独り言 その壱千弐百壱拾六

 大きいだけの鈴蘭です。



(´・ω・`)
…。



(´・ω・`)
……。


(´・ω・`)
アプデが終わらん…。




 最近は夜のログイン時刻をズラした為に、アプデだけで出勤時間を迎えてしまうようになりました。
 なので、ハロウィンなアークスシップの様子については、明日以降の楽しみとしようと思います。



  …そう言えば…(´・ω・`)



 今年のハロウィン緊急はどうなってるんでしょう?
 ハルコタンに続いて、魔人さんの襲撃とかがあったりするんでしょうか。

 …というか、今更なことではあるのですが。

 そもそも、違う惑星に違う惑星の原生生物が出没する状況についての説明が欲しいところです;
 毎度毎度、司令部からは『よく分からないけど』みたいな曖昧な説明しかされてませんし…。
 アークスの使うフォトンプールみたいなものが自然発生して、そこを通ってきた原生生物が季節緊急に乱入してくるんでしょうか。
 これだけダーカーが好き勝手している状況です。
 環境にも思わぬ影響が出ていても不思議ではありませんが…。

 私などには、もっと俗っぽい理由で発生しているんじゃないか…などと思えてしまうのですよね…。



  だって…ねぇ(´・ω・`)?



 このアークスシップには、東京の河川敷に捨てられている空き瓶を、蒐集品として大金を出して買い漁っているような人が乗り合わせているんですよ?
 好事家相手に原生生物を扱うブローカーがいたところで、なんら不思議ではないでしょう。
 各惑星に出入りしているのがアークスばかりではないということは、ナウラ三姉妹の件から見ても明らか。
 きっとアークスシップには、全知君などでは及びもつかないような巨大な闇があるのです。

 

 そして。



 トナカイさんが、そのブローカーとして怪しいと睨んでいるのが…。



  シーなんよな…。(´・ω・`)



 …んでもって、その最大の顧客はフランカ。



■今日のニークス

 職場での休憩時間を利用して、ちょくちょく『アズールレーン』を進めています。
 シューティングゲームが苦手な鈴蘭ですが。
 育成したキャラクターたちを編成して艦隊を作り、シューティングゲーム部分をAIに任せて、事前に練り込んだ戦術で戦いを有利に進めさせる…といった遊び方もできるため、なかなかに楽しいのですね。

 その楽しさも手伝って、ブログやTwitterを通じてアークスの皆さんに近況報告めいたことをしていますが…。
 そのおかげもあってか、『アズールレーン』内でのフレンドさんが増えました。

  …というか、ヴォルフィードさんを始め、多くの人がやってたのに驚き(´・ω・`)

 皆さん、よく見ておいでですね…ホントに;
 って、そうそう。
 驚きついでに、もう一つ驚いたことこがあります。
 それは、皆さんのゲームの進捗具合。

 ゲームのサービスイン自体は最近のことですが。
 私が始めたのがサービスインから数日あとのことであったこともあり…。
 周囲の方に比べると、私は若干進みが遅いようです。
 
  …言っても微差だけどね(´・ω・`)

 第一回のイベントを未消化で終了したために、手持ちの戦力が少ない、若干レベルが低い…といったところですが。
 数値となって、目に見える形で現れる部分もあるわけで。
 改めて周りを見回し、『みんな強いなぁ…(・ω・`三´・ω・)』と感心しきりの鈴蘭です。



 まぁ、それでも…。







 
 …私なりの追い上げを狙っています。
 幸い、こうして望外の幸運に恵まれ、思っていたよりもずっと早くに私の艦隊を強くすることができそうです。
 
  …個人的には『飛龍は健在なり』の飛龍にも頑張って欲しいのだけどね(´・ω・`)

 何故といって…航空母艦『飛龍』は、このゲームでは強力な空母『赤城』『加賀』を入手する上で倒すべき敵として登場しており。
 来る日も来る日も、全国のプレイヤーから物凄い勢いでタコ殴りにされているであろう、不憫な子なのですよ。

 この辺はなんというか…もっと…見せ方があっても良かったのかなぁ、とは思うのですが。
 過去に実在した艦船を擬人化してストーリーを組み立てているのです。
 割を食う役割を演じなければならない船が出てくるのは、しょうがないことでしょう。

 判官贔屓、というわけでもありませんが。
 せめて、私の組む艦隊では活躍してほしいものです…;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する