FC2ブログ

独り言 その壱千弐百参拾参

 大きいだけの鈴蘭です。



(´・ω・`)
(つ■と)

…さてさて。




 PC様のご機嫌伺いも一段落した、この週末。
 新調したレコーダーに溜まってきた番組を一気に観ようと、持ち慣れないリモコンを手にした鈴蘭です。

 アニメでは、『魔法使いの嫁』、『血界戦線』…あと、『3月のライオン』を今期の楽しみにしています。
 前期から引き続いては、『将国のアルタイル』とかを楽しみにしていたりも。

 いえ、それら以外のアニメも録画はしているのですが…。



(´・ω・`)
(つ■と)

まぁ、その辺は追々。




 未知の刺激よりも、既知の安心を求める…。
 そこには、私の保守的な姿勢が見え隠れするかのようです。

 立ち止まってしまうには、何もかもが勿体無いと分かっているつもりなのですが…なかなか;

 …まぁ、今は自省は脇に置いて。
 楽しみにしているものを、素直に楽しみましょう。



(´・ω・`)
(つ■と)

…えっと…魔法使いの嫁は…っと。




 …。
 妙ですね。
 タイトル毎にフォルダを分けて録画させていたのですが…。


  録画タイトル一覧
  ────────────
   …
   □血界戦線(4)
   □魔法使いの嫁(3)
   …


 同日同時間帯に録画している血界戦線は4話あるのに、魔法使いの嫁は3話しか表示がありません。
 …。
 ……。
 ………。
 どうやら野球中継の延長で、録画の自動追っ掛け機能の認識外にまでズレてしまった事が原因のようですね;
 録画失敗の扱いにならないのか、機械側から何のアナウンスも出てこないので、推測でしかありませんが…多分そうなのでしょう。



(´・ω・`)
(つ■と)
…ソンナー…。




 …まぁ、ネットの方で視聴は出来たので、一先ず落ち着きましたが…。
 気に入ったものは、常に手元に置いて繰り返し繰り返し楽しむ質なので、こうした『欠け』は本当にショックなんですよ…;

 …ただ…。

 自身の愛着を自身に知らしめる為に出来たもの…と考えれば、これはこれで良いのかな…とも思えるのですけどね。

 モノが『記録』である以上、傷があることで価値が失われるのは確かです。
 しかし、私と『記録』との間にあるものを考えれば。
 傷があることで見い出せる価値…というものもあるでしょう。

 私の中の『記録』の隙間は、私の『記憶』で埋められて。
 やがて『思い出』になることができるのですから。



〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)

傷がつこうが、好きは変わらん…それが私の『大事』さ。




■今日のニークス

 ここしばらく。
 なんやかやで、アークスシップに乗船する機会が減ってしまいましたが…。

pso20171029_135321_000.jpg
                         (C)SEGA

 愚図るPC様の様子を見ながら、こうしてコソコソとアークスをしている鈴蘭です。



(´・ω・`)
(つ■と)

…いやいや…。




Λ Λ
<´・ω・`>
(つ■と)

ダークブラスト、強いなぁ…。




 こうして新しい要素が追加されていき。
 それを追いかける楽しみが、途切れることなく続いていくのは有難いこと…なのですが。
 『新しいもの』の影で、使い潰され、捨て置かれてしまう形になっている『古いもの』があることが、残念でなりません。

 ものの新旧が入れ替わるというのであれば、それは仕方のないことなのでしょうが。
 しかし、このPSO2において…それが『仕方のないこと』と納得できるような、正しい形になっているのかが疑問にも感じるのですね。

 フレさんに言われて思ったのです。



 ダークブラストが強いのは良いとして…。
 ブラストはブラストでも『フォトンブラスト』は、これからどうなるのだろうか…と。



 ダークブラスト実装以前からも、既にフォトンブラストの使用傾向には随分と偏りがあったように思います。
 それが、ダークブラストの登場によって決定的になってはしまわないでしょうか?
 それとも、既に過去のものとなったフォトンブラストのことなど、気に留める必要などないのでしょうか?
 新しいものだけを見ていれば、それでいいのでしょうか?



Λ Λ
<´・ω・`>
(つ■と)

…それじゃ、きっとこの先も同じことの繰り返しになるよね…。




 時折、思い出したように掬い上げられる、古いもの。
 寺山修司さんの言葉だったでしょうか。

  『思い出さないでほしいのです。
  思い出されるためには忘れられなければならないのが
  いやなのです。』

 アドバンスドクエストのテコ入れ時に、『3年ぶりとか嘘でしょ?』という運営自身の言葉に私も笑ったものの。
 一方で、アドバンスドクエストの立場にしてみれば。
 そして、フォトンブラストの立場にしてみれば。
 …そんなことを思った鈴蘭です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する