独り言 その壱千六拾七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日の大阪は雨模様。
 そして、この雨のせいでしょうか。
 随分と暖かく…真冬の服装では煩わしさも感じてしまう陽気になっています。
 
 先程、電車に乗り込んだ時に、車内の暖房を『暖かい』と感じるよりも『暑い』と感じてしまったんですよね(´・ω・`)

 2月も、もう終わりが見えてきました。
 寒い寒いと言っていたのが、つい先日の事だというのに…。
 春は、もう目前にまで迫っています。



 今という時間が脇を通り過ぎるのを、気にも止めず。
 遠く過ぎ去った時間を振り返ってばかりの私ですから。

 …そうして、いつの間にか春になっていた事に気が付くのでしょうね…;



■今日のニークス

pso20170222_102242_001.jpg
                          (C)SEGA

 …バレンタインが終わり…。



pso20170222_211044_000.jpg
                          (C)SEGA

 あっという間に、ホワイトデーがやってきました。



〒 〒
(´・ω・)
( つ肉と)
肉食い終わってねぇのに!?




 …しかし何故でしょう。
 絵面的に、ホワイトデーロビーに男性陣が三人並んでいると、不穏なものを感じるのですが…。

 こう…なんというか、よからぬことを企んでいそうな、そんな雰囲気が;

 …まぁ。

 イツキのクライアントオーダーの切り出しが『お返しをどうしよう』ですし。
 ある意味、よからぬことを企んでいるのか…も…。



  …。(・ω・`三´・ω・)

 

 …このメンツなら、そうそう突飛な事もできませんかね…;

 いや、というかですね?
 
 こうしてPSO2のキャラクターを改めて見比べてみると、なんというか…。
 それぞれが個性的なようでいて、よく似通っているように感じるんですね。

 wiki等では『善人も悪人も、頭脳派も脳筋も皆、ボキャブラリーが一緒』という評価があるとも聞きました。

 その辺、あまり私は意識していなかったのですが…。
 思えば、こうしたイベントでそれぞれがどのように行動するのか考えた時。
 枝葉は違えど、大筋で皆が同じ行動をするように思えるのです。

 …どう言えばいいでしょう…。

 分別のある大人が、分別のない子供を演じようとしている…とでもいう違和感でしょうか? 
 いやいや…子供がそんなこと言わないでしょ、と思ってしまうような。
 良くも悪くも、皆が『大人』に見えるんですね。



  …ああ、なるほど…(´・ω・`)



 ここまで考えたところで、腑に落ちた鈴蘭です。

 そう、『大人』に見えるくらい…。
 このロビーにいる皆が、大人らしく『静か』なんですね。
 折角の機会なのです。
 …これは人のことを言えたものではありませんが。



  …もっと楽しんでいいんやで(´・ω・`)?



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>Valentineさん
 コメントありがとうございます。

  光陰矢のごとし(´・ω・`)

 …それもあるのでしょうが。
 歳を取るに従って、時間の流れが早くなっているのを感じますね…;
 一年など、今の私にはあっという間の出来事です。

 新しい体験を続ける人にとっては、時間の流れは遅いといいます。

 …だから、なのでしょう。

 オラクルにいる私にとっての時間は遅く。
 現実における私にとっての時間が早く感じるのは。



  そして、Valentineさんのホワイトデーはトナカイ倍返し(´・ω・`)?



>スカイフラッシュさん
 コメントありがとうございます。

 何らかの線を引く事自体は、私も悪いこととは思いません。
 ただ…こうして線を引くことは、起きたことへの対処に過ぎず。
 今後も同様の事が起きるたびに線を増やしていけば、いずれ身動きが出来なくなってしまうかもしれません。
 線を引く。
 それと併せて、線を必要としなくなるよう工夫すべき、と私は考えます。

 ユーザーというものは、ルールの穴を見つけては、何処までも自分勝手に振る舞うもの。
 ただ、そんなユーザーのエネルギーは、『楽しもう』という思いからくるもので…本来は良いも悪いもないのではないでしょうか。
 ほんのすこし、目を向ける先を変えてやるだけで、ユーザーを育てる環境は変わる。
 
 …これこそ画餅、というやつかもしれません。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する