FC2ブログ

独り言 その百十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 現在のマイルームは、以前記事にしたようにL-S-Lの構成です。
 入って直ぐのSルームが、受付を模した自宅警備保障の分室兼エントランス。
 右手が音楽茶房『鈴蘭』。
 左手が緑の談話室の跡地。(仮設談話室)
 茶房を調える上では、コストの都合上談話室との両立は不可能でしたから…;
 この構成は、やむを得ないものがあります。

 仮設談話室は、『今後楽器が増えるのであれば、スタジオの形にしても良いかも』という桜さんのアドバイスもあって、取り敢えず申し訳程度に手を入れて放置しました。
 …しかし、どうにも中途半端です;

 そこで、あれこれ考えた末…。
 分室の引っ越しを決断。
 仮設談話室と統合することにしました。
 茶房に受付がついているのも変ですしね;
 自宅警備保障分室として、一室設えてみることにしました。

 エントランスのSルームから、左のLルームに格上げ。
 家具類も集中する分、コストにも若干余裕が出ます。
 そんな訳で、仮設談話室に置いていた応接セットを分室に提供、事務所の雰囲気を出してみました。
 
 生憎、昼の時間はなんやかやとあって(主にDF)、仮置きだけして就寝したんですが…。

 起きてからマイルームに行ってみれば、2号こと自宅警備保障の代表取締役が出勤されていました。
 
 2号『広くて落ち着かないんですけど^q^』
 
              ニークス
 …ご挨拶じゃないですか、穀潰し…。

 まぁ、これはあくまで仮置き。
 2号さんのこの反応は織り込み済みでした。
 『起きて半畳、寝て一畳※』そんな、手を伸ばせば必要なものに触れられる程度の空間が良いんでしょう。
 (※言葉の意味合いは違いますが、敢えて使いました;)

 少し家具の配置を入れ換えて、空間を仕切る形に。
 …うん、大体イメージ通りになりました。

 2号『あ、ダーツは音がうるさいから離して置いてね^q^』

 …意外と細かいね、アンタ…(´・ω・`)
 てか、ダーツの音なんて部屋の何処でも一緒だろう!w

 コスト的にもう2、3詰めたいところがあるので、これが最終決定じゃありませんが…。
 取り敢えず、事務所っぽくはなったかな?
 後は要望を聞きながら、直せるところは直していきましょう。



 しかし、来られた方々がエントランスに立った時、揃って

 『ついにニークスの巣が撤去されたか…!』

 …という反応をするのが、なんともw

 自分の好きで始めたことですが、自分の勝手で終わらせるつもりは毛頭ありません。
 ニークスの分室として、求める人がおられるのであれば、此処に在り続けるものだと思ってください。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する