独り言 その八百六十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 いつもはお休みの金曜の晩ですが…。
 黄金週間に対応するために、臨時で出勤することになりました(´・ω・`)

 少ない人数で業務を回している職場なので、こうした休みには色々とイレギュラーもありまして…。
 お互いで都合を付け合わないことには、どうにもならないんですね;

 …そんな訳で、今週は土曜日だけのお休みとなります。



 まぁ…。
 飛び石でも、来週はお休みを多く頂ける訳ですし。
 それを励みに頑張りますかな(´・ω・`)!!



 …とはいえ。
 せっかく長いお休みを頂いても、何をしたらいいのか…という悩みもあったりします。

 以前は、こうした休みには古本屋や大型書店に入り浸り、適当に目についた本を買って帰る…なんてことをしていたのですが…。
 最近は、めっきり本を読むことが減ってしまいました。

 アークス業に多くの時間を割いているのも原因ですが…。
 通っていた本屋が相次いで閉店してしまい、出会いの機会が減ってしまったのも大きいように思います。

 本を手に入れること自体は、ネットの発達により、昔より簡単になりました。
 でも、そのネットの簡単さには、本の一つ一つを眺めながら、書架の間をゆっくり散策するような…そんな『時間そのものを楽しむ』かのような感覚が無いように思うのですね。

 ただ必要なものを手に入れる…というだけならば、ネットで買えば手間がなくて良いのでしょうが。
 休日を過ごす…時間を楽しむというには。
 むしろ、ネットで省かれた手間にこそ意味がある…そうも思えるのです。



 今日は、出勤前にイベントに顔を出して来ました。

pso20160429_222008_010.jpg
            (C)SEGA

 SS中で、『お祭りですよ』と仰っているフレさんが主催された、Ship3の交流会です。

 正直な事を言えば、Twitterなどを通じて事前の告知したとして。
 果たして、Ep.4からの新規さんに向けたイベントになるものなのか…。
 そこに疑問はあったんですね。

 …しかし、こうして実際に見てみると。
 見込みの少ないことが、物事を避ける理由にはならないものだ…と、感じました。

 見るべき人は見るもので。
 見たい人が見るからこそ、出会いの機会も生まれるのでしょうから。

 …私が、本屋に足を向けていたように。
 そこに行くことでこそ…と。



 出来れば、ゆっくりとしたかったのですが…。
 今夜の出勤の時間が迫っていた為に、挨拶程度で会場を後にした鈴蘭です。

 また、機会があれば、こうした催しに参加したいものですね…。



  …皆さん、良い夜を(`・ω・´)ゞ


スポンサーサイト

独り言 その八百六十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 …未だ、熊本では余震が続いており、予断を許さない状況が続いていますが…。
 今回の熊本地震での被害額は、概算で8兆円規模だと聞きました。
 これに対応するために、政府は特別に8,000億円の予算を組むそうです。

 こういう時の日本は…世界的には、奇異にも映るのだそうですね。

 この30年あまりで、大規模な震災が4回以上(阪神淡路、東北、新潟、熊本など)、原発事故を起こし、バブルの崩壊、リーマン・ショック…国の経済が破綻するような危機を何度も経験して、今に至ります。
 中国の成長により、経済規模では世界第三位に下落しましたが…それでも、という事に外国の人は驚くようです。

 国内で暮らす私などには、『日本は経済大国』…というイメージは、あまり実感のないもののようにも思います。

 …そんな日本も、これからは少子高齢化が進み、人口の減少に伴って国の財政も徐々に規模を縮小していくのでしょう。
 自然の流れに任せるのであれば、それは不自然なことではありませんが…。
 …なんとなく、寂しいものも感じますね;

 これから先、どう変わって行くのか。

 …私などにはサッパリですが…。
 聞けば、そうした社会で不足するであろう労働力を、ロボットで補うべく研究が進んでいるのだとか。

 パナソニックだったと思うのですが、工場などでの重労働の負担軽減の為の、パワードスーツの開発とかも進めているんだそうです。

 これらは、海外では軍事技術として研究が進んでいる分野ですが…。
 民間でこそ、必要とされる技術のように思いますし。

  日本には頑張って欲しいです(´・ω・`)

 …とはいえ。
 研究開発には、先立つものが必要です。
 そうした活動を支援する政府には、現状どれだけお金があるのか…私のような一市民には、よく分かりません。

  日本の懐事情は厳しいのかな…(´・ω・`)

 …などと、思っていると。

  『財務大臣になって財政改革を進めよう

  なんか、財務省がゲーム作ってるよ(´・ω・`)

 財政や税金の仕組みを知ってもらおう、という活動の一環のようですが…。
 お役所も、色々と考えるものですね;



 先日のX線天文衛星『ひとみ』は、JAXAが運用断念を決めたそうで…。
 結果として、数百億円をかけた衛星がスペースデブリとなってしまったようです。

 大変残念な事ですが…。
 しかし、これに萎縮するような事にはなって欲しくはないですね。
 より積極的に取り組んで、今回の失敗を何れは成功に変えて欲しいと思います。

 …研究開発というものは、そうした挑戦があってこそでしょうから。

 これは、私達には無関係の、遠い場所の話…ではないと思います。
 …何故と言って。
 そうした挑戦を認める私達が、こうしたものを支えるのですから。



 そうして、何れ。

  リアルキャストを目にしたい(´・ω・`)!!

 …夢は夢ではなくなるのでしょう。



 そもそもキャストって、どんな存在なの?

 …その疑問はありますけどね;

 一応、PSO2のキャストは『フォトンへの適応力を人工的に高める為に、肉体を機械化した人』という、サイボーグ的な扱いだと聞きますが…。

 しかし、その一方で。
 Ep.4で出迎えてくれた『専属オペレーター』のキャストっぽい彼女は、ストーリーボード中に『生まれて2年』みたいな事を言ってたと記憶しています。
 他のキャストがサイボーグ的な存在であるのに対して、彼女はシャオが作り出した完全な人工生命体…なんでしょうかね?

 人工生命体というと…ポータブルでは『ヴィヴィアン』というキャラクターが思い出深いものがありますが…。

 彼女もヴィヴィアンのように経験を積み、葛藤を経て、成長したりするんでしょうか。



  …なぁんか…人格の元データのせいか、妙に人間らしくて、そんな影なんか見当たりませんがな…(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百六十ニ

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日も今日とて、スマホ様からブログを書き書き…(_・ω・)Φカキカキ...

 …しかし、思えば…。

 ネットにいつでも繋がるスマホ様には、常日頃からお世話になりっぱなしです。
 特に最近では天気や自然災害に関して、スマホ様の存在を頼もしく思う機会が増えました。

 先日の地震に際しての警報もそうなのですが…。
 事前に雨雲の接近を知らせてくれるサービスも、非常に助かっています。

 仕事の帰りに寄り道しようか考えている時、スマホ様から『雨雲が接近しています』という知らせを受け、慌てて帰る…なんて事も屡々です。

 GPSによる位置情報と、気象観測衛星によるリアルタイムの雨雲の観測情報を組み合わせた、このサービス。
 私たちは、手元の操作ひとつで簡単に情報を受け取れる訳ですが…。
 思えば…このサービスが実現するまでに、途方も無い下準備…インフラの整備が必要だったんですよね…。

 世にスマホだけが在って成り立つのではなく。
 それに繋がる、様々なものがあってこその事。

 …いやはや。

 それらを支える技術に携わっている訳でもない私では、その大きさも、その有り難さも、理解が及んではいないのでしょう。

 ただただ、便利に使うだけ…というのは、なんだか申し訳なくも思ってしまいます;

 便利に使えてこそ当たり前。

 人はそうして、敢えて当たり前の事を褒め称えはしませんが。
 …それが当たり前になるまでにした、多くの人の努力を思い遣れば。
 何事につけ、自分は人に生かされている…と感じます。

 『使って欲しい』と望まれたからといって、厚意に甘えるだけ…ではいけませんよね…;



  自分なりに頑張ろう…うん(´・ω・`)



 そんなスマホ様に、雨雲の接近は知らされませんでしたが…。

 
pso20160427_222049_004.jpg
           (C)SEGA

 ナベリウスの森にも雨雲がやってきました。



 …しかし、どうやら…思っていたよりも雨雲の動きが遅かったようですね。

  4/27 定期メンテナンス延長のお知らせ

 …シップの移動申請者数が一気に倍ですか…;
 PS4のサービスイン以降、ロビーを行き交う人が目に見えて増えていますし。
 新規さんを中心に、色々と動きがあるんでしょうかね…;

 思えば、黄金週間も目前。
 この間にやりたい事…というのも、新規さんであれば、尚のこと多いでしょうしね。

 全てに対応する為に時間を割いたというのであれば、それもやむなし…なのですよ(´・ω・`)



 それが例え僅かとはいえ。
 不本意な黄金週間…というのでは、可哀想ですしね。



 …その黄金週間ですが。
 以前に、エリさんが『突発的なGWブーストがありそうな気がする』と言っておいでだったんですが…。
 予想は的中しましたね;

 ゴールデンウィークキャンペーン

 2016年4月29日(金)0:00 ~ 5月8日(日)23:59まで
  ・すべてのクエストに対して獲得経験値が100%アップ
   さらに、レアドロップの倍率が100%アップ

 2016年5月1日(日)0:00 ~ 5月8日(日)23:59まで
  ・アイテム強化(旧式武器/ユニット)の成功率が+5%
   さらに、特殊能力追加(新世武器/旧式武器/ユニット)の成功率が+5%

 プチ報酬期間…という感じになりますか。
 メンテが明けてからは、新ペットの実装もあり、新武器の実装もありで…色々と忙しくもなりそうですしね。

 盆暮れ正月の区別無い私ですが、今年は…多少変則でも、30日、3日、4日、6日、7日と休ませて貰えることになりましたし。
 私も、これを機会に何か設えてみますか…。



pso20160427_221758_003.jpg
           (C)SEGA

  …今年の梅雨は、虹が見えるかな…(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百六十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は定期メンテ。

pso20160426_214428_000.jpg
          (C)SEGA

 今はまだ、こうして晴れていますが…。
 明日からは、降りしきる雨の中、この森を駆け回ることになるんでしょうね。



 明日のメンテ明けからは、季節限定緊急『雨風とともに』が始まります。



 つい先日、桜が散ったかと思えば…もう梅雨ですか…(´・ω・`)

 自分の住む地域では、梅雨というと、だいたい6月前後の時期を指すように思います。
 5月にもならないというのに、明日からの長雨の心配とは…少し気が早すぎますね;

 季節の移ろいを感じるに、もう少し…イベントの開催ペースに緩急があってもいいように思います。
 季節の過ぎ去った余韻…というものを楽しむ時間も、あって然るべきでしょうから。

 イベントが多いのは有り難いのですが…。
 早足でやって来る梅雨空に、なんとも…慌ただしい、目まぐるしさも感じます;



■考えすぎ?
 漫画の話になりますが…。
 最近、『攻殻機動隊』がハリウッドで実写化される…ということで、それに先立ちキャスティングの一部が発表され、話題になっていました。

 士郎正宗さんの描く漫画は、日本よりも海外での人気が高いと聞きます。
 日本でも人気がある漫画家さんですが…個人的には『知る人ぞ知る』というイメージがあります。
 何しろ…細かいところまで拘る作風から、一般受けの難しい、読み手を選ぶ漫画であるようにも思いますから。

 …その分、読み手となった人の支持は大変なものがあります。
 『攻殻機動隊』も、そうした作品の一つでしょう。



 近未来の日本を舞台に、日本の公安組織に関わる人々の活躍を描いた『攻殻機動隊』。
 主人公の草薙素子少佐も、日本人という設定です。

 …ところが、実写化に当たっては、『日本の』という要素が見当たらないものになっており。
 ファンの間からは、『原作のイメージが崩れる』という落胆の声が聞かれるそうです。



 …個人的には、実写化される上でどんなキャスティングになるのか…その点に、私はあまり関心が無かったりします。
 特に…この漫画に関しては、日本の要素を除いたとしても、普遍的なテーマには変わりがないように思いますから。

 …それだからこそ。

 『原作に忠実でありさえすれば、良いものになるのか?』

 そこに疑問があるようにも思うのです。



 特に、今回の実写化においては、日本の要素が除かれたことについての『白人優先の差別的な扱い』という、白人のファンからの反発が強いと聞きます。

 …ところが、一方の日本ではそうした『差別的』という反発は、あまり無いそうです。

 確かに、原作との違いを気にはしても、『(海外基準の)人種的な違い』を気にする人…というのは、私の周囲にも居ないように思います。

 これは、私だけのことでしょうか?
 或いはこれは、日本人特有のもの…なのでしょうか?

 …そうであるようにも思えますし、そうではないようにも思えます。



 現実には、様々な『違い』があります。

 そうした『違い』は、違う事にこそ意味があり。
 ただ自分との違いを無くそうと、相手の違うことを責めたところで、お互いの『違い』は無くなりはしないと思います。

 相手と自分が違う存在として在る以上。
 『違い』を無くすことは出来ません。

 相手が自分と違うと認めるからこそ。
 『違い』は『違い』のままに。
 『違い』は違いでは無くなる。

 これは、アークスのそれにも通じる話ではないか。
 …そんな事を思った鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百六十

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日より、ギャザリングに新しい釣り場が増えました。
 今回の釣り場で採れる素材は、近く実装される大和戦で有用となるであろう、A.I.S.用のリングを作るのに必要となります。

 実際のところ、何が有用であるのかが分からない現状では、必要となった時に困らないよう、蓄えを増して備えるくらいしか思いつかない鈴蘭です。

  転ばぬ先の杖、というヤツやでな((((´・ω・)

 …そんな訳で、今日も今日とて砂漠に繰り出し…。

  …はて(´・ω・`)?

 ふと…目にしたモノに、足が止まりました。

pso20160422_101003_000.jpg
          (C)SEGA

 この建物(?)、住居と言うには生活感みたいなものが感じられませんが…何かの施設でしょうか。
 広く間口が開いているのを見ると、何かのお店…とも見えますが、店と言うにはモノがありません。
 リリーパの集会場…祭壇…みたいなものなのでしょうかね…?

 …というか。
 そもそも…この…青く光ってる大きな石は、なんでしょうか…。

 一見すると、リリーパが照明代わりに使っている…ようにも見えますが。
 その美しく輝く様には、ただただ見惚れるばかりです。

  天空の城の飛行石的なものかしらん…(´・ω・`)?

 …そういえば、フォトンは結晶化するんでしたっけ。
 そう思って見れば、私達が用いる武器の刃に似た輝きにも見えます。
 と…すれば。
 もしかすると…この場所は、リリーパにとってはダーカーから難を避ける、避難所のようなものなのかもしれませんね。

 この輝きでダーカーを遠ざける…とか。



 …こんな疑問、今更と言えば今更なのかもしれません。
 しかし、今まで採掘場跡をゆっくり見て回るような事をしていなかった私にとっては、新しい発見です。

 改めて思い知りましたが…。
 クエストに行くと言って、敵を倒すばかりで。
 ホントに周りを見ていなかったんですね…私は。



  旅の達人には、まだまだやな…(´・ω・`)



■今日のニークス

 先日のアップデートから、『コレクトファイル』が実装されました。
 これは、新世代武器の先駆けとして実装された『レボルシオ』シリーズを入手出来るというコンテンツです。

 『レボルシオ』そのものは旧世代武器を圧倒するだけの存在では無いため、既に旧世代装備を整えている古参アークスにとっては、あまり魅力が無いかもしれません。
 加えて、『レボルシオ』は強化の難易度も高く…。
 資産の蓄積が無い、PS4からの新規層の方にとっては、入手が比較的容易であっても、扱い辛い武器であるように思います。

 コンテンツの目玉であるはずの『レボルシオ』が今一つの為に、あまり関心が集まっていない印象のある『コレクトファイル』ですが…。
 しかし、その一方で。
 この『コレクトファイル』で入手出来る、新世代『ノクス』シリーズは非常に魅力的であったりします。

 『レボルシオ』に比べ、強化難易度が低いにも関わらず、強さは☆13に準じます。
 強い武器が無く困っている…という方にはオススメでしょう。

 聞けば、『コレクトファイル』において、欲しい『ノクス』のものを選択し。
 敵を討伐して、首尾よく入手したところで『コレクトファイル』を破棄。
 そして、再び同じ『コレクトファイル』を選択して『ノクス』の再入手を図る…という、そうした『掘り』の方法があるそうです。

  イロイロあるんだなぁ(´・ω・`)

 感心するばかりですね…本当に;



 ただ…この方法には、一点注意すべき事が。



 実は『ノクス』には、一つの不具合が報告がされています。

  【公式】「新世武器」の一部が「旧式武器」の状態でドロップする場合がある

 …私も旧世代『ノクス』が出たのですが…。
 これ、不具合だったんですね;
 てっきり、旧世代も出るものだと思ってました;

 こうした不具合は、比較的初歩的なミスのようにも思うのですが…。
 チェックしきれないもの、なんでしょうかな…;

 …こうした報告を目にする度。

 多少、実装を遅らせてでも。
 不具合を減らして安定させて欲しいというのが、私の正直な気持ちなのです。
 納期は大事です。
 でも…納期と何を天秤にかけているのか。
 それを、もう一度問うてみても良いのではないかと思います。

  何事も、急いては事を仕損じる…のですよ(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百五十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 フレさんから、『設定6の画面で見るライブってどんな感じ(´・ω・`)?』と聞かれたので。
 手持ちのライブの模様を写したSSから、2枚だけ…。

pso20160423_140810_012.jpg
           (C)SEGA

 所謂『Our Fighting』からのライブと…。

pso20160424_110809_016.jpg
           (C)SEGA

 『終わりなき物語』からのライブ。
 うちの画面上では、大体こんな感じになっています。

  お分かり頂けるだろうか…うにゃさん(´・ω・`)?

 ブログの仕様上、リンク先でも画像が縮小表示されますが、ダウンロードすればもう少し大きく見ることが出来ると思います。
 大きい方が違いが分かりやすいかと思いますし、気になる方は一手間掛けてみてくださいな。

 …しかし。
 既に見慣れた感もある、このクーナのライブイベントを週末に当ててきたのは、PS4から始めた新規さんに向けたアピールなんでしょうね。
 あと、古参アークスに画質の比較をして貰って、差を実感して欲しい…そんな意図もあるのかもしれません。

 その差…設定6の恩恵は、私自身、日々実感しています。

 ただ…個人的には、ライブイベントよりも普段のクエストにあってこそ、その差を感じられるようにも思います。
 …何せ、それこそが日常でもある訳ですしね;



 いやはや…本当に。
 モノの質感表現の向上には、感心しきりです。



 季節緊急のイースターでは、砂漠が舞台となりますが。
 灼熱の砂漠にあって、容赦無く日の光に照らされる人の姿などは…。

背中で語る(´・ω・`)
           (C)SEGA

 こうして見ると、非常に綺麗に映ります。



  褐色肌だと、砂漠の光源がいいのかしらん(´・ω・`)?



 …そう言えば、その褐色肌ですが。
 私は、ニューマン、ヒューマン、デューマンで褐色肌のキャラクターを作っています。
 一口に『褐色』と言っても、色彩感覚は人それぞれ。
 設定5の環境では、私のイメージする『褐色』で、各キャラとも同じような色合いに揃えたつもりでした。

 しかし、設定6になってみると…種族による肌の色の特徴が明確になり、随分と印象が変わりました。

 ニューマンは小麦色。
 ヒューマンは黒めの褐色。
 デューマンは赤褐色。

 …この差が、設定6によってハッキリした印象です。

 元より、その傾向があるというのは知られていましたが…。
 こうして変わったのを見ると。
 改めて、同じような姿形であれ、『違う』のだと感じます。

pso20160424_032710_010.jpg
           (C)SEGA

  うん、よく出来てる(´・ω・`)



 …と、感心しきりの一方で。

 うにゃさんが『設定6のライブってどんなの?』という疑問を口にされた時。 
 画面の光景を『私だけが見ているもの』であるという事を、改めて思い知らされました。

 私が『綺麗』と感じている、この光景も。
 直ぐ側にいる人であっても、見えているとは限らない。
 
 …これが『ネットワークゲーム』だということ。

 ただただ、画面の中に目を奪われてしまい。
 肝心なことを見失っていたように思います。



 これを当たり前のこととして、慣れてしまうのは。
 皆が同じものを見ていると思い込んでしまうのは。

 ココで、人と遊ぶ事の何たるかを忘れてしまうにも等しいのではないか。
 ふと…そんなことを思った鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百五十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日の朝。
 仕事が引けて、帰宅後すぐにやってきたイースター緊急。
 いつもは、朝の予告緊急前に各キャラの釣りやデイリークラフトを熟したりもするのですが…それだけの時間もなく。
 少しだけ…いつもの朝より慌ただしく過ごしました。

 緊急を終えて、一息ついたところで…ご無沙汰しているフレさんがインしているのに気が付きました。
 ご挨拶がてら足を運んで。
 暫く話し込んだところで、午後の緊急をご一緒して。

  さて、これからどうするかな…(´・ω・`)

 …そう思ったところに。

重篤…(´・ω・`)?

 …ありました。

  4/21 緊急メンテナンスのお知らせ

 しかし、このゲーム内のアナウンスが13時45分のことでして…。
 公式サイトで告知されたのが13時30分のことでした。

 急遽決定した、緊急も緊急のメンテナンスという事ですね;

 重篤な不具合、というのが何を指しているのか…この時の私は把握していなかったのですが。
 どうやら、装備品に付与された特定のOPにおける、無限増殖系のバグが発見されたらしいですね。

 TA中に、あるタイミングで発生すると言われている、ダーカーによるアブダクション。
 その生還者に、報酬として贈られるアイテムに付与される特殊なOPに『リターナー』というものがありますが…。
 その上位の『リターナーⅡ』が、NPCショップが扱うユニットに付与されてしまっていたようです。

 この予想外の出来事に。
 アナウンスに急かされるようにして、アークスシップを後にしました。
 なんとも慌ただしく、フレさんとお別れすることになってしまいましたが…。

 …また良ければ遊んでやって下され(´・ω・`)ノシ



― ◆ ―




 20時50分には緊急メンテが終わり、運営の対応策が示されました。

 曰く…(以下、公式サイトより抜粋)

 この不具合修正のため「サブ/アドマインドe」がユニットショップに陳列されなくなるように仕様変更をさせていただきました。

 また、本不具合により、特殊能力「リターナーⅡ」の価値が下がってしまったため、今後配信予定の「脱出クエスト」(難度:XH)のクエストクリア報酬に、上位の特殊能力「リターナーⅢ」が付与されたユニットを設定させていただく予定です。


 (抜粋ここまで)

 この対応は『これでは結局、やった者勝ちではないか』と、アークスの間で不評だとも聞き及びました。

 ゲームの経済の素人な鈴蘭なので、これは見当違いの考えかもしれませんが…個人的には、運営の対応は妥当であるようにも思います。

 Ep.4開始時まで時間を巻き戻す『ロールバック』をすべきだった…という意見もあると聞きます。
 …しかし、今回のバグに関しては『ユーザーが正規の手段で買える』というもので…購入意図はともかく、手段を見て不正と判断するのは難しいのではないかと思うのです。

 利を得た人がそのまま…というのは、不正を放置しているようで、釈然としないものもないではありませんが…。
 そこを割り切ってしまわなければ、『得をしていない人は損をしている』という考えにもなってしまいます。

 必要としなければ、進んで得ようとしない怠け者。

 …少なくとも、鈴蘭は。
 そんな自分に満足しています。

 得なかった。
 知らなかった。

 ならば、それは私には向かないものであったのでしょう。



 今、最も濃密な時間を過ごしているであろう新規さんに、運営の不手際の代償を求めるのも可哀想ではないか…。
 そうも思えます。

 …もっとも。
 こんな考えは、全く理に合わない、近視眼的な感情論なのかもしれませんね;




■考えすぎ?
 先日、一つのニュースに目が止まりました。

  小学校でのプログラミング教育必修化を検討 文科省

 プログラミング教育の必修化…ですか。
 『プログラミング教育』…これが何を指してのものであるのか…この記事では、その辺りが曖昧なのですが。
 コンピューターという、現代社会に広く浸透した便利な道具への理解を深める…そんなものであるのなら、良い試みではないかと思います。
 得てして、生まれた時から身近としているものは、使い方をよく知っていても、その仕組みまでは知らないまま大人になってしまうこともありますから。

 身近に当たり前にあるものだけに、その存在に疑問を感じることもない。
 使う分に不自由がなければ、問題にする必要ももない。
 …それでは、分らないことは分らないままになってしまいます。

 先端技術に興味を持ってもらう為のキッカケを作る。
 そのための必修化。
 …そうしたものであれば、するべきと思います。



 しかし、プログラミングというものは、コンピューターを扱う上で必要となる知識の一つではありますが。
 個人的には、人が学ぶべき基礎となり得るものでは無い…と思います。

 プログラミングの知識だけを得たところで、優れたプログラムが書けるようになるとは限りません。

 プログラミングは、人の思考を形にする手段の一つに過ぎず。
 モノを思い、考えを巡らせる『人そのもの』を形作るものではありません。

 プログラミングありきの教育ではなく。
 先ずは広く知識を求めたいという好奇心を育て、その先の選択肢の一つとして、プログラミングを置くような。
 …そうした、『人を育てる』教育であって欲しいと思います。



 ソフトウェア開発の分野では、日本は立ち遅れていると言われていますし。
 その対策に国が乗り出したのは、有り難い事と思います。

 しかし。

 有為の人材を望むのであれば、尚の事。
 多感な時期に、一つのことにばかりに目を向けさせるのではなく。
 多種多様な体験をさせ、そこから自分で考える力を持って貰うべきではないか。
 …そんな風に思う鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百五十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は仕事から帰っても、アークスシップはメンテ中。
 いつもは、行儀が悪くとも食事をしながらPCでニュースを読みつつ、アークスシップに鈴蘭を乗せているのですが…。
 画面上には、いつもの見慣れた鈴蘭が不在とあって、なんとはなしに物足りなさを感じます。
 普段と変わらないのに、どこか味気ない食事をモソモソ…。

  …キャラクリ体験版でも眺めるか…(´・ω・`)モッキュモッキュ

 デモでも流していれば、多少は気分が晴れるかと思い立ち。
 キャラクリ体験版を起動しました。

  …今日から設定6か…(´・ω・`)モッキュモッキュ

 実際にどうなるものか。
 それは、楽しみではありますが…不安でもあります。
 見慣れた世界が変わる…というのは、果たして幸福なのか…と。

 …まぁ。

 そんな考えも一時のことで。
 変化が未知であればこそ、のことなのでしょうけどね;



 アレコレ考えているうちに、デモが始まりました。
 冒頭、東京の公園のシーンが流れ…。

  …あれ(´・ω・`)モッキュ?

pso20160420_100935_001.jpg
           (C)SEGA

  …なんかいる(´・ω・`)

 画面左端。
 公園を、当たり前のようにラッピーが歩いてるんですが…。
 大きさ的に見て、キグルミではないですよね…小さすぎますし。

 …えっと…これは…どういうことでしょうか…?;

 東京…ですよね、コレ。
 たしか…ラッピーは、亜空間を自在に行き来する謎の生命体ということですし…何処に居ても不思議ではない、ということなんでしょうけど…。
 フォトンの乱れの予兆?
 それとも、この東京ではラッピーは当たり前の存在だったり?

  …謎やな…(´・ω・`)モッキュモッキュ

 たまごサンド美味し。



■今日のニークス

 そんな朝でしたが…。
 メンテナンスも無事に終わり。

 ついに設定6実装です。



 …と、なれば。
 私としては確認せねばなりません。



 新しいトナカイの実力を…(´・ω・`)!!



pso20160420_204723_015.jpg
           (C)SEGA

  おぉ…(´・ω・`)

 細かい光の演出が、いい感じにトナカイの肌の質感を高めていますよ。
 トナカイの肌に落ちる影も、柔らかな感じがあって…。
 首飾りの鈴も綺麗になりましたかね?
 遠目に見ても、回り込み光などの表現で、立体感が増しているのも良いですね…。
 嗚呼、ホントに美しい…(´・ω・`)



  …。(´・ω・`)



pso20160420_204822_016.jpg
           (C)SEGA

  美しいでしょう(´・ω・`)!?

 …と、出勤前に設定6を堪能してきた鈴蘭ですが。
 今日のところは、クエストに行く時間までは取れず、ロビーでの確認だけに留まっています。

 訪ねてきてくださったフレさんによれば…。
 砂漠で出会う機甲種などは、表面装甲の細かいキズなどの表現が追加され、長年、砂塵の中で活動を続けてきた『時間の厚み』が感じられるようになっているとか。

 …言われてみて、改めて思えば。
 今までは、『遺跡』で出会うのに、何故か新品のような機甲種ばかりでしたしね…。

 そういった部分での変化が見られるというのは、楽しみです。



pso20160419_100504_000.jpg
           (C)SEGA

 世界は広い。

 見慣れたはずの、未だ見ぬ風景を求めて。
 少しばかり歩いてもみますかな。

独り言 その八百五十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日はPS4版のサービスインの日です。
 それに合わせ、明日のメンテナンス開始は普段から9時間前倒して、午前2時からになります。

 プラットフォームの追加ということもあってか、データ容量においては今回のアップデートは過去に例を見ない、超大型のものになります。

 聞けば、PS4版のPSO2のデータ総容量は45GBにもなるそうです;
 …Blu-rayディスクで2枚組ですかね?;

 先日も触れましたが、PC版の事前配信でダウンロードされたファイルが約18GB。
 PCの方でも、既に総容量が50GBを超えたといいます。
 これだけのデータに常にアクセスする事を思えば、そりゃSSDの『速度』も欲しくなりますよねぇ…。

 私は、システムの入っているプライマリとは別に、PSO2専用のHDDを設えていますが…。
 この程度の負荷軽減措置で、設定6の環境で快適に遊べるものなのか…ちょっと不安になってきました。
 ULTとか、高負荷の掛かるクエストで落ちたりしたらと思うと…;



  設定6…高画質が欲しい、撮影やイベント用になるかなぁ(´・ω・`)



 …高画質といえば。
 以前に誰かが口にしておいでだったと思うのですが…。

 画質に拘るアークスの多くが導入しているという『NVIDIA Inspector(インスペ)』。
 私も、その筋で定番とされているというサイト(『七つの海』様)を参考に、導入しています。

 もっとも、私が美的センスに乏しいせいか…。
 導入しても、その違いに関心が薄かったりします。
 ただ、『輪郭が綺麗になったかなぁ…(´・ω・`)?』という、曖昧模糊な印象を持つくらいです。

 …こういう点に明確な違いを見出す人は、凄いと思いますね…本当に;



 …っと、話が少しズレましたが…。



 このインスペ。
 設定5までのインスペの既存のセッティングでは、設定6の画質を劣化させてしまうと聞きました。

 髪などの表現が、既存のセッティングでは潰れてしまう…というものだったかと記憶しています。

 ベンチマークテスト用の体験版が配信された頃に話題に登っていましたし、今であれば設定6用のインスペの定番セッティングも公開されているかもしれません。

 導入されている方は、アークスシップの乗船前に、対応をしておくといいかもしれませんね。



 …などと言って。
 私は面倒が先に立ってしまって、やらない可能性が大ですけどね(´・ω・`)



■今日のニークス

 今晩の出勤前に、九州にお住まいのフレさんがインされました。

 熊本の震災に前後してアークス業を休止されていた為に、今の今まで現状がどうなっているのか確認が取れておりませんでした。

 被災されて難儀していないか、心配してましたが…。
 地震の揺れは感じるものの、被害らしい被害は無いとのこと。

 これで、私が知る範囲で九州にお住まいのフレさんの無事は、全て確認出来ました。
 取り敢えずは一安心…といったところですが。

 しかし…南阿蘇村などの孤立した地域では、まだ行方不明の方の捜索が続いていると聞きます。
 それを思えば、私ばかりが喜んでもいられません。

 一刻も早く、全ての人の無事を確認出来れば良いのですが…。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

 

独り言 その八百五十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 テレビを点ければ、何処も熊本の地震についてのニュースを流しています。

 こうした災害が起こる度に思いますが。
 日本は、地震災害に対する備えを進めてきた国なので…大きな被害を受けても、それをフォローする体制も比較的整っている…と思います。

 …とはいえ。

 社会基盤を文字通りにひっくり返すような災害が起きるのです。
 そうそう思い通りに事が運ばないのも仕方がないでしょうね;

 現状では、道路網が寸断されているのが、各所で混乱を招いているのでしょうか…?

 支援の拠点として機能する筈だった場所が使えなくなったり、支援物資の供給が上手くいかなかったり、人手が足りずに支援活動に遅延が出たりと…問題が見られるようです。

 人手不足ということで、ボランティアを…という方もおられますが。
 その判断は、まだ早いとも思えます。

 地元の方の生活も安定していない現状では、無闇に食い扶持を増やしてしまうような、外部の素人の助けは混乱を助長しかねませんから。

 …こうしてニュースを見ているだけでは、不安にもなりますが。
 こういう時こそ、専門家の判断を待って。
 その時々の、必要なもの、必要なことを…と。

 たとえ被災されている方達から遠く離れていても。
 今は、普段の自分の生活を守る事が、間接的に被災されている方達の助けにもなると思います。

 …何故なら。
 支援に必要なお金も、物も、食料も。
 今の私達が携わる社会が作っているのですから。

 社会を変わらず維持する。

 そうすることで、支援活動に携わる人達を支えることにもなる…と、思う鈴蘭です。



 …地震に関連して、気掛かりがもう一つ。

 日本で暮らしていると実感に乏しいのですが。
 世界的に(人口、国土面積、経済規模などが)大きいとされる日本。
 幾度となく災害に見舞われても、各国からの支援が多く寄せられます。
 これは、日本が大きいが為に…世界に与える影響が少なくないが為に、各国の支援を優先して受けやすい面があるかと思います。

 今回の熊本の震災とほぼ同時期に、南米エクアドル、トンガ、ミャンマーなどの太平洋沿岸諸国で、大きな地震が発生しています。

 私達は、ついつい近くに目が行きがち。
 国内のことも心配ですが。
 こうした国の方々も心配ですね…(´・ω・`)



■今日のニークス

 日曜から19日(火)まで、七夕ロビーで飾られる笹飾りにつける短冊の『お願いごと』が募集されるそうです。

 ご存じの方はご存知かもしれませんが…応募方法は去年と同じ方式で。
 es内のメニューから『Twitter連動』を選び、『今日のお題』に沿ってTwitterに投稿する形になります。

 お願いごとといえば…先日のニコ生で一つ、気になったことが。

 ユーザーからの質問コーナで出た、『スクラッチ品のリバイバル』について。
 かつて販売されたスクラッチ品で欲しいものがあっても、再販売がされず入手がしにくい。新しい物を追加するのもいいが、リバイバルももっとして欲しい…と。

 この声に木村氏が『既にサービスインから4年めとなり、スクラッチ品の数も増え、運営側としても需要の調査が追いついていない』と前置きした上で。
 現状では、マイショップに陳列されている高額スクラッチ品を『ユーザーの需要の高いもの』という認識で、これらを優先的に再販している…と。
 しかし、そもそも供給が少なくてマイショップに陳列もされていない品の場合、運営は需要を把握できていない…と、困り顔で零していました。
 過去品で『なかなか出ない』と思うものは、運営の調査から漏れている可能性が高いですね、これは;

 運営もその事を認めており、『出来ればマイショップで陳列されていないもので、再販を希望するものがあるなら、ユーザーサポートなどを通して要望を出して欲しい』と。

  …なるほど、こうしたことも(´・ω・`)

 短冊の願い事ばかりではなく。
 サポート窓口にも、願い事を…ということですね。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百五十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 アークスカフェの営業が今日で終了したそうです。

CgK0myeUMAApIS_.jpg
           (C)SEGA

 今年の『15周年記念プロジェクト』に関連したイベントとして開催されていたので、期間限定だったんですね…これ。
 てっきり、常設のイベントだと思っていたので、終了の告知を見て驚きました;

 なんというか…お祭りが終わってしまうようで寂しいですね(´・ω・)

 結局、外食に抵抗のあった出不精と、都合がつかなかったことが折り合わさって、近所のアークスカフェにも行くことは出来ませんでした。
 店内のみのサービスではなく、持ち帰りができるとかなら良かったのですがねぇ…;
 少しだけでも食べるのが遅いので、量を食べるなんてとてもとても…。

 次の機会があるようなら、行けると良いのですが…(´・ω・`)ウムゥ



■今日のニークス
 珍しく、土曜日にPSO2放送局があり。
 実に久しぶりに、リアルタイムで視聴することが出来ました。

 今回の生放送では、色々な関連グッズの発売告知がなされているのが目に付きましたが…。
 正直、『何処の通販番組ですか(・ω・;)?』と呆れが出てしまうほど、品揃えが多かったのですね…;
 それだけマルチにPSO2が展開しているからこそ、ということなのでしょう…これは。

 しかし、こうして品揃えを見て、改めて思いますけど…。
 これだけ出す、ということは…それだけ売れている、売れる見込みがある、ということですよね…。
 (放送中、酒井氏が『アニメのDVD/BDの売上が好調で増産してます』と言ってましたし)



  アークスの購買力って凄いんだなぁ…(´・ω・`) 



 そんなプロアークスを試すかのように、更なる刺客が。

  『ソニーストア限定「PlayStation®4刻印モデル」の発売が決定!予約受付中!

 …PSO2限定デザインのPS4本体です(´・ω・`)

item01.jpg
           (C)SEGA

 酒井氏曰く、これも『なかなか予約が好調』だそうで、今から予約しても発売日の20日には届かないことになりそうだ…ということです。
 期間限定の完全受注生産のため、ずっと買えるわけではないようですが…GWまでは受け付けているらしい、とのこと。
 購入を考えている方は、コレを機会にお財布と相談して、ごーごーごー(´・ω・`)!!



 …ところで。



 上のアークスシップのシルエットを見ていて思い出したのですが…。
 今回のニコ生で、個人的に一番の重要情報が出まして。
 質問コーナーで『現在の地球の科学力でアークスシップを撃沈できますか?』という問いに、木村氏が『出来ません。アークスシップは川崎市くらいあるので…』と答えていたんですね。

  アークスシップが川崎市と同じくらい…だと(´・ω・`)?

 既にこの設定って既出だったんでしょうか?
 …私は初めて聞いたことだったので、随分と驚きました;

 川崎市…面積143.00km² 総人口1,477,609人…地図で見ると、東西の長さで約60kmですか[Wikipedia:川崎市]。
 木村氏の仰る『大きさ』というのが人口を指してるのか、単純に船の大きさを指しているのか不明瞭ですけど…。
 仮に船の大きさを指しているのであれば、全長60kmの宇宙船…となるわけですか。

 そういえば、先日…理論物理学の天才であるホーキング博士が、亜光速航行が可能な宇宙船による宇宙移民について言及し…それに合わせるように、NASAが宇宙移民船の建造計画を発表していました。
 その計画では、既に宇宙空間に在る小惑星に推進機関を取り付け宇宙船とし、その小惑星の資源を採掘して自給自足の生活をしながら他の可住惑星を目指すという…。
 なんとも壮大過ぎる計画で、まるでアニメのお話のようです。

 これを見た多くの人が同じような感想を持ったのでしょうね。
 世代によってイメージする宇宙船が分かれそう…という話がネットでされていました。

  はてさて、それは『ア・バオア・ク―』か『シドニア』か(´・ω・`)

 私がアニメやらを見るようになったのは、結構最近のことなので、『シドニア』の方が馴染みがあるんですけど…。
 アークスにとってはどちらがイメージしやすいんでしょうね?



 …しかし、何れの場合であっても。
 どちらの宇宙船も、私にとっては『外敵と戦う宇宙船』というイメージがあります。



 アークスシップは、市民の生活する街を抱えています。
 このアークスシップに、戦闘艦に準ずる装備があるのかは、私は知りませんが…。
 事あるごとにキャンプシップ(揚陸艦)でアークスが迎撃に向かうところを見るに、アークスシップには武装らしい武装は無いのかもしれませんね。

 その為か…私は、アークスシップが『外敵と戦う船』には見えないのです。



 …ここで、少し思います。



 我々がアークスシップに乗るのは、権利であって義務ではない…と思う鈴蘭です。

 …では。

 その一方で、アークスシップからキャンプシップに乗り移るというのは、私達にとって何を意味するのでしょう?

 自らが選び、行動する。

 普段から何気なく行っている選択ですが。
 そこには、果たすべき一定の責任があり。
 キャンプシップに乗る以上は、ある種の義務が生まれるようにも思います。

 それは、市民と戦闘員の差…のようなもののようにも見えるのですが…。



  はてさて(´・ω・`)



 週末の『雪割りの花』を通し。
 自分自身について、改めて埒もない考えを巡らせた。
 そんな鈴蘭です。
 


■コメントのお返事
 …また後ほど。
 

独り言 その八百五十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 出勤途中の時間を利用して書いている、このブログ。
 実は、全てを出勤途中で書いている訳ではなく。
 SSのアップロードや、思い付いたことを書き留めたりで、出勤前に手をつけることも屡々であったりします。

 …そんな訳で。
 今日も今日とて、いつもの書き出しを…と思ったところで、地震速報が(((´・ω・`)))オオゥ…!!?

 『熊本県の益城町で震度7』

 非常に激しい揺れです。
 マグニチュード6.4…ということで、地震の規模自体は比較的小さいようですが…。(東日本大震災はM9.0、阪神淡路大震災はM7.3)
 素人には、地震の規模というものは分かりづらいのですけど…マグニチュードの差から言えば、阪神淡路大震災の1/30程度の規模…いえ、もう少し差が小さい…みたいです。

 今回は震源が浅かった事もあって、大きな揺れになった…というのが、テレビで解説していた専門家の見解でした。

 熊本…阿蘇山とか大丈夫でしょうか…;



 こうして書いている間も、余震の情報が入って来ます。
 これだけ大きな地震のあった後ですし、暫くは気を付けないといけないでしょうね…。

 地震の直後、アークスシップでも安否の確認をしましたが…。

 チームメイトは、ほぼ全員のインを確認出来ているので一安心。
 フレさんでは…南にお住まいの方が何人かおられ、少し心配をしています。

 しかし、北にお住まいの方でも、何かで出向いている方がいるかもしれません。



  熊本の皆さんをはじめ、何事も無ければいいのですが…(´・ω・`)



 仕事が明けて住処に帰り着き、ニュースを確認しましたが…。
 地震の規模の割には、人的被害が少なかったようで…。
 しかし、それでも9人の方がお亡くなりになったと。
 心よりご冥福をお祈りいたします。

 週末からは雨模様ということで、二次災害の危険性が高まると聞きます。
 避難生活を送られている地元の皆さんにおかれましては、くれぐれもお気を付けくださいますよう。

 清正公の建てられた、天下の名城も破損したと聞きますが…。
 皆に親しまれているシンボルだけに…こんな時だからこそ、持ち堪えて皆を元気づけて欲しいものです。




■今日のニークス
 
 雑談の中、エリさんに伺ったのですが。
 金曜日から、20日に配信予定のアップデートファイルの先行ダウンロードが開始されます。

  【公式】4/20 “PC”版「分割アップデート」のお知らせ

 『分割』と称しながら、分割数が『1』て…。
 約18GBを一括ダウンロードってことですやん。

  金曜の晩の緊急、カックカクになるんじゃ…(´・ω・`)

 大丈夫ですかね…;
 アップデート当日の負荷を軽減する為に、金曜日の晩が悲惨な事になりそうで…今から不安です。

 通信環境によっては、金曜の晩だけでは済まない人もいるでしょうしね…。
 …まぁ。
 折角の休みにラグが酷くなるようなら…それすらもネタに。
 それ位の気持ちで臨みますかな。



ー ◆ ー




 その翌日。
 今週末の土曜には、定例の『雪割りの花』を開催予定ですが…。

  【公式】ニコニコ生放送公式『PSO2放送局』第41回放送のお知らせ

 …珍しく、ニコ生が土曜日にセッティングされています。
 見れば、土曜の晩は予告緊急がありません。

  …これは…来るな(´・ω・`)

 アンケート緊急枠ですよね、これは。
 個人的には、『雪割りの花』を『話をするための場』と、限定して受け止めて欲しくはないので…ニコ生を見ながら話しつつ、緊急へそのまま…という、日常のままの流れでも構わないと思っています。

 以前に、『そんなことで集まる意味があるのか?』という疑問を呈された方も居ますが…。
 日常と同じことでしかない…というのなら、そうなのでしょう。
 逆に、日常にはないもの…というのなら、それもまた、そうなのでしょう。

 結局は、何を拾い上げて価値のあるものとするか。
 その違いなのではないか…とも思います。

 私としては、些細であれ…何かの『きっかけ』を提供できるのであれば。
 『雪割りの花』を開く甲斐もあるだろう…そう考えています。

 …まぁ。
 堅苦しくは考えず。
 暇なら寄ってもみてください、ということで(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百五十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 ホームで電車を待っていると…。
 最近は、色々なラッピングを施された車両が走っているのを見かけます。
 大阪環状線では、USJ関連のラッピング車両はお馴染みになっています。
 ホームで車両の写真を撮っている外国人観光客の姿をよく目にするのですが…こういうものは、他の国では珍しいんでしょうかねぇ…。

 そして今も…

  お、真田丸か…(´・ω・`)

 3月頃からでしょうか。
 大河ドラマ『真田丸』のラッピング車両が運行しています。

 歴史物が好きな鈴蘭なものでして…。
 今年の大河ドラマの『真田丸』は、結構楽しんで観ています。
 重厚な歴史物を希望している人には、少し…受け付けない内容であるかもしれませんが。
 歴史上の偉人といったところで、同じ人。
 時代が変わっても、現代の人と変わらない心がある…という切り口のドラマであるように思います。

 これはこれで、大変面白いです(´・ω・`)ウム



 …ところで。
 『真田丸』の主人公は、真田昌幸、信幸、信繁の親子となるのでしょうが…。
 歴史を後から一望できる現代の人にとって、真田信繁(幸村)という人は、戦国武将の中でも特筆すべきヒーローのような存在でしょう。

 第一次、第二次上田城攻防戦、大阪冬の陣、夏の陣…事あるごとに徳川家と対立し、これを退けた一族。
 これらの働きから、同時代の戦国武将が『真田(幸村)は日本一の武将』と称賛したと伝えられます。

 …実のところ。
 江戸幕府体制下においては、徳川家に敵対した豊臣家を称賛するような出版物の制作は禁止されましたが、真田については、この限りでは無かったそうです。

 一説には、『真田がこれだけ凄かったから、徳川が負けたのも仕方がない』と、間接的に徳川家の権威付けをするためのものだった…とも言われています。

 そのお陰で、江戸時代以降、軍記物や講談で華々しい活躍が語り継がれ、私達の時代にまで至っている訳ですね。



 …しかし。



 大阪冬の陣で活躍するまで、信繁は無名の存在でした。
 世に数多ある物語の英雄らしく、生まれながらに…という訳ではありません。

 むしろ、当時は信繁の父である昌幸の活躍こそが有名でした。

 徳川家康と対決する事を決めた豊臣家の呼び掛けに応え、信繁が大阪城に入城した際。
 『大阪城に真田が入城した』という一報を受けた徳川家康は、跳び上がって驚き、家臣に『まさか昌幸か?』と、恐る恐る訊ね返したそうです。

 実は、この時には昌幸は既に他界していたのですが…徳川家康は、それも自分を陥れる昌幸の陰謀ではないか…と、疑っていたようですね。
 家臣から『子の信繁が入城したようです』と言われ、『信繁? 驚かせるな』と、あからさまに安心したのだとか。

 徳川家康に侮られていた無名の信繁が、大阪冬の陣に臨んだ時。
 彼は既に四十七歳となっていました。



 『人間五十年』などと言われていた時代。
 本当に、遅咲きの英雄だったんですね。



 しかし…遅く咲いても、花は花。
 早く咲かねば勿体無い…というのは、人の我儘なのでしょう。 

 かくあれかしと望んだからこそ、大輪の花が咲いたならば。
 そこに遅いも早いもなく。 
 私たちは、それが在り難いと思うからこそ、ただ『美しい』と思うのではないでしょうか?



 果たして、皆にはどんな花がつくのだろうね…(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百五十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 少し前の話です。

  …。(´・ω・`)

 …というか、以前に同じ事を書いたような気もするのですが…。

  …。(´・ω・`)

 …まぁ、書きたくなった時に、書きたいものを書くのがブログというものと思えば…。
 重複も構いませんかな;



 少し前の話です。



 我々が『イオ横丁』と称する、寂れたコミュニティスペースの近所に、華やかなカフェが開店しました。
 アークスの日々の生活に必要とされる多くの機能を備えた、たいへん大きなお店です。

 その便利さ故に、当初は『イオ横丁』の移転も考えていたのですが…。
 日常の風景としての『イオ横丁』があってこそ、あの『華やかさ』を感じられもするのかな、と思い。

 横丁は横丁のまま。
 日々、鈴蘭はカフェの入り口を遠目にしています。



 そんなカフェに、テナントが入りました。

アークスシップの豆腐屋さん(´・ω・`)
           (C)SEGA

 知る人ぞ知る、評判のお豆腐屋さんです。

 生憎、時間が合うことも少ないので、こうして訪ねて行く機会も稀なのですが…。
 ご近所さんの存在というのは…有り難いものです。

 何かの時に訪ねる場所がある。

 その安心感は、私だけのものではなく。
 きっと、相手にとっても同じ事で。

 それは、お互いが在ってこそのことです。



 単一のコミュニティが大きくなったところで、すぐに限界が来る。
 …それが私の持論です。

 異なる価値観を持つコミュニティの、緩やかな連携。
 溶けて混じり合うのではなく、併存する関係。
 個ではなく、個々を認める関係。

 それを求めていけたら…と、思います。



  …ゆるりと、ね(´・ω・`)



■考えすぎ?

 嘉永年間(西暦1850年頃)。
 江戸での就学率は7割を超えていたそうで。
 長屋に住むような庶民の子であっても、寺子屋に手習いに行き、簡単な読み書きを覚えたそうです。

 これは、同時代の諸外国に比べて非常に高いもので。
 文字が知識階級に独占されていた欧州での識字率は、一割程度だったそうです。

 その違いというのは、かなり衝撃だったのでしょうね。
 宣教師や外国の使節が、日本国内を旅した際の驚きが、記録として今に残っています。



 曰く。
 『街角で配られる新聞(瓦版)を、小間使いの子供達が読んでいる。欧州では考えられない光景だ』…と。



 日本語というものは、長い時間をかけて変化してきました。
 特に…異なる文化に触れる度、新しい言葉を増やしています。

 直近では、欧米諸国の進んだ文明に触れ、日本語はそれまでにない価値観を理解するため、多くの言葉を日本語の中に取り入れました。

 福澤諭吉が生んだ造語
 「自由」、「経済」、「演説」、「討論」、「競争」、「文明開化」、「共和政治」…

 夏目漱石が生んだ造語
 「新陳代謝」、「反射」、「無意識」、「価値」、「電力」、「肩がこる」、「電光石火」、「浪漫」…

 更に時代を遡れば、『解体新書』を著した杉田玄白によって、体の様々な部位が日本語として生み出されています。

 杉田玄白は、原書に描かれた図解と、実際に解剖した検体を見比べて、その一つ一つを辞書で引き、或いは外国語を知る友人を質問攻めにして、それまでにない日本語の単語を作り出したのだそうです。
 (『神経』というのは、杉田玄白が考えた言葉だそうですね)



 無い言葉を作り出す。

 今の自分には思いもしないこと…と、思われるでしょうか?

 鈴蘭は、そうでも無いと思うのですね。



 普段から身近にしていて、自分が知っていて当たり前にしている言葉でも。
 相手にとってどうかまでは、分かりません。

 相手の知らない言葉を、自分の言葉で理解して貰う。
 それは、相手の中に新しい言葉を作るに等しい事と思います。
 

 …っと、時間が。
 また後ほど(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百五十

 大きいだけの鈴蘭です。

 大阪の今日は、朝晩に随分と冷え込みました。
 昨晩、出勤するときは土日の春の陽気を思って、軽装で出掛けたのですが…。
 夜が明けて朝に帰る頃には、冬に逆戻りしたかと思うほどで。
 冷たい風に吹かれつつ、震えながら足早に住処に一直線。

 アークスシップに乗り込む前に、ストーブに火を入れました。

 寒の戻り、とは言いますが…。
 桜が盛りを過ぎたとはいえ、まだまだ油断できませんね;



  いつまでコートが必要なのだか…(((´・ω・`)))



 こうして季節が逆戻りした事で、話を聞いてもピンと来ないのですが…。
 気象庁の長期予報によると、今年の夏は猛暑になる見込みなのだそうです。
 
  ことし夏に「ラニーニャ現象」か 猛暑の可能性

  ら、ラニーニャ…現……象…(´・ω・`)?

 横文字が苦手なので、どんなものなのか…他の現象との区別が;
 エルニーニョも気象現象ですよね…確か。

  …。(´・ω・`)

 何れにせよ、暑くなる事に変わりないという事ですね。
 これから耳にする機会も多くなりそうですし、夏までに調べおきましょう、うん。



 …しかし。
 先日のパラオの渇水の問題もありますし…。
 今年の夏は、ちょっと心配ですね…。



■今日のニークス

pso20160327_032231_007.jpg
           (C)SEGA

  見慣れた悲劇(´・ω・`)ガッデム

 ストーリーそのものに関しては、言う事もないのですが…。
 場面場面で、自キャラが見切れてしまうのは残念無念です。

 映像演出の何たるかを知らない鈴蘭なので、これは素人の妄言以外のなにものでもないのですが。

 NPCキャラに軸がある以上は、NPCキャラの収まりの良い位置を変えるわけにもいかず。
 こうして身長差によって自キャラが見切れてしまうのは、仕方のない事なのかもしれません。
 ただ、それでも…自キャラがちゃんと収まっている絵が欲しいとも思うのですよね。

  折角のお話なんだもの(´・ω・`)

 …プレイヤーアンケートに書かれる事も、多くはチョットした事なのだろうと思います。

 普段の生活の中にある、有り触れた不便。
 それが便利になったところで、便利になった事に気付きもしないような不便。

 私達の見えない部分においても、運営は手を加え。
 そうしたものを解消して、今に至るまで私達の環境を作ってきたのでしょうが…。



 最近、思うのです。



 便利な環境を維持するために、楽しさを削ってまで努力をしてはいないでしょうか…と。

 より良く、を求めるのが我々です。

 しかし…。
 より良いものを…と、楽しいものを求め。
 そうして、楽しさを明確にしていくほどに、遊びではなくなっていく…。
 私達の望みは、そうした過ぎた一面を持っているのではないか、とも思う鈴蘭です。



  ゆるゆるとやるくらいでいいんじゃないかねぇ(´・ω・`)



 見切れる事は、嘆きに違いありませんが。
 見切れる事を笑えるのは、喜びでしょうから。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百四十九

 大きいだけの鈴蘭です。

bnr08641.jpg
            (C)SEGA

 PlayStation4版サービスインアップデート『新体験への出航

 いよいよ、というところでしょうね。
 『新体験』を謳うEp.4の、核心部分が見えてきました。
 鈴蘭の周辺では、画質が向上するという『設定6』への期待が最も大きいようですが…。
 皆さんは如何でしょうか?

 幻想戦艦との戦いに期待している人もいれば、サモナーを始めとした、職バランスの再調整に期待している人もいるでしょうね。

 …鈴蘭としても、これらに関心が無いでは無いのですが…。

 七回目を迎えたアンケートがある今。
 このアップデートで拡張されるというギャザリングにまつわる事に、少しだけ思うところがあるのです。



 告知によれば。

 ペットが増えて、採掘する先が増えるという事ですが…。
 鈴蘭の中では、『オマケとしては丁度良い』という評価のギャザリング。
 それは裏を返せば、『オマケ』は『オマケ』以上ではない…という事です。

 今の仕様のギャザリングをやっていて、思うのですが…。
 採掘や採取をするといって。
 それが『楽しみ』を指すものであるのか…疑問にも思うのですね。

 かつてはマルチという『面』の中で、個々がそれぞれに持つ目的の為に協力をしていました。
 それは、MOというゲームとしての形から、外れるものであったかもしれません。
 しかし、そこには人と遊ぶ受け皿…『面』…というものが、確かにあったと思うのです。

 今のギャザリングなどのアークスの遊びは、『面』というものは必要とせず。
 採掘する為、個々の遊びの為、『一点』だけがあれば良い…という形になっているようにも思います。

 遊びやすさを求めれば、それが良いのかもしれません。
 でも…それはそれで、MOというゲームとしての形から、外れてしまってはいないでしょうか?

 ギャザリングはオマケ要素として、比重を重くする必要はないでしょう。
 しかし、こうしたオマケ要素一つ取ってみても、今のアークスにとって相応しい遊びとなっているのか…と、問うてみれば。

 『これで良いのだろうか?』

 …という疑問が浮かびます。



 今回のアンケートを通して。
 『何が正しいのか』という問いかけでは、答えが無いように思います。
 『何を求めているのか』を、改めて自分に問いたい。
 …そう思う鈴蘭です。



■今日のニークス

 今週の第二週土曜日は褐色集会がありました。

pso20160410_004043_047.jpg
            (C)SEGA

 毎回毎回、随分と人が来られ…。
 見学者を含めて、常に50人ほどの方が参加されているような状態だったでしょうか。
 特に今回は、ヴォルフィードさんのTwitter上での告知が、イベントスケジュール告知botなどで拡散した効果(?)もあってか、初参加の方が多かった…参加者の1/4くらい…のが印象的でした。

 主催されているヴォルフィードさん自身は、進んで大きくしようという意思はないようで。
 今の雰囲気を維持できる程度を…という風にも考えておいでのようです。

 まぁ、でも…この分であれば、少なくとも3鯖で開催する褐色集会においては、大丈夫ではないか…とも思います。
 参加者の皆さんに恵まれた…という言い方は、可怪しい…いえ、失礼なのかもしれませんが。
 門に立って眺めやる会場内は。
 参加条件を設けたイベントであっても、閉鎖性を感じない雰囲気が醸成されているように見えます。

 無理をして急ぐことでもしない限りは。
 今後も、いい方向に進むのではないか。
 …そう思います。

pso20160409_235226_040.jpg
            (C)SEGA

 今回は、開場後2時間経ってから飛び入り参加形式でファッションショーを開催。
 10名ほどのモデル希望者による、ほぼアドリブのアピールを踏まえたファッションショーとなりました。

 …まぁ、キャラクリにこだわりがあっての集会でもありますし。
 流石に皆さん、たいへんお上手でしたね(´・ω・`)イロイロ

 今回は、緊急参加はありませんでしたが…こうしたイベントを通して、皆さんの色々な面を目にすることも出来ました。
 楽しかったです、純粋に(´・ω・`)
 


 …それにしても。
 最近は、こうしたイベントに参加する機会が増えた一方で、自主開催するイベントがめっきり減ってしまったのが…。
 人のふり見て、ではありませんが。
 思い立ったことですし、何かチョットしたことでもやってみましょうかのぅ(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百四十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨夜から降り続いた雨。
 この季節にはつきものではありますが。
 強風を伴った非常に激しいもので…花散らしの雨というには、少し…風情がないようにも感じましたね;

 花を散らしたこの雨は、今晩には日本を縦断するようです。

  春も、そろそろ終わりか…(´・ω・)

 しかし、日本は狭いようでいて広いもので。
 北日本に住んでいるフレさんからは、『こちらでは、これからが桜の見頃』という話を耳にします。
 それを思えば、日本の春はまだまだ…ということですね。

 …そこでふと、疑問に思ったのですけど…。

 今の時期の風雨は、南では『春の終わりの花散らし』でも、北では『春の始まりの春一番』になるんでしょうかね(´・ω・`)?

 同じ風でも、地域によっては呼び名が違う…とか。

 …調べるよりも、北にお住まいのフレさんに聞くのが早いでしょうかね、コレは;
 今度、伺ってみるかなぁ(´・ω・`)



 …話を伺う、と言えば。
 今週のメンテナンス明けから、都合七回目となるアンケートが実施されています。
 
 『PSO2』第7回プレイヤーアンケートへのご協力のお願い

 このアンケートの意見を反映して、ゲームの仕様が変わることも度々でしたし。
 これを機会に、変えて欲しい事を言葉にするのも良いでしょうね。



  春を呼ぶも、花を散らすも、同じ風(´・ω・`)



■告

 今週は月の第二週。
 定例となった、3鯖での褐色集会が開催されます。

 最近は常連さんに加えて、新規に参加される方も増え…。
 門に立つ私としても、賑わいを眺めるのが毎回楽しみなのですね。

  今回は、どんな人がお越しになるかなぁ…(´・ω・`) 

CfHNZSvUMAElAis.jpg
            (C)SEGA


 【開催日時】
   21:00~およそ0時ぐらいまで

 【開催場所】ship3 B228 ショップエリア赤部屋(エメライン側の小部屋)
                ※先客が居た場合は青部屋
             状況によって共通鯖への移動も有るかも?

 【参加条件】
 ・種族、性別を問わず褐色であること
  褐色か否か判断が難しい場合がありますが、その場合は本人が褐色と言えば褐色キャラであるとします。
 ・見学も歓迎です。
  褐色キャラでなくとも見学OKとさせて頂きます。
  見学の場合は、オンラインステータスに表示する等して分かりやすくして頂けると有り難いです。
  ただし、集会イベント(集合SS撮影、緊急クエスト等)への参加は見学者の方にはご遠慮頂いております。
 ・ハッシュタグは「#褐色会」
  撮影したSSにハッシュタグをつけてツイッターにUPする際は「#褐色会」で統一して頂けるとありがたいです。


  【注意事項】
 ・SS撮影は自由、公開は名前非表示で。
  基本的にSS撮影は個人で自由に行ってもらって構いません。しかし、ネット上に公開するものはキャラ名等の頭上表示を消した物をご使用願います。
   ※撮影NGの方はあらかじめフリーワードに「撮影NG」と記入し、できるだけ集団には加わらず見学者として参加して下さい。
 ・他人のキャラを誹謗中傷しない。
  誰しも我が子は可愛いものです。特にこういった集まりに来られる方は自キャラに愛着を持つ方が多いと思われますのでご注意を。
 ・緊急クエストが発生した場合は各個人にて判断し行動して下さい。
  できれば集会参加者でクエストに行きたいと思っておりますので、その際はご協力お願い致します。


 皆様のご参加、心よりお待ちしております。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百四十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 メンテナンスが明けて。
 桜の季節から一転、ロビーはイースターに…。

   〒 〒 〒 〒
  (・ω・`三´・ω・)!?


 …何事かと思いましたね;
 軽快な音楽は、まるでリオのカーニバルを思わせるようですが…。
 イースターというと、日本人には馴染みのないイベントです。
 どんな雰囲気が『らしい』ものなのか、ピンと来ないのが正直なトコロ。

  こんなお祭りだったんね…(´・ω・`)

 …ただ、ちょっと…音楽の盛り上がりに反して、ロビーが寂しいような気も…?
 ラッピーのタマゴがショップエリアにあるくらいで、音楽が掻き立てる『ワクワク』を満たすようなものが見当たりません。

  もう一味…何か欲しい…かな(´・ω・`)?

 無性にボンダンスが恋しくなり、Sympathy2015のCDをセットした、そんな鈴蘭です。



■考えすぎ?

 南米ウルグアイの元大統領、ホセ・ムヒカ氏が自伝の出版に合わせ、来日しているそうです。

 とは言え…。
 日本では馴染みのない人かもしれませんね。
 直接、日本との関わりのある人でもありませんから…知名度というのは、然程ないでしょう。

 しかし…彼の言葉や、彼の政治姿勢は日本人の多くが共感を覚えるものではないか…と、思います。



 ウルグアイ第40代大統領。
 彼についた渾名は『世界で最も貧しい大統領』です。



 貧しい家庭に生まれた彼は、若い頃には極左的な反政府活動を通して、当時の軍事政権に反発。
 何度も投獄されましたが、政治思想を変えず。
 後年、軍事政権が倒れた後、大統領に選出されました。

 前半生においての活動から、過激な左派思想を持っていると目され、大統領の就任を周囲から危ぶまれもしたそうですが…。
 実際の彼は、中道的で。

 『為政者は、民衆と同じ生活を通して政治をしなければならない』

 …と、大統領官邸での生活を拒否し、郊外のあばら屋に妻と二人で起居。
 大統領の報酬も殆どを福祉団体に寄付し、月々10万円だけで生活をしていたのだそうです。

 …その、慎ましい生活を送る彼を表すかのような、こんな逸話があります。

 彼は、草臥れたフォルクスワーゲンを愛車としていて、何処に行くにも彼自身が運転しているのですが…。

 彼を支援したいという気持ちがあったのでしょうか。
 ある日、アラブの富豪が彼の車を『一億円で買い取りたい』と、申し出たのだそうです。
 彼のフォルクスワーゲンの評価格は、約三十万円。
 売れば一躍大金持ちです。

 …しかし、彼は『この車は友人に貰ったもので、売ってしまえば友人を傷付けてしまう』と言って、申し出を拒否したのだそうです。

 お金よりも大事なものだから。

 …頭にはあっても、そう簡単には口には出来ない言葉でしょうね;



 2012年、リオ会議での演説において、

 『貧乏な人というのは物が少ない人のことをいうのではなく、物を無限に求め満足しない人のことをいうのだ』

 という、現代社会の陥穽を鋭く指摘。
 物質的な豊かさを希求する、消費優先の社会モデルではなく、精神的な豊かさを享受する、幸福を求める社会モデルを…と、訴えているお爺さんです。

 私の言葉は、このお爺さんの言葉の断片でしかありません。
 興味を持たれた方は、上記の文章内のリンクを辿って、彼の言葉に触れてみてくださいな(´・ω・`)



 彼の『貧しさ』とは。

 そこにあるものは、アークスたる私達にこそ、親しくしている…親しくすべき思いではないでしょうか…?



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百四十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 いつものように、ニュースを流し読んでいたところ…。
 南洋の島国パラオ共和国のニュースが目に入りました。

  【AFP通信】太平洋の島国パラオ、完全断水の危機 日本と台湾に支援要請

 近年の異常気象が原因なのでしょうか。
 今年は、特にひどい干魃だったそうで…今現在、パラオは深刻な水不足に陥っているのだそうです。
 給水制限により、水道の利用可能な時間は一日に三時間程度。
 学校では、子供たちに水道を使わせてあげられないために、授業を短縮したり、休校措置をとっているとも言われます。

 思えば、日本でも四国での水不足が深刻になっていますが…。
 日本の場合、近隣の地域に水源があったり、生活用水を確保するだけの濾過技術があったりしますからねぇ(´・ω・`)
 
 対して、パラオ共和国はサンゴ礁によって作られた島々で形成されているために、火山で作られた島に比べて国内の水資源が少ないのだとか。
 こうして危機を訴えるところを見るに、海水を真水に変えるプラントなども不足しているんでしょうか…。

 この事態に、どうなることかと思っていましたが。
 要請を受けた日本は、さっそく支援に乗り出し…給水タンクや濾過設備を手配したそうです。



 太平洋戦争中、東南アジア諸国に進出した日本は、各地で様々な軋轢を生みましたが…。
 一方で、各地での道路や発電施設のインフラ整備、学校、病院等の公共施設の建設を通し、住民の生活水準の引き上げを推進しました。

 パラオは、今もこのインフラを基礎にしているそうで…。
 このことから、当時から一貫して日本に対して好意的な国だと言われています。

 …日本と台湾を指名して、直接支援を要請したのも、そこに起因するのかもしれません。



 …私個人で言えば。
 日本で生活する上で、ほんの少しの贅沢を、ほんの少し我慢することで。
 他の国の誰かの大きな助けになるというのなら。
 日本政府においては、税金を使って貰って、こうした事に積極的になって欲しいと思います。

 すべての人を救うことは難しいでしょうが。
 せめて、好意を向けてくれる人たちに、応えられるのであれば。

 そうすることで、私が倹しく暮らさねばならなくなるとしても。
 私は、より豊かに生きていけるのではないか…と、思いますから。
  アークスのショップに、こうした事態に備えた積立基金の窓口を常設するとか、あっても良いんじゃないかと、個人的には思うのですけどねぇ…。



  綺麗事でも、それを成さんとするのが心意気…というものではなかろうかな(´・ω・`)?



■今日のニークス

 先日、ファンタシースターオンライン・ジ・アニメーションの放映が終了しました。
 序盤には、酷評も聞かれたアニメ化でしたが…。
 終わってみれば、周辺で視聴していた人たちの間では、概ね好評であったと思います。
 7話くらいから、目に見えて評価が上がったような印象です。

 新規さんにも楽しめる内容であったのか…その点は、未だに賛否が分かれそうですが。
 少なくともアークスにとっては、良い思い出の一つとなるアニメになったのではないか…と。

 そして…。

 四月に入り、はや一週間。
 春の番組改編時期となりました。

 私の環境下では、裏番組の録画が出来ず。
 放映時間が被ると、どれか一本だけを録画して視聴するしかありません;
 事前にどれを見るかを決めるのは、結構切実な悩みであったりします。

 春のアニメの紹介記事をざっと見て、楽しそう、面白そう…と思ったのが。

 文豪ストレイドックス甲鉄城のカバネリ迷家ビックオーダージョーカー・ゲームくまみこ…などなど。
 今季は他にも色々とありそうですね…(´・ω・`)

 改編時期には、フレさんとオススメのタイトルなどの情報を交換したりするのですが…。
 そういえば、今回はまだお話を伺っていません。

 …まぁ、年度の変わり目のこともありますし…。
 それどころではない、という事なのかもしれませんね;

 機会があれば、何が良かった、何を期待している…というお話もしてみたいです。

 個人的には、ジョーカー・ゲームと甲鉄城のカバネリが、特に気になったのですけど…。
 逆に気になったタイトルであれば、なんとしても見たいと思うもので。
 後々、レンタルでもして見てもいいかと考えてもいたり。

  リアルタイムで見るのが良いんだろうが(´・ω・`)!!

 …などと言われてしまいそうですが。
 旬を追いかける、ということにかけては、人一倍、無頓着な鈴蘭なもので;



  …まぁ、見るだけなら…動画配信に頼るのも手かのぅ(´・ω・)?



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百四十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、市街地の緊急クエストがあったので、久しぶりに出向いてみたのですが…。

pso20160403_064011_007.jpg
            (C)SEGA

 …思えば、あのスタジアム。
 私達のシップには無い施設…のような?

 フランカさんのお店のテラスから一望できる街並みには、多くのビルが建っていますが…。
 視界の中に、あのスタジアムらしきものは見当たりません。
 無論、お店の裏手にある可能性もありますが。

 一言で『シップ』と言っても、色々と違いがあるのかもしれません。



 これはスタジアムに限った事ではなく。



 テラスから地上を覗き込んで見ると、ビルの合間を縫って、高速道路が走っているのが分かります。
 その高速道路の下にあるのは…一般道でしょうか?

 なんとも、発達した都会…という印象ですが。

 緊急で赴く市街地には、開けた場所や緑が多く。
 こうした街並みでは無かったようにも思います。



 …更に。
 上を見上げて見れば…。
 蒼天を映した巨大なドーム。



 思えば、昨年度は開催が見送られていましたが、『バーニングレンジャー』…消火緊急において見上げる空とは違います。
 あの街では、空は『天井』というに相応しい、地面に水平な平面でした。

 …ムービーでは、シップの上甲板にドームが据えられ、中に街並みが見えます。
 『平板な空』というものは、一見するとおかしいようにも思いますが…。
 もしかすると、上甲板が『最上階の都市』となる、多層構造になっているのかもしれませんね。

 見上げる空の上に地面があって、また街がある。

 数万からの人が暮らすという船ですし…それくらいはあっても、おかしくないのでしょうか。

 …しかし…。
 船の構造としては、居住性はともかくとしても、凄まじく無駄の多い構造ですね、コレは;
 素人考えでは、ビルの中だけ空気を入れ、ドーム内は真空…という方が効率的なようにも思うんですけど…。

 敢えて、この形にする。

 これには、地表での生活を再現する…いえ、保存する…そんな意義があるんでしょうか?
 ダーカーとの、宇宙の存亡を賭けた戦いの一方で。
 人の文化の保全…というものに、腐心しているのかもしれませんね。

 たとえそれが、宇宙を旅する上では無駄に思えることであっても。



  …アークスに趣味人が多いのも、その辺が下地にあるのかなぁ(´・ω・)



 …でもまぁ…あれです。
 スタジアムの有無が、シップの違いによるもので。
 それが言わば『地域性』というものであるのならば。

 先日の対抗戦も…違いを『特色』として楽しむイベントとして、見ることが出来るようになれば良いのですが…。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百四十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近のアークス業では、東京エリアにチョクチョク足を運んでいる鈴蘭です。

 東京に出没する幻想種…『15式戦車』がドロップするTMG『ワルキューレR25』を手に出来ないものかと、淡い期待を抱いてのことでして(´・ω・`)

 以前手にした『ラサハディス』に満足している私としては、実際に使うアテがあるわけではないのですが…見た目的に、現実の銃を模した造形は、このPSO2では希少価値…付加価値が高いと思うのですね。

 実弾系では、シリーズの伝統として『ヤスミノコフ』シリーズが有りますが、それ以外となると…。
 目ぼしいものに思い当たりません。



  コレクションに加えたい逸品に出会えぬものか…(´・ω・)=3



 …ところで。
 東京と言えば。

pso20160401_210845_000.jpg
             (C)SEGA

 この、路肩に止められた乗用車。
 Ep.4のムービーにおいては、一般市民のいる場所からアークスが空間を隔離するようなシーンが有ります。

 …具体的に何をしてるのか、よく分からない描写ではあるんですが…;

 こうして、一見ただ停まっているように見えるこの車も、単なる路上駐車された車ではないのかもしれません。

 …ただの車ではない…。 

    …((((・ω・`)

 戦闘中、どうしても距離をとってしまうんですよね…車を見ると。
 …古参アークスあるある…でしょうか?;



 アークス用語『新車爆発』
 プレイテスト時に、多くのアークスが戦闘中に命を落とした、乗用車の爆発事故。
 当時、アークスが即死するような『敵の強力な攻撃』というものが珍しく。
 ただの演出と思われていた市街地の乗用車の爆発の威力が、特に際立って高かった為に畏れを篭めて呼ばれるに至る。
 初期のPSO2において、新人アークスの通過儀礼ともされていた。 



■考えすぎ?
 週末、近所のセブン-イレブンに『セガラッキーくじ』の入荷がありました。
 あいにく、懐事情は常に極圏の厳しさである鈴蘭のこと。
 そこまで投資できるものではないのですが…。

 それでも10回引いて参りました(`・ω・´)ゞ



 言葉は不要…無心で掴む(´・ω・`)!!



 …その結果…。



 D賞✕1、E賞✕2、F賞✕2、G賞✕5…。
 ミニドラマCD、メラミンカップ、ラバーキーホルダー、クリアファイルを手に出来ました。

 くじ運…やっぱり無いものですねぇ…;

 まぁ、でも。
 ラッキーくじに関して言えば、下位の賞ほどゲーム内アイテムの内容が厚くなっているので、これはこれで有り難いのですけどね;

 そも、近所に置いている店がなく、買いたくとも買えなかった…というフレさんも、少なくありません。

 引く機会を得られただけ、私は幸運だった。

 欲を言えばキリがありませんが…素直に、そうも思えるのですね。



 最近。
 自分自身や、自身の置かれた境遇を嘆く言葉を耳にする度、思うところのある鈴蘭です。

 人と比べてみることで、初めて価値が生まれるものが、私達の大事にしているものなのでしょうか…?

 

 …っと、もう時間が;
 後ほど追記しまする(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その八百四十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は3月31日。
 いわゆる年度末というやつです。
 皆さんは、年度末最後のお仕事を終えられて、一息ついている頃でしょうか…?
 …で、あれば。

  お仕事お疲れ様でした(`・ω・´)ゞ

 年の変わりである『年度』。
 社会人の言う『年度』は、会計に関わる『会計年度』を指しますが…。
 実のところ、お役所は四月一日から翌年三月三十一日という区切りですが。
 民間も同じでなければならない、という決まりはなく…会社によって、会計年度の区切りはマチマチであったりします。

 国によっても違い、アメリカでは10月が年度末…でしたっけ(´・ω・`)?

 日本では、明治時代に始まった会計年度。
 何故、このような区切り方になったのか、確かな理由というのはありません。
 一説には、稲作によって得られる収入が、現金で確定するのが冬のことで。
 お役所の税の算定が終わるのが、三月の末頃になるから、今の形になったのだろう…と言われているそうです。

 当時は全てが手作業であったことや、国内外の事情も今より遥かに不安定であった時代のこと。
 現代のように、会計年度の区切りは一定ではなく。
 年によって前後することも、珍しくは無かったそうです。

 『徴税が遅れているので、今年はちょっと待ってね』という。

 現代人の感覚からすると…大らかな時代ですね…;
 ある意味、羨ましいです。



  …羨んでも、私の年度末はこれからですが(((´・ω・)=3



 …年度が変わるという事で、四月から身の回りでも色々と変化があります。

 塩、アイス、ウィスキーの値上げ。
 首都高速の料金体系の改定。
 かかりつけ薬剤師制度の開始。
 民間の電力小売自由化。

 この中で深刻な影響があるのが…。

  ガリガリ君、あずきバーが値上げですか…(´・ω・`)

 原材料費の高騰が主な理由だそうで。
 特に、アイスの木の棒…これを中国から輸入しているそうなんですが。
 中国政府による森林伐採の規制により、木材の価格が高騰。
 更に、中国での労働賃金の高騰を受け、かつてはの二倍近くにまで、製造コストが膨らんでいるのだそうです。

  経済、なんですねぇ(´・ω・`)

 …事情があるのであれば、やむを得ないことですが…。
 こういう、ちょっとした支出の積み重ねが、お財布に響くんですよね…;



■考えすぎ?

 …を、書こうと思ったら時間ばかり過ぎ…。

 少し、思うことのある出来事を耳にしたものの。
 ただ、いつも以上に言葉にまとめる事ができていません。

花見頃
          (C)SEGA

 …ゆっくり桜を眺めながら、まとm

 突如、スマホ様から鳴り響く、聞き慣れない警報音。

 『何事…?』と、画面を見れば。
 『東南海沖で強い地震』と…。

  …まさか(´・ω・`)!?

 慌てて、靴を履いて玄関扉を開けた鈴蘭です。
 外に飛び出せば、落下物で怪我をしかねませんし…かと言って、閉じこもっていては、建物が歪んだ時に扉が開かずに閉じ込められてもしまいかねません。
 …この行動が正しいのか、自信はありませんが…;

 やがて訪れたのは、長周期のゆーーっくりとした揺れ…。
 確かに、大きくはありますが…覚悟していたほど激しいものではなく。

  き…気持ち悪(´・ω・`)!!

 …などと感じる余裕も。



 程なくして、揺れも収まり…。



 幸い、私の方では大事なく。
 アークス業に、すぐに戻ることが出来ました。

 改めてフレリスを確認してみると…インしている中では、Kまめこさんが関西にお住まいで、震源にも近く。
 お互い、チャットで無事を確認したりもしましたが…。 
 うん、こういう時に変わらない日常があるというのは、心強いです(´・ω・`)

 しかし、この地震警報…大したものですね;
 10秒ほどの猶予。
 平時であれば『たかが10秒』と馬鹿にもしそうですが…。

 実際に、こうして体感してみると…どれだけ貴重な時間か、と思えます。
 こうした取り組みを続けてくれている皆さんには感謝、ですね。



 書こうと思ったことは、もう少し考えてみて…休み明けにでも改めて。