独り言 その壱千四拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は定期メンテナンスの日。
 そして、アークスの正月の明ける日です。

 …しかし、ようやっと正月が明けたかと思ったら、もうバレンタインですか…。

  早いなぁ…(´・ω・`)

 今年も、バレンタイン期間中は期間限定緊急が配信されます。
 どうした訳か毎年毎年、何かとケチのつけられるバレンタイン企画。
 今年はアムドULTのボス『ドラゴ・デッドリオン』が大トリに控えるという、『氷上のメリークリスマス2016』と同系のクエストになるようですが…。



  …。(´・ω・`)



 …そう言えば。
 バレンタインとホワイトデーの緊急って、Eトラに関連したキャラクターはそれぞれ男女が分かれていたと思うのですが…。

 アークスはいいとして。
 ボスエネミーは…どうでしたっけ?;

 人語を発する竜族系のボスエネミーは、ヴォル・ドラゴンを除いて通常種が男性、レア種が女性となっていますが。
 敵までは男女の別はありませんでしたっけ…?

  分かれてた印象があったのだけど…勘違い(´・ω・`)?

 …まぁ。
 分かれているとしたら、バレンタインはレア種ばかりのお祭で。
 ホワイトデーは、通常種ばかりの残念なクエストになってしまいますか…;

 しかし、男女の別を抜きにしても、私にとって『ドラゴ・デッドリオン』が出てくれるのは有り難いことです。
 ドロップするのかは分かりませんが、あの方の持っているウォンドに用がありますので…。



  …そう。(´・ω・`)



  出すまで殴る…(´・ω・`)!!! 



  殴りまくるッ(´・ω・`)!!!!!



 今日、公式サイトに『[お知らせ] PlayStation®4版ダウンロードが50万を突破!』というお知らせも載ったことですし、近々、これに関連したブースト期間なりも設けられることでしょう。
 このバレンタイン中に…ということになれば、更に期待が高まるというもの。



  明日からが楽しみやな…(´・ω・`)フフフ…



■考えすぎ?

 先日のアップデートで、Lv.17のスキルディスクとキューブで交換出来るようになりました。

 このお陰で、スキルが伸び悩んでいたキャラのスキルが、一気に成長することになり。
 この思いがけない事態を、有り難いと喜んでいる鈴蘭です。

 …が。

 その一方で、思うところが出来たように感じています。



 古代ギリシャ神話に、『パンドラの箱』というものにまつわるお話があります。
 この箱の存在は非常に有名ですが…意外と、『パンドラ』が女性の名前であるという事は知られていないように思います。



 はるか昔。
 無力であった人は、冬には寒さに震えるだけで、暖を取ることも叶わず。
 野獣の襲来にあっては、抗う術もなく、ただただ怯えるだけ。
 …そんな日々を送っていました。

 ことを哀れんだ巨人族のプロメテウスは、神々の禁を破って天界から火を盗み出して人に与えました。

 火を与えられたことで、人は冬の寒さを凌ぎ、野獣を払う力を得て、大いに繁栄することになります。
 人は火によって救われましたが、人に火を与えることに反対していたゼウスは激怒し、プロメテウスに罰を与える一方で、鍛冶の神ヘファイストスに命じ、泥を捏ねて人に『女性』という存在を作らせます。
 そして、この『女性』を『パンドラ』と名付け、一つの箱を持たせて人の元に嫁がせたのです。

 火に続き、パンドラと箱までをも与えられた人は大いに喜びました。
 人は、神々からの贈り物たる箱に何が入っているのかを、パンドラに尋ねます。
 しかしパンドラは、自分が持ってきた箱の中身を神々から知らされていませんでした。
 神々によって好奇心を強く持つように作られたパンドラは、箱の中身が気になるあまり、箱を開けてしまいます。

 果たしてその箱の中には、この世のありとあらゆるものが詰め込まれており。
 箱の中から飛び出したそれらによって、人の世に多くの災いが起こりました。

 ゼウスによる人への罰は、このような形で与えられたのです。



 全ての災いは一人の女性の好奇心から始まった。
 …これは、そんなお話です。



 パンドラの箱に詰め込まれていたものの為に、人の世に災いが起こるようになった…ということから。
 箱の中身には、『厄災』が詰め込まれていた、という考え方ができそうですが。
 しかし、そもそも『パンドラ』という存在は『全ての贈り物を与える者』であり…箱の中にあったものは、人が厄災と呼べば厄災となり、人が僥倖と呼べば僥倖となる…そんな、善も悪も、聖も邪もないものであったのではないか。
 そんなことを思う鈴蘭です。

 望めば、全ての贈り物を与えてくれるもの。

 …私たちアークスにとって、運営とはパンドラそのものであるように思えます。
 今回のLv.17のスキルディスクは、まさにそんな贈り物です。
 その贈り物の良し悪しは、私たちの捉え方一つでどのようにも変わる。
 これそのものに、良し悪しはありません。

 これをどう扱うのか。

 それを決める私たちにかかっている…そう思います。



 開いた箱によって世に厄災が引き起こされるのを見て、パンドラは慌てて箱を閉じました。
 しかし、時すでに遅く、箱からはあらゆるものが飛び出してしまい、もう戻ることはありません。
 混沌とした世の有様に、パンドラは深い悲しみと後悔を覚えたことでしょう。

 ところが、全てを失ったと思われた箱の中には、ただ一つ、『希望』だけが残されていました。
 パンドラは、最後に残されたこれだけは離すまいと、『希望』の入った箱を大事に仕舞い込んだそうです。



 …人が最後まで望みを捨てないのは、パンドラが今も『希望』を箱に仕舞っているから、なのですね。 


スポンサーサイト

コメント

  • 2017/01/25 (Wed)
    07:42

    私も棍棒欲しいです!
    クマの挽き肉が出来そうな棍棒が欲しいです!٩(๑•̀ω•́๑)۶

    うにゃ #- | URL | 編集
  • 2017/01/25 (Wed)
    17:27

    パンドラが女性って有名な話じゃなかったのか( ̄▽ ̄;)
    自分では当たり前と思っていることもそうじゃないことってありますよね(´・ω・`)

    諦めなければ希望はある!
    棍棒掘り諦めずにグルグル頑張ってくださいw

    Kybele #- | URL | 編集
  • 2017/01/25 (Wed)
    18:33
    No title

    ・・・うむぅ・・・。
    確かこの話、結構誤解されてる話で、最後に残ったのは事前に未来が分かってしまう完全なる未来予知だったと思います。
    それが飛び出す前だったから人々はかろうじて未来に希望を持ってられるという話だったはず・・・確か。

    黒羊 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する