独り言 その壱千八拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は春分の日ですね。
 てっきり、今日だとばかり思っていました…すっかり勘違いしていましたね;
 それというのも、毎年の春分の日に開催されているはずだった近所のイベント…『日本橋ストリートフェスタ』の開催日が19日の今日だったのです。
 
  一日ズレてたんか(´・ω・`)ウカツ

 連休の都合を考えれば、連休最終日の春分の日の20日より、中日の19日のほうが有り難いでしょうし…その辺の事情も絡んでのことでしょうか。
 イベントの日程というのは、客足に大きく影響しますしね…;



  …きっと、今年も盛況だったんやろな…(´・ω・`)



 …などと他人事なのも。
 実は、目と鼻の先で催されるイベントでありながら、覗きにも行っていない鈴蘭だったりします。

 なんというか…。
 人が多く集まる催しに魅力を感じはするのですが…。
 個人的には、厭な感じに人が増えてしまった…という印象があるのですね。
 
 年々回を重ねるに従って人が増え。
 それに比例してイベントでのトラブルが増えました。

 トラブルに対応するべく、運営委員会は様々な対策を講じてきたと思います。
 実際に会場に来たことのない人にはピンと来ないかもしれませんが…。

  警備員の数が尋常ではないんよ、このイベント(´・ω・`)

 歩行者天国のために道路封鎖して、人を入れれば全て終わり…ではないのです。
 交通規制のバリケードとは別に、各種のトラブルの予防・対応するため、会場となる通りには数メートルおきに2人以上の警備員が立って監視しています。

 きっと、初めて目にする人は何事かと思うでしょうね。
 国際マラソンのルートもかくや、という有様ですから。



 しかし、まぁ…追いついていないのです、これでも。



 それというのも、個人的には…『日本最大級のコスプレイベント』の看板が大き過ぎるのではないかな、とも思えます。
 会場…歩行者天国の設定エリア…に比して、来場者が多すぎるのです。

 演劇などの催しであれば、設備的な条件さえクリアできれば、他の大きな会場に移ることも出来るでしょうが。
 『電気街の歩行者天国化』が催しの前提にある以上、人が増えたから別の場所に…という訳にも行きません。
 歩行者天国のエリアを拡大するにも、商店街から外れてしまっては地域振興の意味合いからも外れてしまうでしょう。

 …それに。

 この催しはサブカルを前面に押し出しているものの、今の日本橋電気街でサブカルを扱う店は、ほぼ北側の『オタロード』周辺に集中しています。
 サブカルという枠を、電気工作用品や家電などにまで広げれば、商店街全域にも広がるのですが…。
 コスプレを目玉の一つにしていることを考えると、そういったお店の客層とは違うと思うのですよね;

 イベントとして、回を重ねるごとに人が増えるのは成功と言えるでしょう。
 しかし、人の多いことがイベントの負担になっているようにも見える鈴蘭です。



 綺麗事だけでやっていけないことは、重々承知していますが…。
 それでも敢えて。



 人を増やすことよりも。
 人を大事にする内容を。

 …長い目で見れば、それが為になるのではないか…とも思うのですね。



pso20161108_215601_001.jpg
                     (C)SEGA

 現実も。
 このオラクルも。



■コメントのお返事
 また後ほど。
>リリィ・ミスティル・グレイシアさん
 コメントありがとうございます。

 いいですね、付喪神。
 道具を愛して、魂が宿るほどに。

 私の場合、移り気なもので…あれもこれもと手を出して、収集がつかなくなるのですが。
 それでも…それだからこそ?
 そうした向き合い方には魅力を感じます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する