独り言 その壱千参拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日でブーストも終わり。
 皆さんは、充実したお正月を過ごす事ができたでしょうか?

 鈴蘭の方は…ブーストのお陰でコレクトシートの進みが良かったなぁ、という印象のお正月で…。
 肝心の、期待していたドロップの方は今ひとつ…でしたね;

 フレさんは、コレクトシートの追い込みの為にSGを購入してクールタイムを片っ端からリセットして回し。
 この期間中に随分と収集したと聞きます。

  熱心だなぁ(´・ω・`)

 …いやはや…感心するばかりの鈴蘭です;

 緊急が来なければ進めようが無いコレクトシートのこと。
 確かに、これを好機として、急ぐに越した事はないのかもしれません。

 ただ、私としては…。

 先の見えないものがありますが、月母のコレクトシートが4月まで配信される事を思えば、今SGを使ってまでして、慌てて集めることもないかな…と、暢気に構えています。

 ことSG…というものは、これまでアークスが手にしてきたゲーム内通貨の中でも、異質な存在だと思います。

 ACやFUNが『ゲーム内のモノを得る』事が主体であったのに対し。
 SGは『ゲーム内での時間を得る』、『ゲーム内での機会を作る』という事が主体になっていますから。

 SGを使えば使っただけ、今、この瞬間の選択の幅が広くなります。
 しかし。
 SGを使えば使っただけ、何れ、何かのときの選択の幅が狭くなる。
 それがSGというものであろう、と。

 …まぁ。

 全ては、課金すれば解決する事ではありますけど…ね。
 ただ、貧乏人の私としては、出来る限り安く上げたいのですよ;



 今を我慢すれば、人より少し遅くなろうとも、何れ同じ場所に立てる事が分かっているのです。

  ならば、今は耐える…(´・ω・`)!!

 …と、そうしているうちに、何の為に耐えているのか忘れてしまう鈴蘭なのですが…。



■今日のニークス

 この正月は、ライドロイドに乗って空を駆け回っていたトナカイさん。

pso20161230_231244_010.jpg
                      (C)SEGA

 ラスベガスの空を飛び。
 月面を駆けた日々でした。

 人は、容易に『空を飛ぶ』という経験は出来ません。
 飛行機に乗って空を飛ぶとしても。
 鳥のように、自身の力で飛ぶのとは訳が違います。



 新体験を謳うEpisode.4において、このライドロイドは確かに、私に新しい体験を齎してくれました。



 ただ…現状のライドロイドというものの、遊びの可能性について考えたとき。
 ライドロイドは、空を飛ぶに良い道具ではあろうかと思いますが…。
 それを使っての良い遊びになっているのか…其処に多少の疑問を感じます。
 いえ、楽しくはあるのです。
 しかし、せっかく自由に空を飛べる道具があるのに…私には、空が狭いと感じられるのです。
 …或いはその感覚は。
 私にとっての『遊びの楽しさ』と、『ゲームの楽しさ』とが別に感じられるためなのかもしれません。

 どこまでも自由に飛べるのであれば、きっと楽しいことでしょう。
 でも、だからと言って、どこまでも自由に飛べるだけでゲームとして満足できるのかと言われれば…そうではありません。
 ゲームをゲームとして楽しむためには、私を縛るルールが必要ですから。
 
 私を縛るルールの存在があってこそ、私はゲームの中で自由に飛んでいると感じられる。

 …楽しいゲームとは、そうしたものではないか。
 そう思う鈴蘭です。



 …難しいものですね。

 ルールを厳格にすれば、ゲームとしては堅固になりもするのでしょうが。
 それでは、プレイヤーにとって窮屈になってしまいます。

 ルールを取り払ってしまえば、ゲームはゲームとしての形が曖昧になり。
 それでは、プレイヤーはゲームに執着しなくなるでしょう。

 如何にして、そのバランスを保つのか。

 ライドロイドにしても、A.I.S.にしても。
 可能性があると思う鈴蘭ですが。
 果たして、バランスを保つ事が出来るようになるのか。
 いえ…そもそも、バランスを保つようにすべきなのか。

 …そこが、よく分からなかったりします。



■コメントのお返事
 また後ほど。
>Kybeleさん
 コメントありがとうございます。

 伊勢神宮の鶏ですか。
 …放し飼いというのは初めて聞きました。
 天の岩戸伝説に…なるほど、理由があってのことですか…。

 あまり詳しくないのですけど…それって奈良の鹿のようなイメージで良いんでしょうか…?
 あそこまで数が多いと大変そうですが…;

 神の使いとして、様々な動物が古来から崇められてきました。
 オラクルにも宗教があり、そうした動物が存在していてもおかしくはありません。
 …が。
 そもそも、アークスにとっての神とは何なのか…それが描かれるようなことは無かったように思います。
 少し、興味がありますね。
 私の目には、アークスなどは…『フォトン』などという、奇跡を起こす存在を手にしている為に、神に救いを求めるような考え方を捨ててしまっているようにも見えますから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する