独り言 その壱千壱百弐拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は定期メンテナンスの日。
 アークスシップに乗船する代わりに、ネットの海をフラフラ…。

  …今の季節、外に出ての散歩もいいのだがの…(´・ω・`)

 いざとなると面倒が先に立ち、こうしてネットに向かう鈴蘭です。
 個人的には、こうした生活スタイルに不都合を感じてはいないのですが…もはやこれも、立派な『引き籠り』でしょうかね…;



  さて、何か面白い話は…と…(´・ω・`)



 私と違い、実際に世界を旅する人というのは数多く。
 日本を訪れる外国人観光客だけを見ても、昨年は過去最高の2403万人にもなったそうです。
 (参考記事『2016年の訪日外国人観光客数、旅行消費額ともに過去最高を更新 インバウンド需要は今後も期待』)
 思えば…近所の観光名所も、いつも外国人で一杯ですからねぇ;
 個人的には、この数字も納得…というところです。

 そんな、日本を旅した海外の方が『日本を旅行したなら買って帰るべき各地の銘菓』について紹介している記事を見かけました。
 …この記事では、日本の各都道府県別に1つずつ銘菓を挙げて、簡単な紹介をしているようなのですが…。

 もう一度タイトルを見返して、『はて、大阪府はなんだろう(´・ω・`)?』と疑問に思った鈴蘭です。

 食への関心が薄いので、元より銘菓のなんたるかを知りもしないのですが…。
 長年、関西人をしているのです。
 多少なりとも耳に覚えのある名前くらいある筈。
 しかしながら。
 改めて『大阪の銘菓』と言われても、ピンとくるものが無かったのですね。
 …というか、私の中では引っかかるものが全く無かったのです。

 『名物』と言えば、タコ焼きや豚まんが定番でしょうが…『銘菓』となると…。



(´・ω・`)
…。



(´・ω・`)
…いや、マジで思い付かん…



〒 〒
(´・ω・`)
愛する『鹿せんべい』は奈良やしな…。



 少ない知識を引っくり返し、あれこれ思い浮かべながら記事を読み進め。
 果たして、『大阪の銘菓』として紹介されていたのは…。



  グランカルビー…(´・ω・`)?



 …。
 これって、大阪の銘菓…なんでしょうか…?;
 いえ、私の無知はこの際は置いておくとして。
 見ると、このグランカルビーって大阪の阪急うめだ本店でのみ取り扱われているお菓子だということで、ここでしか手に入らないオンリーワンのものであるのは確かのようです。
 ただ…私の感覚的に、『銘菓』というと。
 オンリーワンであることも大事ではありますが、その地域に根ざした背景…みたいなものがあってこそ、と思ってしまうのですね。
 同じ大阪の土産物の一つ、箕面の紅葉の天ぷらのように、その場所だからこそ出来た…というような。



 …ここで思った鈴蘭です。



 アークスシップの名物とは。
 アークスシップの銘菓とは。

 …なんでしょうね?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する