独り言 その壱千九拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日も今日とて。

pso20170329_214821_002.jpg
                        (C)SEGA

 こうしている時間に、喜びを覚えている鈴蘭です。



 コレクトシートの穴埋めという、アークスの間で流行しているゲームコンテンツの消化が一段落した…という、ひどく散文的な事情が働いたのもあるのですが…。

 やはり、こうした穏やかな時間を大事にしたいのですね、本来の私としては。



 楽しみのために忙しくするのは、私達にとって幸せなコトですが。
 忙しくするために楽しみを求めるのは、私にとって幸せとは言えません。

 何かを求め、この場所に来るのは皆が同じであろうと思います。
 …ですが、何を求めているのかは、人それぞれ。
 その何かに、一つとして同じものは無いでしょう。

 同じ方向を向いて進んでいる事と。
 それぞれが何を思って、そちらに向かっているのかは全く別の話であって。
 同じ方向を見ているからと言って、自分が思うように他人も思っているとは限りません。

 この場に居合わせた事は偶然であり。
 同じ方向を見ていた事は幸運であり。

 同じ思いを持つ事は、喜びでしょう。



 …それが逆に。



 偶然も、幸運も、喜びも叶わないとすれば。
 そこには何があるでしょうか? 

 怒り? 嘆き?

 確かに、そうしたものかもしれません。

 …ですが、一方で思うのです。

 得難いものを得られたからこそ、有り難いと感じるのであれば。
 逆に得られなかったことを、怒り、嘆くものなのでしょうか? 



 怒りや嘆きといった感情の中に、自分が得るべきものを得られなかった…そんな、自分自身の期待への『甘え』があるようにも感じる…。
 ふと、そんなことを思った鈴蘭です。
 
 自分と人とは違うこと。
 大事としたそれを軽んじた果てに。
 『有り難い』を『当たり前』にした。

 …そんな覚えがないでしょうか?



■コメントのお返事
 投稿して頂いているのに気付くのが遅れました…。
 申し訳ありませんが、また後ほど改めて。
>スカイフラッシュさん
 コメントありがとうございます。

 お返事が遅れて申し訳ありませんでした;
 まぁ、GJであれメールであれ…ダイレクトメールとどれだけの差異があるのか、という見方もありますからね。
 送受信にフィルタリング機能が付いていてれば…と思うこともあるのですが…。
 GJなどは特に…言葉通りの意味で使われることを期待されたのであれば、本来、多数の人間に送ることなど想定していなかったでしょうし。
 私のような人間には、不便を感じることもありますが、これはこれで良いのかな…とも。



 待つかどうかは、人それぞれの判断でしょう。
 何を楽しみとして、此処に来るのか。
 それによって、選択が変わるでしょうから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する