独り言 その九百八十九

 大きいだけの鈴蘭です。

  …寒い(((´・ω・`)))!!!

 大阪の22時現在の気温は約10℃。
 ただ、風があるので実際にはもっと寒くも感じます。

 駅のホームで、いつものようにスマホ様からブログの打ち込みをしていますが…。
 いや、寒いこと寒いこと。

 …手が悴んできました;

 先日、夏日を記録したばかりだというのに、この有様ですし…。
 この気温の急激な変化に、体がついて行けていないようにも感じています。
 現に、この数日で風邪を引いたという人も多く。
 私自身、そこはかとない怠さが…;

 思えば…もう11月です。

 寒さそのものにも注意が必要ですが、それに伴う乾燥にも気をつけねばなりませんし。
 これからの季節…インフルエンザも怖いですからね。
 ここ最近で調子が思わしくないと感じているようなら、くれぐれも無理はしないように。



  お互い気をつけましょう(´・ω・`)



  …。(´・ω・`)



  …ホント寒いな、しかし(((´・ω・`)))!!!



■今日のニークス

 明日は定期メンテナンスの日。

 それに合わせて、『イノセントガール』がアークスロビーにやって来ます。

ファンタシースターユニバース10周年記念プロジェクト
                           (C)SEGA

 ファンタシースターユニバース10周年記念プロジェクトの第二弾、ということですが…。
 10周年…。
 月日が過ぎ去るのは早いものですね…。

 彼女たちの姿を目にするのも、久し振りのことになります。
 …いえ、なるはず…なのですが。
 懐かしい…と感じるほどには、私の中で風化していないのですよね。

 グラールから切り離されて随分と経つはずなのですが…不思議なものです。



 思えば、この『イノセントガール』こと『ヴィヴィアン(右側のキャスト女性)』って…。
 このオラクルでは、どういった存在になるのでしょうね?

 ユニバースの世界…グラールでは、キャストは機械生命体としての独自の社会を形成していました。
 人類とは別個の種族として、作中で明確に描かれていたんですね。

 しかし、このオラクルにおけるキャストとは、グラールのそれとは違い、サイボーグに近い存在です。

 リサが、過去に生身の体を持っていたことを仄めかしているように。
 フォトンへの適正を高めるために、生身の体に機械化処置を施して生み出されるのが、オラクルにおけるキャストという存在です。

 ただ、オラクルに存在するキャストが、全てサイボーグという訳ではなく。
 シエラのように、人工生命体として人間によって作られたものもいるようです。

 これに関しては、シエラ自身で『自分のパーソナルベースがウルクだ』と認めていたり、『生まれて2年』と公言したり…少なくとも、普通の人間ではないことを匂わせる発言をしていることから推測出来ます。

 『生まれついてのキャスト』という点において、このオラクルではシエラが最もヴィヴィアンに近しい存在なのかもしれません。

 …が。

 オラクルにやってくるヴィヴィアンが。
 もし、このシエラに会うことがあったとして。

 …ヴィヴィアンには、彼女がどう見えるのだろうか…?

 そこに興味のある鈴蘭です。



 グラールにおいて、かつてヴィヴィアンはタブー視される存在でした。

 コピーキャスト…他人の人格を移植された人の模倣体。
 かつてのヴィヴィアンはヴィヴィアンではなく。
 ヴィヴィアンという容れ物に入った、別の誰かでした。

 紆余曲折の果てに自我に目覚めて以降、彼女は彼女として生きていくことになりましたが…。
 そんな過去を持つヴィヴィアンは、『私はウルクがベースになっている』と言うシエラに何を思うのでしょうね…。



 コラボなどで、オラクルを訪れる人は多いのですが。
 皆が皆、このオラクルに居たことを思い出に語れるような、繋がりを残していないのが残念なのですね。
 NPCの誰とも関わること無く、幻のように消えてしまう。
 …それでは、少し勿体無いとも思うのです。

 シエラとヴィヴィアンの邂逅。

 更新の度、クエストに忙しくするのもいいものですが。
 そんな『もしも』を語るエピソードを時おり挟むのも、いいものではないでしょうか?



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>Kybeleさん
 コメントありがとうございます。

 おー…もう行かれたんですね。

  いいなぁ…(´・ω・`)

 しかし、オーダーストップまでに店内に入れないほどに並んでたんですか…;
 普段のスイパラのお客の入りの状態を知らないのですけど…それって、普通のことなんですか?;
 PSO2効果でそんなことになっているというのなら、梅田の方もエライことになってるんでしょうか…。

 お客が少ないであろう時間を狙って、コッソリ行こうかとも考えていたのですけど、それも難しそうですね…。

  アークス恐るべし(´・ω・`)



 日本の将棋に見られる特徴ですけど…。
 敵であれ、取り込み、味方として活かして使う。
 これは、海外の将棋では見られないルールです。

 日本には、そうした面があるのでしょうね。
 それが何であっても。

 …とはいえ、ハロゥインの仮装イベントがここまで急速に広まっていく様には、正直…ついていけないものも感じてしまいますが;

  馴染みすぎやろ…(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する