FC2ブログ

独り言 その壱千弐百壱拾参

 大きいだけの鈴蘭です。



〒 〒
(´・ω・`)
(((つ■と)))

…!!?




 突然、持っていたスマホ様が震え出して驚いた鈴蘭です。
 基本的に、電話もメールも煩わしく思う私は、普段からスマホ様をマナーモードに設定して通知音もバイブ通知もカットしており。
 Jアラートなどの緊急速報でもない限り、軽々に動じるようなことはないはずのスマホ様なのですが…。





© 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.
© 2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.




 …なんというか、二重の意味で驚きました。
 『アズールレーン』は、ガチャの排出率がノーマル30%、レア51%、Sレア12%、SSレア7%という設定なのですが。
 新規登録者に配布されるボーナスなどを使って引くこと10回あまり。
 その尽くがノーマルだったという…。
 ある意味、確率に立ち向かったレアなケースを体験した、引きの弱い鈴蘭です。

  これは…ハズレIDってやつ…(´・ω・`)?

 この手のゲームには、『当たりID』と『ハズレID』がある…などと言われます。
 かつてはゲームのプログラムにおいては、乱数の生成というのは処理の負荷が大きく。
 疑似乱数を生成する簡素なプログラムを用いて、リソースを節約するのが良いとされてきました。
 最近はハードウェアの性能が向上し、こうした疑似乱数の生成プログラムの需要というのは、以前に比べ少なくなっているのかもしれませんが…。
 しかし、乱数の精度の高さを求めるよりも、他に優先すべきことはいくらでもあるわけで。
 擬似乱数というものは、今も使われ続けていると思います。

 そして、この疑似乱数というもの。
 乱数を作る上で、タネを準備する必要があります。

 言えば、サイコロを振る時の時間、振った人のID、振った人のステータス…そういった、サイコロを振る人が変われば必ず変わるであろう数字をタネとして使うのです。
 その数字が、サイコロを振る時の力の入れ具合…ブレ幅の元になるのですね。
 IDだけがタネになっていると、ブレ幅が一定になってしまうので、時間などでブレ幅が偏らないよう調整をします。
 このため、基本的には極端な偏りというものは発生しないはず…なのですが。
 あくまでも確率のお話。
 有り得ない、などということは有り得ないのです。



  うむ…全ては天の配剤…運命である(´・ω・`)



 …まぁ、今回の引きは幸運だった、というコトでいいでしょう。
 大体からして、たかだか数回程度のハズレで嘆くのは、早計に過ぎますからね;

 問題は…もう一つの驚きである、スマホ様のバイブ通知です。
 非常時ならばともかく、ゲームのアプリが所有者の設定を飛び越えて、本体を操作できるとは…。
 そんな許可をした覚えなど…。
 …。
 そういえば。
 アプリのインストール時に、幾つかの動作を許可する旨、確認メッセージが表示された覚えがあります。



  あれか…(´・ω・`)



 私は、あの手の説明や規約なんかを、ありがちな『お約束』と思って飛ばしてしまうことが多く。
 そのいちいちを確認したりはしないのですが…。
 これは迂闊でしたね;
 スマホのバイブ機能がオンになった程度のこと。
 別に深刻になるようなことでもありませんが。
 同じようにして、他の何かを知らず許可することもありえます。
 『たかが』と思って見過ごすことがないようにしないと…ですね;



  まぁ、注意力散漫な私には難しいだろうがな…(´・ω・`)



 目の前に穴があると分かっていても、何故かハマってしまう。
 そんな私ですから。



\皆も注意やで…/

〒 〒
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




■コメントのお返事
 続きより(´・ω・`)
>はすわりさん
 コメントありがとうございます。

  計画的…(´・ω・`)

 計画的、なんていう言葉は…私には最も縁遠い言葉のように思いますね;
 その言葉を聞くと、私には向いていないんじゃ…と尻込みしてしまいそう。
 …ですが。
 一定の要件は既に満たしているというのであれば、自分なりに楽しめる範囲で楽しんでいこうと思います。
 ストーリーに触れられれば、私としては十分ですから;
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する