独り言 その九百九十

 大きいだけの鈴蘭です。

 フレさんからのGJネタで知ったのですが…。
 今度、メガドライブの新型が発売されるそうです。

 …メガドライブと言っても、現役世代のアークスには馴染みがないかもしれませんね;
 かつてセガが開発、販売していたコンシューマゲーム機で、ファミコンやプレイステーションに並ぶ、一つのブランドです。
 発売当時から先取的な開発、販売に取り組んでおり…インターネットが登場する遥か以前に、通信によるコンテンツ配信サービスを実現したりもしています。

 1988年発売ですから…今から28年前ですか。
 日本では既に過去のものというイメージがありますが、海外では事情が違うようです。
 この辺は、セガという会社の特徴ともされていますが…支持する固定ファンが多く、今も一定規模の市場が維持されているようで…海外では関連機器の開発が続いているのだそうです。

 特にブラジルでは、ゲーム機に対する関税が高く…PS4などは本体価格が18万円にもなるそうで、到底気軽に買うことなど出来ない高価なものとなっています。
 しかし、そんな中にあってメガドライブは関税が低く…大人の事情があるのでしょうね…その値段の安さから圧倒的な人気があるそうです。

 今回、現地法人によって新製品が開発され、販売されることになったのは、絶えてしまった系統の復刻…という訳ではなく、継続した流れの中にあるもののようですね。

 てっきり、遠く過去の存在になってしまっていたと思っていた思い出の品。
 その近況を聞くことになるとは…。

 …驚き…というよりも、世界の広さを知らされた気分です;



 …ところ変われば品変わる(´・ω・`)



■今日のニークス

pso20161102_193529_016.jpg
                          (C)SEGA

 …彼女たちがやってきました。

 今回の二人に関しては、イーサンなどと違ってイベントシーンがちゃんと準備されているんですね。
 知らずエミリアトラップに引っ掛かって、随分と驚きました;

 英雄イーサン・ウェーバーとの扱いの違いを思うと、涙を誘うものがありますね;
 世界を救った英雄のはずなのに、どうしてこうなってしまったのでしょうか…。
 いえ、イーサンはどうでもいいんです。
 いま肝心なのはこの二人。

  また、こうして会うことになるとはなぁ…(´・ω・`)
 
 エミリア…変わらず息災そうで何よりです。
 ポータブルのラストでは、遥か彼方の目標に向けて決意を新たにしていましたが…。
 こうして、此処に来るまでになったんですねぇ…。

 ヴィヴィアンも…。

  …も…(´・ω・`)

 …あれ?
 なんでしょう…。
 …ヴィヴィアンって、こんな顔立ちでしたっけ…?
 なんか…イメージしてたのより厳ついというか…。
 もっと儚げなイメージがあったんですけど…?

 私の見るところ、口が大きく引き締まっているせいか、凛々しい感じが…いえ…それだけではなく、目が見開かれていてチョット怖くも感じてしまいます。
 その為か、素の表情のとき、緊張しているかのような硬さが見られるんですね。
 或いはこれは…キャストとしての硬さを表現したかった…ということなのかもしれませんが…。

 いえ、機械的な剛性というのかなんというのか…ある種の硬さは出てるように思うんです。
 …ただ、これがヴィヴィアンらしい硬さなのかと言われると…私的には、ちょっと違うようにも思えるのですよ。



  …考えすぎなのかなぁ(´・ω・`)



 皆さんはどう感じられたのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する