FC2ブログ

独り言 その壱千弐百弐拾九

 大きいだけの鈴蘭です。

 いやはや。
 先週末は、11月も目前というのに妙に暑く。
 外に出るにも、ジャケットが煩わしく感じる陽気でした。

  台風が、夏を呼び戻したかのよう(´・ω・`)

 …とは言え。
 季節を狂わせた当の台風は、大阪では殆ど影響もなく。
 幸いな事に、多少の雨風が出たくらいでやり過ごすことが出来ました。
 21号の時は、あちこちで避難勧告が出て、本当に『これぞ天災(´・ω・`)!!』と危機感を持ったものですが…。
 その時の復旧作業も済んでいない中でのことでしたし、何事もなく通り過ぎてくれた事に一安心。
 私が何をした訳でもありませんが…。

  台風一過や(´・ω・`)

 …などと呟いて、晴れやかな気持ちになった鈴蘭です。

 気持ちの良い空。
 雨上がりの綺麗な空気。

 

 …そして、吹き荒ぶ冷たい風。



 暑く感じた日から一転。
 今日、冬の到来を告げる『木枯らし1号』が吹きました。
 って、いやいやいや…。
 急展開に過ぎませんかね?;
 着るものどうするんですか。
 真冬のような朝に、夏のような薄着で帰宅の途に就くことになってしまいましたよ;



  トナカイさんの毛皮だって万能ではないのよ(´・ω・`)?



 …というところで、今日のニュース。



 …意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが。
 実は、恐竜が実際にどんな姿をしていたのかは、専門家の間でも謎だったりします。

 恐竜の化石によって、骨格は判明しています。
 その骨格を元に、今の爬虫類の筋肉構造を当て嵌めて、大体の体の形は推測できています。
 しかし。
 皮膚がどういった色をしていたのか。
 そういった、化石に残っていない部分…化石に残らない部分は、今もって謎のままになっています。

 私達が図鑑などで目にする恐竜の姿は、『爬虫類の先祖であれば、こんな感じじゃない(´・ω・`)?』という想像図に過ぎず、何かしらの科学的な根拠があるものではないのですね。

 最近になって、恐竜の皮膚に羽毛の生えた化石が見つかり、恐竜はトカゲのような姿では無かったかもしれない、という説が出てくるようになってきました。
 そして、今回の発見によって、恐竜の外見は単一色ではなく、カモフラージュの為の模様があったのではないか…とする説が有力になるかも、と。

 ハッキリした書き方ができないのは、動植物の進化の過程には未知の部分もあり…。
 実際のところは、それがそうであるのか…まだ分からないのです。
 先の羽毛の生えた恐竜についても、異論があると聞きますしね;

 ただ。

 学問としては許されない事かもしれませんが。
 人が想像する余地のある事には、夢を感じる鈴蘭です。
 
 

  恐竜が飛ぶんだもの。
  トナカイさんが空を飛んだっていいじゃない(´・ω・`)



 風を受けても飛びそうに無いのが現実ですが…。

 ところが。

 台風一過の後の木枯らし1号で…。



 高く舞い上がったトナカイさんです。
スポンサーサイト

独り言 その壱千弐百弐拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

 台風、来てますね…。
 今回の台風22号は、本州に上陸することなく、南の太平洋上を本州の形をなぞる様にして、北に抜けるようです。

 明日の未明には温帯低気圧に変わるとの事ですが…。

 元の勢力が強かった事もあり、周辺地域の天候の急変の要因にもなり得る…という事で、『爆弾低気圧に注意』というアナウンスがされています。
 今の大阪では、『風が多少強いかも…(´・ω・`)?』程度の影響しかありませんが…。
 明日、朝から出掛けるという方…特に東日本の方は…天気には注意した方が良いでしょうね;



    /   /  /  /
      _n_
     ///|ヾ\ / /
     ⌒⌒|⌒⌒
    /    |〒 〒 /  /
       |・ω・`)
     /   Oと    ) / /
          雨の月曜日…か。



 言葉にすると風情が漂いますが…。
 現実になると、憂鬱にもなりますね…;



■今日のニークス

 先々週から始まったウチのPC様のメンテナンスですが。
 一応、アークスシップに乗船することが出来るようになるまでに復旧しました。

 …が。

 どうした訳か、下船が上手くいきません。

 …というのも。
 PSO2が起動する度に、Windowsの設定ファイルの一部が破損するのですね。
 630が出ようが出まいが。
 異常終了しようがしまいが。
 そんな事はお構いなしに、設定ファイルに異常を来すのです。

 今日になって、ブラウザのChromeに問題があるかも知れない…と、ChromeをアンインストールしてPSO2を起動してみました。
 過去のことになりますが、一時期、Chromeを原因とする不具合が発生する事例があったのです。
 結果…確かにPSO2のアクセススピードは早くなったものの、ゲームの起動中にファイルの破損が再発。
 こうなってくると、HDDのコントローラーやモデムの異常を疑うレベルになりそうですが…。
 しかし、それならそれでPSO2を起動していない状況で問題が発生していないのが不可解です。

 でも…。

 コンピューターは電気回路…抵抗器の塊。
 熱を持てば、それだけ機器の信頼性が低下します。
 低負荷では起こらず、高負荷の掛かる状況下に限って起こる現象。
 …そう考えると、今の不具合も不自然なことではないように思えてきます。



 ただ、これまで…少しでも早くPSO2の動作を正常化しようと考えてきた為に、落ち着いてPCの環境全体を見渡して考えることをしてきませんでした。

 それは、積み上げた積み木の天辺ばかりを気にして、ヤジロベエのようにバランスを取っているようなもので。
 積み木の塔を支えるべき根っこの事など、目に入っていなかったのです。



  …そこが疎かになっては、天辺も何も無いというのにな…。(´・ω・`)



 PC復旧作業の合間。
 『アズールレーン』でのことですが…。

 実はガチャとドロップに恵まれて、早い段階で私の艦隊は理想形への道筋が拓けていました。
 しかし、それを知っても理解はせずにいた私は、随分と回り道をして理想形へと進みだしたのです。

 それを評して、『リソースの無駄遣いでは?』とも言われ。
 その言葉に、私は何事についてもその通りなのだと…。
 そう、改めて感じたのですね。



 無駄に使うことの愚かさを分かっていない…。



 というか。



 大事にすべきものを分かっていない?



 …いえ、それは何か違う気がします。



 そもそも、大事云々以前に、私は基本的に物事に無関心であり。
 大事も無駄も、一切合財を等距離に置いているように思います。

 私にとって、大事とは無駄であるもの。
 私にとって、無駄とは大事であるもの。
 それが、時に私の長所となり。
 それが、時に私の短所となり。
 『私』という、曖昧な形を作っている…と。

 …それを思えば、PCのトラブルにしても、ゲームにしても。
 それそのものよりも何よりも、そうした曖昧な自分自身に原因があるようにも…。



  …って、作業止まってた(´・ω・`)



 これを機会に…。
 そうなるように。
 そうするように。
 作業を進めることにした鈴蘭です。

独り言 その壱千弐百弐拾七

 大きいだけの鈴蘭です。



〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)

最近、ニュースばかりのトナカイさん。




 アークスシップの乗船準備の間、ずっとスマホ様からニュースを追っ掛けている毎日です。

 最近は、トランプ大統領のアジア歴訪を前に、様々なサインが発信されているのを、私なりに注意深く見守っています。

 …まぁ、私が見たところで?それで何が出来るものでも無いのですけどね;
 ただ、知っておきたいという欲求は止められないのですよ。



― ◆ ―




 先日、2隻の空母が西太平洋に移動したのに続き、もう一隻…『ニミッツ』が西太平洋に移動したようです。
 ただ、現状では第七艦隊の担当海域に入った…というだけなので、南シナ海への対応とも見て取れるのですが…。
 北朝鮮問題と全く無関係、ということもないでしょう。

 着実に、北朝鮮問題が緊張の度合いを高めています。

 ただ…私のような素人が考えるよりも、事態はもっと深刻だったようです。
 今回の空母などより、もっと大きな力の存在が明らかにされました。



 朝鮮有事想定、米軍核搭載爆撃機26年ぶりの臨戦態勢へ準備
 

米空軍のデービッド・ゴールドファイン参謀総長は10月22日、防衛・外交専門サイト「ディフェンス・ワン」のインタビューに応え、「特定の事態に備えるというより、アメリカが置かれている世界情勢の現実と今後のために、万全の準備を整えることを考えている」と述べた。

米戦略軍司令部や北方軍から臨戦態勢の命令が出たわけではない。しかし、米統合参謀本部のメンバーであるゴールドファインは、現在の政治情勢なら、臨戦態勢命令が下る可能性はあると述べた。「これは、われわれが準備万端であることを確実にするもう1つのステップだ」

前回、B-52が24時間の臨戦態勢に置かれたのは冷戦時だ。世界11カ所に置かれていた米空軍の戦略航空軍団(当時)の基地で、核爆弾を搭載した約40機のB-52が常時、大統領から命令があれば即離陸できるよう待機していた。しかし、冷戦終了後の1991年、当時のジョージ・H・W・ブッシュ大統領が臨戦態勢を解いた。



(´・ω・`)
(つ■と)

えー…。




 これまで、北朝鮮問題に関連して朝鮮半島の空を飛行した爆撃機はB-1、B-2というタイプのものでした。
 これらは国際条約に基づいて運用されている、核弾頭が搭載できない戦術爆撃機です。
 しかし、今回の記事にあるB-52爆撃機は、都市を一撃で破壊する戦略核兵器の搭載が可能な戦略爆撃機であり。
 これまで、北朝鮮有事の際には通常兵器によるピンポイント攻撃で対応する姿勢を見せていたアメリカが、必要とあれば文字通り『北朝鮮を地上から消し飛ばす』姿勢を見せたのです。

 緊急事態に備えて臨戦態勢で部隊を待機させるには、莫大な費用が発生します。
 ブラフとして有効だとしても、決して安くはない出費です。
 実業家出身のトランプ大統領が、その辺りの算盤勘定に疎いはずはないでしょうし、投資に見合うだけのリターンを見込んでいるのでしょうが…。

 それにしても、これは流石に大袈裟に過ぎる…それこそ『牛刀を以て鶏を裂く』に等しい選択にも見えます。

 …それとも、トランプ大統領は牛刀を構えて、鶏の後ろを睨んでいるのでしょうか?



(´・ω・`)
(つ■と)

むぅ…。




 ちなみに。
 当のトランプ大統領はというと…。



 JFK暗殺文書「公開は明日だ。すごく興味深いぞ!」 トランプ氏がツイッター、26日公開



 …意外といつも通りでしたね。



■今日のニークス

 2度めのブルーバック。

 流石に先日あったばかりのこともあり、何をどうすべきかの当たりが付いている分、手際が良くなりました。
 エラーチェック、システムの復元、整合性チェック…一連の流れを終わらせて。
 どうやら、今回のブルーバックではWindowsの基本構成に深刻なダメージはなかったようで、一回目のときよりもすんなりと復旧することが出来ました。

 …ただ…。

 エラーチェックの過程で検出された破損ファイルの全てが、PSO2関連のファイルだったんですよね…。
 しかも、一回目に破損したファイルとは別のファイルが破損していました。
 同じファイルが壊れるというのであれば、再現性のあるエラーということで、当たりも付けやすいのですが…。
 違うファイルが破損したということは、不具合の原因がPSO2に関わる何かであるのは間違い無でしょうが、何が原因なのか、今ひとつハッキリしません。



(´・ω・`)
(つ■と)

nProのフォルダ削ってみるか…。




 正直、私に打てる残された手はこれくらいしかありません。
 これで改善すればいいのですが…。

 鈴蘭のアークス復帰には、もう少し時間がかかりそうです;

独り言 その壱千弐百弐拾六

 大きいだけの鈴蘭です。




(´・ω・`)
(つ■と)

えー…。




 先週末に大きいのが来たばかりじゃないですか…。
 関西では、和歌山と連絡する阪和線の一部の復旧が遅れており、今朝も代行運転の区間があったはずです。
 線路が冠水して盛り土が崩れたとか聞きましたが…。
 復旧したばかりで、また台風…ですか。

 山野は、ここ暫くの長雨で水を多量に含んでおり、次の台風に大量の雨水を吸い込むほどの余裕はないでしょう。
 もしかすれば、今度の台風の接近では早い段階で河川が増水したりするかもしれません。



(´・ω・`)
(つ■と)

…というか、大和川大丈夫…?




 先日の台風で、大阪府と奈良県に流れる大和川が氾濫しましたが…。
 今、ここ…荒れてるんですよね…洪水云々以上に、政治ネタで…;

 河内平野を形作った大和川は、古来より幾度も大きな氾濫を繰り返してきました。
 大きな災害に悩まされてきた人々は、長い時間をかけて治水事業に取り組み続けてきており。
 その歴史は古く、千年以上昔の古墳時代にまで遡ることができるそうです。

 …そんな中にあって。

 今回の台風で氾濫した地域には、元々大規模な堤防が築かれる計画がありました。
 しかし、民主党政権時代の事業仕分けにより計画は中止。
 そして、今回の氾濫を迎え…。

 『その堤防が築かれていれば、今回の被害は無かったのではないか。』

 …そんな話が出ているのですね。



 難しいですね…。
 インフラなどという大きなものではなく、個人の身の回りに置き換えてみると分かりますが…。

 『今が良ければ。』

 その思いが強いほど。
 漠然と、この先もこの状態が続くのではないか…そう思い込んでしまいがちで。

 『今を敢えて変えることはないのではないか。』

 この先を保証する何物も無いというのに。
 そうして、今という過去に立ち止まってしまうものですから。



(´・ω・`)
(つ■と)

時間は止まることなく流れるというのに、ね…。




■今日のニークス

 さて、Windowsのメンテナンスも一段落。
 思ったよりも時間が掛かってしまいましたが、あれやこれやの更新作業も追いついて、ようやくアークスシップに乗船する準備が整いました。



(´・ω・`)
(つ■と)

マッタク、酷い目に遭ったわ…。




 まぁ、ブルーバックが出たときには、生きた心地がしませんでしたが…。
 こうしてデータを失うことなく、Windowsが復旧したのは喜ばしい限りです。

 ブルーバックと言えば、死の宣告にも等しく。
 下手をすれば、全損もありえますから…ね;



(´・ω・`)
(つ■と)

さて、PSO2起動。




 …そして、再び現れるブルーバック。



〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)

…。




 ランチャーを起動させようとするとブルーバックが出るって…。
 以前より状況が悪化してますやん…。

 一瞬呆けてしまいましたが、それだけでは事態は好転しません。
 直ぐにセーフモードでPC様を再起動。
 スキャンを実行してファイルの整合性を確認します。
 幸い、一部のファイルが破損したようですが、今回は簡単に復旧させることができました。

 …しかし…。

 ブルーバックが再発した原因が分かりません。
 PC様が復旧しても、これでは…。



(´・ω・`)
(つ■と)

問題が別にあるんか…?




 今回の、PSO2のランチャーを起動させるタイミングで、というのが解せません。
 前回と発生した状況は違いますが、PSO2の何ががスタックした事に違いないとは思うのですが…。

 当初はエクスペリエンスとの競合を疑っていたのですが、外しても起こるということは…。
 別の何か、ということですか。



(´・ω・`)
(つ■と)

…まさか、お約束のnPro?




 先日、みうさんのアドバイスも頂きましたし…。
 ハードのチェックが終わったら、その辺の対策もしてみますか…;

独り言 その壱千弐百弐拾五

 大きいだけの鈴蘭です。



(´・ω・`)
(つ■と)

さて、ニュースニュース…と。




 ニュース『トランプ大統領のアジア歴訪の日程が正式発表

 アメリカ合衆国のトランプ大統領が、アジア歴訪の旅に出るという話ですね。
 以前から行くことは表明されていましたが、日程の詳細については決まっていませんでした。
 今回の発表により、日本では安倍首相との会談、拉致被害者家族との面会、天皇陛下との会見などが正式に決定となったようです。

 この公式発表に先立って、トランプ大統領からは安倍首相とゴルフをする約束の話が出ていたので、彼はよほど以前の会談でのゴルフが気に入ったのでしょうかね;

 …ところで。 
 
 お隣の韓国では、気合を入れてトランプ大統領を『国賓待遇』で迎えるとかなんとか報道されています。



  …ふむ。(´・ω・`)



 ここで疑問の浮かんだ鈴蘭です。

 海外の要人を迎えるにあたっての『国賓』と、『それ以外』の違いって明確には何があるんでしょう?

 何をしたら『国賓』扱いになるのか。
 何をしなかったら『それ以外』扱いになるのか。

 …思えば、それを知らなかったことに気が付いて、少し調べてみました。



儀礼的要素が強いもの
国賓
・対象
 国王・大統領・国家主席など
・宿泊
 迎賓館(国内の他の宿泊施設を利用することもある)
・歓迎式典とお見送り
 あり(歓迎式典での儀仗隊の栄誉礼および国歌演奏など)
・天皇との会見
 あり(天皇と皇后)
・宮中晩餐会・昼食会
 宮中晩餐会による接遇

公賓
・対象
 大統領、皇太子、王族、首相、副大統領など
・宿泊
 迎賓館(国内の他の宿泊施設を利用することもある)
・歓迎式典
 あり
・天皇との会見
 あり(対象者が配偶者を同伴した場合、皇后も同席する)
・宮中晩餐会・昼食会
 午餐(昼食会)

実務的要素が強いもの
公式実務訪問賓客
・対象
 国賓、公賓対象者で実務的用件での来日の場合
・宿泊
 ホテルなど(厳重な警備が敷かれる)
・歓迎式典
 なし
・天皇との会見
 あり(対象者が配偶者を同伴した場合、皇后も同席する)
・宮中晩餐会・昼食会
 午餐(昼食会)ただし日程による

実務訪問賓客
・対象
 元首、首相、王族など
・宿泊
 ホテルなど
・歓迎式典
 なし
・天皇との会見
 案件による
・宮中晩餐会・昼食会
 原則としてなし

外務省賓客
・対象
 閣僚、主要国際機関の長など
・宿泊
 ホテル
・歓迎式典
 なし
・天皇との会見
 原則としてなし
・宮中晩餐会・昼食会
 原則としてなし

【引用:Wikipedia『要人』より】





 アメリカの発表を見るに、対象は大統領、宿泊は不明、歓迎式典なし、天皇との会見あり、宮中晩餐会あり…という感じで。
 この表に当てはめると、『実務要素が強いもの』に該当する扱いになりそうです。



(´・ω・`)
(つ■と)

日本側の発表は…と。




 見るとすれば、外務省のサイトでしょうか。
 国賓の場合、担当省庁が宮内省になるそうですが…。
 ああ、外務省に発表がありますね。
 外務省の発表では、今回のトランプ大統領は『公式実務訪問賓客』として訪日するようです。

  …なるほど。(´・ω・`)

 これそのものが、今回の訪日のメッセージ…なのでしょう。
 形式的な表敬訪問ではなく、明確な実務…北朝鮮問題…を処理するために訪問するのだ、という。

 基本的に、他の国に対しても同様のメッセージを発信するように求め、北朝鮮問題への同調を促すつもりなのでしょう。
 そうして、北朝鮮を包囲する網を完成させよう…と。

 トランプ大統領の訪日を前に、既に米軍は展開を始めています。
 ロナルド・レーガンに加えて、セオドア・ルーズベルト…2隻の原子力空母が西太平洋に移動しているという報道がありました。
 以前にも、アメリカの空母が日本海に展開していましたが、その時は戦闘を想定した態勢ではなかったと思われます。
 それというのも…空母の活動に必要なものを準備せずにいたのですね。
 空母を配備したと言っても、実際に空母を浮かべる位置を確認してみた…という程度のものだったのではないかと。
 しかし、そんな前回とは違い、今回はこれに合わせるようにアメリカ本土から『F/A-18E/Fスーパーホーネット』の飛行隊が韓国に移動しています。

 航空機にとって、海風というものは天敵です。
 如何に防腐処理を施しても、エンジンの痛みは地上に比べて早く進みます。
 空母が艦載機を搭載して長期間の航海をした場合、航海を終えた後、艦載機はエンジン交換などの大掛かりなメンテナンスを受けるそうです。
 航海の度に掛かる膨大なメンテナンスコスト。
 これが空母の最大のネックであり、空母を運用できる国が限られる理由とも言われます。
 なので。
 メンテナンスコストを抑えるために、必要なとき以外、艦載機は地上待機にするのが多いのだそうです。

 前は空母だけの準備でした。
 今回は、空母と艦載機を準備しています。



(´・ω・`)
(つ■と)

圧力の強度が強くなっとるのぅ…。




 安倍首相は、これあるを見越して解散総選挙に打って出たとも言われています。
 年末から年明けにかけて、選挙どころではなくなる…と。
 一部では、前回の日米首脳会談の際にトランプ大統領から『クリスマスまでに終わらせる』と言われ、安倍首相が愕然とした…という話もあるようですが…。

 こうして増していく圧力が、やがてどうなっていくのか。
 また、どうしていくつもりなのか。
 そして、どういった結末に持っていくのか。
 …それが見えているからこそのことなのでしょうね。



(´・ω・)
(つ■と)

…むぅ。




(´・ω・)
(つ■と)

…。




(´・ω・`)
(つ■と)

…で、ゲームのネタは?




 最近少ないですね、ハイ。

独り言 その壱千弐百弐拾四

 大きいだけの鈴蘭です。



    /   /  /  /
      _n_
     ///|ヾ\ / /
     ⌒⌒|⌒⌒
    /    |〒 〒 /  /
       |・ω・`)
     /   Oと    ) / /
          …台風の中の選挙。







 今回の選挙では、台風の接近と時期が重なった事もあり、メディアは2つの情報を如何に伝えるかに苦心していたようです。
 ただ、その姿勢に『選挙の開票速報よりも台風情報の方が大事ではないのか』という批判があると聞きました。
 確かに開票速報よりは台風情報でしょうが…。

 しかし、そうした批判の中に『開票速報<台風情報』ではなく、『選挙<台風』としているものがあると聞き。
 その意見には、首を傾げた鈴蘭です。

 身の安全に関わることですし、台風の接近は大事であることに違いありません。
 …が。
 それを選挙と同列にすべきものか、と思うのですよ。



 かつて、小泉純一郎総理が国会での所信表明演説において『米百俵の精神』に触れたことがあります。

 これは、明治維新の最中に起こった薩摩、長州、土佐などを中核とする新政府勢力と、東北地方の諸藩によって結成された旧幕府勢力である奥羽列藩同盟の間の戦争…戊辰戦争の戦後にあったお話です。



 奥羽列藩同盟の一つであった長岡藩は、戊辰戦争(その中の北越戦争)によって領内が戦火で焼き尽くされた上に、明治政府からの懲罰として藩の収入の6割を没収されてしまい、藩の財政は危機的な状況にありました。

 戦後の復興はおろか、長岡藩の藩士達に支払うべき給料すらも支払えず、領内の経済はズタズタ。
 誰もが、その日その日を食べるものをどうするかを考える…そんな毎日でした。

 そうした窮状を見かね、長岡藩の支藩(傍流に分与された領地を治める親戚筋の藩)から食料の支援が行われました。

 その量、米俵百俵分。

 今の流通規格で6t分の米になるでしょうか。
 藩の財政を立て直し、領内全ての人を救うには足りませんが。
 遣り繰りすれば、当面食い繋ぐことが出来るだけの量です。

 藩士達は、この支援を喜び、早速分配しようとしますが…。
 この時、大参事(今でいう都道府県の副知事)の職にあった小林虎三郎が、言い出したのです。

  『この米は分配せずに売り払い、その金で学校を建てよう』

 今日食べるものにも困っていた藩士達は耳を疑い、小林虎三郎に詰め寄りました。
 『今日を生きるのに精一杯な、今の状況をわかっているのか』と。
 気色ばむ藩士達に、小林虎三郎は答えます。



  『国が興るのも、街が栄えるのも、ことごとく人にある。食えないからこそ、学校を建て、人物を養成するのだ』…と。



 こうして小林虎三郎は教育の重要性を説き、藩士達を説得して学校を建てたと言われます。
 このとき建てられた学校は、より多くの人に学んでもらうために、当時では珍しい氏族階級以外の者にも入学を許可された学校で。
 更に、より広く知識を求められるように…と、この学校では西洋学、医学といった、当時の日本ではなかなかできなかった勉強も教えてくれたそうです。

 彼の考え方は、明治維新後の日本の教育方針にも影響を与えたとされるとか。



 そんな『米百俵』の言葉。
 長岡藩の藩士達を前にこの言葉は、教育の大事を示すだけではない…と、思う鈴蘭です。



 窮地において人を救うのは、誰かから与えられるものではなく。
 窮地を抜け出そうと、救いを自らの力で探し求める…その原動力となるものであり。
 それは、米のように飢えを凌ぐものでも、お金のように何かを得られるものではなく。
 今は苦しくとも、これを耐えて、先に進みたいと思わせる…そんな、人を動かす『希望』…なのではないでしょうか?



 報道の姿勢への批判が行き過ぎて、米が大事か、希望が大事か…そんな話になっているように感じたのですね。
 そして、それは…様々なゲームにおいても。



    /   /  /  /
      _n_
     ///|ヾ\ / /
     ⌒⌒|⌒⌒
    /    |〒 〒 /  /
       |・ω・`)
     /   Oと    ) / /
          …などと、雨の中で連々。



 考えている内に、塒の近所の投票所に着きました。
 徒歩2、3分の距離にあるのは、こうした時に有り難いことです。



〒 〒
(´・ω・)
(つ□と)

…さてさて、では投票をば…。




〒 〒
(´・ω・)
(つ□と)

…。




〒 〒
(´・ω・`)
(つ□と)

…トナカイさんにも投票権はあるんやで?



独り言 その壱千弐百弐拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 この日曜は選挙の日。
 …なのですが。



    /   /  /  /
      _n_
     ///|ヾ\ / /
     ⌒⌒|⌒⌒
    /    |〒 〒 /  /
       |;ω;`)
     /   Oと    ) / /
          …記録的な大雨です。



 いやいや…。
 ここ暫く停滞していた秋雨前線とのコラボレーションの結果でしょうか。
 今年来た、どの台風よりも雨風を強く感じます。

 いつものごとく、駅のプラットフォームで記事を書いていますが…。
 屋根を叩く激しい雨音に、構内の案内放送は掻き消され。
 吹き付ける風の、あまりの強さに息が止まり。
 風に乗った横殴りの雨粒が、ひっきりなしに身体を濡らします。

 ここまで嵐らしい嵐も久し振り。
 …そう言えば…この台風、名前が『嵐(らん)』でしたっけ;





 各地では、風雨による被害が報告されており。
 今日の私のスマホ様には、選挙速報と災害情報がひっきりなしに入って来ています。
 …というか、今、大阪市内に避難勧告が出されたんですが。
 近所の川の増水とか、心配ですね…。



    /   /  /  /
      _n_
     ///|ヾ\ / /
     ⌒⌒|⌒⌒
    /    |〒 〒 /  /
       |;ω;`)
     /   Oと    ) / /
          職場に人おるんか…コレ。



 全く…選挙の話どころではありません;
 …って、あ、いや、トナカイさんは朝イチに投票しましたけどね(´・ω・`)?

 …その話は改めて。



■今日のニークス

 先週から調子の悪かったPC様のご機嫌伺いに終始した週末でした。

 一度、金曜日に点検をして。
 ものは試しと、様子見でアークスシップに乗船したところ…。
 ロビーで話している途中で、突如ブルーバックに変わってPC様が再起動するという、かなりヤヴァげな現象が起きてしまい。
 これは本格的に対処しなければ危ない…と、直ぐにPC様のメンテナンスに着手しました。



  …まぁ、先ずはセオリー通り行こう(´・ω・`)



 スタートメニューから『コンピューター』を選んで、ハードディスクの一覧を表示して…。

 目当てのハードディスクを右クリックしてプロパティを選択。

 『ツール』から『エラーチェック』の項目の『チェックする』を選択。

 『チェックディスクのオプション』の『不良セクターをスキャンし、回復する』にチェックを入れてツールを実行…。



 Windowsが起動している状態でのシステムの不具合は、大抵はこの手順で治ります。
 何でもかんでも治るわけではありませんが、Windowsの基本的なシステム構成を回復する手助けにはなります。



(´・ω・`)
(つ■と)
…。




 処理をしている間、PC様を使うわけにも行かず。
 手持ち無沙汰になったトナカイさんは、スマホ様で『アズレン』を起動。
 最近の日課になっている、ゲーム内のアイテム掘りに出掛けました。

 まぁ、ゆるゆる遊んでいるので、進み具合はお察しのレベルですが…。
 それでも私的には結構がんばって…

Screenshot_2017-10-22-08-13-37.jpg

 …こんな感じになっています。

 第一艦隊をQエリザベス、フッド、ウォースパイトの打撃艦隊構成。
 第二艦隊を赤城、加賀、エンタープライズの機動艦隊構成。
 第三艦隊はユニコーンを中心にした訓練艦隊。



(´・ω・`)
(つ■と)

…見た目的には良い感じ。




 ただ、育成が追いついていないのと、装備を全然掘れていないので、強さ的にはまだまだなんですよね;
 対人要素では勝率がイマイチですし…。



(´・ω・`)
(つ■と)

…先は長い。




 …っと、処理が終わりましたか。
 なんか…ログに大量にPSO2関連のファイルの破損を修復したと出てるんですが…。
 これは、大丈夫なんでしょうか;



(´・ω・`)
(つ■と)

…別の方法でも掃除やっとくか。




 管理者権限でコマンドプロンプトを開き。
 『sfc /scannow』と入力してEnter。

 …これはレジストリの整合性をチェックするコマンドです。
 最近のOSでは、レジストリでの整合性エラーが起きないように、事前の対策が施されていますが…絶対のものでもありません。
 Windowsの動作が不安定になる要因として、レジストリの不整合が原因になっていることも考えられます。



(´・ω・`)
(つ■と)

…あ、なんか破損しとるな。




 チェックの結果、エラーが発生したことを確認したところで『chkdsk c: /f』と入力して再起動。
 システムの標準機能による、データの修復を試みます。

 大抵は、これで治るのですが…。



(´・ω・`)
(つ■と)

…破損してるファイルが復元できん…。




 何度か試したものの、状況が改善しません。
 これは手動でファイルを置き換えるしかなさそうです。

 先程の『sfc /scannow』の実行で作成されたログからエラーを起こしているファイルを特定し、それが含まれるランタイムをネットから落として来て、置き換えを試みますが…。
 何故か上手く行きません。
 問題を起こしているファイルは、マルチメディア機能を掌握するダイナミックリンクライブラリ(.dll)の一つのようなのですが…。
 どうも、Windowsが起動している状態での操作を受け付けてはくれなさそうな雰囲気です。
 こうなってくると、他のパソコンからファイルを操作するか、或いはUnixなんかのOSを入れたメディアをブート指定して、そこからファイルを操作するかですが…。



(´・ω・`)
(つ■と)

…面倒やな…。




 目星をつけたファイル一つで問題が全て解決するのであれば良いのですが。
 そこから派生して、別の問題が見つかる可能性も有り得ます。
 それを追い掛け続けるのは、あまりにも手間と時間が掛かりすぎ…何れ、素人の自分の手に余る作業になってしまいかねません。

 …趣味と後学のためには、やって損はないことかもしれませんけどね;

 この辺りが自分の限界と思った私は、ここでインプレースアップグレードをすることにしました。
 これは、現在使っている環境を保持したまま、OSを上書きするもので。
 『アップグレード』と言っても、同じバージョンのOSに書き換えることもできます。
 この際、破損しているファイルなどもインストールディスクから呼び出して、復活させることが可能です。

 …こう聞くと、クリーンインストールに比べて、お手軽感のある方法ですが。
 ただ、環境を引き継ぐ為に、問題の原因が引き継ぐべき環境側にあった場合、問題は解消しないままになってしまいます。
 状況に応じて、使うかどうかを決めるべき方法なのですね。



 …そして。
 祈るような気持ちでインプレースアップグレードを行った結果…。



ひとあんしん

 …どうやら、ウチのPC様のご機嫌は治ったようです。



(´・ω・`)
(つ■と)

…良かった…。




■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千弐百弐拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日も今日とて仕事に行くトナカイさん。
 よく『夜勤は大変では?』と言われるのですが…。
 体が慣れてしまえば、辛さというものも特に無く。
 世間一般の人付き合いもない私には、誰かと時間が合わない…という不便もありません。

 ゲームをご一緒する上で、相手に不便を感じさせていないかな…と、心配はするのですけどね;

 …なので。
 皆さんの言われるような、不便や不都合を感じることはないのです。
 少なくとも、私には。




(´・ω・`)
(つ x と)

それが私の生き方よ。





(・ω・` )
(つ x と)

…っと…お昼休憩か。




 職場では真夜中の食事休憩を『お昼』と言っています。
 職場の人間には当たり前ですが…。
 思えばこれも、知らない人から見れば奇異に映ることでしょうね。
 ココで書いていて、改めて『そう言えば…』と気付きましたよ;




(´・ω・`)
(つ□と)

今日はコンビニで買ったカップラーメン。




 貧乏舌の貧乏暮らし。
 インスタントの味で十分と感じるトナカイさんです。
 贅沢は、分かる人が自分のこだわりの為にするもの。
 こだわりの無い私がするのは、贅沢では無く、ただの資源の浪費です。




(´・ω・`)
(つ□と)

…。





(・ω・`三´・ω・)
(つ□と)

……???




 …あれ、割り箸がない…。
 店員さんが入れ忘れたんでしょうか…。
 コンビニでの買い物では、たまにある事ですが…塒と違って、職場には代わりに使える箸の取り置きがある訳でもなく。
 かと言って、今からわざわざ貰いに行くには微妙に遠いコンビニですし…。
 仮に貰いに行ったとしても。



店員       〒 〒
┐( ´_ゝ`)┌    (    )  
(    )     (   ノシ) 

店員『トナカイには立派な口吻があるじゃない?』




pso20170705_213926_007.jpg
                      (C)SEGA
ラーメン鉢に鼻突っ込んだら、真っ赤なお鼻が火傷で爛れて赤くなるわ!!




 …やむを得ません。
 今日のお昼は、未開封のカップラーメンを眺めて過ごしましょう…。



■今日のニークス

 ニュース『スペイン中央政府、カタルーニャ自治州の自治権を停止。』




(´・ω・`)
(つ■と)

…ありゃ。




 今月の頭に住民投票によって独立支持派が勝利して、カタルーニャ州がスペインからの独立をするか…と話題になっていました。
 カタルーニャ独立運動という政治志向は存在するものの。
 実際問題として、独立する手段のないカタルーニャ州に出来ることは限られます。
 カタルーニャ州は、スペインの国内総生産の2割を占める経済規模を持ち、その額は独立国家のデンマークにも匹敵します。
 しかし、その経済の基盤にあるのは観光産業が主であり。
 天然資源の輸出であれば、世界的な需要がある限り、経済を回すことも出来るでしょうが…。
 人の流れが頼りとなる経済構造では、独立運動が加熱して治安の悪化を招き、人の流れが止まれば。
 その結果、最も大きな被害を受けるのはカタルーニャ州自身となります。

 

 独立運動を支援する国が現れれば、話も変わってくるのでしょうが…。
 周辺諸国は、それぞれに国内の独立問題を抱えており、カタルーニャ州の独立を支持することは無いでしょう。
 カタルーニャ州を支持するなら、国内の独立問題はどうなのか…と、自身に飛び火してしまいかねませんから。



 大阪冬の陣において、攻め寄せる徳川の大軍に対し、野外での決戦を主張したのは真田幸村だったと言われています。
 当時、難攻不落を謳われていた大阪城の守りを頼みに、籠城を主張する武将たちに…

  『古来、籠城戦は城外からの援軍の当てがあるからこそ成り立つ戦法である。』

 …幸村の父親の昌幸は、それを二度も覆していますが…まぁ、それは例外。 
 今のカタルーニャ州の独立運動は、まさに幸村が反対した、孤立無援の状態で籠城戦をしようとしています。




(´・ω・`)
(つ■と)

…むぅ。





 難しいですね。
 人が生きる上で、それがなくては生きてはいけない…。
 そうしたものでなければならない、と誰かに決められてしまうのは。

独り言 その壱千弐百弐拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

 今朝は、久し振りの青空を仰ぎ見たのですが…。
 次第に天気は崩れてゆき。
 出勤する時間には、再び雨模様となった大阪です。

 この様子だと、未だに秋雨前線が頑張っているようですね…。

 天気予報を見てみれば、南の海上には台風21号が接近中だと分かります。
 この台風からの湿った風を受けて、前線の活動が長く続いているのかもしれません。

 当初、この台風は日曜日に本州直撃かと言われていましたが…。
 北上するスピードが予想よりも遅いようで、現時点での予報では最接近は月曜以降となっています。

 憂鬱な週の始まりに台風を迎えることになるかもしれないと思うと、更に気が滅入ってきてしまいそうですが。
 一方で、台風が月曜日に来ることを喜んでいる人達もいる…かもしれません。



 日曜日には衆議院議員総選挙があります。



 与党の圧倒的優位が予想されている情勢で。
 今回の選挙で、改憲勢力が改憲発議に必要な2/3議席を占めるのではないか…とまで言われています。

 ただ、投票率がどの程度のものになるのか…それによって結果が多少変わるかもしれません。
 日本では、投票率が高くなると野党の得票率が伸びる傾向にあると言われ。
 逆に投票率が低くなると、与党の得票率が伸びる傾向にあると言われています。
 普段投票に行かない無党派層には、潜在的な野党支持者が多い…ということなのでしょうが…。
 こうしたことから、日曜日に台風が直撃しては、劣勢にある野党にとっては都合が悪いのですね。

 なので…。

 月曜日の憂鬱なんてなんのその。
 台風が月曜日に来ることを一番喜んでいるのは、野党の候補者かもしれません。



 ただ、まぁ…。
 その様は、人事を尽くして天命を待つ…ではないですよね。
 印象としては、溺れる者は藁をも掴む…という感じです。

 見方の違い、なのでしょうけどね;



■今日のニークス

 Idle hands are devil's workshop.

 直訳すると、『手持ち無沙汰は悪魔の作業場』です。
 キリスト教における聖人の言葉とされる諺で…日本語としては『小人閑居して不善をなす』が当てはまると言われます。
 ただ、日本語で…とは言っても、この言葉自体は中国の故事が元となっており、本来は…

  『小人閑居為不善』

 …こう書きます。
 古代中国の儒教のお手本…『四書』の一つ、『大学』に記述のある言葉です。
 しかし、故事の成り立ちに諸説あり、一説には孔子の言葉ともされているそうですが、不明な点が多く…言葉は今に伝わっていますが、誰の言葉であるのかはハッキリしていないようです。

 …ところで。

 『小人閑居して不善をなす』という言葉ですが…。
 辞書には『小人物が暇を持て余すと、とかく悪事に走りやすいということ』とあり。
 実際に用いられる場面でのニュアンスとしては、『暇を作らずに働きなさい』と諭すものがあります。



 …しかし、この言葉。



 実は、全体から一部分を切り取ったもので、本来はもう少し長い言葉となっています。

  『君子必慎其独也、小人閑居為不善。』

 この言葉を通して訳すと『君子は一人となれば必ず慎み深くなるもので、小人物が暇を持て余すと、とかく悪事に走りやすい』となり。
 『小人閑居為不善』とは、少し言葉の意味が変わってきています。

 『小人閑居為不善』では、小人物が暇を持て余しても碌なことにならないのだから…と、『暇を持て余すこと』そのものを責める向きがありましたが。
 『君子必慎其独也、小人閑居為不善。』では、君子と小人物の行いの差を例に挙げて『君子は一人になれば慎み深くなるもので、それを見習いなさい』と、物事に向き合う姿勢を諭す向きがあります。

  『小人閑居為不善』

 これは、『暇を持て余さないようにするべき』という言葉ではなく。
 本来は『暇を持て余さないような人になるべき』という言葉なのですね。



(´・ω・`)
(つ■と)

…うむ。日々是精進。








〒 〒
(・´ω`・)
(つ■と)

…イヒ。




 …小人物なアークスの鈴蘭です。

独り言 その壱千弐百弐拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日の投稿は、少し短めのものとなりました。
 それというのも…。
 最近は、始業前までにスマホ様から第一稿をアップロードし。
 帰宅後にPC様から加筆修正を行って体裁を整える…という形のために。
 PC様が復旧作業で塞がってしまうと、更新作業の効率が極端に落ちてしまうのです。

  リアルキーボードは偉大(´・ω・`)

 スマホ様も良い機械なのですが…。
 携行性と機能性の両立こそが大事の機械であって。
 塒で腰を据えて使うのには、携行性など無用の長物であることを思えば。
 携行性皆無、機能性極大という機械のほうが、使い勝手が良いのは自明というものでしょう。

 いや、ホント…愛用のキーボード持ち歩きたいくらいです;

 先日買った折りたたみ式のキーボードは重宝していますが…。
 それでも『代替品』という印象の使い勝手。
 愛用しているメカニカルキーボードのそれには及びません。

  PC様が使えなくなって分かる、本物との違い(´・ω・`)

 最近では、Switchで遊ぶ時のテキストチャットを、SNSを通じて行っているのですが…。
 出先でログを追えるように、スマホ様にもアプリを入れていたりします。
 しかし、これも使い勝手が…;
 起動しようとして、意図しない操作をしてしまって慌てることが何度か。
 単に私が使い慣れていない…というだけの事かもしれませんが。
 しかし、向き不向きもあるように思えてくるのですね…;



  …っと、考えてる間に処理終了(´・ω・`)



 今朝は、コマンドプロンプトから幾つかの命令を実行し、PC様のゴミ落としとエラーチェックを実施。
 その甲斐あってか、頻繁にエラーを吐いていた状況からは改善しました。

  …しかし、PSO2は未だ起動できず(´・ω・`)

 んー…。
 この一連の操作で効果があったということは…レジストリの問題だけではなく、HDDの何処かに不良セクタができているのかもしれません。
 或いは、PSO2のクライアントが使用している領域に不良セクタがあって、PSO2が起動できなくなっている…とか?
 素人の知ることの出来る範囲では、現状の何が悪いのか、それがよく分かりません。

 これはもう…週末までに一度、PSO2を再インストールしてみましょうか…;

 それでも尚、というのであれば。
 その時はその時で、OSの再インストールも考えましょう。



 失ったとき。
 初めてその有り難みを知る。

  

独り言 その壱千弐百壱拾九

 大きいだけの鈴蘭です。

 ここ数日、雨が降り続いています。

 思えば最近…こうして数日に渡って雨が降り続けることなど、無かったように思います。
 梅雨時でさえ、一日中降り続けるようなことがありませんでしたし…。
 台風の前後も、強い風は吹きますが…雨が続く天気というのは、ついぞ記憶にありません。

 だからでしょうか。

 この雨が、急激な気温の変化に、季節の方が急いで合わせようと慌てているかのようで。
 少し…その様子に意地悪く、楽しく思いつつ。
 いつもと同じ、いつもと違った雨模様の夜の街を歩いています。



        / / | ヽ \
       "⌒Y⌒Y⌒Y⌒゙
   〒 〒 ┃
ヾ(´・ω・`)ノ
 (  x  )
   U ̄U  
しんぎんだれん。




 …とは言え、季節が進んで冬へと近づく中の雨のこと。
 心とは別に、身体が冷たく冷えていくのを感じます。

 楽しさに身体の大事を忘れてしまえば、体調を崩しかねません。
 これから寒さも本格的なものになっていくことでしょうし…。
 皆さんも、十分にお気をつけを。



■今日のニークス

 先週…いえ、先々週くらいからでしょうか?
 PC様のご機嫌が悪く、起動に随分と時間がかかったり、エクスプローラーがエラーを吐いたりということが度々発生していました。
 チラッと、ハスワリさんから『直近のWindows Updateでエラーが起きるようになった』という噂が流れていると聞きましたが…。

  ウチも、それなのかなぁ(´・ω・`)

 怪しいと思えば、すぐに動けば良いものを。
 面倒だからと、自分のことであるのに何処か他人事のように独り言。
 そして、『公式アップデートに起因する不具合であれば、何れ修正アップデートも来るだろう』…と、PC様を宥め賺しつつ、騙し騙し使っていた鈴蘭です。

 …そんなこんなで、今日も今日とて出勤前の乗船を…。



  PSO2『PSO2は問題が発生したために動作を停止しました』



(´・ω・`)
(つ■と)
…おうふ。




 簡単にあれやこれや調べてみたところ…。
 どうやらレジストリの一部に欠落がある模様。
 ここしばらく新しくソフトを入れたり、削除したりはしていないので、何故そんなことが起きたのか、皆目見当もつきません。
 レジストリが欠落してしまっていては、フリーで入手できる修復ツールなどの手に余ります。
 OSのインストールディスクからシステムの復元を行うのが、一番手っ取り早いでしょうが…。



(´・ω・`)
(つ■と)
…面倒やなぁ…。




 しかし、放置していても良いことなどありません。
 面倒でも、やらねばなりませんね…;



■コメントのお返事
 遅くなり申し訳ありません。
 続きよりどうぞ(´・ω・`)

独り言 その壱千弐百壱拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日のお昼のこと。
 フレさんのお話の中で、『そう言えば…』と今更ながらの疑問が浮かんだ鈴蘭です。



 アークスシップ。



 それはオラクル船団を形成する宇宙船。
 アークスの活動の拠点としてだけでなく、数万人に及ぶ民間人を居住させる、地球型の惑星環境を再現した都市を内包した、巨大な宇宙船です。
 
 しかし、宇宙船としては確かに巨大なものではありますが…。
 それでも全長は70km程度。
 現在『はやぶさ2号』が目指している小惑星『リュウグウ』(直径900m)に比べて大きくとも。
 問題は…直径が約3,500kmもある月の表面重力が0.165G。
 月ほど大きくとも、地球の1/6ほどの重力しか持ち得ないのですね。

 私達が意識せずに行っている『歩く』という動作すら、本来であれば満足にできない程度の重力しか、アークスシップには無いと思われます。
 アークスシップの中で私達が飛んだり跳ねたりすることが出来るのは、人為的に重力を制御している為…なのでしょう。



 …となると。


 
pso20171008_112057_003.jpg
                 (C)SEGA

 …このロビーに、違和感を覚えるのですね。



 仮に、現実の私たちの身の回りで非常事態が発生したとして。
 空気や水の心配をする状況は考えられるでしょうが、重力が消失する事態…というのは考えづらくあります。
 地球が砕け散るか、テニスコートで中学生の熱戦が繰り広げられるか…そうでもない限り、重力を失う心配をする必要などありません。
 自分の部屋に『重力が無くなったら困るから』と、手すりなりなんなりを天井に取り付ける人がいたら、『もっと別の心配したら(´・ω・`)?』と言いたくなってしまいます。

 しかし。

 アークスシップにおいては、何らかの理由で生命維持装置が機能不全に陥れば、当たり前のように床に立って歩くことすら出来なくなる可能性があるのです。
 それを思うと…。
 このロビーの作りが、あまりにも私たちの感覚に近い『普通』であり。
 違和感のないことが、逆に違和感を掻き立てるのです。

 

 キャンプシップへの搭乗ゲートといえば、アークスシップにおける最前線ともいうべき場所ですが。
 不測の事態に対する備えがされているのか…一見してよく分からない作りになっています。

 一度、重力が無くなってしまえば。
 床を床として使うことは出来ませんし。
 階段を階段として使うことは出来ません。
 壁が床になり、天上が床になり…そんな事態もありえるのです。

 それを思えば、あまり複雑な構造の部屋であっては、もしもの時に不都合が生じると思うのですよ。

 それでも敢えて、分かっていてこうしたロビーの構造になっているとしたら。
 そもそも、そうした事態になることを想定する必要すらない…ということなのかもしれません。

 例えば…。

 アークスのひとりひとり、一般市民のひとりひとりに。
 重力制御の出来るユニットのような…高度な生命維持装置が配られているとか。

 思えば、アークスにしたところで…生身の身体で空中機動とかを実現してるのは、どう考えても可怪しいわけで。
 フォトンであれ何であれ、常に何かしらの補助は受けていると思うのですよ。

 或いはそれが、重力消失時の緊急避難の手段なのかも…?
 そうして個人個人が移動できる手段を持っているからこその、このロビーなのかもしれない…と。
 そんなことを考えた鈴蘭です。



  理由のない所に理由を考える。それが楽しいんさ(´・ω・`)



■今日のニークス

pso20171014_211446_000.jpg
                 (C)SEGA

 今週末は、褐色集会に参加してきました。



 前回から、Twitterでの告知を展開している都合もあってか…今回も、初参加という方が多くおられた印象です。
 確か…私が把握している限りで11人。
 いつにも増して、大変に盛況な褐色集会となりました。

 …とはいえ。

 今回は、主催のヴォルフィードさんが仕事の都合で途中退場されてしまい。
 残念なことに、恒例の記念撮影のときには既においでになられなかったのですが…。

pso20171014_225645_022.jpg
                 (C)SEGA

 こうして、無事に記念撮影も済みました。
 後になって思ったのですが…こういうとき、卒業写真の欠席者みたいに、窓の中に写真を入れるくらいのことをしても良かったんじゃないかなぁ…と、ネタ的に考えてもみたり。
 
  今度、機会があれば狙ってみるか…(´・ω・`)

 などとくだらない事を考えている内にも、時間は過ぎ。
 いつものごとく、二次会に…。



pso20171015_001707_038.jpg
                 (C)SEGA

 …入る前に、noutさんから動画撮影の提案があり。
 褐色集会参加者有志による、動画作成が始まりました。

 思えば、皆で揃って何かをする…ということの少ない褐色集会。
 こうした呼びかけで何かをする、という変化もまた良いものだと思います。
 日常の延長のような、何もないことを大事にすることに変わりありませんが。
 それが日常にはないことを忌避することに繋がっては、それはそれで面白くありません。

  『こんなのはどうだろう?』

 そんな疑問を持つことを憚られる雰囲気をこそ、忌むべきであって。
 そんな疑問を大事にしてこそ、これまでと、今と、これからを臨むことが出来るのでしょうから。



 今回の褐色集会も、皆さんのお陰で楽しい時間となりました。
 次回、11月11日の開催は、満3周年の記念すべきものとなりますが…。

 続けられたことよりも。
 続いたことを喜びたい。

 そんな気持ちの鈴蘭です。



pso20171015_085618_047.jpg
                 (C)SEGA



独り言 その壱千弐百壱拾七

 大きいだけの鈴蘭です。

 ここ数日、秋らしからぬ暖かい日…というよりも。
 夏のような暑い日が続いていました。
 日が沈んでも、そこかしこに熱気がのこっているかのようで。
 カレンダーを見なければ、9月と言われても納得してしまいそうな有様でした。



 …しかし、それも今日までかもしれません。
 







 どうやら、北で停滞していた秋雨前線が、明日にも南下してくるようです。
 前線は、北の寒気と南の暖気がぶつかっている場所に発生します。
 前線が南下するということは、今日までの暖かさを齎していた暖気が南に下がり、北の冷たい寒気に取って代わる、ということです。



  雨音は冬の足音…という事かの(´・ω・`)



 しかしこれ…関東では、明日は20℃以上気温が下がる見込みのようですね;
 季節が巻き戻るにしても、これではあまりに急というもの。
 この変化に、体調を崩す人が出ても不思議ではありません。



 週末には褐色集会を控えていますが…。




 皆、風邪など引くことなく、元気に当日を迎えたいものですね。



■考えすぎ?

 益友 えきゆう

 斉の国王である景公は、名宰相といわれる晏嬰(あん えい)を重用して、国事に成功した人です。

 あるタベに、景公は晏嬰を訪ねて『うまい酒を酌み交わして、いい音楽を聴いて楽しみませんか』と誘いました。
 しかし、この誘いを晏嬰にあっさり断られてしまいます。
 それならばと、景公は軍略において最も頼みとする武将、司馬穣苴(しば じょうしょ:孫氏の兵法を著したともされる)を訪ねて誘いましたが『それは私に関わりのないことですね』と、にべもなく断られたのでした。

 普段から頼みとする二人に断られて落胆した景公は、大夫(たいふ:領主を指す官職名)の梁丘拠(りょう きゅうきょ)の家に向かいました。
 すると、事前に景公が二人に誘いを断られたことを知っていた梁丘拠は、景公の誘いに応じるべく、楽器を抱え、歌いながら門のところまで迎え出ていました。

 景公が喜んだのは勿論で、『宰相と将軍がいなければ国を治めることはできない。しかし、君のような臣がいないと楽しむことができない』と述懐したとのことです。

 出典は『晏子春秋』。
 その原文では『聖賢の君、皆益友を有す』…『聖者、賢人のような立派な人々にはそれぞれ自分の囲りに折にふれ有益な友人が集まるようになっている』とあります。

 日本では有益な友人…『益友』として、『正直な人』『誠実な人』『多聞な人』の3種の人が良いとして、『三益友』という言葉があります。



 …ここでふと。

 相手に何をすれば『正直』で。
 相手に何をすれば『誠実』で。
 相手に何をすれば『多聞』で。
 相手に何をすれば『友人』足り得るのか。

 そんなことを考えた鈴蘭です。



 この景公と梁丘拠については、別のエピソードがあります。

 景公が晏嬰と寛いでいる所に、馴染みの梁丘拠がやってきました。
 景公は、晏嬰に『この者は、私と和する存在だ』と言ってみせますが。
 晏嬰は『梁丘拠は王の意見がどんなものであれ、それに賛同します。それは『同』であって『和』ではありません』と言って否定しました。
 しかし、景公には晏嬰の言う『同』と『和』の違いがピンときません。
 そんな景公に、晏嬰は説明します。

 …『和』とは、王が可だとしても、不可なる点があれば、臣下はその不可なる点を進言して王の可とすることを更に完成させ、王が不可としても可なる点があれば、臣下はその可なる点を進言して、王の不可とすることを可に変える事を言い、政治は礼儀に背かず民に争奪の心がなくなるのです。
 ところが梁丘拠は、王が可とされれば同じく可と言い、王が不可とされれば不可と言い、水で水を調理して水をつくっているだけで、建設的でも生産的でもありません。
 料理とは、調味料や食材を使って初めて料理になるのです…。

 論語において『和而不同(わじふどう)』。
 日本では『和して同ぜず』の言葉で伝わる故事です。



 『同』が『益』であるのか。
 『和』が『益』であるのか。

 友人に『同』を求めるのか。
 友人に『和』を求めるのか。

 それは人それぞれの形かもしれません。
 しかし…。

 如何に『正直』であろうとも。
 如何に『誠実』であろうとも。
 如何に『多聞』であろうとも。

 『同』を相手に求めていては。
 自分にとっての『友人』足り得ても。
 相手にとっての『友人』足り得ないのではないか。



 …知らず、『和』を求める内に『同』を相手に求め。
 『友人』足らんとして、『友人』足り得なくなっているのではないか。
 ふとした折。
 思慮の足りない私の言葉に、そんな危うさを感じた鈴蘭です。



                     【参考・引用:ニコニコ大百科『梁丘拠』】

独り言 その壱千弐百壱拾六

 大きいだけの鈴蘭です。



(´・ω・`)
…。



(´・ω・`)
……。


(´・ω・`)
アプデが終わらん…。




 最近は夜のログイン時刻をズラした為に、アプデだけで出勤時間を迎えてしまうようになりました。
 なので、ハロウィンなアークスシップの様子については、明日以降の楽しみとしようと思います。



  …そう言えば…(´・ω・`)



 今年のハロウィン緊急はどうなってるんでしょう?
 ハルコタンに続いて、魔人さんの襲撃とかがあったりするんでしょうか。

 …というか、今更なことではあるのですが。

 そもそも、違う惑星に違う惑星の原生生物が出没する状況についての説明が欲しいところです;
 毎度毎度、司令部からは『よく分からないけど』みたいな曖昧な説明しかされてませんし…。
 アークスの使うフォトンプールみたいなものが自然発生して、そこを通ってきた原生生物が季節緊急に乱入してくるんでしょうか。
 これだけダーカーが好き勝手している状況です。
 環境にも思わぬ影響が出ていても不思議ではありませんが…。

 私などには、もっと俗っぽい理由で発生しているんじゃないか…などと思えてしまうのですよね…。



  だって…ねぇ(´・ω・`)?



 このアークスシップには、東京の河川敷に捨てられている空き瓶を、蒐集品として大金を出して買い漁っているような人が乗り合わせているんですよ?
 好事家相手に原生生物を扱うブローカーがいたところで、なんら不思議ではないでしょう。
 各惑星に出入りしているのがアークスばかりではないということは、ナウラ三姉妹の件から見ても明らか。
 きっとアークスシップには、全知君などでは及びもつかないような巨大な闇があるのです。

 

 そして。



 トナカイさんが、そのブローカーとして怪しいと睨んでいるのが…。



  シーなんよな…。(´・ω・`)



 …んでもって、その最大の顧客はフランカ。



■今日のニークス

 職場での休憩時間を利用して、ちょくちょく『アズールレーン』を進めています。
 シューティングゲームが苦手な鈴蘭ですが。
 育成したキャラクターたちを編成して艦隊を作り、シューティングゲーム部分をAIに任せて、事前に練り込んだ戦術で戦いを有利に進めさせる…といった遊び方もできるため、なかなかに楽しいのですね。

 その楽しさも手伝って、ブログやTwitterを通じてアークスの皆さんに近況報告めいたことをしていますが…。
 そのおかげもあってか、『アズールレーン』内でのフレンドさんが増えました。

  …というか、ヴォルフィードさんを始め、多くの人がやってたのに驚き(´・ω・`)

 皆さん、よく見ておいでですね…ホントに;
 って、そうそう。
 驚きついでに、もう一つ驚いたことこがあります。
 それは、皆さんのゲームの進捗具合。

 ゲームのサービスイン自体は最近のことですが。
 私が始めたのがサービスインから数日あとのことであったこともあり…。
 周囲の方に比べると、私は若干進みが遅いようです。
 
  …言っても微差だけどね(´・ω・`)

 第一回のイベントを未消化で終了したために、手持ちの戦力が少ない、若干レベルが低い…といったところですが。
 数値となって、目に見える形で現れる部分もあるわけで。
 改めて周りを見回し、『みんな強いなぁ…(・ω・`三´・ω・)』と感心しきりの鈴蘭です。



 まぁ、それでも…。







 
 …私なりの追い上げを狙っています。
 幸い、こうして望外の幸運に恵まれ、思っていたよりもずっと早くに私の艦隊を強くすることができそうです。
 
  …個人的には『飛龍は健在なり』の飛龍にも頑張って欲しいのだけどね(´・ω・`)

 何故といって…航空母艦『飛龍』は、このゲームでは強力な空母『赤城』『加賀』を入手する上で倒すべき敵として登場しており。
 来る日も来る日も、全国のプレイヤーから物凄い勢いでタコ殴りにされているであろう、不憫な子なのですよ。

 この辺はなんというか…もっと…見せ方があっても良かったのかなぁ、とは思うのですが。
 過去に実在した艦船を擬人化してストーリーを組み立てているのです。
 割を食う役割を演じなければならない船が出てくるのは、しょうがないことでしょう。

 判官贔屓、というわけでもありませんが。
 せめて、私の組む艦隊では活躍してほしいものです…;

独り言 その壱千弐百壱拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 いやいや。
 今日は随分と暑い一日でした。


 仕事が明けて一休みして。
 昼には、お友達にお誘い頂いたスプラトゥーンで遊んでいたのですが…。
 ゲームに熱中して、楽しさの中でかく汗とは別に、夏のような陽気に中てられて汗をかいてしまいました。



  …え(´・ω・`)?



  ゲームで汗をかくのか、ですって(´・ω・`)?



 かきます。
 というか、前にも書いた気がしますが…汗ばかりだけではなく、対戦中は手が震えたり、緊張で手足に痺れを感じるほどに強張ります。
 これは、それだけゲームに熱中している、ということの表れであるのかもしれません。
 それだというのに…いえ、それだからこそでしょうか。
 トナイカさんの戦いぶりは不味いもので。
 今なお、ほぼほぼ負け通しの状態が続いています。

 数々の勝つための重要な要素は、教えて頂いたものの。
 それらを勝ち筋として、一つの道に纏められていないのですね。
 その様子を言い表すとすれば、頭で分かっていても、体に染み込むほどになっていない…というのが近いのでしょうか。
 戦いの中の行動を振り返ってみて、あの時の自分は何故、あの行動を選択したのか。
 それが分からない事が多々あります。
 言葉通り…『思わず』の行動の連続なのです。



 成功の形が見えないまま、失敗を恐れて身構え、緊張している。
 いつも、そんな私なのです。
 ゲームを楽しむ上で、粋ではないですよねぇ…我ながら;



■今日のニークス
 10月10日。
 PSO2の公式サイトに、告知が掲載されました。

  今後予定しているバランス調整について

 以下の文は、公式サイトの内容の抜粋になります。 

今後予定しているバランス調整について



開発チームでは、2017年9月27日(水)に実施した戦闘バランス調整後のプレイ状況やいただいたご意見を元に、以下の改善について検討を進めております。

詳細な実施時期や内容につきましては、後日あらためてプレイヤーズサイトなどでご報告させていただきます。

今後の予定しているバランス調整について


◆移動速度に関する改善
2017年9月27日(水)に実施した通常クラスの移動性能向上により、移動系フォトンアーツとテクニックの性能が向上いたしました。
現在、それらを連続で使用しなくても良いような対策を検討しております。

◆テクニックによる戦闘テンポの改善
テクニックで戦闘を開始する際に、素振りをした後チャージをするという行動をしなくても良いように、チャージしたテクニックについては必ずジャストアタック扱いにするスキルの実装を検討しております。
※チャージしたテクニックを発動後、すぐにジャンプでキャンセルする行動が最適とならないようにスキルの仕様を検討しております。

◆ペット育成に関する改善
キャンディーの圧縮やパンケーキの獲得などにかかるメセタ等のリソースについて、緩和を検討しております。

◆強くなったプレイヤーの力を試すコンテンツの充実
今後配信を予定しているコンテンツでは、戦い応えが得られるようなバランスになるよう、エネミーを強化したものも配信する予定です。
また、エネミーの強化に合わせて、レアドロップ率をその難度に見合うように上昇させる予定です。

今後の更新に向けて対応を進めておりますので、しばらくお待ちいただきますようお願いします。





 また、この方針に沿う形で実施される、10月25日のアップデートの内容についての告知も掲載されています。

  10/25に行う戦闘バランス調整について

 以下は、その抜粋になります。



10/25に行う戦闘バランス調整について



開発チームから、2017年10月25日(水)のアップデートで予定している戦闘バランス調整に関してお伝えいたします。
2017年9月27日(水)に実施した通常クラスを快適にプレイできるように性能を引き上げる調整に引き続き、以下の対応を10月25日(水)のアップデートにて実施させていただきます。

10月25日(水)に予定している戦闘バランス調整について


・一部スタンスのパッシブスキル化
・一部スタンスの仕様変更
・一部アクティブスキルの発動モーションを廃止
・一部アクティブスキルの発動モーションを高速化
・テクターのクラススキル「エレメントウィークヒット」を上方修正
・ブレイバーのクラススキル「ブレイバーマグ」とバウンサーのクラススキル「バウンサーマグ」の効果を変更

変更内容の詳細については、以下より各項目をご確認ください。
10/25配信予定のアップデートにて実施するバランス調整について

今後の更新に向けて対応を進めておりますので、しばらくお待ちいただきますようお願いします。





  うーん…(´・ω・`)



 通常職を強化するという、この方針で良いものなのか…未だに疑問があるんですけどね、私は…;
 上位職と通常職の差が大きすぎたので、調整を加える。
 運営は、『差』に問題があるとして、上位職を睨んで通常職の強さを引き上げようとしていますが。
 私が思うに…そもそもの問題は、上位職と通常職の『差』ではなく。
 プレイヤーがそれぞれに慣れ親しんできた通常職に対応する上位職がないこと…そこに原因があるのではないでしょうか…?



 そこの履き違いをしたまま先に進めば。
 何れ、もっと大きな問題に直面することになりはしないか。
 …そんな心配をしている鈴蘭です。

独り言 その壱千弐百壱拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 近所では、衆議院議員総選挙の候補者たちの広報活動が活発になってきました。
 私の住む地域では、自民、公明、共産、維新の候補者による争い…といったところですが。
 高齢化が著しい地域でもあるので、反自民ということで野党に入れる人も少なくない…そんな状況にあると思います。

 昨今の半島情勢を思えば、喫緊の問題である国防についてビジョンを示してくれる政党に執権して貰いたいものですが…。
 自民党以外に、半島情勢に関して現実的な対策を言及しているところがないのが…なんとも;



  経済も福祉も、国の枠組みあってこそやと思うんやけどねぇ(´・ω・`)



 平和的な解決が望めるのであれば、それに越したことはありません。
 しかし…過去20年、その方針を堅持した結果として今があることを思えば。
 別の解決の手段を、選択肢として考えておく必要はあると思うのですよ。

 個人間の関係ですら難しいというのに。
 個人を超越した、国と国の関係を考えるのです。

 そこに、『有り得ない』なんてことは有り得ないでしょうから。



  …って、そう言えば(´・ω・`)



 東京では小池都知事の『希望の党』が話題になっているようですが。
 同じ日本とは言え、大阪では遠い異国の話のように聞こえています。

 それというのも、伝え聞く小池都知事のイメージといっても、漠然としたものしかなく。
 地方の人間にしてみれば、国政に打って出て、何をしようとしている人なのか…全く見えて来ないのですね。



 …なので。



 『希望の党』が選挙公約として掲げた『花粉症ゼロ』という言葉を、どう捉えたものか…困っています。
 政策として掲げるべきものかも分かりませんし。
 掲げるにしろ、何をどうするのか…さっぱり分かりません。

 試しにTwitterでの反応を見てみると…。


 …って、いやいや。
 流石にこれ(隔離政策)はないでしょう;
 現実問題として、花粉の出る植物を根絶するか、花粉症の人を根絶するかのどちらかしかないのは分かりますが…。

  いくらなんでもねぇ…(´・ω・`)

 それとも。
 これこそ『有り得ない、なんてことは有り得ない』…ことになるのでしょうかね?;



■今日のニークス

 ニークスを始めとしたフレさんたちの間で、『アズールレーン』が流行し始めています。
 このゲーム、『艦これ』が好きだった人にとっては、『艦これ』のキャラクターたちをシューティングゲームの自キャラとして使えるかのようなシステムが、特に評判が良いようですね。
 あいにく私は『艦これ』をプレイしたことがないので、その評価への共感というものはないのですが。
 しかし、このゲームの現状での課金システムと…ゲームのバランスには好感をもっています。

 強さに直接関わる部分ではお金がかからない。
 欲しい装備は、ゲームで遊んで掘って手に入れる。
 それは非常に分かりやすく。
 最近のゲームでは、久しく忘れられてしまったものであるように思います。

 ゲーム会社だって慈善事業でやっているわけではないのですし、如何に収益を上げるか、という事を重要視することは理解できるのですが…。
 そこに汲々とされてしまっては、私のようなプレイヤーには息苦しくも感じてしまいます。
 課金に応じて差があるのは当然としても。
 差があることを当然として、課金を求めてこられるのでは…。 

 …その意味では、『アズールレーン』の運営は、こちらが『何処で収益を上げるつもりなんだろう?』と心配になる程に良心的な商売をしています。
 特に…スマホゲームでは定番のガチャでは、デイリーオーダーの消化で課金用のガチャを一日二回程度引くことも可能です。
 更には、そうして引くことで、オマケでもう一回…みたいな感じになっているのですね。



  私らには有り難いけど…大丈夫なん…(´・ω・`)?



 いえ、お陰で…








 こうしてレアにも出会えるのですから、いいことなのでしょうが…。
 この先の展開を思うと、少し心配にもなってきます。

 皆で強くなる、皆で楽しくする。

 それは、確かに理想的ではありますが。
 それを追い求めた果てに、ゲームとしての面白さがあるのか…。
 オフラインであれば、出来るようにも思います。
 ですが、オンラインでは難しいようにも思うのですね。

 中国では既にサービスインから日にちが経っていると聞きますが。
 どのように展開しているものなのか、少し興味があります。



 『良いこと』が、一様ではないと考えるだけに。
 この先を心配する鈴蘭です。








〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)
うぉぉぉおおぉぉ…!!!!!




 …心配、してるんですよ?

独り言 その壱千弐百壱拾参

 大きいだけの鈴蘭です。



〒 〒
(´・ω・`)
(((つ■と)))

…!!?




 突然、持っていたスマホ様が震え出して驚いた鈴蘭です。
 基本的に、電話もメールも煩わしく思う私は、普段からスマホ様をマナーモードに設定して通知音もバイブ通知もカットしており。
 Jアラートなどの緊急速報でもない限り、軽々に動じるようなことはないはずのスマホ様なのですが…。





© 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.
© 2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.




 …なんというか、二重の意味で驚きました。
 『アズールレーン』は、ガチャの排出率がノーマル30%、レア51%、Sレア12%、SSレア7%という設定なのですが。
 新規登録者に配布されるボーナスなどを使って引くこと10回あまり。
 その尽くがノーマルだったという…。
 ある意味、確率に立ち向かったレアなケースを体験した、引きの弱い鈴蘭です。

  これは…ハズレIDってやつ…(´・ω・`)?

 この手のゲームには、『当たりID』と『ハズレID』がある…などと言われます。
 かつてはゲームのプログラムにおいては、乱数の生成というのは処理の負荷が大きく。
 疑似乱数を生成する簡素なプログラムを用いて、リソースを節約するのが良いとされてきました。
 最近はハードウェアの性能が向上し、こうした疑似乱数の生成プログラムの需要というのは、以前に比べ少なくなっているのかもしれませんが…。
 しかし、乱数の精度の高さを求めるよりも、他に優先すべきことはいくらでもあるわけで。
 擬似乱数というものは、今も使われ続けていると思います。

 そして、この疑似乱数というもの。
 乱数を作る上で、タネを準備する必要があります。

 言えば、サイコロを振る時の時間、振った人のID、振った人のステータス…そういった、サイコロを振る人が変われば必ず変わるであろう数字をタネとして使うのです。
 その数字が、サイコロを振る時の力の入れ具合…ブレ幅の元になるのですね。
 IDだけがタネになっていると、ブレ幅が一定になってしまうので、時間などでブレ幅が偏らないよう調整をします。
 このため、基本的には極端な偏りというものは発生しないはず…なのですが。
 あくまでも確率のお話。
 有り得ない、などということは有り得ないのです。



  うむ…全ては天の配剤…運命である(´・ω・`)



 …まぁ、今回の引きは幸運だった、というコトでいいでしょう。
 大体からして、たかだか数回程度のハズレで嘆くのは、早計に過ぎますからね;

 問題は…もう一つの驚きである、スマホ様のバイブ通知です。
 非常時ならばともかく、ゲームのアプリが所有者の設定を飛び越えて、本体を操作できるとは…。
 そんな許可をした覚えなど…。
 …。
 そういえば。
 アプリのインストール時に、幾つかの動作を許可する旨、確認メッセージが表示された覚えがあります。



  あれか…(´・ω・`)



 私は、あの手の説明や規約なんかを、ありがちな『お約束』と思って飛ばしてしまうことが多く。
 そのいちいちを確認したりはしないのですが…。
 これは迂闊でしたね;
 スマホのバイブ機能がオンになった程度のこと。
 別に深刻になるようなことでもありませんが。
 同じようにして、他の何かを知らず許可することもありえます。
 『たかが』と思って見過ごすことがないようにしないと…ですね;



  まぁ、注意力散漫な私には難しいだろうがな…(´・ω・`)



 目の前に穴があると分かっていても、何故かハマってしまう。
 そんな私ですから。



\皆も注意やで…/

〒 〒
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




■コメントのお返事
 続きより(´・ω・`)

独り言 その壱千弐百壱拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日、10月4日は中秋の名月。
 お月見の日です。

 最近は、日中でも時おり肌寒く感じることがありますが。
 それでもまだまだ暖かく。
 上に羽織った一枚を、煩わしく思う陽気が続いています。

 既に今年も残すところ、あと3ヶ月あまりということを思えば。
 長く長く続く夏の余韻が、近くにまで来ているはずの冬の気配を覆い隠してしまっていることに、少しばかり寂しさを覚えます。



  ホント『秋らしさ』というのが難しくなったように思うよ(´・ω・`)



 しかし、そうした暖かに感じる日々も、今日までのことかもしれないようです。

 

 全国的に穏やかな中秋となる今夜を境にして。
 季節らしい陽気が感じられるようになりそう、とのこと。

 …うん。

 秋らしい秋、良いですね。



 ただ…贅沢を言えば。
 急に変わってしまう…というのは、電気のスイッチを切り替えるようで。
 そこにはただ断裂のみがあるようで…どこか風情のなさを感じます。
 やはり、夏の熱が冷めて、冬に変わってゆく…動から静への変化を楽しむのが、秋というものでしょうから。



  流れの中にいるからこその私たちなのだから(´・ω・`)



 …そう、それ故に。



pso20170906_213343_004.jpg
                   (C)SEGA

 中秋の名月を、こうして迎えたかったのですよ。
 トナカイさんとしては。



 …それなのに。



  嗚呼それなのに(´・ω・`)



pso20170927_215333_001.jpg
                   (C)SEGA

 …月は何処だ…(´・ω・`)

独り言 その壱千弐百壱拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。



〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)

…おや?




 …先日の『けものフレンズ』の『たつき監督』の降板騒動、動きがあったんですね。
 KADOKAWAとヤオロズの責任者から『話し合いをする』という、Twitterでの発言があったようです。



 …KADOKAWAは一出資者としての立場から、発言を控えてきた…KADOKAWAとヤオロズの認識には溝がある…ですか。

  …私は経緯に詳しくないのだけど…(´・ω・`)

 今の状況って、『たつき監督』のTwitterでの発言以外で『何が起こったのか』は示されていましたが、『どうして起こったのか』については示されていないように思います。
 色々と話は出ていましたが、それらは結局根も葉も見えない噂レベルで。
 そうしたものの中から、信じたいものを信じた人たちによって、騒動が大きくなってきた印象もあります。

  …まぁ、だからこその『騒動』なのだけどね(´・ω・`)

 しかし、なんでしょう。
 『降板』に関しての騒動が大きくなったところで『話し合い』ですか。
 降板が既定のことであれば、リスクを管理した上で正式発表すればいいだけです。
 降板が事実無根のことであれば、正式に否定すればいいだけです。
 …なんというか。
 こうまで騒動が大きくなるとは思わなかった、ということなんでしょうか?
 対応が後手後手に回ってしまって、それが事態を悪化させているように見えるのですが…。

  …まずいんじゃないかなぁ(´・ω・`)

 こうなってしまってから『こんな筈ではなかった』と切り出しても、続く話が良い話であっても、聞く人の不信感は拭えないでしょう。
 
 騒動を収めるためにやっている、と思われてもしまうでしょうからね;



 …まぁ。
 事態がよく分かっていない私としては。
 噂は噂として、囃し立てず、煽り立てず。
 何れ示されるであろう、確かな結果を待つだけ…ですね。

 人の言葉には、人を動かす力があります。
 そしてそれは、決して小さなものではありません。
 だからこそ、それは軽々しく使うものではなく。
 慎重に使うべき時を選ばねばならない。
 …そう思う鈴蘭です。



〒 〒
(´・ x ・`)
(つ■と)

…うむ。



■今日のニークス

pso20170719_215815_003.jpg
                      (C)SEGA

 最近、夜のアークスシップ乗船時間を20時頃から21時頃に変更した鈴蘭です。
 アークスとしての平日夜の活動時間が減ってしまうことになりますが…。
 その分、安定した休息の時間を確保しよう、というのがその理由です。

  …こうして、自室でゆっくりする時間も大事やしな(´・ω・`)

 トナカイさんの話ではなく…その魂たる『私』の話ですけどね;
 暇を利用して、何かを楽しむためにアークスシップに乗り込む『私』ですが。
 その何かは癒やしではあっても、休息とは違うもの。
 必ずしも、この部屋の中で得られるわけではないのです。

  …とはいえ、ゲームをやめられない私(´・ω・`)

 アークスシップへの乗船を控えた分だけ、スマホ様のゲーム導入量が増えるという現実です;



 先日、令呪を刻んだトナカイさんですが。
 それを知ったフレさんに『あのゲームで強くなるには、課金が結構必要ですけど…大丈夫ですか?』と心配され。
  非課金、微課金な私のスタイルには、こちらが良いのではないか…と。
 あるゲームを紹介されました。

あずーるれーん(´・ω・`)
© 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.
© 2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.

 『アズールレーン』…中国発のスマホゲームだそうです。
 艦船を擬人化したパッケージデザインは、日本で流行した『艦これ』を彷彿とさせますが。
 しかし、『艦これ』がシュミレーションゲームであったのに対し、こちらの『アズールレーン』はシューティングゲームという違いがあり。
 『艦これ』と似て非なるゲームとして、独自の世界を作り出しているようです。
 そして、そんな内容が評価されてのことか…。




 日本語版が配信開始となってから間もなく、登録ユーザーが100万人を突破し、開設されたサーバーでは登録希望者の受け入れが追いつかなくなったようで…。
 過負荷に伴う不具合なども発生しているようです。
 ただ、Twitterを見るに…それらの不具合になかなか早い対応をしているように見受けられます。

  頑張ってる運営さん(´・ω・`)

 こうした姿勢には好感が持てます。
 スマホアプリの運営会社に詳しいわけではありませんが。
 運営が居るのか居ないのか…分からないような運営もあると聞きますからね;

 ストーリーが進んで、シューティング部分が難しくなっていくと、私には辛いかもしれませんが。
 ゲームの内容的には面白そうに思えるものですし。
 フレさんの勧めを有難く受け取り、ちょっとやってみようかと思います。



〒 〒
(´;ω;`)
(つ■と)

…くじ運が悪くて、なかなかレアが出ない…。




 …ここは、この手のゲームのお約束、ですね;
 まぁ、出るまでの楽しみが増えたと思うのが吉。
 始めたばかりなのです。
 ゆっくりいきましょう。

独り言 その壱千弐百壱拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 週末に新しいレコーダーを結線したものの。
 荒れ放題の塒の惨状に、置き場所に困り果ててしまい…。
 取り敢えずといった感じで、机の隅の空きスペースにレコーダーを置いた鈴蘭です。



  いやいや…。(・ω・`三´・ω・)



 レコーダーの電源ケーブルを繋ごうと思ったら、電源タップに3DSやら、PSVitaやら、PSPやらの充電ケーブルが繋がったままになっていた事に気が付きました。
 更には、結線のために古いレコーダーの裏を漁っていたら、ドリームキャストのモノと思しきAVケーブルとかが出てきましたし…。
 ちょっと放置し過ぎてカオスな状況になってますね、これは;
 ただでさえ狭い部屋だというのに、無駄にリソースを削ってしまっています。



  これは整理せねば…(´・ω・`)



 …というかですね?
 掃除ですよ掃除、掃除をしましょう。
 それから、不用品の処分をしないと。
 なんですかコレ、PCパーツの空き箱とか後生大事にとって…。
 保証期限の過ぎたものまで置いとくことも無いでしょうに、なんとなくで棚に置きっぱなしになっています。



  …流石に要らんやろ、これ(´・ω・`)



 この辺を処分すれば、多少はスペースが出来るはず。
 そこで、ココにアレを移して…。
 コレをアッチに…。
 でもって、机をこうして…。
 そうしてモニタをココ。
 PC様をコチラ。



  で、ココに棚を作れば…(´・ω・`)



 うん、新しいレコーダーも含め、いい感じにまとまりそうな予感がします。

 あとは、ココに作る棚をどうするか…なのですが。
 ネットで目ぼしいものを幾つか見繕いはしたものの。
 写真では、今ひとつ実感が湧いてきません。
 サイズ的に問題がないと言っても、色や質感は写真では分かりにくいですからね;
 買ってみたらイメージと違ってがっかりした…なんてことはありがちです。

 しかし…この点、幸いと言うべきか。
 塒からJR環状線で一駅のところに、コーナンが店を構えており。
 組み立て式の棚などは、店頭で実物を見ることもできたりしまして…。
 私の中のイメージに足りないモノを補おう、と。
 日曜日の仕事明け、寄り道してちょっと見てこようと思ったのです。



 …が。



    /   /  /  /
    _n_
   ///|ヾ\ / /
   ⌒⌒|⌒⌒
  /    |〒 〒 /  /
     |;ω;`)
   /   Oと    ) / /
     嗚呼、泪雨…。




 滅多にしないことをしたせいでしょうか…。
 朝から大雨に見舞われたトナカイさんです。

 …まぁ。

 幸い、実際に棚を幾つか見ることは出来ましたし。
 それを元に、もうちょっと考えを詰めてみましょうかね;



■今日のニークス

ふぁんくしょん(´・ω・`)
                       (C)SEGA

(´・ω・`)
(つ■と)
Function…




(´・ω・`)
(つ■と)
機能、働き、作用、目的、職務、職能、職分、役目、儀式、行事




 …いや、横文字に弱くて…;
 最初、何のことか分かりませんでした;
 漠然と『お祭り』のイメージはあったのですが…詳しい意味を知るために、スマホ様で英和翻訳を試みた鈴蘭です。

 しかし、なるほど…。
 要は『秋のイベント』、ということですよね。
 しかし、敢えて『Function』としたのには意味があるんでしょうか…?
 辞書を見ると、『規模の大きい会合や祭典』とありますが。
 ただ、和英の機械翻訳で『祭典』を翻訳すると、『Festival』が一番にきて『Function』が出てこないんですよね…。
 規模の差?
 それとも、格の差で言い回しが違うのでしょうか?

 ニュアンスの違いがわからないので、題字の意味がうまく伝わってこないのです…;



  皆さんは、そんなことない? 私だけ(´・ω・`)?



 日本語でさえちゃんと出来ないというのに、その上で外国語までとなると…。

 …と、ふと改めて疑問に思ったことがひとつ。
 日本人が生涯に覚える日本語の単語の数って、どれくらいなんでしょうね?
 正確な統計というものは無さそうですが、漢字検定などで出題される漢字の数から見ると、社会人が習得する漢字の平均数が3,000~4,000個くらいと想定されているのではないか…とかなんとか。
 しかし、これは単漢字の個数です。
 これを他の漢字と組み合わせ、かな文字と組み合わせて単語を作るわけで。
 そのバリエーションの数は飛躍的に増えてしまいます。
 しかも、言葉は新しいものが生まれては、古いものが消えていくわけで。
 結局、言葉を覚える、ということは。
 此処から此処まで覚えたから大丈夫、と言う…限りのあるものではないと思う鈴蘭です。

 …まぁ、それも…。

 漢字だから、というものではなく。
 生きた人の使う言葉だからこそ、ということなのですけどね;



 …そう言えば、その言葉で思い出したのですが。
 先日、Twitterに面白い投稿がありました。



 …ちゃづる…。
 案外、変わってるようで、変わっていないもの…なのかもしれませんね…;
 言葉そのものよりも、言葉を扱う、人というものは。



〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)
Function…




 …うん、それはそれで、ちゃんと覚えましょうね?

独り言 その壱千弐百九

 大きいだけの鈴蘭です。



〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)

トナカイアークスに始まって。




〒△〒
(´・ω・`)
(つ■と)

トナイカさん。





〒長〒
(´・ω・`)
(つ■と)

騎空士に…。




〒狩〒
(´・ω・`)
(つ■と)

モンハン、と…。




 フレさんに誘って頂いたお陰で、随分とトナカイさんの世界も広がったものです。
 子供の頃から、『人と一緒に遊ぶ』という経験なぞ殆ど無い私が、こうまで『人と一緒に遊ぶ』ようになるとは…。
 いやはや。
 自分でも驚きですね…;

 何と言っても、私は人と何かをする事が苦手で。
 『人と遊ぶ楽しさ』よりも。
 『人と一緒にいる煩わしさ』を意識する…そんな人間ですから。

 …まぁ。
 しかしそれも、この仮想であればこそ…なのでしょうね。

 仮想というのは面白いものです。

 現実に存在する数々の制約を抜きにして。
 望めば何処へでも行くことができ。
 望んだ距離で人との付き合いができる。

 …そこには、そんな気ままさがあるように思いますから。



 さて、そんな仮想を楽しむトナカイさん。
 先日、チームメイトのミウさんが『新しくゲーム始めたいのだけど、何かオススメは?』と言っておられたのですが…。
 なんやかんやで、結局『Fate/Grand Order(以下「FGO」)』を始めることにしたようなのですね。

 『FGO』…元ネタとなったFateは、私も好きなお話ですし…スピンオフ(?)なこのゲームにも前々から興味はあったのですが…。
 いかんせん時間的な余裕がなく、手を付けずにいたゲームなのです。
 身近な人が始めるというのは、いい機会かもしれません。
 何処まで出来るものか分かりませんが…。
 試しに私もやってみようかと、チュートリアルを始めて…。



〒 〒
(´・ω・`)
(つ∀と)

令呪を刻むトナカイさん。




 …しかし。
 ここで、最近のスマホゲームではお約束とも言える、通過儀礼が鈴蘭の前に立ちはだかりました。
 希望するアイテム等が獲得できるまで、冒頭のチュートリアルの達成報酬でスクラッチを引いてはゲームをアンインストールしてやり直すという…所謂『リセマラ』。
 正直、リセマラをするつもりは無かったのですが…。
 先行して遊んでいるハスワリさんから『今ピックアップしてるマーリンがいると、フレンドと組みやすくなって後々楽だよ(´・ω・`)』みたいなことを言われ。
 今このときだけの事だから…と、面倒をすぐに投げ出そうとする気持ちを宥めすかして、リセマラをすること4回。



 …その結果。



はなのまじゅつし(´・ω・`)
©TYPE-MOON / FGO PROJECT



〒 〒
(・´ω・`)
(つ∀と)

フフフ…。




 …どうやら、トナカイさんは幸運を掴むことに成功したようです。