独り言 その九百七十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 過日。
 緊急を終えて、キアラのお店で疑惑の鑑定タイムを迎えた鈴蘭でしたが…。

  …本日も異常なし…っと(´・ω・`)

 最近の緊急では、心なしか以前に比べてソールなどの特殊の付与の傾向が変わったようにも感じるのですよね…。
 具体的な数字を元にしたものではなく、鈴蘭個人の漠然とした印象でしかないのですが…。

 多スロがよく出ると思っていたボスエネミー…ヴァーダーなど…が、久し振りに討伐に行ってみても殆ど出さなくなっていたり。
 逆に、あまり多スロを出すイメージの無かったボスエネミー…グワナーダなど…が、多スロを落としてくれたり。

 単に、そういう時期…というだけのことなのでしょうかね…?

 この手の偏り…或いは、勢いとでも言うべきものは、このゲームの中では感じる場面が多々あります。
 それは運営会社による調整の結果なのかもしれませんが。
 周期的な波のように、寄せては引いていくイメージがあるようにも思います。

 経済学では『キチンの波』、『ジュグラーの波』、 『クズネッツの波』、『コンドラチェフの波』…所謂『景気循環』とか呼ばれている波があるそうですが…。

  もしや、私にも経済の波が…(´・ω・`)!?

 引きっぱなしで、押し寄せてくるような気配が全くないんですけどね。
 ドロップにも財布にも、こう…大きな波が来ないものでしょうかね…。
 引き潮は津波の前触れのハズなんですけど…。
 いえ、津波に来られても困るんですが。



  漣くらいで丁度いい(´・ω・`)



 などと、キアラの店の前で波の在処をアレコレ思う鈴蘭でしたが…。

pso20161010_135257_013.jpg
                              (C)SEGA

 …いつの間にか、別方向からの波が来てました。



  …ウチのような場末の泡沫ブログにも、来てくれる人がいるんだなぁ(´;ω;`)



 基本的に、身近な人向けの内容であろう、この独り言。
 身近…といって、それは親しい関係にある間での、身内ネタばかりを指すものではなく…波長の合う合わない…人それぞれの好みの近しさもあると思うのですよ。

 この独り言は、PSO2のブログの中でも特異な部類であるでしょう。
 ゲームブログ…というには、内容が薄いですし。
 日常系…というにも、烏滸がましいですしね。
 そもそも…ブログと言いながら、最近は自分の言葉で伝えているものなのか…その点ですら怪しくなっているように思います。
 こんな風に、ゲーム内で励ましのコメントを頂けるようなブログではないと思うんですね。

 ただただ適当に、思いつくままに、気の向くままに。
 私は、自分のための遊びをしているだけに過ぎないのですから。



pso20161010_020452_004.jpg
                     (C)SEGA

 えりすさんと一枚。

 

 訪ねて来てくださる方たちと、こうして過ごす時間。
 それが漣のように、絶え間なく寄せては返す…そうなれば、それこそが幸せなことなのでしょう。

 …波の大きさによらずとも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する