FC2ブログ

独り言 その壱千弐百弐拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

 今朝は、久し振りの青空を仰ぎ見たのですが…。
 次第に天気は崩れてゆき。
 出勤する時間には、再び雨模様となった大阪です。

 この様子だと、未だに秋雨前線が頑張っているようですね…。

 天気予報を見てみれば、南の海上には台風21号が接近中だと分かります。
 この台風からの湿った風を受けて、前線の活動が長く続いているのかもしれません。

 当初、この台風は日曜日に本州直撃かと言われていましたが…。
 北上するスピードが予想よりも遅いようで、現時点での予報では最接近は月曜以降となっています。

 憂鬱な週の始まりに台風を迎えることになるかもしれないと思うと、更に気が滅入ってきてしまいそうですが。
 一方で、台風が月曜日に来ることを喜んでいる人達もいる…かもしれません。



 日曜日には衆議院議員総選挙があります。



 与党の圧倒的優位が予想されている情勢で。
 今回の選挙で、改憲勢力が改憲発議に必要な2/3議席を占めるのではないか…とまで言われています。

 ただ、投票率がどの程度のものになるのか…それによって結果が多少変わるかもしれません。
 日本では、投票率が高くなると野党の得票率が伸びる傾向にあると言われ。
 逆に投票率が低くなると、与党の得票率が伸びる傾向にあると言われています。
 普段投票に行かない無党派層には、潜在的な野党支持者が多い…ということなのでしょうが…。
 こうしたことから、日曜日に台風が直撃しては、劣勢にある野党にとっては都合が悪いのですね。

 なので…。

 月曜日の憂鬱なんてなんのその。
 台風が月曜日に来ることを一番喜んでいるのは、野党の候補者かもしれません。



 ただ、まぁ…。
 その様は、人事を尽くして天命を待つ…ではないですよね。
 印象としては、溺れる者は藁をも掴む…という感じです。

 見方の違い、なのでしょうけどね;



■今日のニークス

 Idle hands are devil's workshop.

 直訳すると、『手持ち無沙汰は悪魔の作業場』です。
 キリスト教における聖人の言葉とされる諺で…日本語としては『小人閑居して不善をなす』が当てはまると言われます。
 ただ、日本語で…とは言っても、この言葉自体は中国の故事が元となっており、本来は…

  『小人閑居為不善』

 …こう書きます。
 古代中国の儒教のお手本…『四書』の一つ、『大学』に記述のある言葉です。
 しかし、故事の成り立ちに諸説あり、一説には孔子の言葉ともされているそうですが、不明な点が多く…言葉は今に伝わっていますが、誰の言葉であるのかはハッキリしていないようです。

 …ところで。

 『小人閑居して不善をなす』という言葉ですが…。
 辞書には『小人物が暇を持て余すと、とかく悪事に走りやすいということ』とあり。
 実際に用いられる場面でのニュアンスとしては、『暇を作らずに働きなさい』と諭すものがあります。



 …しかし、この言葉。



 実は、全体から一部分を切り取ったもので、本来はもう少し長い言葉となっています。

  『君子必慎其独也、小人閑居為不善。』

 この言葉を通して訳すと『君子は一人となれば必ず慎み深くなるもので、小人物が暇を持て余すと、とかく悪事に走りやすい』となり。
 『小人閑居為不善』とは、少し言葉の意味が変わってきています。

 『小人閑居為不善』では、小人物が暇を持て余しても碌なことにならないのだから…と、『暇を持て余すこと』そのものを責める向きがありましたが。
 『君子必慎其独也、小人閑居為不善。』では、君子と小人物の行いの差を例に挙げて『君子は一人になれば慎み深くなるもので、それを見習いなさい』と、物事に向き合う姿勢を諭す向きがあります。

  『小人閑居為不善』

 これは、『暇を持て余さないようにするべき』という言葉ではなく。
 本来は『暇を持て余さないような人になるべき』という言葉なのですね。



(´・ω・`)
(つ■と)

…うむ。日々是精進。








〒 〒
(・´ω`・)
(つ■と)

…イヒ。




 …小人物なアークスの鈴蘭です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する