独り言 その九百八十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 デッドリオウォンドを求め、週末は剣風吹き荒れるアムドゥスキアに篭りました。

 しかし、目指すデッドリオには及ばず仕舞い。
 このままでは、せっかくのウォンドを使うことなく時間だけが過ぎてしまいそうです。

 …ならば、今できる事を。

 そう思い立ち、属性だけでも上げてしまおうと、倉庫の中に死蔵していた『ウェポンズバッチ2015』を取り出した鈴蘭です。

 手持ちのデットリオウォンドは属性値34。
 60まで上げるのは流石にしんどいので、まずはキリの良い40まで上げておこうか…と。

 見栄としても、あまりにセセコマシイ話なのですけどね;

 ただ、このままではバッチも勿体無いですし…。
 これも良い機会と思って使ってしまおう…と、決断しました。



 バッチ交換ショップで交換し。

 アイテムラボに持ち込んで。

 いそいそと属性強化を…。



  …あれ(´・ω・`)



 ラボのカウンターには、交換した筈のウォンドがありません。
 バッチ交換ショップから直行してきたので、途中で落とすような事はない筈なのですが…?



  …ええっと…(・ω・`三´・ω・)?



 カバンを覗いてみれば。
 …そこにあったのは、6足の……ブーツ…。



  ……おうふ(´・ω・`)



 ウォンドと間違えて、ブーツを交換してしまったようです…。
 最近、疲れてるんでしょうかね…;
 些細なミスが増えてきたように思います…;;;

 季節外れの、夜桜の狂い咲きを眺め。
 『これもまた』
 …そんなことを思った鈴蘭です。



ー ◆ ー




 …そんなミスもあって。
 ますますアムドゥスキアでのハムスター度が上がった鈴蘭ですが…。

 ここで、ちょっと『アムドゥスキアの数字』が気になりました。



 クエストカウンターでは、クエストの受注だけではなく、クエストに纏わる記録の閲覧が出来ます。
 普段は意識することはありませんが…日々の我々の成果は、ちゃんと記録されているんですね。

 そこで、アムドゥスキアULTの記録を見てみましょう。

pso20161030_221747_002.jpg
                         (C)SEGA

 ご覧のように、デッドリオンの討伐数(概算)が902,262体と見て取れます。
 実際のところは『ソールのついている武器のドロップ数』なので、討伐数と等号で結ぶことは出来ませんが…。
 ここでは討伐数の目安として扱うことにして、話を進めます。

 次に、エネミーの出現率を確認…。

pso20161030_222705_004.jpg
                         (C)SEGA

 デッドリオンの出現率は…0.60%。
 一方で、このクエストで必ず登場するアンガファンタージの出現率は1.01%。

 …ということは、ここからクエストのクリア回数も割り出せそうですね。
 ええっと…まず、このクエストでのアークスのエネミー討伐総数は…デッドリオンの数字を元にして計算すると…。
 …150,377,000体…。



  …。(´・ω・`)



  …ひぃふぅみぃよー…(´・ω・`)



  …え…億…(´・ω・`)?



 鯖の数で頭割りすると、それぞれの鯖で1,500万体を討伐した計算になりますね…。
 意識していませんでしたが、こうして数字にすると恐ろしい数です。

 クエストの集計期間は、確か…直近の過去7日分…でしたか。
 僅か7日間ほどで、日本の人口を上回る数のエネミーを討伐しているアークス。

 ここにはダーカーなども含まれるので、一概には出来ませんが。
 惑星の生態系に影響を及ぼすであろうレベルの討伐を必要とする『調査』って何なのでしょうね…;



 と、ともかく計算を続けましょう…。

 この数字にアンガファンタージの出現率を掛けると…。
 総クリア回数は…1,518,807回ですか。

 聞くところによると、統計学において確率の信憑性を得るためには、一定以上の試行回数が必要とされているそうです。
 学問的には…

 ・確率分母の100倍の試行回数をこなせば、95%の確率で誤差±20%以内の確率になる

 ・確率分母の400倍の試行回数をこなせば、95%の確率で誤差±10%以内の確率になる

 …などと言われているとか。

 これを踏まえて、アムドゥスキアULTの実装に合わせて登場したユニット…レイシリーズのドロップ数を見てみましょう。

pso20161030_221821_003.jpg
                         (C)SEGA

 リア/サーキュレイの出土数が62,445個。
 アーム/サーカレイの出土数が35,352個。
 レッグ/サークレイの出土数が35,060個。

 このレイシリーズについては、アームとレッグのドロップ数がほぼ同じであるのに、リアだけが突出して多くドロップしています。

 ただ…リアのドロップ数6万個に対して、アンガファンタージの討伐数は150万体程度でしかなく。
 これでは先の条件にある、確率分母の100倍の試行回数には届いていません。
 …しかし、アンガファンタージのこれまでを思えば。
 ナベリウスやリリーパULTでのアンガファンタージのドロップ枠は、常に4〜10個程度はあったと思います。
 このアムドゥスキアでも同程度の設定がされていると仮定して、討伐数をドロップの枠数に置き換えれば…その数は600万〜1500万。
 …信憑性のある試行回数には十分となりそうです。

 さて。

 そうなってくると…このリアの数が腑に落ちません。
 たまたま、というには試行回数の数が多く…偏りと結論するには、2倍近い差は誤差と言うには大き過ぎると思います。

 そうなると考えられるのが…リアだけが他の部位とは別のドロップ枠を持っている…という可能性です。

 3つの部位とも、天然でアンガ・ソールが付いているのが確認されていますので、おそらく基本はアンガファンタージからのドロップなのでしょう。
 ただ、それとは別に。
 リアだけがエリアドロップか…あるいは本体の抽選枠に割り当てられているのではないか。

 …そんな推論を、フレさんに伺いました。
 数字の部分は、頭の弱い私が考えて付け足した部分なので、色々とんでもないことになっていると思いますが;

 フレさんが着目されていたのは、3部位ともが倒すべき本体に枠の設定されているのであれば、3部位とも同じ数がドロップしているべきであり。
 それが2倍の差がついているのは、クリア条件によらない本体以外の部分…アンガファンタージのビットに3部位の抽選枠があり。
 リアだけが、それに加えて本体にも割り当てられており、クリアした人には誰であれチャンスが有る…という形になって、それが差に繋がっているのではないか…と。



 …筋道立てて考えられる人って、凄いですね…(´・ω・`)



 そのフレさんは、このことから『レイユニットを狙うなら、アンガファンタージのビットを破壊するべき』と仰っていました。
 …少し、意識してみますかな。
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/10/31 (Mon)
    09:37
    No title

    うっ・・・。数字を見て、やっぱり私のリアルラックはひねくれてるなと思ってしまった・・・(^^;
    コレクト3枚目になっても、いまだリア0、アーム3、レッグ1・・・。
    あむちが寂れる前に、リア出るかなぁとちょっと弱腰w

    Kまめこ #q1cvaNjE | URL | 編集
  • 2016/10/31 (Mon)
    19:43

    ここまで数字が出ると圧巻ですね。
    億とか...(°▽°)
    てゆか、ネトゲでこういうデータを公開するのもめずらしいような...

    それにしても気になるのはモニターの大きさ。
    いろんなブログのSSをみますけど、みなさん大きいモニターでやってるんですね(´・ω・`)
    うらやましい...

    あいす #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する