独り言 その九百六十六

 大きいだけの鈴蘭です。



(´・ω・`)

…ついに。




(´・ω・`)

ついに来てしまいました…。



〒 〒 
(´・ω・`)」

秋の健康診断が!!




(´・ω・)」

…。




 毎年、秋の健康診断が憂鬱なんですよね…。
 いえ…幸いなことに大病を患っている訳ではないので、別にややこしい手順を踏むこともないのですけどね?

 強いて言えば…生まれつき、目と脳を繋ぐ視神経が常人よりかなり太く、眼底検査で『マリオネット盲点』が大きく写ってしまい、それが視覚障害に誤認されてしまうことと…。
 血中水分量が少ない『多血症』にあるくらい…でしょうか。
 (この2つから、健康診断レベルの診察では、目に関するリスクがかなり高い体質に見られるようです;)

 …ああ、あと、血圧検査の時にだけ血圧が上がるのも面倒といえば面倒でした。
 『これから測ります』と言われると、どうしても緊張してしまうんですよね…。
 自分でもなんとかしたいのですが、どうにも;

 …まぁ。

 そんな事よりも…問題は採血です。



               \次の方/

(  後  )    (・ω・`)  (・ω・`)  (・ω・`)
(  ろ  )  ┳━━━━━━━━━━━━━━┳



  ハイ

(  後  )    (・ω・`)  (・ω・`)  (・ω・`)
(  ろ  )  ┳━━━━━━━━━━━━━━┳



  …。       …。    …。    …。

(  後  )    (・ω・`)  (・ω・`)  (・ω・`)
(  ろ  )  ┳━━━━━━━━━━━━━━┳



                \次の方/
 〒 〒
(  後  )    ( ´・ω・)  ( ´・ω・)  ( ´・ω・)
(  ろ  )  ┳━━━━━━━━━━━━━━┳



 …実際には、ここまであからさまではありませんが。
 看護師さんからしてみると、私は痩せ型の為に腕が細く…針を刺す血管が細い、探しにくいタイプ、という印象らしく。
 若い看護師さんには『ごめんなさい、私には無理なので…;』と断れたりもしました。
 熟練の域に達していると思しき、只者ではない雰囲気の看護師さんに腕を差し出しても…

 『は、反対側いいですか?』

 『血管が…ちょっとキツく締めますね(ゴムチューブ2本で上腕をグルグル)』

 『血管薄い…アルコールで強く擦りますねー(脱脂綿を交換しながら、肌が赤くなるまで何度もゴシゴシ)』

 『どれかな…これかなー…?』

 …などなど。
 不安だし、注射以外で痛いしで…。
 子供の頃は注射に抵抗はなかったのですけど、最近はスッカリ苦手になってしまいました。
 
 聞けば、この手の不安からくる苦手意識が注射に対する『恐怖症』にも繋がっていくケースもあるのだとか。
 重度の場合、精神科の医師に相談せねばならないほどになるそうですね。

 私はそこまででは無いのですが…。
 それでも憂鬱です;



  …ジャストガード回避とか出来んもんかなぁ(´・ω・`)



■今日のニークス

 国内450万ID突破記念アークスクイズ大会前半分達成報酬!
  『ファンタシースターオンライン2』国内登録ID数450万突破を記念して行われました、アークスクイズ前半分の達成報酬を実施いたします。
  期間中は「アイテム強化成功率+5%」、「特殊能力追加成功率+5%」、「新世武器の強化大成功確率+25%」となります!
  ※「アイテム強化成功率+5%」の対象は「旧式武器・ユニット・スキルリング」となります。

  [詳細]「国内450万ID突破記念フェスティバル」アークスクイズ大会



  あら…(´・ω・`)



 てっきり、ブースト関連はメンテまでだと思っていたので、こんなイベントが継続してあるとは驚きました…。
 クイズの方には参加してたんですけど、報酬のことは全く気にしていなかったんですね;

 しかし、ラボの弱体ですか…。

 最近は、コレクトで入手したものについては6s程度の加工だけで済ませており、現状ではコレ以上の何かを望んではいないので…。
 弱体期間と言われても、手をつけるものがないんですよね;

 頑張っている方の話を聞くと、素材なんかの加工に利用する…なんて話をよく耳にしますけど…。

  私には、そこまでする計画性がないからなぁ(´・ω・`)

 先日の報酬期間中に溶かした、資材や資金の回復も進んでいませんが。
 その為に稼ごう、という気にならないのが鈴蘭の鈴蘭たる所以でして…。
 これでは一向に貯金できないと分かっているのですけど…なかなか;
 せめて、倉庫に眠っているステ4装備を、整理がてらに売り出すくらいはしますかな…。
 塵も積もれば何とやら、ですし。

 ただ…。

 特別、何か大きいことをするつもりでもなく。
 これが無ければ先に進めない…というモノもない鈴蘭のこと。
 振る袖が無くとも気にしません。
 無い袖を振る遊びも、これはこれで楽しいものですから。



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>あいすさん
 コメントありがとうございます。

 PCゲームに親しんでいる人であればともかくとして。
 ゲーム用の周辺機器としては、キーボードというのは一般には馴染みがないのかもしれませんね。
 事務用として高耐久を謳ったものとは別に、ゲーム用に特化したキーボードというものもあります。

 例えばの話…ゲーム用に使うのであれば、キーを連打してちゃんと認識するのかどうかというのは重要になってきます。
 キーを押し込んだ時の抵抗が少ないほど、タッチは軽くなりますが…裏を返せば、それは押し込んだキーが元の位置に戻るバネが弱いことを意味します。
 押し込んで、すぐ元の位置に戻るキーが理想ですが…あまりに戻す力が強いと、押し込むときのキーのタッチが硬くなってしまい、使いづらくなってしまいます。
 自分が、どれくらいの力でキーを押すのか。
 それに応じてキーボードを選べる…というのが、ゲーミングキーボードの本来だと思います。

 モノがモノなので、『分かっている人』を前提にして作られているところが、少々不親切にも見えてしまいがちで…一見すると敷居の高さを感じてしまうかもしれませんが…。
 値段の折り合いがつけられるのであれば、あいすさんも意外と満足を得られるかもしれませんよ(´・ω・`)

 ただ…。
 ネット通販でのネックは、好みの感触がどのキーボードで実現されているのかが分からないところ。
 実際に実物に触れる機会があればいいんですけどね…;
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/09/29 (Thu)
    09:51

    あらまー・・・。鈴さんて、うちの隣の部屋の人と同じ体質?なんですねぇ・・・。
    2度のアブレーション治療のため(この名前で検索しますと何かはもろばれですがw)入院する際、ふつー針は衛生上の関係で、点滴するその都度刺すものらしいですが、うちの場合は上から見えな、細い、血管自体が弾力があって針が刺さりにくいと、3拍子そろった看護師さん泣かせの血管のため、1度刺したらそのまま退院まで刺したままでしたね。
    鈴さんも、大きな病気はなされませんように・・・(^^;

    強化アップかー。けど、+5%ではねぇ・・・
    おまけに、強化費用がねぇ・・・
    ウーン・・・w

    Kまめこ #q1cvaNjE | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する