独り言 その壱千壱百弐拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日の大阪は、終日小雨が降り続いていたようで。
 出勤の時。
 玄関のドアを開けた瞬間、外に龍が口を開けて待ち構えていたのかと錯覚するほどの、生温かい空気が流れてきました。

 最近は暑い日が続いていましたが、こうした水の気配を色濃く感じる、生温かい風が吹くことはなく。
 暑い暑いと言っても、何処か芯の抜けたような…なりきれていない雰囲気がありました。

 しかし、それもここまで。

 これこそ夏に感じる空気でしょう。
 …思えば、あと数日で6月。
 ようやく巡り来るべき季節がやって来た訳ですね。



pso20170524_222245_000.jpg
                       (C)SEGA

 今日は定期メンテナンスの日。
 そして、そのメンテが明けると共に、アークスシップにも梅雨がやってきました。

 …果たして、この雨が慈雨となるのか、災いを呼ぶ嵐となるのか。

 明日からは三連休の鈴蘭です。
 折角の機会。
 森に降りしきる雨の向こうに、虹の橋の架かる様を求めるのも良いかもしれません。
 
 雨そのものは憂鬱なものかもしれませんが。
 雨だからこその楽しみも、あるのでしょうから。
スポンサーサイト

独り言 その壱千壱百弐拾七

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日もブログの更新が遅れてしまいました。
 加筆したのが、つい先程の20時過ぎという…。



  いかんなコレは…(´・ω・`)



 どうにも最近は、仕事が終わってから何かをしようという気力に乏しく…。
 仕事が終わり、塒に帰り着いて。
 入浴して、着替えを済ませ、食事を摂り。
 さて、PC様の電源を入れ…たところでやって来る眠気に身を委ね、そのまま…という流れが出来つつあります。

 このような状況なので、アークス業も推して知るべし。
 特にPSO2のようなアクションゲームだと、寝転がって片手でダラダラ…という訳にもいきません。
 いえ、出来る方もいらっしゃるのでしょうが、少なくとも私には出来るような器用さはありません。
 その点では、クリックゲームなどと揶揄されるゲームの方が、こうしたときには気軽さで勝っていると言えるでしょう。



 グランブルーファンタジーは、ちょくちょくやってるんやが…その辺もあってのことなんかなぁ(´・ω・`)



 思えばもう、始めて3ヶ月くらいになったでしょうか?
 そろそろ初心者から中級者へと変わろうか…という時期に来ています。
 『小気味よく強くなるのが楽しい』という時期から『どのようにして強くするかを考える』へ…そんな時期です。

 この時期を指して『壁』とも言われます。

 これは、グランブルーファンタジーに限ったことではなく、似たような『壁』はPSO2にもあります。
 そして、PSO2が抱える『壁』を前にした問題を、グランブルーファンタジーにも感じた鈴蘭です。

 両者の問題への取り組み方の違い…というのは、正直なところよく分かりません。
 あるようにも見えますが、全く無いようにも見えますから。

 或いはもしかすれば、両者に差など無く。
 グランブルーファンタジーのそれがPSO2のものに比べて意識しにくいのは、プレイヤー人口の規模の差と、それによる層の偏りの度合いの差…その程度であるのかもしれません。

 聞くところによれば、こうした問題の解決は難しく。
 これという事後対策は存在しないとも言われているとか。

 それは、現実の社会における問題の多くも同様で。
 前に進み続けている間はそれと分からないもの。
 根本の解決…という訳ではありませんが。
 その進みが遅くならないよう、事前の働きかけが大事なのかもしれません。 

 それを思えば、PSO2のコンテンツの更新速度が『はやい』のにも、それなりの理由があるから…とも見えます。
 


  …忙しないと感じるのは、私の性格故よな(´・ω・`)



 あちらが良い結果を出したから、こちらも。
 こちらが良い結果を出したから、あちらも。

 …それでは答えには辿り着けないかもしれません。
 あちらにも、こちらにも。
 それぞれが、それぞれに、『らしく』あるための形があり。
 それぞれが、それぞれに、『らしく』あるための方法が違うのですから。



 …そう。



くーるびず…(´・ω・`)
                       (C)SEGA

 シロクマが『クールビズ』と称して半袖にノーネクタイだからと言って、トナカイさんが真似ることはないのだよ(´・ω・`)



 戦え、夏の暑さと(´・ω・`)!!



 クールビズは『夏毛』だろ(´・ω・`)?!



 …未だ服を着ることを許されないトナカイさんへの挑戦…。
 いえ、これはクマはクマらしく。
 トナカイさんはトナカイさんらしくということなのでしょう…(´・ω・`)グヌヌ

独り言 その壱千壱百弐拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 いやはや…。
 連日、暑い日が続いています。
 特に…ウチのアパートは、日当たりが良いので室温が高くなりがち。
 それだというのに、近くに高速道路がある為に窓を開けるのが難しいという…。

 エアコン様が無いと、蒸し風呂状態やねん(´・ω・`)

 以前、寝ている間の涼を求めて、しばらく窓を開けてみたのですが。
 程なくして喉をやられてしまいました。
 もう、山育ちのトナカイさんには、都会で窓を開けっ放しにするのは無理だと悟ったのですよ。

 排ガスなんかの臭いは無いのですけど、車が多い分、やっぱり山に比べて埃っぽくはなりますしね…。



 なので。



 都会暮らしのトナカイさんとしては…。

pso20170522_212027_000.jpg
                         (C)SEGA

 こうして、涼を求めていきたいところなのですよ。



〒 〒
(´・ω・`)
ーーーーーーーーー

やっぱり夏の行水は最高じゃな!!




 …ところで。
 この噴水ですが…。
 私などが『噴水』と聞くと、このSSにあるような『町中の開けた場所に設置された、水を噴き上げる造形物』をイメージします。
 ただ、聞くところによると。
 『噴水』という言葉、海外では『人工物に限らず、水の湧き出す場所』を指すそうです。
 英語の『fountain』だと、確かに私のイメージする『噴水』の意味もありますが…水道の蛇口、公園の水飲み場、天然の泉なども意味に含まれます。
 私にとって、『公園の水飲み場の水道』を『噴水』とは言いません。

 なぜ、このような言葉の違いが出来たのか、少し不思議に思ったので、すこし調べてみました。

 どうも、日本においては奈良時代から高低差を利用した噴水は存在したようですが。
 私のイメーシする水を噴き上げる『噴水』…これを詳しく言うと『装飾噴水』というそうですが…は、江戸時代末期に作られた兼六園が最初なのだとか。
 こうしたものは、西洋から伝わって形になったようで…。
 その為か、西洋から伝わった『噴水』の中の一つを、日本では『噴水』の全てとして認識してしまっている…そんな風に見えるのです。

 …面白いものですね、本当に。

 同じものを違うと言い。
 違うものを同じと言う。

 同じものを見ているといっても。
 違う文化の、違う人間が見ているのです。
 何が同じなのかすらも分からないのが当たり前。
 分かっていたハズなのに、言葉として既にあるから…と、私の中で当たり前になってしまっていたというのは。
 

独り言 その壱千壱百弐拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 アニメ映画監督の宮﨑駿さんが、現場から退くことを決めて、もう4年ほどになります。
 …と言っても、それまでにも何度か『もう辞める』と宣言しては現場復帰しており。
 4年前のその当時も、真に受ける人より『ホントに(´・ω・`)?』という受け止め方をしている人が多かったように思います。

 …そして、二度ある事は…とは言いますが…。


 
 宮崎駿監督“再始動”! 新作の長編を製作中、鈴木敏夫氏「心を鬼にして『面白い』といいました」

  〒 〒    
■_(・ω・_)⌒[布団]

…デスヨネ。




 以前に、ある職人さんを追ったドキュメンタリーを見た時のこと。
 その年老いた職人さんが、『作業の度に身体のアチコチが痛むのが辛くて仕方がない』と漏らしていたのですね。
 もう思うように身体が動かず、集中も続かない。
 こんなことでは話にならないと嘆き、仕事を辞めたいと考えることもあるようですが。
 ふと『こんな風にしたら面白いんじゃ?』と思い付いてしまうと、どうにも手を動かさずにはいられなくなってしまうのだそうです。

 『面白がって色々なことに挑戦する、それが職人ってものだろうさ』

 その年老いた職人さんは、そう仰っていました。
 人は、理想を失った時に老いる…まさに、サミエル・ウルマンの詩のそれと同じ。
 …そして、この言葉は宮崎駿さんの引退と復帰…そこにも繋がるものがあるのではないでしょうか?



感謝祭おんらいん(´・ω・`)
                       (C)SEGA

 今年もまた、感謝祭の季節がやってきます。
 それに合わせ【オンラインイベント】と銘打ち、各種アイテム、武器迷彩、コスチュームのデザインコンテストが催されます。

 私の所属するチームでは、ミウさんが何やら久しぶりに絵を描き始めているとか。

 キッカケはなんでもいいのです。
 そこに楽しみを見出し、興味を持ち、その先に在る筈のものを自分から欲するのであれば。
 やりたいと思った時こそが好機であり。
 やりたいと思えるのであれば、取り掛かるのに遅いということは無いのでしょうから。

 やりたいと思ったことに素直に。

 …それが大事なのではないでしょうか?



〒 〒
(´・ω・`)
You are as young as your faith, as old as your doubt
as young as your self‐confidence, as old as
your fear, as young as your hope, as old as your despair.



独り言 その壱千壱百弐拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週は、お休みが常とは一日ズレての二連休となりました。
 先日のお話の通り、会計処理のヘルプに駆り出されている為です。

  …っつても、やる事はいつも通り(´・ω・`)

 イレギュラーとは言え、特別なことは何も無い…筈ですが。
 しかし、会社の業務体系を見直そうという今ですし…上から何を言われるか分かりません。
 まぁ…ぺーぺーの私としては、下っ端に出来ることを出来るだけやる…のみです;



■_(・ω・_)⌒[布団]

その為にも、休息をしっかりと、や…。




 この休みは、アークスシップへの乗船を少しばかり控え、睡眠時間に割り当てました。
 なんだかんだで、最近は疲れが溜まり続ける一方。
 それにも関わらず、基本的な睡眠すらとれていないのではないか…と、思うようになったのです。

 ここはしっかりと休んでおこう。

 そう考え、普段は目覚ましに使っているスマホ様のタイマーをOFF。
 昼夜逆転の私の普段の生活サイクルからすると、かなり早めの…午前五時に床に就きました。



■_(=ω=_)⌒[布団]

Zzz...




■_(=ω=_)⌒[布団]

…。




  〒 〒    
■_(=ω=_)⌒[布団]

トナットナッ




  〒 〒    
■_(=ω・_)⌒[布団]

…オハヨウゴザイマス




 一度、眠りに落ちてしまえば、夢らしい夢を見ることもなく…ほんの一瞬の事だったようにも思います。
 よく寝たと言ってもこんなものなのかな…と、少し重い頭を浮かせ、窓の外の薄暗い空を見上げました。

 最近は、夏も近づき、日が長くなってきています。
 寝入った午前五時と言えば、既に日が昇っている時間…。

 …。

 …そこで疑問を覚えました。
 この薄暗い空から見るに、もしかして…そんなに時間が経っていないのでしょうか?

 『はて、どれくらい寝たのだろう?』とスマホ様をタップ。
 立ち上がった時計の表示は…。

  …五時(´・ω・`)???

 あれ…全然寝てないのか、と一瞬思ったのですが。
 そんなことはありませんでした。
 実際には、早朝五時から夕方五時までの十二時間をしっかりと寝ていたのです。

 …寝すぎて頭や背中に痛みを感じる程でした…。

 いやいや…これだけ寝たのは、いつぶりのことでしょうね;
 折角の休み。
 何をした、という訳ではありませんが…。



  いい休みでした、うん(´・ω・`)



■今日のニークス

 …最近の鈴蘭と言えば。



pso20170520_044228_008.jpg
                       (C)SEGA

 町内会の美化活動。



pso20170520_033654_007.jpg
                       (C)SEGA

 海岸での清掃活動。



 そんな、コレクトシートの穴埋めをする毎日。
 トナカイさんとしては、アークスの活動をしている…という実感に乏しい気もしています。

 オルグブラン討伐などの中ボス系に関しては、PTメンバーのプレイヤー人数によって登場する個体数が変わることもあって、PTの需要もあるのですが…。
 ただ、それでもやはり…数をこなすための作業をする、という集まりで。
 駆け抜けることにこそ、重きを置く向きがあるように感じます。

 それはそれで正しい在り方と思うのですが…。
 それだけというのも、鈴蘭としては何か寂しいものがあります。



 この仮想においては、多くは望めば得られるものではあるのでしょう。
 …しかし、かと言って、そればかり望んでいては、自身が淀んでしまいかねません。

 新しい流れを。

 そうして、日々の繰り返しの中。
 僅かばかりのそれを見つけては、喜びとしている鈴蘭です。






 …私は私のアプローチの仕方があるのですが…。
 皆が皆、というわけでもありません。
 それぞれは、それぞれにやり方があります。
 それを横から口出しするのは、野暮というものでしょう。

 …しかし。

pso20170520_213225_001.jpg
                       (C)SEGA

 こんな毎日の中だからこそ。
 それを交わらせる場を設けるのも一興だろうか。

 …少し、そんなことを考えました。

独り言 その壱千壱百弐拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は定期メンテナンスの日。
 アークスシップに乗船する代わりに、ネットの海をフラフラ…。

  …今の季節、外に出ての散歩もいいのだがの…(´・ω・`)

 いざとなると面倒が先に立ち、こうしてネットに向かう鈴蘭です。
 個人的には、こうした生活スタイルに不都合を感じてはいないのですが…もはやこれも、立派な『引き籠り』でしょうかね…;



  さて、何か面白い話は…と…(´・ω・`)



 私と違い、実際に世界を旅する人というのは数多く。
 日本を訪れる外国人観光客だけを見ても、昨年は過去最高の2403万人にもなったそうです。
 (参考記事『2016年の訪日外国人観光客数、旅行消費額ともに過去最高を更新 インバウンド需要は今後も期待』)
 思えば…近所の観光名所も、いつも外国人で一杯ですからねぇ;
 個人的には、この数字も納得…というところです。

 そんな、日本を旅した海外の方が『日本を旅行したなら買って帰るべき各地の銘菓』について紹介している記事を見かけました。
 …この記事では、日本の各都道府県別に1つずつ銘菓を挙げて、簡単な紹介をしているようなのですが…。

 もう一度タイトルを見返して、『はて、大阪府はなんだろう(´・ω・`)?』と疑問に思った鈴蘭です。

 食への関心が薄いので、元より銘菓のなんたるかを知りもしないのですが…。
 長年、関西人をしているのです。
 多少なりとも耳に覚えのある名前くらいある筈。
 しかしながら。
 改めて『大阪の銘菓』と言われても、ピンとくるものが無かったのですね。
 …というか、私の中では引っかかるものが全く無かったのです。

 『名物』と言えば、タコ焼きや豚まんが定番でしょうが…『銘菓』となると…。



(´・ω・`)
…。



(´・ω・`)
…いや、マジで思い付かん…



〒 〒
(´・ω・`)
愛する『鹿せんべい』は奈良やしな…。



 少ない知識を引っくり返し、あれこれ思い浮かべながら記事を読み進め。
 果たして、『大阪の銘菓』として紹介されていたのは…。



  グランカルビー…(´・ω・`)?



 …。
 これって、大阪の銘菓…なんでしょうか…?;
 いえ、私の無知はこの際は置いておくとして。
 見ると、このグランカルビーって大阪の阪急うめだ本店でのみ取り扱われているお菓子だということで、ここでしか手に入らないオンリーワンのものであるのは確かのようです。
 ただ…私の感覚的に、『銘菓』というと。
 オンリーワンであることも大事ではありますが、その地域に根ざした背景…みたいなものがあってこそ、と思ってしまうのですね。
 同じ大阪の土産物の一つ、箕面の紅葉の天ぷらのように、その場所だからこそ出来た…というような。



 …ここで思った鈴蘭です。



 アークスシップの名物とは。
 アークスシップの銘菓とは。

 …なんでしょうね?

独り言 その壱千壱百弐拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週は、仕事のシフトが不規則になっています。
 いつもは金土の晩が休みなのですが、今週は木金の晩が休みとなる予定です。

 これというのも、ウチの会社は20日〆。
 決算処理に合わせて人手が欲しい…と。
 特に最近は忙しいので、普段は土曜日に出勤しない私にヘルプの要請が来る恰好に…。

  まぁ、交換条件ってヤツや(´・ω・`)

 …何が交換かというと。
 ウチの会社は一ヶ月間の出勤スケジュールを先に決め、それに従って業務が進められます。
 基本的に飛び込みの仕事など発生しないので、これで仕事が回るのですね。

 そして、私の来月のスケジュールは…。

 木金土、木金、木金土、木金土のお休みを頂く事になっています。
 ほぼ週休3日ペースです。
 今週の土曜日の出勤と引き換えに、来月の有給休暇の消化を捩じ込めたのです。
 交換条件としては上等と言える結果です。

 まぁ、問題は…。

 私の担当している仕事を肩代わりする人がいないので、休めば休んだ分だけ仕事が溜まるという…。
 構造的におかしいですよね…この職場…;



■今日のニークス

 ガーディアンズだった頃の鈴蘭は。
 何れアークスとなって、星の海を旅することを夢見ていました。
 より広い世界は、どれだけのものを見せてくれるのだろうか。
 その期待だけで、心が浮き立つようでした。

 それが今、こうして…。

pso20170508_131550_004.jpg
                          (C)SEGA

 …イースター島にくるとは思わなかったよ(´・ω・`)

 それも、トナカイで浮き輪て(´・ω・`)



 このイースター島のモアイ像には、未だに解明されていない謎が多く存在すると聞きます。
 そもそも誰が、何の為に、どのようにして作ったのか…当時の記録らしい記録もなく、確かな事は分かっていません。

 環太平洋地域には、イースター島のモアイに並ぶ、多くの巨石文明が点在しています。
 これらは幻のムー大陸で繋がっていた地域であればこその共通項であり、有力な過去の痕跡である…なんて話が子供の頃の読み物にあったのを覚えています。

 ムー大陸云々はともかく。
 各地の巨石文明も手がかりにして、イースター島のモアイ像の調査は続けられており…。
 近年になって、台座の下から大量の人骨が発見されたこともあり、これらは墓標として建てられたのではないか、とする説が有力になっているのだそうです。

 かつては、読み物の題材として触れていたモアイ像ですが。
 こうして、アークスとして此処に来なければ、改めて調べもしなかったであろうことですね…;
 それを思うと、無関心…というものは、つくづく怖いとも感じます。



 …ここで、ふと気になった事が。



 以前、アークス一同がラスベガス観光に出向いた際。
 このラスベガスのフィールドの作成にはグーグルアースと、ストリートビューを利用しており…。
 制作の零れ話の中で、『取材費用はゼロです!』と運営が言っていたのですが。

 イースター島のコレも同様…なのでしょうか。



  …いえね(´・ω・`)?



 今回、少し調べてみて気がついたのですが。
 モアイ像は、先祖が子孫たちを見守る姿を表すのか、その多くが『海を背に、集落のある内陸部を向いている』そうなのです。
 …ところが。
 このモアイ像は、海の方を向いています。

 実際に見たことがないので、詳しい事は分からないのですが…これは実際に海の方を向いているモアイ像を再現したもの…なんでしょうかね?
 それとも、実際には存在しないモアイ像なんでしょうか。

 どうにも気になって、ストリートビューで探してもみましたが…それらしいものは見当たりませんでした。
 これは…アークスが回収ポイントの目印に、適当に置いたものだったりするんでしょうかね…。



  …謎や(´・ω・`)


独り言 その壱千壱百弐拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

  月曜日 嗚呼、月曜日 月曜日(´・ω・`)

 …などという、嘆きの声が聞こえてきます。
 特にこの時期は、黄金週間で休みに慣れきった身体が、休息を求めているのかもしれませんね。

 しかし、思えば…月曜日も可哀想なものです。
 ウィークデーの一つに過ぎず、他の曜日と変わることなど無いのに、ただ休日の翌日にあるというだけで、金曜日とは全く逆の印象を持たれているのですから。

 まぁ、休日明けの学校や仕事は…多くの人にとって憂鬱なものですし、分からなくはないのですが;

 遊んで暮らせるならそうしたい。

 …そう思う人は、少なくないでしょう。
 以前、都市部で急速に所得の伸びを見せている中国では、ネットカフェで6年間暮らしている青年がニュースになっていました。
 これは、ネットカフェを宿や住居の代わりに…という生易しいものではなく。
 定職には就かず、ネットカフェに閉じ籠ったまま6年間を過ごすという、かなりアレな人のお話です。

 この人、ネットカフェの代金などの生活費はどうしているのかというと…。
 ネットカフェで四六時中ネットワークゲームをし、そのゲーム内で得たものを現金化して生活しているのだとか。

 中国では、現実社会のステータスの一つとして、ネットワークゲームなどの仮想のステータスを求めるケースがあると聞きますし。
 こうした商売にも、一定の需要があるのでしょうね。



 …因みに。



 【注意】メセタなどのゲーム内データ売買・アカウント譲渡は規約違反です

 PSO2では規約違反となる行為です(´・ω・`)



 …今、改めて告知されるということは…一時ほどでは無いにせよ、ある…のでしょうね;

 ただ、個人的には…。

 全体的に随分と柔らかい文面ですし…今回の告知に限って言えば、RMTの部分よりも『アカウントの貸し借り』の部分に重点があるようにも感じました。

 なんというか…違和感があるのですね、警告と言うには。

 家族間であれ、規約違反は規約違反。
 それの周知が目的なのかなぁ…と。



  家族間 嗚呼、家族間 家族間(´・ω・`)



 杓子定規…と感じるのは、私の甘さでしょうかね…;



■今日のニークス

 昨日のことです。
 フレさんが最近、4人マルチ版のデウス戦で失敗が続き、気を引き締めねばならない…と仰っているのを耳にしました。

 幸い…というべきか、私はこれまで固定、非固定を問わず失敗を経験しておらず。
 かと言って、その全てが危うげのないものでもなく。
 『気を抜けば失敗もあり得るが、決して理不尽な強さを持つ敵ではない』…という。
 そんな印象を、このクエストに持っています。

 しかしながら、このフレさんに限らず…4人マルチ版デウスは『越え難い』と捉えている人が少なくないようで。
 事実、先日のニコ生では、初見の突破率が4割を下回った…などという話が出たとも聞きました。
 このためか…今ひとつ、盛り上がりに欠ける雰囲気があるようにも感じられます。

 運営側としては、この状況は好ましくないと思ってのことか…。
 エキスパートブロックに、新たな入場条件が加わることになりました。

 [公式] エキスパート専用ブロックの選択条件の変更について

 以前から条件追加の話はあったようですし、脈絡としては全く別方向からのものかもしれないのですが…。
 私には、運営が4人マルチの反応を見て決めたようにも見えるのですね。



 強さに応じた住み分けを図り、ユーザーの不満を解消したい…というのが運営の狙いといったところなのでしょう。
 しかし。
 前にも同じことを言ったようにも思うのですが、この設定されたハードルに何の意味があるのかが、よく分からない鈴蘭です。

 装備品の強化というのは、高難度クエストを攻略する上では有効な事前対策の一つですが…。
 レアが高ければ。
 強化値を上げていれば。
 それだけでは、クエストの難易度は下がらないと思うのですね。

 何故、そのレアの高い装備を選ぶのか。
 何故、その装備の強化値を上げるのか。

 そうした理由を考えられる、基礎となるべき知識を与えるのが先だと思うのです。
 まずはハードルの越え方よりも、自分で考えるように仕向けなければ…。
 ハードルを設置するのは、その後。

 私達に代わって、装備がクエストをクリアしてくれるわけではありません。
 私達が装備を使って、クエストをクリアするのですから。

 今は人を育てる時期と思って、少し遠回りしてでも、知識を身に付けさせるような条件付けをするべきではないか…と思うのですが…。



  焦りもあるのかね…誰も彼も(´・ω・`)


独り言 その壱千壱百弐拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日はニコ生の放送がありました。
 そこでは例によって、今後の展開などについての新たな情報が公開されたそうです。

 丁度その時間、私は褐色集会に参加しており、生憎と視聴していなかったのですが…。
 しかし、その場にいらしたフレさん達からお話を伺う形で、リアルタイムで内容を知ることは出来ていました。
 この辺りは、アークスの集う場のネタとしては手頃であり、有り難くもありましたね;



  …うん、それはええんやが…(´・ω・`)





 …『ドン・キホーテ』とコラボですか…。
 先日の『しまむら』といい、まさかの展開の連続ですね…;
 しかし、セガが『しまむら』と『ドン・キホーテ』…2つをビジネスパートナーに選んだ理由は何でしょう?

 これまで、この2つの会社がゲーム関連の活動をしてきたというイメージが私の中に無いもので…正直、かなり驚いているのですが。

 何か、PSO2のユーザー層を調査した結果に基づいてのものなんでしょうかね。

  …ああ、いや…それとも(´・ω・`)?

 先日の『しまむら』のコラボが好調で、運営が『バリューの価格帯がこの辺り』という確信を持つに至り、似たような客層をターゲットにしている会社にコラボ企画を持っていった…とか?
 この2つの会社は、『安さ』を売りにしているように思いますし、そういった狙いがあるようにも見えるんですが…。



  ただ…それにしても…(´・ω・`)





 また衣料品…というか、今度はバスタオルに下着ですか…。
 なんですか、この全知デザインは;

 …PSO2って、SFというイメージで始まったと思うんですが、この商品ラインナップで『PSO2はSFです(´・ω・`)!』…と強弁するのは難しいような…?
 いえ、親しみやすいのは良いことだと思うんですけどね。

 しかし、近すぎてもどうかと思うのは私だけでしょうか…?;



 個人的には、バスタオルのエンペラッピーがいい感じ。
 幸い、私のアパートの最寄り駅の真ん前には『ドン・キホーテ』があります。

 何気に夜勤の私にとって、この店は有り難いんですよ。
 私の生活サイクルだと、出勤するときには夜遅くて多くの店が閉まっていて。
 退勤のときには、朝早くて多くの店が閉まっている有り様でして…。

 特に、午前9時~翌午前3時まで、近所の『ドン・キホーテ』には薬剤師常駐の薬局も入ってまして…これが何かの時に便利なんですね。
 今まで、衣料品などはあまり見たことがなかったのですが…。
 近所ですし、PSO2の商品が入荷するタイミングで、行ってもみましょうかな。



  噂の店内放送も気になるしの(´・ω・`)



■今日のニークス

 週末には褐色集会がありました。

pso20170514_012011_038.jpg
                  (C)SEGA

 最近、主催のヴォルフィードさんが、夜勤固定のお仕事に就いておられるようで…。
 この日も、22時にはアークスシップを降りられました。

 代わって、褐色集会でサポート役をしている藻さん、noutさんがそれぞれ進行をされ。

pso20170513_205434_001.jpg
                  (C)SEGA

 …私は、いつものように玄関口で挨拶。

 今週は、ニコ生の放送日であり、開場直前には緊急が被っていたこともあって、ご覧のように出だしこそ寂しい様子でしたが…。

pso20170513_221546_019.jpg
                  (C)SEGA

 間もなく、いつも以上に人でいっぱいに。

 最近は、Twitterやフレさんの案内でおいでになられた方で、アークスカードを一般公開している方については、次回以降の開催の案内をGJで送るようにしています。
 …とはいえ。
 ダイレクトメールみたいな形になってしまうので、個人的には送って良いものなのか…多少の迷いもあったりするのですが。
 しかし、実はこれがなかなか馬鹿にならない効果がありまして…。
 お返事を返してくださる方や、次回以降にお越し下さる方が結構多いのです。

 関心を持ってくださった結果、こうして目の前に形を成している…というのは、喜ばしいことですね。

 

 …そうして人で賑わう会場でしたが…。

pso20170514_002257_026.jpg
                  (C)SEGA

 途中のニコ生ブーストの緊急は、先約のある方もおいでだったこともあり、各自で消化することを基本にして一旦散会。
 その中で、褐色集会有志で2マルチを形成して、デウス戦に挑戦しました。

 クエストの内容については、ここでは割愛。
 展開についてアレコレ批評するような目は私は持ち合わせていませんし、このイベントの趣旨にも反しますからね…;

 『楽しかった』そう言えれば、成功でしょう。

 …とはいえ、やはり結果は欲しいところ。
 なにしろ折角のブーストチャンスですから。

 実は、密かに心配もしていたのですが…。
 どちらのマルチも恙無く終えることが出来たようで、なによりでした。

 この辺の編成は、藻さんが手慣れていて…本当に助かります(´・ω・`)アリガター

 今回のデウスは、メインクラスLv.80/サブクラスLv.80の参加条件がある4人マルチ戦があり。
 12人マルチより編成が難しくなっています。
 特に、今の時期…まだレベリングが進んでいない人…私なども、FoとTe以外では参加できない…もいるわけで。
 『このPT、ちょっとこの職が多いから、別の職できる人いる?』…なんて融通も利かせにくい筈なんですよね。

 それを上手く調整して、全体が上手く収めるとは…さすがです…;



 こうして。
 いつものように、楽しい時間だけを過ごさせてもらった鈴蘭です。



 …が。



pso20170514_051446_052.jpg
                  (C)SEGA

 今回、一つ反省点があるとすれば。
 冒頭に上げた記念撮影のSS…いつもより人が少ないのですが…。
 これ、今回はいつもより撮影時間が遅くなったのが原因だったりします。
 ニコ生の緊急に合わせてズレ込んだために、記念撮影まで残っている方が少なくなってしまったんですね。
 これに関しては、悪いことをしたなぁ…と。

 緊急が来ることは分かっていたのですし、前倒しして記念撮影をしてもよかったのに、そのことに思い至らなかったのが残念でなりません。

 次もあるから。

 …それは、慰めではありますが…言い訳にはなりませんからね;
 次の機会には活かせる経験としたいところです。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千壱百壱拾九

 大きいだけの鈴蘭です。

  〒 〒    
■_(・ω・_)⌒[布団]

…フム。


 すっかり、スマホ様を新聞代わりに読み込む毎日のトナカイさん。
 『スマホはゲーム機』という信条の方もいらっしゃいますが…。
 私にとっては、世界が掌に収まる夢のツール…といったトコロですね。

 今の私にとっては当たり前の事ですが。
 かつての私には想像もできなかった事です。

 改めて考えてみれば、あまり変わっていないように見えても、世の中は随分と進歩したのだと感じますね…。



 …さて。



 以前に触れた香港の無料新聞『今日頭条』の中に、気になる記事を見付けました。

 中国人が日本の自動改札機を見て驚いた! ずっと開きっぱなしじゃないか!=中国メディア

 記事の指摘を見て初めて、自動改札機の扉が開きっぱなしであることが、他所の国の人にとっては珍しいのだと知りました。

 そう言えば…海外の自動改札機って、回転ドアみたいな構造で、自分で押して回して入場するようなものがあったと思いますが…ああした自動改札機を日本ではほとんど見かけません。

 混雑時の混乱防止のため、一方通行に設定しているのを明示する意味もあってか、『進入禁止』のマークの付いた扉が閉まっている自動改札機もありますが…基本的には、扉は開いているものだと思います。

 これを、記事では『優しさ』などと表現しているようですが…。

  どうなんでしょうね(´・ω・`)?

 …以前、何かの記事で読んだのですが。
 日本では『ルールは守るべきもの』という考え方が多数を占め、社会全体が『ルールは守られるもの』という前提の元に形成されている…と、指摘する外国人がいたそうです。
 つまり、ルールに穴があろうとも、悪用する人間などそうそう現れないならば、それは問題にはなりえない…それが日本の文化だというのです。

 …そこで、先程の自動改札機について、思い出した事があります。

 子供の頃の私はイタズラ好きで、駅の自動改札機を如何にしてやり過ごすか、なんてことを考えたりもしていました。
 今思うと、迷惑極まりないトンデモナイ事をしていたように思いますが…。
 そのイタズラの中に、『二人がくっついて通れば、一人として認識される』というのがありました。

 あれから随分と時間が経ち、掌の小さな機械に世界が収まってしまうくらいに世の中は進歩しました。
 しかし…聞くところによると、『二人がくっついて通れば、一人として認識される』という自動改札機のシステムの穴は、改善されずに今にまで残っているのだとか。

 システムの穴が今に残っているのは、それを塞がねばならないほどに大きな問題にはならなかったからでしょう。
 …それは、社会の安定性…という点から見れば、幸せな事に違いありません。

 ですが。

 それでいい、と言えないものがあると思うのですね。 
 問題が問題にならなかったのは、『優しさ』があったからかもしれませんが。
 問題が問題のまま残っているのは、『優しさ』に甘えているから。
 …そんな風にも考えられるのですから。

 『優しさ』が当たり前であるのは良いことです。
 ですが、『優しさ』が当たり前であることを…なんと言うのがいいでしょうか…過信してしまうのは危ういと思う鈴蘭です。



 これも、アークスシップのそれに通じるもの…かな、と。

独り言 その壱千壱百壱拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日はメンテナンスの日。
 仕事から帰ってきて、着替え、シャワーを浴び、食事を済ませ…。
 アークスシップに乗る代わりに、ネットをフラフラと散歩。

 巡回コースのニュースサイトに立ち寄り…ふと足を止めました。



  韓国大統領がムン・ジェイン氏に決まったか…(´・ω・`)



 韓国国内では、『これで諸問題は解決される』と、お祭り騒ぎとも聞きますが。
 実際のところ…かの国の政治、外交、経済…どれ一つ、大統領が変わっただけで好転するような単純なものではありません。

 しかし、これは一つの節目…チャンスではあります。

 これをキッカケに構造的な改革に着手する…というのが、国の将来へと向かう筋道でしょうが…。
 少数与党による政権である以上、議会で主導権を握るのは難しく、今後も韓国の停滞は続く…でしょうね。

 こうした時の韓国に、打開策の一つとして在り続けた対日強硬策も、日韓合意の履行を全ての前提とする今の日本政府相手には逆効果。
 既に反日がスタンダードになっている韓国世論を見るに、不満の矛先を逸らすツールとして改めて反日を使おうものなら、より強硬な姿勢を求める民衆と、それを認めない日本との間で板挟みになりかねません。

  この状況を解決…ねぇ(´・ω・`)

 前政権で法的な手続きに拠らず政権を打倒出来てしまうという、厄介な前例を作ってしまった以上…ベストな方策であろうとも、民意に沿わねば実行は難しいでしょう。
 まさに前門の狼、後門の虎の状態です。
 今までの韓国の外交方針から、当面は韜晦して状況の変化を待つ…というのが考えられそうではありますが…。
 周辺国がそれを許すとも思えません。

  どうするつもりなのやら…(´・ω・`)
 
 この数年の東アジアの情勢は、近現代の政治史に残る興味深い事例になりそうな予感もあるんですよね…。
 全くの素人な私ですが…個人的に注目しています。



  …っと。そうだ(´・ω・`)



 関西の水曜深夜のアニメ枠では『正解するカド』が放映されています。
 個人的に気になっていたタイトルだったので録画しておいたのですが…。

  今週の分を観ようかね(´・ω・`)
 
 …ところが。
 再生してみると、全編に渡ってブロックノイズが走っており…音声までも飛んでいるという有様でした。
 機械に異常は無さそうですし、当日の電波状態が悪かったのでしょうか。
 他の週の録画分にはノイズが入っていないので、この日はたまたまだったのでしょう。
 私の住んでいるアパートでは、立地のためか時折こうした事が起こるのです。

 ネットで配信も利用できるようにしたものの。
 見ることの出来る内容は、運営の都合に左右され。
 いつでも好きな時に好きなものを…という気安さはありません。

 ただ、私の場合…。

 その気安さを求めて、いつ見るかもわからないディスクを増やし続けている訳で。
 その様を省みると。
 確かな形を手にしながら、何も手にしていないのが良いのか。
 確かな形は手にせずとも、何かを手にするのか良いのか。

 虚と実。

 …そんなことを考えてしまいます;



■コメントのお返事
 また後ほど(´・ω・`)

独り言 その壱千壱百壱拾七

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は、黄金週間のお休みによって2週間ぶりとなった、定期メンテナンスの日。

 特に、今回のメンテナンスではゲーム内容のアップデートも予定されており。
 4人マルチ第二弾の強敵…『デウスエスカ・グラーシア』の出現が予告されています。


             (C)SEGA

 はてさて…どうなるでしょうか。

 強敵というと、以前に期間限定で登場した『ソロ徒花』が思い浮かぶ鈴蘭ですが…。
 『ソロ徒花』にせよ『グラーシア』にせよ、運営の狙いは良いと思います。

 自信のある人は、強い敵に挑戦してみてください。
 自信の無い方は、従来のクエストを楽しんで下さい。

 これはプレイヤー間に壁を作るものではなく。
 それぞれのプレイヤー層に応じた遊び方の提案…というものであったと思いますから。

 …もっとも。

 肝心のプレイヤーの層、というものが明確では無いのがアークスの悩みどころでもあり。
 現状、自身の立ち位置を自覚できる仕組みに乏しいとも思えます。

 レベルが足りていても。
 装備が整えられていても。
 クエストをクリアしていても。

 自身の立ち位置が何処にあるのか、はっきりと示されることはありません。



 『これが出来れば○○』



 そうした線を引くのは簡単です。
 ですが…。
 敢えてそこに線を引かず、遊び方を自分で探す…当初のPSO2は、そんな方向性を求めていたと思います。

 頑張れば、何処にだって行ける、と。



 …しかし、この『頑張れば』という部分に躓いたように思う鈴蘭です。

 現状のクエストは、超高難度を謳われるものであっても…いえ、あってこそでしょうか…装備やレベルよりも、ゲームへの理解度や、やる気が大事になっています。
 先日、緊急クエストにおける途中破棄に対するペナルティが施行されましたが。
 クエストの序盤で一人二人足りないからと言って、即、破滅が確定するほど、PSO2というゲームは難しくはありません。
 皆が頑張れば、クエストのクリアは十分に望めるはずなのです。

 …ですが。

 ただ『頑張れば』といっても。
 どれだけ頑張ればいいのかは、ハッキリとはしません。
 ステータスのように、何かの数字で『あとこれだけ』などと示されるものではありませんから。



 …この、見えない『頑張り』が、層を分ける線になっているようにも思うのです。



 『頑張らなくても良い』ほどに好もしいとされ。
 『頑張らねばならない』ほどに忌避される。

 数字や装備に基準が求められるのは、この『頑張り』の裏返しなのかもしれない。
 …そんなことを思う鈴蘭です。

 私たちは競技をしているわけでもありません。
 『越えねばならない』と置かれたハードルを、飛び越えるばかりではなく…潜って、迂回して、蹴倒してゴールを目指しても構わないのです。

 それはダメだ、と決めつけてばかりでは。
 自由を求めた遊びの中に、自由も、遊びもなくなってしまうのではないでしょうか? 



■世界情勢を読むトナカイさん

  〒 〒    
■_(・ω・_)⌒[布団]

…。


 昨日ブログ内に挿入したTwitterのモーメントですが…。
 挿入するには大きすぎましたね、コレは;

 次からは注意しないとですね;

独り言 その壱千壱百壱拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20170507_210847_000.jpg
                        (C)SEGA

 トナカイさん始まりました(´・ω・`)



 …いや、手に入れると決めてから随分と時間が開いてしまいましたが…ようやく『トナカイハット』を手に入れることができました。
 まぁ…遅くなったとは言え、配布品やらボーナスキーやらを腐らせてしまう私である事を思えば、これでも上出来でしょう。

  気の入れようの違いやな(´・ω・`)!!

 やはりトナカイさんとしては、コレは外せませんからね。



 …しかし、手に入れたのはいいものの。
 困った事が一つありまして…。



 実際に手にしてみて気付いたのですが、鈴蘭の手持ちの服では着合わせが難しいのですよ、コレ。
 小さい子が被れば、通学用の黄色いヘルメットを連想させるのか、愛らしくも映るのですが…。



 大人が被ると…(´・ω・`)



 なんか、こう…(´・ω・`)



 ざ、残念な姿に…(´;ω;`)



 今は、SSにあるように大きさを変えてマスクのようにして、お茶を濁しています。
 このままでは、ヒーローマフラーでも合わせて悲劇の変身ヒーローっぽく仕立ててしまいそうです。
 …その姿は、トナカイさんとしては本意ではありません。

 どなたか、本来の帽子としての使い方で似合う服…というものをご存であれば、教えて頂きたく…;

  意外と真剣に悩んどるんよ…(´・ω・`)



■今日も世界情勢を読むトナカイさん

  〒 〒    
■_(・ω・_)⌒[布団]

マカロンマカロン


 『マカロン』というと、お菓子を思い浮かべる鈴蘭です。
 しかし最近、その姿を見掛けなくなったようにも思うのですが…。
 私が気付いていないだけなのか、もはや懐かしの存在となってしまっているのか…。

 一昨日にフランスの新大統領となったマカロン…ではなく、マクロン氏。
 史上最年少で大統領となったということで話題になっているようです。
 日本では、『お菓子に似た名前で覚えやすい』ということから、認知度が高いとか高くないとか。

 

 …事前の予測通り、マクロン氏の勝利で終わりましたか。

 この選挙の結果が、フランスにとって吉となるか凶となるか…それが分かるのは、もう少し先の話。
 ただ、短期的には、現在のフランスで社会問題化している移民政策が継続されることになりそうですし…混乱は続きそうです。

 多種多様な文化というものを、世界中の人が等しく理解できるものであれば、問題はもっとシンプルになった…。
 …。
 いえ、そんな世界で『多種多様な文化』など存在しえませんね…;
 フランスの抱える問題は、なるべくしてなった…ということでしょうか。

 これは日本にとっても他人事ではありません。
 移民に関しては、日本でも検討が進められており。
 それがどのような形になるのか…まだ私たちには見えてきていません。
 フランスのした選択を、遠くない将来、私たちがせねばならないかも。



  はてさて(´・ω・`) 



 大統領選と言えば、お隣の国でも9日にありましたっけ。
 そちrもどうなることやら…;



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千壱百壱拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は日曜日。
 週の終わりであり、新しい週の始まりである日ですが…。

 しかし。

 多くの人にとって、今日という日は、それ以上の意味がある日ではなかったでしょうか。


 
  …そう、黄金週間最終日や(´・ω・`)!!



 さよなら連休。
 おかえり日常。

 夢のように楽しかった黄金週間も、あっという間に過ぎ去って。
 明日からは、懐かしくさえも感じる現実…仕事や学業の毎日が帰ってきます。

 私は盆暮れ正月だろうと、国民の休日であろうと関係なく仕事に駆り出される身の上で。
 今日という日に、これといった感慨は無いのですが…。

 …ただ、そうですね。

 いつもの時間に、いつもは居ない人たちに出会えた。
 そんな時間を楽しめたのは、有り難いことでしたし…。
 そうした毎日が終わってしまう…というのは、確かに惜しいと感じます。

 いつまでも楽しい時間が続けばいい…とも思いますが。
 その一方で、こうして惜しいと感じる節目があるからこそ、楽しい毎日を大事に出来るのではないか、とも思います。

 どれだけ楽しい時間であったとしても。
 それが毎日変わらず続くというのであれば。
 それは、ただ繰り返すだけの『日常』に他なりません。

 望んだ通りの毎日であったとしても。
 それが毎日変わらず続くというのであれば。
 それは、ただ繰り返すだけの『刺激』に他なりません。

 終わりがあればこそ。
 …そう思う鈴蘭です。 



  …程々が一番や(´・ω・`)



■今日のニークス

 休みの日にネットをウロウロしていたら、気になるものを見つけました。

これ、いいなぁ…(´・ω・`)
 『raytrektab DG-D08IWP』…タブレットPCの一種のようですが。
 普通のタブレットPCとは、ちょっと違うようなのです。

 PCでイラストなどを描く人なら、ご存知であろう『ワコム』のペンタブレット。
 このタブレットPCは、その『ワコム』のペンを使うことが出来るそうで。
 ペンの傾き感知や筆圧感知といった、普通のタブレットPCで対応していない機能に対応しており。
 既存のタブレットPCには無い、より自然な描き心地を実現しているのだとか。

 出先で絵を描くほど、熱心ではありませんが。
 使う当てがなくとも、『面白そう』と思える機械です。

 感謝祭が近づきつつある中のこと。
 こうした、持ち運びができる何か、というものに関心が高くなっているようにも思います。
 …始発で会場入りするとなると、待ち時間が数時間にもなりますからね…;



  …いいなぁ、これ(´・ω・`)



 …なんでもかんでも欲しがるのは、私の悪い癖ですね…;

独り言 その壱千壱百壱拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週は変則的な更新スケジュールとなっている独り言です。
 これというのも、仕事のほうが立て込んでいるのが原因でして…。

  いえね(´・ω・`)?

 職場で使う機械が老朽化し、近々新しい機械が導入されることになったのですが。
 これまで、一分野の処理に特化した機械で高速処理をしていた作業を、これからは多様な分野の処理に幅広く対応できるよにしよう…と、多機能型の機械を導入することになったのです。

 その方針に否はないのですが…

  …多機能な分、特化型に比べて処理が遅いのがな(´・ω・`)

 これが結構な問題でして。
 機械を換えることで、人の手間が結構増えそうなのですよ。



 少なく見積もっても…30倍くらい。



 現場では『このままでは破綻必至』と危機感を募らせ、あれこれ事前対策に奔走していますが…果たして、どの程度の効果があるものやら…;
 今の段階では『たられば』の話ばかりですが、それでも考えておかねばなりません。
 機械の導入まで日にちが無く、出来ること、出来そうなことを出来るだけ…。



  (´・ω・)=3



 現場の下っ端に出来ることなど、対処療法。
 根本の問題をひっくり返すほどの力は、そうそう出せません。
 まぁ、それでも。
 『もしかしたら』を諦める気にはなれないのですけどね;



  今日も頑張るか…(((´・ω・)=3



■今日のニークス

 最近、グランブルーファンタジーを進める中で、別のゲームにも関心が出てきて、あれこれとスマホゲームを物色し。
 一つのゲームに目をつけた鈴蘭です。

くらぱん(´・ω・`)
© 2017 DMM.com OVERRIDE
Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.


 『クラッシュ アンド パンツァー』という、このゲーム。
 所謂『ストラテジーゲーム』…勝つために、事前に方針を練って準備して待ち構える…長考を楽しみとするゲームです。

 この手のゲームは、本来の鈴蘭が得意とし、好むジャンルなのですが。
 PSO2などのアクションゲームとは別の意味で手が離せなくなってしまうので、敢えて手を出していなかったのですね。

  あれこれ考えて考えて…何も手につかなくなってしまうんさ(´・ω・`)

 ただ、最近…。
 何かが手につかなくなるような、心の遊びというものから遠のいていたようにも思い。
 そうした手につかなくなる何かを求め、このゲームに手を出してみました。

  はてさて…(´・ω・`)

 やってみることしばし。
 …やっぱり、こうした箱庭系のゲームは楽しいですね。
 箱庭が少しずつ自分の思うような形になっていく様子には、えも言えぬ喜びがあります。
 この辺りは…子供の頃にレゴブロックで遊んでいた感覚に近いものがあるようにも。

  雀百まで踊り忘れず、ってか(´・ω・`)

 しかし、作るばかりではありません。
 このゲームには対人戦要素があり、自分の作った拠点が誰かに攻められたりします。
 …と言っても、幸い街が破壊されるわけではなく、物資が強奪される(それも大概ですが)だけなのですが。
 だけ…のはずなのですが…。



  攻められんな…(´・ω・`)



 私は無課金でのんびりやっているのですが…。
 同じレベル帯の方も同様で、なおかつ対戦には消極的なのでしょうか。
 障害もなく、街が発展するのは有り難いのですが。
 ただ、これでは…街の防備が実戦で機能するものなのか、それを確かめられません。
 
  やっぱり、難攻不落って響きに憧れるやん(´・ω・`)?

 それを確かめてみたい…そう思うのですが。
 …ただ、この意識もまだまだ…なのかもしれません。



 戦国時代末期から江戸初期にかけて活躍した戦国武将、藤堂高虎は築城の名手として知られています。
 江戸城、二条城、伊賀上野城、宇和島城など今に残る名城も、彼の設計です。

 彼の手がけた城は、その守りの堅さから難攻不落を謳われていますが。
 彼の城づくりのモットーは『難攻不落』にはなく、そもそも『攻める気を起こさせない』という点にあったとか。



 どれだけ守りが堅かろうと、ものには限度があります。
 攻め手に行動を起こされてしまえば、守り手には少なからず損害が生まれますから。
 城を守るためには、そうした多少の損害はしょうがない。
 『難攻不落』の城というものは、そういうものだと思うのですが…藤堂高虎は、それでは納得できなかったのでしょう。

 守るというからには、全てを守る。

 …そんな考えから作られた城は、他に類を見ない作りをしています。
 弓矢が届かないほど幅の広い堀をもった城。
 梯子を使っても登れないような高い石垣をもった城。
 そうした作りは、守る…というよりも。
 その作りを見た攻め手の心を折る…そんな狙いがあるのだと思います。



  難攻不落、その先…かぁ(´・ω・`)



 意識が一方に集中しがちな私には、まだまだ遠い境地です。

独り言 その壱千壱百壱拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日、黄金週間がお祭りのよう、という表現をしましたが。
 この言葉…フレさん方にはピンとこなかったようで、『なんのこと?』と問い返されました。

 …いえ、大した事ではないのです。

 最近、誘って頂いた『グランブルーファンタジー』をキッカケに、他にも幾つかのスマホのネットワークゲームを触っているのですが…。
 どこの運営も、黄金週間を書き入れ時と考えているのか、キャンペーンを打っているのですね。

 曰く『ゴールデンウィーク記念』と。

 この『記念』という言葉に違和感を覚える鈴蘭です。
 何故と言って、『ゴールデンウィーク』は嬉しいものですが、『ゴールデンウィーク』自体は何かを記念してお祝いするものではないように思います。
 祝うべきは、此処の記念日であって、その集合体である『ゴールデンウィーク』ではない…と。

 それでも。

 強いて言うとすれば、 『大型連休おめでとう記念』…という感じになるのでしょうか…?



  なんか…『私へのご褒美』的な響きやな(´・ω・`)



 …でも。
 時期を思えば、それで良いのかもしれませんね。

 新生人が、社会に出て最初に迎える大型連休。
 『記念』という言葉の中には、『新しい環境で一ヶ月、お疲れ様でした』という意味が含まれているのかもしれないのですから。
 …そう思えば、ただの休みにはない、どこか浮ついたような雰囲気も、納得出来るというもの。



  楽しむべし楽しむべし(´・ω・`)



 …まぁ、私としては…。



うむ、今日もトナカイ(´・ω・`)
                   © Cygames, Inc.

 この連休は、トナカイさん記念日だがな(´・ω・`)!!



 人それぞれが、人それぞれの理由で楽しみを見つける。
 それが、どういう理由であろうとも構わないのです。

 祝うべきと思えば、それが祝日となり。
 休むべきと思えば、それが休日となり。
 楽しむべきと思えば、それが祭日となる。

 敢えて特別である必要など無いのです。
 キャンペーンだから、お得だから。
 …それが大事であるならば、『そこ』に本当の大事など無いのではないでしょうか?


独り言 その壱千壱百壱拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 いやいや…。
 先週末から急に暑くなりました。

 今日も、大阪の気温は日中は25℃を越え。
 聞くところによると、アスファルトの上で太陽に照らされている人の体感気温は、30℃を越えていたようです。



 ついこの間まで冬の中にあったと言うのに。
 この分では、寝苦しい昼も直ぐかもしれない。
 …そんな心配も、あながち的外れではないでしょう。

 …何と言っても。


                  (C)SEGA

 毛皮のトナカイさんには、日本の夏は厳しいのですから。



 元々、週末にもエアコン様の掃除をしようと準備していたのですが…。
 この陽気に慌て、不安を感じ。
 今朝方、大急ぎで掃除を進めました;

 しかし…エアコン様を準備したものの。
 日陰に入ればそれほど暑さを感じないのは、まだまだ夏本番には程遠い、という事なのでしょう。

 少し早い夏日に慌てすぎたかもしれません。



  この夜気には、まだ春の名残りがあるしの(´・ω・`)



 世は黄金週間。
 行楽地や繁華街といった場所は、何処も人出が凄い事になっています。
 なんというか…最近の様子を見るに…。
 個々の祝祭日の影が薄れ、黄金週間という1つのパッケージでお祭りになった印象がありますね;

 

 これを機会に遠出して、その疲れから気温の差に参ってしまう…ということも少なくありません。
 お互い、着るものに気を付けて、この黄金週間を楽しみとしましょう。



■今日のニークス

 フレさんとご一緒したデウス戦。
 先日、ようやくFoとTeのレベリングが終わり、Huデビューを果たした鈴蘭ですが…。
 自分でテクニックを使えないことに不便を感じるようでは、まだまだです。

 今の自分に出来ることを出来るだけ。
 無い物ねだりをしたところで、何も変わりはしませんから。

 色々と反省しきりな内容でしたが…。
 クエストの方は、危ない場面をマルチに居たテク職の方に助けていただけたこともあり、どうにか乗り切ることが出来ました。



  ありがたや(´・ω・`)



 …感謝しつつ、アークスシップに引き上げて。
 クエストからの帰り道…。
 先程までは無かった、コミュニケーション履歴のマークを見つけ、リストを開いてみると…。

pso20170430_134524_019.jpg

 先程、支援をくれた方からのGJでした。
 …まさか、こんな形で…;
 なんとも…色んな意味で恐縮しますね…;



 自分は自分以外の何者でもなく。
 自分は自分らしく。



 こうして見てくださる方に、私という姿は、ブレずに映っているのでしょうか…。


独り言 その壱千壱百壱拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

 …1,111を大字で書くと…随分と見づらくなりますね;
 でも、直感的に数字に見えないところが、逆にポイントなのかもです。



  しかし…1,111回か…(´・ω・`)



 私にしては、随分と積み重ねてきたものですねぇ…;
 とは言え最近は、随分と内容的に薄くなったり、文が雑であったりと、劣化著しい独り言。
 昔のエントリを見直してみると、今の自分よりしっかりしてるなぁ…と、慨嘆めいた溜息が漏れてしまいます。

 まだしも、日めくりカレンダーの方が日々の役に立つ分、有意義と言えるでしょうね;



  …ただ、まぁ(´・ω・`)



 役に立つ、役に立たないといった、事象の2極だけで考えまい、としているつもりでもあります。
 物事は、ハッキリしている方が良いもの…ではありますが。
 私が求めているのは、その両者の間にある『遊び』なのです。



 …などと、口で言うほど簡単ではなく。
 実際に行うのは難しい…と、痛感する毎日ですが…;



■今日のニークス

 …前段で言ったそばから。

pso20170430_082430_013.jpg
                     (C)SEGA

 トナカイさん、神様始めました(´・ω・`)



 神様から頂いた、このユニットですが…。
 SSには撮っていませんが、動くと燐光が尾を引いて流れ、なかなかに美しい演出を見せてくれます。
 ただ…。
 なんというか…言ってはアレですが、その形状から神々しいセミという印象になってしまうのが…。

 リアの自己主張は如何ともし難いものがあり、着こなすのは難しそう。
 対してアームとレッグは控えめな印象で使いやすく、アクセサリ的に捉えてもいいかな、と。
 トナカイさんなら、ウィンカー的に使う感じでしょうか。



  今日びの夜空を飛ぶには、航空標識が必要やからな…(´・ω・`)



 …そんなトナカイさんの安全対策はさておき。
 GWのラボ弱体化を前に手に入れた、このユニット。
 これをどうするかで、悩んでいます。

 折角なので、クエストに持ち込んで使いたいと考えているのですが…。
 では、どのように特殊を付けるか…です。



 この悩みをフレさんに振ったところ…。

 『高耐性の強みを伸ばして、死ににくいユニットに仕上げるのも面白そう』

 …そう言われました。



 そう言えば、PP特化タイプのユニットばかりで、耐性に着目したユニットなど作ったことがありません。
 下手のくせにPPばかり増やすもので、ちょっとした攻撃を食らうと命取りになる日々のクエスト。
 これはこれで私自身の練習になるので良いのですが…。
 これが、耐性をつけるとどうなるものか…それを確かめてみたくもなりました。

 私の懐事情では、大したことは出来ませんが…。
 オールレジストをつけて、私なりの冒険をしてみようかな、と。

pso20170430_082444_014.jpg
                     (C)SEGA

 後頭部が、致命傷っぽい大惨事で普段遣いには心配ですが…。
 まぁ、なんとかなるでしょう(´・ω・`)