独り言 その九百四

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日、『アークス広報隊』の卒業式について触れましたが…。

 私がブログを書いてるのは、出勤途上。
 文章の校正は仕事の合間に行っていて…。
 専ら、自分の書いた文とにらめっこ。
 いろいろなサイトの確認は、帰宅してからになります。
  以前は、ブログの巡回などもできていたのですが…どうにも時間が…;

 …で、今朝のことです。

 帰宅して、メンテ開始までの時間にGJを確認しようとした鈴蘭は…。



(´・ω・)
( つ■と)



  GJコメント『広報隊NTあらわる』



〒 〒
(´・ω・)
( つ■と)




 …驚きました;
 まさか、卒業式から『アークス広報隊』がNT化して、期間を一年延長するとは…;
 いえ…頑張ってくれていましたし、広報隊を応援する声も周囲で増えていたので、こうして続けてくれるのは嬉しい事と思うのですが…。
 でも、だったら、卒業式って…?
 …な、なにか釈然としないものも感じますね…;

 腑に落ちない点もありますが、これもサプライズのための伏線だったのでしょうね。
 敵を騙すには、まず味方から…でしょうか?
 …なので。
 卒業おめでとう、お疲れ様から改めまして。

 『アークス広報隊NT』の皆さん、これからも宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ



 …しかし、ここで改めて疑問が浮かびます。
 以前、新生武器が実装された時に、フレさんとのお話の中で出たのですが…。
 『NT』って、何の略なんでしょうね…?

 フレさんに言われるまでは、なんとなく『New Type』で『NT』なのかなぁ…と思っていた鈴蘭です。
 しかし、考えてみれば『新型』では、『新生』とは結びつきそうで結びつきません。

 『新生』をそのまま英訳すると…『nascent』。
 言葉を置き換えると別の単語も出てきそうですが…敢えて置き換えるのも変に思います。
 となると…『NascenT』…?

 …んー…。
 英語以外の何かの略なんでしょうか…?
 外国語が苦手な私には、謎ですね;



■考えすぎ?

 少し、思うところを独り言。

 善爲士者不武。
  良い武人というのは猛々しくない。
 善戰者不怒。
  戦いが上手い者は怒りを見せない。
 善勝敵者不與。
  勝利するのが上手い者は敵とは争わない。
 善用人者爲之下。
  人を使うのが上手い者は相手にへりくだっている。

                 現代訳:『ちょんまげ英語日誌』様

 これは、老子の中の一節です。
 戦いにおいて、感情の昂ぶりを戒める言葉…と言えばいいでしょうか。
 遠く、古代の戦いにおける言葉ではありますが。
 現代に生きる私たちにも、活かすことの出来る言葉であろうと思います。

 感情の起伏が豊かであることは、決してマイナスではありません。
 起伏の豊かさは、そのまま人の個性であり。
 個性的であることは、人を惹きつける魅力となります。

 しかし、感情の『昂ぶり』は、起伏のそれとはまた異なります。
 緩やかな曲線を描く様を起伏とするならば。
 見上げるばかりの断崖が『昂ぶり』となるでしょうか。

 そんな自身の感情の急激な変化を、そのまま表に出しては、物事の大事を見失ってしまうかもしれません。

 何故と言って。
 全ては相手が居てこその事である以上は。
 相手との相互の理解が必要です。

 自身が急激に変化してしまっては。
 理解を求めるべき相手が、その変化についてこられるものか分かりません。
 そんな相手に、更に苛立ちを覚え…それでは悪循環です。
 
 自身が『昂ぶり』を覚えるほどに。
 その『昂ぶり』に拠らず、周りに居る人を強く意識せねばならない…と思う鈴蘭です。



 『巧詐は拙誠にしかず』と説いたのは韓非子でした。

 人間関係は誠意が大事なのであって、ごまかしは通じない。
 能弁の人が、よどみなく熱弁をふるうよりも、自分の言葉で訥々と語った方が、聴衆の心を打ち、印象も強く、人を惹きつけるものだ…と。

 彼の生きた時代、弁舌の才を武器に各国を渡り歩く論客は、一種の花形でした。
 話術がどれだけ重要なものであるのか。
 それを知り抜いた人が最終的にたどり着いた答えの一つが、実は技術を極めることではなく…ごくごく当たり前に人が持つ、この『拙誠』…だったのでしょう。

 技術として拙くとも、大事とすべき誠意。
 それは、相手に伝えようとする姿勢を守ること。
 …守ろうと努力すること。

 『昂ぶり』の生む言葉に誠意はなく。
 誠意のない言葉に人は『昂ぶる』。

 それを知るからこそ。
 …そういうものではないでしょうか?
スポンサーサイト

独り言 その九百三

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は、アークス広報隊の卒業式がありました。

 もう7月も目前。
 『卒業』というには、時期的に少し遅い気もしますが…。
 企画などの予定の都合もあるのでしょうし、今回ばかりは、季節に合わせるにも限界があったのかもしれません。

 …個人的には、せっかく此処まで引っ張ったのですし、いっそのこと8月開催の『アークス祭』で卒業としても良かったんじゃないかな…とも思いますけどね;

 オフラインイベントで、十万にも登ろうかというユーザーを動員するPSO2なのですし…。
 それくらいするほうが、『アークスらしい』と感じます。



 …思えば、今年の『アークス広報隊』企画は、前年の『候補生』の企画をユーザー参加型に手直しして、その裾野を広げようという意図もあったかと思うのですが。
 メンバー公募の段階でのトラブルから、ユーザーの気持ちが離れてしまい…。
 広報隊に参加された皆さんにとっては、まさに逆風の中のスタートだったと思うのですね。

 それを考えれば、これまで本当に頑張ってくれたと思います。
 …広報隊の皆さん、お疲れ様でした(`・ω・´)ゞ



 広報隊としての活動は終了ですが。
 アークスとして、また何処かで会えれば良いですね。



■今日のニークス

 今日も今日とて…。
 緊急時以外、フレさんとの雑談で過ごした鈴蘭です。

 約束なり、お誘いなりでクエストに出向く以外で自発的に…というには、最近…今ひとつ乗り気になれないのですね。

  やることが無いわけではないのだが…(´・ω・`)

 今が旬のレイシリーズのコレクトを進める…と言っても、自ずと限界があります。
 ADやEXで埋められる部分もありますが。
 緊急クエスト『輪廻』が来ないことには、どうしても最後の一歩が詰められません。

 頑張れば頑張るほど、目に見える形で目標に近づく…というのは励みになりますが。
 逆に、どれだけやっても届かない…というのが形になって見えてしまうのが考えものです;

 また、別の処へ目を向けてみれば、今は期間限定クエストで卵を集める…という選択肢もあります。

 しかし、これまでのクエストでドロップに恵まれたこともあって、すべての種類の☆10以上の卵が鈴蘭の手元にあり。
 殊更、必要に迫られるような状況でもないのですね。

  …手持ち無沙汰(´・ω・`)

 必要がなければ動けない。選べない。
 …なんとも不器用な遊び方ですね、我ながら…;



 …などと、ぼんやりとニークスをしていた、そんな折。
 例の『勉強会』で知り合ったフレさんとのお話の中で、この方がNPCキャラクターの『カトリ』のファンだという事を知りました。

 マイルームにカトリのグッズを…という希望をお持ちでしたが…。
 時価数百万メセタのルームグッズは、新規さんの資産規模では少し厳しいお値段です。
 『どうしたものか』と、悩んでおいでのこの方に。
 今は我慢…と諭す一方で。
 気の毒にも思った私は、代わりにシンボルアートの活用を提案してみました。

 ルームグッズには、任意のシンボルアートを展示出来るものがあります。
 公式のグッズでなくとも、これを使ってカトリにまつわるものを飾る事が出来れば、この方の慰めにもなるかな…と。
 そう考えた鈴蘭です。

 シンボルアートに関しては、多くの職人さんが様々な作品を作り、公開されています。
 鈴蘭も職人さんの作品には日頃お世話になっていまして…。
 個人的には、最近は『ボンレス猫』がお気に入りだったりします。

 こちらの…

あきしゃけさん


 一鯖の職人さんの『あきしゃけさん』が作られて、ご自身のブログで配信しておいでです。

  いやはや…ありがたやありがたや(´・ω・`)

 ゲーム内だけではなく、こうした形で配布していただけるからこそ、私なども手にすることが出来るわけですが…。
 この、配信の形。
 PS4のユーザーさんには利用できないんですね…;
 外部データのインポートとか、PCでは当たり前のことがPS4だと出来ない、ということにまで思い至りませんでした;

 カトリのシンボルアートもあるだろう、と…この方には職人さんのサイトの案内とかもしたのですが…。
 PS4ユーザーである、この方の身になって考えることが出来ていませんでした。

 自分に見えているものが、当たり前に在るものとは限らない。
 仮想とはそういう場所だと知っていたはずなのですが…ぬぅ(´・ω・`)



 …しかし。
 一度見えてくれば、あとは目標に向かって進むだけ。
 コレクトのように立ち止まることもありません。

 折角なのです。
 この方の代わりにシンボルアートを探してみますかな(・ω・`三´・ω・)



■コメントのお返事
 追記よりご覧ください。

独り言 その九百二

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日の『勉強会』で知り合った新規さん。
 随分と積極的な方で…あの日以来、色々と疑問に思ったことを持ち込んでこられます。

 私自身は、データの正確性に頓着しない質なので、こうして質問に来て下さるのは有り難く思いつつも、裏では結構焦っていたりもします。

 何事も、最初の基本・基礎が大事で。
 私の中途半端な知識で、新規さんに間違った事を教えては、大事な基礎を歪めてしまいかねません。
 …そうなっては、後々に取り返すのも大変です。



  此処は慎重にならねば…(´・ω・`)!!


 
 社会学か何かだったと思うのですが。

 大人だけで構成されるコミュニティでは、人の一定以上の精神の成長が見込めず、成熟した大人が生まれないのだそうです。
 一方で、子供の居るコミュニティでは、大人は大人としての自覚を持つようになり、精神が成長するのだとか。

 自分の姿を見ようとしても、自分一人では自分の姿を正しく見ることは出来ません。
 それは鏡を見るのと同じです。
 『何か』に自分を写して、初めて見えるもの…なのでしょうね。

 その『何か』に。
 自分自身は、自省と自覚を持って向き合えるかどうか。

 これは、相手にとって大事な時間であると同時に。
 自分自身にとっても大事な時間である。

 …その認識が、人の在り方を分けるのでしょうか。



■考えすぎ?
 イギリスの国民投票。
 結果はEU離脱になりましたが…。

 聞けば、国民投票のやり直しを求める請願が200万人分を超える勢いだとか。
 イギリスでは、国民投票の結果が僅差の場合、やり直しを求めることができる…という決まりがあるそうです。
 ただ、『どの程度であれば僅差なのか』『やり直した結果が僅差であった場合はどうするのか』といった部分が曖昧で、実際にやり直される可能性は低いそうです。

 投票した人の中には『残留が確定していると思ったから、(遊び心で)離脱に投票した。もう一度やり直して残留に投票したい』と言っている人がいるそうですが…。

 既にイギリスの首相は引責辞任をしていますし、EUは加盟国の共同声明として『民意を尊重し、速やかに離脱しなさい』と発表しています。
 また、世界経済への影響も大きく、国民投票の結果によって200兆円にのぼる資産が消滅したとも言われています。
 『やり直す』と言って、やり直せるものではなくなってしまっているのですね、既に。

 覆水盆に返らず。

 ええ、そうです。
 一度ひっくり返してしまったものは、元通りには出来ません。
 ひっくり返したことを無かったことには出来ない以上、元のように戻したところで、それは違う何かになっています。
 ひっくり返してしまってから、『こうなるはずではなかった…』と後悔しても遅いのです。

 イギリスの方が『自分は残留を希望するけど、結果は決まっているし離脱に入れよう』…と行動したというなら。
 その方は、自分のその行動の為にひっくり返るかも知れない…という想像力を持つべきだったのですね。

 何れを選ぶのであれ、何れの行動を取るのであれ。
 多くの人が参加するのなら、自分くらいが何をしても…という。
 そんな、当事者でありながら、他人事であるがために犯す過ち。

 そこに現実も仮想もない。

 そう思う鈴蘭です。



 …覚えがありませんか?
 このアークスシップでも。



■お詫び
 昨日の投稿分で追記やコメントのお返事を、帰宅後に行ったのですが…。
 行き違いがあったのか、更新した文が反映されないまま、消えてしまっているようです。
 単に保存し忘れたのかもしれませんし、或いは、古いデータで上書きしてしまったのかもしれません。

 何れにせよ、不手際には違いありませんで…。
 お越し下さった皆様には申し訳ありませんでした。

 本文の推敲分については、既に心が離れてしまい、内容は再現できそうにないので現状のままとさせて頂きますが…。
 改めて、コメントのお返事についてはさせて頂きます。


独り言 その九百一

 大きいだけの鈴蘭です。

 先週は木金土の三連休でした。
 金曜日の朝は…仕事のあるいつもの朝より、ちょっとだけ早くにアークスシップに乗船していましたが。
 私の目はずっと仮想の外…海外ニュースを追っていました。

 世界的に注目を集めていた、イギリスのEU離脱を問う国民投票。

 …別に私はそれに関わる何かに、直接携わっているわけではありませんが。
 もしかすると、歴史的な大転換点を目の当りにするのかもしれない…と。
 興味深く、その動きを見守っていました。

 NHKでは、過去の歴史の転換点を映像に収めた『映像の世紀』という番組がありましたが…リアルタイムでそれを見ているかのような気持ちでしたね;
 後世の人が、今、自分の見ているものを、歴史の一部として振り返るのであろう事を思えば、なんとも言えない感慨を覚えます。

 イギリスの国民投票の結果は出たものの。
 世界は、これからどうなっていくのか。
 これから何処まで影響が広がっていくのか。

 …まだまだ、これからのお話。



 取り敢えずは、月曜日の為替や株価に注目…ですかのぅ(´・ω・`)


 
■今日のニークス
 この週末。
 ヴォルフィードさんが主催された、『アークス勉強会』に参加してきました。

 イベントの開催は、事前にTwitterで告知していたのですが…。
 リツイートが300件に迫る勢いで。
 予想外の反響に、主催者側では開催を前に戦々恐々としていました。

  ここまで大きくなるとは思っていませんでしたからねぇ…(´・ω・`)

 ここで少し、舞台裏を明かすと…。
 鈴蘭の方では、講師役の皆さんとの打ち合わせの中で、こんなメモ書きを準備していました。



 20:00       開 催
 20:00~20:30 交 流
         ・オンラインステータスのフリーコメントにTwitterIDなどの記載を提案。
         ・Web上でのSS公開のアナウンス、それに伴う注意事項(キャラ名非表示)

 20:30      クラス説明開始(各クラス所要時間5分+質問時間5分)
         ・タイムキーパーは鈴蘭が担当(5分経過前にWIS飛ばし)
         ・途中、予告緊急の大和が発生しますが、緊急参加は各自の任意。
          当イベントでは緊急固定のための編成はしないことをアナウンス。
         ・今回のイベント趣旨から外れる中堅層以上の参加者の質問については、
          「今回のイベントでは初歩的な内容を前提にしていますので、後ほど時
          間を取ってお答えします」という形で、かんなさんの世界にご案内。
         ・各職説明における指針としては「自分がしている職は、コレが楽しく
          て遊んでます」という「プレイヤーの生の声」を前面に。性能云々は
          Wikiでも見れることで…敢えてそれをこの場に求める人は少ないで
          しょう…




 …イベントの趣旨と、大まかな時間配分について、です。

 個人的には、この『勉強会』の講習では『新規層の方に、未知の領域にも興味を持ってもらう』という、勉強云々の前段階から入るべきと考えており。
 講師役を依頼された職に関して、私は単純に『何が面白くて私は遊んでいるのか』だけを話すことに決めていました。

 興味を持って下さった方がいれば、その興味への答えに集中すればいいかな…と。

 漠然と、他の講師役の方々も同じだと思っていたのですけど…。
 いやはや…皆さんの熱意は、私の想像を超えていましたね;
 或いは、私が暢気過ぎたのかもしれませんが…;

 各職の説明に入ったのは、20時30分から。
 上のメモ書きにあるように、事前の打ち合わせでは『各クラス所要時間5分+質問時間5分』となっていて。
 当日は、裏で鈴蘭がタイムキーパーを担当して、ストップウォッチを握っていました。
 …まぁ、ストップウォッチと言っても、スマホ様のタイマー機能を使ったものですが…。
 こういうちょっとしたツールが充実してるスマホ様の存在は、非常に有り難いですね。



  ( ´・ω・) じゃ、5分いきますよー
  ( つ■と)

  講師役『今回、Huの解説を担当する…』

  (´・ω・`) …。
  ( つ■と)

  講師役『では、ここでいくつかスキルの説明を…』

  ( ´・ω・) はい、5分ー
  ( つ■と)

  講師役『(はやーい;)』

  ( ´・ω・) 説明切り上げるのもアレですし、続けて?
  ( つ■と)

  講師役『オトメというのは…』

  (´・ω・`) (…こりゃ、時間掛かるな…)
  ( つ■と)



 結局、最初のHuの説明だけで、30分近くになろうかという展開に。
 …いえ、伝えたいことが多いのは確かですし…しょうがないこととも思うのですよ;

 特に…今回のイベントでは、事前準備の期間が短く…それぞれが講習に使うテキストの練り込みが、必然的に足りなくなってしまったのが痛かったですね…。
 事前に、テキストが時間内に収められるかの確認くらいはしておくべきでした;



 などと考えているうちに、時間は過ぎ…。
 私の説明の番が回ってきました。



pso20160624_214545_005.jpg
            (C)SEGA

・Guについて(鈴蘭担当)
 二丁拳銃を駆使して戦う姿が格好いいGu
 「蝶のように舞い、蜂のように刺す」という表現がピッタリの動きが出来る職です

 この職は『射撃職』ということで、パッと見は遠距離で戦う職のように見えますが
 実際のトコロはゼロ距離での戦いを信条とする『近接職』であったりします
 敵と密着した状態で敵の攻撃をかわし、こちらの攻撃を当てる必要があるので
 敵の攻撃を見極める、ある程度の経験がモノを言う職と言えます
 この辺が、Wikiなどで「上級者向け」と言われる所以ですね;

 …ご存じの方はご存知でしょうが…他の職に比べると使える武器が少なめです
 更に、スキルを見ると「敵の攻撃を食らうと攻撃力が低下するよ」というものがあったりして、扱いが難しそうにも見えます
 しかし
 Guの楽しさは、ほぼ唯一の自分の武器をどのようにして相手に叩きこむか…その一点にかける勝負の駆け引きにある
 自分はそう思って使っています



 ぶっちゃけると、この文章を考えたのは開場5分前の事だったりしました(´・ω・`)

 …私は、これくらい大雑把で良いと思っていたんですね。
 上のメモ書きで触れたように、人を集めたところで、ただテンプレを提示するだけのイベントであるなら、わざわざ足を運ぶまでもなく、Wikiを見れば済む話になってしまいます。

 来てくれた人、それぞれが求めるものに応える。

 それには、相手の視野を狭めるかのような、枠に嵌った『堅い』説明は要らないかな…と。
 今回、時間こそ掛かってしまいましたが。
 人と対面して、その人を見て話をするには、必要な時間であったろうと思います。

 それを不手際と嘆くには当たらないと思う鈴蘭ですが…。
 これは、講師役を務めた各人の教育方針の差…なんでしょうかね?;



 今回は都合6時間となった勉強会。
 長い時間、お付き合い下さった皆様に感謝を。

 来て下さった皆さん全てに、『何か』を見せてあげる事は出来なかったかもしれません。
 しかし…。
 鈴蘭の手元には、頂いたアークスカードが何枚か。

 ヴォルフィードさんが発起してくれたからこそ、始まったご縁。
 折角、『これから』を望んで頂けたのです。
 出来れば、これから長く大切にしたいものですね。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その九百

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20160622_101950_022.jpg
             (C)SEGA

  これは鈴蘭、一生の不覚…(´・ω・`)!!



 …いえ、今更のことなんですが。
 実はアニメ版の登場人物のパートナーカードを一枚も持っていないことに、メンテ直前に思い至りまして…。
 慌てて獲得に乗り出したんですが。

 どうも、別の話と混同していたらしく…パートナーカード獲得には不要の、ストーリーボードを必死になって進めていたという…。

 イツキのクライアントオーダー進めるだけで良かったのね…(´・ω・`)グヌヌ

 結局、メンテ開始までには間に合わず仕舞い。
 パートナーカード獲得はなりませんでした…。

 まぁ…ナギサが復帰したりもしてるのですし。
 次のチャンスもあることでしょう;

 再会を楽しみにしつつ、今は暫しの別れ…です。



  次こそはッ(´・ω・`)!!



 …因みに。
 ストーリーボードでSS撮影に没頭していなければ間に合ったかもしれない…という事実は触れないでやってください。壊れます。私が(´・ω・`)

 …いや、しょうがないのです…。
 だって…。



pso20160622_095110_014.jpg
             (C)SEGA

  この姿を見過ごす事など、出来ようはずがないではないか…(´・ω・`)!!!!



  この絵も良いけど…カメラさん、もうちょっと引いてくれない(´・ω・`)?



■考えすぎ?
 今、NHKでは大河ドラマで『真田丸』を放送していますが…。
 戦国末期から江戸初期にかけての真田昌幸、幸村(信繁)の親子の活躍は目醒しく。
 同年代の戦国武将からも絶賛され、現代に至るまで『戦国最強』の枕詞が冠せられています。

  『戦国最強』…格好いい響きです(´・ω・`)

 …ところで。
 ここで、ふと思ったのですが…。
 逆に、『戦国最弱』と言われる人を、皆さんはご存知でしょうか?



 小田 氏治 (1531?~1602)
 鎌倉時代から常陸国(現在の茨城県一帯)を治めていた名門『小田家』の第15代当主。
 北条、上杉、結城、佐竹といった名立たる群雄から、先祖代々受け継いできた土地を守るために奮闘しました。

 彼は生涯に少なくとも三度、自分の居城である小田城を敵に奪われており。
 特に一度など、上杉謙信の攻撃によって壊滅的な損害を受けて敗退。
 城も領地も家臣も失い、滅亡の淵に追いやられたと言います。

 ここまで大きな敗北を何度も重ねた戦国武将も珍しいらしく、『戦国最弱』の不名誉な枕詞を冠せられるようになったのだそうです。



 …しかし、考えてみてください。

 同じ城を三度奪われている、ということは。
 二度は城を奪還している、ということなんですよね。



 小田氏治は、『戦国最弱』と呼ばれるほどに戦争に関わる才能には乏しかったのかもしれませんが。
 それを補って余りある、別の才能を持っていたと言われています。

 彼は、身分の上下に拘らず、人を大事にする人であったそうで。
 年に一度、大晦日から元旦にかけて催していた『連歌の会』では、家臣やその家族、領民などを集めて親睦を深めていた…という記録があるそうです。
 当時、連歌は大流行しており、『連歌の会』自体は他の武将も開いていたようです。
 しかし、一部の上流階級に限られているのが常で、小田氏治のように身分の上下無く人を招くようなものは珍しかったそうです。

 小田氏治が居城を失った後。

 彼を慕う家臣が、自身の家屋敷に彼を匿い。
 彼を慕う人々が、再び彼の下に集まり。
 一敗地に塗れた彼を、二度までも領主の座に押し上げた。

 彼の人を大事にする才能…いえ、姿勢でしょうか?
 それが彼を救い続けたのですね。

 …実は、弱肉強食の戦国時代において、これは稀なことであったりします。

 これに関しては、敵対していた上杉謙信が好例なのですが…。
 彼は関東を支配していた北条氏を討伐しようと、積極的に関東に攻撃を仕掛けていた時期があります。
 当初、この攻撃は順調で。
 一時は、関東一円の豪族が上杉謙信の元に集まり、その総兵力は20万にもなったのだとか。

 ところが…上杉謙信は、生涯でほぼ唯一と言ってもいい大敗北を喫して関東から撤退。
 この敗北をキッカケにして関東の豪族たちは謙信を見限り、北条氏に寝返ってしまい。
 上杉謙信は、関東を攻撃する足掛かりを全て失ってしまったのだそうです。

 現代人の想像する武士の姿というと、『武士は二君に仕えず』というイメージが有りますが。
 この姿は江戸時代以降に儒教思想が入ってきたことにより広まったもので、戦国期においては『七度主君を変える』と言われるほど、武士は自分の仕えるべき主君を探すものであったそうです。

 自分の領地を守るためには、綺麗事だけでは済まない…そうした世の中だったんですね。

 …そうした世の中にあって。
 そうした世の中であったからこそ。
 『戦国最弱』とされた小田氏治。

 …『強い』『弱い』とは、何を指す言葉であるのでしょうね?
 

独り言 その八百九十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は定期メンテナンスの日。
 同時に、『乱龍の大祭』に関連した各種アップデートが実施されます。
 
 ファッションアップデートとしては『桜花絢爛 華劇団』の実装。
 ストーリーボードの追加配信。
 そして…新緊急クエスト…と言うべきでしょうね。
 【深遠なる闇】の強化版が登場する、『世界を堕とす輪廻の徒花』の実装。

 …皆さんはどれが楽しみでしょうか?

 私としては、そのどれもが楽しみではあるのですけど…。
 それぞれについて、『ココ』という場所があるようにも思います。

 その中でも。

 ファッションアップデートに関しては、往年の人気ゲーム『サクラ大戦』とのコラボがテーマになっています。
 個人的には、スチームパンク的な空想科学のお話に浪漫を感じるもので…サクラ大戦の『蒸気で科学が発達している』という世界観は大好きだったりします。 

 以前に『サクラ大戦がセガなんだし、キャスト用の光武パーツとか実装してくれないかなぁ…』なんてネタ話をフレさんとしていたんですが…まさか実現するとは思いませんでした;
 いやはや…私にとって霊子甲冑の実装は、望外の喜び…という感じです。

 まぁ。
 実際のところ、この霊子甲冑は特徴的なフォルムをしていますし、デザインの好みが分かれるでしょうから…サクラ大戦を知らない人や、関心が無い人では受け付けられないかもしれません。
 それに比べて…。

霊剣荒鷹
          (C)SEGA

 こちらの、真宮寺さくらの佩刀『霊剣荒鷹』の武器迷彩は人気が出そうです。

 これまでもカタナの迷彩は数多く存在し、和風のカタナ(…カタナに和風というのも変?)も数がありますが…拵えや反りまでもが『日本刀』と分かりやすく主張しているカタナは、意外と見当たりません。

 オロチアギトやサンゲは惜しいところなのですが…『日本刀』というよりは、『唐刀』や直刀とうのが相応しいでしょうし。
 その他のものも、『カタナ』と称しつつ『サーベル』であったり『バスターソード』であったりしますからね…。

 今現在配信中の、傾奇者スタイルの和装と合わせると見栄えがしそうです。

  出来れば一本欲しいなぁ(´・ω・`)

 …手に入れば重畳、ですね;



― ◆ ―




 …アップデートと言えば。

 明日で、このブライダルロビーともお別れ。
 メンテ明けからは、ソニックロビーへと変わります。

pso20160604_205914_002.jpg
          (C)SEGA

 今年は、フレさんの入籍をお祝いしたりと、このロビーに相応しいイベントもあり。
 ここ暫くの暗い世相の中で、心は沈みがちですが。
 個人的には、なかなかに良い梅雨となりました。

 来年もまた、良い話の聞ける事を願いつつ。



(´・ω・`)ノシ




■告

 こうしたイベントを紹介出来るのは、喜ばしいことなのですが…。
 鈴蘭が主催者サイドで関わるのが、面映ゆいというか、場違いというか…。

g2uLq7Zh.jpg AKH3nb8w.jpg
          (C)SEGA               (C)SEGA

 褐色集会を主催するヴォルフィードさんが、新規さん向けの交流会を…と企画され、今週の金曜日、こうして開催される運びとなりました。

 イベントとして『勉強会』と題していますが、本格的な攻略や最適化を求める講習会のようなものではなく。
 ごくごく初歩的な事を共有しよう、共有できる人と知り合う機会を作ろう…というのがイベントの主題です。

  ええ。講習なんてトンデモナイ(´・ω・`)

 講師役をされる他の方はいざ知らず。
 私自身は、人に教えられる程に熟達している訳ではありませんから…イベントの内容も知れるというものでしょう;

 個人的には、現役初心者であればこその知恵…みたいなものをネタにできれば良いんじゃないかな…なんて思っているのですけど。

 最近は、初心者から玄人になるまでの道筋を示したWeb上のコンテンツは数多く。
 その数の多さから、全てを始める前段階として、自分に合った情報を探す方法を見付けねばならないという…。

 意外と、こうしたコンテンツは…何もわからない初心者向けとしながら、何もかも知っている玄人でなければ見付けられない、理解できない…そんな存在になっていたりするのかもしれません。

 堅苦しい事や、難しい事を抜きに。

 『こうしたい』

 …そうしたものを求める場になれば…と、思う鈴蘭です。



 ただ前を目指すばかりが。
 ただ高みを目指すばかりが。
 自身を鍛える事では無いように思います。

 それぞれの知識や経験に拠らず。
 今までに得たものの多寡に関わらず。
 気持ちの出発点は、誰しもが同じでしょう。

 昔と今を繋ぐ道。

 時には、その道を振り返る事も、先を目指す自身の為になるのではないでしょうか?



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百九十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日は月一回のニコ生…『PSO2放送局』の放送がありました。
 恒例のブースト緊急は【防衛戦:終焉】と、禍津の二択だったそうですね。
 私は生憎と出勤時間…というか、ライブ付きで緊急開始が23時30分では、始業時間に完全に被ってしまうので、どう足掻いても参加は無理でした;
 …こればかりは、致し方ありませんね…;

 皆さんは、リリーパの空に虹の掛かる様をご覧になれたのでしょうか…?



  …兎にも角にも。



 その夜の緊急参加は諦めて、おとなしく仕事に向かった鈴蘭でしたが…。
 帰宅後、タイムシフト予約していた『PSO2放送局』を、晩ごはん(世間様的には朝ごはん?)を食べながら視聴しました。



  …。(´・ω・`)モッキュモッキュ



  …塩バターパン美味し(´・ω・`)モッキュモッキュ!!



  …。(´・ω・`)モッキュモッキュ



  …む…次の舞台とな(´・ω・`)モキュ?



  …。(´・ω・`)キュ…モ



  …えっ…ら…らすべがす…(´・ω・`)???



 出発が東京で…次がラスベガス…つまり…これは。



\\史上最大!!//


923d11dc-7134-4e7c-aad3-9a933f91a4fd.png
出典:image02.seesaawiki.jp



 …ではなく。



 クイズも無しに、東京から海を渡ってラスベガスへと向かうアークス達。

 いやまぁ…今まで大陸間どころか銀河間、次元間の旅をしてダーカーを追ってきた我々です。 
 今更、次の赴任先が海の向こうのアメリカだと言われても、そうは驚きません。
 驚きませんが…。

 大和で懲りてないんでしょうか…運営さんは…;

 公開されたPVの最後。
 『スフィンクスに乗った自由の女神』が猛っている様が映されたのですね。

 スフィンクスは古代神話に出てくるような普遍的な存在でしょうから、特に問題は無いようにも思いますが。
 自由の女神が敵って…、大丈夫なんですかコレ…?;

 フランスやアメリカに対して、事前の許可とか理解は求めてあるんですかね?;
 単に肖像権以上の問題がある存在だと思うんですが…。

 現実に即した舞台を設定する以上は、仮想の中だけで全てが完結する訳ではなく。
 仮想に姿を映す現実に対して、それ相応の責任が生まれます。

 企画/制作段階で、ちゃんと各方面への説明責任は果たしているんでしょうか…?

 PVのインパクトに驚き。
 その実装を、今から楽しみに思いつつも。



 …大和の一件があるだけに、私は心配でなりませんよ…;



■今日のニークス

 Twitterでご縁の出来たアークスのお一人、Ship09の『すず』さんから、イベントのお誘いを頂きました。

 開催は、来月中旬という事で、少し先の話になりますが…。
 以下のような摘要になっています。

o0800045013676297816.png
            (C)SEGA

日時:7月16日土曜日 21:30~
場所:共通シップB849

参加資格:
 PSO2関係のブロガーさんならどなたでも参加OK!!
 招待状はありません!!
 さらに今回はアメーバブログという縛りはありません!!
 ブロガーアークスの皆さんのご参加お待ちしております!!

注意点:

 参加者はオンラインメッセージに
 ブログの名前を入力してください。
 見学は21時45分からご入場お願いします。
 見学の方はオンラインメッセージに
 鈴音見学と入力してください。

 当イベントの参加者・見学者の皆様は
 イベント内での参加者・見学者の
 SSをブログ掲載やTwitterアップを自由といたします。
 依って参加者・けんがくしゃの皆様はイベント参加の地点で
 他の方の他サイトでの自キャラが映ったSS使用と名前の使用を
 許可したものといたします。
 SSの使用NGの方は参加ご遠慮ください。

 当イベントにはいろいろな方が参加いたします。
 過激な発言・過剰煽り等はご控え下さいませ。
 またイベント荒らしが来た場合は反論はやめてください。
 プレイヤーIDのメモ・BLリストに入れる・ 運営に報告の手順で
 対処お願いいたします。

 質問等はすずのブログへのコメントやメール、
ツイッターで受け付けております。
--------------------------
 以上の点に注意し、了承した方のみご参加ください!!




 …なるほど。
 アークスブロガーさんの集会…ですか。
 こうした、ブロガーを対象にした集会の存在は以前から知っていましたが…。
 こういうのって、何をする集まりなんでしょう…?
 これまでの同種のイベントについて、特に話を聞いたことがないので、私には見当もつきません;

  見学と参加者で分けるということは、何かの対談…(´・ω・`)???

 『ブログを書いている人=ブロガー』であって、特別な何かを持って書いている訳ではない…というのが、私の認識で。
 殊更、『あっち』と『こっち』に違いを認めていないのですけどね;



 対談イベントというなら、誰ぞ来られるのかもしれませんし。
 皆さんがどんなお話をされるのか、興味もあります。

 折角、教えて頂けた機会です。
 壇上の様子を、ちょっと覗いてきましょうかね(´・ω・`)



 普段お会いできない人とも会えるかもしれません。
 今のうちにトナカイ(一張羅)を虫干ししておこうかしらね…(((´・ω・)




■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百九十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週末。
 日本全国のアークスが、夜も明けきらぬうちから移動を開始しました。
 その目指す先は…。

pso20160618_094239_033.jpg
          (C)SEGA

  そう…ファッションセンターしまむら…(´・ω・`)

 私の棲家からだと、中途半端に遠く…普段出歩くところから、少し足を伸ばさねば店がないんですよね…。
 この週末に行こうか迷ったのですが…いつもの如く面倒が先に立ち、結局は行かずじまい。

 代わりに仮想の鈴蘭が、こうして東京の『しまむら』を訪ねた次第です。



 周りを見渡してみると、実際に『しまむら』に行ったフレさんは数多く。
 実に色々な体験談を伺いました。
 特に…。
 このコラボの発表以来、多くのアークスが興味を持っていたであろう、店内放送についても、お話を伺うことが出来たのは幸いでした。

 こればかりは、実際に店に行った人でなければ分からない事ですし。
 どんなものであったのか、私も非常に関心があったのです。

 聞けば…。



  Tシャツは何処だろうか…((((・ω・`三´・ω・)
   ※注1:コラボといっても特別にコーナーがある訳では無いそうです。



  ~♫(BGM:la L'inno per il "IDOLA")
    ※注2:【敗者】本体との決戦で使用されているBGM



  …お、ウワサの放送(´・ω・`)?



  ルーサー『やぁ、地球の諸君』



  お、おう…(´・ω・`)



 PSO2を知らないお客さんが、思わず『なにこれ…?;』と、天井のスピーカーを見上げてしまうくらいには、アークスにとっていつものルーサー君だったそうです。
 アークスであれば、楽しめること請け合いの内容だそうですが…。
 ただ残念なのが、放送のリピート間隔が長いらしく、聞こうと思うと結構な時間(40分~1時間?)が掛かるのだとか。

 Tシャツを買いに行って放送を聞けた人は、ラッキーだったかもしれませんね。



 しかし、思えば今更ですけど…どうしてPSO2は『しまむら』とコラボしたんでしょうね?;
 そう言えば…誰が作ったものなのか、サービスインから間もなくして、シンボルアートで『しまむら』の看板を描いたものが出回っており。
 意外とそれを見た運営か…或いは『しまむら』の関係者が、思いつきでノッてみた…とか?

  流石にそれはない…か…(´・ω・`)?

 ゲーム関係のコラボで服飾関係というと…他所のゲーム会社の話ですが、『ユニクロ』が先行して展開していたように思います。
 ただ、最近は『しまむら』も積極的なコラボ企画を多方面で展開しており、セガの事業でも以前から接点があったよう(?)ですし、その繋がりでPSO2のコラボが実現したのかもしれません。

 今回のTシャツに関して言えば、『買いに行ったけど、もう売り切れてて買えなかった』という人の声を、特に多く聞きました。
 PSO2のこうしたアイテムって、毎回、初回生産分の数を随分と絞ってるように思います。

 これも、販売戦略なのかもしれませんが…。
 地方のお店では、各サイズ一着ずつのみの入荷、なんてところもあったらしく。
 話を聞く限り、ちょっと絞り過ぎではないのかなぁ…と思わなくもありません。

 何がどれだけ売れるのか。

 その予測は難しいものですが…。
 個人的には『国内最大級のオンラインゲーム』という冠に、もう少し自信を持っても良いと思うんですけどね;

 この週末に手に出来なかった人も、今後の追加生産で手に出来るようになれば良いのですが…。



  商売という以上に、ファンの為に…と思うんよさ(´・ω・`)



■今日のニークス

pso20160617_222438_019.jpg
          (C)SEGA

 週末、3鯖のローカルイベントに参加してきました。

 今週末は共通鯖でのイベント開催が集中していたようで、都合20近いイベントがあったとか。
 機会があれば行ってみよう…と、思いつつも。
 いつも地元の繋がりが先に立つのは、私の内向性が為でしょうか;

  仮想であればこその事なのになぁ(´・ω・`)

 …生まれ持った性は、なかなかに頑健です。



 とはいえ。
 今回に限って言えば、自身の用事が重なった為に、機会に恵まれたとも言えず。
 このイベントも、冒頭に少し顔を出すだけに留まりました。

 ただ、その短い時間の中でも、人と人の遣り取りを目の当りにして。
 今のPSO2の繋がりに、新しい形が生まれているのだ…と、知ることができました。

 時間と共に、この船の有り様も変わっているのですね…。

 私にとって、此処は住み慣れた場所ではありますが。
 私達にとっては、これから先、どうなっていくものなのか…まだまだ見えてはきません。

 より良い形になれば…とは思いますが。

 今の形とは、何を指しているのか。
 更にそこから。
 何を以って、より良いと言うのか。

 …こうした機会に触れる度、迷いの生まれる鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百九十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は、20時に予告緊急の【防衛戦:終焉】がありました。
 仕事のある日の普段の私は、19時50分に起き出してPCの電源を入れ…アークスシップの乗船準備を始めます。

  …うぅ…(´=ω=`)

  …過密に行かねば…((( うω=`)

  …ぬぁ(((`・ω・´)))!!?

 寝惚けていたのか、緊急に気を取られていたのか…足がコードを引っ掛けました。
 そのコードはLANケーブルだったようで…。
 机の上に置いていた、無線LANの親機が床に叩きつけられるようにして落下しました。

  あぁ(´・ω・`)!!!??

 慌てて親機を拾い上げ、裏返したりひっくり返したり仰向けたり傾けたり撫でたり突付いたり…。
 見たところ外観に変化は無いようです。
 動作ランプも正常に点っています。

  …だ、大丈夫…なんかな(´・ω・`)?

 そんな、リアルで大混乱の私を余所に。
 プロニークスな鈴蘭の方は、寝る前に準備万端に整えた上でポーター前でログアウトしており。
 ログインしてすぐに、手近な過密ブロックに飛び込んで行きました。

 有り難いことに、この分なら緊急であぶれる心配はなさそうです。

  よし…あっちは良いとして…(´・ω・`)

 問題は、私の方。
 特別、機械が苦手という訳ではありませんが、詳しいと胸を張れる程でもない私なので、どうにも無線LANの様子が気になります。
 普段はスマホ様が接続するくらいでしか使用していませんが…不調となっては一大事です。

  そうだ、スマホ様…(´・ω・`)

 以前に、スマホ用の回線スピードの診断ツールを入れたのを思い出しました。
 これを使って…。
 …使って…。

  …(´・ω・`)?

 このツールでは、過去数回分の結果が履歴として表示されるんですが…。
 …やたらと今回の数字が低い…?;

  ま、まさか壊れたんじゃ…(´;ω;`)

 緊急の開始時間が迫る中、頭の中はそれどころではなくなってしまいました。
 一日の始まりから、テンションは急降下。
 自身の不注意を悔いて、手は意味もなくスマホ様をぐじぐじと弄り回します。

  …あれ(´・ω・`)?

 弄り回しているうちに表示された画面。
 スマホ様の通知領域の上の上。
 本体の設定項目の中…。

  …私、無線LAN使ってないやん…(´・ω・`)

 そういえば、いつだったか…バッテリーの保ちを良くしようと、出先で無線LANの自動検出機能を切った覚えが…。
 …。
 えっと…それ以来、このスマホ様は無線LANを使って無かった…と?

  Oh...(´・ω・`)

 …更に追い打ちを掛けられた気持ちです;

 無線LANの接続を行い、診断ツールを使ってみれば…数字が正しく出たので、親機が壊れていないのが救いでしたが…。
 起きて早々、色々と打ちのめされました…。

 せめてココでネタにして、回収(なにを?)しましょう…。



  がぁぁッ(ノ・ω・)ノ!!!



■今日のニークス

 メンテ明けから、ロビーに新しい係員が増えました。
 ログインしたところでアナウンスが出たので、ご存知の方は多いかと思いますが…。

pso20160615_204544_001.jpg
              (C)SEGA

 シロナさんです。

 ※ブログ掲載用に撮っておいたシロナさんのSSを仕込み忘れました。
  帰宅後に追加します;

 …オシャレな髪型してらっしゃいますね…。
 なかなかに『デキる女』という雰囲気を醸し出していますが…。
 何故かアークスの正規の係員だというのに、専用カウンターも与えられず、搭乗口の脇に突っ立っています。

  …何気に扱いが酷いですね(´・ω・`)?

 いえ…こうして新人に厳しく当たるのが、アークスというものなのかもしれません。
 なにせ、宇宙の平和を守るお仕事です。
 生半可なことでは、一人前と認めてくれないのでしょう。

 ロクな仕事がなかったプリンさんでもカウンターが貰えていた事実とかは、考えてはいけません。
 穀潰しであれ、先輩は先輩。
 アークスにおける、先輩後輩の関係は絶対なのです。

 …しかし。

 アスタルテさんは『案内役』という仕事を考えれば、ロビーに立っている方が自然ですが、シロナさんのコレは…。

 『トレジャーショップ』という、怪しげな響きも相まって、まるでダフy…ゲフンゲフン。
 …いあいあ。
 流石に、それは言い過ぎですよね…;

 これから、緊急トリガーなりなんなりを調達するのに、お世話になるであろう係員さんです。
 そんな目で見るのは可哀想というもの。

 ようこそアークスシップへ。
 これから宜しくお願いします。

 …などと挨拶を送りつつ…。



  どれ…何が売ってるのかしら…(((´・ω・)?



pso20160616_093626_000.jpg
              (C)SEGA

  …。(´・ω・`)

  …ねぇ(´・ω・`)

  やっぱり、ダフ屋じゃない(´・ω・`)?



■リンク追加のお知らせ
 LOV工房
 Ship04で主に活動されておられる、ナノさんのブログです。

 ナノさんとはゲーム内でお会いしたことはなく、Twitterを通じてご縁ができた方になります。
 最近は『褐色集会』の開催日前後でTwitterでの発言が増えており、新しく知り合う方も出来ているのですが…。
 こうしてブログにまでお越し頂けるとは、有り難い限り。

 ナノさんは、ご自身でイラストを手掛けていらっしゃるんですね…明るい雰囲気のオリジナルイラストが目を引くブログです。

cbeced70-s.jpg

 キャラの紹介に使われてるSSを見ても…。
 やっぱり、絵心があると違いますねぇ…;

  私も、ちょっとは描かないとなぁ(´・ω・`)

 …ウチのような辛気くさいブログに関心を持って下さり、ありがとうございます。
 何が出来るでもない鈴蘭ではありますが…宜しければ、これからお付き合い下さいまし。

 また改めて、ご挨拶にも伺います故(`・ω・´)ゞ



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百九十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は定期メンテナンスの日。
 各種アップデートに併せて、ファッションアップデートが実施されています。

20160615s.jpg
                             (C)SEGA

 今回はヒューナルさんのなりきりセットですか…。
 【若人】にしろ【巨躯】にしろ…アークスに人気がありますし、首を長くして待っていた人も少なくないでしょうね。

 しかし、今回は【若人】【巨躯】【仮面】の三人だけ。
 【双子】が無いのは、どちらか一方では成り立たないから…ですかね?
 それに、実装しようにも両方同時に実装すれば、景品の数が増えすぎてしまいそうですし…;

 人気者の【敗者】は…以前にレコーダーズの実装がありましたし、今回はお預け?

 …ああ、いや。

 【敗者】は18日からの『しまむら』での営業があるから出られないんですね、きっと(´・ω・`)!!



 …ところで。
 今回のスクラッチはスタージェム(SG)に対応した、新方式なんですね。

 景品表示法の改正と、業界団体の対応。
 それに、運営の収益形態の見直しに伴うもの…でしたか。
 今後の方針では、スクラッチへの収益依存を減らす、という事だったと思いますが…。

 SG導入で、どう変わって行くのでしょうね…。

 まぁ…先のことなど、世情に昏い私には分かりかねます。
 まずは目に見える変化から確かめていきましょうか。



 あ…排出率が明記されるようになったんですね。
 ええっと…コスは…一律1.562%…ですか。

  …。(´・ω・`)

 …これって、高いのか低いのか、素人には今ひとつ分からない数字ですね;
 50回引いて、狙いの服が一着出るか出ないか。
 …そう言われると低いような…高いような???

 目に見えるものでも、理解するにはもっとモノを知らねばならないようです…;



― ◆ ―




 今週末には、月一の『PSO2放送局』の放送が予定されています。

 これに合わせて、質問コーナーで扱われる質問を、Twitterで募集していましたが…。
 『男女別のスクラッチには出来ませんか?』『強化素材などは別にしたスクラッチには出来ませんか?』などの、半ば要望と言ってもいい質問が多いらしいと聞きました。

 …まぁ、気持ちは理解できますね;

 ユーザーからすれば、『なんでこんな…』というものを手にしても扱いに困ってしまいます。
 出来ることなら、欲しいものばかりが並んでいるスクラッチであって欲しい、というのがユーザーの正直な気持ちでしょう。

 …でも。

 そこから一歩引いてみれば、流行りものの、人気のアイテムさえあれば経済は成り立つものなのか、という疑問があります。

 経済は運営の仕事…ではありますが。
 私達にとって何が良くて、何が悪いのか。
 意見すること、希望すること…その一つ一つを私達自身でも考えねばならないのでしょうね。

 運営が器を作るものではありますが。
 そこに何を入れるのかは、私達の判断に委ねられているのですから。



■考えすぎ?

 …ふと、思うところがあって独り言。

 他山の石、以て玉を攻むべし 『詩経-小雅・鶴鳴』

 他所の山から出た粗悪な石は、そのまま飾るには不向きでも、それを砥石に利用すれば、自分の玉を磨くのに役立つ筈である。

 故事として日本でも『他山の石』と知られていますが、最近は『人の良い面を手本にする』という意味で使用している誤用が多いのだとか。
 本来は『他人の誤りであっても、自分の修養の役に立てること』を指す言葉なのだそうです。

 中国最古の詩集である『詩経』が出典とされ、原文には以下のようにあります。



 鶴鳴于九皐 聲聞于天
 鶴九皐に鳴いて、声天に聞ゆ。
 魚在于渚  或潜在淵
 魚渚にあり、あるいは潜んで淵にあり。
 楽彼之園
 楽し、かの園
 爰有樹檀  其下維穀
 ここに樹檀あり、その下これ穀。
 佗山之石  可以攻玉
 他山の石、以って玉を攻むべし。



 …元々、この詩は同義の二つの詩から成るそうで、『他山の石』という言葉自体はここから生まれたものの、故事としては、詩が出来た当時に既に存在していたのではないか、とも考えられているのだそうです。

 冒頭の鶴の鳴く様は、『優れた人物は隠れ得ない』という事を比喩しているそうで、雑木であれ良い檀木(仏像製作に用いられる香木)を育てるのに必要なように…と続き、優れた人物にとっての『他山の石』の有為さを歌っています。



 …ここで、少し考えた鈴蘭です。



 『朱に交われば赤くなる』という言葉があります。
 良くも悪くも、人ととの付き合いの中で影響を受け、感化されて行く様を指す言葉ですが…。
 『他山の石』も、人ととの付き合いの中で、自身が変わって行く様を指すとするなら、一見、似た言葉のようにも思えます。

 しかし、この二つは、似て非なるものではないかと思うのですね、私は。

 自身の周りにいる一人一人が『他山』とするなら。
 何を『石』として持ってくるのか。
 その『石』を用いて、如何にして自分を磨くのか。
 …自分が、どう選択して、どう行動するのか。
 自分と『他山』を明確に分けて考えられるからこそ、『石』は『他山の石』になるのであって。

 『朱に交われば赤くなる』ように、自分と周囲を同一視し、自分の意志とは無関係に、自然と染まってしまうようなものではないと思います。

 ただ一人の相手とのことであれ。
 パーティの中でのことであれ。
 マルチの中のことであれ。
 チームの中のことであれ。
 もっと大きな括りの中であれ。

 『他山の石』であるのか。
 『朱に交われば赤くなる』のか。

 今の自分は、どちらであるのか。
 …どちらを望んでの、今なのか。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百九十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は朝から曇りがち。
 時折、弱く雨がパラつくような天気でした。

 …その御蔭もあってか、今夜は数日ぶりに涼しい、穏やかな夜となっています。

 真夏を思わせる陽気が続きましたが。
 雨が街を静かに変えていきました。

 やっぱり、梅雨の雨というのは、こうして降るもの…ですね…。



 最近は、ゲリラ豪雨のような激しい雨が印象に強く。
 こうした梅雨らしい梅雨を、殊更に感慨深く思うのかもしれません。

 夏の夕立のような、激しい雨にも風情を感じますが。
 それは、梅雨の雨とは違う…なんでしょう、大きな変化への期待みたいなもので。
 もの思うように、長くは続かないのではないかとも思うのですね。



 明日のメンテ明けからは、同時接続者数13万人突破記念のブーストが始まります。

 …さて、これは梅雨の雨でしょうか?
 或いは、これは夏の夕立でしょうか?

 それとも…?



■今日のニークス
 『4周年記念イベント「ARKS ORDERS RUSH」』。
 始まってから、そろそろ一週間となりますが…皆さんは、バッチ集めやレア掘りなどに精を出しておいででしょうか?

 私は空いた時間、★13の卵を目当てに、限定クエストに通っています。
 …が、狙って行くと出ないというのが、いつものパターンというもので。
 出ない出ないと思いつつ、限定クエストばかりをひたすらにグルグルと回っています;

 これでは、他のことが手付かずになってしまっていますが…。
 自分の都合でやっていることでも、全体のイベントの進捗に貢献するのがWeb連動パネルというもの。
 こうした方式は、個人への負担が少なくて…なんとも有り難いことです。

 …有り難いこと…のハズなのですが。

 最近、今回のイベントの軸であるWebパネルの進捗が、少し気掛かりになってきました。
 …と、いうのも。

4周年記念Webパネル
           (C)SEGA

 今回のWebパネルでは、クエストによってポイントを貯めて開放していく従来のパネルとは別に、ギャザリングによってポイントを貯めて開放していくパネルが存在します。

 クエストのパネルに関しては開放が進み、順調に伸びているのが見て取れるのですが…。
 ギャザリングのパネルは、まだ最初の一枚目。
 しかも、貯まったポイントは目標の1/3程度でしかありません。

  …ちょっと遅いんじゃない…コレ(´・ω・`)?

 もしや、ギャザリングの不人気が数字に出たんでしょうか。
 これは、ギャザリングを前面に展開している、フランカさんの高機動要塞…もとい、カフェの経営危機では…!?

 …などと、ドキドキしていたのですが。

 フレさんから、独り盛り上がっている鈴蘭の思い違いを指摘されました。
 曰く『私は伸びが悪いとは思いません。むしろ早いと思います』…と。

 経営危機のネタには未練がありましたが…一先ずそれを脇に置いて、フレさんのお話を伺いました。



  フレさん『理由は2つあります…』



 まず『ギャザリングはスタミナに依存していて、一日に何回も行けない』という点が一つ。

 確かに…ギャザリングは、限定クエストのように好きな時に好きなだけ行けるコンテンツではなく。
 ポイントを稼ぐと言っても、自ずと限界があります。

 言われてみれば当たり前ですが…、確かにこれではクエストのポイントのように伸びるハズもありませんね;



 そして、もう一つは『パネル開放のポイントは、ナベリウスで採取される一部のアイテムのみが対象』という点。

  …って、あれ(´・ω・`)?

 このギャザリングのパネル、付帯条件があったんですか…!?

 言われて初めて気が付いたのですが、このパネルの右上隅に『詳細はこちら!』というリンクがあり。
 それを辿ると…。
 …。
 ……。
 …確かに書いてありますね、どのようにポイントが入るのかが…。

 いや、これ…もっと前面に出した方が良くはありませんかね?;
 私がそうだからという訳ではありませんが、『ギャザリングをすればポイント加算』と勘違いしてる人が、少なからずいらっしゃるんじゃないでしょうか…?;



  ただ…う〜ん…(´・ω・`)



 それ以上に、この付帯条件は…ちょっと、どうなんでしょう…。

 限られた試行回数の中、欲しい物を手に入れようと、多くの人がギャザリングに繰り出していると思います。
 ここで得るアイテムは、リングの作成に不可欠なもので。
 人によって、何処の何が欲しいのかは異なります。
 それぞれが、それぞれの好きのために頑張っている…これは、そうしたものでしょう。

 大事のために、何れか一方を選ばなければならない…というのは世の常です。
 それだからこそ、せめて仮想の中では…と、求めている人も少なくありません。
 
 限られた期間の中だけのことであっても、自分を枉げなければ参加する資格が得られない。
 …此処で敢えて、そんな形にすることは無かったのではないか。
 そう思った鈴蘭です。



 曜日で対象の惑星が変わるとか、料理の効果のように惑星を問わず『穀物』とかでザックリ分けるとか…。
 そうした選択の幅を持たせたほうが、ユーザーにも、運営にも良かったのではないかなぁ…と。

  思うんですけど…どうなんでしょうね…(´・ω・)=3

独り言 その八百九十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 今回、『4周年記念イベント「ARKS ORDERS RUSH」』の配信に合わせ、新たなビンゴカードがアークス各員に配信されていますが…。
 …まず、このビンゴカードを開いて思ったこと。



pso20160613_203001_003.jpg
            (C)SEGA

アンリィ…ッ(´・ω・`)!!!!




 …いえ、良いんですけどね?

 謎の失踪(肩叩きとも云う)から、無事に生還した奇跡の男。
 誰に対しても挨拶を欠かさない姿勢が、多くのアークスの共感を呼び。
 その共感が、空白のEp.3を経て…Ep.4での劇的な逆転復活に繋がった訳ですし。

 これくらいのご褒美は、あってもバチは当たらないと思うのですよ。

 …しかし、カフェの常連客と思われるこの男。
 店内を彷徨くだけで、一向に売上に貢献しているようには見えんのですが…。

  チャージ料でも払ってるんかな…(´・ω・`)?

 …謎、ですね…;



 などと、一頻り弄ってみたところで…思います。



 こうして、古参には丁度良い『ネタ』になるアンリの過去ですが。
 経緯を知りようのない新規さんには、何故この人が選ばれているのか、皆目見当もつかないでしょうね。

 こうした事柄は、ゲーム内で知識を補完する術がなければ、ネットで調べるなりしなくてはいけませんから。

 或いは、これを場を繋ぐキッカケにして欲しい…という、運営側の願いがあるのかも知れませんが…。

 それならそれで、ビンゴに選ばれた事に関して、アンリ自身がネタ振りをするくらい、もう少し踏み込んでも良かったかも…?

 …ふと、そんなコトを思った鈴蘭です。



■考えすぎ?
 最近は幾つかの職を3ボタン操作で遊べるよう、少しずつ指を慣らしている鈴蘭です。

 もともとパッドで遊んでいたので、指が動きを覚えるかどうかにかかっているのですが…。
 来る日も来る日も…約四年間、同じ操作で慣れ親しんできた鈴蘭の動き。
 なまじ同じゲーム、同じ環境で、操作だけが変わるというのは違和感が強く。
 3ボタンに切り替えた鈴蘭の出発点は『これは無理かも…;』という、諦めの境地でした。

 …今では、どうにか指の違和感はなくなり。
 下手は相変わらずですが、気軽な遊びを楽しむに差し障りのない程度には、動けるようになってきました。

 …ただ…この変化。

 コントローラーの物理的な仕様(ボタンの数)は変わらないというのに。
 これまでの操作系に加えて、必要なボタンを増やす、という対応がなされた為に。

 それまで慣れ親しんだ『何か』を、ユーザー自身の手で削らねばならないのが…辛いのですよね。



 …いえ、私はまだ良いのかもしれません。
 『何を削るか』の選択を、私自身が出来るのですから。



 パッド専門の私は知る由もありませんでしたが…。

 キーボードの操作系にも、変更が加えられたと聞きました。
 しかもそれは、選択の余地のないもので。
 ゲームを続けるからには、慣れなければならない…というものであるのだとか。

 PC主体から、PS4主体へと切り替わる過渡期の今。
 人口爆発に因る、社会の変革…とでも言うべきで。
 運営にとって、それは必要な処置であったのでしょうが…。

 古いものを切って捨てて、新しいものだけを取り出し。
 …それを繰り返して、最後まで残ったものを大事とする。

 それはまるで、一本の木を削り出して作品を作るかのようです。



 形を整える。



 …作品としては、完成に近づくのでしょう。
 でも…。
 木としては、どう…なのでしょうか。
 


■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百九十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近は、空いた時間に期間限定のクエスト『混沌呼び出す龍の咆哮』に通っています。

pso20160609_213936_000.jpg
             (C)SEGA

 『4周年記念クエスト』という謳い文句を掲げるだけあって、出てくる敵はオールスター状態。
 レイド系の超大型ボスを除いて、ほぼ全てが出てくるようです。
 その御蔭か、このクエストでは全種類の★13卵がドロップするそうで…私はそれを狙って通っている次第。

 もっとも…出現候補の対象が多すぎて、なかなか出会えない敵も居るようで…私は、アプレンティスやディーオ・ヒューナルと出会った時に『出るのか;』と、その確率の低さを思って、呆れ半分に驚きました。
 …全ての卵を手にするのは、なかなか骨が折れそうですね…;

 しかし、アークスにとってクエストの内容が豪華なのはいいのですけれど…ゲル・ブルフ、ヴィスボルト、暗闇…Eトラに偏りがあり、時間の掛かる面倒なものばかりが立て続けに発生するとあって、この点では不興を買っていると聞きます。
 実際、達成ポイントを貯めたいのに、ゲル・ブルフ登場>失敗>ゲル・ブルフ登場>失敗>ゲル・ブルフ登場…そんな、絶望を感じるエンドレスな展開には、言葉もありません。

  修正、してくれんかなぁ…(´・ω・`)

 …ところで。
 この手のクエストでの達成ポイントには、毎回、某かの意味があったりします。
 バレンタインでは2月14日に因んで214pt、ホワイトデーでは3月14日に因んで314pt…といった具合に、です。
 このクエストでは、達成ポイントを1,674pt貯めることでクリアとなりますが…。

  1674て…えらく半端な…(´・ω・`)

 今回の1,674という数字に思い当たるところがなく、何の意味があるのかと疑問に思ってたんですけど…これ、『2016日で満4周年』のことだったんですね。
 フレさんに教えていただいて、初めてその点に思い至りました。
 いやはや…西暦を混ぜているとか…私の堅い頭では予想の外の事でしたよ…;



■今日のニークス
 今週末は、褐色集会に参加してきました。

pso20160611_204940_006.jpg
             (C)SEGA

 今回は、季節限定で移転している、フランカさんのカフェを会場としてお借りしての開催です。

 実は、このカフェに来るのは今日が初めてでしたが…。
 チーム拠点のプライベートビーチを流用してるんですね、これ。
 こういう方式であるなら、他のチーム拠点も季節ごとにフランカさんが訪ねるようになるんでしょうか…?

 …個人的には、水上拠点とかが雰囲気があって好きなんですが。
 季節ごと、となると…秋は黒の領域、冬は凍土、春は白の領域…が鉄板ですかね…。

 移転そのものは歓迎なのですけど、今回のように一律の変更ではなく、ブロックごとにフランカさんの移転先が違うとか、変化があって良いと思うんですけど…処理上、難しいでしょうか;

 …などと、連連と考えながら会場に行ってみれば。

pso20160611_202851_005.jpg
             (C)SEGA

 開場一時間前に来てみたのですが…既に先客がいらしてました。
 いやはや…お早いですね;

 続いておいでになる方を場に加えながら、なんの事もない話をしつつ時間を楽しみます。

pso20160611_213012_049.jpg
             (C)SEGA

 …定刻の開場前後には、ご覧のような状態に。
 今夜も盛況ですね。

 鈴蘭は毎回、会場の入り口付近で、おいでになる人を出迎えるようにしているのですけど…。
 …実は、裏で挨拶以外の事もしています(´・ω・)

 おいでになった方には、出来るだけGJでの挨拶も合わせて行い、見学の方であれ『イベントのゲスト』だという事をお知らせしています。
 …こういうイベントでは、会場に来てみたものの、結局は何も接点を見い出せないままに、『他人事』で全てが終わってしまう人も少なくありません。
 現実での事であれば、形に残るものを手渡して示すことも出来ますが…。
 この仮想では、それも叶いませんから。
 なので、せめてこれくらいは…と。

 因みに。
 アークスカードを公開している方に関しては…。

pso20160611_210545_017.jpg
             (C)SEGA

 こんな風に、アークスカードとご本人を一枚のSSに収めて保存していたりもします。
 これは、普段からロビーやマルチでやっている、鈴蘭の習慣みたいなものでして…。
 何かの時に、『そういえば…?』と思い出す手掛かりにしようかと。

 …もっとも。
 大抵の場合、こうして残す方の印象は深く、見返す必要もなかったりするのですが;

  フレンドリストの上限が増えればなぁ…(´・ω・`)

 …などと詮無いことを思いつつ。

pso20160611_222842_067.jpg
             (C)SEGA

 気が付けば、あっと言う間に東屋から人が溢れて手狭になり…砂浜に場所を移して仕切り直し。

 こうしてSSを見返してみると、仮想のこととはいえ、現実の砂浜の光景と何も変わりない雰囲気があります。
 …そう見えるからこそ、楽しいと感じられるのかもしれませんね。



 砂浜で寛いでいるうちに時間は過ぎて…。



pso20160611_234842_091.jpg pso20160611_235127_096.jpg
            (C)SEGA                  (C)SEGA


 日付が変わろうかという時間に、いつもの記念撮影。
 以前にチーム拠点を使って記念撮影をした事がありましたが…。
 その時を思い出しました。

 このカフェも、赤の部屋と違って光源が時間ごとに変化するので、いろいろな表情が撮れるのが良いですね。
 これからの集会でも、いろいろな表情が見られると良いのですが…。
 それは、次回以降の楽しみ…ですね。



― ◆ ―




 …今回は、少しばかり夏を先取りするようにして開かれた褐色集会でした。
 終わってみれば、閑散とした浜辺の様は、まさに祭りの後という風情で。
 そこにあるのは寂しさ…でしょうか。



 …いえ。



 そればかりでも無いようです。

pso20160612_005641_119.jpg
             (C)SEGA

 …こうして、名残を楽しむのも良いもの。

 その熱を知ればこそ、その去り際を惜しくも思えるのでしょうから。



 …かくして、私の集会は終了しました。

 思えば、何をした訳でもありませんでしたが。
 本当に楽しい週末となりました。

 お時間を共にしてくださった皆様に感謝を。
 また何れかの機会に、お会いする事を楽しみにしつつ…。
 その時まで、変わらずお元気で。



  (´・ω・`)ノシ



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百九十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 今回のアップデートから始まった、期間限定のクエスト。
 その舞台は、アムドゥスキアの『龍祭壇』です。

pso20160609_213936_000.jpg
          (C)SEGA

 アムドゥスキアの浮遊大陸に在ると思われる、太古の文明の痕跡。
 これだけの巨大な構造物を、空高くに浮かべる技術を持ちながら、衰退してしまった先人達。
 こうして此処で、在りし日の姿を思うと…泣き出してしまいそうな寂しさを感じながらも、長い長い時間の流れを映した姿に、大きな浪漫を感じます。

 …今、此処に住まう龍族にとってはどんな場所なのでしょうね。

 荒れたままにも見える龍祭壇の様子を見ると、龍族は高い知性を有しながらも、この場所を修復しようという意志が無いようにも見受けられます。
 それは、単純に技術がない…という以上に、その必要性を認めていない、といわんばかりに。

 遺構…という点を通してみれば、リリーパのそれにも、似たところがあるようにも思いますが。
 あちらは、衰退した今も物質的な豊かさを求めているかのような、『欲』が見えるのですよね。

 その点では、龍族には…物質的な欲を捨ててしまったような、達観した価値観を持っている印象があり。
 此処を『祭壇』と定めながらも、目に見えるものには拘っていないのではないか。

 此処に居ると…そんな考えが浮かんできます。
 


 …ところで。
 今まで特に気にもしていなかったのですけど…。

 改めて、このステージを見回したとき。
 遺構の様子に、既視感を覚えました。

 …はて、何が…と、よくよく考えてみれば。

 幻創戦艦の『大和』に付いてるコア(?)に、どこか雰囲気が似てるんですね、此処の壁とか…。

pso20160609_112035_002.jpg
          (C)SEGA

 これって…ダーカー因子みたいなものなのでしょうか?

 これまでに登場したダーカー因子は、有機的…生物的なフォルムをしていましたが。
 この物体は無機的…幾何学的なフォルムをしています。

 発光しているので、印象が違っても見えますが…やっぱり、龍祭壇のものに似ているように見えますね…。



  …何か繋がりがあったりするのかなぁ(´・ω・`)



■告
 今週も、週末土曜日に『褐色集会』が開催されます。
 最近では、共通鯖にて別の方が『褐色の集い』なるものを開いておいでのようですが…。
 こうしたイベントが、唯一であらねばならない理由はなく。
 そうした集まりを通じて、個人個人の相互の関係が、より良い方向へと向かえば良いですね。



 今回は、開催場所がいつもの『赤の部屋』から、フランカさんの期間限定ビーチカフェに変更されています。
 参加を検討されている方は、ご注意下さい。

 下記の注意事項は、主催者であるヴォルフィードさんのツイプロより転載。

Ckbqr0fUgAAih3b.jpg
           (C)SEGA

【開催日時】
 6月11日(土)
 21:00~およそ0時ぐらいまで

【開催場所】ship3 B228 フランカ'sカフェ
             ※少し奥のパラソルがあるテーブル席付近

【参加条件】
・種族、性別を問わず褐色であること
 褐色か否か判断が難しい場合がありますが、その場合は本人が褐色と言えば褐色キャラであるとします。
・見学も歓迎です。
 褐色キャラでなくとも見学OKとさせて頂きます。
 見学の場合は、オンラインステータスに表示する等して分かりやすくして頂けると有り難いです。
 ただし、集会イベント(集合SS撮影、緊急クエスト等)への参加は見学者の方にはご遠慮頂いております。
・ハッシュタグは「#褐色会」
 撮影したSSにハッシュタグをつけてツイッターにUPする際は「#褐色会」で統一して頂けるとありがたいです。

【注意事項】
・SS撮影は自由、公開は名前非表示で。
 基本的にSS撮影は個人で自由に行ってもらって構いません。しかし、ネット上に公開するものはキャラ名等の頭上表示を消した物をご使用願います。
 ※撮影NGの方はあらかじめフリーワードに「撮影NG」と記入し、できるだけ集団には加わらず見学者として参加して下さい。
・他人のキャラを誹謗中傷しない。
 誰しも我が子は可愛いものです。特にこういった集まりに来られる方は自キャラに愛着を持つ方が多いと思われますのでご注意を。
・緊急クエストが発生した場合は各個人にて判断し行動して下さい。
 できれば集会参加者でクエストに行きたいと思っておりますので、その際はご協力お願い致します。



 皆様のご参加、心よりお待ちしております。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百九十

 大きいだけの鈴蘭です。

 メンテが明け。
 季節が少し進んだアークスシップですが…。
 ロビーの様子に大きな変化はなく。
 少し拍子抜けするくらい、あっさりと梅雨が明けた感じです。

 …しかし。

  【公式】『PSO2』4周年記念イベント ARKS ORDERS RUSH

 ご覧のように、期間限定のWebパネルが公開されて。
 アークスとしては、一気に夏へと向かうかのような勢いを見せています。



 出勤前に一回だけ、新実装の期間限定クエストに行ってきましたが…。

 私的には、適度に回りやすくて良いクエスト…という印象でした。
 これは、Eトライアルがコンスタントに発生して(この位置は固定なんでしょうかね?)、途中で間延びすることもなく回れたからかもしれませんね。

 ただ…道中では龍族のボスが湧くので、私には良くとも(?)、経験の浅い新規さんには辛い場面もありそうです。
 しかし、一部では『先生』などとも言われるクォーツは、新規さんにとって格好の練習相手。
 此処で立ち回りなどが見直されると良いのですが…。
 龍祭壇特有の構造で、動ける空間が限られるのが吉と出るか凶と出るか…。



  はてさて(´・ω・`)



■考えすぎ?

 新規さん向けの、公式による教育用外部コンテンツとして始まった『ラッピーでも出来る』シリーズ。

 企画が始まった当初、既にプレイヤー層の大部分が必要としないものであったため、あまり関心を集めませんでした。
 そのせいでしょうか。
 長らく、新しい項目が追加されることもなく、放置の憂き目に遭っていたように思います。

 しかし、PS4の新規さんを迎え、人口比率が逆転した今となっては、こうしたコンテンツが少ないのは良くない…と、運営が考えたのか。

  【公式】「ラッピーでもわかる!『PSO2』上達ガイド」更新のお知らせ

 …久し振りに更新されたようです。



 無いよりはあった方が良いのは確かなのです。
 独り立ちするにも、正しい姿勢で立つための知識を学ばねばなりませんから。

 ただ…。

 敢えて外部のコンテンツで、こうした形にする必要があるのか。
 …最近になって、その点を考えるようにもなった鈴蘭です。



 個人個人のプレイスタイルに関わる部分で、公的な価値基準を設定するかのような、『介入』はすべきではない…と、運営は考えているようで。
 過去に、運営から『各ユーザーが、お互いで問題解決に当たることを期待する』…そのような見解が示されたことがあるとも聞き及びます。

 ネットワークゲームである以上は、ユーザー間で双方向のやり取りが可能になります。

 公式が絶対的な基準を設けて、それに沿ってプレイヤーが遊びを求めるのではなく。
 時々でプレイヤー同士が柔軟に基準を決めて、遊びの形を作る。
 そうしたものがネットワークゲームの理想形の一つ…なのでしょう。

 現在のPSO2においてもそれを…と。

 運営の、その趣旨は理解出来るのです。
 …ただ…この例え方が良いのか、自信がないのですが。
 無法であることが自由という訳でもないと思うのですね、私は。

 最初期から遊んでいるアークスにとっては、此処の遊び方などは心得たもので。
 自分が遊ぶ範囲で不自由しないだけの、自分の中の基準というものを持っていると思います。

 その上下左右に幅はありますが。
 初対面であれ、お互いの基準の大体を察することは難しくありません。
 …それは、自身がゲームと向き合って育ててきた『感覚』だと思います。

 これを新規さんに当て嵌めて考えてみると…。
 その感覚を育てる機会が、あまりにも少ないのではないか、とも思えるのですね。
 
 ゲームを始めて、案内に従ってクライアントオーダーをこなしていけば、直ぐにもレベルは20に届きます。
 そこから緊急に参加すればH、VH、SH…と、苦もなく上がっていくでしょう。
 SH帯で若干、XHまでの間隔が開きますが…それも大した事はありません。

 こうして急ぎ足になると、必然的に資産の蓄積が追いつかなくなりがちですが…。
 今は、コレクトでノクスNTを始めとした優秀な武器が容易に手に入りますし、そうそう困ることもありません。

 立ち止まることなくレベルは上がり続け。
 そして、レベル70に到達した新規さんはXHに行き…。
 そこで初めて、壁を感じるのだと思います。

  『なんかよく死ぬし、敵が倒せないし、どうなってるの?』

 人は、困難を前に工夫する生き物です。
 今の新規さんにとっては…XHというものが、工夫を凝らさねばならない、その困難であろうと思います。

 …が。

 XHにまで来て、初めて壁が現れる…というのは、タイミングとして少し遅いのではないか。
 …そう感じる鈴蘭です。



 ゲームの中で自身を育てて欲しいと願うのなら。
 レベルを上げやすくするために、ブーストを入れて『背中を押して走らせる』ばかりではなく。
 進みが遅くとも、この世界を一人で旅するための、『歩き方』を示すべきではないか。

 歩くのが良いのか。
 走るのが良いのか。
 座り込むのが良いのか。
 寝転がるのが良いのか。

 いずれ何を選ぶようになるにせよ。
 自分で選べるようになるまで、手を引いて導く存在があっても良いのではないかな…と。



 …言いたいことが言えたのか…まとまりを欠く文章で、自分でもよくわからないことに;
 拙い文章で申し訳ないです(´・ω・`)




■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百八十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日はメンテナンスの日。
 そして同時に、アークスにとっては梅雨明けの日になります。

 実に久しぶりの青空を迎えることになりますが…。

pso20160607_201729_001.jpg pso20160607_201328_000.jpg
         (C)SEGA               (C)SEGA

 でも、この二人とは此処でお別れ…なのですよね。



 メンテ開始まではロビーにいらっしゃいますが、明日は午前九時の開始。
 九時半帰宅の私では、見送りも叶いません。

 …実は、この2、3日は23時開始の予告緊急に参加すべく、いつもより早くに出勤し。
 職場からスマホ様のディザリングを介してVitaでアークスシップに乗船。
 始業までに、一戦だけですが緊急クエストに参加していました。

 あわよくば今日も…と、思っていたのですが。
 生憎と、乗るべき電車に乗り遅れてしまい…大和戦開始までに職場に着けそうにありません。
 二戦目には間に合いそうですが…そうなると、緊急の終了が始業時間に間に合いそうにないんですよね…;

 こうして、間に合いそうで間に合わなかったことは、残念ではありますが。
 如何に今が旬の人気コンテンツといっても、これを逃したところで後が無い訳でもありませんし。
 どれだけ魅力的なブーストといっても、それも一時の夢のようなものです。

 今でなくとも。

 …そうも思えます。



 折角、こうして手段が手元にあるのです。
 メンテナンスまでに、二人に会う為に乗船するのも良いかも知れません。
 何処までも欲ばかり…というのもツマラナイですしね;



 しかし、別れを前に思い返してみれば…あまりお相手出来ていなかったなぁ…と、今更ながらに後悔も浮かんで来ます。
 …まぁ。
 この手の別れに思う、私のいつもの『たられば』ですが;

 こうしたことを、何度繰り返せば…。

 …いえ、違いますね。

 こうしたことは、何処に際限のあることなんでしょうかね…。



■今日のニークス

  アナウンス『緊急警報発令。地球にて、超巨大反応の発生予兆を確認。
        現在、作戦準備中です。』


  ハギト『…さて、出番か』

  ????『惑星・地球の日本近海において幻創戦艦『大和』を顕現させた。
     現在は隔離領域内にあるが、間もなく現実世界への干渉も可能
     となる。
     予想されるアークスの妨害を排除しつつ、東京侵攻を完遂して
     くれ給え』

  ハギト『僕の大和であれば、容易いことだ』

  ????『注意すべきは、アークスが今作戦で投入するとみられる、A.I.S.と
     呼ばれている人型兵器…これは単体でDFを凌駕する火力を運用
     可能だという』

  ハギト『いかなる火力であろうと、撃たれる前に落とせば済むこと…
     羽虫の如きに心配は無用だ』

  ????『なお、アークスは無尽蔵の補給手段を有しており、戦力の減耗を
     期待した持久策は一切通用しない。』

  ハギト『…む?』

  ????『君の言う羽虫…A.I.S.をどれだけ落そうとも、大規模な波状攻撃
     は尽きることがない…ということだ』

  ハギト『数で押すか…かつて大和が撃沈された経緯は知っているだろう
     …僕に同じ轍を踏めというのか?』

  ????『なに、心配は無用だ…アークスの攻撃をたった50分間だけ耐え
     切れば、隔離領域を突破でき、我々が勝利するのだからな』

  ハギト『いや、50分はちょっと長くないか?』

  ????『心配は無用だ…そう言うと思って、助っ人を呼んである』

  チャカゾンビ『…。』

  ハギト『待て、こいつが何の役に立つというんだ!?』

  ????『侮ってはいけないな…彼の銃は、君の大和の主砲より強力だ』

  ハギト『…一ついいかい?』

  ????『なにかね?』

  ハギト『僕のPSO2、ゲームバランスおかしくない(´・ω・`)?』



 …ハスワリさんとのお話の中で思いついた小話です。
 思えば、ハギト君視点のPSO2って、かなり無茶なゲームバランスだと思うんですよね…。

  勝利条件『アークスの攻撃を50分耐え凌ぐ』
  敗北条件『大和(自機)の撃沈』

 …12機のA.I.S.相手に、大和一隻。
 主砲や機銃の集中砲火を浴びせれば、A.I.S.の1機や2機、撃墜は容易いですが…相手はペナルティ無しに無限に復活できるんですよね…大和は復活出来ないというのに。

 プレイヤーのハギト君からすれば『おかしいだろ!?』と叫びたくもなるでしょうが。
 しかし、これぞ『主人公補正』という、理不尽を超えた大法則。



  非道いぞアークス…さすがやで…(´・ω・`)


独り言 その八百八十八

 大きいだけの鈴蘭です。

  【公式】6/8 定期メンテナンス時間変更のお知らせ

  …はい、来ましたね(´・ω・`)

 今回の定期メンテナンスでは、4周年記念アップデートの前編として『龍乱の大祭』が実装されます。
 この対応で、普段より2時間前倒してのメンテナンス開始となるようです。

 アップデート用のデータは2GB超。
 …相変わらず、容量が多いですね…;

 これは、期間限定の龍族だらけのお祭りクエストと…フランカさんのカフェの移転と…あとはファッションアップデート用のデータといったとこですか。

 特に、期間限定クエストはWeb連動パネルのお題に関係していますし…。

4周年記念アークスオーダーズラッシュ
            (C)SEGA

 『『PSO2』4周年記念イベント ARKS ORDERS RUSH』が、いよいよ始まる…というところでしょうか。

 いえ、始まる…という表現は適切ではないかもしれません。
 既にコンテスト関係の作品募集は始まっていますし、正確には『お祭りはもう始まっている』といえるでしょう。

 鈴蘭にはSS撮影の心得が乏しく、なにか撮るといっても、これと言って思い浮かびもしないので。
 緊急の合間にロビーでボンヤリとして、常と変わりない毎日だったりします。
 そんな鈴蘭とは対照的に、フレさんなどは撮影の為に毎日アレコレと忙しそう。
 ああして作品制作に奔走する姿を見ると…やはり、お祭りは始まっているのだな、と感じますね。

 …コンテストに応募しない鈴蘭にとっては、これまで何が変わっているわけでもありませんでした。

 複数人が協力して何かの場面を撮影する、合作をコンテストのお題にしたなら、もう少し横への広がりもありそうなんですけどねぇ…。

 過去に、動画コンテストなんかでは、複数人によって撮影された作品がありましたが…。
 SSはどうなんでしょう?
 コンテストの内容にあまり関心がなかったもので、この辺の認識が曖昧です;

 …まぁ。
 設定6の作品を目にするのを楽しみに、鈴蘭は常の鈴蘭らしく、今はクエストに精を出すことにしましょうかの(´・ω・`)



■考えすぎ?

 『ぶっ飛ぼうぜ、超現実へ。

 …Ep.4における、PSO2のキャッチコピーです。
 PSO2の紹介ムービーの最後に挿入されているので、何処かで聞いたフレーズだと思うアークスは、多いかと思います。
 A.I.S.が大和に向かうシーンと合わさり、何とも力強い言葉だと感じますが…。

 ふと…。

 このフレーズの『超現実』って、何なのだろう…?

 …そんな疑問の浮かんだ鈴蘭です。



 現実の私では経験し得ない仮想のこと。

 しかしそれは。

 仮想の鈴蘭だと経験し得る現実のこと。

 …さて。

 私たちの超えるべき『現実』は何処にあるのでしょうか?



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百八十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 …最近。
 少しばかり悩みがあります。
 ブログなどをよくご覧になる方は、既にご存知とは思いますが…。
 こうしたWeb上のサイトには、運営会社(或いはサイト運営者)が収入を得るために、どこかしらにスポンサーの広告が出ています。
 アフィリエイト広告…などというものもありますね。

 こうした広告は、PCの所有者の興味の対象のものが出るように、個人個人のサイトの閲覧履歴を参考にして、関連性の高いものが表示されるようになっています。
 …なっています。
 ……なっているはず、なのですが…。

 最近、私のPCでサイトを見ていると。
 『あなたにオススメの商品』な広告に、決まって現れるのが…



img57776914.jpg


(´・ω・`)
『熊出没注意』…?



…いやいや。



(´・ω・`)
ほぅ、税込み270円とはリーズナブルな…。



…ではなく。



(´・ω・`)
え…このデザイン、北海道限定なん…?



…でもなくですね?




(・ω・`三´・ω・)
ちょっと、誰!!!?




〒 〒
(´・ω・`)

トナカイさん怒らないから、悪戯した人は出てらっしゃい!!!!




 まさか…まさか、こんなところにまで熊のシンパの魔の手が伸びているとは…!!!!
 ウチのPCにまで…こんな…こんな…なんと卑劣な…。
 こんなことで、私がトナカイであることを諦めたりはしませんよ(´・ω・`)!!!!!!



■今日のアークス
 
pso20160319_203412_001.jpg
           (C)SEGA

 【防衛戦:終焉】
 Wave5の冒頭、音楽が場の高まりを告げ…。

  ファルス・アンゲル『全事象演算終了。解は出た…。』

 …この瞬間が、全クエストを通して一番好きだったりする鈴蘭です。



 最近は随分と多くなったレイドボス系…ボスが単体で出現する…緊急クエストでは、場面を盛り上げる為に演出が入ります。
 例えば『鋼鉄の威信』では、前半戦終了後にアークスが一時撤退、状況を整理して再出撃…という流れが示されますが…。
 …これが、興奮に水を差しているようにも感じるのですね、私は。

 場を演出するのに、肝心の流れを切ってしまっているというか…。
 ある種の断絶も感じるのですね。
 …言ってしまえば、前半戦から後半戦に移ったことで、『唐突にボスが現れた』かのような。

 ムービーはムービーで効果的とも思うのですが。
 そこには、鈴蘭の視点から切り離されるような『距離』も感じます。

 個人的には、出来れば防衛戦…終焉のような盛り上がりをもっと見せてほしいかな…。
 …などと思っている鈴蘭です。



 …っと、前置きが長くなりました。



 そんな、個人的な楽しみのある終焉。
 一昨日の夜には予告があり。
 事前に過密ブロックに潜り込んで、参加してきたのですが…。

 …これが、大変に波乱を含んだ展開でした;

 30分の間に挑戦すること4回。
 内、Wave3までに塔が全損しての失敗が3回。
 4回めは最終Waveまで到達したものの、アプレンティスの薙ぎ払いレーザーを阻止できず、失敗するという…。
 まるで、終焉実装直後を思わせた内容でした。

 個人的には。
 このPSO2においては、苦戦であれなんであれ、勝算がある戦いであれば、退くには及ばないと考えています。
 私一人に出来ることなど、大してありませんが。
 マルチの一人一人が、出来るだけを心掛ければ超えられる。
 …そういうものであろう、と。

 特に…終焉は、序盤からA.I.S.の比重が大きく。
 クエストのクリアだけを考えれば、個人の装備の火力の大小はあまり重要ではありません。

 A.I.S.の操縦法、クエスト全体の流れ…それが大事と思います。

 恐らく…運営の目論見としては、知識や経験、資産の蓄積の少ない新規さんに、蓄積が無くともクリアが望める『鋼鉄の威信』でそれらを積み上げてもらい。
 そこで得たものを元に、通常のクエストへの今後の移行を図る上で、1段階上のステージとしての【防衛戦:終焉】をやってもらおう…というところなのでしょうね。

 …ただ。

 自然に身につけるには、まだまだ何もかもが足りないのではないか。
 終焉のマルチを見て、そう感じた鈴蘭です。



 必要となる装備は、コレクトシートで揃えられても。
 必要となる知識は、何処で得るべきなのでしょうか。

 基本は…練習クエスト、アークスロード。
 応用としては、EXといったところですが…。

 …でも。

 果たして、それで必要な全てが揃うものでしょうか?

 揃う、という人もおられるかと思いますが。
 そうした人ばかりではないからこそ、今があるのでは無いでしょうか?



 近く、褐色集会を主催されているヴォルフィードさんを中心にして、新規さん向けの交流会を企画しています。

 必要なものへの手がかりとなるもの。

 答えそのものではなく。
 今は、それをこそ求められているのではないか。
 …そう思います。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百八十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 6月になったばかりというのに。
 早くも、暑さにヘバってしまいそうです。

 会社からの帰り道、朝だというのに汗ばむ陽気で…。
 …引き篭もりには、あの太陽の輝きが恨めしいのです。



(´・ω・`)
…こうなっては。



(´・ω・`)
見せねばなるまいな…。



(´・ω・`)
我が究極奥義を!!



〒 〒
(´・ω・`)

いでよ有給!!




 …なんて、都合よく降って湧いたら良いんですが。
 実際にはそううまくいく筈もないのが、勤め人の辛いところ。
 いえ、『働かざる者食うべからず』なのは重々承知していますが;

 ただ…最近は何かと忙しく、月一の割合で消化を勧められている有給が、溜まりがちになっていて。
 気付いてみたら、近く期限が切れそうな有給が何日分か出てきてしまいました。

 その状況に理解を示してくれた上司が、『盆休みと月々の取得で消化してください』と言ってくれまして…。

  明日は、まぢ有給なのですよ(´・ω・`)フフフ

 折角のブースト期間であっても、遊ぶ時間がままならないのが現実というもの。
 たとえ一日だけの事とはいえ…出来る限り遊び尽くしたいものです。

 ちょうど…。

12万同接達成記念
            (C)SEGA

 今日のメンテナンス明けから、『国内同時接続数12万人達成記念』として、全てのクエストに一週間、経験値とレアドロップ率に+120%のブーストが付与されますしね。



 …しかし。



 まさに、これこそ好機…では、あるのですが。
 好機…とは言うものの。

  これで何週目のことでしたっけ…(・ω・;)?

 PS4サービスインの記念ブーストからは間が空いていたとは思いますが、最近は某かのブーストが常時かかっているかのような印象があります。

 ブーストはブースト…非日常であるはずで。
 如何にお祝いとはいえ、これが常態化するのは、先々を思うとちょっと怖いですね…。

 来週には『国内同時接続数13万人達成記念』のブーストもあり…。
 有り難く思いつつも、複雑な気持ちです;

 …そんな鈴蘭の内心を余所に。

4周年記念アークスオーダーズラッシュ
            (C)SEGA

 公式サイトでは『『PSO2』4周年記念イベント ARKS ORDERS RUSH』の告知が出されました。

 プレイヤーの人口分布や傾向などを調査した『アークス調査報告書』なんかを公開する、毎年恒例の企画ですね。
 SS作品を募集する『ミュージアム』、武器のデザインを募集する『コンテスト』なども合わせて開催され…。

  『Webパネル』…も、ですか(´・ω・`)

 …いや、有り難いのですけどね;
 ただ、『毎日がお祭り』という日常は、楽しくある一方で、忙しないとも思うのですよ。

 ブーストもいいのですけど、それは一時の刺激であって。
 このゲームの根っこの部分に関わる『やりがい』にも、手を加えて欲しいなぁ…と。

 何れ、このブーストに慣れてしまえば、更に更に高いブーストでなければ納得できないことにもなってしまいます。

 …以前にも書いたことですが、改めて。
 そんなことを強く思った鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百八十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 私の住まう地域では、もうそろそろ梅雨にも入ろうか…という時期ですが。

pso20160505_133551_021.jpg
            (C)SEGA

 …一方で。
 ナベリウスの梅雨は、そろそろ明けようかというところです。



 予告されている梅雨明けには、まだ時間がありますが…。
 周囲のアークスを見ると、既に『梅雨は明けた』という雰囲気を感じます。

 この雨の森は、そぞろ歩きには佳い風景なのですけど…。
 かく言う私も、梅雨空に虹を求めて…という意欲はあまり無く。
 専ら、素材集めにエンペラッピーを探して、雨の中を駆け回るばかり。
 …我ながら、なんとも…風情のないことです;

 そんな、散文的な自身の梅雨を思う中。
 …ふと気付いたのが、この森に出るというタガミさんの事です。

 既に結構な回数を熟していますが…出会った回数は、片手に余る程度。
 レアエネミーですし、そうそう出るものでもないのは承知していますが…。
 …ちょっと少な過ぎるようにも感じます。

 或いは、同じレアエネミーでも、エンペラッピーの方がサービス精神が旺盛…という事なんでしょうか。
 それとも…タガミにはタガミなりの、出られない理由がある…とか…?

 タガミ…雷獣…電気…。

 帯電してるタガミさんが雨の中…。

 …なるほど。



  漏電の心配やな(´・ω・`)!?
 


■今日のニークス

 今日は月末。
 このタイミングで、マイショップに並ぶスクラッチ品の相場は下落します。

 今日が給料日という方も多いのでしょうね。
 スクラッチ品の供給が増えて、高値の品でも若干値が下がったりします。

 あまりスクラッチを引かない鈴蘭にとっては、勝負の時とも言えるでしょう。

 婦警さんコスが何気に欲しいのですが…。

  9M…か(´・ω・`)

 原色はちょっとお高めです。
 一時期のインフレを思えば、十分お安いのですけど…。
 出費は出来るだけ押さえたいところですし。

  今日、明日に賭ける…(´・ω・`)!!

 …などと、閑散とした朝のロビーの片隅、ビジフォン前で一人、気炎を吐いている鈴蘭でしたが…。

 そこに、最近知り合ったフレさんから『トナカイ好きのフレさんを紹介する』というWis。



〒 〒
(´・ω・`)

な ん だ と !?




 メセタの算段なぞどうでも良くなりました。ええ。

 トナカイを魂の形としながら、熊と呼ばれる不遇を囲って、どれだけの月日が流れたでしょう。
 嗚呼…トナカイをトナカイと見る人が…。

  …よろしい。ならば…(´・ω・`)

 朝の時間。
 人の数は夜とは比べるべくもありませんが、人が居ないわけではありません。

 このフレさんは、朝の時間をメインにされている方で。
 そうした『人の少なさ』を、ご自身の変えられない境遇として…どこか諦めているようにも見受けられる方です。

 …いつかの鈴蘭にも覚えのある、その気持ちに…。

  ならば、ご覧にいれよう(´・ω・`)

 少し、変化をつけてみたくなりました。
 今週は朝のインをしていたEsuteruさんに、無理を言って協力を仰ぎ。

pso20160531_112941_002.jpg
            (C)SEGA

 予告緊急を固定マルチで行ってきました。

 急のことだったので、集まって頂いたフレさん達には慌ただしい思いをさせてもしまいましたが…。
 その甲斐もあって。
 こうした遊びを、あまり体験しておいででないようにも見えた、このフレさんには。
 鈴蘭の見せたかった某かを、少しでも見せることが出来たろうかなぁ…と。



  …楽しんで頂けたのであればいいのだが…(´・ω・`)



 他人様の遊びに付けた、余計であったのやも知れず。
 些かお節介に過ぎたか…とも思います。

 …などと、あまり考えすぎてもいけませんか;



 …ともあれ。
 時間を共にして下さった皆様に感謝を。
 これも人在ればこその事、なのですから。