FC2ブログ

独り言 その壱千壱百七拾九

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週は三連休でした。
 お盆休みと言うには、ちょっと短いかもしれませんが…。
 『取りたくても取りようがない』という人もいることを思えば、こうしてお休みを頂けるだけでも、有り難い限りです。
 
  まぁ…強制的な有給消化の意味もあるんやけどな(´・ω・`)

 会社の都合といいますか…有給を消化していない職員には、その上長を含めて『指導』が実施される会社の決まりがあり。
 その『指導』を避けるために、積極的に有給を消化するように上長から『お願い』が来るのですね。

 来月二十日で、一昨年分の有給消化は終わります。
 しかし、来月二十一日からは、去年分の有給消化の始まります。
 …いやはや…まるでイタチごっこのようです;



 今の日本は『バブル期以来の好景気』などとも言われているそうですが…。
 社会の底辺にいる私には、それは文字通り『天上のお話』。
 人と比べれば、不足しているものばかりの私の生活ですが。
 質素ながらも、こうして日々を送れることに満足しています。

 恒産なくして恒心なし…とは孟子の言葉ですが。

 果たして、恒産の為の恒心なのか。
 それとも、恒心の為の恒産なのか。

 本来、それは天秤に載せられ、釣り合うべきものなのでしょう。
 しかし…。
 私には、微妙に両者の意味合いが異なるように思うのですね。



 持ち慣れないものは持たない、望まない私にとって。

 いまより。
 いま未満。

 そのどちらであれ、私の恒心は得られない事でしょうから。



■今日のニークス

 お盆休み。
 毎年、この時期には東京ではコミケが催されるんでしたね。
 …という反応は、少々素っ気なくも思われるでしょうか?
 しかし、これも私の立場では致し方ないことなのです。
 地方に住んでいる人間からしてみると、噂に聞く巨大イベント…といった漠然としたイメージしか無く。
 それがどういったものであるものなのか、いまひとつピンとこないのですね。

 こうした…



 Twitterなどに挙げられた記事を見るに、面白いことになっているのは理解できるのですけどね;
 やはり実感が伴わないことには、こうした断片を集めても、私の中で形にはならないのです。

  想像するにも、取っ掛かりがないとね(´・ω・`)

 それを思えば、大阪での感謝祭を知る私としては。
 有明の感謝祭は想像できるのです。



 『楽しかったのだろう』と。



 有明の感謝祭があった日は、褐色集会の開催日でもありました。

 
pso20170813_001802_040.jpg
                       (C)SEGA

 今回も、多くの方が会場に足を運んでくださいました。
 しかし、褐色集会に参加された皆さんのうち、2割位の方が有明の感謝祭に行かれていたこともあり。
 この日の褐色集会は、二次会にまで長く留まる方も少なめだった印象があります。

pso20170813_002744_044.jpg
                       (C)SEGA

 しかし、それでも今回は。
 感謝祭帰りの皆さんからのお話を伺い。
 私の中に在った『楽しかったのだろう』という想像に、確かな形を与えることが出来ました。

 思えば。

 私にとっての褐色集会は。
 私では見えなかったもの、感じられなかったものを知る場であり。
 私の中に在る不確かなものを、他の人の力を借りて形にする場であるとも思います。

 初めて褐色集会に来場される方の中に、よく『自分は褐色キャラではないので…』と断りを入れて見学される方がいらっしゃいますが。
 私からすると…褐色集会における褐色肌の有無は、集会の意味に関わることではありますが。
 集会の大事とは、また別に思うのですね。
 褐色肌の有無を含めて、人との違いを見つけ、それを受け止めて自分の中に取り込んでいく。

 今がどう、ではなく。
 ここからどうするのか。

 …そのための場であるように思うのです。
 なので…今の姿を理由に遠慮するのは、見当違いかなぁ…と。
 その遠慮が正しいという場なら、それは『相手を認めない場』という事になってしまいますから。



 今回も、多くの人のお話を伺うことが出来。
 大変楽しい時間を過ごさせていただきました。

 また次回、お互いにとってより良いものを得られる機会となることを願い。
 足を運んでくださった皆様に、有難うございました。
 そして、またですよ(´・ω・`)ノシ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する