独り言 その壱千弐拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週末はクリスマスでした。
 なので…

〒 〒
(´・ω・`)
(つ x と)

はっぴーくりすます!!


 …などと気軽に挨拶していたトナカイ鈴蘭です。

 …しかし、日本では宗教色が薄いため、あまり意識していませんでしたが…。
 先日、次期アメリカ大統領であるトランプ氏が『アメリカ国内におけるクリスマスでの『Happy Holiday』という挨拶をする風潮はおかしい。『Happy Christmas』で良いではないか』と発言した…というネット記事を目にしました。
 世のことに疎いもので、全く知らなかったのですが…ここ10年ほど、アメリカでは『キリスト教徒以外の人にする挨拶としては『Happy Christmas』は適当なのか?』という議論が続いており、最近はアメリカでのクリスマスの挨拶は『Happy Holiday』が多数派になっているのだそうです。

 日本の事情に照らしてみると、『クリスマス』というお祭りに便乗しているだけで、祭日でもなんでもありませんから…逆に『Happy Holiday』という挨拶の方が違和感を覚えてしまいます。

 クリスマスに『Happy Christmas』と挨拶する習わしならば、それに従えばいい。
 『郷に入っては郷に従え』
 日本人にとっては、そんな感覚でしょう。

  …これは、欧米や中東地域では分かっては貰えない感覚…なんでしょうかねぇ(´・ω・`)

 宗教的な背景を考えると複雑にもなる…ということなのでしょうが…。
 八百万の神々がおわす日本に生まれた私では、『我々の神しか認められない』という主張が…やはりピンと来ません。
 『信仰とは何か』という考えを進めれば、その本質が見えてもくるのでしょうけどね;



 …そんな下界のアレコレを余所に。
 トナカイさんは、プレゼントを満載したソリを牽いて、世界中を巡っています。

お仕事中のトナカイさん(´・ω・`)

 北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)が、今年もサンタクロースの追跡を行っていました。
 世界最強の軍隊が、衛星まで使って追いかけてくるのです。
 これでは寄り道など出来る訳がありません…。

  いや、サボらんで(´・ω・`)?

 何処を飛んでいるのか気になって、ちょくちょく覗いて見ていたのですが…。
 中東のバーレーンや中央アジア、インドなんかにも飛んで行っているのを見て、安心しました。

  流石トナカイさん(´・ω・`)!!

 知ること、学ぶこと、望むこと。
 それらは自由であるべきですが、現実はそうでもありません。
 …だからこそ。
 夢は夢として、誰もが自由に楽しむべきものであってほしい…などと思った鈴蘭です。



■今日のニークス

 クリスマスも過ぎ、大晦日も目前。
 世は忘年会シーズン真っ只中です。

 それは仮想のアークスでも同じことが言えるようで…。
 去年は10鯖で開催されていた、アークス有志による『大忘年会』。
 今年は、7鯖での開催になったそうです。

 そのため、ヴォルフィードさんを始めとしたフレさん達が、参加するために移動されています。
 私もイベント事に興味はあり、参加を考えたりもするのですが…他の鯖に移って、というのに抵抗があるんですよね;
 これは、共通鯖にも言えることなのですが。
 ホームを空けて他所に行く、というのが…ホームとの断絶となってしまうのが嫌なのですよ。
 これが、出先でもホームのフレさんとの繋がりが保てるのなら良かったのですが、そうではありませんからね…;

 なので。

 今年も、忘年会…年越しの集まりをホームたる三鯖で出来れば…と、思います。
 特別何かをするわけではありませんが。
 新しい一年に、特別な何かをする機会になれば…。

 …いえ。

 などと言っても、この一年。
 結局何も成せなかった私が何を言うのか、という話ではあります。
 それを省みて、宜しければ…この一年、これからの一年を語り合えれば…と。

  いかがでしょうかな(´・ω・`)?



 大晦日の夜から、元日の未明にかけての時間を考えていますが…。
 ヴォルフィードさんが、褐色集会での年越しも考えているようでして。

 挨拶回りなんかも兼ねて、出歩くのもいいのかなぁ…(´・ω・)?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する