独り言 その壱千五拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 ニュースで『春節』について触れているものを見かけました。
 中華圏ではグレゴリオ暦…太陽暦による正月ではなく、太陰暦での正月を祝う習慣があります。

 そう言えば、中国と同じ漢字文化圏であり、大陸に由来する二十四節気などを今も使う日本ですが…太陰暦ではなく、グレゴリオ暦の正月が一般的なのは面白いですね。
 国それぞれの成り立ちによって、違いがあるのでしょう…が…。



  …はて、そう言えば…(´・ω・`)?



 『春節』とは別に『旧正月』という言葉もあります。
 日本でも中華街では『春節祭』なんてモノが催されているのを聞きますが…『旧正月』とは違うものなんでしょうか?



  …困ったときのウィキ先生(´・ω・`)!!



 旧正月【出典:Wikipedia
 狭義には、中国・日本・朝鮮半島・ベトナムでかつて使われていた、中国暦およびその変種のことであるが、下述するように、広義には、モンゴルのチベット仏教暦、東南アジア諸国の上座部仏教暦のように、他の地域・文化圏の旧暦を含む場合もある。
 旧暦1月1日は、通常雨水(2月19日ごろ)の直前の朔日であり、1月21日ごろから2月20日ごろまでを毎年移動する。旧暦で平年だった年は翌年の旧正月は約11日後退し、閏月があれば約18日進む。
 中国大陸・香港・台灣・韓国・ベトナム・モンゴル・ブルネイでは、最も重要な祝祭日の一つであり、グレゴリオ暦(新暦)の正月よりずっと盛大に祝われる。ほかに、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ミャンマーなど中華圏の影響の強い華人(中国系住民)の多い東南アジア諸国、世界各地の中華街などではChinese New Yearとして祝われる。ただし日本では、沖縄・奄美の一部地域や中華街を除けば、もっぱらグレゴリオ暦の正月が祝われる。


 …と、ここで気になったのが、次の一文。

なお、旧正月は全ての国で同じ日とは限らない。これらについては後で詳細に述べる。
・日本とベトナムの旧正月は、時差により、中国標準時を使っている他国と異なることがある。
・モンゴルの旧正月は、中国暦とは別系統のモンゴル暦(en)の年初なので、他国と異なることが多い。




 …なるほど。
 一括りに『旧正月』と言っても、時期が違うんですね。
 時差に拠らず、新年が地域によって違うとは…。

 海外のことなど、文字通り『海の向こうの遠い異国のこと』と、知識でしか知らない自分には新鮮な驚きですね…;



(´・ω・`)
…しかし、なるほど…これから新年か…




(´・ω・`)
…。




〒 〒
(´・ω・`)
一年の計は元日にあり!!!




 実に1ヶ月遅れの一念発起です。

 先日の集会参加者の中で、Twitterをされている方々にフォローを飛ばし。
 3鯖に在住されているブロガーさんにコンタクトを取って、アークスカードの交換をお願いしました。

 …その結果、有り難いことに…。

 『(株)黒山羊フォトン工業』のkuroyagiさん。
 『404 Not Found』のまくまさん。

 アークスシップ内で、新たにお二人と関係を結ぶことができました。

 そう、新たに…です。

 ここからどうするかは私次第。
 他の誰でもない私が意識しなければ、この結んだ関係も煙のように消えてしまうでしょう。

  うん…煙だ(´・ω・`)

 煙が空に上るのは、その下に火があるから。
 火が消えない限り、煙は空に上り続けます。

 火を消さないようにするためには、常に燃料を焼べてやらねばなりません。
 


 その様は正に、心の持ち方そのもの…ではないでしょうか?



 今日は折角なので、集会で得たご縁を『ありがとう』の言葉だけで済ませないように、ブログのコメントなどでお返しをしに行こうかと思います。
 ここの独り言は少し短くなりますが…。
 その分だけ、皆さんのところに。



■コメントのお返事
 …また後ほど。
スポンサーサイト

独り言 その壱千四拾九

 大きいだけの鈴蘭です。

 この土曜日には、ニコ生の放送がありましたが…。
 この日ばかりは、そちらは脇に置いて。
 予てから参加を決めていた『ブロガー集会』にお邪魔してきました。

 開始が21時30分と聞いていたので、諸々の用事を先に片付けて、開始20分前に会場に向かったのですが…。



  なんか、もう一杯おるやん…(・ω・;三;・ω・)



 会場には、50人は下らないであろう人の群れが…。
 …一瞬、遅刻したのかと思いましたよ…ええ;

 生憎と、知り合いのブロガーさん…というほどの知り合いの方がいるわけでもなく。
 少し所在なげに、会場の一角に腰を下ろしたのですが…。
 同じように考えられたのでしょうか。
 気が付けば、以前にお世話になった『から揚げ定食★お待ちー』のNumさんが側に。

pso20170128_212759_000.jpg
                      (C)SEGA

 おや…Numさんの向こうには、『Color! SAS』のあきしゃけさんの姿も見えますね。
 日頃SA使わせて貰ったりしてるので、お礼の一つでもと思ったのですけど…こちらが一方的に知っている立場では、話の切り出し方が分からず…内心で腕組み。
 この距離をどうしたものかと考え込んでいたのですが。
 幸いなことに、私の日頃の不義理にも関わらず、Numさんからご挨拶いただけたのです。



  助かった…(´・ω・`)



 …と思ったものの…コチラはコチラで、ご無沙汰していたことをお詫びも出来ず。
 そういや、リンクのお願いに上がる…いや、そもそもブログ周回も出来ていない現状でお願いするのも…。



  むむぅ…(´・ω・`)



 などと更に悩みつつ、私の手はキーボードの上を行ったり来たり。
 実は、この集会…ブロガーによる自己紹介のパートがあるのですが。
 進行を円滑にするために、事前にショートカットに登録しておくよう、主催さんからのアナウンスが有ったのですね。

 自己紹介ですか…。
 自分からアピールする、というのがどうにも苦手なもので。
 何を話したものか、直前まで全く思いつかなかったのです;
 会場でNumさんと話しつつ…裏で慌ててショートカットを作っていた鈴蘭でした。

 主催のすずさんは『ショートカット10個で1分程度』と言っておられたので。
 なんとか10個を埋めて臨んだ自己紹介…。



 はじめまして。
 3鯖で活動しております、大きいだけが取り柄の鈴蘭と申します。
 『鈴蘭の独り言 【PSO2滞在記】』というブログを書かせていただいております。
 今回、ご縁がありまして、この集会に参加させて頂くこととなりました。

 正直なところを言えば…私などは『ブロガー』なんて大層なものでもなく。
 ここでこうして自分の事を…というのも面映いことなのですが…;

 私のブログは…日々の事を、先人の言葉を、誰に伝える訳でもなく独り言ちているだけのもの。
 特別面白い訳でも、ためになる訳でもありませんが。それでも、という奇特な方々のお言葉を喜びに、此処まで来ました。
 人との繋がりを大事としながらも、それを本当の意味で大事にできていない、至らない私はありますが。
 もし、皆様ともこれを機会にご縁を結ぶことが出来るのであれば、これに勝る喜びはありません。

 …などと言葉ばかり立派な、大きいだけの鈴蘭です。
 ご静聴ありがとうございました。




  …やれやれ(´・ω・)=3



 自己紹介が終わって改めて見返してみると…硬かったかなぁ…とも思うものの、他に書きようもなく。
 これが鈴蘭…と示すには、むしろ相応しい文であったのかもしれません。

 …この場の為に、実もなく自分を飾るのも違うでしょうしね…;



― ◆ ―




 ここでは、参加された皆さんの紹介内容についてまでは触れませんが。
 参加者様のブログへのリンクの一覧を、9鯖のgrindaさんが作成してくださいました。

 実は、皆さんの紹介を聞きつつ、裏で褐色集会と同じ要領で、皆さんのお姿とアークスカードをSSに収めていたのですが…。
 数が数だけに、ここからURLやら何やら拾うのが面倒過ぎると思っていたところでした。
 これぞ渡りに船というもの。
 作って下さったgrindaさんに感謝しつつ、流し見て…。



  見…て…。(´・ω・`)



 …紹介パートに参加したブロガー76名…。



 76名もの方が参加してたんですね…。
 確か…1ブロックの定員が120名でしたっけ?

 …と言うことは、このブロックにいた大半の人がブログを書いてる人だったわけですか;

 なるほど道理で…。

 実は、ブロガーの自己紹介パートにおいて、参加者の皆さんがロビー中央に円陣を組む形になったのですが…。

pso20170128_233947_086.jpg
                      (C)SEGA

 ご覧のように人が多すぎて、円陣を組んでいるはずなのに対岸どころか…全体の1/3程度しか把握できない有様に。
 円陣の中央に指名された人が1人1人、順番に立って自己紹介をする形で進行するのですが…。
 途中、自己紹介しているはずの人の声が聞こえなくなったり、姿が見えなくなったりというハプニングが起きてしまいました。

 これに関しては、私の居た位置よりも、中心から遠い人のほうが自己紹介の声が届いていたりと…単純な距離だけの問題ではなく、周囲の人口密度によって差が出ていたのかもしれません。
 試しに描画設定を弄って表示限界数を下げてみたりしましたが、それでは効果なし。
 私自身が座る位置を変えることで、どうにか声を拾えるようになりました。 

 次に開催するときは、イベント開始前に円陣を4分割して均等に観衆を割り振る…などの対策をした方がいいかもしれませんね;



 …そんな訳で、集合写真も全員が一緒に写ろうにも人数が多すぎて不可能…表示限界が50人ですしね…ということで、1~5鯖のメンバーと、6~10鯖のメンバーとに分かれて撮影することになりました。

pso20170129_004156_109.jpg
                      (C)SEGA

 …それでもこんなにいっらっしゃるとは;
 改めて、今回の集会が如何に盛況であったのかを知りました。

 ちなみに3鯖から参加したのは、次のSSのご覧の方々。

pso20170129_011123_117.jpg
                      (C)SEGA

 『かれんちゃんのぷそにっき』の火憐さん。
 『EsuteruPSO2ライフ!』のEsuteruさん。
 『万策尽きたw』のdobuminさん。
 『(株)黒山羊フォトン工業』のkuroyagiさん。
 『404 Not Found』のまくまさん。
 …あと、ブログ名を表示されておられず、非公開なのか…見学されていた方がお一人(※順不同)。
 見学の方も入れて…9人となると、全体平均くらいの参加人数になるでしょうか?
 意外と少ないような、そうでもないような…。
 地方都市と言われる3鯖の人口比で言えば適当なんでしょうかね…?

  そもそも、ブログ書いてるアークスが多い鯖って、何処なんだろ…(´・ω・`)

 個人的には、意外と5、6鯖とか多い印象なんですけど…。
 機会があれば調べたりもしてみたいですね。



― ◆ ―




 今回の集会では、Twitterで良くして頂いている『LOV工房』ナノユニバースさん、『PSO2晴れバレ日記』のValentineさんにお会いできました。
 …考えてみたら、お二人ともゲーム内で会ったことありませんでしたっけ…。
 Twitterで毎日のように名前を見ているので、初対面という意識がありませんでした;

  わざわざ声掛けてくれてありがとよー(´・ω・`)

 こちらで気付いていても、距離を置いて遠くから見守る鈴蘭なもので…。
 気に掛けて近付いて来て下さる方の存在は、本当に有り難いのですよ。

 また…この集会では、他にも…。

 会場入りした際に、たまたまお隣にいらした『ILさん家』のILさん。
 『おっさんのPSO2煮っころがし』のオードリーさんをご存知だったのか、私とオードリーさんが並んでいる所をSSにしておられたようで…。
 ILさんがTwitterに上げておられるのを見付けて、Twitterでご挨拶させてもらいました。

 更に『雪桜花のPSO2道楽日記』の雪桜花さん。
 ご自身のブログ用の素材を集めて回っておられたのでしょうか。
 私のところにもおいでになって、SSを一枚。

  物好きな人もいたもんだなぁ…(´・ω・`)

 …などと思うのは失礼ですかね;



 ブログでコメントを残すにも、ままならないのが現状の私です。
 幸い…というのも、おかしいのかもしれませんが。
 今回の集会では、Twitterを利用されている方も少なくなく。
 Twitterを通じてご挨拶し、多少なりとも今後に資する形を作れたのは、何よりの収穫であったのかもしれません。

 ただ…。

 どれだけ現実が忙しいからと言っても。
 簡単にできるから、Twitterで…と。
 その選択が、言葉を軽んじる事に通じてしまわないよう、気をつけねば…とも思います。

 手軽であること。
 便利であること。

 それが、私のようなモノグサな人間にとっては、害にもなり得るのですから。



― ◆ ―




pso20170129_014533_120.jpg
                      (C)SEGA

 そうして迎えた、集会最後のパート…交流の時間。
 なんとなく会場の端に座って、人がさざめく様を眺めていたのですが…。
 Esuteruさんとオードリーさんがいらして、並んで座る格好に。



 こうした場では、自分から動く人こそが多くのものを得る資格があるのでしょう。
 得難い機会を前に、ただ待つばかりの人間に多くを与えるほど、天は甘くはありません。

 …それは、分かっているのですけど…。

 こうして眺めているのが『らしい』と感じてしまうのですよね…;



 しかし、一方で思います。

 これが自分にとっての自然体であったとしても。
 周囲には、人との間に壁を作っているかのように見えるかもしれません。
 たとえ自分自身に覚えがなくとも、相手がそうと感じるのであれば、壁は確かに其処に在るのです。

 得てして、相手を『遠い』と感じる時ほど、相手は『遠ざけられている』と感じているかもしれないのですから。



 こうしたことを感じ、考える機会を与えてくださった、集会主催のすずさんと参加された皆さんに感謝を。
 …相変わらず、まとまりもなく…しかも今回は随分と長くなってしまいました;
 しかし、お陰様で色々と楽しみながら書くことが出来ました。

 最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

 少し遅くなるかもしれませんが、皆さんから見た集会についてリンクを辿って触れてみたいとも思います。
 その時は、コメントなりでご挨拶ができればとも思いますので…宜しければ、また。



  次の機会を楽しみに(`・ω・´)ゞ



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千四拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

〒 〒
(ノ)・ω・(ヾ)

ムニムニ…


 どうにも最近…肌の乾燥がひどく、近くの薬局でメンソレータムの小瓶を買ってきて、出かける前などに塗るようにしています。
 薬が無いことには、痒みが酷く…知らず知らずのうちに引っ掻き傷があちこちに出来てしまい、これがまた痒くなるという悪循環。

〒 〒
(ノ)・ω・(ヾ)

ムニムニ…


 今も気付けば、身体の何処か掻いています。
 立春を前に、今日も寒い夜になりそうです。
 念入りに対策せねば…と、出勤前に薬を小瓶から掬い上げて塗り塗り。

〒 〒
(ノ)・ω・(ヾ)

ムニ…?


 ふと、そこで…指先に盛った薬に目が止まりました。
 何気に小瓶を手に取り、ラベルの使用法を見て…

  『1日数回、適量を患部に塗ってください』

 そんな、お馴染みのフレーズを見付けました。

〒 〒
(ノ)・ω・(ヾ)

…。


 ラベルのフレーズをジッと見詰め。
 …もう一度、指先の薬を見直して。
 そこで疑問に思ったのです。



 この『適量』ってどのくらいなんでしょう…?



 錠剤などは『1回3錠』と、その説明は明快です。
 モノが、数えられる錠剤であるからこそ、とも言えますが…。

 『適量』なんて、個人で如何様にでも解釈が変わる言葉です。
 薬効にも個人差がありますし、効果が感じられるまで塗り込んで下さい、ということなんでしょうか…?



〒 〒
(ノ)・ω・(ヾ)

ツノのケアの『適量』は如何ほどかのぅ…ムニムニ




■今日のニークス

pso20170126_215843_002.jpg
                     (C)SEGA

 ウィティア発見…。

  ココだったのか…っ(´・ω・`)!?

 記憶違いとは恐ろしいもので。
 ずっとカフェの反対側を探してましたよ…。

 出勤前の慌ただしい時間を割いてまでロビーを駆け回った、昨日の苦労は一体…。
 コレもだいたい…何故かフランカのカフェでナビが使えないことが悪いのです(´・ω・`)!!
 …というのはアレですね、方向音痴が道に迷ったときの言い訳のソレですね;

 でも…改めて考えてみると、カジノエリアにも詳細マップの案内が出るのに、何故にカフェにだけ詳細マップがないんでしょう?
 他のフロアに比べて、主要施設が一箇所に集中している為に、必要とする程のこともない…と、単純に割愛されているだけなのかもしれませんが…。
 他に何か秘密があったりするんでしょうか。

 例えば…カフェにあって、他にはない何かの為に詳細マップが出せない、とか…?

  …なるほど、アンリやな(´・ω・`)

 『食い物がうまいし、いいところ』と言いつつ、何かを買う素振り一つ見せず、カフェを徘徊しつづける謎のアンリ。
 思えば、アークスシップの住人の中で、この人だけなんですよね。
 今、何処にいるのかがピンポイントでわからない人って…。

 でも、それが普通ですよね、現実では;

 エコーなんか、カウンター脇に4年も立ち続けてる訳で。
 アークスは、ロビーに生えてるものなんじゃないかと疑いたくなってしまいます。
 折角なのですし、NPCが緊急に合わせて駆け出したりとか…そんな動きのある演出があっても良いんじゃないかな、なんて改めて思ってもみたり。



 今回は、私の勘違いでアチコチ駆け回ることになってしまいましたが。
 NPCキャラクターの再発見という、ロビーの小冒険を楽しんだ訳ですし…。
 これはこれで、オチがついて良かったのかも知れません。



 …さて。
 小冒険といえば…今週末には、右カラムの紹介に挙げている「すず」さんの『ブロガー集会』が開催されることになっています。
 前回の様子から見るに…非常に大きな集会のようですし、ここでも私は迷子の小冒険になりそうですね;

 いえ、迷子になるほどに…というのであれば、むしろそれこそ望むところです。
 交流メインの集まりということのようですし…その中で迷子になることを楽しみにしておきましょうかな(´・ω・`)

独り言 その壱千四拾七

 大きいだけの鈴蘭です。

 メンテナンスが明け…。



〒 〒  〒 〒
(;ω;`三´;ω;)
ウィティアー、カフェに戻ってー!!!




 出勤前。
 ビンゴカードを進めるべく、ロビーを駆け回ったのですが…。
 あろうことか、いつもはカフェでネトゲでもしていると思しきウィティアが、定位置(?)に居なかったのですよ。

 ロビーにいるアークスに会うだけの、簡単なお仕事と思って舐めていました…。
 まさかこんなトラップが仕掛けられているとは…っ!!



  …おのれウィティア…なんと狡猾な…(´・ω・`)グヌヌ



■今日のニークス

 アークスシップではバレンタインが始まりました。

pso20170125_222217_003.jpg
                        (C)SEGA

 今年のバレンタインの緊急は、コレクトシートの登場もあって、例年とは違う…ことになるのでしょうか?



 コレクトシートには賛否があります。
 特に、掘る楽しみが減じた…という声は、私の周辺でも少なくありません。

 欲しいレアアイテムの入手が容易になったのは有難く思うのですが。
 コレクトシート主体となれば、宝探しをしている感覚から遠のいてしまうのは確かです。
 これは、かつて☆11や☆12武器のマイショップ取引解禁の報に触れた際にも思った事ですが。
 自分で掘り当てたモノと、そうでないものとを、見てわかる形で差別化してはどうかと思うのですね。

 こうしたゲームでは、掘り当てた喜びとは別に、掘り当てたモノを使う喜びというものもあるハズで。
 それを実感するには、人とは『違う』という…ある種の優越感を感じさせることも大事と思うのです。

 自分自身の大事なものを人と比べるものではありませんが。
 そうした部分に一喜一憂するのが人というものですから。



 …そうした部分を思う一方。
 ここ最近に開催された周回系の緊急において、特に感じるようになったのですが…。

  『クエストクリアによって、一部のコレクトシートのゲージの伸びが確定する』

 コレクトシートのこの仕様により、以前に比べてクエストを途中破棄する人が明らかに減ったように思います。
 …これは、コレクトシートの恩恵…と、言えるでしょうね。
 ペナルティを課してプレイヤーの行動を縛るよりも、よほど良い方法ではないでしょうか?

 …とは言ったものの。

 仕向けるというには、些か露骨であるようにも思いますし…。
 コレが最善であるのかは、また議論の余地があるようにも思いますが;



 少しずつ少しずつ、より良いものを…と、変わってきたバレンタイン。
 良いと思うのですよ。
 今を足りないと嘆くのも。
 望みがあればこそ、そこに不足を感じることが出来るのですから。
 
 大いに望みましょう。
 これまでも、そうしてきたように。 



  それが、この世界をより良くする原動力(´・ω・`)!!



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千四拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は定期メンテナンスの日。
 そして、アークスの正月の明ける日です。

 …しかし、ようやっと正月が明けたかと思ったら、もうバレンタインですか…。

  早いなぁ…(´・ω・`)

 今年も、バレンタイン期間中は期間限定緊急が配信されます。
 どうした訳か毎年毎年、何かとケチのつけられるバレンタイン企画。
 今年はアムドULTのボス『ドラゴ・デッドリオン』が大トリに控えるという、『氷上のメリークリスマス2016』と同系のクエストになるようですが…。



  …。(´・ω・`)



 …そう言えば。
 バレンタインとホワイトデーの緊急って、Eトラに関連したキャラクターはそれぞれ男女が分かれていたと思うのですが…。

 アークスはいいとして。
 ボスエネミーは…どうでしたっけ?;

 人語を発する竜族系のボスエネミーは、ヴォル・ドラゴンを除いて通常種が男性、レア種が女性となっていますが。
 敵までは男女の別はありませんでしたっけ…?

  分かれてた印象があったのだけど…勘違い(´・ω・`)?

 …まぁ。
 分かれているとしたら、バレンタインはレア種ばかりのお祭で。
 ホワイトデーは、通常種ばかりの残念なクエストになってしまいますか…;

 しかし、男女の別を抜きにしても、私にとって『ドラゴ・デッドリオン』が出てくれるのは有り難いことです。
 ドロップするのかは分かりませんが、あの方の持っているウォンドに用がありますので…。



  …そう。(´・ω・`)



  出すまで殴る…(´・ω・`)!!! 



  殴りまくるッ(´・ω・`)!!!!!



 今日、公式サイトに『[お知らせ] PlayStation®4版ダウンロードが50万を突破!』というお知らせも載ったことですし、近々、これに関連したブースト期間なりも設けられることでしょう。
 このバレンタイン中に…ということになれば、更に期待が高まるというもの。



  明日からが楽しみやな…(´・ω・`)フフフ…



■考えすぎ?

 先日のアップデートで、Lv.17のスキルディスクとキューブで交換出来るようになりました。

 このお陰で、スキルが伸び悩んでいたキャラのスキルが、一気に成長することになり。
 この思いがけない事態を、有り難いと喜んでいる鈴蘭です。

 …が。

 その一方で、思うところが出来たように感じています。



 古代ギリシャ神話に、『パンドラの箱』というものにまつわるお話があります。
 この箱の存在は非常に有名ですが…意外と、『パンドラ』が女性の名前であるという事は知られていないように思います。



 はるか昔。
 無力であった人は、冬には寒さに震えるだけで、暖を取ることも叶わず。
 野獣の襲来にあっては、抗う術もなく、ただただ怯えるだけ。
 …そんな日々を送っていました。

 ことを哀れんだ巨人族のプロメテウスは、神々の禁を破って天界から火を盗み出して人に与えました。

 火を与えられたことで、人は冬の寒さを凌ぎ、野獣を払う力を得て、大いに繁栄することになります。
 人は火によって救われましたが、人に火を与えることに反対していたゼウスは激怒し、プロメテウスに罰を与える一方で、鍛冶の神ヘファイストスに命じ、泥を捏ねて人に『女性』という存在を作らせます。
 そして、この『女性』を『パンドラ』と名付け、一つの箱を持たせて人の元に嫁がせたのです。

 火に続き、パンドラと箱までをも与えられた人は大いに喜びました。
 人は、神々からの贈り物たる箱に何が入っているのかを、パンドラに尋ねます。
 しかしパンドラは、自分が持ってきた箱の中身を神々から知らされていませんでした。
 神々によって好奇心を強く持つように作られたパンドラは、箱の中身が気になるあまり、箱を開けてしまいます。

 果たしてその箱の中には、この世のありとあらゆるものが詰め込まれており。
 箱の中から飛び出したそれらによって、人の世に多くの災いが起こりました。

 ゼウスによる人への罰は、このような形で与えられたのです。



 全ての災いは一人の女性の好奇心から始まった。
 …これは、そんなお話です。



 パンドラの箱に詰め込まれていたものの為に、人の世に災いが起こるようになった…ということから。
 箱の中身には、『厄災』が詰め込まれていた、という考え方ができそうですが。
 しかし、そもそも『パンドラ』という存在は『全ての贈り物を与える者』であり…箱の中にあったものは、人が厄災と呼べば厄災となり、人が僥倖と呼べば僥倖となる…そんな、善も悪も、聖も邪もないものであったのではないか。
 そんなことを思う鈴蘭です。

 望めば、全ての贈り物を与えてくれるもの。

 …私たちアークスにとって、運営とはパンドラそのものであるように思えます。
 今回のLv.17のスキルディスクは、まさにそんな贈り物です。
 その贈り物の良し悪しは、私たちの捉え方一つでどのようにも変わる。
 これそのものに、良し悪しはありません。

 これをどう扱うのか。

 それを決める私たちにかかっている…そう思います。



 開いた箱によって世に厄災が引き起こされるのを見て、パンドラは慌てて箱を閉じました。
 しかし、時すでに遅く、箱からはあらゆるものが飛び出してしまい、もう戻ることはありません。
 混沌とした世の有様に、パンドラは深い悲しみと後悔を覚えたことでしょう。

 ところが、全てを失ったと思われた箱の中には、ただ一つ、『希望』だけが残されていました。
 パンドラは、最後に残されたこれだけは離すまいと、『希望』の入った箱を大事に仕舞い込んだそうです。



 …人が最後まで望みを捨てないのは、パンドラが今も『希望』を箱に仕舞っているから、なのですね。 


独り言 その壱千四拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 大寒が過ぎれば、もう立春も間近。
 暦の上では春もすぐそこのハズなのですが…。  

pso20170123_213127_001.jpg
                     (C)SEGA

  …寒いわー(´・ω・`)

 いやホントに、トナカイさんのリアルスーツが欲しいと思います;
 何しろ、顔に吹き付ける風の冷たさがもう…。



  …。(´・ω・`)



 …そういえば、素朴な疑問なんですが。
 寒さで手足が凍傷にかかって、酷いときには壊死するような話を聞きますが。
 寒いときでも露出していることの多い、目は凍傷にはならんのでしょうか…?

 指と頭…単純に体積の問題なのかもしれませんが。
 それでも、顔面が凍傷にかかる話を聞いたことはあっても、寒さで目が…という話には覚えがありません。

 …ああ、いや…もしかすると、目の表面のレンズ体が、爪と同じように皮膚とは違う構造だから、血行不良によって起こる凍傷にはならない…ということでしょうか…?

 目そのものが凍れば、或いは…。

 …いえ、そんなことになれば、そもそも全身が凍っててもおかしくないのでしょうね;
 目は、特に血管が集中している器官ですし…。
 この程度の寒さで…。
 寒さで…。



  …って、今はそれよりこの寒さだよ(((´・ω・`)))!!!



 ルームウェアでは、現実にもトナカイスーツがあるようですが…。


             (C)SEGA

  この造形は、なかなか無いんよなぁ(´・ω・`)



■今日のニークス

 さて。
 久し振りの、墨染のエステ暮らし。

 週末にえりすさんが訪ねて来て下さり、少し見てもらったのですが…。
 やはりと言うべきか、流石と言うべきか。
 以前から私も気になっていた、墨染の腰の小さい点を突いてきました。

  …やっぱりそうだよねぇ(´・ω・`)

 ただ、こういうのって、自分で考えているうちに基準が曖昧になって、『これでいいか』となってしまいがち。
 不自然な点は自分も理解しているのですが、ではどうするか…そこが今ひとつ見えてきそうで見えてきません。

 …それを察したのか。



  えりす『キャラデータ寄越し(´=ω=`)』



 …直接、何処がおかしいのかを指摘して頂くことに。
 えりすさんに教えて頂いたアップローダーを介して、お互いで墨染のキャラクリデータを遣り取り。



 結果…。



えりすの教え(´・ω・`)
                     (C)SEGA

 左が私が作ったオリジナルの墨染。
 右がえりすさんに手直しされた墨染。

 ちょっと遠目では分かりにくいでしょうか…?
 …ということで、上の写真から部位を拡大して比べてみると。

おこし(´・ω・`) おみあし(´・ω・`)

 身体のラインの違いが分かります。
 アウトラインだけでなく、肌の表面が描く曲線…デューマンの入れ墨の角度を見ると、オリジナルの墨染のボディラインが如何に不自然であったのかが分かろうというものです。

 骨があり、筋があり、内臓があり、それらを肉が覆い…。
 そんな、生物が当たり前に持つ、あるべき形がそこにはなく。
 …なんというか…ゴムのチューブの両端を、力任せに引っ張ったような…厭な緊張感がそこにあるようにも。

  なるほどなぁ…(´・ω・`)

 こうして並べて見比べることで、改めて、オリジナルの墨染に歪があることが分かりました。
 なかなか、このような形で違いを比べることなど出来るものではありません。
 機会を与えてくださった、えりすさんには感謝感謝です。



 …さて、問題は。



 ここからどうするか…です。



 ここに、一つの答えがあります。
 これを用いれば、私の墨染は完成に近づくことができます。
 ですが、それは与えられた型に嵌める、というだけのこと。
 私の答えそのものではありません。

 今の私にとっては、伸びきったゴムチューブの形が良くなっただけ。
 その中に何があって、どうして形が良くなったのかが分かっておらず。
 チューブの中は、私の目には相変わらずの伽藍堂なのです。

 このままでは、次に新たに形を求めるとなったとき。
 私は、またゴムチューブの両端を持って、力いっぱい引き伸ばすことでしょう。

 折角得られたのです。
 出来れば、中身のある…意味のある形として活かしたい。
 …そう思う鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千四拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 週末から寒い日が続いています。
 私の住む辺りでも、日中最高気温が5℃程度。
 夜になると、氷点下にまで冷え込んだのです。

 今も、風があるので体感的には氷点下くらいありそう…。



  大阪市内で氷点下は、ホンマに寒い(((´・ω・`)))!!!!



 こういう時は、暖かい部屋で…。

 …。

 いえ、そうですね…。

 炬燵で蜜柑を楽しむ…なんて、日本の冬って感じではないでしょうか?
 寒い日の炬燵には、日本人であれば誰しもが覚える…抗い難い魔力がありますからね;

 …と、ここで。
 ふと疑問に思ったのですが。

 世界中に寝具として布団が存在し。
 世界中に家具として机が存在するのに。
 私には、他所の国の『炬燵』の話を聞いた記憶がありません。

 以前、フランスで放映された日本のアニメ…『めぞん一刻』に関するエピソードだったと思うのですが…。
 アパートの住人達が炬燵に入って話してるシーンで、それを見たフランスの人が『あれ(炬燵)は何?』と理解出来なかったそうなのです。
 このことから、少なくともフランスでは炬燵というものが一般的な存在ではない、というのが分かります。 

 …ただ、改めて調べてみると。

 炬燵(それに類する暖房器具)は欧州や中近東には、古くからあるようなのです。
 遡ってみると、紀元前の古代ローマ時代には原型となるものが確認できるのだとか。

 かつては、祭祀に使われる道具の一つだったそうで…。
 神域で火を焚べる皿が、屋内で暖を取るための道具に変化して一般に広まったようです。

 例えばスペインには、その流れをくむ『Brasero(ブラセロ:「火鉢」の意)』という暖房器具が今も存在しています。

6158749.jpg

 写真はスペインの『ブラゼロ』…椅子やソファに座った状態で使う、日本では見慣れない炬燵ですが。
 イランの『コルシ』は、日本のように地べたに座って使う馴染み深い形だったりします。
 他にも、アフガニスタンでは『サンダリ』、トルコでは『キュルス』などと呼ばれるものがあるようですね。

 一方、私たち日本の炬燵の歴史は、500年ほど前の室町時代にまで遡る事ができるそうで。
 今は家具調炬燵が一般的ですが…昔の炬燵は、今で言う『掘り炬燵』が一般的であったのだとか。

 海外のそれが祭祀用の道具が元であるのに対し。
 日本の『掘り炬燵』は、囲炉裏が元になっているとされているようです。

 炬燵は近年にイギリスから伝わった、という話もあるようですが、これは正確ではなく。
 日本の古来からある『掘り炬燵』の形に手を加え、一般家屋に広めるキッカケを作ったのがイギリス人の建築家だった…という話が誤って広まった結果のようです。



  ずいぶん古くからあったんだなぁ…(´・ω・`)



 感心しきりの鈴蘭です。

 …が。

 そういえば、アークスが使ってるのは日本式の家具調炬燵ですけど…。
 これ、どこから来たんでしょうね…?;



■考えすぎ?

 週末。

pso20170122_044510_015.jpg
                     (C)SEGA

 少し、お話をする時間を持ちました。

 …と言っても。
 
 これは、以前からひっそりと開いていた、お話会…『雪割りの花』ではありません。
 この週末は、開催予定の日ではあったのですが…。
 実のところ最近。
 私自身、ああした機会が必要…としつつも。
 果たしてそれは、誰のためのものなのか、そこに疑問を感じるようになりました。

 私が話したい話を話すための場になるのでは。
 私が聞きたい話を聞くための場になるのでは。

 改めて場を設けたところで、その甲斐もないのではないか…と。



 これは、余計な口を出しすぎる、私の性分が故のことなのかもしれません。
 …場を抑えてしまっては、意味など無いというのに。

 これならば、差し向かいで余人を交えず話すほうが、まだしも…。



 それぞれに、それぞれの求めるものがあり。
 それに沿う形は、どんなものであるのか。

 …それを、改めて思う鈴蘭です。



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千四拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

(´・ω・)
( つ■と)
…むぅ


 今日19日発売のPS4用ソフト『蒼き革命のヴァルキュリア』…これが気にはなるんですが。
 これ、過去に出た『戦場のヴァルキュリア』とは別物なんですね。

 コレを買って、PS4を併せて買おうかとも考えていたんですが、それを知ってしまうと悩みます…。

 ゲームも本も、多くは第一印象で決めて、勢いで買うタチの鈴蘭です。
 コレは良さげ…と思ったら、あとは行動あるのみ…なんですが…。
 行動に移そうにも、このタイトルには少し引っかかることがあるのですよ。

 先日、PS4を買いたいと記事にした時に『蒼き革命のヴァルキュリア』と並べて挙げた『NieR:Automata(ニーア:オートマタ)』。
 フレさんに伺ったのですが、ニーアは近くPSO2でのコラボ企画の話があるのだそうですね。



  …で、蒼ヴァルは(・ω・`三´・ω・)?



 『グラヴィティデイズ2』にしろ『ニーア』にしろ…同業他社のコラボはあって。
 自社のセガが出すゲームに、PSO2でのコラボがないというのが…。

 作り手側が宣伝の必要なし、と自信を持って判断したのか。
 作り手側が宣伝の余裕なし、と自信喪失して判断したのか。
 …ちと、その辺が気になります。
 
 まぁ。

 購入に二の足を踏んでいるのには、『戦場のヴァルキュリア』と戦闘システムが違うというのを知って、興味が薄れたのが大きいのですが;
 私の目を引いた主要因が、『ヴァルキュリア』のタイトルの響きから来る、『戦場のヴァルキュリア』の続編への期待感でしたからね…。



  『グラヴィティデイズ2』の方が良いのかなぁ…(´・ω・`)



 あれも好きは好きなんですが…。
 酔うんですよね…盛大に;

 多分、やろうと思っても、鈴蘭は…


             (C)SEGA

 …こうなること請け合いですし。

 もう此処は、『ニーア』一本に絞って考えようかな、と。
 (このタイトルはこのタイトルで、公式サイトに『プレイ人数:未定』となっているところが気掛かりなんですが…。MMOやMO…或いは対人要素でも検討してるんでしょうか?)

 アクションゲームは基本的に苦手なんですが…それを差し引いても、この世界観には惹かれるものがありますから。



 …ところで。



 PS4持ってる皆さんって、どのモデルのPS4を持ってるんでしょう…?
 今から買うとすれば…slimが良いのか、proが良いのか。

 現状、私に4Kモニタの持ち合わせはありませんが。
 次にモニタを買い換えるなら、4Kにしようかなぁ…とも思っているのです。

 ならばproが良いのでしょうか…?
 …でも、その選択で満足が得られるのか…そこが、ネットで調べても今ひとつ分からないのですよね。



  今度、持っているアークスの皆さんから、お話を伺ってもみますかな(´・ω・`)



■今日のニークス

  …きた(´・ω・`)

コレを待ってた(´・ω・`)
                         (C)SEGA

 今、ACショップでは、恒例の『お得パック』が何種類か販売されています。
 ブーストアイテムの詰め合わせの類であったり、スクラッチ券の割引セットであったり…その時々で様々なアイテムが販売されていますが。
 中でも、鈴蘭が欲しいと思うものが、こちらの…

これぞ珠玉の初心者セット(´・ω・`)
                         (C)SEGA

 『550AC初心者セット』です。

 このセットって…他のものに比べて、格段にお得だと思うのですよ。
 何故といって、多くのお買い得セットが消耗品を扱っているのに対して、この初心者セットの目玉はアイテムパック拡張10…一度買ってしまえば、ゲームシステムが引っ繰り返らない限り価値の変わることのない、『権利』だからです。

 この言い方が良いのかわからないのですが。
 率直に言って、私などには『レアドロブースト+300%』とか…価値が今ひとつわからないのですね。

 コレクトシートが実装された今、レアドロブーストの有用性は目に見えて分かるようになりました。
 ただ、果たして…キューブ交換で獲得できる『レアドロブースト+250%』との50%の差…これにAC相当の価値があるものなのか。
 私のような貧乏人には、高いとも思えてしまうのです; 

 運営が50%の差で、この価格を設定した以上は。
 そこに、価格に見合うだけの明確な違いがあるのかもしれません。



 しかし、問題は…元のレアドロップ率が低いために、その違いを私たちが実感できるかが分からない、というところでしょうか;



 …そんな私にとっては、明確に便利になる、この『550AC初心者セット』が非常に魅力的に映るのです。
 夢に賭ける人なら、レアドロブーストを選ぶのでしょうが…。

  それに魅力を感じない私は、夢がない…のかなぁ(´・ω・`)

 ACショップの陳列棚に、いつまで経っても残り続ける商品を見て。
 少し複雑な思いを抱いた。
 …そんな鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千四拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 今朝は、職場から寄り道せずに塒に帰り。
 昨夜の書きかけの独り言を、申し訳程度に継ぎ足して。
 どうにも食欲が無かったので、牛乳で風邪薬を流し込み。
 早々に寝床に潜り込んだ鈴蘭です。

 メンテナンスの日は、いつも早めに寝て、その分だけ早めに起き出してアークスとしての用事を済ませています。

 特に今日は、月母のコレクトシートで3枚、あと1回の緊急でノクスが手に入るものがあり。
 出来るだけローテーションでのロスを減らすために、未取得のマスを埋めておきたかったのですが…。

 月母のコレクトシート配信期限は4月。
 今のペースならば、全てを揃えても十分に余裕があるでしょう。
 焦って無理をしたところで意味はありません。
 今の大事は体調の回復…そう見定め、眠ることにしました。



  今日のところは大人しくしてようかね…(´・ω・`)



 …などと言っておきながら。
 メンテナンス終了予定の時間には起き出していた鈴蘭です。

 しかし、どうやら風邪の方はこれからが本番であったらしく。
 もしかすると起きてみれば、軽い症状で治まってくれているかも…という、私の期待は外れてしまいました。
 微熱と頭痛で始まった風邪が、喉にも来たようで…。
 起きてすぐ、喉の奥に引っ掛かりを覚えたのですね。

  むぅ、症状が進んだか…(´・ω・`)

 改めて薬を飲むにも、時間が中途半端です。
 已む無く、痛み止め代わりに蜂蜜飴を口に放り込んで。
 せっかくなのでPC様の電源をオン。
 PSO2のクライアントを立ち上げ、アップデートが始まったのを確認。
 そうして再び寝床に逆戻りしました。



 …蜂蜜飴が効いたのかは分かりませんが。
 仕事を休むほどのことではなかったので、いつもどおりに出勤し。
 今は職場で文章を練っていますが…。
 やっぱり、どうにも喉がおかしいですね;

  ここで食い止められれば良いのだが…(´・ω・`)

 この寒波は、今日で一段落という話ですが、週末には再び寒くもなると聞きます。
 皆さんも、気温の変化に気を付けて、風邪をひかないよう十分ご注意ください;



〒 〒
(´・ω・`)
( つθと )

今こそ唸れ、蜂蜜ぱわー!!!!




■今日のニークス

 週末に、フレさんのトリガークエストにお誘い頂き、参加してきました。

pso20170114_002331_003.jpg
                           (C)SEGA

 先日、別のフレさんにお誘い頂いた時に知り合った方で。
 PS4のサービスインから始めた方を中心に、繋がりを広げておられるようでした。

 私がこうして遊びにお邪魔するようになったのも、本当に偶然のことでしたが。
 そもそも、人とこうして遊ぶようになるのも、偶然が重なった末の必然と思えば。
 何れこうなることも、見えていた…と言えるのかもしれません。

 しかし。

 マルチで見かけることはあっても、話をするような縁を持てるとは限らないのが、今のアークスというもの。
 何気に…難しくなったようにも思うのですね、こうした空気を感じるのは。

 …ただ、それも仕方のないことなのかもしれません。

 それがパーティであれ、マルチであれ、チームであれ、ブロックであれ、サーバーであれ。
 人と人が関係を築くには、お互いで何某かの遣り取りを必要とします。
 同じ括りの中に居合わせる…というだけでは、足りません。

 その線を跨げば同じになる。

 …ただそれだけで変わるものであるのなら。
 人と人が関係を築くのに、お互いに何某かを遣り取りする必要もありません。
 それがパーティであれ、マルチであれ、チームであれ、ブロックであれ、サーバーであれ。



 人の作る輪…とでも言うべきもの。
 それについて、少し考えたくなった鈴蘭です。



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千四拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

  風邪を引きました(´・ω・`)

 私の風邪は喉や鼻、微熱からくるものが多いのですが…今回は頭痛からきました…。
 軽い目眩に加え、姿勢を変えるときに頭が動くと、軽い痛みを覚えます。

 ここ数日、急に冷え込みましたし…そのせいでしょうかね;

 身体を冷やさないように、念のため普段より少し厚着をして出勤しましたが…それでも、寒いものは寒いですね…。
 こんなときにこそ、現実にもトナカイスーツがあれば…などと考えてしまいます。
 光り輝く美しい毛並み…。
 あのスーツがあれば、この冬の寒さの中にあっても、さぞ暖かいことでしょう。

 先日調べたところによると、現実のトナカイの毛皮は、密に生えた毛の中に空気が入って層を成しており、それが断熱効果を生んでトナカイの身体を寒さから守っているのだそうです。
 なるほど。
 トナカイさんの腹が膨らんで見えたのは、そういうことでしたか…(´・ω・`)

 昨日、GJで『リアルトナカイスーツがあれば…』みたいなことを書いて、フレさん達に送ったのですが。
 返ってきた返事の多くは、『通報されますよ?』『猟師さんこっちです』といったもの。



 冬の冷たい風には抗えても。
 世間の冷たい視線には抗えないのですね…(´・ω・`)



 …という、非情の現実はともかくとして。
 明日は週に一度の定期メンテナンスの日です。
 しかし、定期といいつつ…最近、特に増えたように思いますが…定刻より4時間前倒しして、午前7時からの開始となります。

 毎日、午前10時前に帰宅する私にとって、明日の朝のアークスはお休み。
 折角なので、この時間を利用して…悲しみのトナカイスーツはありませんが…ちと買い物に出ようかとも考えています。

  いや、ほら…PS4をさ(´・ω・`)?

 セガの戦場のヴァルキュリアの新作であったり、スクエニのニーアの新作であったり…。
 この冬は、私的に気になるタイトルが幾つか出るようなのですね。



 買う買うと言いながら、未だに買っていないPS4。
 そろそろ買い時なのかな…と。

 そんなことを思う一方で。

 現状、PSO2くらいしかゲームをやっていない私です。
 ゲームを高く積むだけになっては、勿体なくもあり…申し訳なくも感じてしまい。
 どうにも手が伸ばせずにいるのですね。



  …ううむ…(´・ω・`)



 悩むということは、欲しいのに欲しくない理由を探している証。
 迷うくらい…な……ら……っ



  ( ´>ω<)、;'.・ ィクシッ



 …今は、PS4よりも何よりも、暖かい布団が恋しいと感じます。
 週末の休みまで、後3日。
 メンテナンスの朝は、大事を取って少しでも寝ておきますか…;



■今日のニークス

 …っと、時間が。
 また後ほど(´・ω・`)

 …と、いつもの如く朝に追加更新を…と、思っていたのですが。
 今日のところは、前置きだけになりますが…これにて失礼させていただきたく思います。

 どうにも寒気が止まらないので…更新の時間の分、寝ておこうかと;

pso20170114_002331_003.jpg
                           (C)SEGA

 …このSSについてのお話は、改めて今晩にでも挙げさせていただきます。



  続きをお待ち下さった方には、申し訳ない…(´・ω・`)


独り言 その壱千四拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日の褐色集会でのこの場面。

pso20170114_212422_019.jpg
         (C)SEGA

 私はファッションには特に疎いので、こうした輪ができても、定位置から眺めるだけなのですが。
 かと言って、話を右から左…という訳でもありません。

 こういうのを遠目にして、良し悪しを漏れ聞き。
 一人、鈴蘭は裏でコソコソ服を買いに走ったりしているのです。

 しかし…今回の、ソリッドオール・スタイルでしたか。

9930901.jpg
                      (C)SEGA

 これを早く買わなかったことを、今更ながらに後悔しています;

 会場で見かけたときは、『影』が4M程度だったのですが。
 集会が終わって翌日、買おうと思ってマイショップを覗いてみたら…。

  おうふ…6M…(´・ω・`)

 欲しいものは買うのが吉。
 何事も、思い立ったら即実行。

 迷うだけ損でしたね…;



  レイヤリングのベース、高いなぁ…(´;ω;`)



■今日のニークス

 年末から、年を跨いで悩み続けている鈴蘭です。

pso20161226_215357_002.jpg
                       (C)SEGA


 以前に、マイルームの改装を検討している…という話をしたように思いますが。
 どのようにするか、未だに方針が定まりきっていないのですね。

 マイルーム…私室として形を整える、というのも考えてはいるのですが。
 ずっと中途半端のままになっている、双六企画も合わせて構想を練り直してみようかな、と。
 そんな事を考えています。



 そこで、双六のギミック部分に関して、制作段階から広く参加してもらえる形をどうにか…と考えて。
 一つ思いついたのが…。



 マイルームをフレンド限定公開として、『アノサイコロ』、『ダーツ』など双六のギミックに必要な家具を残して他は撤去。
 入り口付近に『フォトンガチャン』を設置して、景品には『ウェルカムマット』を1,050メセタで入れる。
 こうすることで、フレさん向けに双六の制作環境を提供できはしないだろうか、と。

 …ただ、この方法。

 以前に、他人様の部屋に『ウェルカムマット』にメッセージを入れて置く事ができなくなっていたようにも思います。
 或いは私の記憶違いなのかもしれませんが…。
 果たして実現できるものなのかどうか、確認が必要です。
 もし、うまくいくようならこれで。

  …。(´・ω・`)

 いえ…そもそも、双六以外に出来るものはないのか。
 そんなことも考えています。
 チェスの棋譜…のようなものをイメージしてもいるのですが。
 家具で実現するにも、移動と撤去が家主でなければ出来ない以上、置いてあるもので工夫するしかありません。

 …ではどうするか。

 それをアレコレ考えるのが楽しい鈴蘭です。



 …いつもそうして、形にならないままに時間ばかりが過ぎてしまうのですが…;

独り言 その壱千参拾九

 大きいだけの鈴蘭です。

 日曜の朝。
 鹿児島県にある内之浦宇宙空間観測所から、ロケットが打ち上げられました。

 SS-520ロケット4号機。

 JAXAのHPに紹介がありますが…世界最小クラスの宇宙ロケットだそうで、非常に低コストで高高度に小型の人工衛星を投入可能…という触れ込みです。

 H-ⅡAロケットの打ち上げ費用が85〜120億円なのに対して、このSS-520は4億円程度。
 更に、需要が伸びて量産化が進めば、1億円程度にまでコストダウンが出来る可能性があるのだとか。

  小さい分、安いのかな…(´・ω・`)

 しかし、世界最小クラスのロケット…と言われても、今ひとつ実感がありません。
 そこで、先日打ち上げられたH-2ロケット(H-ⅡA:全長53m、重量289t)と大きさを比較した、3Dモデルの資料をネットで見つけたので、見てみることに…。



  …ちっさ(´・ω・`)!!

 H-ⅡAの補助ブースターと比べても、まだ小さいですね…;
 これで宇宙まで行けてしまうんですか…。

  って、こんなんで衛星とか打ち上げられるん(´・ω・`)?

 …少し調べてみました。
 人工衛星というものは、自重1t程度のものが『大型』とされ、公的機関の事業などで主役を担いますが…。
 民生用の観測衛星などは、技術の進歩もあって小型化が進み。
 今では50㎏程度の小型のものが作られているそうです。
 小型である分、観測精度においては大型に劣りますが、開発費が圧倒的に安く、コストパフォーマンスに優れるのが魅力なのだとか。

 今後、民生用の小型人工衛星の打ち上げの需要は高まると期待されていて、商業用宇宙ロケットの開発に、世界各国が鎬を削っている状況です。



 そんなこんなで、期待をかけられている世界一小さなロケット。
 こちらは、今回の打ち上げの模様を中継していたニコ生ですが…。



 …すぐに空の彼方に消えてしまい、姿を追うことはできなくなってしまいました…。

 小さい分、加速性に優れる…ということなんでしょうか。
 宇宙ロケットの打ち上げというより、ミサイルのような飛び方です。
 あまりの速さに、ちょっと呆気にとられてしまいました…;

 たなびく煙だけを残し、皆の期待を載せて遥か高みへと飛び去ったロケット。
 その後、どうなるかと思っていましたが…。

 どうやら、ロケットの制御に必要なデータの受信ができなかったようで、二段目以降の点火を断念。
 安全の為に海に落とすことになったのだとか。



  …残念なことに、打ち上げは失敗したようです(´・ω・`)



 …って、あ、そうです。

 先日、独り言で触れた『日本のロケットの父』と言われる糸川英夫博士は、実験の失敗を『失敗』とは言わず、『成果』と言ったそうです。

 成功へ至る過程の中で得る成果であって。
 失敗という結果で終わる訳ではない。

 …といったところでしょうか?



  SS-520も、今回の成果を活かして、次に挑んでほしいですね…(´・ω・`)



■今日のニークス

 週末には、褐色集会に参加してきました。

 新年第一回目となる今回。
 開始時間に終焉が重なったため、スロースタートになるかと思い…のんびりと会場入りして、いつものごとく看板役として定位置に着いたのですが。
 程なくして、一人二人とおいでになられ。

pso20170114_214605_027.jpg
           (C)SEGA

 …緊急クエストの有無は、あまり関係ありませんでしたね;



  今日も大入り(´・ω・`)ウム



 …ところで。
 私が褐色集会について扱うとき、こうして人が集まってくる様子については書いてきましたが。
 毎回、会場の様子について具体的な部分には触れていませんでした。
 ここの記事内容だけでは…そもそも、この集まりで何をしているのか。
 その点を疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 実際のところ、何かをしている訳でもないので、書きようがない…というのが正直なところでもあるのですね。
 大部分は、他愛のない雑談で過ぎていくのです。
 それを一つ一つ書き出すというのは…野暮というものでしょう。

 ただ、それでも敢えて…というなら。

pso20170114_212422_019.jpg
           (C)SEGA

 …こんな感じに、時々の新作コスチュームを皆さんが合わせ、コーディネートについてあれこれ…というお話の時間は、毎回ありますね。

 ファッションは、自分のセンスを信じて選ぶものですが。
 『外から見た自分』というものの、客観的な感想は得られそうで得られないもので。
 一人で考えているだけでは、自分の信じているものがなんだったのか、いつしか分からなくなってもしまいます。

 『これって、どう思う?』

 …それが気兼ねなく言える場所。
 それが、褐色集会の一つの魅力なのかな、とも思います。

 でも、もしかすると。

 そんなの大したことではない…そう思われるかもしれません。
 …ええ、大したことはありません。
 しかし、その大したことはない遣り取りを、私たちは普段どれだけ出来ているでしょうか?


 
 特別な機会に、特別でもないことを。

pso20170115_000653_058.jpg
                         (C)SEGA

 そこに何かを見出した人が集い、時間を楽しむ。
 これからも、そうして褐色集会が続いてくれることを願う鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千参拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

 クリスマスという、年に一度の晴れ舞台を終えたトナカイさん。
 今は、南の島でゆっくりとバカンスを楽しんでいることでしょう。


                     (C)SEGA

 …冬の寒さに震えながら、駅のホームでブログ書いてる私が、無性に侘びしく感じる姿ですね…w



 …ところで。



 トナカイさんというと…。

お仕事中のトナカイさん(´・ω・`)

 クリスマスに、NORADの捉えたこの写真。
 これを見て、今更ながらに気が付いたことがあります。

 ここで注目してもらいたいのは、ソリを牽いてるトナカイたち。

  …立派なツノがありますね(´・ω・`)

 私は最近知ったのですが…。
 トナカイの生態というものは、オスのツノは秋から冬にかけて抜け落ち、春にまた生え。
 対してメスのツノは、春から夏にかけて抜け落ち、また冬に生えてくるものなのだそうです。

 これは、子育てのためにオスより多くの餌を必要とするメスが、雪の下にある苔などをツノで掘り出すため…とされているようなのです。

 …何が言いたいのかというと。

 クリスマスにツノを持つトナカイに、オスはいない…ということです。



  赤鼻のトナカイは女の子だったか…そりゃ悩みもするわ…(´・ω・`)



 …って、ちょっと待って下さい?
 この時期にツノのあるトナカイは、メス…。
 そうなると、今の時期の男性アークスのトナカイさんって…。



  これが噂に聞く女体化か(´・ω・`)!?



■今日のニークス

 メンテナンス明けから、アークスシップでは新年のお祭りが始まりました。

アークスニューイヤーカーニバル2017
                          (C)SEGA

 まぁ、色々と修正されたり追加されたりで、お祭りどころではなかったりする鈴蘭なのですが。
 特に、今回はそれだけではなく…。
 イベント事で忙しくもなりそうなのです。



 …なにしろ…。



 まず、今週末は毎月恒例の『褐色集会』の開催が控えています。
 2017年最初の『褐色集会』。
 雰囲気的には新年会みたいなものになるのでしょうか?
 前回は、トナコプターによる余興があったりしましたが…。
 果たして今回は…?
 
 まぁ、特別な『何か』が、この集まりの要という訳でもありません。
 人が集まる場がある、という点にこそ意味があるのでしょうから。



 今回も、多くの方とお会い出来るかと思うと、今から楽しみです。



C15vqF6VEAA7mwH.jpg
                          (C)SEGA

【開催日時】
 1月14日(土)
 21:00~およそ0時ぐらいまで
  ※0時以降は2次会となります。

【開催場所】
 ship3 B228 フランカ'sカフェ
  ※少し奥のパラソルがあるテーブル席付近

【参加条件】
・種族、性別を問わず褐色であること
 褐色か否か判断が難しい場合がありますが、その場合は本人が褐色と言えば褐色キャラであるとします。
・見学も歓迎です。
 褐色キャラでなくとも見学OKとさせて頂きます。
 見学の場合は、オンラインステータスに表示する等して分かりやすくして頂けると有り難いです。
 ただし、集会イベント(集合SS撮影、緊急クエスト等)への参加は見学者の方にはご遠慮頂いております。
・ハッシュタグは「#褐色会」
 撮影したSSにハッシュタグをつけてツイッターにUPする際は「#褐色会」で統一して頂けるとありがたいです。

【注意事項】
・SS撮影は自由、公開は名前非表示で。
 基本的にSS撮影は個人で自由に行ってもらって構いません。しかし、ネット上に公開するものはキャラ名等の頭上表示を消した物をご使用願います。
 ※撮影NGの方はあらかじめフリーワードに「撮影NG」と記入し、できるだけ集団には加わらず見学者として参加して下さい。
・他人のキャラを誹謗中傷しない。
 誰しも我が子は可愛いものです。特にこういった集まりに来られる方は自キャラに愛着を持つ方が多いと思われますのでご注意を。
・緊急クエストが発生した場合は各個人にて判断し行動して下さい。
 できれば集会参加者でクエストに行きたいと思っておりますので、その際はご協力お願い致します。

 皆様のご参加、心よりお待ちしております。




― ◆ ―




 また、今月末のことになりますが。
 9鯖のすずさんの企画で、ブロガー集会が催される事になりました。

 2回目の開催となる、この集会。
 前回の集会では、折角ご招待頂いたものの、私の所用と重なってしまい…。
 冒頭に、すずさんにご挨拶だけしてお暇することに。

 あのときは、本当に申し訳ないことをしてしまい。
 その後に埋め合わせるようなこともなく…ご無沙汰ばかりしてしまいました。
 にも関わらず、今回も有り難いことにお誘いくださったことで。



 今度こそは…と、参加を決めた鈴蘭です。



62f29032179e3a819b3b3a8b73699431_b1a3dcb54df1f5398b570dd4aa109bf9.jpg
                          (C)SEGA


第2回『PSO2ブロガー集会』
詳細
日時:1/28(土)21:30~
場所:共通シップ(チャレンジシップ)B848
参加資格:PSO2に関するブログを書いている方なら誰でも!!
招待状とかはないので当日開催場所に来てください。
事前にキャラ名・ブログ名を
ブログコメントやツイッターで教えてくれると嬉しいです。

企画内容
①自己紹介
1)名前
2)ブログ名(&レンタルサーバー名)
3)所属シップ
4)自己PR(ブログの紹介等)

②SS撮影
集合写真撮ります。

③交流会
各自交流会です。SSやフレ交換等に使ってください。

注意事項
①当集会でのSSの取り扱いについて(重要)
当集会の参加者・見学者の皆さまは以下の事項の
了承をお願いいたします。もし了承できない場合は
参加しないでください。

◎当集会参加者・見学者の皆さまの映ったSSまた
キャラクター名は他のブロガー様のブログまたTwitter等のSNSにて
許可なく使用されることに同意したものとみなします。
当集会参加者は自由にイベント内のSSをお使いください。
ただ悪用は絶対にしないでください。
イベント中に許可を撮るとすごい時間がかかるため
このような措置を取らさせていただきます。

②イベントの進行にご協力ください。

③悪質行為について
誹謗・中傷また身内ネタで使っている差別用語等の
使用は控えてください。当イベントでは様々な方が参加いたします。
日ごろ使っているコンタクトも他の方に通用するとは限りませんので
そこだけご注意お願いいたします。
又荒らし等の対応は直接チャットで言い返さずに
証拠SSの撮影→BLへ追加→運営へ報告の手順でお願いします。

④告知の拡散にご協力ください。
各自Twitterやブログで告知していただけると助かります。

⑤参加者の方はオンラインメッセージにブログ名。
見学者の皆さんは鈴の音見学と入力してください。

⑥イベント参加者はイベント時間内に来る緊急クエストの
参加を控えてください。
どうしてもという方はこっそり抜けてこっそり戻ってきてください。

⑦質問等はブログコメント又はツイッターDMにて受け付けます。
私のTwitterのアドレスは一番最後に記載いたします。
  ※すずさんのTwitterはこちら

以上の点に注意し皆さんで楽しい集会を作りましょう♪




 正直なところを言えば、自分は『ブロガー』たらんとして独り言を書いている訳ではありません。
 これは…私の中では、『ブロガー』というものは、『ブロガー』と冠された何かに『なりたい』と望んだ人がなるもの…そんな認識があるからなのですね。

 …いえ、これだと分かりにくいかもしれませんね;
 なんと言えば、私の感覚を伝えられるでしょうか…。

 『エンターティナー』…或いは、『ストーリーテラー』?
 私にとっての『ブロガー』とは、そうした…『人に楽しみを提供する人』というイメージなのです。 
 それに対して、私は人の楽しみになるようなものを提供しているとは思っていません。
 なんというか…本当に『独り言』なのですよね。

 その言葉は、自分に向けられたものであり。
 他の誰かに…という意識に乏しいように思いますから。

 …なので。

 『ブロガー』としての私を求められても、困ってしまい。
 これまで、こうした集会に抵抗を覚えていたのです。



 そんな私に、すずさんが『十人十色』…と仰ってくださったのですね。
 


 …そうなのですよね。
 決まった何かでなければならない…そんな資格のようなものではなく。
 人の数だけ、形があるはずのものなのですから。

 私が『ブロガー』と拘ることに、大した意味など無いのかもしれない。

 …それを確かめるため。
 少しばかり、お邪魔してみようかと思う鈴蘭です。



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千参拾七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日のメンテナンスでは、様々な調整がされました
 生憎と、出勤前のこともあって…私の方ではこの記事を書いている段階では、その全てを確認しきれてはいないのですが…。
 聞けば、防衛戦とマガツにおける銃座の強化がされたとか。

 21時に発生したマガツでは、アークスの間で銃座の取り合いが起こるという、前代未聞の情景が見られたと聞きました。

 まぁ、新しい物には、皆さん関心が高い…という事なんでしょうね;



 威力が低く、これまでのクエストでは到底使い物にならなかった銃座。



    〒 〒
   (、´・ω・)▄︻┻┳═一 
 覚悟してもらおうか…。




 …などと構えようものなら、『真面目にやって(´・ω・`)?』…とツッコまれる有様でした。

 あんなにゴツい銃を載せた銃座なのに、アークスが素手で戦うのでもない限り、使うべき場面がありませんでしたしね…;
 外見上は大した違いが無いのに、フォトンキャノンと銃座にあれだけの威力の違いがあるのは…今もって謎です…。

 …まぁ。

 謎は謎としても。
 銃座の威力が上がり、ギミックを使う場面が増えたのは喜ばしいことです。
 それは、私たちの遊びの可能性が広がるようなものでしょうしね。



 私の周辺でも早速、エリさんが試し撃ちに行っていたようで。
 チームチャットで、その感想を聞くことができました。



  エリ『WB貼って、1発14,000くらい(・ω・)』



 …いやいやいや…。

 可能性云々以前にですね?
 この威力、ちょっと高すぎやしませんか運営さん…;
 


■今日のニークス

 今日は朝からメンテがありました。
 いつもであれば、仕事が明ければ真っ直ぐ塒に帰って、寝てしまうところですが。
 今日は、先日のPCの不具合に対応すべく、新しくHDDを買おうかと思い立ちました。

  って…あ、今日って11日か…(´・ω・`)

 大阪は日本橋。
 かつては『西日本最大の電気街』と言われた街ですが…。
 最近は、南側の商店街はシャッターが閉じたまま。
 雑居ビルの多くも空室が目立ち、寂れてきた感もあります。
 しかし、数年前から北側は『オタロード』などという、新しい呼称で呼ばれるようになり。
 サブカルチャーを取り扱う店が立ち並び、寂寥感を感じさせる南とは対照的に、多くの人で賑わいを見せています。

 そんな場所から、筋を二本ばかりズレると…。
 推古天皇の御代に聖徳太子が四天王寺を建立されたときに、同地西方の鎮護としてお祀りされたのが始めと伝えられる…今宮戎神社の参道があったりします。

 毎年1月9日は『宵戎』、10日は『本戎』、11日は『残り福』。
 この3日間に、参詣者は一年の商売繁盛を戎様に願って、縁起物の福笹や熊手を買います。
 この際、『商売繁盛で笹持って来い』という口上が歌われるのですが…。
 これは『笹を持ってきたのなら、商売を繁盛させましょう』という意味と、『商売が繁盛したら、また戻ってきなさい』という2つの意味があるそうです。

 この向上の通りに行く人なのか、戻る人なのかは分かりませんが。
 この戎祭…『えべっさん』には、3日間で100万人もの参詣者が訪れるのですね。

  …もう、周辺地域は福笹持った人で一杯です(´・ω・`)

 人混みを遠く眺めるのは好きなのですが。
 その中に自分が身を置くのは遠慮したい…という私なので。

 何を好き好んでこんな日に出歩かねばならないのか、と。

 …そう思い、一度は塒に直行しようと思った私ですが。
 しかし。
 アークスシップのメンテナンス中は、時間を気にせずに好きなことが出来ます。
 帰ってただ寝るだけでは勿体無い。
 この機会に、HDDの品定めをするのもいいか…。
 そう思い直しました。

 仕事が明けて、日本橋に着いたのが9時前のこと。
 店が開く時間にはまだ早く。
 あと2時間ほどを、何かで潰す必要がありました。



  …折角だし、少し歩くか…(((´・ω・)



 新今宮から大国町、そこから北上して難波を抜けて千日前を通り過ぎ、心斎橋の手前で折り返し…。
 ここしばらく、用事のあるところにしか出入りしていなかったので、記憶にある町並みと随分と変わっていることに驚きます。
 ただ歩いているだけで、ちょっとした浦島気分を味わえて…楽しくなってきてしまいました。

 …まぁ、自分があまりにも周囲に無関心だったからこそのこと、とも言えますが;

 朝が早いとは言え、参道周辺は人でいっぱいです。
 関西では、『えべっさん』のために(仕事として)会社を休んで縁起物を買いに行く人もいるくらいですからね…; 
 できるだけ人混みを避け、裏道を縫うようにしてフラフラ。

 気がつけば、そろそろいい時間。

 日本橋の近所まで戻り…。
 久しぶりにゲームセンター…セガアビオンに入りました。
 以前は、ここに足繁く通ったものですが、最近はすっかり足が遠のきました。

  三国志大戦とか、よく遊んだんだけどねぇ…(((´・ω・)
 
 …などと思い出しながらフロアを上がると…。

三国志大戦4(´・ω・`)
                         (C)SEGA

 思いがけず見かけた、最新作;
 年末から、最新作が稼働してたんですね…;
 パッと見、ルールとか色々と変わってるようですけど…筐体自体に大きな変化があるようには見受けられません。

  こういうのは、意外と進歩しないものなのかな…(´・ω・`)?

 などと思っていたのですが…甘かったですね;
 リーフレットとか見たんですが…これ、昔みたいに遊ぶとカードが排出されるのは変わりませんが、予め作り置かれたカードが排出されるのではなく、カードが筐体内で印刷されて出てくるんですね。
 それと、ネットワーク機能を使った筐体の予約、順番が来たら自動でアナウンスするという…。
 これまで人が行わねばならなかった部分を、機械に任せてしまう。
 そんな、ありそうで無かったものが、こうして身近な現実に。
 …いやはや、確かに時代は進んでるんですね…;

 一人、何か変な感心をしながらゲームセンターを後にして。
 PCパーツを扱う店に入り…。
 目当てのHDDよりも何よりも、グラフィックボードの値下がりに驚いて、思わず店に並ぶ商品に見入ってしまいました。
 傑作機と言われていると聞く1050…ホントに安いですね…;
 ウチのPC様のグラフィックボード…PSO2を遊ぶ分には不都合はないのですけど…性能的に余裕がある、というほど高性能というわけでもありません。

  14,000円…ここまで手頃感があれば、買っても良いかなぁ…(´・ω・`)

 ううむ…唸りながら店を出て。
 開いた店に立ち寄り、買い物をいくつか。
 久し振りの、ちょっと長めの散歩を終えて、塒に帰り着いた私が手にしていたのは…。



  『虚構推理』



  …あれ(´・ω・`)?



 散歩が楽しかったことですし…。
 HDDは、また次の機会にしましょう…うん…。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その壱千参拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 アークスのクリスマスが、ようやく終わろうとます。

 今年の季節限定クエスト『氷上のメリークリスマス』は、装備制作に必要なソールや、強化に欲しいエンペ、現行最高硬度のイザネユニット、優秀な因子を持つ☆13コレクト武器…と、一粒で何度も美味しいクエストでした。

 …まぁ、その分…。

 全行程を全速力で駆け抜ける形になり、いつになく忙しないクリスマスイベントになってしまいましたが…;



三((((ノ・ω・)ノ メリクリ!!




 クリスマスの風景を…と、望んで。
 今を『これぞアークスのクリスマス』と言われ、示されれば、その通りだとも思えます。

 しかし。

 祭の趣向…という点では、年々後退しているようにも感じる鈴蘭です。

 かつては、季節限定で三姉妹のケーキ屋が出張って来たりしていましたが…。
 クエストの進行テンポが悪くなるせいか、ケーキを売るどころの話ではなくなってしまい。
 アークスの不興を買って、季節が移ろう度、徐々に端に追いやられ…遂には出番が無くなってしまいました。

 もしかすると、PS4から始めたアークスの皆さんの中には、『ナウラのケーキ屋』の存在を知らない人もいるんじゃないでしょうか…?;



 普段のアークスは、ほぼ全てのクエストにおいて、『敵を殲滅する』事を至上命題としています。
 アイテムを得るために、敵を倒さねばならない遊びをしている以上、これは当たり前の事でしょう。

 …ですが。

 そこに、変化はあってもいいと思うのですね。
 たまのお祭りなのだし…といった。
 そんな『遊び』を、と。



■今日のニークス

 クリスマスの終わりと共に、この二人ともお別れです。

pso20170110_213135_002.jpg
                         (C)SEGA

 …こうしてみると、この風景に感慨深いものを感じる鈴蘭です。

 esで活躍する二人のこと。
 esを遊んでいれば、また会うこともできますし。
 或いは…また何れ、機会がめぐり…ここで出会うことになるのかもしれません。

 …しかし。

 次に会うときにも、こうして二人が揃っているのかは…分かりませんし。
 それに。
 時間の流れが曖昧な、アークスシップで過ごしていると、ついつい忘れてしまいがちですが。
 時間を隔てた先にある『今度』は、違うお互いとの出会いともなるのですから。



 この一枚は、もう二度と望めないかもしれない。



 一期一会。
 …これは、この二人に限った話ではないのですけどね。



■おまけ

 明日は定期メンテナンスの日。

 各種のアップデートが実施され。
 新春のWeb連動イベントが始まります。

 今年を占う、最初の大型イベント…。



 今日は、今宮戎神社の『本戎』。
 大願成就の為に、ここは神社に詣でよう。
 …出勤前、そう思い立った鈴蘭です。



pso20170110_222702_003.jpg
                         (C)SEGA

〒 〒
(´・ω・`)
( つ□と )

トナカイさん始まったな!!!!




■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千参拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 土曜の晩のこと。
 寒さに震えながら寝床を抜け出し、PC様の電源を入れて。
 寝起きにコーヒーでも飲もうと、PC様の側を離れ台所に向かいました。

 薬缶をコンロに掛け、マグカップにインスタントコーヒーを一匙。
 冷蔵庫から朝食代わりのゼリーを取り出し…。

 それだけでは少し寂しい腹具合。

 少し考えて、買い置いていたパンを出してトースターに放り込み。
 ふとコンロに目を戻してみれば、ただただ静かに薬缶は火に炙られていました。

 …お湯が沸くまで少し間がありそうです。

 再びPC様の元に戻り、遅まきながらブログを巡ってご挨拶でもしようと思い。
 さてさて、それでは…と、手を擦りながらモニタを見てみれば…
 


  PC様『BOOTMGR is Missing』



  …。(´・ω・`)



  あいきゃんとすぴーくいんぐりしゅ(´・ω・`)



 真っ黒な画面に、ただ一言のエラーだけが表示されていたのです。
 暫く様子を見ますが、PC様は沈黙したまま。
 どうやら再起動するしかないようなので、やむなく再起動をかけますが…。
 何度やっても同じメッセージが出ます。

 コレはただ事ではない…と、ひとまず騒ぎ出した薬缶を宥めに行き。
 朝食を脇に置いて、スマホ様でPC起動に関するトラブルの情報を集めにかかりました。

 表示されたメッセージを頼りに、検索にヒットしたサイトをいくつか見て回ったところ…。
 どうやら、起動用の設定ファイルが何らかの理由で呼び出せなくなったことによるエラーが起きたようです。
 しかし、起動の順序を決めるBIOSレベルのエラーなのか、HDDの読み込みで失敗しているのか、私には今ひとつわかりません。
 とりあえず、こちらのサイトで紹介されている手順が参考になりそうだったので、早速試してみましたが…。

  あかん…(´・ω・`)

 一通り試してみたものの、状況に変化なし。
 私のエラーは、Windowsの復旧ツールでは回復できないようです。

 このエラーメッセージはBIOSの設定が破損したことを知らせているようですが、もしかすると私の場合はエラーが発生している箇所が微妙に違うのかもしれません。
 どうやら、面倒がって小手先の対処方法を試すばかりでは埒が明かないようです。

 これは徹底的にやるしかない…そう諦めて、ため息一つ。
 PC様のカバーを外し、中をゴソゴソ。
 そうして、あれこれ試した結果…。

  最小構成の起動…も無理か…(´・ω・`)

 OSの入ったプライマリのHDDは認識していますが、データを入れていたセカンダリHDDを認識しません。
 セカンダリがネックになっているのかも…と、当たりをつけ、セカンダリを外して起動を試みますが、それでも起動不可。
 ダメ元で、プライマリだけで先程の復旧手順を試しますが…やはり変化なし。
 頼みのWindowsの復旧ツールが効果を見せないのでは、素人には打つ手がありませんね…。

  しょうがない…クリーンインストールするか…(´・ω・)=3

 OSの入っているパーティション…システム領域には、極力データを入れないようにしていたので、消したところで困るようなものは…ブラウザの『お気に入り』と、デスクトップに置いていた備忘録的なテキストデータくらいでしょうか。
 ただ、それらにしたところで無くなったら無くなったで、またやり直せばいいだけのものです。
 PCが使えない状況を改善できるのであれば、無くなっても惜しくはありません。

 そうと決まれば、早速ハードディスクの初期化から。
 元々、OS用のシステム領域はデータ用ほど大きくは取っていません。
 普通であれば、ここで時間を取られるようなことはありませんが…。
 起動しなくなった原因がHDDの物理的な故障であれば、そもそもフォーマット作業自体、できない可能性もあります。
 一抹の不安を感じつつ、恐る恐るフォーマットを実行してみると…作業は問題なくあっさり終了。

  物理的な故障ではない…か(´・ω・`)?

 疑問は残りますが、こうなれば後は簡単。
 Windows7をインストールして、外していた機器を戻し、各種ドライバを入れて、Windows7のアップデート。
 しかる後に、PSO2のインストールで取り敢えずは復旧完了です。

 復旧作業は順調に進み、次はWindows7のアップデート。
 MicrosoftのHPにアクセスして、アップデートを始め…



  …。(´・ω・`)



  ……。(´・ω・`)



  ………おわらん(´・ω・`)



 2時間経っても、準備段階の構成の確認作業すら終わりません。

 どうにもおかしいと思い、一旦アップデートを中断してネットで調べてみると…。
 …どうやら累積した更新プログラムの数が膨大すぎて、スキャンにとんでもなく時間がかかってしまうWindows7特有の不具合があるようです。

 症状を解説したサイトで状況確認。
 作業の進行を妨げている更新データは特定されており、先にこれを手動で適用することで不具合を回避できる模様。
 早速、手順通りに更新データを適用すると…。

  お、動き出した(´・ω・`)

 先程までの状況が嘘のように、恙無くアップデートが進みました。
 アップデートが済んだところで電源を落とし、外していた機器を取り付け…。
 ドライバをアップデート。
 さて、いよいよPSO2のインストールです。

 起き出したのが20時の事でしたが…。
 ここまで来たところで、時計は既に6時を回っていました。
 
  …長かった…(´・ω・`)

 随分と時間が掛かりましたが、ここまで来ればアークスシップの乗船ゲートは、もう目の前です。

 本来、私の構築した環境では、PSO2のクライアントはシステムと分け、セカンダリに単独でインストールして動かしていたのですが…。
 セカンダリが使えない(?)現状では、システムと同居させるしか手がありません。

  …Cドライブにインストール…っと(´・ω・`)

 PSO2のインストールに1時間半。
 今までのアップデートの回数を思えば、これだけ掛かるのも仕方ありません。
 ジリジリしながら待つこと暫し…。
 ランチャーが立ち上がったところで、小さくガッツポーズ。

 早速、起動して…。



  …音が出ない(´・ω・)」



 無音で繰り広げられているヤマトとA.I.S.の攻防。
 そんなオープニングを見て、クリーンインストールした後、サウンドカードのドライバをまだ入れていなかったことを思い出しました。

  慌てるとアカンな…(´・ω・`)

 イージーミスを反省しつつ、サウンドカードのドライバをネットで探してインストール。
 コンポとの接続を確認して、デバイスマネージャで稼働状態を確認。
 念のためYoutubeで音が出ることを確認し。
 今度こそと、PSO2を起動…。

  …って、やっぱり音が出ない…(´・ω・`)

 こうなると、PSO2特有の現象だろうと当たりをつけてネットで検索。
 すると…。
 こちらのサイトで詳しく説明されているのですが。
 ゲームを動かすために使われるDirectXのバージョンがPSO2では古く…最近のWindowsが標準で備えているバージョンだけだと、音が出ないなどの動作不良を起こすようです。

 解説に従ってMicrosoftのHPから『DirectX エンド ユーザー ランタイム』を適用。

 …ところが、これでも音が出ません。
 原因は分かりませんが、環境によってはPSO2のウィンドウが常に非アクティヴ状態になってしまう現象があるようです。
 これの解決策として…。

 「¥MyDocuments¥SEGA¥PHANTASYSTARONLINE2¥user.pso2」

 これをメモ帳などのTEXTエディタで開くと…

  Sound = {
  Play = {
  Surround = true,
  GlobalFocus = false,
  },
  Volume = {
  Bgm = 50,
  Voice = 80,
  Se = 80,
  },
  },

 …上記のような、サウンドの挙動を設定する記述があるのですが。
 ここの『GlobalFocus = false』を『GlobalFocus = true』にする事で、常時音楽を再生するように出来ます。



 …取り敢えずは、動くようになった…(´・ω・)=3



 一安心…と、行きたいところですが。
 まだ問題が残っています。
 最初に起動を試したとき、怪しいと当たりをつけたセカンダリのHDD。
 他の機器は元通りに繋げ直しましたが、これだけは戻さずにいました。

 いえ、本当は戻したいのです。

 …というのも、これの中には最近のPSO2の記録が入っており。
 その中でも特に、褐色集会参加者の姿とアークスカードを写したSSが問題です。
 毎回、あれを頼りにして、皆さんにGJで告知出したりしてるもので…無いと困るのですね;

 しかし、先程の復旧作業中はツールがHDDを認識しませんでした。
 これは望みがないかもしれない…と、半ば諦めつつも、USBの外付けHDDケースに収めて電源ON。

 すると…。

 なんと普通に動いて、認識さてしまいました。
 こうなってくると…マザーボードについているSATAケーブルか、その根っこのHDDを制御してる部分に何か問題がある可能性が高くなってきます。
 アクセスできたのは喜ばしいのですけど…原因を思うと複雑ですね;

 …と、まぁ…原因はともかく。
 今はデータのサルベージが急務です。
 早速、フォルダを開けて…



  PC様『このファイルの場所へアクセスするためのアクセス許可がないため…』



  …あいやー…(´・ω・`)



 どうやら、Windows7のセキュリティ機能として、アクセス権限を明確にしなければ開けない仕様になっているようです。
 暗号化などはしていないので、単純に認証の問題ではあろうかと思うのですが…。
 更にサイトを巡り、こうした場合における解決の手順を紹介しているサイトを探し出し…。

 ようやっと、ようやっと復旧です…。

 復旧までに12時間あまり。
 折角の連休が、復旧作業で潰れてしまいましたが。
 その甲斐あって、その日の晩のGJは、これまで通りに褐色集会の参加者さんに送ることができました。



  (´・ω・)=3



 いろいろ調べて回ったのは、いい経験でした。
 お陰で、少しばかり、不足していものを補えたようにも感じますから。
 …とはいえ。
 今後、これを活かす機会が来ないことに越したことはないのですが…;
 どんなに願ったところで、先々のことは誰にもわかりません。

 …なので。

 何かのとき。
 誰かが繰り返すことがないように、ここに書き置くことにします。



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千参拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 明後日…この記事の投稿日付的には明日ですが…は、人日の節句。
 所謂、『七草』を食べる日です。

  芹、薺、御形、繁縷、仏の座、菘、蘿蔔(´・ω・`)♪

 子供の頃に節を付けて覚えたこの名前。
 普段は耳慣れないものもありますが、昔から呼ばれてきた植物の名前です。
 単に世事に疎い私が知らないだけで、今でも一般的に呼ばれているのだとばかり思っていたのですが…。
 この七草、今では違う名前になっているのだそうですね;

 七草の今の名前を、先程の順番を変えずに書き出すと…。

  …セリ、ぺんぺん草、母子草、小蘩蔞、小鬼田平子、蕪、大根…(´・ω・`)?

 セリや蕪、大根はまだしも…ぺんぺん草て。
 私の中での七草のイメージが、一気に下落しました…。
 薺って、ぺんぺん草の事だったんですか…;



 この手の野菜の名前では、全く同じ物なのに、どうして呼び方が違うのか分からないものや。
 そもそも、同じ野菜を違う名前で使い分けていること自体、自身で気付いていない事もあります。

 身近なものでは…紫蘇(しそ)などが良い例でしょうか。

 紫蘇は料理の薬味に使われる食材です。
 特に日本では、古くから梅干しを漬ける際に使われてきました。(江戸時代の文献に記述があるそうです)
 これは、紫蘇の成分が塩と反応して防腐効果を発揮するからだそうで…食べ物を長期保存する為に先人の編み出した知恵、ということですね。

 この為か、よく『紫蘇には殺菌効果がある』と言われますが、これは科学的には明確な誤りだそうで。
 紫蘇は、塩と合わせることで初めて殺菌効果が生まれるのであって、紫蘇単体では殺菌効果は望めないのだとか。

 『殺菌効果があるから大丈夫』

 そう思い込んで使ったり食べたりすると危ないかもしれませんし…要注意、ですね。



 …で、この紫蘇。



 お刺身のつまとして、見かける事が多いかと思いますが…。
 この時は、『紫蘇』ではなく『大葉』というのだそうです。

 これは明確な使い分けの決まりがあるものではなく、流通させる上で商品名に用いて違いを出したのが始まりともされています。

 葉の形のまま使う場合は『大葉』。
 切って加工したものは『紫蘇』。

 …なんとなく、そんな使い分けがあるのだそうです。



 アークスシップのロビーには、多くのアークスが行き交っていますが。
 その名前の多彩さは、私の想像出来る範囲を遥かに超えています。

 それは、それぞれにそれぞれの求めるものを、そこに込めたからこそ…でしょう。
 
 …それを思えば、私の理解など及ばないのも当然です。
 それだけ世界は広く、人の考えは深いのですから。

 名前から想起されるイメージを大事としたのか。
 名前が指し示す、その本質を大事としたのか。

 それがどんなものであれ、ここでそれぞれの形を得ようとした。
 たとえ、名前の背景に私の理解が及ばずとも。
 相手のその意志に共感することは出来るのではないでしょうか?

 かつての私がそうであったように…と。

 

独り言 その壱千参拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日でブーストも終わり。
 皆さんは、充実したお正月を過ごす事ができたでしょうか?

 鈴蘭の方は…ブーストのお陰でコレクトシートの進みが良かったなぁ、という印象のお正月で…。
 肝心の、期待していたドロップの方は今ひとつ…でしたね;

 フレさんは、コレクトシートの追い込みの為にSGを購入してクールタイムを片っ端からリセットして回し。
 この期間中に随分と収集したと聞きます。

  熱心だなぁ(´・ω・`)

 …いやはや…感心するばかりの鈴蘭です;

 緊急が来なければ進めようが無いコレクトシートのこと。
 確かに、これを好機として、急ぐに越した事はないのかもしれません。

 ただ、私としては…。

 先の見えないものがありますが、月母のコレクトシートが4月まで配信される事を思えば、今SGを使ってまでして、慌てて集めることもないかな…と、暢気に構えています。

 ことSG…というものは、これまでアークスが手にしてきたゲーム内通貨の中でも、異質な存在だと思います。

 ACやFUNが『ゲーム内のモノを得る』事が主体であったのに対し。
 SGは『ゲーム内での時間を得る』、『ゲーム内での機会を作る』という事が主体になっていますから。

 SGを使えば使っただけ、今、この瞬間の選択の幅が広くなります。
 しかし。
 SGを使えば使っただけ、何れ、何かのときの選択の幅が狭くなる。
 それがSGというものであろう、と。

 …まぁ。

 全ては、課金すれば解決する事ではありますけど…ね。
 ただ、貧乏人の私としては、出来る限り安く上げたいのですよ;



 今を我慢すれば、人より少し遅くなろうとも、何れ同じ場所に立てる事が分かっているのです。

  ならば、今は耐える…(´・ω・`)!!

 …と、そうしているうちに、何の為に耐えているのか忘れてしまう鈴蘭なのですが…。



■今日のニークス

 この正月は、ライドロイドに乗って空を駆け回っていたトナカイさん。

pso20161230_231244_010.jpg
                      (C)SEGA

 ラスベガスの空を飛び。
 月面を駆けた日々でした。

 人は、容易に『空を飛ぶ』という経験は出来ません。
 飛行機に乗って空を飛ぶとしても。
 鳥のように、自身の力で飛ぶのとは訳が違います。



 新体験を謳うEpisode.4において、このライドロイドは確かに、私に新しい体験を齎してくれました。



 ただ…現状のライドロイドというものの、遊びの可能性について考えたとき。
 ライドロイドは、空を飛ぶに良い道具ではあろうかと思いますが…。
 それを使っての良い遊びになっているのか…其処に多少の疑問を感じます。
 いえ、楽しくはあるのです。
 しかし、せっかく自由に空を飛べる道具があるのに…私には、空が狭いと感じられるのです。
 …或いはその感覚は。
 私にとっての『遊びの楽しさ』と、『ゲームの楽しさ』とが別に感じられるためなのかもしれません。

 どこまでも自由に飛べるのであれば、きっと楽しいことでしょう。
 でも、だからと言って、どこまでも自由に飛べるだけでゲームとして満足できるのかと言われれば…そうではありません。
 ゲームをゲームとして楽しむためには、私を縛るルールが必要ですから。
 
 私を縛るルールの存在があってこそ、私はゲームの中で自由に飛んでいると感じられる。

 …楽しいゲームとは、そうしたものではないか。
 そう思う鈴蘭です。



 …難しいものですね。

 ルールを厳格にすれば、ゲームとしては堅固になりもするのでしょうが。
 それでは、プレイヤーにとって窮屈になってしまいます。

 ルールを取り払ってしまえば、ゲームはゲームとしての形が曖昧になり。
 それでは、プレイヤーはゲームに執着しなくなるでしょう。

 如何にして、そのバランスを保つのか。

 ライドロイドにしても、A.I.S.にしても。
 可能性があると思う鈴蘭ですが。
 果たして、バランスを保つ事が出来るようになるのか。
 いえ…そもそも、バランスを保つようにすべきなのか。

 …そこが、よく分からなかったりします。



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千参拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 三が日も今日で終わり。
 あっという間に、日常が戻って来ようとしています。

 正月らしい正月なぞ、もう長いこと迎えていない私ですが…。
 それでもやっぱり、過ぎてしまう時間を『惜しい』と思ってしまいます。
 それはどこか…『何か出来たかもしれないのに』という後悔に近いのかもしれません。

  …でも、過ぎたことを惜しむには、まだ早い…のかも(´・ω・`)

 まだまだ正月はこれから、なのです。
 それも…特に、アークスにとっては。

 明日は水曜日で、いつもであれば定期メンテナンスが実施されるところなのですが。
 少し遅い運営の正月休み…ということなのか、明日のメンテナンスはありません。

 このため、いつもの水曜日とは違い、受賞記念ブースト最終日を、フルに活用することができます。
 …そう。
 レア獲得のチャンスはまだあるのです。



  …まだだ…まだ終わらぬよ(´・ω・`)!!



■今日のニークス

 …さて。

 昨日の神社ネタの続きですが…。
 私だけでしょうか?
 ロビーのラッピー神社を見ていると、神社は神社でも…『お稲荷さん』の社をイメージするのは。

 …まぁ、お稲荷さんと言っても、京都の伏見稲荷大社みたいに立派なのは、ちょっとイメージからズレてしまうのですけどね;

 私が思い描いているのは、そこかしこの町にある、小さなお稲荷さんのそれです。
 小さいお社でも、千本鳥居とまでは行かなくとも鳥居がたくさんあったりして、他の社とは違った佇まいを見せているように思うのですが…。

pso20170103_201951_000.jpg
                         (C)SEGA

 …このお社には、千本鳥居などありません。

 では、私は何を見て『お稲荷さんに似ている』と感じたのだろうか…と、考えてみて。
 両の脇に佇む狛ラッピーが、お稲荷さんの狐の像を連想させているのかも…と思った鈴蘭です。



 …と、ここまで考えたところで、昨日の疑問が浮かんだのですね。

 『では、ラッピー神社は何を祀っているのか』

 お稲荷さんと同じであれば。
 こうして狛ラッピーが守っている以上、やっぱりラッピーが祀られているんでしょうか…?

  …って、いやいや待て待て(´・ω・`)

 そもそも、『お稲荷さん』って何なんでしょうか?;
 お稲荷さんと聞くと、すぐに狐が思い浮かびます。
 私の中では『お稲荷さん=狐』の関係式が出来上がっているのですね。

 この関係式が正しいのであれば、『狛ラッピーが守っているので、祀られているのもラッピー』とも言えそうですが…。
 でも、これって正しいんでしょうか?



 例によってWikipediaで調べてみると…



 ・祭神
 神道の稲荷神社では『古事記』、『日本書紀』などの日本神話に記載される宇迦之御魂神(うかのみたま、倉稲魂命とも書く)、豊宇気毘売命(とようけびめ)、保食神(うけもち)、大宣都比売神(おおげつひめ)、若宇迦売神(わかうかめ)、御饌津神(みけつ)などの穀物・食物の神を主な祭神とする。

 ・本尊
 仏教系寺院では荼枳尼天(だきにてん)を奉じている。



  …って、あれ、狐が出てこない(´・ω・`)?

 疑問に思いつつ、更に説明を読み進めると…



 狐は古来より日本人にとって神聖視されてきており、早くも和銅4年(711年)には最初の稲荷神が文献に登場する。
 宇迦之御魂神の別名に御饌津神(みけつのかみ)があるが、狐の古名は「けつ」で、そこから「みけつのかみ」に「三狐神」と当て字したのが発端と考えられ、やがて狐は稲荷神の使い、あるいは眷属に収まった。
 なお、「三狐神」は「サグジ」とも読む。時代が下ると、稲荷狐には朝廷に出入りすることができる「命婦」の格が授けられたことから、これが命婦神(みょうぶがみ)と呼ばれて上下社に祀られるようにもなった。 
 上記されているように稲荷神は元々は農業神であるが、狐は穀物を食い荒らすネズミを捕食すること、狐の色や尻尾の形が実った稲穂に似ていることから、狐が稲荷神の使いに位置付けられた。



 ここまで読んでようやく、私は私の間違いを知りました…。
 お稲荷さんって、狐そのものではないのですね;
 てっきり、狐のことを指すものだと思っていました…。



 今の今まで、私が狐をお稲荷さんだと思い込んでいたのには、理由があります。

桜門-1024x680
Copyright © nice views All Rights Reserved.

 …これは、京都伏見稲荷大社の『桜門』。
 随分と立派な門ですが…この門が作られるきっかけになった出来事に、狐が関わっているのですね。



 安土桃山時代。
 天下統一を成し遂げた豊臣秀吉には、一つの悩みがありました。

 …それは、自身の子供が生まれないこと。

 秀吉には多くの側室が居ましたが、生まれる子供は体が弱かったのか、みな早死してしまったそうです。

 家の結び付きを強めるために、当たり前のように政略結婚が行われていた時代。
 子供がいないというのは、権力者にとっては切実な問題だったのです。

 既に高齢であった秀吉は、もう実子が望めないと考え、親しい大名から養子を貰い、その子供と他の大名とを婚姻関係で結ぶことで、豊臣家を守ろうとしました。

 かと言って。
 ただ政治の道具に使おうと考えていたわけではないようで。
 親友の前田利家から貰い受けた豪姫への愛情の注ぎ方は、とても天下人とは思えないものがあったりします。

 …それと言うのも。
 豪姫は秀吉が見込んだ大名の元に嫁ぎ、子宝に恵まれますが…。
 産後の肥立ちが悪く、狐憑き…今で言うとノイローゼになるでしょうか…になってしまいます。

 最愛の娘が狐憑きになった事に激怒した秀吉は、伏見稲荷大社に対して『娘の呪いを解かねば、日本中の狐を一匹残らず駆り立てる』と通告するのです。
 ただ…これがいけなかったのでしょうか。
 秀吉の最愛の母である『なか(大政所)』が原因不明の病気で倒れ、生死の境を彷徨うようになったのです。
 親孝行で知られる秀吉は、ありとあらゆる手を尽くしますが、病状は一向に回復しません。

 そこで秀吉が最後に頼ったのが…娘のことで恨みにも思っていたはずの、お稲荷さんでした。
 伏見稲荷には、その時に秀吉が納めた願文が残されており。
 そこには、『母の病気を治して欲しい。それが難しいなら寿命を三年延ばして欲しい。それも難しいなら二年。それも難しいせめて三十日だけでも母を生かして欲しい』…そう書かれているそうです。

 その、母を思う気持ちが通じたのか、なかの病状は奇跡的に回復します。
 これを喜んだ秀吉は、伏見稲荷大社にお礼として一万石の寄進をして、先の『桜門』を建てたのだとか。
 お稲荷さんの千本鳥居は、願いが成就したお礼に寄進されたものが繋がって出来ていますが…。
 建てられた経緯を思えば、あの『桜門』も大きな千本鳥居の一つ…ということなのかもしれませんね。



 …私の中で、この辺の話がごっちゃになってしまい…。
 『お稲荷さん=狐』という式が出来上がったのですね(´・ω・



 さて、ここまで長々と書きましたが…。



 要するにですね。
 このロビーの社は、ラッピーを従えているからと言って、ラッピーを祀っているとは限らず。
 トナカイを祭神とした神社であっても不思議ではない…そういうことなのですよ。



〒 〒
(´・ω・`)
大明神いんさいど!!!!

独り言 その壱千参拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。



(´・ω・)
( つ□と)

小運…か。




 せっかくの神社がロビーにあるのですし、毎朝、お参りをして運勢を尋ねている鈴蘭です。

 今日一日が如何なる日であるのか。

 おみくじで全てが決まるわけでもありませんが、験を担ぐことで自身の気持ちが上を向けば、より良い結果が望めるかもしれません。

 たとえ、それが望まない結果であっても、それをどう解釈するか、どう活かすかが大事であって。
 おみくじを信じるか信じないか、ではなく。
 自分を信じられるかどうかが大事なのであり。

 おみくじが『上向かせてくれる』のではなく。
 おみくじで『上向かせる』ものではないでしょうか?

  …それが『楽しむ』コツとも思うのよ(´・ω・`)



 …その『おみくじ』で思い出しましたが…。

 おみくじに纏わるエピソードとしては、本能寺の変を起こした明智光秀に、こんなものがあります。



 彼は、本能寺の変に先立ち、京都の愛宕権現に詣でておみくじを引いたという記録が残っているそうです。
 大願成就を願い、験を担ごうと考えたのかもしれません。

 しかしながら、出た結果は『凶』で…。

 『愁悩損忠良』
 (忠義をつくしても、その功が現れぬがゆえに憂い悩む…)

 これに慌てた明智光秀は、おみくじを引き直しますが、またしても結果は『凶』。

 『このおみくじに遭う人は、万事我たのみに思うものに裏切りせらるる形なり、油断すべからず』

 慌てた明智光秀は…(以下略)



 …結局、明智光秀は望む結果が得られるまで3回(5回とも言われる)引き直し、ようやく本能寺の変を決意したのだとか。

  …うん、なんというか…(´・ω・`)

 おみくじの引き直し自体は神社によって解釈が様々であり、これといった決まりは無く…良し悪しは一概には言えないようです。
 それを思えば、明智光秀が引き直したのも別に悪いことではなさそうですが…。

 このエピソードを聞くと、おみくじを何回も引き直したその姿勢こそが、明智光秀の最期を決めたようにも思えますね…;



  …私も気をつけよう(´・ω・`)ウム



■今日のニークス

pso20170101_001518_012.jpg
                         (C)SEGA

 新春恒例ラッピー神社。

 参詣した時に、ふと思ったのですけど…。
 この神社の左右のラッピー像…これって所謂『阿吽(あうん)』…ですよね…。

 『阿吽』とは、寺社の入り口の脇に置かれる、神仏を守る獅子を象った像の事を言い。
 右が阿形(あぎょう)、左が吽形(うんぎょう)といって、実際の神社に置かれる像の多くは、左右で形が微妙に違います。

  『獅子は色黄にして口を開き、胡摩犬(狛犬)は色白く口を開かず、角あり』
                              【類聚雑要抄】

 …古い文献には、このように書かれており。
 この神社のラッピーも、その影響か…左右で口の形がちゃんと違うんですよね。

pso20170102_201524_000.jpg
                         (C)SEGA

 …この阿吽、私は左右で違う形が当たり前だと思ってたんですが…実際のところは、左右で同じ形の像が置かれている神社も少なくないそうです。

 狭義的には『狛犬』というのは、阿吽の形になっているものを指し。
 左右で同じ形のものは『狛犬』とは呼ばないのだとか。

 飛鳥時代の日本に仏教が伝わった時、狛犬の元となる像も伝わったようですが…当時の中国では左右で同じ形の神獣を据えていたそうです。
 これが、平安時代になって左右で形の違う『阿吽』に改められたものが伝わって、今現在ではこちらが広く浸透しているようですね。
                            【参考:Wikipedia



 …などと、神社についてアレコレ調べたところで、今更な疑問があるのですが…。
 この神社、そもそも何をお祀りしているんでしょう…?

 やっぱりラッピー…なんでしょうか?

 …ここで、ちょっと思ったことがあるのですが…今日は長くなりましたし、明日に改めて書きましょうかな;



■コメントのお返事
 …また後ほど。
 

独り言 その壱千参拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 年が明けて…。

pso20170101_001518_012.jpg
                         (C)SEGA

 例年の如く、神社が生えたショップエリアです。

 今年は酉年でもありますし、ラッピー神社のご威光は益々盛んになるでしょう。
 この神社に祈れば、この一年、きっと良い事があるに違いありません。

  今年はいい年にせねばな…(´・ω・`)!!

 早速、ラッピー神社に手を合わせ、今年を思った鈴蘭です。
 一年の計は元日にあり。
 明日できる事は、今日から始めるのです。
 何事かを成そうというのに、手を休めていてはいけません。
 人事を尽くした者にこそ、天は道を拓くのですから。



 …と言っても。



 既に、怠け癖が骨の髄まで染み込んだ身であるために。
 言葉は口をついて出るものの、手は一向に動きません。

  ここは、心に燃料が欲しい(´・ω・`) 
 
 …そこで。
 一年の始まりに、ちょっとした『良い事』で心を動かす弾みを貰おう…と考え。
 ACショップで販売されている『新春運試し』のスクラッチ券を購入した鈴蘭です。



〒 〒
(´・ω・`)
これぞ、今年一年を占う乾坤一擲の一枚…!!




System                  
ロビアク『S土下座』が当たりました



(´・ω・`)
…。



(´・ω・`)
えっ




 一年の計は元日にあり。
 しかし『土下座で始めよ』とは、この一年、天は私に何を望んでいるのでしょうか…。

すたいりっしゅトナカイさん(´・ω・`)
                    (C)SEGA

  お答えください…神よ…(´・ω・`)!!



― ◆ ―




  『鈴蘭、ちょっと助けて欲しいんだけど』



 元日の朝。
 もうそろそろ初日の出が拝めようかという時間。

 不足した食料の買い出しのついでに、近所にあるお稲荷様に自分なりの挨拶を済ませ。
 寒さに震えながら、足早に塒に戻ったのですが…。

 すぐ戻るつもりで点けっぱなしにしていたPC。
 その画面を覗き込むと、フレさんからのWisが入っていたのに気が付きました。

   鈴蘭『如何なされた(´・ω・`)?』

 着替える間も惜しんで、まずはお返事。
 いつの発言か分からないので、こうした時には、既に手遅れになっていることも多いのですが…遅かろうとも、スルーするのはよくありませんしね。

 幸い、私が帰宅するタイミングで飛んできたWisだったようです。
 すぐにお返事がありました。
 …どうやらトリガーを開催するにも、時間が時間で人が居なかったようで、私に手伝って欲しい…と。

 お声掛かりがあれば、出来るだけお応えしたい鈴蘭です。
 早速、フレさんのもとに足を運びました。



pso20170101_080658_030.jpg
                         (C)SEGA

 …どうやら、深夜からずっとトリガーの連戦をやっていたようで…力尽きた人たちの代わりに、私にヘルプを求めたようです。
 私が呼ばれたタイミングで、数人の方が力尽きたようで…私と同じようにフレさんから声の掛かった人たちが、急遽集まって来ていました。



  参加者さん『…ところで、何行くの?』

  トリガー主『あれ…聞いてないの?』

  鈴蘭『助けて欲しい、とだけ聞いて来たもので…』

  参加者さん『うむ』



 …皆さん、細かいことは気にしない方ばかりだったようですね…;
 こうした展開は、進行がグダグダになりかねないので…アークスシップでは忌避する傾向にあるようにも思います。
 ただ、私個人としては…こうした繋がりは、ある意味『好もしい』とも思うのですね。

 都合をつけ合うことで形成するマルチ。
 多くの場合、ソコに在るのは利害関係です。

 何事にも実利を求めることに、私も異議はありません。
 それは、ゲームである以上は求めずにはおれないものであり。
 求めるべきものであるでしょうから。

 …ただ。

 このアークスシップで、それだけを目的に活動するのは、私には勿体無いかな…とも感じます。



 ココに来る目的は人それぞれでしょうが。
 せっかくのネットワークゲームなのです。
 自分一人では出来ないことを…そう思うのですね。

 『誘われる』

 これは、私が一人であっては望めないことで。
 ココだからこそ起こり得る、有り難いイベント。
 …そう思っている鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

ようこそ2017 (´・ω・`)!!!

 大きいだけの鈴蘭です。

 新年が明けました。
 ここで改めて、旧年中ご縁を持ってくださったすべての皆様に、感謝申し上げます。
 皆様のお陰で、また一年、飽き性の私がこうしてブログを続けることも出来たのですから。

 この場末のブログにお越し下さり、ありがとうございました。
 相も変わらず、目を引くような企画もなく、為になるような内容もない記事ばかり。
 それでも、そこから何かを見つけてくださる皆様と、新しい年をご一緒できるのであれば、ありがたく…何よりの喜びと思います。

 宜しければ、この新年も至らぬ鈴蘭の戯言にお付き合いくださいませ。



pso20170101_011950_017.jpg
                           (C)SEGA
〒 〒
(´・ω・`)

酉年の今年もトナカイをよろしく!!