独り言 その壱千参拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 土曜の晩のこと。
 寒さに震えながら寝床を抜け出し、PC様の電源を入れて。
 寝起きにコーヒーでも飲もうと、PC様の側を離れ台所に向かいました。

 薬缶をコンロに掛け、マグカップにインスタントコーヒーを一匙。
 冷蔵庫から朝食代わりのゼリーを取り出し…。

 それだけでは少し寂しい腹具合。

 少し考えて、買い置いていたパンを出してトースターに放り込み。
 ふとコンロに目を戻してみれば、ただただ静かに薬缶は火に炙られていました。

 …お湯が沸くまで少し間がありそうです。

 再びPC様の元に戻り、遅まきながらブログを巡ってご挨拶でもしようと思い。
 さてさて、それでは…と、手を擦りながらモニタを見てみれば…
 


  PC様『BOOTMGR is Missing』



  …。(´・ω・`)



  あいきゃんとすぴーくいんぐりしゅ(´・ω・`)



 真っ黒な画面に、ただ一言のエラーだけが表示されていたのです。
 暫く様子を見ますが、PC様は沈黙したまま。
 どうやら再起動するしかないようなので、やむなく再起動をかけますが…。
 何度やっても同じメッセージが出ます。

 コレはただ事ではない…と、ひとまず騒ぎ出した薬缶を宥めに行き。
 朝食を脇に置いて、スマホ様でPC起動に関するトラブルの情報を集めにかかりました。

 表示されたメッセージを頼りに、検索にヒットしたサイトをいくつか見て回ったところ…。
 どうやら、起動用の設定ファイルが何らかの理由で呼び出せなくなったことによるエラーが起きたようです。
 しかし、起動の順序を決めるBIOSレベルのエラーなのか、HDDの読み込みで失敗しているのか、私には今ひとつわかりません。
 とりあえず、こちらのサイトで紹介されている手順が参考になりそうだったので、早速試してみましたが…。

  あかん…(´・ω・`)

 一通り試してみたものの、状況に変化なし。
 私のエラーは、Windowsの復旧ツールでは回復できないようです。

 このエラーメッセージはBIOSの設定が破損したことを知らせているようですが、もしかすると私の場合はエラーが発生している箇所が微妙に違うのかもしれません。
 どうやら、面倒がって小手先の対処方法を試すばかりでは埒が明かないようです。

 これは徹底的にやるしかない…そう諦めて、ため息一つ。
 PC様のカバーを外し、中をゴソゴソ。
 そうして、あれこれ試した結果…。

  最小構成の起動…も無理か…(´・ω・`)

 OSの入ったプライマリのHDDは認識していますが、データを入れていたセカンダリHDDを認識しません。
 セカンダリがネックになっているのかも…と、当たりをつけ、セカンダリを外して起動を試みますが、それでも起動不可。
 ダメ元で、プライマリだけで先程の復旧手順を試しますが…やはり変化なし。
 頼みのWindowsの復旧ツールが効果を見せないのでは、素人には打つ手がありませんね…。

  しょうがない…クリーンインストールするか…(´・ω・)=3

 OSの入っているパーティション…システム領域には、極力データを入れないようにしていたので、消したところで困るようなものは…ブラウザの『お気に入り』と、デスクトップに置いていた備忘録的なテキストデータくらいでしょうか。
 ただ、それらにしたところで無くなったら無くなったで、またやり直せばいいだけのものです。
 PCが使えない状況を改善できるのであれば、無くなっても惜しくはありません。

 そうと決まれば、早速ハードディスクの初期化から。
 元々、OS用のシステム領域はデータ用ほど大きくは取っていません。
 普通であれば、ここで時間を取られるようなことはありませんが…。
 起動しなくなった原因がHDDの物理的な故障であれば、そもそもフォーマット作業自体、できない可能性もあります。
 一抹の不安を感じつつ、恐る恐るフォーマットを実行してみると…作業は問題なくあっさり終了。

  物理的な故障ではない…か(´・ω・`)?

 疑問は残りますが、こうなれば後は簡単。
 Windows7をインストールして、外していた機器を戻し、各種ドライバを入れて、Windows7のアップデート。
 しかる後に、PSO2のインストールで取り敢えずは復旧完了です。

 復旧作業は順調に進み、次はWindows7のアップデート。
 MicrosoftのHPにアクセスして、アップデートを始め…



  …。(´・ω・`)



  ……。(´・ω・`)



  ………おわらん(´・ω・`)



 2時間経っても、準備段階の構成の確認作業すら終わりません。

 どうにもおかしいと思い、一旦アップデートを中断してネットで調べてみると…。
 …どうやら累積した更新プログラムの数が膨大すぎて、スキャンにとんでもなく時間がかかってしまうWindows7特有の不具合があるようです。

 症状を解説したサイトで状況確認。
 作業の進行を妨げている更新データは特定されており、先にこれを手動で適用することで不具合を回避できる模様。
 早速、手順通りに更新データを適用すると…。

  お、動き出した(´・ω・`)

 先程までの状況が嘘のように、恙無くアップデートが進みました。
 アップデートが済んだところで電源を落とし、外していた機器を取り付け…。
 ドライバをアップデート。
 さて、いよいよPSO2のインストールです。

 起き出したのが20時の事でしたが…。
 ここまで来たところで、時計は既に6時を回っていました。
 
  …長かった…(´・ω・`)

 随分と時間が掛かりましたが、ここまで来ればアークスシップの乗船ゲートは、もう目の前です。

 本来、私の構築した環境では、PSO2のクライアントはシステムと分け、セカンダリに単独でインストールして動かしていたのですが…。
 セカンダリが使えない(?)現状では、システムと同居させるしか手がありません。

  …Cドライブにインストール…っと(´・ω・`)

 PSO2のインストールに1時間半。
 今までのアップデートの回数を思えば、これだけ掛かるのも仕方ありません。
 ジリジリしながら待つこと暫し…。
 ランチャーが立ち上がったところで、小さくガッツポーズ。

 早速、起動して…。



  …音が出ない(´・ω・)」



 無音で繰り広げられているヤマトとA.I.S.の攻防。
 そんなオープニングを見て、クリーンインストールした後、サウンドカードのドライバをまだ入れていなかったことを思い出しました。

  慌てるとアカンな…(´・ω・`)

 イージーミスを反省しつつ、サウンドカードのドライバをネットで探してインストール。
 コンポとの接続を確認して、デバイスマネージャで稼働状態を確認。
 念のためYoutubeで音が出ることを確認し。
 今度こそと、PSO2を起動…。

  …って、やっぱり音が出ない…(´・ω・`)

 こうなると、PSO2特有の現象だろうと当たりをつけてネットで検索。
 すると…。
 こちらのサイトで詳しく説明されているのですが。
 ゲームを動かすために使われるDirectXのバージョンがPSO2では古く…最近のWindowsが標準で備えているバージョンだけだと、音が出ないなどの動作不良を起こすようです。

 解説に従ってMicrosoftのHPから『DirectX エンド ユーザー ランタイム』を適用。

 …ところが、これでも音が出ません。
 原因は分かりませんが、環境によってはPSO2のウィンドウが常に非アクティヴ状態になってしまう現象があるようです。
 これの解決策として…。

 「¥MyDocuments¥SEGA¥PHANTASYSTARONLINE2¥user.pso2」

 これをメモ帳などのTEXTエディタで開くと…

  Sound = {
  Play = {
  Surround = true,
  GlobalFocus = false,
  },
  Volume = {
  Bgm = 50,
  Voice = 80,
  Se = 80,
  },
  },

 …上記のような、サウンドの挙動を設定する記述があるのですが。
 ここの『GlobalFocus = false』を『GlobalFocus = true』にする事で、常時音楽を再生するように出来ます。



 …取り敢えずは、動くようになった…(´・ω・)=3



 一安心…と、行きたいところですが。
 まだ問題が残っています。
 最初に起動を試したとき、怪しいと当たりをつけたセカンダリのHDD。
 他の機器は元通りに繋げ直しましたが、これだけは戻さずにいました。

 いえ、本当は戻したいのです。

 …というのも、これの中には最近のPSO2の記録が入っており。
 その中でも特に、褐色集会参加者の姿とアークスカードを写したSSが問題です。
 毎回、あれを頼りにして、皆さんにGJで告知出したりしてるもので…無いと困るのですね;

 しかし、先程の復旧作業中はツールがHDDを認識しませんでした。
 これは望みがないかもしれない…と、半ば諦めつつも、USBの外付けHDDケースに収めて電源ON。

 すると…。

 なんと普通に動いて、認識さてしまいました。
 こうなってくると…マザーボードについているSATAケーブルか、その根っこのHDDを制御してる部分に何か問題がある可能性が高くなってきます。
 アクセスできたのは喜ばしいのですけど…原因を思うと複雑ですね;

 …と、まぁ…原因はともかく。
 今はデータのサルベージが急務です。
 早速、フォルダを開けて…



  PC様『このファイルの場所へアクセスするためのアクセス許可がないため…』



  …あいやー…(´・ω・`)



 どうやら、Windows7のセキュリティ機能として、アクセス権限を明確にしなければ開けない仕様になっているようです。
 暗号化などはしていないので、単純に認証の問題ではあろうかと思うのですが…。
 更にサイトを巡り、こうした場合における解決の手順を紹介しているサイトを探し出し…。

 ようやっと、ようやっと復旧です…。

 復旧までに12時間あまり。
 折角の連休が、復旧作業で潰れてしまいましたが。
 その甲斐あって、その日の晩のGJは、これまで通りに褐色集会の参加者さんに送ることができました。



  (´・ω・)=3



 いろいろ調べて回ったのは、いい経験でした。
 お陰で、少しばかり、不足していものを補えたようにも感じますから。
 …とはいえ。
 今後、これを活かす機会が来ないことに越したことはないのですが…;
 どんなに願ったところで、先々のことは誰にもわかりません。

 …なので。

 何かのとき。
 誰かが繰り返すことがないように、ここに書き置くことにします。



■コメントのお返事
 また後ほど。
>リリィ・ミスティル・グレイシアさん
 コメントありがとうございます。

 普段は七草を生で食すトナカイさん。
 でも、冬の寒い日くらい、暖かいものも欲しくなるのよ(´・ω・`)



 …本物のトナカイは雑食性で、虫や草、コケ類なんかを食べるそうですが…。
 私はトナカイさんなので、七草で結構です、ええ。
スポンサーサイト

コメント

  • 2017/01/10 (Tue)
    02:44
    Windows7のアップデートに時間を要する場合

    サービスパックが当たった状態であれば「ロールアップ」を使用することで時間を短縮できるかもしれません。

    ・(ActiveXが必要なため)IEを使用して「Microsoft Updateカタログ」を開き
    「KB3020369で」検索する。
    ・インストールされているOSが32bitなら「Windows 7 用更新プログラム (KB3020369) 」を追加、64bitなら「Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3020369) 」を追加する。
    ・次に 「KB3197868 Windows 7」で検索する。4種類表示されるが該当は1種類 32bit(無表示)か64bitと書かれた「Windows Embedded Standard 7 ではない」ものを選択する。
    ・詳細が表示されるので「パッケージの詳細」を選択し、「この更新プログラムは、次の更新プログラムで置き換えられました: 」がN/Aであれば最新、そうでなければN/Aになるまで中のリンクで新しい方に進む。
    ・N/Aになったら「バスケットに追加」をクリックする。
    ・詳細画面を閉じて、右上の「バスケットの表示」をクリックする
    ・直下の「ダウンロード」ボタンを押してダウンロード

    ・ダウンロードが終わったら KB3020369 をインストールした後に残った方をインストールする。(逆だと怒られる)

    これでアップデートの数が100個以上減るはずですので次回があったらお試しください。

    すかいふらっしゅ #- | URL | 編集
  • 2017/01/10 (Tue)
    19:10
    No title

    ゾッとする出来事ですね・・・。
    無事、復旧できてよかったです!
    お疲れ様でした~!!

    黒羊 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する