というものがあります。

    福岡県には築城基地(ついききち)と新田原駅(しんでんばるえき)
    宮崎県には新田原基地(にゅうたばるきち)


    他には、
    新潟市の上沼垂なんかは鉄道ファンなどには有名な地名ですがそうでなければ地元民しか知らないような読み方でしょうねぇ

    我が地元もマイナーな地名がてんこ盛りではありますが…

    …コメントにはファイルを付けられないのか…折角写真をぶっ込もうと思っていたのに

    スカイフラッシュ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する