独り言 その壱千壱百六拾

 大きいだけの鈴蘭です。



(´・ω・`)
(つ□と)

フフフ…




(´・ω・`)
(つ□と)
フハハハ…




(´・ω・`)
(つ□と)
ハァッハッハッハッ…!!!!




〒 〒
(´・ω・`)
(つ□と)
私の…勝ちだ!!!!




 三段笑いをキメるトナカイさん。
 その蹄で握りしめているのは、8月度のシフト表です。
 私の職場では毎月20日が締め日となっているため、月の第2週のこの時期に来月度のシフトが決定されるのですね。
 8月度のシフトには7月30日…感謝祭の開催日の予定も含まれます。
 楽しみにしているイベントに関わる大事とあって、上司に慎重にお伺いを立てていたのですが…。

 有り難いことに、希望通り有給休暇を取ることが出来ました。

 たとえ盆暮れ正月であろうとも、日曜の晩は仕事が入っているのが常なので、諦め半分の有給申請だったのですけどね;
 シフトで無理を聞いてもらった人たちには申し訳ないことをしてしまいましたが…。
 しかし、お陰で感謝祭の当日は丸々自由に使えることになりました。
 これで後顧の憂いなく、当初の計画通りに始発で会場に向かい、閉会まで居座ることが出来るでしょう。

  今から震えが止まらんな…(((´・ω・`)))!!!

 今回も、会場でブログの更新をチマチマ進めながら、お祭りの雰囲気を楽しむことにしますかな。



pso20170717_131506_003.jpg
                  (C)SEGA

 こう…陰から見守る感じで。



■考えすぎ?

 …ふと思ったのですが。
 私達が、このアークスシップに乗り込む理由とは、何でしょうか?
 何を求めて、この船に乗り込むのでしょうか?



 人それぞれ、様々な理由があろうかと思います。
 このPSO2は…ゲームとは言え、そのゲームだけで世界が成り立っているものでもありません。
 たとえゲームに価値を見出だせなくとも、自分の物差しで世界を測る余地がそこにあると思います。
 …極端な話。
 クエストに行かないからと言って、それだけで船から追い出される訳でもないのですからね。



 皆さんは、何を求めて船に乗り込んでいますか?



 …私の場合、『楽しみ』を『探し』に船に乗り込んでいます。

 私は、クエストに行くことを楽しみにしていますが。
 クエストに行けさえすれば、それが楽しみになる…というものでもありません。
 些細な事であれ、楽しみとなる何かを見つけることが出来るのであれば、クエストに行けなくとも構わないのです。

 無論、レアは欲しいと思います。
 ですが、それと同等以上に欲しい楽しみがあるのです。
 それは大したものではありません。
 挨拶一つであれ、それが大事と思えるものであれば、私にとっては楽しみ足り得るのです。
 
 今日は、何か楽しいことがあるだろうか…そんな期待を持って船に向かう鈴蘭です。
 …だからでしょうか。
 私にとって『楽しくあるべき』と期して船に乗り込む姿勢は、何か違うと感じるのですね。

 『楽しくしよう』と、自身の目標を掲げるのは理解できるのです。
 しかし…『楽しくあるべき』と、自身の認めるもの以外を否定しかねないような願望は、私にはありません。



 かつては、そこまで意識することはなかったようにも思うのですが。
 この考えが強くなってきたのでしょうか。
 以前は、イベントの主催などもしていたのですが。
 そのことが人に『楽しくあるべき』と、自分の考えを押し付けている事に繋がっているようにも思え。
 果たしてこれでいいのか…と、考える様になったのですね。



 私が楽しいと思うことを提供するのではなく。
 皆が楽しいと思うことを提案する。

 …しかし、それでは物事は動かないのですよね…。

 私のいない形でこそ、成り立つ形であって欲しいと思うのですが…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する