独り言 その壱千壱百四拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は定期メンテナンスの日でした。
 決まって水曜日にパソコン様のヘルスチェックを行っている鈴蘭は、帰宅してすぐにパソコンの電源を入れ。
 アークスシップに乗り込むこと無く、そのまま夢の世界の住人に…。



  …アイシャルトナーン…(´-ω-`)Zzz...



 そして、夢の覚めた…メンテの明けたロビーには…

pso20170621_205330_001.jpg
                      (C)SEGA

 ソニックが帰ってきていました。



  今年も変わらず不敵な笑顔ですね(´・ω・`)



 …って、おや。
 ソニックの足元…。
 見慣れたロビーに、見慣れぬ人影が…。

pso20170621_205043_000.jpg
                      (C)SEGA

 誰かと思ったら、ヤスダスズヒトさんの漫画『夜桜四重奏〜ヨザクラカルテット〜』の登場人物の一人、ヴィクトル・りら・フランケンシュタインが…。

  …あら、コラボ(´・ω・`)?

 ポータブル版の時に、同氏のデザインした衣装が実装され、PSO2にも復刻配信されましたが…。
 こうして氏の漫画のキャラが登場するのは、初ではないでしょうか?

 お話的に此方と彼方の接点…というのが私に見えてこないので、随分と唐突の訪問という印象があります。

 …というよりもですね?

 訪問者はいいのですけど、このロビーだって一応アークスの施設内なんですし…セキュリティとかどうなってるんでしょう…。
 異世界からの訪問者を、いくらなんでも気軽に受け入れすぎではないですかね;

 今日び、一般企業だってセキュリティを厳格化するべき…という風潮があります。
 私の職場も、セキュリティには甘いところがありますが…二つの電子キーと生体認証がないと席に座れない程度には気を遣っています。
 だというのに、宇宙の平和を守る中枢たらんとするアークスがこれでは…。

  そりゃ、A.I.S.もああなるわ(´・ω・`)

 いえ、確かに、ロビーに入るまでにチェックを受けている可能性はあります。
 過去に訪ねてきたガーディアンズのメンバー達は、事前に上層部の許可を得たような事を口にしていますし、此処に来るまでに何らかの手続があったりするんでしょう。
 ただ…。
 今回、りらから最初のクライアントオーダーを受注する際、彼女がパートナーカードをくれるのですが。
 その時、『本物そっくりに良く出来てるだろう?』『ちゃんと同じように機能するぞ』みたいなことを言うんですね。

  …アークスカードって、偽造可能な代物なん…(´・ω・`)?

 …。
 そもそも、アークスカードって、どんな物なんでしょう…?
 作中に、アークスカードがどんな物であるかが分かるシーンってありましたっけ…?
 どこで見たのか覚えていないのですが、キラキラと光り煌くカードが掌で回っている…そんなイメージが有るのですが…。
 何か別なものと混同してますかね、私…?;
 でも、イメージ通りのものであるなら、やっぱりフォトン絡みの存在であるのかもしれません。
 もしかすると…フォトンの扱いに長けた人なら、自分で作ることが出来るようなもの…なのかも?
 ああ、でもでも…それでは200枚しか持てないことの説明がつきませんね。

 …などと、りらを前に独りでブツブツ。
 謎が謎を呼び、止まらなくなってしまいます。
 しかし、一番の謎は…

 『異世界からちょっと来てみた』 → 『ようこそ!』

 …いやいや。
 それが日常なアークスって、謎が多いですわ…。



 まぁ、謎は謎として、謎であるからこそ楽しいのですが。



 それは少し脇に置いて。
 りらのオーダーを進めると、他にもキャラクターが出て来るらしいので…。

pso20170621_210458_005.jpg
                      (C)SEGA

 …久し振りにクエストに赴いたトナカイさんです。



 何気に、こうして目的を持っているときに限って、Eトラがよく起こるような気がします。
 これもマーフィーの法則的なものでしょうか…。
 赤い嵐を求めて砂漠を彷徨った日々が懐かしいですね…。
 こうして簡単に出てくれれば、あの時、あんなに苦労することもなかったでしょうに…:

 起きて欲しいと思うほどに起きにくく。
 起きて欲しくないと思うほどに起きやすい。

 …世の中は、ほんの少し、意地悪に出来ているのです。



― ◆ ―




 先週から開催されていた『バグライブ!』が終わってしまいました。
 運営が、今回のメンテナンスで対応策を講じたようです。

pso20170615_230041_005.jpg
                      (C)SEGA

 [公式] クーナスペシャルライブ中に強制終了する場合がある

2017年6月21日(水)の更新にて、不具合の対策が行われております。
※今後も不具合の発生状況を確認し、不具合が確認された場合は対策を検討してまいります。
皆様にはご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。





 …こうして、熱かった季節が終わりを…。



 …終わりを…。



pso20170617_231107_007.jpg
                     (C)SEGA

 …迎えませんでした。



〒 〒
(ノ・ω・)ノ

アークスの夏はこれからや!!!




 『バグライブ!』Season2の開幕です。



 運営が『対応した』というように、ライブ中に落ちる現象は減ったものと思われるのですが…。
 どうも過負荷への対応が未だに不完全らしく、ライブ中の動作が重いと訴える人がいるようなのです。
 まぁ、個々のPCの環境に完全に対応する…なんてのは現実的には不可能事ですし、ある程度はしょうがないかな…と思うのですが。

 ただ、上の…公式サイトの対応状況リストに『対応完了』の銘を打ったのは、少し不適当かとも思います。
 本文中に『継続して対応を検討』とある以上、きっと、それは起こり得ること…必ず起こることなのです。

 白か黒か、ハッキリとさせねばならない事ではあるのでしょう。
 しかし、尺定規に対応して、白くないものまでをも黒くしてしまうのも、何か違うと思うのですね。

  …かと言って、『謎』と片付けられんしの(´・ω・`)

 でも、それで追いかけ続けられるなら、それも良いのではないか。
 …そんな事を思った鈴蘭です。
スポンサーサイト

独り言 その壱千壱百四拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、公式サイトに慶事の告知が出されました。

 私は生憎と利用する機会が無く、全く無縁に過ごしているのですが。
 ネットカフェでのサービスを積極展開(…なんでしょうか。他のゲームを知らないので、なんとも言い難いのですが…)しているPSO2が、何やら年間ランキングで1位を獲得したのだそうです。



ねかふぇありがとう(´・ω・`)
                       (C)SEGA

  年間1位獲得おめでとう(´・ω・`)!!



 …と、祝う一方で。
 『これが何の1位なのか』が、ふと気になった鈴蘭です。

 公式サイトでは『オンラインゲームタイトル部門 2016年稼働ナンバーワン』と説明がありますが…。
 この『稼働』というのは、時間? 回数? それとも売上?

 パッと思いつくのは、お店に設置されたパソコンでのPSO2の稼働時間の累計…ですが。
 この言葉だけでは、その基準が今ひとつピンときません。

 幸い、公式にあるリンクを辿ると、ランキングを開催しているNEPOCAという団体のサイトに行くことが出来ます。
 開催主であれば、基準について説明があるだろう…と、当のランキングについてザッとサイトを見回してみたのですが…何のランキングなのか、特に説明がありません。
 …というか、セガの言う『稼働ナンバーワン』の冠すら無いのです。



  …はて(・ω・`三´・ω・)?



 何を、どうやって集計してのランキングなのだろう…と、ネットで少しゴソゴソ。
 そうすると、別の団体のランキングが出て来たのですね。

  参考になるかな…(´・ω・`)?

 今回のランキングとは直接関係なくとも、同じ業種の団体が開催するランキングなのですし、何かしら共通点もあるでしょう。
 そう思って、少し調べてみることに。
 すると…こちらでもPSO2が1位だったのですが、ここでは『集計用の端末を用いて稼働時間、起動回数などの統計ログを収集しています』との但し書きが。

 …んー。

 これって、もしかしてファミ通のアワードみたいに、協賛してる会社やグループ内のルールを基準にしたもの…なんでしょうかね。
 いえ、この手のランキングなんてものは、突き詰めれば行き着く所は同じなのですし、頓珍漢な物言いですかね…これは;

 世界的に権威があるとされる『ミシュランガイド』だって、自然界の法則によって星が与えられているわけではなく。
 ミシュランが独自に決めた評価基準に則って、星が与えられています。

 …乱暴な言い方をすれば、ランキングなんて『どこかの誰かの評価』であって。
 ランキングの評価が高いから、自分自身の評価が高くなるものではなく。
 自分自身の評価が高いから、ランキングの評価が高くなるものでもありません。
 自分自身の評価とは、自分自身で決める…絶対的なものであるはずなのですから。

 なので。
 あまり順位などに囚われず。

 『PSO2を入れているお店では、PSO2が大人気です』

 …そうした告知…と、見ればいいと思う鈴蘭です。



  …なにも悪いことはない。おめでとうってコトや(´・ω・`)!!



 評価は気になるものですし、私も評価を気にする口です。
 しかし。
 折角、そうしたものがついて回る現実から離れたというのに、仮想においても同じものを…というのでは。
 楽しめるはずのものも、楽しめなくなってしまいそうです。

 少しくらい、『コレが好き』と、素直になっても良いのではないでしょうか?

 ランキングの1位になったことは、喜ばしいことです。
 ですが。
 仮にランキングの1位ではなくなったとして…。
 その時、私たちの中の何が変わるというのでしょうか?



 …先日の札幌での感謝祭で行われたABTの様子が、YouTubeにて配信されています。
 
   [公式] 6/17「ABT2017」札幌予選準決勝・決勝のYoutube配信について

                             (C)SEGA

 この大会に参加する皆さんは、様々な理由で競技に挑んでいると思います。
 私には到底出来ないことなので、もう…登壇していると言うだけで『スゴイ(´・ω・`)』という気持ちなのですが…。 

 この大会にも、同じことが言えるのではないか…そうも思うのですね。

独り言 その壱千壱百四拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 日清のカップヌードルの新しいCMに、漫画家の窪之内英策さんが原画を担当された、短編アニメが登場しました。



 コンセプトは、『宮崎駿の「魔女の宅急便」のキキが17歳の日本の女子高生だったら』というもので。
 短いながらも、その内容に『あー、なるほど(´・ω・`)』と頷いてしまいました。

 Twitterのハッシュタグ(SNSで、投稿内のタグとして使われるハッシュマーク「#(半角のシャープ)」がついたキーワードのこと。同じハッシュタグが付けられた投稿は、ハッシュタグを検索することで、まとめて閲覧できる。)に『アオハルかよ』とありますが…正にそんな感じですね。



  いやいや…若さじゃのぅ(´=ω=`)



 …しかし。
 キキは良いとして…トンボの方はどうなんでしょうね。
 空を飛ぶことを夢見ていた少年が17歳になって、どのような選択をしたのか。
 このアニメを観て、そこに興味の湧いた鈴蘭です。

 簡単に『空を飛ぶ』と言っても。

 それが簡単にできることではない事が、簡単に分かってしまう世の中です。
 子供の頃とは違って、自分にできる事とできない事の区別がつき始める時期。
 夢は夢でしかない…そう諦めてしまっていないだろうか。

 …そんな心配が浮かんだのです。



 ただ…このアニメCMでは特に語られているようには見えませんでしたが。
 アニメCMの中のトンボは、少年の頃のイメージそのままの『変わってない』という印象を受け。
 今も変わらず、トンボは夢を追い続けているのかな…と。
 なんとなく、安心ができたようにも感じた鈴蘭です。



 …ふと思ったのですが。
 魔女の宅急便は、キキのお話ですけど…。
 トンボを通して見るキキの成長のお話、というのも面白そうですね。

 自分が努力しても到底辿り着けない場所をスタートラインとしている彼女…。
 
 …って、これだとお話が変わっちゃいますかね…(´・ω・`)?
 でも。
 今回の日清のCMから、そういったお話があっても良さそう…などと思ってしまったのですよ。
 蛇足だと思われる方も少なくないかもしれませんが…;



  どちらか一方だけでは、ぼーいみーつがーるにはならんのだし…ね(´・ω・`)



■今日のニークス

 先程の日清のCMはTwitterから知ったものですが。
 Twitterと言えば、今現在、PSO2でもTwitterを利用した新しいキャンペーンが展開しています。

ARツィートキャンペーン(´・ω・`)
                      (C)SEGA

 感謝祭のイベントの一環なんですね、これ。
 AR(拡張現実)アプリを用いた、写真投稿のキャンペーンですか。
 なるほど、なかなか面白い企画と思いますが…。

  うーん…(´・ω・`)

 『感謝祭会場限定』というのが、もどかしくも思えてしまいますね…やっぱり;

 5大都市で開催するとは言っても、その日、その時、その場所に行ける人というのは限られます。
 現実では越えられなかった壁を、仮想の中で越えることで今があるのですし。
 敢えて好んで現実で壁を作ることもないのではないか…とも思えるのです。
 
 …これは、感謝祭の度に言っているような気がしますが。

 ゲーム内のイベントが、クエストである必要はないと思うのですよね。
 純粋に、お祭り…催事であってもいいと思うのです。

 お祭りだから、と言いながら。
 やっていることが普段と同じというのも、味気なくはないでしょうか?

 無理に現実と結びつける必要はありません。
 …ですが、例えば…。
 感謝祭では、直近のEpisodeで使われた原画や、設定画の一部が展示されています。
 これらを、ミュージアム的に展示して見られる環境を、感謝祭開催期間中に設けるとか…。
 そんな『普段と違う何か』が欲しいとも思うのです。

  …メタ的ではあるけどね(´・ω・`)

 お話の世界に、現実の匂いを持ち込むのは野暮にもなるでしょう。
 ただ、だからと言って、アークスにとっての感謝祭がブーストの有無だけ…というのも…。



  むぅ(´・ω・`)



 …何か、いい考えはないものでしょうか…。

独り言 その壱千壱百四拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 先週、今週、来週と、週末は三連休な鈴蘭です。
 折角のお休み。
 何処かに出掛ける…というほどの甲斐性も無く。
 モニターで区切られた狭い世界を見渡す、相も変わらぬ有様です。

  出歩くには良い陽気なんだけどねぇ…(´・ω・)

 …って、そう言えば。
 梅雨時だというのに、良い陽気過ぎますね…。
 最近、どれくらい雨が降ったでしょう?
 改めて考えてみれば…梅雨を感じさせるような『長雨』は、とんと覚えがありません。

 …調べてみると、今年は大陸性高気圧の勢力が強く、梅雨前線が北上できずに沖縄で停滞しているのが原因のようです。



  …今年は空梅雨かぁ(´・ω・`)



 この時期の雨は、それはそれで困りものですが。
 かと言って、季節らしく雨が降らないのも困りもの。

 年々、四国の水不足は深刻にもなっているようですしね…。
 ナベリウスの雨雲を、少し分けてあげたいくらいです;



  アンブラ様、チョット行ってあげて(´・ω・`)?



■今日のニークス

 臥薪嘗胆 がしんしょうたん
  将来の成功を期して苦労に耐えること。
 

 『史記』によると、紀元前6世紀末、呉王闔閭は先年攻撃を受けた復讐として越に侵攻したが敗れて自らも負傷し、まもなくその傷がもとで病死した。
 闔閭は後継者の夫差に「必ず仇を取るように」と言い残し、夫差は「三年以内に必ず」と答えた。夫差はその言葉通り国の軍備を充実させ、自らは薪の上で寝ることの痛みでその屈辱を思い出した(臥薪、この記述は『史記』には存在せず、『十八史略』で付け加わっている)。
 まもなく夫差は越に攻め込み、越王勾践の軍を破った。勾践は部下の進言に従って降伏した。勾践は夫差の馬小屋の番人にされるなど苦労を重ねたが、許されて越に帰国した後も民衆と共に富国強兵に励み、その一方で苦い胆(きも)を嘗(な)めることで屈辱を忘れないようにした(嘗胆)。
 その間、強大化したことに奢った呉王夫差は覇者を目指して各国に盛んに兵を送り込むなどして国力を疲弊させた上、先代の闔閭以来尽くしてきた重臣の伍子胥を処刑するなどした。
 ついに呉に敗れて20年後、越王勾践は満を持して呉に攻め込み、夫差の軍を大破した。
 夫差は降伏しようとしたが、勾践が条件として王への復帰を認めなかったために自殺した。
                  Wikipedia:「臥薪嘗胆」より抜粋





 …苦節ウン年。
 彼女は、この時を待っていたのです。

pso20170615_230041_005.jpg
                     (C)SEGA

 このロビーに再び、『トップアイドル(他称)』として返り咲くのを。



 思えば、新曲のお披露目などいつぶりでしょう。
 アークス業が忙しいのも理解できますが…アイドルを自認しながら、目立った芸能活動をしていないのはどうなのか、と。
 現に、スイパラでバイトしている間に、無名の新人アークスに人気を奪われ。
 気がつけば、『三位さん』どころか『五位さん』になってしまいました。

 その様は、世の中の厳しさを感じさせますが…。
 一方で、移り変わりの激しい『水物』としての彼女の立ち位置を考えれば、十分健闘しているとも言えるかもしれません。

 世の中の流行り廃りに流されることなく、常に一定以上の人気を保っているのですから。

 もっとも…それ以上にも、それ以下にもなれないところが、彼女の不運なのやもしれず。
 だからこその『三位さん』なのでしょう。

 …しかし。

 オラクルの『トップアイドル(自称)』がこれで引き下がるはずはなかったのです。



pso20170617_231107_007.jpg
                     (C)SEGA




〒 〒
(ノ・ω・)ノ

おかえりやで、クーナ嬢!!!







 …そう、彼女は帰ってきました。
 臥薪嘗胆の日々を乗り越え。
 ウェイトレスとしてではなく、アイドルとしてアークスたちの前に帰ってきたのです。

 満を持して、新曲を引っさげて帰ってきたクーナは…。






pso20170617_110716_016.jpg
                     (C)SEGA



 …クーナ…は……。



pso20170617_110654_015.jpg
                     (C)SEGA




〒 〒
(´・ω・`)

…えっ?




〒 〒
(´・ω・`)
…えっと…。




〒 〒
(´・ω・`)
…エガシ…ラ?




 日々の暮らしに追われるバイト生活で、心身を削りきってしまったのでしょうか。
 まさか全身タイツの全力バラエティ路線で来るとは、思ってもみませんでした…。

 年末の年越し特番で、奇声を上げながら芸能人を追いかけ回しそうな風体です。



〒 〒
(´;ω;`)
…苦労したんやねぇ…。




  …という長い前フリはともかく。



 Ep5実装を目前にして、クーナの新曲ががリリース。
 それに合わせ、新しいライブが実装されました。

 しかしながら、あまりのバグの多さから『バグライブ!』だの『ワーナのライブ』と一部のアークスから揶揄されているという体たらく。
 歌自体はクーナらしく、良い出来とも思うのですが…。
 それを加味しても、ライブの出来があまりにも…。

 これでは、内容の論評以前の問題になってしまいます。
 楽しみにしていたアークスにとって、この点は本当に残念と言わざるを得ません。

 …ただ。

 一方で、このライブでは数々の不思議現象を目撃することが出来ます。
 公式には、不具合としてアナウンスがされている現象ですが…。
 普段であれば見ることが出来ない光景が見えることもあり。
 ライブ本来の楽しみ方とは別の楽しみがあったりして、個人的には『何が起こるんだろう』と毎回、開催のアナウンスが流れる度に期待してもいます。

 …修正されてしまえば、見ようと思っても見ることが出来ない、今だけの光景ですからね;

 実際、先の黒クーナも、そのうちの一つで。
 おそらくは、テクスチャの読み込みの遅延…でしょうか。
 同種の現象で、グリッドが見えたり、全身が異常に光り輝いて見えたり…というのは、過去に何度か見たことがあるのですが。
 こうして真っ黒になってしまうパターンは初めて見ましたよ…;



  まじ全身タイツ(´・ω・`)



 私が体験したのは、この黒クーナと、金ピカクーナ。
 あと…ロビー全体で言えば、ライブ中に出現する観客用の足場が消失する現象(見えないだけで存在はする)ケース。
 このときは、読み込みがどうにもならなかったのか、ライブ自体が時間になっても始まらず。
 チャット等は機能していたので、データの送受信は出来ていたようですが…他のプレイヤーキャラクターの行動データが反映されていなかったようで、私の画面内では何のアクションも起こしていなかったんですね。

 そんなわけで…この時のライブは、空中に浮かんだ人たちが、棒立ちになって一点を見つめている…という、かなり異様な光景に。



pso20170616_070546_028.jpg
                     (C)SEGA

  …こいつは魔的だ(´・ω・`)



 この光景に、ある種の感動を覚えつつも。
 そもそもの疑問も浮かんできます。

 これらの現象…事前のチェックで気が付かなかったのでしょうか?



 少し気になって、ライブの前後半の切り替わりのタイミングで、ブロックの様子を確かめたのですが…。

pso20170615_230708_000.jpg
                     (C)SEGA

 ご覧のように、満員だった筈の過密ブロックで、人が半減しています。
 このSSでは確認できませんが、他のブロック過密ブロックも似たような状態でした。

 この有様に、これは緊急メンテナンスも有り得る事案ではないか…そう思った鈴蘭です。

 しかしながら、かつての丸ごとブロックが落ちる事案とは違い、ライブでの過負荷を原因とする、限定的な問題だと運営は判断したのか…。
 公式には『クーナスペシャルライブ中に強制終了する場合がある』という告知を出し、自衛策を取るように呼びかけるに留まりました。

 問題が、ライブ中の過負荷と分かっていても。
 では、それを解消するのにはどうしたら良いのか。
 一点を突けば改善するという問題ではないでしょう。
 ライブ全体。
 いえ…もしかすると、ロビー内でのデータの遣り取り全てを見直して、削れる場所を探す…。
 そんな大掛かりな対策が必要になるかもしれません。

 それを思えば、『今は時間がほしい』という運営の気持ちもわかるのですが…。



 でも、それだったら。



 無理にイベントステージを開催することもないんじゃないかなぁ…とも思うんですよね;



pso20170617_110716_016.jpg
                     (C)SEGA

 …この姿でファンの前に立つのは、クーナとしてもきっと不本意でしょうから。



  ノリノリに見えるけどさ(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千壱百四拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

 6月も半ばに差し掛かりました。
 梅雨もそろそろ。
 …いえ。
 気分的には、もう夏の只中といったところでしょうか?

 夏と言うには早いとお思いかもしれませんが。
 しかし、早いというには、早いかもしれません。
 それが証拠に…。

 いつものように乗り込んだアークスシップでも。
 そこから見える風景には、まるでお祭を前にしたかのような…どこか浮ついた雰囲気を感じますから。

pso20170614_214707_002.jpg
                          (C)SEGA

 メンテ明け、出勤前の三番艦のブロック状況。
 B229だけが突出して伸びています。
 どうも、方方でニコ生の撮影エキストラを募集していたとかで…。
 クーナの新曲にバックダンサー(※全身タイツ着用)を入れよう、と。

 色々と考えますね…;
 アークスらしいといえば、アークスらしくて素晴らしいと思いますが…w
 時間があれば見学もしたかったのですが、あいにくと仕事のために船を後にした鈴蘭です。



 賑やかな船を遠くに、溜め息一つ。
 一方の、私はと言えば…。



〒 〒
(;・ω・)
( つ■と)

…むぅ。




 …えー…っと…。
 新環境のダミーデータを仕立てて、新人教育用のプログラムを組み込んで…。
 そこに個人個人の適応状況を積み上げて、こっちで集めて解析して…。
 報告書の書式はこんな感じでいいか…。
 ああ…その前にそもそものマニュアルが必要なんか…。
 なんでこの時期にマニュアルの一つも無いんや…。
 って、これは旧データベースから資料を引っ張って来ないといかんか…。
 …でもこれ、今の環境と互換性ないやん…。
 仕方ない、これは手打ちで移そう…。
 って…はぁ…新環境の教育担当を私が?
 私ゃ必要があって詳しくなっただけの雑用係で、人に教えるなんざ出来んがな。
 他に人が居ない?
 …本格稼働まで2ヶ月切ってるのに、運用担当の知識持ってる人間が居ないってどうなん…。
 はいはい、片手間で良ければやりますよ…もう。
 …で、次の問題?
 え、こっちの行程、メーカーのサポート対象外だった?
 いやいや、そこ抜けたら頭スッカスカやん。
 なんで今更そんな話が出てくるん。
 ……。
 …そこも私に工夫してくれ?



〒 〒
(;・ω・)
( つ■と)

…。




〒 〒
(´・ω・)
( つ■と)

…えい。




〒 〒
(´・ω・`)
( つ><と)

/グシャァ\




 …いやいや。
 道具をいかに使うかが大事であって。
 こうして道具に当たるのは筋違いでしょうが…。

 人を使って、道具が仕事をする訳ではありませんからね;

  弘法、筆を選ばず(´・ω・`)

 …うん、有名な言葉です。
 でも実は、弘法大師は時の天皇へのアドバイスとして、『書体に合わせて筆は変えるべきですよ』とも言っていたとか。
 この正反対の2つの言葉、どちらが正しいのか…迷ってもしまいそうですね;

 ただ、私なりに考えてみると…。

 『筆を選ばず』と『筆を選べ』という2つの言葉は、全くかけ離れた両極端の言葉ということではなく。
 もしかすると、『弘法、筆を選ばず』とは。
 そう評されるだけの技術を持つからこそ、一つ一つの道具の何たるかを大事にしなければいけない…そんな意味ではないかとも思えるのですね。

 故に逆に。

 そうした大事を知る人であるからこそ、常人と同じ道具を使っても、そこに思いもつかないような工夫を生むのではないかな、と。



 もう、今から半年前のことになりますが。
 昨年末に開催されたSA職人さん達によるお祭り…『シンボルアートフェスティバル(通称:SAF)』が、2ヶ月後の8月下旬に再び開催されます。
 普段からお世話になっているSAを作成された職人さん達による、配布会やミニゲーム、企画モノなどがあり。
 個人的には、数あるユーザーイベントの中でも、とりわけ楽しいイベントなのではないかと思います。

 まだ、開催までには少し間がありますが…。

SAF4 2017
                          (C)SEGA

 『シンボルアートフェスティバル4 2017


 ご覧のように、イベント用のサイトも立ち上げられており、参加予定の職人さんたちの準備状況などが告知されています。
 興味のある方は、今からチェックしておくと良いかもしれませんね。

 ついさっき、Twitterで見かけて記事にしたために、気の利いたことの一つも言えませんが…。
 参加される職人さんたちの作品、楽しみにしております(`・ω・´)ゞ



 皆が等しく、SA製作用の同じ道具を与えられながら。
 職人さんは、あれだけの個性豊かなSAを作り上げるのです。

 …これこそ、『筆を選ばず』ではないでしょうか?



 あと…これは10鯖だったでしょうか。
 全鯖からの参加者を募って忘年会などを企画しているグループが、全武器種を対象とした合宿なるものを企画している、なんて話を聞きました。
 こうして色々なイベントが立ち上がるところを見ると…やっぱり、夏なんだなぁ…と。
 一人、訳が分かるような、分からないような納得の仕方をしている鈴蘭なのでした。

  私も何かやろうかなぁ…(´・ω・`)

 ああ、でも、この仕事とか…;;;;

独り言 その壱千壱百四拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 2017年の今年は『応仁の乱』からちょうど550年めということで、東西両軍の関係者の子孫が集まり、対談するイベントが京都で催されたのだとか。

応仁の乱550年、握手で「和睦」 東西両軍の関係者対談
 10年以上にわたって争乱が繰り広げられた「応仁の乱」が今年で勃発550年を迎えた。西軍大将・山名氏の末裔(まつえい)と東軍大将・細川氏ゆかりの団体代表の2人が5月下旬、戦端が開かれた地、京都市上京区で対談した。秘話や両家のその後についてなど多彩な話題で盛り上がり、約360人が耳を傾けた。(京都新聞)


 …ちょうど550年、という言い方を奇妙に思う方もいらっしゃるかもしれません。
 しかし、仏教の法要…『年忌』の上では命日から50年周期で節目が来るため、550年めは『ちょうど』なんですね。



 550年前の京都。
 戦国時代へと移るきっかけの一つともされる、大規模な内乱…『応仁の乱』が起こりました。
 
 発端は、室町幕府の要職を担ってきた畠山氏と斯波氏の家督争い。
 当初は二つの家の問題でしたが、この収拾に乗り出した周囲を巻き込み、対立が拡大。
 遂には細川氏と山名氏という大名(室町幕府の管領…将軍の次に偉い将軍の補佐役…の地位にあった家)を中心に東西に分かれ、11年に渡って日本中で戦争が繰り広げられたのです。
 
 この内戦の結果、地方を治めていた有力者は疲弊し、幕府の影響力が低下。
 その一方で、内乱での戦力不足を補うために臨時に雇い入れた武装勢力(応仁の乱までは戦争には武士のみが参加するものだったが、それでは戦力が足りず、農民などを武装させ『足軽』として運用した)が影響力を拡大させたのです。

 …こうした社会構造の変化が、戦国時代へと繋がった訳ですが…。



 歴史の岐路となった、その場所で。
 その子孫達が集まり、今を昔と語る。



 …なんというか…。
 感慨深いものがあると思います。

 当時の人達は、明日をも知れない戦乱の中にありました。
 記録では、東西両陣営が激しく衝突した京都北部一帯の被害が特に凄まじく。
 町は内裏を残して焼き払われ、一面廃墟と化したそうです。

 私達が、今のこの光景を彼らに見せることが出来たとしても。
 こんな穏やかな未来が来ることを、当時の人達は、きっと信じられはしなかったでしょう。

 ―別の世界のお話のよう。―

 どれだけ言葉を尽くそうとも、そんな風に受け止められるかもしれませんね。



  …それでも、今と昔は確かに繋がってるんや(´・ω・`)



 先日の感謝祭。
 そのステージイベントの中で、来る新章…Episode.5についての情報が解禁されました。
 褐色集会では、新職『ヒーロー』への期待を口にする方が多かった印象でしたが…。
 皆さんの周りではどうだったでしょうか?



 …これは、人伝に聞いた話なのですが。



 『ヒーロー』実装に合わせ、既存職のバランスを見直すということで、各種の調整が発表されましたが。
 この内容に、懐疑的な見方をしている人が少なくない…と。

 何が、ということまでは聞いてはいません。
 おそらく、それぞれの職で、それぞれの立場で、様々な考えが出されているのでしょうね。
 もし仮に、私がその一つ一つについてのお話を伺ったとしても。
 それらを正確に理解できるほど、私は物事に精通しているわけでもありません。
 きっと、私から気の利いた言葉など出せはしないでしょう。

 …ただ。

 私なりに、調整に関して思うところがないでもありません。



 ゲームの調整など、答えがありそうでないもので。
 単純明快に、皆が納得する形など…あるのかさえも分かりません。
 しかし、分からないからと言って。
 そこで考えることを止めてしまえば、先など望みようがなくなってしまいます。

 現状を変えるためには、とにかく進むしかないのです。

 …とは言え。
 進む先が見えない以上、誰しもが道行きに不安を抱くもの。
 その内容に一喜一憂するのも、仕方のないことと言えるでしょう。

 ただ…不安が過ぎて、気に病むほどのことはないとも思います。
 なぜなら。
 強化だの、弱体化だのと言ったところで。
 その多くは攻撃力の大小を指すものばかり。

 強くなれば、乗り換える。
 弱くなれば、乗り換える。

 …それが出来てしまう程度のものではないでしょうか?



 そんな中に在って。
 『スニークシューター』の調整に、一つの面白さがあると思う鈴蘭です。



 動作の一部に無敵時間を作る。
 …それは、PAに強い弱いだけではない価値を持たせる試みです。

 この方向性を、私は評価したいのです。

 数あるPAは、一つ一つに存在する意味を持つべきで。
 ユニークであるべきだと思うのですね。

 それは、強い弱いを決めるより、調整は遥かに難しくなるでしょうし。
 ユーザーにとって、必ずしも良いことばかりではないかもしれません。
 …ですが。
 そこにユーザーの遊びが生まれるように思いますから。



― ◆ ―




pso20170613_203704_001.jpg
                     (C)SEGA

 もし仮に。
 少し先のPSO2を知る、未来の誰かがやってきて。

  『この先、こんな風になるんだよ』

 …そう教えてくれたとして。



 私は、その言葉を信じることが出来るでしょうか。

独り言 その壱千壱百参拾九

 大きいだけの鈴蘭です。



〒 〒
(´・ω・)
( つ□と)

…むぅ。




 ある穏やかな初夏の午後。
 書き出したメモを手に、唸るトナカイさんが居ました。

 メモを睨んだまま、ひっくり返り、転がり、歩き回り、立ったり座ったり。
 その様子は、なんとも悩ましげ。
 よほど大事なことでも書いてあるのでしょうか?



 果たしてメモの内容はと言うと…。



 【感謝祭・欲しいものリスト】

 ●「ファンタシースター感謝祭2017」公式Tシャツ
  会場販売価格2,600円(税込)
 ●「ファンタシースター感謝祭2017」公式マフラータオル
  会場販売価格2,000円(税込)
 ●「ファンタシースタークラスタ」パーカー
  会場販売価格5,300円(税込)
 ●アークス刺繍キャップ
  会場販売価格2,800円(税込)
 ●『PSO2』クラスピンバッジ
  [ハンター][ファイター][レンジャー][ガンナー]
  [フォース][テクター][ブレイバー][バウンサー]
  [サモナー]
  会場販売価格各800円(税込)
 ●『PSO2』マスコットキャラ布製扇子
  会場販売価格2,000円(税込)
 ●『PSO2』5周年記念 缶バッジ着替えラバーキーホルダー
  会場販売価格1,200円(税込)
 ●『PSO2』ラバーデスクマット
  会場販売価格2,500円(税込)
 ●P-SPEC Vol.5
  会場販売価格2,000円(税込)
 ●P-SPEC Vol.1~3再録本「P-SPEC RE:PRINT vol.1-3」
  会場販売価格2,200円(税込)
 ●SEGASTYLEシルバーペンダント
  「アークススター」レザーコード
  会場販売価格16,000円(税込)
 ●SEGASTYLEシルバーペンダント
  「六芒均衡」レザーコード
  会場販売価格16,000円(税込)



 先日の褐色集会で、感謝祭から帰ったばかりの皆さんから、色々お話を伺う中。
 やはり、午前中最大のイベントである物販の下調べは大事…と、再認識した鈴蘭です。

 今回も始発で行くつもりなので、きっと開場待ちの列の前の方に立てるでしょう。
 (酒井氏のブログでは、徹夜での行列を控えるようアナウンスが出ているので、例年とは少し違ってくるかもですが…。)



 なので…私にとっては。

 『何が買えるか。』

 ではなく。

 『何を買うか。』

 …その選択が大事なのです。



 しかし、思い返せば一年と少し前。
 実は…前回の感謝祭において、この大事を見誤っていた為に、ちょっとしたトラブルがあったのですね。



 前回の感謝祭では、始発でインテックス大阪に到着し、開場待ちの列の50番目前後に並ぶ事が出来ました。
 開場まで5時間あまりを待つことになりますが。
 この位置であれば、物販で『あぶれる』ということもないでしょう。
 私としては、その安心感を得られるのであれば、待ち時間など苦にはなりません。

  果報は寝て待て、やね(´・ω・`)

 ところが、です。
 開場後、物販コーナーに向かう私は、スタッフの人から紙とペンを渡されました。
 物販コーナーでの混乱を避けるためでしょうか。
 購入希望者は、スタッフから渡された注文用紙にチェックを入れ、それを売り子さんに手渡す形で注文することになっていたのです。

 列の前にいた人達は気合が入っている分、選ぶのに時間がかかるようで…。
 なにやらスルスルと順番が進み。



 いつの間にか、私が先頭に。 



(・ω・`三´・ω・)
( つ□と)

あれ!?




お姉さんズ『『お決まりでしたらどうぞ!!』』




(´・ω・`)
( つ□と)

…まだ書けてへんねん。




 …しかし、待ってくれとも言えません。
 後ろを見れば、会場入りした後続の人たちが、物販スペースに列を形成しており…。
 あっという間にニ百人は越えようかという勢いでした。

 折角、五時間も並んで待ったのです。
 あれに飲み込まれて、余計な時間を費やしてしまうのは避けたいところ。
 
 意を決して、にこやかに用紙の提示を求めるお姉さんズを前に、大慌てで用紙に書き込み…。
 そうして、ろくに商品を確認しないまま、買い物を済ませてしまったんですね。

 あのときは、幸いにして間違いも、買い逃しもありませんでしたが…。
 今にして振り返ってみれば。
 もっとよく考えて、別のものを買っても良かったのに…と、思わなくもありません。



 同じ轍は踏むまい。
 そう誓い、書いたのが先のメモなのです。



 物販のメニューは、公式サイトに掲示されています。

ぶっぱん(´・ω・`)!
                            (C)SEGA

 これがあれば、計画を立てるのも容易く…。



 あれこれ足して…。
 クラスピンバッジは…FoとTeのメイン構成だけにして…。
 24,400円…。
 これにシルバーアクセを加えると…。
 56,000円…。




(;・ω・)
〒 ( つ□と) 〒

…むぅ。




 容易いものではありませんでした…;

 記念品とでも言うべきものですし、買えるとき、買いたいときに買うのが正解でしょうが…。
 これ全部は、ちょっと私には…;

 仕方ありません。

 ここは優先順位を決めて、欲しいものを限定しましょう。



 …まず、衣類関係。
 普段から着られるものであれば良いのですが。
 Tシャツはまだしも、パーカーではシーズンが限定されてしまいます。
 買うとすればTシャツでしょうか…。

  でも、着ないんよなぁ…Tシャツ…(´・ω・`)

 …衣類はリストから外しましょう。
 ただ、タオルは使いでがありそうですし、これはチェック。

 ピンバッチは、その気になれば鞄なり服なり、何処にでも着けられるでしょうし、これもチェック。

 キャップに扇子…普段使う習慣がないので、これらは除外。

 ラバーキーホルダー…は、缶バッジと組み合わせるのが前提ですか。
 缶バッジの購入は考えていないので、これも除外。

 見栄えしそうなデスクマットですが…。
 大きさ次第ですかね、これは。
 取り敢えず除外。

 P-SPECは、新刊に…再録本?
 内容的には同じものでしょうが…装丁が違うのが気になります。
 こちらは両方チェック。

 …さて。

 いよいよ本題です。
 東京会場で1番に売り切れたのが、シルバーアクセだったと聞きました。
 確かに、今回のグッズの中で最も取り回しが利きそうなんですよね、コレ。
 普段使いするものを基準にするなら、これこそが満足できるグッズになるのではないか…とも思います。

  …コレは、外せん(´・ω・`)

 デザインは『アークススター』に『六芒均衡』ですか。
 …んー…。
 ……んー。
 この2つって、並び立てるものなのでしょうか…?;
 PSO2を象徴するマークとしては『アークススター』以上のものなど、無いようにも思うのですけど…。

  …私だけ(´・ω・`)?

 いや、ラッピーを象ったものもいいかもしれません。
 ただ、ラッピーはファンタシースターシリーズを通してのマスコットキャラクターであって、PSO2の象徴と言うには、微妙にズレがあるようにも思います。
 他のマスコット的キャラクターというと…アークマに、リリーパ…それに。
 
  トナカイさんは…魂だから…(´・ω・`)

 こうなると、もう私には他にピンとくるものがありません。
 『PSO2の記念品』。
 そのイメージに合致した『アークススター』。
 …うん、これでいいじゃないですか。



 …という訳で。



 【感謝祭・真・欲しいものリスト】

 ●「ファンタシースター感謝祭2017」公式マフラータオル
  会場販売価格2,000円(税込)
 ●『PSO2』クラスピンバッジ
  [フォース][テクター]
  会場販売価格各800円(税込)
 ●『PSO2』5周年記念 缶バッジ着替えラバーキーホルダー
  会場販売価格1,200円(税込)
 ●P-SPEC Vol.5
  会場販売価格2,000円(税込)
 ●P-SPEC Vol.1~3再録本「P-SPEC RE:PRINT vol.1-3」
  会場販売価格2,200円(税込)
 ●SEGASTYLEシルバーペンダント
  「アークススター」レザーコード
  会場販売価格16,000円(税込)

 〆て25,000円也
 


〒 〒
(`・ω・´)
( つ□と)

これで突撃や!!




■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千壱百参拾八

 大きいだけの鈴蘭です。



〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)

買いましたFire HD 8



〒 〒
(´・ω・)
( つ■と)

使い心地がすごくいいですね。



〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)

やりおるわAmazon…。



(´・ω・`)
〒 (つ■と) 〒

トナカイさん脱帽よ。




 正直、タブレットを私の狭い塒で使うことなど考えてもみなかったのですが。
 実際に手にして使ってみると、Amazonの展開する有料会員向けサービスが、なかなかに素晴らしく…。

 すっかり虜になってしまった鈴蘭です。

 端末が届いた、その日のうちにプライム会員登録をしてしまいましたからね;
 こんなことなら、プライム会員になってから端末を購入すればよかったと後悔(プライム会員が端末を購入する場合、会員特別割引が適用される)したものの…全ては後の祭り。
 いまさら後悔したところで、時間は巻き戻ったりしません。

 この結果になったのも、動くべきときに動かなかった自分にこそ原因があります。
 正直、凹んでもいますが…。
 いい勉強をさせてもらった代金とでも思っておきましょう;

 …などと。

 余計な出費を納得させた鈴蘭は、そそくさと趣味の世界へ旅立ち。
 プライム会員向けに配信されている、見放題の映画を漁って過ごす週末と相なりました。



※視聴中※
*・゜゚・*:.。..。.:*・(´・ω・)・*:.。. .。.:*・゜゚・*
( つ■と)

…。




 いやはや…こんなに映画を観たのは久し振りです。
 なんせ、アークスをしている間も…

DSC_0019.jpg
                           (C)SEGA

 トナカイさんの目線は、常に手元にありましたから(´・ω・`)



 この2日間で時代劇や歴史物を中心に…何本観たでしょうか。
 少なくとも、片手で収まる数では無いのは確かです。

 しかし、なるほど。

 こうしたところに個人の趣味が表れますね…。
 電子書籍も、吉川三国志の全巻セットが100円で売っていたので購入しましたし。
 このタブレットを開けば、私が何を好むのかが一目瞭然…。



※ヒラメキ※
(´・ω・)
( つ■と)

…って、ああ、そっか…。




 こうして個人の趣味嗜好のデータを日々蓄積し。
 それを元に、その人が欲しがりそうな物をネットの先々でAmazonが提示する。
 …そういう商売の手管なんでしょうね、これは。

 まぁ…これで私の生活が便利になるのであれば、それはそれで良いこととも思えますが…。
 一方で、それが視野を狭くしていくことになりはしないかが、少し不安ですね;

 興味のあることだけが示される、心地の良い世界。
 その都合の良い世界は。
 きっと、裏に回れば舞台の書割のように、不合理な形で出来ているのでしょう。

 見えないものは無いも同じ。

 それは、ある意味で正しい言葉ではあります。
 ただ…そうした都合の良さは、見えるはずのものを見えなくしてしまう…そんな危うさがあると思います。



 …と、書いていた晩。

 [障害] 6/11 ゲームサーバー接続障害発生のお知らせ

 [メンテナンス]6/11 緊急メンテナンスのお知らせ(6/11 21:30更新)

 …アークスシップに緊急メンテナンスが発生しました。



 そう。
 都合が悪いからと、見えないふりをしたところで。
 ただそれだけでは、現実は何も変わりません。

 見えなくても良い。

 …自分がそう思うことは。
 自分がそう思われること。



■今日のニークス

pso20170611_000649_062.jpg
                         (C)SEGA

 この週末は第二土曜。
 毎月恒例の『褐色集会』が開催されました。

 …そう言えば、スタンダードのフランカ’sカフェも久しぶりですね。

 季節の移り変わりに合わせて変化する店内も良いものですが…。
 懐かしいとさえ感じる、この街並みもまた…良さがあるようにも。

 …具体的に何処が、と言われると困ってしまうのですが;
 もしかすると、これは郷愁とでも呼ぶものに近いのかもしれません。
 会場として利用させて頂くようになって、もう随分と経ちました。
 そう感じるほどに、ここに愛着がある…ということの表れなのかもしれませんね。 



pso20170610_235722_057.jpg
                         (C)SEGA

 さて、集会の方ですが…。
 ご覧のように、今回も多くの方がお越しになられました。
 ただ、今回の褐色集会は感謝祭初日と被っており。
 会場から帰ってきたばかり、という方も少なくなく…。

 話題は専ら、会場で発表となった次期大型アップデートの内容について、だったように思います。
 この辺りについては、考えなしの自分にも多少なりとも思うところがあるので、また改めて。
 この場は集会を中心にさせて頂きましょう。

 今回はニコ生による会場からの中継もあり。
 常の放送と同じく、アンケート緊急クエストが実施され…。

pso20170610_220850_032.jpg
                         (C)SEGA

 ちょっと季節には早い盆踊りの後に、褐色集会の希望者で参加してきました。
 以前、【巨躯】と【敗者】で実施されたように思うのですが。
 今回のアンケート緊急は、恒例のレアドロブーストのボーナスではなく。
 『敵の攻撃力倍加』という強化ボーナスのついたボスに挑戦してみよう、という企画でした。

 この企画の全体的な評判は伺っていないのですが。
 集会的には、こうした企画のほうが合っているようにも思い、機会を得たことを有難くも感じました。

 確かに、レアドロブーストもイベントには違いないのですが…。
 実利的な面が出てくると、どうしても楽しむ以上に考えてしまう部分が出てきてしまうものですから。



 緊急を終えた後は、記念撮影をして…二次会に突入。

pso20170611_035314_079.jpg
                     (C)SEGA

 二次会の常連による駄弁りは、感謝祭のテンションを持ち込んでいたこともあってか…いつもの時間を大きく越えて、午前八時にまで及びました。
 完全夜型の私にとっては、いつものことではありますが。
 そうではないはずの皆さんがそれとは…本当にお元気ですね…;



 今回は、お祭りの雰囲気を十二分に感じさせてくれる褐色集会でした。
 それもこれも、お越し下さった皆さんが居られたからこそ。

 自分から何を話す訳でなくとも。
 その場にいて、雰囲気を楽しみたいと望むのであれば、それだけで十分。

 何故と言って。
 
 そうした一人一人の望みが、皆の集会の形を作るのですから。



 また次回も。
 そう望んで…望まれて。
 また、皆の集会の形ができることを楽しみにしたいと思います。



  (´・ω・`)ノシ



 おまけ
pso20170611_075634_094.jpg
                         (C)SEGA

  今回の寝落ち(σ・ω・)σ

独り言 その壱千壱百参拾七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は定期メンテナンスの日。

 そして、ライア・マルチネス ガーディアンズ総裁の視察期間の終了日でした。
 …といっても。
 PSO2のリリース前に展開していたポータブル版やユニバースに縁のない人には、馴染みのない人…だったでしょうね;

ファンタシースターユニバース10周年記念プロジェクト
                        (C)SEGA


 こうしたキャンペーンを展開しているとはいえ。
 キャンペーンの由来となるものを掘り下げるような『何か』に欠けているアークスですから…。

 個人的には、これを機会に新しく展開させる位のことをしてもいいと思うんですけどね。
 エピソードのアーカイブのように、過去作も読み物的に提供したりして。
 今の形では『知っている人で楽しんでください』という、些か投げやりな印象があり、馴染めないアークスもいるのではないかと思えるのです。

  そんな中、敢えて来た…か(´・ω・`)

 ビーストという種族が存在しないオラクルにやって来た、ビーストの彼女。
 『自分だけが違う』という世界に在って、どんな思いを抱いたのでしょうね。



 …まぁ、これも杞憂でしょう。



 アークスシップには、個性豊かな多様な人が乗り合わせています。
 その様は、現実の縮図…いえ、現実のそれをも超えるでしょう。
 その中に在るからこそ、『一人だけのビースト』というのは、尊重すべき個性の一つとなり。
 私が気に病むような種族差など、些細なものにしてしまうのかもしれません。

 この空気を好もしいと感じてくれたのなら…。
 いえ、好もしいと感じてくれたことでしょう。

 …なので。



  …またおいで(´・ω・`)ノシ



 さて。
 ユニバースやesの面々が立ち去ったロビー。
 そこに、シーが帰ってきました。

pso20170607_205446_000.jpg
                        (C)SEGA

  なんか、こうするのも久し振りやな…(´・ω・`)モッキュモッキュ



 そう言えば、こうして目の前にして気が付いたのですが。
 ここ暫く、キャンペーンと言ってもシーの出番が無かったような…?
 事あるごとに子供たちの危機を訴えてきた彼女の出番が減るのは、ある意味で良いこととも言えるのでしょうが…。
 古参のアークスにとっては、季節毎のお馴染みでもあった彼女の姿が見えなくなったのは、やはり寂しいもの。

 こうして戻ってきてくれたことは、素直に嬉しく思います。


追体験(´・ω・`)
                        (C)SEGA

 今回は、過去のエピソードを振り返るイベントを引っ提げて来たようですね。
 アークスにとって、これはいいイベントではないでしょうか?

 過去のエピソードについて、内容を知ってはいても。
 その時々にアークスの前に立ちはだかった強敵の存在を知る人は、意外に少ないようにも思いますから。

  …強敵が強敵足り得ないのが今じゃしな…(´・ω・`)

 なので、『改めて振り返ってみよう』という趣旨は、個人的には大いに結構なことだと思います。
 ここまで急ぎすぎるくらいに急いできたのです。
 少し足を止めて、歩いてきた道のりを思い返すくらいの事はしても良いのではないでしょうか?



あれ…(´・ω・`)?
                        (C)SEGA

 …って。
 おや、イベントを企画したのはシーなんですね。



  …。(´・ω・`) 



  これ、アークスのVR訓練の一環よね(´・ω・`)?



 …シーって、VR施設を自由にできるような立場にあるんでしょうか。
 てっきり、アークスシップに乗り合わせている一般人だとばかり思っていましたが…。

 そう言えば、私たちにはコールドスリープによる2年間の空白期間がありましたね。
 その間に配置転換的なものでもあって、私の知るシーが、私の知らないシーに成長したのかもしれません。

 子どもたちの世話係ではなく。
 アークスたちの世話係として…。



 …まぁ、私としては。
 もう一つの可能性について期待をかけているのですが…。



 VRを自由にできる点。
 イベントごとに緊急警報を出し、アークスを動員できる点。

  …アレに被りませんか(´・ω`・)?

pso20150629_114621_005.jpg
           (C)SEGA

 このキグルミ…やはり…。

独り言 その壱千壱百参拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 『買うかどうかを迷うのは、欲しい証拠』

 …ええ、そのとおりです。
 この言葉を胸に、随分と長いこと、タブレットを買うかどうかを悩み。
 あれこれと考え考え…。
 気が付けば、何も手にしないまま、時間ばかりが過ぎてしまっていました。



 『Diginnos DG-D10IW3S』…これの購入を考えたのが、去年の10月の事だったんですね。
 あれからもう半年以上も過ぎていたとは…;



d10iw2_bench.jpg
          Copyright © Dospara Co., Ltd. All rights reserved.

  これか…(・ω・`)?


じーぴーでー(´・ω・`)

  いやいや、GPDが良いか(´・ω・)?



pso20160622_095110_014.jpg

  いやいやいやいや、ここは…(´・ω・`)!!



 過ぎた時間の長さに愕然としつつも、更に深く悩むトナカイさん。
 …しかし、それも今日で終わりです。



  …コレや(´・ω・`)!!



ふぁいあー(´・ω・`)!!

 通販大手のAmazonが提供しているタブレット、『Fire HD8』の購入を決めました。

 …実のところ、トナカイさんはAmazonのプライム会員ではないので、メリット的にはどうなんだろうか…という疑問もあるのですが。
 ヘビーなようでライトな私の事。
 いきなり高性能のものを買っても、持て余してしまうと思うのですね。

 当初は何処でもPSO2が出来たらいいよね、と思ってもいたのですが。
 では実際に、どれだけ外で出来る時間があるのか。
 それを改めて考えると、それだけの性能を備えたところで、無駄になる可能性が高いのです。

 ならば、最初に立ち返り、電子書籍を楽しむに十分なものはどれか。
 それを第一に考えよう…そう思ったのです。

 出先でのネットの巡回は、スマホ様で事足ります。
 敢えてタブレットを必要とすることはありません。
 それを思えば、通信機能は必要最低限でも良いでしょう。

 出先でゲームを…というのも同様で。
 PSO2が出来るようになるのは魅力的ではありますが。
 本を読み、ゲームをして、ネットを巡り…。
 そんな時間を出先で持てるほど、贅沢な暮らしをしているわけでもありません。
 タブレットにゲーム機としての機能までをも求めるのは、望みすぎというものでしょう。

 …それに、先日買ったSwitchのこともありますしね。

 無論、出来ることに違いはありますが。
 これで足りないとなったとき、また改めて考えることにしましょう。



 足りない足りないばかりでは、際限などなくなってしまいます。
 望む全てを手に入れることが大事なのではなく。
 手にしたものの価値を見出すことが大事なのだと思う鈴蘭なのですから。



■告

 今月も、褐色集会の開催日が近付いて来ました。

 言われて気が付いたのですが…。
 今週の土曜日って、『ファンタシースター感謝祭』の初日だったんですね。
 また、エライ日と重なったものです;

 もしかすると、今回は感謝祭の帰り…という方の参加も少なくないかもしれませんし。
 今回も、会場で面白いお話が伺えるかもしれません。



  …うぬ。楽しみである(´・ω・`)



 以下は例によって、主催者のヴォルフィードさんによる案内の写しとなります。
 ご興味をお持ちになって下さった方のお越しを、心よりお待ちしております(´・ω・`)b



第…あれ、何回でしたっけ(´・ω・`)?
『褐色集会』開催のお知らせ

【開催日時】
 6月10日(土)
 21:00~およそ0時ぐらいまで

【開催場所】ship3 B228 フランカ'sカフェ

【参加条件】
・種族、性別を問わず褐色であること
 褐色か否か判断が難しい場合がありますが、その場合は本人が褐色と言えば褐色キャラであるとします。
・見学も歓迎です。
 褐色キャラでなくとも見学OKとさせて頂きます。
 見学の場合は、オンラインステータスに表示する等して分かりやすくして頂けると有り難いです。
 ただし、集会イベント(集合SS撮影、緊急クエスト等)への参加は見学者の方にはご遠慮頂いております。
・ハッシュタグは「#褐色会」
 撮影したSSにハッシュタグをつけてツイッターにUPする際は「#褐色会」で統一して頂けるとありがたいです。

【注意事項】
・SS撮影は自由、公開は名前非表示で。
 基本的にSS撮影は個人で自由に行ってもらって構いません。しかし、ネット上に公開するものはキャラ名等の頭上表示を消した物をご使用願います。
 ※撮影NGの方はあらかじめフリーワードに「撮影NG」と記入し、できるだけ集団には加わらず見学者として参加して下さい。
・他人のキャラを誹謗中傷しない。
 誰しも我が子は可愛いものです。特にこういった集まりに来られる方は自キャラに愛着を持つ方が多いと思われますのでご注意を。
・緊急クエストが発生した場合は各個人にて判断し行動して下さい。
 できれば集会参加者でクエストに行きたいと思っておりますので、その際はご協力お願い致します。


皆様のご参加、心よりお待ちしております。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千壱百参拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日の大阪は、夏を思わせる強い陽射しが照りつける、暑い一日でした。



  いやいや…これ、もう夏やろ…(((;・ω・)



 その陽気に辟易しながら、外の用事を済ませた鈴蘭です。
 こうした日は、塒の奥深くに引き篭もって、外界の様子を遠くに眺めて楽しむのが私の『らしさ』なのですが…。
 あいにく、今日の用事は外せないもので。
 気分が乗らない、外に出たくない、では済まなかったのです。

 …しかし、いざ外に出てみれば、用事そのものは呆気ない程に直ぐに終わってしまい。
 わざわざ外に出たこと自体が勿体無く思えてきてしまう始末。



  …むむぅ(´・ω・`)



 ここは、せっかく暑い思いをして外に出てきたのですし。
 何か御土産の一つも持って帰ろう…そう考えました。

 そこでふと、つい先日ブログのネタにした『カール』の『うすあじ』を思い浮かべ。
 久しぶりに食べるのもいいかもしれない…と。
 塒への道すがら、近くのコンビニに立ち寄った鈴蘭です。



 …しかし。



  …無い(・ω・`三´・ω・)



 店内のスナック菓子の並んだ棚には、『カール』が置いてあったと思しき空間こそあるのですが、求める姿は其処に無く。
 ポッカリと空いたソコに、欲しいものを手に入れられなかった、私のやるせなさが見えてくるようです。

 …こうなってくると不思議なもので。
 『ついで』に買いに来たつもりが、『どうしても』買いたいという気持ちになってくるのです。

 こういうのも、負けず嫌いというのでしょうか?;
 
 ここで空っぽの棚を見つめていても、欲しいものは手に入りません。
 幸い、この近所には駄菓子を扱うコンビニや商店が幾つもあります。
 これらを回れば、きっと見付かるハズ…。 



 …しかし。



  …無い(・ω・`三´・ω・)



 幾つかの店を回りましたが…綺麗さっぱり売り切れており。
 『同じように買いに来た人がいたのかなぁ…』と、諦めの溜め息一つ。

 結局、一つも手にすることができないまま、塒に帰ることになりました。

 明治製菓の説明では、西日本での販売は今後も続くという話でしたが…。
 東日本での販売終了を受けて、駆け込み需要的に売れているんでしょうかね…?;

 欲しいという人に行き渡っていると良いのですが…はてさて。



― ◆ ―




pso20170605_210107_000.jpg
                   (C)SEGA

 欲しいけれど手が届かない。

 それは、悔しい思いをすることでしょう。
 …ですが。
 結果が伴わなければ、全てが無意味というわけでもありません。
 その結果が伴わなくとも、その過程を楽しみとすることも出来るはずです。

 出来るからこそ。

 その楽しみを、人は『やりがい』などとも呼ぶのではないでしょうか?



 そもそも、人は望んで『楽しむ』もので。
 人から望まれて『楽しむ』ものではないと思う鈴蘭です。

 人が望むものを与えるばかりが、良いとは限らない。
 やがて、それに人が慣れてしまえば。
 人は『楽しみ』とは何かも忘れてしまうでしょうから。

独り言 その壱千壱百参拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 週末。
 大雨に降られ、濡れ鼠になりながら職場にたどり着いた鈴蘭でしたが…。
 こういうイベントが一日の始まりにあると、どうにも気分が滅入ってしまいます。
 何故といって…。
 エアコンで冷やされた濡れた服の裾が肌に触れる度、私の仕事の意欲を削いでいくようで。
 加えて、靴も濡れ、靴下にまで水が染みて…。



  …くっ…乾くまでの辛抱や…(´;ω;`)



 濡れた服の鬱陶しさに悩まされた、どうにも散々な日でしたが。
 身体を冷やして、風邪を引くような事にならなかったのは、不幸中の幸い。
 週末の休みを風邪で寝込んで過ごす…というのは、切ないものがありますから。



  …やれやれや…(((´・ω・)=3



 穏やかに晴れた朝。
 いつもより疲れた心を引き摺って歩くように、家路につきました。
 いつもはどれだけ空いていようとも、電車には立って乗っている私ですが。
 今日ばかりは、どうにもならず。
 乗り込んだ電車のシートに腰掛け、ボンヤリと外を眺め…。

 電車の外を流れる風景の中に、ドン・キホーテの看板があるのに気付きました。



  …そう言えば、コラボっていつからだっけ(・ω・`)?



 公式サイトの確認は、申し訳程度にしかしていない鈴蘭です。
 コラボのあるを知ってはいても。
 それがいつから始まるものかを知りませんでした。

どんき(´・ω・`)
                          (C)SEGA

 ネットで調べてみれば直ぐ分かる事ですが。
 折角なのです。
 実際に店に行ってみようと思い立ちました。



  いざいざ…!!(((ノ・ω・)ノ



 何度か訪れてはいるものの…。
 生鮮食料品、駄菓子、生活雑貨、文房具、おもちゃ、衣類、貴金属、化粧品、医薬品、家電、家具、レジャー用品 etc...
 雑多なもので溢れかえった店内。
 …そう。
 『溢れかえった』という表現がピッタリな店…ですね、何度見ても;

 見上げるほどに高く積み上げられた商品の山。
 人とすれ違うのも難しいほどに詰め込まれた棚の林。
 この光景に、ディスプレイとは何ぞや、と自問してしまいます。

 …とは言え。

 ちゃんと消防法はクリアしていると思いますし…私の表現は多少オーバーかもしれません。
 しかし、全体的な印象としては間違っていないと思います。



 取り敢えず、衣料品を扱っているエリアへ向かった鈴蘭ですが…。



  …ここで探せと言ってもなぁ…(・ω・`三´・ω・)



 物が多い上に、アチコチにポップが立っているので、一見して何処に何があるのか分かりません。
 この中にPSO2のポップがあったとして…私に見つけられるでしょうか…?;
 半ば途方に暮れつつ、店内をフラフラ。



  …って、お…(´・ω・`)?


 …ありました。
 公式のイラストと同じ、クーナのイラストが入った幅20cm、高さ1mくらいの短冊型のポップが。
 通路の脇、棚の影になる位置に張ってあったので、逆方向から歩いていたら気が付かなかったことでしょうね、これは;
 偶然とは言え、見つけられて一安心です。
 あるいは、こうして見つけられたのも天佑であったり…?

 …などと都合のいいことを考えつつ、天上のトナカイに感謝を捧げ。
 改めてポップを見ると、『6月9日販売開始』とありました。
 店に来るには少し早すぎたようですが、このポップがあるということは、この日に来ればグッズが手に入れられるかもしれないということ。
 …あくまで『かもしれない』です。
 アークスはそこまで甘くない、というのは重々承知していますからね;

 ひとまず今日のところは、場所を確認できただけで良しとしましょう。



  決戦は金曜日や(´・ω・`)!!!



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千壱百参拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近、仕事が忙しい…というか、悩ましい状態でして…。

 二ヶ月ほど前のこと。
 仕事に関する計画書めいたものを渡され、意見を求められたのですが。
 そこに書かれていた内容は、現場の感覚とは懸け離れたもので、到底実現できそうにないものでした。

 現場の負担を増やせば可能な数字ではあります。
 …が、これを実現すれば、現在の作業品質を維持する為の余裕が無くなってしまい、何かの時の備えが全くできなくなってしまいます。
 遅滞なく、常に100%で稼働し続ける事を前提にした長期計画など…楽観に過ぎるシロモノです。

  …いやいや、これ無理やろ(ノシ・ω・`)

 そう言って、仕様の見直しを上申したのですが…。
 二ヶ月経った今。
 当時の仕様そのままの仕事が回ってこようとしています。

 どうやら上は、無理を通せば道理が引っ込むと踏んだようです。



  …なんたることか…(´・ω・`)



 そんな感じなので、塒でも仕事のアレコレを考え続けており、今ひとつアークス業にも身が入りません。
 ご存知のように、ブログの更新も滞りがち。
 これも慎ましい生活を守るためと思えば、仕方のないことではありますが…。

 今日も今日とて、アークスシップに鳴り響く緊急警報を余所に、仕事の準備を…。


 
(´・ω・)=3
やれやれ…。
    < …


〒 ζ
(´・ω・)
…む、寝癖か。
    < ザー



〒 〒
(ノシ・ω・)ノシ
…身だしなみは大事。
    < ザーッ!!!!



〒 〒 〒 〒
(・ω・`三´・ω・)
って、何事!?




  現在、大阪はリアル雨風緊急です(´・ω・`)



 俄に降り出した大雨。
 いつものように、ブログの記事を打ち込むべく、駅のホームでスマホ様を開いたのですが…。
 激しい雷を伴った横殴りの強い雨に、ホームの屋根が全く用をなしておらず。
 絶え間なく打ち付ける雨に、アッという間に画面がビチャビチャに…。

  これは流石にコレは…(´・ω・`)

 いや、まさに緊急事態です;
 突然の雨で、JRの深夜のダイヤは乱れに乱れ。
 和歌山方面から通勤しているヒトの中には、途中で電車が無くなってしまった人も出るほどでした。
 ここでアークスであれば、難儀している市民は脇に置いて。
 『この雨風には原因があるんだ!』と、人知れず超常の存在の討伐に向かうのでしょう。

  …頑張れアークス。(´・ω・`)

 …と、エールを送りつつも、そんなアークスに少し引っかかることが。
 天体規模の宇宙船を地球近傍に貼り付けておきながら、やってる事のスケールが非常に『せせこましい』とも感じてしまうのは、私の気のせいでしょうか…?;

 最後には意志の力が物を言う…という世界ですし、意志の力を具現化出来なければ、どんな大型兵器でも意味を成さないのは分かるのですが。
 何をするにも白兵戦で片を付ける、というのは…技術の進歩の果てにある姿、と言うには疑問を感じるのです。

 AISを見るに、フォトンを用いた大型兵器を扱うには限界がある…という見方もできそうですが。
 【終焉】の最後に登場した大型フォトン砲のように、複数人が同期させて(?)使用する大型兵器だって登場しています。
 しかし、それもつい最近のこと。
 もうどれだけ長い時間、アークスがダーカーと戦い続けているのか分かりませんが。
 フォトンを使った戦闘のプロ…という割に、肝心のフォトンの技術の進歩が遅いようにも見受けられるのですね。

 なんというか…宇宙の危機に立ち向かう為と言いつつも。
 巨大な船を作る技術とのバランスを欠いているような、そんな印象があるのです。

 …まぁ。

 船の大きさに目が眩んで、私自身がバランスを欠いてしまっているのかもしれませんが…;



  …っと、雨が止んだか(´・ω・)



 アークスが原因を突き止めたのでしょうかね。

 そういえば…。
 最初の頃の雨風緊急は、アンブラ様が原因で異常気象が発生している…というノリだったと思うのですが。
 肝心のアンブラ様の扱いが、年々酷くなり。
 今年は、エネミーギフトのスイッチ程度の存在になってしまいました。

  アンブラ様って、なんだったんだろうね…(´・ω・`)

 謎は謎のまま。
 …それもなんだか勿体無い話です。

 現実にこの雨を降らせていたのがアンブラ様なら。
 殴り殴られという前に。
 一度お目にかかって、話を聞いてみたいものですが…w

独り言 その壱千壱百参拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 アークスシップが梅雨に入って一週間が過ぎました。

pso20170527_230334_009.jpg
                        (C)SEGA

 皆さんは、如何お過ごしでしょうか?



 人というものは、『慣れる』生き物だと言われます。

 生き物であれば、環境に適応する『慣れる』能力を自然と持っているものですが。
 動物のそれは、自身を変化させるものであり。
 人のそれは、自身の置かれた環境に合わせ、あらゆるものを変化させるもの。
 両者の『慣れる』という在り方には、違いがあります。

 寒ければ服を纏い、火を用いて暖をとり。
 暑ければ服を脱ぎ、水を用いて涼を求める。

 それは人にとって当たり前の事ですが。
 おそらく動物では、思いもしないことでしょう。

 火が暖かい。
 水が冷たい。

 それらの現象を理解できても。
 それらをどのように『使う』のか、までは考えられない。
 工夫。
 それが、動物と人間とを分ける境界なのだ…とも言われます。



 …しかし、それも程度の差でしかないと思う鈴蘭です。



 人は動物とは違う。
 そう曰う人も、結局のところ…動物のそれより、ほんの少し広い範囲を理解しているだけで。
 自然の大きな力を前にしては、そんな動物と人の違いなど問題にならないのではないでしょうか? 

 乾いた土地に雨が降れば恵みと喜び。
 潤った土地に雨が続けば災難と嫌う。

 この雨の中、人にできることと言えば、その程度でしょう。
 


 …でも、だからと言って。
 工夫をやめるつもりにもなれません。

 大きな存在の前には、『その程度』のものであっても。
 それが私にとっての楽しみ、なのですから。