■ファンタシースター感謝祭2017【大阪】 ※随時更新

 大きいだけの鈴蘭です。



■_(=ω=_)[毛布]
Zzz...




■AM03:00

~♫            
■_(・ω・_)[毛布]
む、時間か…。


 今日は待ちに待った感謝祭の当日。
 始発電車で行けば、インテックス大阪の最寄り駅『中ふ頭』に6時前には着くはずです。
 …とは言え、始発電車の発車時刻は4時56分。
 私の塒は駅まで徒歩10分程度の距離にあります。
 これで午前3時の起床は早すぎる…そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、こればかりはどうにも性分でして;
 出かけるときは、時間的に余裕を持って準備しないと落ち着かず。
 出発のギリギリまで寝る…というのは、私の中では避けたい選択肢なのです。

  …さて、準備準備…(((´・ω・)

 まぁ、準備と言っても。
 私などが特別、着飾るようなこともありません。
 普段着に毛の生えたような服を見繕って、着替えはそれでおしまいです。 

  まぁ、着るもので悩みはせんのだけど…(´・ω・`)

 問題はここから。
 持ち物の確認です。

 先ずは此処の記事更新用にスマホ様。
 これは忘れられません。
 それと、時間つぶし用にタブレットと…今回はSwitchも持っていきましょうか。
 ただ、Switchは内蔵バッテリーの持ちが悪いので、あまり長時間使えないのがネックなんですよね…。
 確かSwitchの連続稼働時間は公称2.5時間~6時間。
 ゲームによって稼働時間は上下するということですが、スプラトゥーン2だとどれくらい持つんでしょう?
 普段遣いで10,400mAのモバイルバッテリーを持ち歩いている鈴蘭ですが…。

  このモバイルバッテリー1個で足りるかな…(´・ω・`)?

 出来れば、これはスマホ様のために取っておきたい電源です。
 Switchのために使い潰してしまっては、此処への書き込みもできなくなってしまいかねませんから。
 …などと考えたところで、不意に自分で自分の考えに笑ってしまいました。
 これこそ杞憂というもので。
 会場でずっとSwitchに張り付くわけでもなし。
 何のために感謝祭に行くのかを思えば、予備のバッテリーを準備する程のことではないでしょう。

 さて、あとは…コントローラーに、充電用の各種ケーブル。
 それと、折り畳み式のキーボードに、筆記用具。
 ああ、物販の注文票をプリントアウトしておいたんでした…これも忘れずに。

  他に何か要るかなぁ…(・ω・`三´・ω・)

 …そう言えば。
 公式のイベントスケジュールを見て気が付いたのですけど…。
 今回の大阪会場の模様はニコ生で公開放送しないんですね。

 大阪会場ではボーカリストのフローレンス マックネアーさん(Ep.4OP『Borderless』の歌い手さん)と、サウンドクリエイターの小林 秀聡さんが出演するということで、観たいという人も少なくないでしょうに…。
 んー…ステージイベント中の撮影ができるものなのか分かりませんが、デジカメも持っていっておきますか。
 叶うなら、ここに写真の一つも載せたいですしね。

  デジモノはこんなところかな…(´・ω・`)

 ここで気象庁のHPで天気予報を確認。
 今日の大阪は『若干の曇り』とあります。
 しかし…夏らしく気温は上がりそうで、予想最高気温は34℃と高め。
 念のために、熱中症対策をしておいたほうが良さそうです。

 ハンドタオル…水で濡らせば暑さを凌ぐには良いでしょう…に、塩分補給用の飴。
 あとは扇子か何かあれば、涼はとれそうですが…んー、目ぼしいものが手元にないですね;

  センスがない(´・ω・`)

 そう言えば…涼といえば、熱中症対策としての『冷却シート』は、一概に効果的とはいえないと聞きました。
 ああしたものにはメンソールなどが含まれていて、実際に体内の熱を奪うよりも、爽快感を優先させたものが少なくないのだとか。
 高くなった体温を下げるには、やはり『氷』が一番なのだそうです。

  まぁ、そこまではせんでもよかろ(´・ω・`)

 む…『夜遅くまで所により雨、雷を伴う』ですか。
 帰り道に降られるかもしれませんね、これは。
 物販で嵩張るようなものを買う予定はありませんから、多少の雨であれば降られても大丈夫でしょうが…夕立のように激しく降られては困りものです。
 
  …一応、折りたたみの傘くらいは持っていくか…(´・ω・`)

 ほかは…。
 閉会まで会場にいることを考えると、小さいながらも椅子があったほうが良いでしょう。
 例年通りであれば、大阪会場の観覧者は、打ちっ放しのコンクリートの床に直に座る事になりますからね…。
 数時間を固い石の上…というのは、流石に堪えます;
 毎回お世話になっている、ちょうどバックパックに収まるサイズの折り畳みの椅子がありますし、これを持っていきましょう。

  …こんなものかなぁ(´・ω・`)

 随分と大荷物になってしまいましたが…。
 まぁ、備えあれば憂いなしということで; 



 …そろそろ時間ですね。
 ではでは、楽しい一日の始まりです。



おおさかかんしゃさい(´・ω・`)!!
                          (C)SEGA



〒 〒
(´・ω・`)
いざ行かん、インテックス大阪!!




■AM04:30

 意気揚々と塒を出たら、雷雨だったでござる(´・ω・`)

 スマホ様には豪雨情報も入って来てますね;
 最近であれば、この時間には明るくなっているのですが…。
 厚い雲が空を覆い、夜中のように真っ暗です。

 並んでいる最中に降られるのは勘弁して欲しいところですが…。
 こればかりは、お天道様の御機嫌次第ですしねぇ;

 …っと、始発電車が来ましたね。
 04:56に予定通り出発です(`・ω・´)ゞ



■AM05:05

 大阪環状線 弁天町駅着。
 ここで地下鉄中央線に乗換え。

 この辺の乗り換えの煩雑さは、どうにかならないものでしょうかね;
 実は今日、チームメイトの中で2人ばかり感謝祭に参加するらしいのですが…。
 2人とも土地勘が無いらしく、乗り継ぎをどうしたら良いのか、サッパリ分からない様子でした。

 大阪の場合、大きなイベント会場というと限られるからのぅ(´・ω・`)

 その限られた場所が、開発に失敗した地区にあるものですから、アクセスが向上する見込みが無いという…。
 ホント、地元民でもどうにかならないのかと思ってしまいます;

 カジノの建設構想がありますが、あれはUSJの方で、今回のインテックス大阪とは別方向ですしねぇ…。

 …っと、電車が来ましたね。
 次は05:25発の住之江公園行きに乗り換え、コスモスクエア駅まで行きます。

 なんか、雷がビカビカ光って、土砂降りみたいに雨が降り出してるんですが、大丈夫でしょうか…これ(´・ω・`)



■AM05:34

 コスモスクエア駅着。
 続いてニュートラムに乗り換え、インテックス大阪の最寄り駅である中ふ頭駅を目指します。
 ここまで特に遅延なし。
 順調ですね。

 しかし、ニュートラムの車内は似た風体の若者が多数…。
 『チェインが強かったし、あの修正は…』みたいなはなしが彼方此方から聞こえてきますし、これみんなアークスなんでしょうね;



■AM05:52

 会場入り口着。
 …なんですが。
 はて、今年は列がしっかり出来てませんね?
 『この辺になんとなく並んでいる』という感じで、入場待ちをしているのか今ひとつ…。

 って、降ってきた降ってきた降ってきた\(・ω・\三/・ω・)/!!!

 夕立のような大粒の雨が、勢い良く降ってきました。
 いやはや、折り畳み傘を持って来て正解でした…;

 空は若干明るくなって来たのですけど、雨は続いています。
 通り雨という訳ではなく、地雨でしょうか…?

 この状況では、椅子を出してSwitchなぞする事も出来そうにありません。
 涼しいのは何より有り難いのですけどね;



■AM06:10

 警備員さんが出てきて列を整理するのかな…と思えば、何か様子がおかしい?

  警備員『ゲームの人はあっちにー』

 …何事かと思えば、今日は他のイベントもあって、そっちで並んでる人もいるんですね。
 ええっと…入り口前に看板が…『乃木坂46』…って、アイドルのイベントですか。

 微妙に着てるものが違うし、椅子やら準備よくしてるし…こうしたイベントの常連という印象がありましたが…なんか納得です;

 振り分けられた列は、感謝祭参加者で…もう100は超えてそうですね。
 私は先頭から50番目くらい?
 取り敢えず、この位置であれば物販は大丈夫そうですし…一安心。



  …さて、あと4時間強…どうやって時間を潰すかね(´・ω・`)



 って、また雨足が強く…。
 この調子じゃ、並んでいる間に何かする訳にもいかなさそうですね;
 さてさて、どうしたものか。



■AM07:00

 雨が上がりました。
 空は随分明るくなって、ところどころ青空が透けて見えるように。
 …雨が上がったのは良いことですが、しかしこのまま晴れるようだと、とんでもなく蒸し暑くなりそう。
 今のところは日が陰っている分、過ごしやすく感じます。
 このまま開場まで、この曇り空が続いてくれませんかね…。

  …む。(´・ω・`)

 スタッフTシャツを着た、拡声器を持ったお兄さんが出てきました。
 何か動きがあるのかな?
 特に何をアナウンスするでもなく、列の後ろの方に歩き去って…。

  列の後方が見えん…。(´・ω・`)

 もう、会場の入り口まえに一直線にも並べないくらいになってるんでしょうかね;



 そういえば…前回、前々回と、酒井さんはこれくらいの時間に会場入りをしていましたし、このタイミングで現状確認でもしてるんでしょうか。

 …あ、お兄さんが帰ってきました。

  お兄さん『ご案内しますので、移動の準備をお願いします』

 そして、会場前のホールに通されました。
 おや…今年は赤いカラーコーンにロープが張られ、二列に並ぶように明示されています。
 そういえば、例年、トイレの入り口前を塞ぐように列が出来ていて、迷惑にもなっていたでしょうからね…。
 それを思えば、多少窮屈ですが、妥当な判断と思います。

  って、お…酒井さんや(´・ω・`)

 ただにこやかに歩き去って行った…。
 後ろからシレッと歩いて来たので、誰も気が付かなかったみたいですね。

 っと、外の人も収容するようです。
 お兄さんの指示に従って、列がウゾウゾと動き出しました。
 4列に並び直して…更に複数列に再編成。

 …ざっと見て500人といったところでしょうか。

 今年も凄い人出ですね…;
 しかし…んー…。
 如何に屋根があるとは言え、これだけ密集していては、列の中央とか…結構蒸すんじゃないでしょうかね;

  ちなみに私は通路側(´・ω・`)涼し!

 いやはや。
 この苦労も醍醐味…でしょうかな;



■AM07:50

 む、酒井さんが列の前から…。

  …。(・ω・` )

  …。(´・ω・`)

  …。( ´・ω・)

 何事もなく、後ろの方へ歩き去って行きました。
 列からのリアクションが全く無いですね…。
 あんまりにも普通過ぎて、声を掛けていいのか判断がつかないんでしょうか?;



■AM08:00

 アークスバトル参加者は、一般とは違って早いうちから会場に入ります。
 参加者に入場を呼び掛けながら、列の前後を係員が行ったり来たり。
 その声に列から離れる人がチラホラ…。

 アークスバトル。
 今年はどんな戦いになるのか…。
 今から楽しみです。

 …ちなみに。
 さっき歩き去った酒井さんは、戻りしなに私の後ろに並んでいた親子連れのお子さんに挨拶して帰って行きました。

  何気に最年少アークスっぽいしなぁ(´・ω・`)



■AM08:40
 
 突然、物販の注文用紙とペンが前から回ってくる。
 …。
 これが貰えるなら、プリントアウトして持ってくる必要って無かったんじゃ…?;

 ま、まぁ、気を取り直して、注文用紙を再確認。

 んー…。
 ピンバッチに新クラスの『ヒーロー』が追加されてるんですね。
 今が旬の新クラス。
 私も、今まさに使っているクラスですが…。
 『ヒーロー』という言葉の響き自体、私の柄じゃありませんし…着けたところで、慣れそうにありません。
 …これはスルーしましょう;

 そうして買うと決めていたものにチェックを入れて…。

  公式Tシャツなぁ…(´・ω・`)
 
 ふと、合計金額を書き込もうとした手が止まります。
 以前は、着るかどうかも怪しいものを買うのも…と思ったのですが。
 その年限定のモデルという事を思えば、これこそ今買うべきものと言えるのではないでしょうか?
 んー…。

  買うか(´・ω・`)!!

 …。
 もしかして。
 こうして再考を促すために、敢えて配ったとか…?

  …運営、侮れぬ(´・ω・`)



■AM09:00

 係員から、入場のアナウンスがありました。
 座り込んでいた人達が立ち上がり、にわかに慌ただしい雰囲気に。

 …あ、今年も入り口で手荷物検査するんですね。
 形式的なものですけど、今のうちにカバンの口を開けておきましょうか…。

 ちょっとした協力で全体の流れがスムーズになるのなら、するに越したことはありませんからね。



  …さて、そろそろ入場や(´・ω・`)!!



■AM09:40

 …トナカイさん大敗北。
 まさかシルバーアクセが買えないとは…。
 数が少ないんでしょうか;
 他のものは全て手に入ったのですが、目玉を逃してしまったとあって、もんにょり…。

 聞けば、此処で扱うものは通販でも買えるということですが…。
 こうしたものは、お祭りに来て買うからこその楽しみなのであって、モノが手に入れば何でも良いという訳でもないと思うのですよ。

  …ぐぬぬ…(´;ω;`)

 手に入らなかった。
 この一事を今回の思い出の一つとしましょうかな;



 傷心の物販を抜けて、コミュニケーションスペースへ。
 あれ…今年は、壁紙のように立ててあるんですね。
 んー…。
 物販に並ぶ人たちの死角に当たる場所に、コソコソと落書き。
 焦り過ぎて、ヘンな癖が出てしまいましたが…まぁ、いいでしょう;
 描き終えたところで周りをキョロキョロ。
 よし、周囲に人影なし。

  スニーキングミッション達成。v(´・ω・`)v

RIMG0678.jpg


 今年は、まめこさんがGJで『くまを探そう』などと不穏当なコトを曰っておいででしたからね…。
 これで完全勝利です。



 …ふと見ると、ステージではアークスバトルの予選が始まったようです。
 物販の賑わいとは対照的に、こちらは静かですね…。
 なんというか、対峙している場に特有の緊張感のようなものを感じます。

  アナウンス『では、チーム「レアドロなんてなかった」は…』

  おや(´・ω・`)

 riasuさん達、今年も出られるんですね。
 となると、大会2連覇を賭けての勝負ですか…。
 凄いですね;
 アークスシップではGJばかりで、すっかりご無沙汰してしまっており、こんな時だけ…というのも心苦しいのですが。
 それでも敢えて。
 
 riasuさん達だからこそ見えるものを、存分に楽しんで来てくださいな(´・ω・`)b



■AM10:30

 一番くじも出張販売しているそうなので、並んで購入。

  安定のハズレです(´・ω・`)

 …さて、買い物はこんなものでしょうかな。
 あとは…時間的に食事時でもありますし、食べ物関係でしょうが…。
 以前の『ラッピーの唐揚げ』で懲りましたからね…;
 出来れば同じ失敗はしたくありません;

 幸い、会場に来て興奮しているせいか、あまり空腹を感じていませんし…食事は抜きでいいでしょう。
 帰ってからちゃんと食べることにします;



 っと…そろそろ、ステージの見学の為の場所取りをしないとですね。

  …移動移動…(((´・ω・)

 物販エリアとステージの間には、先程鈴蘭が落書きで汚したコミュニケーションスペースがあります。

 ん、3鯖…色々と書き込みが増えてますね。




 キャラ名刺も幾つか貼ってあるようですが…。
 あれって間違いなく金木犀さんですね;
 流石というかなんというか、一番目立つところに『うちの娘』を置かれましたか。

  やりおる(´・ω・`)

 …などと感心しつつ、コソコソと場所取りへ。
 金木犀さんなら、直接ご挨拶した方が喜ぶ人柄というのは存じていますが…。
 私のほうが、どうにも人に対しての抵抗が…;

  臆病と笑って下され…(((´>ω<)

 そうして逃げるように観客スペースへ…。
 
               …って、ん…(((・ω・`)?

 コミュニケーションスペースの脇。
 一脚の机が置かれています。
 机の上には真っ白い箱が一つ…。

      此処、なんだっけ…(・ω・`)))?

 『質問コーナー』?
 …あぁ、ステージイベント中の質問コーナーで読み上げる質問を募集してるんですね。
 こういうのは、Twitterで事前に募集してるものかと思っていましたが…。
 なるほど。
 そこでふと、普段から疑問に思っていることが頭に浮かび。
 ペンを手に取り、浮かんだそのままを紙に書いて投函しました。

  …まぁ、運営サイドに見てもらえさえすれば、意味もあろう(´・ω・`)

 そう独り言ちてステージ前まで来た…の、ですが。
 …正面は既にレジャーシートで埋まってますね。
 ステージを見やすそうな場所は、早々に押さえられてしまったようです。

  …しかし、脇が甘い(´・ω・`)

 観客スペースは、アークスバトルの予選終了後、移動する筈です。
 中央に陣取るのは良いとしても、腰を据えてしまうと後が大変だと思うのですよね…。
 というのも、予選参加者の待機スペースをステージ正面の観客スペースの一部を削って確保しているのです。

 予選が終れば、予選用のスペースは撤去されて観客に開放され、より良い席を求める人たちによって蹂躙される運命なのですよ。

 それを踏まえて考えれば、動きの少ない位置に最初から…という方が落ち着けるでしょう。
 そんな訳で、ステージの脇、照明機材がおいてある場所のそばに椅子を置いた鈴蘭です。

  この辺りは、スペースの変更があっても動くまいしな(´・ω・`)

 …さて、これで暫くはゆっくり出来そうですし…。
 ふと見れば、スマホ様のバッテリー残量が30%にまで落ち込んでいます。
 今から充電すれば、午後のステージイベントにも間に合うでしょう。

 スマホ様には休憩して貰って、その間にSwitchでもやりますかな…。



■PM00:20

 予想通り、観客スペースの移動がありました。
 私は動くことなく流れる人を見送っていたのですが…。
 気が付けば、周りが人で埋め尽くされてしまいました。

  …しまった…ここまでとは想定してなかった(´・ω・`)

 まぁ…動く予定もないので、別に良いといえば良いのですが。
 ただ、流石にこれだけ人が密集すると、空調があるとは言え暑いですね…;



■PM00:40

 アークスバトルの予選結果が発表されましたが…。
 riasuさん達、準決勝には進めなかったんですね…残念。



■PM00:45

 『なすなかにし』による前説…ではなく、松竹の後輩漫才師二組『うどんとみかん』、『天然もろこし』による漫才が。
 はて…アークス芸人さんという路線を増やして行くつもりなんでしょうか。
 それはそれで面白そうではありますが…。
 しかし、あんまり増やしてしまっては、陳腐化したりするんじゃ…?

  手広くやってるのか、手近でやってるのか判断に迷う(´・ω・`)

 …って、おやおや…。
 那須さん、新幹線乗り過ごして今朝は岡山で引き返して来阪した模様。
 ネタではなくリアルに…というのは、神様がついてるんでしょうかね;

  何にせよ、間に合ってよかった…(´・ω・`)

 …ところで、壇上でしきりと『昨日何を買ったか』が口にされていますね…。
 何かありましたっけ?;
  ※その後、ドラクエの発売を指していたと判明



■PM01:00

 感謝祭のステージイベントが始まりました。
 MCの郡 正夫さん…7鯖でRaしてたのか(´・ω・`)

  郡『撃ってますよ。今はヒーローですが』

 やっぱり皆ヒーローなんですねぇ;
 一太郎氏も、眠そうにしてると思ったら『午前二時半までヒーローのレベリングしてた』と。

  まぁ、旬だしね(´・ω・`)

 さて、まずはコスプレショー…。
 ぐぬぬ…ステージの撮影が出来ないので、言葉で伝えるにも限界が…;

 もっと時間があれば、色々と捻ることもできそうなんですけどね。
 イベントの進行に合わせて書くには、私の手のスピードが圧倒的に足りないのですよ;

  しかし、年々レベルが上がってるなぁ(´・ω・`)
 
 アグラニアンサラーにバナナランチャー、それにクラリッサですか。
 小物の手が込んでますね…。

 この分では、何れ小物でA.I.S.とか作る人までも出てきそうですね;



  …いや、それは無いか(´・ω・`)



  …。(´・ω・`)



  …無い…よね(´・ω・`)?



■PM01:45

 アークスバトルの準決勝が始まりました。
 そう言えば…今回はバトルアリーナの変則ルールでしたね。
 対人戦で勝敗を決する…となると、riasuさん達も勝手が違った…んでしょうか。

 準決勝第一戦は『BOSS』✕『パスマしたさある』

 …あ、45度俯瞰でマップ全体として見せてくれるんですね。
 これって、普通のアリーナにありましたっけ?
 最近行ってないので、何が変わったのか把握してないんですよね…;
 うん、これがあると分かりやすくて良いですね、やっぱり。

 …っと、『BOSS』が勝利したようです。

 続いて準決勝第二戦は『関西風なしごれん』✕『台パンダ』

 勝ったのは『台パンダ』。

 …この辺、非常に簡素になっているのは戦闘に関わる部分では私に何が言えるのか、という。

  何が言えるというのか(´・ω・`)!!

 決勝戦は『BOSS』✕『台パンダ』ですか…。
 準決勝は一進一退のシーソーゲームになっていましたし…どのチームも実力が拮抗してるんでしょう。
 ただ、決勝に進んだ両者は、微妙に採っている戦術が違うようですし、どういった展開になるでしょうね。



■PM02:40 

 『アークスライブ』が始まりました。

 先ずは木村氏によるお詫び。
 冒頭、酒井氏も言及していたのですが、『Ep.5』実装直後の緊急メンテナンス突入。
 これに関して重ねて陳謝し、改めてのゲーム内でのお詫びを検討中とのこと。

 また、複数ブロックマッチングに関しては、既存のクエストでの人探しが楽になったという意見がある一方で、緊急クエストでのマッチングがしづらくなったというクレームがある…と。
 木村氏曰く『人が一斉に参加する緊急クエストでは逆にマッチングがしづらくなる不具合を確認していて、これを修正するべく対応を進めています』とのこと。

 そんな説明が一通り終わり。
 少し早めの来場者による質問コーナーに突入。
 今回は新規情報が少ないので、代わりに質問コーナーを拡大して出来るだけ今後のことに関わる部分を含めて答えたい、ということのようです。



  一太郎『国会質疑ですよ!』



 Q.『デウス・エスカ』トリガーの実装は?
 A.ほんとにすぐ。直近です。
  ちなみに、トリガーの場合は『再戦』は発生しないので悪しからず。



 Q.次の上位クラスの実装はいつ?
 A.Ep.5中にはないかなぁ。
  ただ、次に職を増やすなら上位クラスでしょう。
  そうした流れにあるのは確かです。



 Q.7/26からヘイトの仕様変わってますよね?
 A.仕様変更ではなくバグです。
  当初、開発では状況を再現できず、動画などで指摘された問題を認識できなかった。
  ところが先日、運営サーバーでは絶対に出ない、ハード依存の特殊な不具合と判明。
  これは初めてのケースのバグで、こんなことが起こるのかと(驚いている)。
  今、ようやく対応策の方向性が見えてきたところ。
  バスタークエスト実装までには対応します。



 Q.トナカイさんにアクセは付きますか?
 A.付かないとは言いませんが、いつになるかなぁ…?
  今は考えておきます、くらいで。
  大体ほら、トナカイがマッパって自然じゃないですか?
  それに服を着せるのは人間のエゴですよw

   長谷川さん・鈴蘭『えー…(´・ω・`)』

 ちなみに、質問の全文は…
 『トナカイさんにアクセが付くようになりませんか? いつも素っ裸でいるのが辛いのです。今年のクリスマスこそ上着を…それが贅沢ならサンタ帽だけでも…』
 …でした。
 質問者は『トナ会大阪支部(鈴蘭)』。



  …そう、私だよ(´・ω・`)!



 取り上げてくださってありがとう!
 そして、情感たっぷりに読んでくれた長谷川さん有り難う!



 閑話休題



 Q.季節ラッピーやカラーラッピーもミニラッピーになりますか?
 A.季節分は既にアクセが付いている状態なので無理。
  カラーについては考えているところ。
  アリーナの報酬に増やす形か、その詳細は詰めていないが、実装したい。



 Q.ドンキコラボのパンツ履いてる人ってどれくらい?
 A.(会場で結構な人が手を挙げる)



 Q.自由すぎる女神のレア種って何故にあんな喋り?
 A.あれは女神ではなく、スフィンクスが偉そうに喋ってる設定。
  (声優さんは公開してないが、過去作にも出た人で)当初の喋り方は没個性的だった。
  後に、『実は登場する舞台はアメリカで…』という設定話からアレンジされて、今の喋り方に。



 Q.大和ドロップの☆14は他のクエストでも出るようになる?
 A.現状、他で出ることも、今後そうなる予定も無し。



 Q.ヒーローの武器は何故あの3つ?
  基本武器ならアサルトライフルやロッドでは?
 A.ソードを『違いが分かりやすい』違いの出せる武器としてフラッグシップ的に設定。
  その延長線上で、同じように『差が分かりやすい武器』としてTMGとタリスが選ばれた。

  アサルトライフルを差別化すると考えたとき。
  結局『射撃する』というスタイルが変わることはなく、見た目の変化に乏しい。
  仮に『じゃ、殴りましょう』となれば、『なんか違うよね』となりかねない。
 
  ロッドを差別化すると考えたとき。
  これにPAを付けるという話になれば、『それだったらウォンドが先ではないか?』という話になる。



 Q.宝塚っぽいロビアク実装は無いですか?
 A.出演者ロビアクネタを暫くやってませんでしたし、久し振りに実装しましょう。



 Q.フンドシは水着じゃないんですか?
 A.あれは下着ぽいものですし…。
  ルール的には夏に出た水着のみを対象。
  フンドシは3月。フンドシは正月なんかの正装という位置づけにある。
  また、仮にフンドシを水着認定した場合、水着の条件が『肌の露出』になってしまい、際限が無くなってしまうので、今後も敢えて外したい。



 Q.期間限定でドロップする武器迷彩の再配信の予定は?
 A.無いです。
  何れ再配信はするかと思いますが、当分先になるかと。

   一太郎『え、でも、渋いよ?』

  そこは、欲しい人は期間中に頑張って手に入れて下さい、と。
  絞っているのは、手に入れたときの達成感を味わってほしいという意図…マイショップで売れば一攫千金、というような…もあるので。



 Q.SGスクラッチの再配信は?
 A.次のSGスクラッチにリサイクル券を付ける予定。
  そこで過去分の再配信を対応したい。
  このリサイクル券のシステムは、通常のスクラッチでも『過去分の再配信』の対応として活用したい。
  運営としてもいろいろ考えているところ。



 Q.テクターの強化を。スキルを増やす方向で。
 A.基本クラスに対する調整は検討中。
  ヒーローの『なんでも出来る強さ』に対して、既存職は『専門職の強さ』が活きるようにしたい。



 Q.ヒーローは弱くなりますか?
 A.瞬間火力自体は低いので、ヒーローはとりわけ強い訳ではない。
 誰がやっても、これ以上の強さは出せる…そうした『最低保証』のある職がヒーロー。
 既存職がやり込んだ末に到達する場所に、最初からいる。
 そうした『すぐに強くなれる』という点では、ゲームが苦手な人向きとも言える。

 一太郎『それってカジュアルヒーローってこと?』

 初心者に使ってもらえるように強くした面はあるので、その通り。
 ただ、既存職を理解した上で使えるようになる職でもあるから(カジュアルと言うほどカジュアルではない)。
 すぐに調整する予定はないが、ヒーローの通常攻撃は既存職の『通常攻撃=PP回復手段』という構図を変えたいと思って考えた。
 この部分に見直す余地があるのなら威力の調整などで対応していく予定。



 Q.アリーナで上達したい
 A.動画を参考にするのがいいと思いますよ。
  他人の動きとか見るのが、上達の近道の一つ。
  開発も動画とかで勉強させてもらってますから。


 
 …以上が、質問コーナーの全内容になります。
 他の方の質問に関しては、覚えている範囲で書き留めましたが…。
 正直、展開が早いので、正確に内容を捉えているかの自信がありません。
 質問コーナーの内容についてはSNS等でも発信されているかと思いますので、それらと併せてご覧くださいますよう、お願い申し上げます。



 …まさか私の質問が採用されるとはなぁ(´・ω・`)



■PM03:30

 アークスバトル決勝戦開始。
 『BOSS』✕『台パンダ』

 …結果は『台パンダ』が優勝。

 展開については、私などがコメントすることはありません。
 一進一退を繰り返す内容を見るに、どちらも最善を尽くしたことと思います。
 聞けば、2つのチームは練習試合もしており、その際には『台パンダ』のチームが手酷い敗北を重ねていたのだとか。

  凄いですね。(´・ω・`)

 やはり、何事も一朝一夕とは行かないのですねぇ;
 逆に負けた『BOSS』チームにとっては好事魔多し…といったところになるのでしょうか?
 一体何が勝敗を分けたのか、それは私には分かりませんでしたが。
 勝負は最後の最後まで諦めない。
 それは、2つのチームに共通していた内容だったのではないかと思います。



■PM04:15

 『PSO2 STATION出張版』が始まりました。

 今度のネカフェの30時間プレイ特典は、『ラッピーバルーン』。
 入退場時にエンペラッピーが吊るされてるアレですね。
 …。
 降りてくるときはともかく…昇っていくときの姿も再現してるんでしょうかね、これ?;
 あの姿は結構シュールだと思うんですが…;

 ん、8月10日発売のファミ通に『歴代ディレクター対談』が掲載ですか。
 木村氏、菅沼氏、中村氏、濱崎氏…4氏による対談。
 司会役は一太郎氏が務め、場に酒が入っていたとのこと。
 …これは…ちょっと興味がありますね…。
 コンビニで見かけたら買ってみましょう。

 そして、セブンイレブンでまたアイスコラボ…。
 報酬は新ロビアク『アイスをキメる』…のは開発室での名前だそうで(木村氏『セブンイレブンさんに誤解される;』)…『アイスを食べる』。
 前回は真冬のコラボということで、たいそう不評でしたが…。
 今回は時季を得た企画となり、評価も変わってくるのではないでしょうか?
 個人的にも、ありがたいことです;

 ちなみに、今回のコラボは前回の景品も再登場しているそうなので、前回分を取り損ねた人には再獲得のチャンスとなっているそうです。

 更に矢継ぎ早に情報が続きます;
 時期は未定ですが、コトブキヤからエクソーダのプラモが出るようですね。
 あと…Tonyバージョンのマトイ(アニメ版PSO2のクレジットのイラストに使用された)がフィギュア化…。
 今日発売の幻創戦艦といい…

  色々出すんだなぁ(´・ω・`)



 お、次は8月下旬のアップデート情報のムービーですか。
 トップはスクラッチの更新情報…って、ルーサーのレイヤリングウェア…?
 …まだ影も形も出ていないルーサーなのに、もうEp.5の看板スターですか…。
 相変わらず、大した人気ですね;

 続いて、期間限定企画の『アークスブーストラリー』。
 月一回か二ヶ月に一回のペースで一週間に渡って開催されるイベント。
 内容的には過去作である『ユニバース』のイベント『ガーディアンズブーストロード』に近いものとのこと。
 3つのクエストを1セットにし、それをクリアした難易度に応じて開催期間中ブースト効果が蓄積されていく。
 このクエストのベースとなるのはアドバンスドクエスト。
 この企画に合わせ、アドバンスドクエストのドロップに☆13シリーズ(ギクス?)を追加。
 また、アドバンスドクエストに3年ぶりにフィールド『白の領域』を追加。
 
 アドバンスドクエストのテコ入れ…。
 しかし、数字にすると愕然としますね…;

  3年ですってよ、3年(´・ω・`)



 そして最後にバスタークエストの実機デモプレイ。

 会一太郎さん、なすなかにしのお二人、諏訪さん、長谷川さん、齊藤さん、モアイ岩下さん、郡正夫さん、それと感謝祭冒頭で漫才を披露してくれた『うどんとみかん』のうどんさん。
 この合計8人のメンバーで、バスタークエストのエクストラハードに挑戦されました。

 タワーディフェンス形式のクエストは防衛戦のそれを思わせますが。
 WAVE毎にプレイヤーとエネミーの間で攻守が入れ替わって、動きを変える必要がありそうで。
 ここが波乱の要素の一つになっているように感じました。

 今までの防衛戦では、基本戦術として塔を守りきるためには、敵を倒さずに時間切れを待つ…という策も採り得ました。
 しかし、バスタークエストでは相手を攻撃し、相手より優位な状況を作らなければ勝ち得ない、という形になっており。
 戦線を下げて守りに徹するだけでは勝てなくなっているようです。

 そこには面白みを感じた鈴蘭ですが…。

 ただ、その一方で。
 各WAVEで『すべきこと』が決まっており、そこから外れることを許されない…決められたストーリーに沿って動くことを求められているかのような印象も受けました。

  これは、何かの流れの一部なんかな…(´・ω・`)?

 実際、そうなのかもしれません。
 …というのも、このバスタークエスト。
 開放条件が『Ep.5のストーリーを進め、バスタークエストのチュートリアルをクリアする』というものであるらしいのですね。
 つまり、お話の入口と出口が決まっており、そこに至る道筋も出来上がっている、そんなクエストなのではないか…と。

  まぁ、一回見ただけで決めつけるのもいかんね(´・ω・`)

 実装されたら触ってみて…その上で考えてもみましょう。
 自分なりに。



■PM05:30

 ミニライブが始まりました。
 演目は東京(昼)のテーマ『Zero-G』、東京(夜)のテーマ『Realization』、Ep.4のオープニング『Borderless』の3曲。
 『Zero-G』はフローレンス マックネアーさんの持ち歌じゃないんですが、今日は特別に歌うという…。
 
  いやいや、なんとも贅沢な(´・ω・`)

 論評の上では、技術の良し悪しなどが問題にもなるのでしょう。
 しかし、私に音楽のそうした機微は全くわかりません。
 故に。
 単純に。
 素直に。
 これを聴いて『好き』と感じられるのであれば、それでいいのかな…と。
 
 小林さんが曲の合間のトークで言っておられたのですが…。
 今度実装のバスタークエストでは、福山さん、小林さん、堀田さんの3人で2曲ずつを作り、計6曲を当てているのだとか。
 その6曲を、Sympathyで自動編曲してBGMを作っている…と。

  これは…終焉再び(´・ω・`)?

 個人的に、終焉のWAVE4、WAVE5は気に入っていて…。
 あの高揚感を感じられるのかもしれないと思うと、今から楽しみで仕方ありません。



■PM06:00

 早いもので、いつの間にかこんな時間。
 こうして、本日の予定は全て終了しました。

 最後に、酒井さん達の新幹線の時間までサイン会を…ということでしたが、私が場所に気が付いた時にはもう遅く、既に受付は締め切られた後でした。

  …残念(´・ω・`)

 まぁ。
 特別なものを求めて…と言いつつ。
 好機の多くを自分から避けるようにしていたのです。
 これも、そうした自分が招いた結果の一つでしょう。

 今回の感謝祭。

 私にとっての『良いこと』はありましたが。
 それは、私自身にだけ向けられたもので。
 私の関わるものとの間に向けられたものではありません。

 良いことも、楽しいこともありました。
 …でも、本当にそれだけでよかったのか。
 この一日を振り返り、ふと…。
 『やりのこしたこと』について考えた鈴蘭です。



 長い時間、ムダに長いばかりの記事にお付き合い下さり、有難うございました。
 今日の投稿は、これにて終了です。
 また機会が巡ってくることがあれば、書くこともあるでしょう。
 その時もまた、宜しければ鈴蘭にお付き合いくだされば幸いです。



(´・ω・`)ノシ

感謝祭に参加された全ての方に。
『おつかれさま、ありがとうございました』



スポンサーサイト

独り言 その壱千壱百六拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20170727_214011_000.jpg
                   (C)SEGA

  …おや(´・ω・`)

 緊急メンテナンスですか…。
 あまりゲームをする時間が取れなくて、私自身は障害を受ける機会が無かったのですが…。
 聞けば、複数ブロックのマッチングを行うと、他のブロックに移動した際に謎の大ダメージを受ける現象なんかも報告されているとか。

 この『大ダメージ』って何でしょね…;

 どうも装備が外れてHPが低下する程度のものではなく、致命傷レベルの大ダメージらしいのですが…。
 マッチングの際に、条件判定にキャラクターの現時点でのステータスを中途半端に引っ張って…マッチング処理が終了した際に、条件判定に使った変数を現時点のステータスに上書きしてしまった…とか?
 んー…。
 どういう処理をしているのか不明なので、なんとも言い難いものがありますが…。
 ただ、他ブロックのマルチに接続する方法は、これまでにもあった訳で。
 そこに条件判定を加えて動作が怪しくなったというなら…。

  やっぱり、そこが怪しいと思うわな(´・ω・`)

 全ブロックを対象にする上で、何かしらの処理軽減策をとっていると思うのですが、その辺に不都合でもあったんでしょうかね;
 ああ、いや…コレクトシートのゲージが伸びない、アイテムがドロップしない、という現象も合わせると、現時点のステータスとは別の何かをシステムが見ている可能性もあるのかな…?

 …って、部外者が幾ら考えても、答えなど出るものでもありませんね;
 どうにも、不可解な事には興味を惹かれてしまうのですよ。
 アレコレ考えるのが苦しくもあり、楽しくもある。
 …これは、そうしたものだと思うものですから。



  まぁ、仕事となれば苦しみが大きかろうがな…(´・ω・`)



 何かと複雑ではありますが。
 今はただ、一人のアークスとして、いち早い復旧を願っております。



■今日のニークス

 トナイカが最近通うようになったストリートの一角。
 人の行き交う表通りから外れた薄暗い路地の奥に、それはありました。




  …なんや此処は…(´・ω・`)

 ケバケバしい看板が目を引きますが、それを掲げる薄汚れた建物からは、得も言えない怪しさばかりを感じます。

 最初は何の建物か分からなかったのですが…。






  また熊か(´・ω・`)!!?



 スプラトゥーン2では、複数のゲームモードが実装されており。
 その中には、少人数での協力プレイを行う『サーモン・ラン』というモードがあります。
 イカが熊の依頼で鮭を狩るという…この世界の在り方について考えさせられるモードです。
 トナイカとして、熊の呪縛から逃れたと思っていたにも関わらず、またしても…。



  何故…。(´・ω・`)



  なぜ、渡る世間は熊ばかり(´・ω・`)???



 …と嘆いてはいますが。
 実は私自身、まだクマサン商会の仕事…『サーモン・ラン』を受けたことはなかったりします。
 それというのも、私はまだまだ基本的な戦い方を弁えておらず。
 …いえ…。
 戦い方云々以前に。
 私の中の怯懦によって、それぞれで同じ問題を抱えているのです。
 前に一歩踏み出す勇気に事欠く有様である内は、何をしても身に付かない…そんな状況なのですね。

pso20170727_111209_000.jpg
                   (C)SEGA

 トナイカの修練の一方で、アークスのトナカイヒーローのレベリングにも精を出している鈴蘭ですが…。
 敵を前にして、『自分のしたいこと』をしようと躍起になるばかりで。
 『自分のしたいこと』の外にあるものに、常に恐れを持っているのです。
 それは敵を侮るよりは良いことかもしれません。
 ですが、それが過ぎて、敵から逃げてしまうようでは戦いになりません。

 勝利とは、前に踏み出す者が掴み取るべきもの。
 そこに怖がることがあっても。
 そこに恐れることがあっても。
 前に進むことを諦めてしまっては、いけないのですね。

 前に前に。

 それは私にとって、酷く難しいことなのです。
 …が。
 それだけに、やりがいもあると思う鈴蘭です。



 せっかくのゲーム。
 『自分のしたいこと』の先までをも望んでみても良いではないでしょうか…?



■告
 今週の定期更新は今日で最後ですが…。
 30日(日曜日)に関しては、感謝祭に行く予定にしており、随時更新の形で此方に記事を追記していこうと思っています。
 当日未明から夕方までの長い記事になるかと思いますが…宜しければお付き合いくださいまし(´・ω・`)



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千壱百六拾七

 大きいだけの鈴蘭です。



pso20170726_213014_010.jpg
                     (C)SEGA

 …お早いお帰りで(´・ω・`)



 メンテナンスが明け。
 いよいよEp.5が開幕しました。

 …が。

 皆さんにお伺いしたいのですが…。
 オープニングムービーって更新されました?;
 私のクライアントでは、冒頭から大和が出てきて『あれ(´・ω・`)?』となったのですが…。
 これって正しく起動してます…?;

 これが不具合で無いなら、看板は後回しにして中身の方を優先させたのでしょうか。
 確かに、内実を伴わない見てくれだけでは『羊頭狗肉』の誹りを受けてもしまいます。
 内か外かの選択の末のことであれば、個人的には評価したい判断ですね。

 …もっとも。

 これで『Ep.5のオープニングムービーを大阪会場で初公開です!』となったら、会場でズッコケそうですが;



(´・ω・`)
イベントのネタの為に遅らせた…とか。



(´・ω・`)
無いな、流石に…HAHAHA…!



(´・ω・`)
…。



(´・ω・`)
無いやんな?




■今日のニークス

pso20170726_205036_003.jpg
                     (C)SEGA

  トナカイヒーロー新世界に立つ(´・ω・`)!!

 トナカイヒーロー…いい響きです。
 こうしてヒーローとして世界的に認知されれば、爺のソリを牽くだけの生活ともオサラバできるハズ。
 それどころか、もしかしたら私がソリに乗って世界を周ることも夢ではなくなるかも?
 これぞ下克上ってヤツですね。

  …トナカイヒーローを周知せねば(´・ω・`)!!

 しかし、せっかくヒーローになったというのに、相変わらずトナカイさんが見切れてしまうのは頂けません。
 聞けば、今回のEp.5の舞台となる世界では、アークスは英雄として叙事詩に語られる存在であるとか。
 まさか…その中でも、トナカイさんは見切れてしまうのでしょうか。



〒 〒
(´・ω・)
( つxと)
石碑に刻まれた、頭の無いトナカイヒーロー…。



( つxと)
これはヒロイックではなくミステリーですね…。




 ま、まぁ、与太話はさておき。
 生憎と出勤のために時間が取れず、ヒーローに関しては明日以降にお預けです。
 なので、今日のところは身近な所に目を向けて見よう…と。
 Ep.5になったロビーで、以前と変わったところを2つばかり確認してきました。



pso20170726_214459_014.jpg
                     (C)SEGA

 まず個人的に驚いたのは、クエストカウンターに3つ設置されていた、ショップエリアへと通じるポーターの上層フロアへ伸びていたであろう部分が無くなってしまっていたこと。
 まぁ…シップの構造上、この層より上に何があるんだろう…という感じだったので、実用性から言えば無くてもかまわないものだったのかもしれませんが…。
 しかし、ああいうj構造物って、天井を支える柱の役割なんかもあるんじゃないんでしょうか…?
 邪魔だから取っ払った、なんて…匠もビックリのビフォア・アフターです。

 ただ、この…ポーターの上。
 クロトがウロウロしてる二階部分から飛び乗ることが出来るんですが…。
 下が天井からの光を反射してて、意外と撮影に向いてるのかも…?

 私は素人なので、なんとなく思っただけで全く根拠など無いのですけどね;
 何れ、SS税な方のご意見も伺ってみましょうかな。



 そして、もう一つ。
 
pso20170726_214238_011.jpg
                     (C)SEGA

 目出度いことに、アスタルテがちゃんとしたカウンター席を貰うことが出来たようです。

 『新人アークスの教育係』という結構な重要任務を与えられながら、何故かカウンター席を与えられなかったアスタルテ。
 常に入口の脇に佇む彼女の姿は、案内役として、ある意味『らしい』と言えるものでしたが…。
 傍目には『報われていない』ようにも見えましたからね;

 …しかし、それも上辺のことかもしれません。

 『城の門は城主の顔であり、もっとも信の置ける者に任せるべきである』…とは誰の言葉だったでしょうか。
 この言葉は、正にアスタルテのことであったのかもしれないのですから。



 …そんなアスタルテに…気になるこおとが一つ。



 他のアークス職員は、カウンターで直立不動の姿勢を取り続けていますが。
 アスタルテだけ、何故か妙に落ち着きがない様子なんですよね…。

 もしかして、カウンター席を貰って浮かれているのでしょうか?

 今までとは違って、妙に人間臭く映るEp.5のアスタルテ。
 これは何かの間違いであるのかもしれません。
 ですが…これはこれで良いようにも思える鈴蘭です。

 私の言えたことではありませんが…。



  もう少し、肩の力抜いても良いんやで(´・ω・`)?



 …そうも思っていた、彼女ですから。

独り言 その壱千壱百六拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

Ep5まで@1にち(´・ω・`)
                           (C)SEGA

 …早いもので、もう明日ですか…。

 Ep.5…今度は、中世が舞台の異世界ファンタジーだとか。
 前に『GATE』でしたっけ、自衛隊が異世界で戦うアニメがありましたね。
 後に自衛隊員募集の告知ポスターにもなって、それが諸外国の軍の広報と比較され、『日本だけテイストが違う…』というどよめきが海外で起きたとか起きなかったとか。

 まぁ、以前からゴルゴ13とかをポスターに起用したりしていたので、今更かもしれませんが;



  って、それはともかく(´・ω・`)



 そのアニメにも見られた部分ですが…科学を超えるような魔法が極まった世界ならばともかく。
 今日の私達が知る当たり前の中世の文明レベルにとっての脅威が、アークスの科学技術に太刀打ちできるものなのか…。
 そこに疑問を感じる鈴蘭です。
 その『差』というのは、私などが考えるよりも遥かに圧倒的だとも思うのですね。

 ただ…実際のアークスの活動を振り返ってみると。
 フォトンとフォトンに類する力によって、そうした『差』は埋められる…というのが、これまでのお話の下地にあり。
 本来であればあって然るべき『差』というものが、どういったものであるのか。
 …それが曖昧なようにも思えます。



  なんか、もんにょりする…(´・ω・`)



 とは言え…それこそ、アークスの本望なのかもしれません。
 アークスのスタンスが、基本的に他の文明への干渉を極力避ける傾向にあることを思えば。
 『差』で圧倒するような展開など、下策中の下策に当たるでしょうから。

 中世の世界に降り立つことなく、地上をフォトンキャノンで焼き払って問題解決。

       世界の敵           アークス
 …それはダーカーが生み出した、新しい厄災の姿でしょうね;

 

― ◆ ―




 期待と不安の入り混じったEp5実装を明日に控え。
 今日を最期にロビーを去る人を、ひと目見ておこうと思った鈴蘭です。



pso20170723_220047_001.jpg
                           (C)SEGA

pso20170723_220025_000.jpg
                           (C)SEGA



 何れまた、逢う機会もあるでしょう。

 これは、彼女たちの言葉ではありませんが。

 交わるはずの無いものが交わる場所。

 ここは、そうした場であるはずの場所で。

 そして、そうした場であるべき場所なのですから。



■今日のニークス

 夢から覚めれば、私もヒーロー(´・ω・`)

 …などと言いつつ。

pso20170725_212433_006.jpg
                           (C)SEGA

 眠る前にドーナッツをドカ食いするのを忘れない鈴蘭です。
 ヒーローらしからぬ意地汚さと言うなかれ。
 もはやコレは、アークスの嗜みなのです。



 就寝直前の甘いものの過剰摂取こそが正義(´・ω・`)!!



 さぁ、君もアークスならレッツ・トライ(´・ω・`)!!



 私と共にトナカイ体型でヒーロになろう(´・ω・`)!!


独り言 その壱千壱百六拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 …そう言えば、報酬期間中でしたね。

 クエストには各種ブーストが掛かっていますし、そこに賭けてトリガーを募集している人なんかも見掛けます。
 そんな人たちを見て『頑張ってるなぁ』と感心する一方で、当の私はと言えば…。
 いえ、私も欲しいレアが無いではないのですが…モノが緊急じゃないと出ないので、どうしても基本が待ちの姿勢になっちゃうんですよね…;



  …なんとなくボンヤリ(´・ω・`)



 周囲では新職『ヒーロー』の実装を見据えて装備更新に励んでいる人が多いのですが…。
 何をどうすれば良いのか、今の段階ではまだ誰にも分かりません。
 使う武器種は発表されていますが、スキルツリーの詳細が不明な中でのこと。
 『この装備、この構成が良い』と言い切れるものではないでしょう。
 とにかく強いものを、バリエーションを持たせて作ることが出来れば、対策としては万全でしょうが…。



〒 〒
(´・ω・`)
そんな甲斐性、とうにマガハラに食わせたわ!!




 < …間もなくショップエリアにてライブを開催致します…



 〒 〒
Σ(・ω・`)
 む。




 こうして埒もないことを考え、ボンヤリしている内に時間ばかりが過ぎてゆき。
 気が付けば、お昼を回ってライブの開演時刻が迫って来ていました。

 実は、鈴蘭にとっては久し振りのライブイベントだったりします。
 実際には結構な頻度で開催されていたのでしょうが、タイミングの合わないことには見ることの叶わないものですからね…;



pso20170724_130024_000.jpg
                   (C)SEGA



〒 〒
(´・ω・`)
どれ…久しぶりに楽しむかのぅ。




pso20170724_130025_001.jpg
                   (C)SEGA



(´・ω・`)
…!?




pso20170724_130129_007.jpg
                   (C)SEGA



〒 〒
(´・ω・`)
だっ、誰や!!?




 テクスチャバグ…治ったとばかり思っていたのですが、こんな形で相見えようとは…。
 今までに、全身タイツ、服が発光する…などはありましたが。
 こうして、顔だけが可怪しくなるのは初めてかもしれません。
 顔のヒビ(?)と言い、『パレンケの翡翠の仮面』を連想してしまいましたよ…;



(´・ω・`)
楽しみにしていたライブやのに…。




pso20170724_130030_003.jpg
                   (C)SEGA



(´・ω・`)
…なんか…『ふしぎなおどり』を見ている気持ち…。




 …ちなみに。
 『パレンケの翡翠の仮面』というのは、メキシコのマヤ文明の遺跡から出土した装飾品の一つです。
 考古学ファンならずとも、一度は写真などで目にしたことがあるであろう、有名なものですが…。
 一応、以下に解説文を抜粋。

パレンケはメキシコにあるマヤ文明の古代都市遺跡で、メキシコの世界遺産の一つです。
ユカタン半島の付根にあたるメキシコ南東部のチアパス州に位置し、7世紀に最盛期を迎えた都市遺構としての宮殿を中心とする、マヤ遺跡の建物群が密林のなかにあります。
1952年に碑銘の神殿の地下室の壁面にはめ込まれていた巨大な石板を取り外したところ、鍾乳石の垂れ下がる広い洞窟のような部屋が、そこには殉死者と目される数体の遺体に加え、肖像画やマヤ文字、碑文が施された石の蓋、そしてその下に石棺があり、数多の装飾品を脇にした翡翠の仮面をまとった遺体が内部に発見されました。
石棺の碑文の解読により、石棺の主がパカル王だと断定されました。しかし、疑問点は多く残ります。パカル王は80歳で死亡したのですが、遺骨は壮年男性。しかも、マヤ人の平均身長より30センチも高い180センチの長身でした。なので高度な文明や知識はパカル王が宇宙人だったからと言う説もあります。



5bacbe6c99908bd79bc2298af574e9e7.jpg


翡翠の仮面
顔面部はひすいでできており、白目は貝、黒目は黒曜石でできている。石棺でパカル王がまとっていたとされる仮面。
メキシコ国立人類学博物館にて保管。
1985年に盗難に遭いましたが、4年半後に無傷で発見されました。
現在はレプリカのみが展示されています。


 パレンケに関しての説明は、引用元のこちらに続きがありますので、興味のある方は読んでいただくとして…。



pso20170724_130229_009.jpg
                   (C)SEGA



(´・ω・`)
うん…その仮面メイクでそれはトキメかないな。




 …ただ、こうしてみると…『翡翠の仮面』と言うには少し色が黒いでしょうか?
 もうちょっと明るい緑色であれば『らしく』なりそうなのですが…。



 …などと思っていたら。



pso20170724_130657_015.jpg
                   (C)SEGA



  …だからって、色を変えるな、色を…(´・ω・`)



 2曲目のお色直しで、まさかのメイクアップ。
 今度は目にも鮮やか…というより、行き過ぎて痛々しい緑色の顔面に…。
 これじゃ、『翡翠の仮面』というよりドラゴンボールの『ナメック星人』ですね…;



  …ファンの期待に応えるアイドルという仕事も大変やな…(´・ω・`)



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千壱百六拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、ネットで見かけたミニドローンについて触れましたが。
 その後、私のPC様が『私の欲しいものリスト』に『ドローン』を追加したのか、他のドローンの広告を頻繁に見かけるようになりました。
 機を見るに敏、というかなんというか…;
 確かに興味が無いわけじゃありませんが、こうしたものは貧乏人には過ぎた道楽です。
 そうそう乗せられて踊るもので…は……
 


  …なんじゃこりゃぁ…(´・ω・`)



えあぶろっく(´・ω・`)




 Airblock…プロペラと制御装置がそれぞれモジュール化しており、ユーザーの組み合わせ自由、しかも飛行制御プログラムまでも自身でプログラミング可能…って。
 …これは凄いですね;

 二足歩行ロボットも、個人向けのキットが販売されるようになってから、アマチュア研究家によって裾野が広がっていますし…。
 今後、こうしたドローンのキットが増えれば、ドローンでも同じことが起きるかもしれませんね。



  …機会があれば、弄ってもみたいのぅ(´・ω・`)



 いつの間にか乗せられそうになっているトナカイさんです。
 …まぁ、贅沢…ですね;



■今日のニークス

 アークスとしての私は…良くも悪くも、敢えて私である意味も無くなりつつあります。
 元より、人と付き合うことにネガティヴなスタンスを取っている私の事。
 我ながら消極的な方法ですが…引っ張ることも押すことも出来ない以上、私としてはこの辺りが妥当なのだろうかな…と。
 そんな、考えにもならない考えを巡らせ。
 人の流れる様を、ただ眺めて過ごす鈴蘭です。



 …などという話はさておき。



 この週末は、トナイカとしてストリートに繰り出した鈴蘭です。

 …が。

 正直なところ…私の生来の体質では3Dゲームへの適性が無いようで。
 新しいものに触れる度、酷い目眩や発熱、吐き気に襲われています。
 スプラトゥーン2も、初日は10分程度しか持ちませんでしたからね…;

 3D酔いの原因は、画面内の風景の動きと、実際の自分の体の状態が一致しない事から起きる、脳の混乱にあると言われます。
 こればかりは、脳が『仮想は仮想。現実は現実』と認識するようになるまで慣れさせるより他、手がありません。

  反復あるのみ(´・ω・`)

 初期症状が出た段階で、画面から目を離し、部屋の隅などをじっと見つめる。
 こうすることで、混乱した脳が『さっきの情報は誤りだった。何も動いていないのが正しい』と落ち着きを取り戻し、3D酔いの状態から立ち直れることもあるそうです。
 しかし私の場合、結構重症のようで…10分遊んでダウンしては数時間の休憩を繰り返す有様なのです。
 これでは、いつになったらゲームが出来るようになるものか、分かったものではありません。

 そこで…今回はやむを得ず、酔いどめの薬を服用してゲームに挑戦することにしました。
 縁のない方は意外に思われるかもしれませんが、乗り物酔いの薬は3D酔いにも効果があるのです。
 あまり多用はできませんが、薬が効いている内に脳が誤認しなくなれば、それ以降は薬に頼らずともよくなる…はず。

 急遽、深夜営業をしている薬局まで、酔い止めの薬を買いに走り。
 あれやこれやを準備をして…



DFd77pQW0AIeT1X.jpg

 万全を期してやってきたストリートです。



 スプラトゥーン2では、ゲームを起動する度にテレビ番組風の紹介動画が流れ、現在のゲーム内イベントの開催状況などが告知されます。 
 …こうした演出も工夫の現れでしょうね。
 一つ一つのコダワリが、世界を作っているのが見えるようです。

 メインストリートの奥には、こうしてスタジオなんかもあるのですが…。




 すごいのは、こちらがスタジオを見ていると、気がついた中の人が視線をくれたり、リアクションを返してくれたりするところ。




 こうした仮想現実のNPCというものは、ユーザーにサービスを提供する『機能』の一つとして実装されるのが常で。
 機能から外れた行動は、無駄として省かれることが少なくありません。
 PSO2で言えば…出会う人に『やぁ』と声をかけるアンリですら、無駄なことはしていません。
 それは、アークスにとって必ずしも必要となる機能ではありませんが。
 彼は、定められた行動から外れるということはしないのです。

 その姿はNPCとしては自然でしょう。
 しかし…人として見たとき、その姿は不自然に映ります。、

 ゲームに直接関わりのあるものではありません。
 有れば有ったで、余計に感じてしまうのかもしれません。
 無ければ無いで、気にも留めないものかもしれません。



 ただ…。
 その無駄の中に『らしさ』を見つけるのも、ゲームの楽しみになり得るのではないでしょうか?



 見せ方一つで印象が変わる。
 そのことに感心した鈴蘭です。





 上を目指して頑張るかのぅ(´・ω・`)

独り言 その壱千壱百六拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20170714_020741_007.jpg
               (C)SEGA
(・´ω・`)




 こうしてライブで使われている照明の前に立ってみたのですが…。
 残念ですね。
 ええ、非常に残念でなりません。
 もしやこれも、アークスの謎の超科学の賜物なのでしょうか?



  いや、これ…影ができないんですよ…(・´ω・`)



 これでは、トナカイさんの姿をショップエリアに大写しにして遊ぼうという壮大な目論みも絵に描いた餅。
 何故このようなことになったかと言えば…原因は、光源の前に障害物が立っても迂回して光量を保つ、謎の光線にあります。
 そもそも光って、直進するのが特性の一つではなかったでしたっけ…?;
 周辺に何も無いように見えますけど、もしかして空間を曲げるような仕掛けでもあるんでしょうか?

 そんな都合のいいものが有る訳が…とも思ったのですが。
 でも、ほら…思い出してみてください。
 アークスが作戦区域に展開しているフェンスのことを…。

 SF的な不可視のエネルギーフィードというものではなく、わざわざ分かりやすいように『ARKS』のロゴを入れて展開させています。
 街中で交通整理に使うのなら有用でしょうが、軍事用に使うものとしては、あまりに無駄な機能のように思えます。

 しかし、まぁ…これも、実際に見えるものなのかどうか、が問題でしょうね。

 肩越し視点でのレティクルの表示や、各種ステータスの表示は、現実には肉眼で見えるはずがありません。
 それが見えているということは、私達とアークスの目の間に、もう一つ、何かがあるのかもしれませんね。

 私達の住む現実世界では、目に見えているものに電子的に情報を付加して表示させる『AR(拡張現実)』が実現しつつあります。
 以前にMicrosoftが、出会った相手が誰かわからないときに、相手の胸元に相手のプロフィールを表示するARを開発したりしていました。
 それを思えば、技術が進んだアークスのこと。
 目にするありとあらゆるものがARで…。

  …って、そうか(´・ω・`)

 私達が目にしている抜刀の演出なども、現実には見えないもので。
 実際にはARで付加された仮想の演出なのかも…?

  …むぅ。(´・ω・`)

 そう考えると、何が本物なのか…分からなくなってきそうですね…;
 ARやVRと言った技術が進歩してきたことで、人の脳が現実と錯覚して、現実と仮想のギャップに苦しむ…いわゆる3D酔いなんてものも出てくるようになりました。

 現実と比べても遜色のないレベルにまで進歩したアークスであれば…


 先日、私がこのスプラトゥーン2で体験した3D酔いなど、感じないのでしょうかね…?;



 聞くところによると…『3D酔い』ということで、目眩や吐き気を覚える症状ばかりを指すと思われがちですが…。
 (脳の緊張からくる)欠伸の頻発、眠気なども『3D酔い』の軽度な症状の一つなのだとか。
 重度になると、貧血を起こしたように気を失うケースもあるようです。

 …思えば、PSO2も最初の頃には随分と酔った記憶があります。
 いつの間にか慣れて、今では苦痛を感じることも無くなりましたが…。
 『動く方向が分かっているドライバーは、車酔いしない』とも言いますし。
 アークスとしての鈴蘭が、それだけ馴染んだということの証なのかもしれません。

 そうなると、私がスプラトゥーン2で酔うのも、単に私がキャラの動きについて行けていないだけなのかもしれませんね。



  …スプラトゥーン…か(´・ω・`)



 明日、7月21日はスプラトゥーン2の発売日です。
 正直なところ、とても得意なジャンルとはいえない内容のゲーム。
 慣れるほどまでにやっていけるものか、不安でいっぱいなのですが…。

pso20170719_215815_003.jpg
                       (C)SEGA

 『スプラトゥーン2が出たら遊ぼう』と。
 鈴蘭とフレンドコード(此処で言うアークスカード)を交換してくださる方達に恵まれました。

 一人ならば、いつ止めてしまうとも限らない弱虫な私です。
 誰かがいる、というだけで心強く感じ。
 それだけで『やってみよう』と思えるのです。



 『ネトゲの良し悪しは、一緒に遊ぶ相手がいるかどうかで決まる』



 …私にとっては、至言なのですよ。

独り言 その壱千壱百六拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 ここ数日、感謝祭で心が浮つき気味のトナカイですが。
 思えば、大阪の感謝祭は7月30日。
 そしてPSO2の新章突入は、それより早い7月26日。

Ep5まであと7にち(´・ω・`)
                    (C)SEGA

 …いつの間にか、公式サイトのトップにはカウントダウンが掲載されていました。



  …新章、かぁ(´・ω・`)



 順番で言えば、感謝祭への期待よりも、新章への期待が先に立って浮ついても良い筈です。
 実際、私の周囲でもヒーローだの何だの、新章に関連したキーワードは聞こえてくる機会が増えました。

 …だというのに。

 今ひとつ、来たるべき新しい世界というものが、私の中で形になってきません。
 この様を霧や霞に例えるのは、希薄に過ぎるでしょう。
 なんというか…薄闇の中、障子越しに蝋燭の灯りを見ているかのような…そこに在るのは分かるのですが、そこに何が在るのかが分からない…私にとっての新章とは、そんなイメージなのです。



  まぁ…新しいものって、そういうものかも(´・ω・`)



 向こうに光明がある。
 でも、それが何かは分からない。

 感じる光の強さは人それぞれでしょうが…。
 そこに見える期待も不安も、根っこは同じ。
 感じる側の受け止め方の違いでしかないのでしょう。

 未知を前に、どのように感じるか。
 人それぞれと言っても、それは些細な違いでしかないのかもしれませんね。 



 そう言えば…前回の大阪の感謝祭のステージイベントでは、Ep4のオープニングムービーを初公開して話題になってましたっけ。
 今回は、新章実装直後の感謝祭。
 果たして何を持ち出してくるんでしょう…。

 無難なところでは、今後の展開…とかでしょうか?

 確かに有り得そうですが…新章に突入して4日足らずで、もう次の話とか…ちょっと忙しないですね;
 自分の住まう世界が広がりを見せるのは、楽しくもあり嬉しくもあるのですが。
 現状ですら、私の知覚範囲以上に広がり過ぎてしまって、同じ船に乗り合わせているのに、全く顔を合わせないNPCなんかも出てきている始末。
 最近では『そういえば、あれってどうなったっけ(´・ω・`)?』という事柄も増えてきてますから;

 そういう意味では…

アークス検定(´・ω・`)
                    (C)SEGA

 このアークス検定は、ちょうどよい機会だったかもしれません。
 4択問題が20問。
 気軽に答えられる内容で、ちょっとした時間に出来るのも良いですね。
 正答率と、回答日数で賞品が獲得できますし…まだという方は、今日からでもやってみてはいかがでしょう?
 開催期間は残り一週間足らずですが、5日以上答えれば貰える商品がありますし…今からなら、まだ間に合いますからね。



  …意外と100点は難しいんよね、これ(´・ω・`)



 残り数日。
 それを励みに、すこし頑張ってもみましょうかな。



■今日のニークス

入賞おめでとう(´・ω・`)!!
                    (C)SEGA

 フレさんのデザインが、デザコンで入賞されました。
 デザインされたご本人へのお祝いも勿論なのですが…。
 このデザインの採用によって、別のフレさんの慰めになるかもしれない…というのが、個人的には嬉しくもあったりします。
 …というのも。
 その別のフレさんというのが、殊の外アークマが好きな方なのですが…。
 かつての対抗戦の景品にあった、アークマの武器迷彩を取得し損ねており。
 マイショップで売買不可、対抗戦の開催の見込みがない…という有様で、再入手が絶望的な状況なんですね。
 私の持つ武器迷彩に…

  …。(´・ω・`)

 …という、やるせない視線を送っていたのを覚えています。



 今回の武器迷彩は、そのフレさんのメイン職で使える武器迷彩ではありませんが。
 アークマのグッズを持てる、という念願を叶えることはできそうです。
 これもきっと、良縁…なのでしょうね。

 私から、というのも烏滸がましいのですが…



  二人共、おめでとや(´・ω・`)



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千壱百六拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

 さて。
 有給を手にして勝利者となったトナカイさんですが。
 こうなってくると、考えねばならないことが出てきます。

 それは、感謝祭の会場周辺での暑さ対策です。

 大阪会場は、例年通りとすれば一万人は収容できる大型ホールで催される筈で。
 中は空調で気温が管理されているために、暑さ寒さのことを考える必要はありません。
 …が。
 問題は、会場に入るまでの時間です。
 始発電車で開場待ちの列に並ぶとすれば、入場までの5時間強を外で過ごすことになります。
 夏のこととは言え、朝早い時間のことですし、そこまで厳しい訳ではありませんが…。
 油断をすれば熱中症にもなりかねません。

  …対策をするに越したことはなかろうな(´・ω・`)

 熱中症対策というと、塩分と水分の補給…でしょうが…。
 はてさて、それだけで十分といえるのか。
 まだ日にちもありますし、少し調べてみる必要がありそうですね…。

 せっかく会場入りしても、体調が思わしくなくて引き返す他なかった…というのでは、後悔してもしきれませんしね;



■今日のニークス

pso20170717_212149_005.jpg
                  (C)SEGA

 最近、期間限定の常設クエストにおいても搭乗する機会の出てきた、アークスの秘密兵器『A.I.S.』。
 初登場は、防衛戦の【絶望】だったでしょうか?
 当時は地上戦に特化した陸戦兵器というイメージでしたが…。
 禍津、【終焉】と状況に合わせて進化を続け。
 太平洋上で大和と戦うに至り、空中機動能力を獲得するまでになりました。

 …って、待ってください?

 そう言えば…A.I.S.が飛べるなら、オプタ達が乗るヘリを運用するメリットって何でしょう?



 Eトラでお馴染みのアークスヘリ。
 ここで、その性能について振り返ってみたくなった鈴蘭です。



 ▼アークスヘリ
 パイロット1名と降下要員4名が搭乗可能(?)で、主に作戦地域への人員や物資の運搬に用いられる小型ヘリコプター。
 現場での当ヘリへの機動性と積載能力の評価は高いと見られ、後方支援だけにとどまらず、対地攻撃支援や防空戦闘なども担える柔軟性を持つ。
 主武装は機体前方下部に取り付けられた旋回式の機関砲が1門。
 機体の上部(?)には誘導ミサイルを複数装備。
 また、調査任務用と思われる大型のサーチライトを搭載している。
 アークスが作戦中に使用する索敵システムよりも高度なものを搭載していると見られ、アークスの認識できない位置の敵も把握できる。



  …んー…もうちょっとアークス視点で見てみよか(´・ω・`)


 
 その搭載火器群の性能は驚異的で、森に屯するウーダン1匹倒せないほどの火力を発揮する。
   『援護します!!』の声と共に現れる彼らより、手持ちの水鉄砲のほうが頼りになるという悲しい現実。
   アークスの使用する兵器に比べてあまりに貧弱な為、ヘリの武装はフォトン由来ではないという説もある。
   フォトンに依存しすぎている感のあるアークスであればこそ、不測の事態に備えて通常兵器を…という考え方もできるが…。


 あらゆる機体トラブルもパイロットが現場で修理できるという、高い整備性。
   この点、出撃の度に墜落しているのではないかと思われるほどの高い故障率を誇っていることと整合性が取れない不思議。
   何かの外的要因で故障が発生する…というなら、基本的に防護が不十分なのかもしれない…。
   丸4年、この状況に対策もせずに出撃し続けているパイロットの勇気に感心するべきか、呆れるべきか;


 我々がアークスとして着任して4年経った今もパイロットの戦死者を一人として出していない、高い生存性。
   マガツにチョップ食らって叩き落されてるヘリのパイロットも無事なのだろう。
   Eトラで墜落したヘリを守りきれなかった場合、爆発四散する機体からパイロットが脱出するシーンが発生するが…はて、どこから脱出しているのだろう?
   現実の戦闘機のように緊急時に射出されるシートが備わっており、天井にフォトンプールが広がっていたりするのだろうか。
   非常事態には、打ち出されたシートがキャンプシップのフォトンプールを突き破ったり…。




 …こうしてみると。
 未踏地域に人員や物資を運搬する上で、火力よりも確実性や信頼性を重視して配備されているのではないかと思えますね。
 戦闘に特化させるのであれば、早い話がフォトンランチャーなりを積めば済む話。
 そうした改造を施さずに運用され続けているのは、それ以上に大事な役割があるからこそでしょう。

  …こう、縁の下の力持ち的な(´・ω・`)

 A.I.S.ばかりが持て囃されがちですが。
 こうした機体にも、もっと目を向ける機会があってもいいと思うのですよ。

 A.I.S.にはA.I.S.の良さがありますが。
 ヘリにはヘリの良さがあるはずです。

 A.I.S.にだって負けないところが…。



  …。(´・ω・`)



  …負けないところ…。(´・ω・`)



  ……。(´・ω・`)



 ああ、いや…一つあります。
 おそらくヘリにはできて、少なくとも今のA.I.S.には出来ないことが。

 私は大和と戦っているときに感じるのですが…。
 何故、A.I.S.の空中機動に『パワーダイブ』…下方向への緊急回避動作がないのでしょうか?
 まさか、スラスターが全部下向きで固定されてて動かせないとか、トンデモナイ理由で出来なかったりするんでしょうか…。

  まさかね…(´・ω・`)

 …でも。
 アークスのことですしねぇ…;



 案外、ヘリとA.I.S.で障害物競走でもしたら、ヘリが勝つかもしれませんね。

独り言 その壱千壱百六拾

 大きいだけの鈴蘭です。



(´・ω・`)
(つ□と)

フフフ…




(´・ω・`)
(つ□と)
フハハハ…




(´・ω・`)
(つ□と)
ハァッハッハッハッ…!!!!




〒 〒
(´・ω・`)
(つ□と)
私の…勝ちだ!!!!




 三段笑いをキメるトナカイさん。
 その蹄で握りしめているのは、8月度のシフト表です。
 私の職場では毎月20日が締め日となっているため、月の第2週のこの時期に来月度のシフトが決定されるのですね。
 8月度のシフトには7月30日…感謝祭の開催日の予定も含まれます。
 楽しみにしているイベントに関わる大事とあって、上司に慎重にお伺いを立てていたのですが…。

 有り難いことに、希望通り有給休暇を取ることが出来ました。

 たとえ盆暮れ正月であろうとも、日曜の晩は仕事が入っているのが常なので、諦め半分の有給申請だったのですけどね;
 シフトで無理を聞いてもらった人たちには申し訳ないことをしてしまいましたが…。
 しかし、お陰で感謝祭の当日は丸々自由に使えることになりました。
 これで後顧の憂いなく、当初の計画通りに始発で会場に向かい、閉会まで居座ることが出来るでしょう。

  今から震えが止まらんな…(((´・ω・`)))!!!

 今回も、会場でブログの更新をチマチマ進めながら、お祭りの雰囲気を楽しむことにしますかな。



pso20170717_131506_003.jpg
                  (C)SEGA

 こう…陰から見守る感じで。



■考えすぎ?

 …ふと思ったのですが。
 私達が、このアークスシップに乗り込む理由とは、何でしょうか?
 何を求めて、この船に乗り込むのでしょうか?



 人それぞれ、様々な理由があろうかと思います。
 このPSO2は…ゲームとは言え、そのゲームだけで世界が成り立っているものでもありません。
 たとえゲームに価値を見出だせなくとも、自分の物差しで世界を測る余地がそこにあると思います。
 …極端な話。
 クエストに行かないからと言って、それだけで船から追い出される訳でもないのですからね。



 皆さんは、何を求めて船に乗り込んでいますか?



 …私の場合、『楽しみ』を『探し』に船に乗り込んでいます。

 私は、クエストに行くことを楽しみにしていますが。
 クエストに行けさえすれば、それが楽しみになる…というものでもありません。
 些細な事であれ、楽しみとなる何かを見つけることが出来るのであれば、クエストに行けなくとも構わないのです。

 無論、レアは欲しいと思います。
 ですが、それと同等以上に欲しい楽しみがあるのです。
 それは大したものではありません。
 挨拶一つであれ、それが大事と思えるものであれば、私にとっては楽しみ足り得るのです。
 
 今日は、何か楽しいことがあるだろうか…そんな期待を持って船に向かう鈴蘭です。
 …だからでしょうか。
 私にとって『楽しくあるべき』と期して船に乗り込む姿勢は、何か違うと感じるのですね。

 『楽しくしよう』と、自身の目標を掲げるのは理解できるのです。
 しかし…『楽しくあるべき』と、自身の認めるもの以外を否定しかねないような願望は、私にはありません。



 かつては、そこまで意識することはなかったようにも思うのですが。
 この考えが強くなってきたのでしょうか。
 以前は、イベントの主催などもしていたのですが。
 そのことが人に『楽しくあるべき』と、自分の考えを押し付けている事に繋がっているようにも思え。
 果たしてこれでいいのか…と、考える様になったのですね。



 私が楽しいと思うことを提供するのではなく。
 皆が楽しいと思うことを提案する。

 …しかし、それでは物事は動かないのですよね…。

 私のいない形でこそ、成り立つ形であって欲しいと思うのですが…。

独り言 その壱千壱百五拾九

 大きいだけの鈴蘭です。

 この土曜日のこと。
 フレさんから『今晩、スプラトゥーン2の試遊会がありますよ』と教えて頂けました。

 発売を目前にしているというのに、全くアンテナを張っていなかった怠け者の鈴蘭には、文字通り『寝耳に水』の事でしたが…。



〒 〒
(´・ω・`)

…ふっ…。





(´・ω・`)

だが、抜かりなど無い!!




 実は以前の試遊会では、対戦中に回線切断が頻発して、満足に遊べませんでした。
 しかし、このような事は初めての経験だったので、『テストプレイだし、こんなものなのかな…』などと思っていたのですが…。
 翌日、その事をお話したフレさんから『スプラトゥーンを遊ぶなら通信は有線にしましょう』とアドバイスを頂きました。
 …どうもSwitchの標準機能であるWi-Fi性能では、アクションゲームの通信対戦を実現するには不十分だったようです。

 それと分かり、Switchに繋げる有線コネクタを買いに、近所の量販店にまで走った鈴蘭です。



 もはや、同じ現象は起きないはず。




(´・ω・`)

このトナイカに死角など存在しない!!(ハギト調




 思っていたよりも早い機会の訪れに、驚きこそしましたが。
 この日の為に準備をしたのです。
 『待ってました』とばかりに快哉を上げ、夜を楽しみに待ちました。



 …そして、日が暮れ。





△    △
(・ω・`三´・ω・)

…おー…。




 降り立った世界の様子に、思わず感嘆の声が漏れてしまいました。
 …なんというか…。
 ゼルダにも感じたことですが、世界には『高さ』があるものなんでしたね…。

 この世界を見回してみると、PSO2には無いものが形になっているかのよう。

 …って、ああ、いやいや。
 これはどちらが良いのか、という話ではありませんけどね;

 違う理で出来た世界。
 違う事が当たり前の2つを、ただ良し悪しだけで語るのもおかしな事と思います。

 どちらも『らしく』あれば、それで良いことでしょうから。



DExrzTvVwAEH-mM.jpg



 …好奇心に背中を押されるようにして、おのぼりさんよろしく色々と見て回り。
 ゲームも遊んで…。



pso20170226_211948_015.jpg
                     (C)SEGA

 盛大に酔った(´・ω・`)



 どうにも、このコントローラーのジャイロを利用した視点操作に慣れておらず。
 こう…なんと言えば良いのでしょう…。
 人の視線を借りて外を見ているような感じ…というと、お分かりいただけるでしょうか?
 自分の意図しないタイミングで視線が不規則に動くため、目が回ってしまったようなのです。

 フレさんからは、『3D酔いをする人によくあるケース』として、コントローラーを保持するようにアドバイスをいただきましたが…。
 なるほど道理と納得しつつも。
 これまでコントローラーを保持するように持つ習慣がなかったので、どのようにするべきか…見当もつきません;

 これからゲームに慣れることはもちろんですが。
 初歩の初歩。
 まずはコントローラーの持ち方を探すところから始めましょう…;




(´・ω・`)

トナイカの挑戦はココから始まる。




■今日のニークス

 日本の戦国時代には数多のミステリーが存在しますが。
 その最たるものとして挙げられるのが、『本能寺の変』でしょうか。
 天下統一を目前としていた織田信長が、家臣である明智光秀によって殺害されるという…戦国時代の節目となった大事件です。
 歴史の教科書にも載っているほどですし、皆さんもよくご存知ではないでしょうか?

 しかし…名前こそ有名ではありますが、この事件には未だに解明されていない、大きな謎があります。
 それが、明智光秀の動機です。

 …それというのも…。
 本能寺の変が起きたのが6月2日のことで。
 その僅か10日後の6月12日に、急報を聞きつけた羽柴秀吉が山崎の戦いで明智光秀を破り。
 その日の内に、明智光秀は落命してしまいました。

 織田信長を倒し、天下人として何をしたかったのか…それを全く明かさない内に、彼は亡くなってしまったのです。

 織田信長を殺害した実行犯は明智光秀ですが。
 明智光秀が何故、本能寺の変を起こしたのか…その理由に迫る資料に乏しく。
 現代に至るまで、その動機は明確になっていません。

 織田信長の側近くに仕え、その生涯を克明に記録していた太田牛一(『信長公記』の筆者)という人がいます。
 彼は本能寺の変に関して、当時現場にいた使用人を探し出して証言を取ったり、明智光秀を討ち取ったとされる農民(明智光秀は山崎の戦いで豊臣秀吉に敗れた後、本拠地に逃げる途中で落ち武者狩りの農民に殺されたとされる)を探し出し、当時の様子を聞き出して記録しています。
 明智光秀が何故、信長を殺害するに至ったかについては…太田牛一は『明智日向守光秀、小身たるを、信長公一萬の人持にさられ候處。幾程も無く御厚恩忘れ、欲に耽りて天下之望を成し、信長御父子、御一族、歴々甍を並べ、下京本能寺に於て、六月二日情無く討ち奉り訖(お)わんぬ』 …信長公から受けた恩も忘れて、身の程知らずにも天下を望んだ明智光秀によって討たれた…と、明智光秀個人の欲によって変が起きたと書いています。

 …ただ、明智光秀の発意によって起こされたものであるとするならば。
 緻密な計算を重ねた上で慎重に行動に移す、それまでの彼の生き方に反し、本能寺の変の後の彼の行動はらしくない…非常に場当たり的なものにも映るのですね。
 このことから、本能寺の変の真相について、これまでに多くの説が唱えられてきました。
 
 ただ、こうした説の多くを見ていると。
 当時の全体状況を俯瞰し、結果を知っている我々だからこそ、そう考えられるのであって。
 当時の明智光秀の立場であれば、何の不思議もない、妥当な判断と行動だったのではないか…そうも思う鈴蘭です。

 当時の彼の気持ちになって考えてみれば。
 …そう言いつつ。
 今の私の考えで彼の考えを決めつけてしまっては、元も子もありません。



 結果が伴わなければ、評価されない世の中ですが。
 可能性に賭けて、挑戦したことまでをも否定することはない…と思うのです。



 …それが、何であれ。

独り言 その壱千壱百五拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20170705_214526_008.jpg
                    (C)SEGA

 七夕を過ぎても尚、笹飾りの鎮座しているアークスロビーです。

 …と言っても、これも別段おかしなことでもないのかもしれません。
 雛飾りのように、その日を過ぎては縁起が悪いというものでもなく。
 現実でも『七夕』と一口に言いながら、旧暦やら何やらで開催時期は地域によってマチマチだったりするわけですし…。
 それにそもそも、『何処にでもいる』アークス的には、これでこそ…『らしい』のかもしれませんね。

 …そう言えば旧暦の七夕といえば…確か、仙台の七夕まつりが8月でしたっけ。



  仙台の七夕は派手やね(´・ω・`)



 流石は『伊達者』の語源となった政宗公のお膝元…ということでしょうか。
 なにやら理に適っているようでいて、全く理に適っていない理由で納得した鈴蘭でしたが。
 …ふと、ここで気になったことが…。

pso20170707_213114_000.jpg
                    (C)SEGA

 アークスロビーの、この飾り。

 仙台の七夕まつりではよく見かけますが、私の住む関西での七夕ではあまり見かけないように思います。
 これが七夕の飾りものだというのは分かるのですが…これが何を表しているものなのかを知りません。
 というか…そもそも、七夕の飾りものに決まった形があるものなのか、それすら知らないのですね。

  知ってるのは短冊と…あとは紙飾りくらい(´・ω・`)?

 アークスロビーの飾りを見て、華やかに飾り立てる仙台の七夕まつりを思い。
 興味の向くままに、七夕に使われる飾りものについて少し調べてみました。



■七つ飾り■
20140721004jc.jpg


●吹き流し 織姫の織り糸を象徴し、昔の織り糸を垂らした形を表して機織や技芸の上達を願いました。くす玉が最上部飾られ、飾り付けの主役となっています。

●巾着(きんちゃく) 昔金銭を入れて腰に下げたもの。富貴を願いながら、節約、貯蓄の心を養いました。しっかりと紐で結ばれ、無駄遣いを戒めています。

●投網(とあみ) 昔から重要なたんぱく源としての魚介を欠かさないよう、仙台近海の豊漁を祈願しました。また、幸運を寄せ集めるという意味も含まれております。

●屑篭(くずかご) 七つの飾り物をつくり終えた裁ちくず、紙くずを拾い集めて屑かごの中にいれました。ものを粗末にしないで役立て、清潔と倹約の心を育てました。

●千羽鶴 家の長老の年の数だけ折り、延命長寿を願いました。折り方を習う娘たちは折り紙を通じ、教わる心、人に教える心を学びました。

●紙衣(かみごろも) 棚機女(たなばたつめ)が織り、神に捧げたという衣で、七夕竹の一番上に吊るす習わしがあります。昔は母や師匠に教えられ、裁縫の腕が上がるよう願いながら縫われました。

●短冊 早朝、硯にカラトリの葉にたまった夜露を集めて、すった墨汁で師に習った詩歌を書いて、学問や書、手習いの上達を願いました。





 『七つ飾り』なんて言われるものがあったんですか…。
 全然知りませんでしたよ;
 …というか、唯一知っている短冊にしたところで、『習った詩歌を書き、学業の向上を願う』とあります。
 自分の願い事を書くものじゃなかったんですね…。

  …自分が書いたら川柳になりそうやな…(´・ω・`)

 っと、今は川柳ではなく、飾りについてでした。
 ええっと…アークスロビーの飾りは…『七つ飾り』の『吹き流し』ですね。
 意味は『機織(はたおり)や技芸の上達を願う』…ですか。
 織姫の織り糸を模しているということは、ここで言う『技芸』とは所謂『歌舞音曲』の類になるのでしょうか。
 …アークスの願いとして相応しいような、相応しくないような…?
 歌って踊って…ということにも熱心ですしね、アークスは;

 …でも、それが本業のアークスというわけでもありません。



  『七つ飾り』で言えば『投網』が欲しいやろ、みんな(´・ω・`)



 なんと言っても、自身の幸運を信じて戦うアークス達ですしね…。
 レアドロに直結する『幸運を寄せ集める』という『投網』をこそ、という人は少なくないのではないでしょうか?
 ただ…。
 個人的には、アークスへの願い…というか、PSO2への願いとして『千羽鶴』をこそ、とも思う鈴蘭です。

 言葉を使える世界にいる。
 その可能性を…と。



 …皆さんは、どんな飾り付けをしたいと思いますか?



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千壱百五拾七

 大きいだけの鈴蘭です。



〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)

…嗚呼…。




〒 〒
∩_(´・ω・`)_■

…嗚ぁ…。




∩.__〒 〒_ω._■
…あ"ぁ…ぁ…。




∩.__〒 〒_ω._■
暑さで溶けてしまいそう…。




 例のウィジェットで日中の体感温度が40℃という表示がありました。
 いやいやいや…体温より気温が高いとか、大阪じゃ普通に大惨事ですよ。

 …これでエアコン様が無かったら、熱中症一直線ですわ…。



│エアコン様│
└/////////┘
ゴゴゴ…
   ミ ミ ミ ミ ミ ミ 

∩.__〒 〒_ω._■
いやいや、エアコン様様やで…。




 特に、私の場合…昼夜逆転の生活のために、暑い日中に睡眠を取らねばなりません。
 多少の暑さであれば、エアコン様に頼るまでもなく、扇風機で十分凌げるのですが…。
 流石にこの暑さは、扇風機の力だけでは最早どうにもならないのです。



pso20170711_222831_002.jpg
                     (C)SEGA

 余暇のひと時の中のことであれば、厳しい暑さであっても、こうして楽しむこともできるのでしょうけど…。
 普段の生活の中にあっては、ただただ煩わしいだけですね…;



 …そう言えば。
 その『扇風機』で思い出しましたが。

 『あつまけんしみたて五節句』という江戸時代の浮世絵には、扇風機らしきものに当たって涼む女性の姿が描かれています。
 勿論、電気など無い時代の事ですから、手回し式のものなのですが…随分と昔から『扇風機』というものはあったようです。
 夏の定番のかき氷も、千年前の女流歌人である清少納言が食べていたという記述が『枕草子』に出てきますし…。

 様々な工夫で暑さを乗り切ろうとする人の姿は、今も昔も変わらないのかもしれませんね。



 …そんな先人たちの暑さへの工夫に触発された訳でもないのですが。
 今回のスクラッチ更新で実装された、『リゾート・テーマ』を使って、マイルームの改装に取り掛かった鈴蘭です。
 随分前から、どうしようか悩んでいたのですが…。
 Twitterで見かけた『リゾート・テーマ』の様子に、『もしかしたら、これなら』という予感めいたものを感じたのです。

 早速マイショップで買い求め、実際に使ってみると…。

 やはり思った通り、このテーマの構造は素晴らしいと実感できました。
 他のテーマにも窓が大きいものはありますが…木目と漆喰壁の調和までをも兼ね備えたものは、これが初めてではないでしょうか?
 これこそまさに、避暑地の趣です。

pso20170711_212041_001.jpg
                     (C)SEGA

 取り敢えず、エントランス兼コンビニ店舗である中央のスモールルームは、形になったと思います。
 ちょっとゴチャゴチャしていますが…コンビニの雰囲気と、客人の笑いを誘う生活臭が詰まってのことでもあるので、方向性としては悪くないかな、と。

 そして、『クラシック・テーマ』に設定しているバーをイメージしたラージルームは、そのままに。
 もう一方のラージルームを『リゾート・テーマ』に改装して、大きく手を加えようと思っているのですが…。
 さて、ここで困ってしまいました。
 ラージルームの『リゾート・テーマ』において、開放的な窓を活かす家具の配置とは?
 …そんな悩みに突き当たったのです。

 折角の窓を、背の高い家具で隠すようなことをしては勿体無いでしょう。
 かと言って、背の低い家具を集めるばかりでは、部屋の中の変化に乏しくなってしまいます。
 …思い切って物を少なくする?
 それも一つの案ですが、どこに何を配置するか…その選択が非常に難しくなるのですよね…。

 …個人的には。

 窓が魅力の『リゾート・テーマ』ではありますが。
 もう一つ…テラスの欄干の自己主張が控えめなため、テラスが広く感じられるのも魅力だと思うのですね。
 そのことから、客人の視線を内から外に向けるのではなく。
 客人の視線を外から内に向かわせるような…そんな部屋であっても良いのかな、と…そんな事を考え始めています。

 …具体的なことは、何も見えてきていないのですけどね;

 ただ、何かできそう…そんな予感はあるのです。
 なので。
 暫くは、その予感に従って部屋に篭ってもみようかと思っている鈴蘭です。

 何をどうすれば見えてくるのか。
 探す楽しみが、そこにあるように思えますから。 



 そうそう。
 私の部屋の形は見えてこないのですが。
 この『リゾート・テーマ』に一つ気になることが見えてきまして…。



pso20170712_094652_000.jpg
                     (C)SEGA

  …なんか、隣との差がひどくない(´・ω・`)?



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千壱百五拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 私のスマホ様には、生活を便利にする為のウィジェット(ホーム画面上に表示される情報表示用ツール)が入っています。
 …と言っても。
 アレもコレもと起動していては、電力消費量と通信量がバカになりません。



  なので私は天気予報のみを愛用(´・ω・`)



 …などと偉そうな事を言ってますが、実は最初からスマホ様に入ってたウィジェットなんですけどね;
 『AccuWeather』という名前のこれは、予報の中に『体感温度』の項目があるのが面白いところで。
 この機能が気に入って、ずっと使い続けています。

 天気予報の温度予測は、所謂『百葉箱』のような基準点での予測数値であって、実際に生活する場所の温度とは微妙にズレが生じます。
 『こんなに暑いのに、予想気温こんなものなの?』…そんな風に思ったことはないでしょうか?
 天気予報の示す温度と自分が感じる温度が違うのは、測っている場所が違う以上、当然のことなのですね。

 …が。

 人というものは、もっと身近にある違いに気が付きにくかったりもします。



 もし仮に、真夏に犬を散歩に連れ出すとして。
 日に照らされたアスファルトの道路を歩いているご主人様が、『暑い』と感じる暑さが30℃くらいだとしたとき。

 脇をついて歩くお犬様は、50℃くらいの暑さを感じていると言われます。
 アスファルトの『照りかえし』…輻射熱の影響で、地面から40cmくらいの高さの気温というのは、格段に高くなるそうなのです。



  正に灯台下暗し(´・ω・`)



 なので。
 夏の暑い日、昼日中に買い物に出て、袋をぶら下げて帰るときには、生鮮食料品や熱に弱いものは袋の上に入れるようにした方がいいと言われています。
 日差しそのもの、気温そのものよりも。
 輻射熱の為に傷んでしまうとも限りませんから。



  …まぁ、それはそれとして。(´・ω・`)



 ちょっと今の体感温度を見てみましょう。
 スマホ様からウィジェットを確認…。
 …。
 体感温度は…33℃…って、し、湿度85%…?
 気温はともかく、なんですかこの湿度85%て…びっくりですよ。
 いやはや。
 これこそ日本の夏の蒸し暑さ、ですかね…;



〒  
(´・ω・`)
(つ〒と)
どうりでツノが湿気てるわけや…。




■今日のニークス

 そういえば、先日の褐色集会でのことですが…。

 現在開催中の『「ファンタシースター感謝祭2017」オンラインイベント』のうち、『アイテムデザインコンテスト』のノミネート作品が発表されているのは、皆さんもご存知かと思います。

あいてむでざいんこんてすと2017(´・ω・`)
                    (C)SEGA

 このノミネート作品に、褐色集会を意識したものがあるのだとか。
 集会によく参加されている方の作品がノミネートされており。
 その方が、この作品のコンセプトについて『褐色キャラに合うかと思って』といった事を言っておられたのですね。

 …そう言えば、今回のコンテストから『ボディペイント部門』が出来たんでしたっけ。

 言われて初めて、気が付いた鈴蘭です。
 いえ、コンテストの部門のあることに…ではなく。
 目の前にしたものに、自分なら何が出来るだろうか、どうするだろうか…そんな、周囲への自身の目配りが無かったことに、です。

 褐色集会の場に居合わせ、同じ光景を目にしていながら。
 ノミネート作品を見て、ようやく『ああ、なるほど…確かに(´・ω・`)』と思ったのですね。

 技術云々も大事ではありますが。
 物をよく見て、考える事が如何に大事であるか。
 それを改めて感じたように思います。

独り言 その壱千壱百五拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 ここ最近、大阪では『ヒアリ』についての報道が目立っていましたが…。
 先週になって、関東に降ろされたコンテナからも『ヒアリ』が発見されたようで、『ヒアリ』関連のニュースがローカルニュースから全国ニュースに格上げされてしまいました

  スマホ様にも速報が入ってたよ(´・ω・`)

 しかし、こうした報道を見ていても、『ヒアリ』の上陸の何が大変なのかがよく分かりません。
 外来種による、日本の生態系バランスへの影響が問題視されているのでしょうか。
 強毒性のアリ…とは聞きますが…そこまでのものなのでしょうか?

 例によって、ちょっとネットでゴソゴソしてみることにした鈴蘭です。



(´・ω・)
( つ■と)
…ほう、『ヒアリ』って英語表現だと『蟻』そのものを指すんか。



(´・ω・)
( つ■と)
亜熱帯から暖温帯の太平洋沿岸地域に生息…。



(´・ω・)
( つ■と)
…む。



(´・ω・)
(つ■と)
…Wikipedia先生に、ヒアリの毒の対処法があるな…。




症状として、軽度のものは痛み・かゆみ、中度になると蕁麻疹、重度になると数分から数十分で息苦しさ・声の枯れ・めまい・激しい動悸などが起こり、進行すると意識を失うこともある。重度の症状の場合は、即時型のアレルギー反応のアナフィラキシーである可能性が高く、放置すると死の危険性がある。
刺された場合、20~30分程度、安静にし、体調の変化がないか注意する[30]。重度の症状が見られるときは、すぐにいちばん近くの病院に行き「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性」を伝える。

                      【Wikipedia:ヒアリ・治療





 …場合によっては死に至る毒、ですか…。
 恐ろしい話ですね…;

 現在、人間が把握している範囲で、地球上には約137万種の生物が存在しているといわれます。
 そんな中で、国際自然保護連合が『本来の生息地域以外の場所に侵入した場合、特に環境への影響が大きい』とする100種の生物…『世界の侵略的外来種ワースト100』という、カテゴリがあるのですが…。
 この『ヒアリ』は、その『最悪の100種』の中の一つなんだそうですね;



  …桑原桑原(((´・ω・`)))



 これから夏に向けて長期休暇に入る人も少なくないでしょう。
 ハチであれば、巣に近付かないようにするなど、ある程度の自衛はできますが…刺されないように、アリに気を付ける…というのは難しそうです。
 ならばせめて、緊急時の対応方法などを心得ておくに越したことはないでしょうね。



  いのちに関わるとあっては…な(´・ω・`)



■今日のニークス

 この週末は第二土曜日。
 例によって、褐色集会の開催日でした。

pso20170708_220522_008.jpg
                   (C)SEGA

 一年ぶりのビーチカフェ。
 このビーチは、時間経過での光源の変化、コテージや砂浜などの場所による表情の違いがあって、イベント事には本当に良い環境だと思います。

 いえ、他の場所も決して悪くは無いのですが…。
 このビーチほど、絵になるポイントが多い場所も無いのではないでしょうか?

 夜景なんかも洒落ていて良いのですけど…ビーチに比べると、変化に乏しいとも感じてしまうんですよね…。
 桜の庭園は、あくまで桜が主役であって、他は添え物…という印象ですし…。

 って、いやいや…そこからどうするかを考えるか否か、でしたね;

 アレがダメこれがダメ。
 そんな批判ばかりでは、見るべきものまで見えなくなってしまいます。
 良いところも悪いところも。
 評価、というものはそうあるべきでしょう。



pso20170708_222328_021.jpg
                   (C)SEGA



 …などと考えつつ。
 気がつけば22時前となっていた褐色集会。
 主催のヴォルフィードさんが所用で中座することとなり…。
 23時に予告されていた、強化大和のマルチ編成を引き継ぐことになった鈴蘭です。

  まじか…(´・ω・`)

 ここ暫くは、自主的にマルチを編成することを控えていたので、手順などさっぱりなんですが…;
 まぁ、強化大和はAIS無双な緊急クエスト。
 頭数さえ揃えれば、それほど問題もないでしょう。

  んでは、参加希望の方は砂浜に。お留守番は橋の上に(σ・ω・)σ

 …そうして分けてみると…意外と参加希望の方が多い…。
 気軽に行けるクエストだから、ということでしょうかね;

pso20170708_225733_030.jpg
                   (C)SEGA

 最初は2マルチで足りるかと思ったのですが…最終的に組んでみれば、3マルチ34人の大所帯に。

  …これだったら、逆にもうちょっと手際良く出来たなぁ(´・ω・)

 最初にざっくりと分けて、細かいところをそれぞれに任せる形にすればよかったかな…。
 砂山を崩すようにしてマルチの編成を進めたので、ちょっと時間がかかってしまいました。
 これは、今回の褐色集会での個人的な反省点ですね…;



 緊急そのものは、参加した方がフリーズで途中脱落するなどのトラブルは有りましたが…おおむね問題なく終了したと思います。



 そして、帰ってきたメンバーで集合写真を一枚。
 (ホントはマルチのメンバーとも撮ればよかったのですが、すっかり忘れてしまっていました…これも反省。)

pso20170709_002846_049.jpg
                   (C)SEGA




 今回も多くの方にお越し頂けました。



 今回の褐色集会の会場が夏のビーチとあって、水着姿の方が多い印象でしたが。
 しかし、こうして改めて見てみると…。
 男女とも、高身長で肉付きの良い人が多いですね。
 あと…水着になったことで分かる、筋肉量の多さ。
 褐色肌の人は、そうした体型を好む傾向にあるんでしょうか?

 次回の褐色集会では、ヴォルフィードさんがファッションショーをやりたいと口にされていたので、この辺りの傾向も見えやすくなるかもですね。
 いえ…それ以上に、華やかなことになるのは間違いないことでしょう。

 今から来月の褐色集会が楽しみです。



 しかし…。



pso20170709_060802_073.jpg
                   (C)SEGA

 渡り廊下で区切られた中央の砂浜を観客席にして、コテージをモデルの控室、渡り廊下をステージに…。
 着るものよりも、会場の設営をどうするか。
 そんなことが先に頭に浮かぶ鈴蘭は、やはり裏方向きな人間のようですね;

独り言 その壱千壱百五拾四

 大きいだけの鈴蘭です。



(;=ω=)
( つ■と)

最近は何かと忙しくて、疲れが取れんのぅ…。




(;=ω=)
( つ■と)

もう日付の感覚も無いわ…。




(;=ω=)
( つ■と)

今日は7月6日か…週末の休みまであと少しやな…。




〒 〒
(´・ω・)
( つ■と)

…って、週末が第二土曜やないか!!?




 …すっかり忘れていたトナカイさん、大慌て。
 Twitterを見れば、ヴォルフィードさんが告知のツィートを流しています。




  …しまった…告知…(´・ω・`)

 最近は、開催の一週間前に前回までに来場してくださった方々にGJコメントで開催告知のDM(ダイレクトメールならぬダイレクトメッセージ)を送っていたのですが…。
 今回ばかりは、開催前日の案内になってしまいますね…。

  ぬぅ…トナカイさん一生の不覚(´・ω・`)

 何回生まれ変わって不覚を取るのか、という話ですが…;
 ともかく。
 気を取り直して、此処でも告知を改めて。



第30回『褐色集会』開催のお知らせ


DEDK-KKVwAAXjpa.jpg
                       (C)SEGA

【開催日時】
 7月8日(土)
 21:00~およそ0時ぐらいまで

【開催場所】ship3 B228 フランカ'sカフェ

【参加条件】
・種族、性別を問わず褐色であること
 褐色か否か判断が難しい場合がありますが、その場合は本人が褐色と言えば褐色キャラであるとします。
・見学も歓迎です。
 褐色キャラでなくとも見学OKとさせて頂きます。
 見学の場合は、オンラインステータスに表示する等して分かりやすくして頂けると有り難いです。
 ただし、集会イベント(集合SS撮影、緊急クエスト等)への参加は見学者の方にはご遠慮頂いております。
・ハッシュタグは「#褐色会」
 撮影したSSにハッシュタグをつけてツイッターにUPする際は「#褐色会」で統一して頂けるとありがたいです。

【注意事項】
・SS撮影は自由、公開は名前非表示で。
 基本的にSS撮影は個人で自由に行ってもらって構いません。しかし、ネット上に公開するものはキャラ名等の頭上表示を消した物をご使用願います。
 ※撮影NGの方はあらかじめフリーワードに「撮影NG」と記入し、できるだけ集団には加わらず見学者として参加して下さい。
・他人のキャラを誹謗中傷しない。
 誰しも我が子は可愛いものです。特にこういった集まりに来られる方は自キャラに愛着を持つ方が多いと思われますのでご注意を。
・緊急クエストが発生した場合は各個人にて判断し行動して下さい。
 できれば集会参加者でクエストに行きたいと思っておりますので、その際はご協力お願い致します。


皆様のご参加、心よりお待ちしております。



  …シップに帰ったら、告知GJ送ろ…(´・ω・)



■今日のニークス

 過日。

  ハス『鈴蘭氏にピッタリのゲームが有る(・ω・)ノ』

  鈴蘭『ほう(´・ω・`)』

 どことなく、既視感を感じるチムチャでの遣り取り。
 勧められたURLをブラウザにコピー&ペーストして、リンク先へジャンプ。



 すると…。







〒 〒
(´・ω・)
( つ x と)

…クマァ…。




 ほんとうに不思議でならないのですが…。
 何故、優れたトナカイさんシュミレーターであるはずのPSO2では、頻繁にクマ関連のポップアップ広告が出るのでしょう…。
 ネット広告というものは、ユーザーの関心が高いと思われるものをチョイスするのではなかったのですか…?

 私の関心の対象は『トナカイさん』であって。
 断じて『クマ』などではないのですよ。
 このように誤った広告が出る機能は、即刻是正されねばなりません。

 大体、この動画のゲーム…リアル路線じゃないですか。
 『クマ』は無論のこと、私は別にリアリティを求めて仮想にいるわけではないのですよ?
 欲しているのは『癒やし』なのです。
 毎日毎日、トナカイさんの一挙手一投足に癒やされたいと願って仮想に来ているのです。

  …そう、甘美なひとときを此処に…(´・ω・`)

 だと言うのに…。
 来る日も来る日も。
 行く先々で。
 事あるごとに。
 
  なぜ、クマ…(´・ω・`)

 悩める日々は終りそうにありません。
 もはや神に縋るより他ないのでしょうか?
 折しも、明日は七夕です。
 こうなったら、七夕の短冊に願いを書いて吊るしましょうかね…。



☆                 
〒 〒
(    )
(  ノシ )


『世界全人類が、トナカイさんで染まりますように』…と。




■コメントのお返事

独り言 その壱千壱百五拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 現在、九州北西部で大雨となっているようです。

 台風一過で嵐も峠を越えたかと思っていたのですが…そうもいかなかったようですね…。
 どうやら、張り出してきた太平洋高気圧の縁に沿って、フィリピン付近にある熱帯低気圧から暖かい湿った空気が大量に送り込まれ、強い前線が形成されたようです。
 折り悪く、この前線は大陸から南下してきた高気圧に抑えつけられ、停滞しています。

 既に福岡では7月の月間総降雨量を1日で超える勢いで雨が降っているのだとか。
 幾つかの川では水位が設計限界を超え、氾濫しているという情報もあります。

 国土交通省では、河川の状態などをリアルタイムでHPで公開しています。

国土交通省HP(´・ω・`)

 河川の氾濫、土砂災害の発生などに関する情報が確認できるので、周辺にお住まいの方は確認しておくといいでしょうね。

 しかし、空梅雨を嘆いていた矢先に、この大雨ですか…。
 乾いた土地に雨が降るのは有り難い事なのですが、こうして一度に降られても困るのですよね…;

 この先、一滴も雨が降らなかったとしても、トータルで見れば平年並みの降雨量。

 …これは、そんな単純な数字だけの問題では無いのです。
 土地がどれだけの水を蓄えられるものなのか。
 その限界は、自ずと決まっているのですから。



 …この『限界』という言葉に、ふと過去の偉人の話を思い出した鈴蘭です。



 以前に何かで紹介したことがあったでしょうか。
 戦国末期から江戸初期の頃の武士に『伊奈 忠次(いな ただつぐ)』という人がいました。

 関東地方に現在も残る『備前渠』『備前堤』といった治水装置の整備を主導した人で。
 伊奈忠次の事業によって、当時の関東の米の生産能力は1.5倍ほどにも高まったと言われます。

 この人は、治水土木に非凡な才能を有していたとされますが。
 その手法は、災害の被害を抑える上で『自然に抗する』のではなく、『自然に逆らわない』という『減災』の概念を取り入れたものでした。
 その考えが形になったものが、埼玉県熊谷市付近にあったとされる『中条堤(ちゅうじょうてい)』です。

 かつて、利根川は大雨の度に氾濫する厄介な川で、治水の難所ともされていました。
 一帯の治水を任された伊奈忠次は、場所を選んで利根川の川幅をわざと狭くし、付近で氾濫が起きやすいようにしたのです。
 これは、一見すると災害を防ぐための治水工事とは真逆の事をしているようにも見えます。
 しかし、そうして狙った場所で溢れさせた水を、近くの低地に誘導して貯めることで、大雨の際に下流へと流れる水の量を減らすことに成功。
 これにより、利根川の下流にある江戸の町は水害から守られ、安定した発展を続けることが出来るようになったのですね。

 堤防を高く、頑丈に作ることで川の流れに対抗しようとしても、相手は自然の力。
 人の力では限界があります。
 自然の力を前にして、人として何処までのことが出来るのか。
 勝てないまでも、負けない方法を。
 ここには、そんな先人の工夫があるように思う鈴蘭です。



 『中条堤』は土木技術が進歩した明治期に改められ、その役目を終えました。

 より頑丈な建材で護岸すれば、川の氾濫は防げる。
 川の周辺の土地を活用できないような非効率的な治水方法は、もう古い。
 …そう考えられたのです。

 結果、日本中でコンクリで固められた堤防が築かれることになったのですが…。

 しかし近年になって、伊奈忠次の治水事業は見直されるようになりました。
 どれだけ頑丈に堤防を作っても、結局は自然の力に人の力は及ばない。
 ならば、起こってしまうであろう氾濫の被害を、どのようにすれば少なく出来るのか。

 試行錯誤の末に辿り着いた答えは、数百年前に伊奈忠次が辿り着いていた場所だったのです。

 最近の治水事業では、堤防付近に設けられた低地を『遊水地』と呼び、洪水への備えとしています。
 堤防から溢れた水を『遊水地』に誘導することで、周辺の住宅街に水が流れ込むまでの時間を稼ぎ、もしもの時の避難を確実に出来るようにする。
 …そんな考えを元にしているのだとか。



 最善の結果が先に立つのではありません。
 残念なことに、どれだけ努力したところで最善の結果に辿り着けないことは少なくないのです。

 良いところだけを認めるのではなく、悪いところも認め。
 そうして自分の限界を知ってこそ、自分に出来ることが見えてくると思います。
 
 勝ちでもなく、負けでもなく。
 最善とは、常にその限られた範囲にあるものではないでしょうか?



  …って、またなんか変な方向に話が行ってしまった…(´・ω・`)スマヌ



 雨の被害はまだ続くかもしれません。
 近隣の皆様が、穏やかな夏を迎えられることを願っています。



■今日のニークス

 七夕がやってきました。

pso20170705_214526_008.jpg
                    (C)SEGA

 …そういえば、ここには笹飾りがあるんでしたね。
 今回も、Twitterで短冊に書くお願い事を募集してたんでしょうか…。
 すっかり忘れてしまっていて、お願い事を書けませんでしたよ…;



〒 〒
(´・ω・`)

…トナカイさん、一生の不覚…。




 過ぎてしまったものは仕方ありません。
 ココは気分を切り替えて、一つ皆さんの短冊を見てみましょ…。



pso20170705_213923_006.jpg




pso20170705_213926_007.jpg
                    (C)SEGA



 

独り言 その壱千壱百五拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

台風3号(´・ω・`)

 台風一過、ですね。

 結局、台風は当初の進路予想から南側にズレて、西日本を縦断する形になりました。
 前々から、気象庁が台風の進路予想に使用しているプログラムには固有の癖があって、実際の進路より北に行く予想を立てたがる…などと言われています。
 どうやら、今回もその癖が出たようですね…;

 この癖、随分前から指摘されていたように思いますが、誰も直すつもりは無いんでしょうか…。
 もしかして、直すべきバグの類ではなく、必然性のある挙動だったり…?

  予報がズレる必然、というのも謎やが(´・ω・`)

 台風の進路に関しては、気象庁だけではなく、米軍も観測データの一部を公開しています。
 気象情報は、各国の軍事機密に該当する重要情報ですが、台風に関しては国の枠組みを越えた大規模災害に繋がる可能性もあるため、国家間での協力体制があるようです。

 それを思えば、気象庁の癖を念頭に置いて、それぞれの機関の予報を見比べ、自分で正解を探してみるのも面白いかもしれませんね。



 しかし、こうして台風、台風と言いますが…。
 私の住む地域が、ほぼ直撃コースだったにも関わらず、私には今ひとつ『台風の日』という実感がありません。

 確かに大阪でも雨が降ったのですが…台風らしい強さをあまり感じず、どちらかと言うと…梅雨らしい静かな雨が降った、穏やかな一日だったような印象があります。
 まぁ…。
 最接近時には夢の世界の住人だった私が言えたことでは無いのですけどね…;

  …皆さんの方はどうやったろうか(´・ω・`)?

 河川の氾濫は、数日の間を置いて発生することも多いですし、今が大丈夫と言っても油断はできません。
 お互いに、これからの水辺に気を付けましょう。



 …ところで。
 台風らしくないと言えば、もう一つ思い出しました。



 今回の台風は名前を『ナンマドル』といい。
 ミクロネシア連邦にある遺跡の名前をとったものなのだとか。
 現地の言葉では『Nan Madol(ナン・マトール)』と発音するようです。
 言葉の意味は、『建物と建物の隙間』。
 …あまり台風とは関係のない名前ですね、これは;

 ただ。

 『建物』と『建物』の隙間ではありませんが。
 『梅雨』と『夏』の隙間にやってきた台風としては、節目に相応しい、非常に『らしい』名前の台風ではなかったでしょうか?
 


  …さぁ、いよいよ夏本番や(´・ω・`)!!



■今日のニークス

 現実では台風一過で夏本番…といったところですが。

pso20170527_230334_009.jpg
                      (C)SEGA

 アークスも、明日のメンテ明けから夏本番。
 雨風緊急が終わり、ビーチ緊急がやって来ます。



 …そうとなれば。
 トナカイさんも、夏に備えて気合いを入れねばなりません。
 夏には夏の装いというものがありますから。



pso20170704_203406_001.jpg
                      (C)SEGA

  …基本は大事(´・ω・`)



pso20170704_203357_000.jpg
                      (C)SEGA

  でも、真夏の日差し対策を考えれば、こっちも捨て難い(´・ω・`)




pso20170704_203415_002.jpg
                      (C)SEGA

  …大人っぽく演出するのもいいか…(´・ω・`)




pso20170704_203423_003.jpg
                      (C)SEGA

  いやいや、敢えてココはリリカルに…(´・ω・`)



〒 〒
(´・ω・`)
(つ鈴と)

…。




〒 〒
(´・ω・`)
(つ鈴と)

ベルの話やで?




〒 〒
(´・ω・`)
(つ鈴と)

毛並みの話と思った人は、全身脱毛の刑ね?




 アークスは、ネクタイ一本あれば後は全裸であろうとも、正装として成立させることのできる人種だと聞きました。
 そのまま三ツ星レストランにだって、スイパラにだって行ってしまえるのがアークスなのだ…と。
 そんなアークスの姿は、一張羅のベル一つでオールシーズンを賄うトナカイさんの目には、とても心強く映r…

  いやいや、普通に捕まるやろ(ヾノ・ω・`)

 …と、思ったのですが…。
 よくよく考えてみれば、アークスの組織内には情報部や作戦部のような部署はあっても、法を司るような部署があるとは聞いたことがありません。
 情報部が内偵じみたことをしていた節はありますが、それが仕事という訳でも無さそうでしたし…。
 そもそもですね?
 どんな格好であれ、一向に気にも留めないアークス職員の感覚が可怪しいとも思うのですよ。
 外見で人を差別しない、見上げたプロ意識…というにも限度があるでしょう。
 アークスの渾身のネタに、クスリともせずに世間話を振る彼らの面の皮はどれだけ厚いのか、と。

  …いや…まさか(´・ω・`)?

 アークスの職員たちには、アークスの姿が見えていない…とか?
 例えば…アークスが着ている服は、フォトンで構成された、フォトンを扱える者にだけ見える特殊な服で。
 フォトンの心得のない一般人には、アークスは本来のベーシックな戦闘服に身を包んでいるように見えている…なんて。

  …いや、まさかやな…HAHAHA(´・ω・`)

 アンデルセンの童話じゃあるまいし、子供に『王様は裸だ!』と言われるまで気が付けないとか…悪い夢ですよ。
 ええ、悪い夢です。



pso20170623_105740_008.jpg
                      (C)SEGA
…夢やんな…(´・ω・`)?



独り言 その壱千壱百五拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。



pso20170630_002648_001.jpg
                      (C)SEGA

 夏、ですねぇ…。



 聞けば、今日は東京の方では酷暑日だったそうですね。
 梅雨入りはいつだろうかと気にかけていたら、いつの間にかすっかり夏になってしまいましたか…。

 酷暑日を迎えながら、『夏はまだか』などとは…我ながら滑稽なことですね;

 ところで、この『酷暑日』という言い方…気象庁が定める気象用語には無い言い回しなのだとか。
 摂氏35℃以上の気温が高い…所謂『ひどく暑い日』は、気象用語で『猛暑日』と言います。
 しかしながら、日常で使われる言葉に『ひどく暑い』ことを指して『猛暑』という表現は、本来はしないそうで。
 このまま使っても、上手く伝わらないのではないかと考えたのが、天気予報を伝えるマスコミ関係者。
 マスコミが日常の言葉に近い表現として、『猛暑』を『酷暑』と置き換えて使ったのが定着して広まった…。
 『酷暑』という言葉には、そんな流れがあるのだそうです。

 まぁ…何れの表現にせよ、暑いのには変わりありませんけどね…;

 日本の暑さは、気温だけで見れば赤道直下の国々より低く。
 日本を知らない海外の方は、日本の暑さを『大したことはない』と言うそうですが…。
 アフリカ(ケニアだったかな?)からの観光客が、実際の日本の夏を体験して『こんな暑さには耐えられない』と漏らした…なんて話があります。

 それもしょうがないかもしれません。
 内陸のそれと違って、日本の暑さは湿度を伴った『蒸し暑さ』ですからね…。

 日本の夏を評して、『熱したゼリーの中にいるよう』と言っていた人もいましたっけ。
 常に肌に纏わりついてくるかのような熱気というのは、温暖湿潤気候の日本ならでは…でしょうね。



  …。(´・ω・`)



 って、日本は温暖湿潤気候…で合ってましたっけ?;
 子供の頃にケッペンの気候分布を習った記憶はあるのですが、何をどう習ったものか、綺麗さっぱり忘れてしまっているんですよね…。

  改めて、そういうのを調べてみるのも面白いか(´・ω・`)?

 最近は、活字というか…知識を得る場所から、トコトン足が遠のいてしまっていますからね;
 ちょっとずつでも、興味を覚えたことを掘り下げて行ければ…とも思うのですが、なかなか…。

 そんな事をしても意味がない。

 …と、物事の入り口に立つ前にそんなふうに考えて。
 何もかもを遠くに置いて、ただ眺めるだけになっている自分がいるのです。



 自分の手の届かないものなど、この世の中には数え切れないほど沢山あります。
 それでも全てを手にしたい、そう願うのはナンセンスでしょうが。
 それなら全てを諦めよう、そう考えるのもナンセンスでしょう。

 手にできるかどうか。

 …それだけが、自分の行動を決める訳でもないのですから。



 そんな事をしても意味がない…そう考える事に意味がない。
 …などと、埒もないことを考えながら。
 熱したゼリーの中を泳ぐようにして、職場に向かった鈴蘭です。

  …そういや、ゼリーってゼラチンよね…熱したら液体に戻らんか…(´・ω・)?



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千壱百五拾

 大きいだけの鈴蘭です。



(´・ω・)
( つ■と)

なんぞ、面白いことは無いかなぁ…。




(´・ω・)
( つ■と)

…。




                トナーン!!
──── 〒 〒 ─√ ̄ ̄
(´・ω・)
( つ■と)

…む。




 ネットを回っていたら、気になる公告を見かけました。

みにどろん(´・ω・`)


 …ふむ。
 小型のドローンですか…。
 サイトを見るに、ところどころの日本語が怪しいですし…もしかすると中国か何処かの商品でしょうかね。

 現在、ドローンの活用方法を求め、日本でも産学官が協力して研究に取り組んでいます。
 世界的にも、その将来性を有望視されて、ベンチャー企業を始めとして、Amazonなどの大企業までもがこぞって開発に乗り出しているそうですが…。
 ドローンの主な生産拠点は、中国にあるそうですね。
 なんでも、たまたま主要部品の工場が中国の一地方に集中していた事から、そこに海外から研究や開発を担う企業が集まってきたとかで…。
 今では、シリコンバレーのような産業都市が出来たとかなんとか。 

 ドローンの形が似通ってるのは、設計上の合理性もさることながら、コストの問題で共有できる部品を使い回してるから…なんて話も聞きましたが、どうなんでしょうね?



  ほぅ…7,000円で買えるんか(´・ω・`)



 機載カメラがあり、リアルタイムに送受信できる機能まで付いてこのお値段とは…。
 なかなか良い商品のようにも見えます。

 …が。

 問題は使い途…ですよね…。



 面白そうな機械です。
 きっと面白く使える筈です。
 …ですが、これを面白く使って良い物か…それが私には分かりません。

 機能的に可能であったとしても、それが社会的に広く認められているとは限りませんからね。
 
 史跡を撮影しようとしたドローンが、当の史跡に衝突して破損させるという事故が度々起こっています。
 最近では、史跡や観光地ではドローンの飛行を禁じているところも増えてきました。

 小さいと言っても、これもドローンには違いありません。
 飛ばしても良い場所、というのは限られると思うのですね。



  感謝祭の会場を上から撮ったら面白そうなんだけどねぇ(´・ω・`)



 …しかし、高いところから落ちたりすれば、人に怪我をさせるかもしれません。
 楽しそうだから…というだけではなく。
 守るべきは守るべき…そう思う鈴蘭です。



  残念だけどね(´・ω・)



■今日のニークス

 クーナ『みんなは一人じゃない…!!』

pso20170701_021159_019.jpg
                          (C)SEGA

 ある日のライブのクライマックス。
 感動的なクーナの語りが入っていますが…。



  …そう訴えるアナタはステージに一人きりよ…(´・ω・`)



pso20170701_021016_018.jpg
                          (C)SEGA



 2度の定期メンテナンスで継続的に負荷対策を施しているのか、初日のライブと比べて随分と快適になったように感じます。
 この日のライブは、テクスチャのバグや読み込みの遅延などもなく。
 『お、すごい(´・ω・`)』と、感心しながらライブに参加していたのですが。
 二曲目が終わりに差し掛かったところで、突然、観客用ステージにいた人たちが…
 
pso20170630_220933_004.jpg
                          (C)SEGA

 …ご覧のように、全員地面に下ろされてしまいました。



一枚目、二枚目のSSをご覧いただくと分かるのですが、ロビーの中央にはライブ中は現れるはずのない、ソニックが現れています。
 二曲目の終り付近で、イベントロビーのデータの読み込みを先行して行っているんでしょうか。
 何らかの理由で、バックグラウンドで動作するはずのソレが、表に出てしまい…。
 ライブ終了の誤ったトリガーが作動して、観客は台に乗ることが出来なくなってしまった。
 よく分かりませんが、偶発的な現象ではないようにも思います。

 …というのも、この日は二回、同じタイミングで地面に下ろされてしまいましたから…;
 再現性があるということは、論理的なエラーではないか…とも見えるのですよね。

 しかし、こうしたトラブルも華と言えば華でしょう。

 こうして、居合わせた人たちとネタにすることが出来たわけですし…。
 これはこれで。



  …ん(´・ω・`)?



  クーナ『みんなは一人じゃない…!!』



  …あ、その言葉…『みんな蹴落としたから!!』って宣言か(´・ω・`)!?