独り言 その壱千壱百八

 大きいだけの鈴蘭です。

 …天気予報を見て驚きました。



  〒 〒    
□_(・ω・;)⌒[布団]

…え。もう台風?!




 …関連してのことではありませんが、明日は西日本から天気が下り坂。
 今週の半ばは、全国的に雨模様になるようです。

 ここ最近、日中は暖かくもありましたが…。
 雨で少し肌寒くなったりもするのでしょうかね。

 近年の季節の変わり目は、寒暖の変化が急で…本当に身体に堪えます…;
 雨に打たれて体を冷やさないよう、くれぐれもお気をつけを。



■考えすぎ?

 最近、あまり考えていなかったようにも思うので…改めて少しばかり。
 …と言っても、先人の言葉を借りるだけの、浅薄なものですが…。
 我ながら、『考える』と言うほどに考え無しになっているようにも思いますね;



 …これは『舟に刻みて剣を求む』と呼ばれる中国の故事です。



 楚人有渉江者。
  楚人に江を渉(わた)る者有り。

 其剣自舟中墜於水。
  其の剣、舟中より水に墜つ。

 遽刻其舟曰、是吾剣之所従墜也。
  遽(にわ)かに其の舟に刻みて曰く、是れ吾が剣の従(よ)りて墜ちし所なり、と。

 舟止。従其所契者、入水求之。
  舟止まる。其の契みし所の者従り、水に入りて之を求む。

 舟已行矣。而剣不行。
  舟は已に行けり。而(しか)るに剣は行かず。

 求剣若此、不亦惑乎。
  剣を求むること此くの若(ごと)し。亦(ま)た惑いならずや。

              『呂氏春秋』



 【意訳】
 その昔、楚の国の人で長江を渡ろうとした男が、誤って剣を川に落としてしまいました。
 男は急いで船に目印の傷をつけて、「ここが私の剣が落ちたところである」と言い、船を止めさせました。
 そして男は、舟に刻んだ目印のところから水の中に入って剣を探しましたが…。
 結局、川底にある筈の剣は見付かりませんでした。

 それも当然のことでしょう。
 川の流れの中にある船は、船頭が漕がねば常に川下に流されます。
 その一方で、川底に落ちた剣は動きません。
 剣を探すのにこんなことをするとは、この男は道理のわからない、なんと愚かしい人間であろうか…と。



 …私たちは、何かの流れに乗っている存在です。
 自分は流されることはない…そう思っていても、それが本当にそうであるものかは分かりません。
 自分でそう思ってはいても、実際には剣を落とした男のように、舟に目印をつけて安心しているだけかもしれないのですから。

 この故事は、古代中国の政治を手本として当時の世相にそぐわない政治を行うことを理想とした、儒家思想を批判したものとも言われています。
 川の流れを時流、剣を時代に乗り遅れた思想、剣を探す男は思想を理想とする夢想家…そう読み替えれば、腑に落ちるものがあるように思います。

 しかし…少し思うところのある鈴蘭です。

 自身が流されていることに気が付かずに、明後日の方向に剣を求めた。
 確かに、自身のしたことを理解せずに剣を探した男は、人から愚かと言われても仕方ないかもしれません。
 ただ…それを愚かというのは簡単ですが。
 その愚かな男のように、変わらず、信じて、行動することは、そう簡単なことではないでしょう。

 愚かな男の姿に、ある種の純粋さを見るようで。
 どこか、羨ましくも思う鈴蘭です。



 …私たちは、どうでしょう?
 流れに乗る舟の上、どのように振る舞っているでしょうか?

 その手にした剣を取り落としたとして。
 それを探しに、川に飛び込むことが出来るでしょうか…?



■今日も世界情勢を読むトナカイさん

 【Global Times】アメリカ海軍の巡航ミサイル原潜『ミシガン』が韓国の釜山港に入港



 コレに前後して、アメリカ本国ではトランプ大統領が内外に向けた様々な手段を講じています。
 特に大きいのが…。

 【ロイター通信】米政権、北朝鮮巡りホワイトハウスで26日に上院全体に説明

 大統領の演説は珍しくはありません。
 ですが、その場に政府高官が揃い、ホワイトハウス内に上院議員100名を集めてとなると…異例ですね。
 今までのアメリカとは違うのだ、というメッセージなのでしょう。



  〒 〒    
□_(・ω・_)⌒[布団]

…北朝鮮問題、着実に事態が進展してるなぁ…。




 …ちなみに。
 『ミシガン』は、アメリカ海軍が誇る西側陣営最大の原子力潜水艦です。
 以前にアメリカは、シリアにトマホーク巡航ミサイルを59発打ち込みました。
 あれは、複数の駆逐艦からの攻撃だったそうですが…。
 この『ミシガン』、ただの1隻で150発のトマホーク巡航ミサイルを搭載できるんですよね…。
 おまけに、海兵隊の特殊部隊を輸送できる能力があり、水中から部隊と装備を発進させることまでできます。

 洋上の空母打撃群は舞台を飾る花形。
 実際に勝負を賭けるのは、この『ミシガン』。



  これが此処に現れたということは…。(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>リオ@FPS畑さん
 コメントありがとうございます。

 対人戦…駆け引きを楽しむというのは、私も心惹かれるものがあるのですが。
 その一方で、相手に勝つために遊びが遊びでなくなっていくのは、どうにも馴染めないのですね。

 人と競う、というのではなく。
 人と争う、というのは…私には荷が重いのです。

 それが、私にとっての敷居の高さに通じるのですが。
 もう一つの…リオさんの言われるゲームバランスとしては…個人的には、心得のあるなしは小さくないと思います。
 それはFPSの知識や経験というよりも、ゲームへの嗅覚…適性とでも言うべきものかもしれません。

 そうした感覚がもとより鈍い私は、対人戦要素は向いていないのかもしれませんね(´・ω・)



>しおにゃさん
 コメントありがとうございます。

 当初は、関心がなかったのですが…実際に目にすると違いますね;
 私も欲しいと思ったのですが、120Mというのは大金です。
 おいそれと用立てられるほど、裕福な暮らしをしているわけでもありませんし…日々節制して、機会を待つしかないでしょう;

 …ただ、バトルアリーナの方で風向きが変わる可能性もあります。
 もう今日までの事になりますが、バトルアリーナに関してのユーザーの意識調査アンケートが実施されていましたしね。
 結果次第では、何らかのテコ入れをしてくることも…?

 まぁ。

 それはそれとして、毎日ちょっとずつでもメセタを貯めることを考えましょう、お互いに(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

  • 2017/04/27 (Thu)
    01:48
    久々のPSO2

    ここ2週間ほど、個人的な事情がありPSO2はログインすらできない状態でしたが…

    アンケートに回答してみようと開いてみたものの、新しめのコンテンツと生放送の感想を聞きたかったようで、どちらにも興味がない私のアンケートは数問で終わってしまいました。

    逆に、アンケートでそれしか聞かないということはそこに運営のフォーカスがかなり向いているということなのでよほど低調で評価が低いのか評価はそれなりにあって裏付けが取りたいのか…

    バトルアリーナなどはメリットもデメリットもないのであれば参加もやぶさかではないのですが、私的には「勝ってポイントをためたらメリットがある」のであれば逆はデメリットになりますので敷居を超えるどころか城壁を壊すくらいの決心が必要です。

    12人で遊べる人の道、1人で遊ぶ人の道、それぞれがあっても良いような気がしている今日この頃です。(交わる必要はない)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する