FC2ブログ

独り言 その壱千弐百五拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。



pso20171112_114018_004.jpg
                       (C)SEGA


 もうすぐクリスマスですか…。
 このロビーにも、そろそろクリスマスツリーが立つんですねぇ…。



 …そう言えば…。



 私の実家は六甲山系の登山道に面しており。
 クリスマスには電飾を庭先に飾って、その通りを照らしていたのを覚えています。
 街灯もない暗い山道だったのですが、日が沈んだ後も人の通りが無いではありませんでしたし…。
 実用が転じて、という感じでしたけどね;

 その当時は、屋外用の太い電源ケーブルを引き摺って庭先に電飾を飾ったものですが…。






(´・ω・`)
(つ■と)
…こんなのがあるんか。




 ワイヤレス給電のシステムに『Qi(チー:中国語の『氣』に由来)』という規格があります。
 これに対応したスマホの充電用のユニットが販売されていたりするので、ご存知の方もおられるかもしれません。
 ただ…胃カメラなどをワイヤレス給電システムで動かす…といった医療分野での実験が行われている、という話などは聞くのですが…。
 ワイヤレス給電システムを、スマホ以外の用途で実際に見た記憶が、私には無く。
 この記事を目にして、改めて疑問に思って調べてみると…。
 どうやら、ワイヤレス給電システムには『Qi』のような低電力向けの規格1つきりで、他に規格はないみたいですね。
 SFなどで登場するような、衛星軌道上の太陽光発電衛星から電力を伝送する規格などは存在しないのだそうです。



(´・ω・`)
(つ■と)
…海のものとも山のものとも分からんか。




 「宇宙太陽光発電」の実現性確認 JAXA、上空からのレーザー送電実験に成功 気になる「焼き鳥問題」は…

 …近年、ようやく道筋が見えてきたかも、というくらいですしね;
 そこに規格が出来るはずもありません。



 まぁ…そんなスケールの大きい話はともかく。
 スマホ向けの技術で、こうした遊びを思いつくのは素晴らしいですね。
 『出来ないこと』ではなく、『出来ること』を。
 そうした工夫の形は、私の興味をそそります。



  ワイヤレスLEDかぁ…(´・ω・`)



 …これ…あれですね。
 プラモやフィギュアに埋め込んで、中から発光させたりとかも出来るなら…。
 そうしたモノ以外でも、ちょっとした工夫で色々なものがインテリアに出来そうな気がします。

 …そう、たとえば…。



*・゚゚・*:.。..。.:*・゚〒 〒・*:.。..。.:*・゚゚・*
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(´・ω・`)・*:.。..。.:*・゚゚・*
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(つ x と)・*:.。..。.:*・゚゚・*

…。




*・゚゚・*:.。..。.:*・゚〒 〒・*:.。..。.:*・゚゚・*
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(´・ω・`)・*:.。..。.:*・゚゚・*
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(つ x と)・*:.。..。.:*・゚゚・*

…何か?




■今日のニークス



(´・ω・`)
(つ■と)
…おや。




 アークスのフレさんの中には、最近までADSLでアークスシップに乗船されていた方がおられます。
 そうした皆さんも、NTTの事前の案内によって多くが光回線への乗り換え手続きをしていたのを知っています。
 しかし、こうしたインフラの整備というのも難しいもので…。
 先行する規格で一定以上の環境が出来てしまっていると、後に続く規格というものは、どれだけ便利なものであっても浸透し辛いのですよね。

  『今、過不足なく使えてるのじゃイカンの(´・ω・`)?』

 個人のレベルでは、古かろうが関係ありません。
 不便でないなら、不都合など感じるものではなく。
 不都合でないなら、不満を抱くことなどないのですから。

 得てして、自身の置かれた環境の不便さというものは、自分自身では実感しにくいのです。

 ただ…技術が進歩し続けている以上、新しいサービスは増え続けます。
 サービスを提供する立場では、古いものも新しいものも、並行して…という訳にはいきません。
 古いものにも、維持するには相応のコストがかかり。
 それは、決して安いものではないのですから。



 これまで、のんびりとアークス稼業に勤しんできた鈴蘭ですが…。
 そろそろ装備が型落ちしてきた感があり。
 ユニットの構成の見直しを検討しています。

 いやぁ…。

 最近の『レアドロブーストの代わりに、敵攻撃力上昇』みたいな環境だと、死んでしまうことが増えたのですよ。
 元よりゲームが下手なので、こうした変化で直ぐに影響が表れてしまいます。
 足りない分を装備で補わないことには、直ぐに行き詰ってしまうのです;



 …ただ、ここで装備を乗り換えるとしても。

  『これが今、いちばん強いですよ?』

 それでは、私の動く理由にはなりません。



 数字に表れる強さは理解しています。
 …しかし、私は数字上の強さを求めている訳ではなく。
 数字を使う、人の強さに憧れているのです。

 どうせ服を買うなら、身の丈に合ったものを。
 たとえそれが安物であろうと、なんであろうと…

  『それが、いちばん似合ってますね』

 …そう言って貰えるものこそが、『いちばん』ではないか。
 そう思う鈴蘭ですから。
スポンサーサイト



コメント

  • 2017/12/04 (Mon)
    17:41
    No title

    グリズランスピアにトゲトゲで禍々しいユニットが似合ってます(´ρ`)



    はすわり #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する