独り言 その八百

 大きいだけの鈴蘭です。

 ※最初に投稿したタイトルの、ナンバリングを間違うとは…。
  正しくは、今回で八百回目でした;
  まさにウソ八百(´・ω・`)

 先日、2月には暖冬に戻る…という予報を聞いたように思ったのですが。
 どうも、この週末には、寒さがぶり返すようで…各地で大雪になる可能性があるとか。

 先週の寒波ほどではないのかも知れませんが。
 山間部では、雪崩の警戒などがされているとも聞きます。
 (降り積もって固まった雪が氷に変わった処に、新たに雪が降り。温度変化などで氷の上を滑るようにして雪が崩れ落ちるのが、雪崩の一つの形なのだとか。)

 週末に出掛けよう、という方も少なくないでしょう。
 天気が崩れれば、山と言わず街中でも足元が危うくなるかもしれません。

 十分にお気をつけ下さいな(´・ω・`)



■今日のニークス

 Ep.4が始まりましたが。
 追加された要素が多く、何処から手をつけたものか、すぐには選びかねた鈴蘭です。

 待望のキャラ倉庫は、実際に使えるようになってみると…。
  
  はて…何を入れたものか(´・ω・`)

 鈴蘭は、キャラクター毎に装備を整えるような贅沢は出来ず。
 打撃、射撃、法撃…各系統ごとに1セットずつだけ作り、それを使い回しています。
 こうした装備をキャラ倉庫に入れてしまうと、他のキャラで使えなくなってしまいます。

 …キャラ倉庫には、共有しないものを…という事なのでしょうが…。
 そう考えると難しいものがあります;
 強いて挙げれば、Ep.3までで手に入れた服などでしょうが…。
 今後、レイヤリング対応の服がメインとなれば、そもそも倉庫を必要としない(アクセのように登録制のものと伺いました)でしょうし…。

 実装後には、倉庫整理が捗るかと思っていたのですが。
 倉庫を前にして、唸るばかりの鈴蘭です。



 これは…倉庫の活用法に、発想の転換が必要かもしれませんね;



― ◆ ―




 倉庫の悩みは尽きませんが。
 一先ず、それは横に置き…。

 新職のサモナーに触れることにした鈴蘭です。

 サモナーは、共に戦うペットを育ててこそ…ということらしいので。
 その先が、どれだけあるのか見当もつきませんし。
 皆についてクエストに行くには、早いうちから育て始めるのが良いだろう…と、考えた次第。

  さて、問題は(´・ω・`)

 ペットにつける名前…です。

pso20160127_220322_016.jpg
            (C)SEGA

 皆さんは、直ぐに決まりましたか?



 出来れば花の名前を…と、考えた鈴蘭は。
 悩む事しばし…

 薊(アザミ)…『独立』『厳格』『復讐』
 銀月(山茶花の品種名)…『困難に打ち勝つ』『ひたむきさ』『愛嬌』
 片喰(カタバミ)…『喜び』『輝く心』『母の優しさ』

 …この三つに決めました。

 何か考えのあっての事ではありませんが。
 しかし、そこに記号以上のものを求めたい。

 …たったそれだけの、大事なこと。



  明日から頑張るよ(´・ω・`)!!



■コメントのお返事
 …また後ほど。
スポンサーサイト

独り言 その七百九十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 Ep.4がいよいよ始まりました。
 …17時終了予定の筈が、メンテバーストのために約4時間の延長となりましたが…(´・ω・)

 様々な仕様変更がなされる大型アップデートのこと。
 常のメンテナンスの時間では、尺が足りなくなるのもやむを得ない事…なのかもしれませんね;

 兵は拙速を聞くが、未だ巧久を睹ず…過去の戦争において、作戦が拙くとも短期決戦で勝利した例はあるが、拙い作戦で長期戦を挑んで勝利したという例はない…という、孫子の言葉はありますが。

 何を大事とするのか。

 商機というものを掴むのには、時として人に先んじて制することに重きが置かれ。
 拙速をこそ尊ぶ向きはありますが。
 そればかりでもないのでは無いか…とも思う鈴蘭です。



 あるデータによると。
 200年を超える歴史を持つ企業はヨーロッパに多くあるらしく、ドイツには837社、オランダには222社、フランスには196社存在するそうです。 
 一方で日本には…なんと3,146社もあります。

 これは、世界で最も多く。
 更に言えば、世界最古の会社の上位3つは全て日本の会社で。
 最も古いのは、西暦578年創業の建設会社なのだとか。

 何故、日本の会社は長く存続できるのか?

 その疑問に対する、外国での分析によると。
 直系の血族に拠らない相続の形態なども理由として挙げられていますが。
 こと、こうした会社の商売の特徴として。
 目先の利益に拘らず、細く長い経営を旨とする為に、多角経営が少なく。
 長い時間をかけて特定の領域に注力することで品質を高め、顧客の信頼を勝ち取り。
 その顧客の信頼こそを、会社の財産と位置付けて守って来た。
 …そうした姿勢が見えるのだそうです。



 それを思えば。

 『急がなければならない』

 …その『急ぐ』は、何のため?

 信頼に応える為にこそ、敢えて踏み留まる。
 時に、そうした判断も良いのではないか…と。
 …そうも思えるのです。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百九十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 Ep.3最後の夜となりました。

 メンテの開始は常とは違い、水曜日の未明…この記事が投稿されて間もなくの、午前二時から。
 私が仕事から帰る時分には、メンテの真っ最中で。
 アークスシップの鈴蘭は、きっとコールドスリープシリンダーの中、でしょう。

 次にアークスシップに戻り、目が覚めれば…。
 私達の時間は、二年も進む事になります。



 私達の知らない二年間。

 …さて。

 私達の何が変わり。
 私達の何が変わらずに残っているのでしょうね?



 どれだけ時間が進もうとも。
 どれだけ多くのものが変わろうとも。
 私にとって、ものの何かが変わること…それ自体には、大きな意味は無いようにも思います。

 何故ならば。
 変化を感じるのは自分自身に他ならず。
 変化を変化として、自分自身で受け止めなければ、どれだけ大きな変化が起ころうとも、何も変わらないのと同じでしょうから。

 …逆に言えば。
 たとえ、どれだけ小さな変化であろうとも。
 自分自身が、それを変化と認められるのであれば。
 それは、世界が一変するような、大きな意味を持つかもしれません。

 全ては、自分次第。
 …そういうものではないでしょうか?



 変化を望みながら、無関心であるかのような。
 そんな自分のままでは。

pso20160126_210837_017.jpg
           (C)SEGA

 …この写真の価値を、見誤ってもしまうでしょうね…。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百九十七

 大きいだけの鈴蘭です。

  今日の大阪は大変に寒い一日でした…(´・ω・`)

 スマホ様から自分の住む地域の気温が確認できるのですが…。
 体感気温が『-10℃』とか…。
 こんな数字、大阪で見た記憶がありません;

 今日は西日本各地で観測史上最低気温の記録を更新したと聞きます。
 九州で雪が10cm以上積もったり。
 沖縄ですら霙が観測された…とも。
 今年は暖冬、という言葉がウソのようです;
 
 しかし…。
 来週は一転して暖かくなり。
 聞けば、20℃を超える陽気にもなる見込みなのだとか。

  一気に30℃も上がりますか…(´・ω・`)

 2月の札幌、大阪、東京でのファンタシースター感謝祭。
 今から当日の天気が心配になってきました…;



■考えすぎ?

 7分間の新幹線劇場 Tokyo's seven minute miracle

 これは、新幹線の清掃作業を請け負う会社…JR東日本テクノハートTESSEI…の清掃チームが携わる、新幹線の清掃作業の手際の見事さを賞賛する言葉なのだとか。

 旧国鉄において車両の安全管理に携わっていた矢部輝夫氏が異動となり、清掃チームを率いることになったそうですが…。
 異動した当時は、良い仕事の出来る職場環境…とは言えない状態だったそうです。

 安全管理の専門家である矢部氏曰く…

  『これだけはやらなくちゃいけない』
  『これだけやっていればいい』

 …そんな意識では事故がなくなることはなく。
 もし『マニュアルさえ守っていればいい』というだけで事故がなくなるのなら、とっくの昔に事故はこの世から消え去っており。
 いくらルールを決めたり、安全システムを作ったりしても事故がなくならないのは、機械を操作しているのが『人間』であればこそのこと。
 その大元の人間の『やる気』を引き出したり、集中力を高めたりすることができなければ、事故を防ぐことはできはしない。
 …それが矢部氏の持論なのだそうです。

 …では、どうやって『やる気』を引き出すのでしょう?



 多くの人が作業に携わる現場においては。 
 現場で働く人、一人一人が当たり前のことを当たり前にすることで成り立っており。
 必ずしも、一部の優秀な人間が現場を支えているわけではない、ということ。

 それを皆が理解し、それこそ優秀な人間ではなく…当たり前のことをしている人をこそ認め、尊重する。
 そうして、自分が当たり前にしていることが周りに認められることで、ただの行為だったものに意義が生まれ。
 『人のためになっている』という実感が、当たり前の行為を『自分の役割』として、誇りを持って果たすに足るものにするのだろう…と。



 …大袈裟に聞こえるかも知れませんが。
 でも…人と何かをする、という何事にも通じる話ではないだろうか…と、感じた鈴蘭です。

 アメリカの大学では、経営学の教材として使われているという、このお話。

 成すには難しい事ではあるでしょうが。
 成すために難しく考えることはないのではないでしょうか?

 とかく、何かにつけ『この程度、出来て当たり前』と、人を下に見がちです。
 …しかし、それは。
 その人の『出来ていること』を、正しく評価するに相応しい言葉でしょうか?

 当たり前、を低く見て。
 当たり前が当たり前であることの有り難さを、見過ごしてはいないでしょうか?



 自分にも出来る筈の簡単なこと。
 そんなことの積み重ねが、皆を一つの方向へと導くのではないか。
 …そんな風にも思えます。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百九十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、来る27日の大型アップデートに備えた、先行分割ダウンロードのアナウンスがありました。
 こうして準備が進んでいく様を見ると…Ep.4の実装も目前、という実感が湧いてきます。

 そんな差し迫った時期になって、交換用☆13武器をどうするか…遅まきながら、悩みだした鈴蘭です。

 夜桜、髑髏、イデアル、アーレス、オフス、オービット…。
 幸い、最近はクエストに参加する機会に恵まれた事もあり。
 幾つかの武器は、いつでも交換ができる状態になりました。



 …では、何を交換するのがいいのでしょう?



 鈴蘭の感覚としては。
 この様に、交換して手に入れる武器…というものは、あくまでも実用品…『道具』という風に見えてしまい。
 普段から趣味を優先して、性能にあまり拘りを持たない為なのか。
 良い道具だから…という理由では、進んで『欲しい』とは思えないのですね;

 …とはいえ、折角の機会でもあります。
 何か交換を…と、考えたのですが…。

  …決まらん(´・ω・`)

 もう、ここまで来たら、新職のサモナーの実装を待って交換しようかとも思えます。
 当面、サモナーの武器を新たに揃えるのにも苦労しそうですし、そこを交換品で…というのも良いでしょうから。

 そんな事を考え出した鈴蘭に。
 フレさんは、『オフスとオービットの交換は、今、何を選んでもいい』というアドバイスをして下さいました。

 ただ、イデアルは『対ボス用』というコンセプトがある為、サモナーがボスに対してどのような位置づけを成す職であるのか、現時点で分からない以上。
 イデアルの交換だけは、もう少し待ったほうが良い…と。

  なるほど…(´・ω・`)

 そういう事であるなら、ここは少し待ってみましょうか…。
 機会に触れたからといって、焦ってばかりでは、楽しみを感じる余裕も無くなってしまいそうですし…ね;



  …で、どうしよう…(´・ω・)



 そうして。
 一周回って、また悩みだした鈴蘭です。



■今日のニークス

pso20160122_211311_002.jpg
            (C)SEGA

 週末には、黒羊さんの主催されたイベントに参加してきました。

 SAを問題に利用したクイズ企画で。
 奇数シップチームと偶然シップチームとに分かれて進行する形式となっており。
 SAのパーツを一つ一つ置いて行き、それが何のSAであるのかを当てるというもの。
 より少ないパーツ状態で当てれば、高得点を得られるとあって…皆さん、積極的に答えておいででしたが…。

  …よく見抜くなぁ(´・ω・`)

 ひとつのパーツから、全体像を推理するのが皆さん得意なんでしょうか?;
 あれよあれよと正解者が続いて…物凄く展開が早かったように思います;

 今回は見学の立場での参加でしたが…。
 次に開かれる機会があれば、解答者なりで参加してみたいものです。

 主催に携わった皆さん。
 参加された皆さん。
 良い時間をありがとうございました(`・ω・´)ゞ



■リンク追加のお知らせ

 『れびさんなう。

 自称『コーデ&エステマニアのダメ人間』という、れびーさんのブログです。
 先日、半ばbot化している鈴蘭のTwitterの、ブログ更新の告知をリツィートしてくださったのが始まりで…。
 
 後に、れびーさんとフレさんが既知であり、その繋がりもあって、このように知り合うことになったのかもしれない…と、知りました。

 いつか折を見て。
 …ご縁を感じても、そう思っているばかりでは、先がないと思い。
 思い切って、れびーさんを訪ねた鈴蘭です。



 我々に大きな広がりを見せてくれる、閉じた世界。
 人がどれだけ多様性を持っているのかを知る一方で。
 それらと交わることが、容易いだけに難しいということを知らされます。



 …突然に鈴蘭が押しかけて行って、そんなお話を一方的に話しただけのようにも思いますが。
 その時の模様については、SSがれびーさんのブログに掲載されていますので、そちらをご覧頂くとして…。

 自己を確かにすることが、必ずしも他者を否定する事ではない。
 …成し難い事ではありますが。
 そんな考えの一端に触れられたようにも感じます。

 お話を聞いて下さり、ありがとうございました。
 こんな鈴蘭でよろしければ、これを機会に今後ともお付き合い下されば幸いです。

 …そして、改めて宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百九十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 思えば最近、寒い寒いと言ってばかりですが…。
 二十四節気の一つ、『大寒』だった今日。

  流石に冷え込みました…(((´;ω;`)))

 …ところで。
 勉強不足の鈴蘭は知らなかったのですが…『大寒』というのは、今日この日ばかりを指すのではなく、1月20日頃から2月3日までの『期間』を示す言葉でもあるんですね。

 実際に一年の気温を通じて見ても。
 今日の大寒よりも、この『期間』が最も寒くなるそうです。

 アークスシップのロビーにあった神社も消え。
 ※正確には緊急が発生している時のみ、消えている模様です。
 まさに、冬はこれからです。

 木に括られた注連飾りだけが、正月の雰囲気を今に残している訳ですが…。
 
  …って、アレ…注連飾り(´・ω・`)?

 私の住む地方では『左義長祭』などと呼ばれるお祭りがあります。
 このお祭りでは、正月に飾った正月飾りを皆が持ち寄り、燃やすのですが…。
 これは、門松や注連縄でお迎えした歳神様を、炎とともに送り出す…という意味があるのだとか。

 歳神様が天に昇るということで、自身の願いも天に…という事なのか、書き初めを一緒に燃やして学業の向上を願ったりもします。

 かつては1月15日の『成人の日』に行われていましたが…最近は、『成人の日』が『1月の第二月曜日』に定められたため、最近は年によって前後してもいると聞きました。

 …それでも、今の今まで正月飾りが残るということはないはず…なのですが。
 閉鎖空間で火を使うのが危ないから、燃やせないんでしょうか…これは。
 それとも…?



 歳神様への願い事。
 アークスは、今からでも間に合うのかもしれませんね(´・ω・)



■考えすぎ?
 Ep.4実装まで1週間を切りました。

 『新体験』を謳い、新要素が多く盛り込まれる新章。
 …その期待は、如何ばかりのものでしょうか。

 今回では、ギャザリング…クエスト以外での遊びの要素の実装が予定されています。
 思えば、かつてクラフトが実装された際にも、同様の期待をしていたようにも思いますが…。

 仮想の世界に生きる上で。
 『アークス』であることに、不自由は無いのかもしれません。
 …しかし。
 『鈴蘭』であることには、不自由があるようにも感じます。

 それは、個性を表現する『何か』の欠如。

 『アークス』である以前に『鈴蘭』であり。
 『鈴蘭』である以前に『私』でありたいとする、欲求に応えるもの。

 それがEp.4にあるのかは分かりません。
 或いは、既にそれがあるにも関わらず、鈴蘭が見落としているだけの事なのかもしれません。

 何と言っても。
 自身が足りない理由を、外に求めるのは簡単で。
 自身で自身を補うよりも、誰かに足してもらう方が遥かに楽なのですから。



 …でも。
 そうして楽ばかりをしていては。
 今の自分に疑問を感じなくなるかもしれません。



 自分に『足りない』のは、自分で補う方法が本当に無いのか。
 …そんな自問自答が無いことには。
 『新体験』をしたところで、感動は直ぐに色褪せ。
 何をどれだけ得ようとも、ただただ『足りない』と嘆くばかりになるかもしれません。



 新しいものを与えられようとしている、今だからこそ。
 …そんな事を思う鈴蘭です。 



■告知
 黒羊さんが主催されるイベントが、明日…22日の金曜日の晩21時より、共通鯖のB-850(ブロックの状況次第では変動)で開催されます。

 詳しくは、黒羊さんのブログにてイベント…『SA伝言クイズ』の詳細が説明されておりますので、ご覧ください。

 折角ですし…鈴蘭も少し、お邪魔してみましょうかの…(´・ω・)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百九十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、フレさんが光回線を導入されたのですが…。
 『これで回線問題も解消だな!』と喜んでいたものの。
 ここ数日、緊急の前後でチャットしようとすると落ちる…という現象が頻発していたようでした。

 『回線変えてもダメ…?』と、フレさんはガッカリしておいでのようでしたが…。
 …どうも、フレさん側が原因となる障害でもなさそうです。

  1/20 ゲームから切断されてしまう症状について

 上記のように、公式に認識されている問題らしく。
 運営サイドでの対応がなされていた模様です。

 回線切断が頻発する場合は、再起動を…とアナウンスがされているので、接続時のサーバーの問題なのかもしれませんね。

 明日にでも、ご存知ないようならフレさんにお知らせしないとです(´・ω・`)



■今日のニークス
 水曜日。
 メンテを控えて、いつもより短いアークスの朝。

 何をするにも中途半端な、この時間。
 メンテまでの時間を、フレさんとの雑談で過ごす事も珍しくありません。

 実際に今日も…。
 他愛もない話をする中で、個性とはなんだろうか、という話題に移ったように思うのですが…。

  ???『らんらん(注:鈴蘭の渾名)は、くまというオンリーワンの個性があるし(・´ω`・)』
  鈴 蘭『…私トナカイやん(´・ω・`)?』
  ???『トナカイ(自称)』 
  鈴 蘭『…。(´・ω・`)』

pso20151101_045849_013.jpg
            (C)SEGA

 トナカイ(自称)…とは、一体…。

 フレさんからは、鈴蘭をして『熊』という誤った認識があるようなのですが…。
 しかし、改めて思えば…何故『熊』なのでしょうね?
 
 始まりとなる、キッカケがあったのは確かです。
 しかし、それを継続してイメージさせる『何か』が、鈴蘭にある訳ではありません。
 …いえ、無いはず…なのですが。
 それとも、外見のことではなく、鈴蘭の個性そのものを『熊』に例えるに相応しい…と、そういう事なのでしょうか?

 得てして、自分の事ほど分からないものはなく。
 自身の個性というものは、自身では正確には掴めないもので。
 自身では『トナカイ』としても、人からは『熊』とされる。
 …そんなものであるのかも知れません。



 納得のいくような、納得のし難いような。
 そんな、有り難いお話なのでしょうね、これは。



 …とはいえ。



pso20160116_234301_004.jpg
            (C)SEGA

 この絵に映るトナカイさんの勇姿も。
 人には熊に見えるんでしょうか…。

 …やっぱり、おかしくないです(´・ω・`)?

独り言 その七百九十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 全国的に天気が荒れ模様です(´・ω・`)

 特に関東以北では、交通の乱れが酷かったと聞きました。
 東京在住のフレさんからは、『2時間電車が止まった』『雪で滑って転んだ』『雪だるま作った(´・ω・`)』…等々のお話が。
 更に北の豪雪地帯に住むフレさんからは、『雪モウイイデス_(:3」∠)_』…と。

 雪国でも、今年の暖冬傾向の為にスキー場が雪不足で困っている、とは聞いていましたが…。
 普段生活する上では、風情を感じる以上に降って貰っては、困りもの…ですしね…(´・ω・`)



 週明けから、大雪を降らせた低気圧は姿を変えるらしく。
 明日は、日本の冬の典型…西高東低の気圧配置になるようで…。

 昨日までは西よりの強風でしたが。
 明日からは強い北風に変わるそうです。

 これは、日本の北方上空にある寒気からの、冷たい風が吹くという事で。

  …より一層、寒くなりそう…(((´;ω;`)))

 寒さ対策もですが…。
 足元への注意も忘れないように、ですね。
 凍った路面に、足を取られる事も考えられますから…;



■考えすぎ?
 早いもので…【防衛戦:終焉】実装から一ヶ月が過ぎようとしています。

 これまでに攻略に必要な戦術も広まりを見せ。
 当初は『容易にはクリアできない』と言われていたクエストも。
 今では、アークスの評価も変わったのではないかとも思います。

 …皆さんは、どうでしょうか?



 世間の評価とは別に。
 鈴蘭にとって、【終焉】とはどんなものであるのか。 
 それを改めて考えると…。

pso20160118_222108_000.jpg
            (C)SEGA

 この粒子砲が、なんとも象徴的に見えるのです。



 勝負を決する切り札を使う。
 …この一点に、【終焉】の全ては集約されます。

 ※時間切れを狙う場合、アプレンティス・ジアの掃射攻撃を回避して、意図的に遅滞行動をする必要があると思うので、この場では例外として扱います。

 これは、皆が等しく思い描く未来です。

 …しかし。

 これは、予めアークスのために準備されていた、確定的な未来であり。
 自身で何処に目標を定めようとも、其処へと行き着く…言わば必然です。

 当たり前に進めれば、当たり前の結果を得られる。
 そんな…改めて考えることもない、当たり前。



 …ただ、思うのです。

 この、見上げるばかりに大きい粒子砲。

 これが…たとえ目の前になくとも。
 いつも私達の心のどこかに在って。
 私達にとっての『当たり前』を支えている…。

 いえ。

 『当たり前』にしてくれる事を、期待してはいないでしょうか?



 毎日毎回、繰り返すから『当たり前』。

 …果たして、そう…なのでしょうか?
 自分自身が『当たり前』としていることで、不都合な事が塗り潰されているだけで。
 本当は、『当たり前』な事など無いのではないでしょうか…?



 この、見上げるばかりに大きい粒子砲。

 私の中の不都合を塗り潰すには。
 これ程の力に頼らなければ、『当たり前』にはできないのでしょう。

 何かに頼るばかりの私は。
 自分自身の力で『当たり前』にする事を、忘れてしまったのかもしれない。
 …そんな事を思った鈴蘭です。



 仕事が忙しく、結局時間が取れず仕舞い。

 時間を置いたことで、書きたい事があったはずなのに、頭から零れ落ちてしまいました。
 …なにをしてるんでしょうね、私は…(´・ω・)=3




■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百九十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 5鯖で活動されているSA職人の『ほのか』さんが、ご自身のブログで新作を公開されました。

 この冬から始まったアニメ『Dimension W(ディメンション ダブリュー)』に登場する、ヒロインのアンドロイド…『百合崎ミラ』がモデルです。

CY_0H9_U0AAebG8.png
             (C)SEGA

 こういうSAを作られる職人さんは、ほんとに凄いですね…。
 絵心もですけど…形を連想する遊び心が、こうしたものを作らせるのでしょうか…(・ω・;)

 関心を持たれた方は、上記のSSがリンクとなって、ほのかさんのブログ『シンボルアートと長い夜』に移動できますので、お訪ねください。
 配布について案内されている記事があります。

 今回、紹介記事掲載のお許しを下された、ほのかさんには感謝です。
 素晴らしいSAを、ありがとうございます(`・ω・´)ゞ



 …と。
 何故に、突然こんな事を言い出したかというと…。


 これは、件の『Dimension W(ディメンション ダブリュー)』のオープニングですが…。



  カッコええ…(´・ω・`)!!



 …そんな鈴蘭なもので。



■今日のアークス
 先日のニコ生によれば。
 次回からの大型アップデートのタイトルは『暴食と指輪』だそうです。

 その『暴食』に因んでの事なのか…。

CY6L1EkUQAAcIGh.jpg
             (C)SEGA

 流離いの料理人、フランカさんが…ついに『お店』を構えます。



 ロビーに何時も立ち尽くしているフランカさん。
 しきりに『お店』の悩み事を、アークスに持ち掛けて来ますが…。
 今まで、フランカさんの『お店』に入ったアークスはおらず。
 その実態は謎に包まれています。

 原生生物はおろか、アークスと友好関係を結んでいるはずの、知的生命体まで食材として求め。
 古代文明の機動要塞をキッチンに流用したり、兵器を転用して調理器具を作ったり…。

 想像上のフランカさんの『お店』の怪しさは、尋常ではありません。

 …だというのに。



  …なに、このオサレなカフェ…(´・ω・`)



  …想像と違うじゃない(´・ω・`)!!



 …こんな『お店』だったとは…。
 正直、驚きです;

 今回の発表の中で鈴蘭が気になった…『フランカ's カフェ』。
 新要素『ギャザリング』の拠点となる、ロビーの新しい空間。

 生産的な要素とも見える、魚釣り…『ギャザリング』にも関心があるのですが。
 鈴蘭が、ふと気になったのは…このカフェに設えられた『椅子とテーブル』です。

 これは…鈴蘭個人の思いつきでしかありませんが。

 こうした、『椅子とテーブル』に『席に着く』というアクション以上に、明確な機能があっても面白いのではないか…とも思うのです。

 例えば…。
 席に着くか、側に寄って机にアクセスする事でチャットのチャンネルが開き。
 その席に着いた人だけの、グループチャットが楽しめる…とか。

 オープンチャットは、誰にでも届くのが利点ですが。
 反面、周囲に届き過ぎてしまうことで迷惑にもなるのが、悩みの種です。

 パーティチャットやチームチャット、WISなどは、限られた人だけに届けることができますが。
 人数の制約や、参加の前提があるために、気軽に楽しむには難しいものがあります。

 マイルームやチームルームを訪ねて、場所を限定する…というのは、既知の人とでなければ、なかなかに敷居が高く感じるでしょうしね;

 話す為の空間。

 今とは少し違う、閉じているようで開けた場所。
 …そんな、都合の良い場所があってもいいのではないか。

 そんな事を思った鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百九十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、『インフルエンザの流行が確認された』というニュースを見ました。
 インフルエンザは、罹ると非常に厄介ですが…日頃から予防を心がけてさえいれば、感染のリスクは抑えられると聞きます。
 しかし、それと分かっていても。
 簡単な事とはいえ、予防は疎かにしがちです。厚生労働省では、ネットなどを通じて啓蒙活動もされています。
 知っている事が多いかもしれませんが…これを機会に、改めて目を通すのも良いかもしれません。

 病は人の持つ共通の悩みです。
 生きていれば、何れは某かの病を得るのが生き物というもの。
 病は恐ろしいものですが。
 正しい知識を持って、病を自分の一部として認めて。
 病と共に生きる…というのも変でしょうか?

 勿論、避けられるものであれば、避けるのが良いでしょう。
 しかし、世の中。
 上手く避けられるものばかりとは限りません。
 そんな『避けられないもの』を遠ざけ、ただ嫌うだけでは、先を望むことはできません。

 そもそもの『付き合い方』とは。
 なにも、自分にとって良い縁を望むばかりではないのはないか。
 …そんな事を思った鈴蘭です。



 この週末。
 少し気になる告知が、公式サイトに掲載されました。

  『不正アクセス防止を目的とした一部SEGA IDの一次利用停止措置について

 どうも…リスト型アカウントハッキングの流行(…というのでしょうか?)が確認されたようです。

 …これもまた、仮想の私達にとっての『病』の一つなのかもしれませんね。



― ◆ ―




 話は変わって…。
 今日は、福岡で『ファンタシースター感謝祭』が開催されました。

 今回は会場からの『PSO2放送局』の放送があり(東京以外からの放送は初でしょうか?)。
 ネットを通じて、リアルタイムでEp.4に関連する様々な情報が公開されました。

 個人的には…。

  アンリ(」・ω・)」!!
  大復活( /・ω・)/ !!

 …これ以上に語る言葉が見つかりません。

 カジノの開設に当って『アークスシップに乗せる余裕が無いから』と、宇宙の海を渡る移民船団において、これ以上ない無情の宣告を受けて姿を消したアンリ。

 こうして復活を果たすということは…もしかして、消えたと思われていたアンリは、コールドスリープで眠っていただけ、なのでしょうか…?

 そうか…『新体験』を掲げるEp.4のオープニングは、アンリの『やぁ』から始まるのか…(´・ω・`)!!

 …などと考えているうちに。
 他に公開された要素について、考える余裕がなくなってしまった鈴蘭です。

 その他で気になったことは、明日にでも改めて…;



  まずは帰ったら、タイムシフト予約で確認を…(((´・ω・)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百九十

※日付設定を間違えたらしく、全く書きかけの文が公開されていたようです;
 24時以降のものが正となりますので…通知などを受け取ってくださった方には、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした;


 大きいだけの鈴蘭です。

  …寒いよ(´・ω・`)!!

 昨日の週間予報で分かっていたとは言え…。
 実際にしてみると、話を聞いて頭で分かった『つもり』でいただけだったのが、身に沁みてきます。

 明日は西高東低の冬型の気圧配置が緩み、この時期特有の北風は収まるそうですが…。
 冬将軍は、変わらず日本上空に居座り続けるようで。
 穏やかに寒い一日になる見込みなのだとか。

 冬らしい冬を望んだのは、他ならない自分自身ですが…。

  …寒いよ(´・ω・`)!!

 冬一日目にして、春が待ち遠しくなった。
 そんな、我儘な鈴蘭です。



■今日のニークス
 
pso20160114_102052_000.jpg
           (C)SEGA

 ソロEX。
 ものは試し…と、挑戦をしてきました。



 結果は…。



 『鈴蘭は、集団戦の意義を再確認した』

 幕末、京都の治安維持に当たった新選組。
 その幹部が修めた剣術『天然理心流』には、一人の敵に対して正面から斬り掛かる一方で、別の人間が背後から敵を斬り伏せるという…『双龍剣』などという技があるのだとか。
 これは、新選組が治安維持を旨とする以上、個人の体面を重んじるより、如何に早く、確実に敵を倒すのか…それを重視したからこそ…と聞きます。

 これは、剣術と言うよりは、兵法…戦術というべきなのかもしれません。

  …ニャウが天然理心流を心得ておったとは(´・ω・`)ヤリオル

 …ええ。
 不覚を取り、地べたに這いつくばったところで、鈴蘭はニャウにEXパスを毟り取られました。

  …オノレ…(((´;ω;`)))

 …と。
 一通り悔しがったところで、思考を切り替えます。

 不覚を取り、クリアがならなかった…というか、門前払い同然の鈴蘭にとって、このEXクエストは『まだ早い』のでしょう。

 ネット上では、『上級者向けとしながらも、難易度としては然程ではない』『拍子抜け』という評価を耳にします。

 世間的には、そうした評価に落ち着こうとも。
 私にとっては、まだまだ到達し得ない場所にハードルがある…ということ。

 目指す先が出来た。

 そう思えば、これからの励みにもなろうというものです。



 もし、恥ずべきことがあるとすれば。
 失敗したこと、そのものではなく。
 失敗したことを認めないままに、捨て置くことでしょうから。



■コメントのお返事
 …また後ほど。
 

独り言 その七百八十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 この冬一番の冷え込みとなった今日。
 関東の方では、この冬で初めて氷が張ったと聞きました。
 これは例年に比べても、特に遅く。
 今年の冬が暖冬傾向にあることが、よくわかります。

 しかし…天気予報によれば、寒気の南下はこれから本格化するようで。
 今週から来週にかけては、冷え込みは厳しくなる一方の見込みなのだとか。

 今日は、北海道の北見では氷点下20℃を記録し、ダイヤモンドダストが見られたそうです。

 大阪の寒さは、そんな寒さとは比べるべくもありませんが。
 大阪も大阪なりに寒くなりそうですし…。

 防寒対策と、風邪の対策には気を付けたいですね;



 冬も、これからようやく…というところで。

シー(クリスマス2015)
            (C)SEGA

 クリスマスのお役目を終えて、シーさんがロビーを後にされました。

 次のクリスマスの頃には、『レイヤリングウェア』もすっかり当たり前になっているのでしょうか?

 一年後に会う時には、どんな装いでロビーに立ってくれるのか…。
 それを楽しみにしつつ。

  また、ですよ(`・ω・´)ゞ



■今日のニークス
 スクラッチの更新と、ソロEXの実装があった今日ですが…。

 生憎と、鈴蘭は出勤前とあって時間もなく。
 ソロEXへの挑戦は明日の楽しみとして。
 今夜のところは、スクラッチ品の確認をするだけに留めました。

 …事前に、フレさんから『似合いそう』と言われていた、エクセラのコスを試着…。

えくせら…(´・ω・`)
          (C)SEGA

  …んー…(´・ω・`)

 胴鎧の大きさに…肩当ての大きさと、スカートの飾りの位置の高さ…。
 これらの相乗効果でしょうか。

  ものごっつ、寸胴に見えるんですが…(´;ω;`)

 肉感的な大人体型だと、胴が太く見えて厳しいのかもしれませんね、これは;
 鈴蘭に比べてスマートな体型の…えりすさんが着ている分には、太さを感じませんでしたし…。

 …或いは胴そのものより、肩幅に見るべきがあるのでしょうかね…?
 現に、同じ騎士姫装備でも…

ソニア聖龍B(´・ω・`)
          (C)SEGA

 こちらのソニア聖龍Bに関しては、こうして見ると…それほど違和感を感じませんしね…。
 肩以外の要因かもしれませんが…この辺は、見る目のある方に、お話を伺ってもいきたいところ。

 いやはや…。
 服一つとってみても、悩み事が次々浮かんで来ますね…;

  …むぅ、奥が深い…(´・ω・`)



 売れ筋が何処にあって、今の市場価格がどうなっているのか、少し怖くもありますが…。
 帰ったら、色々と遣り繰りもしましょうかな;



― ◆ ―




 ソロEXについては、今日はフレさんからお話を伺っただけなので、鈴蘭の感想…というものは、後日に回そうと思います。

 …なので、ここは簡単に思ったことを…。

 聞く限りでは、予想外に難しい、面倒…という感想を口にされる方が多く。
 この辺りは、運営の言うところの『趣味装備』である、オフスシリーズの獲得用コンテンツとしての性格付けが、上手く現れた結果なのかもしれません。

 この点は、簡単でツマラナイ…という評価よりは、よほど良い…と、鈴蘭は思います。

 ただ、少し気掛かりなのは…。
 この難しさが、今この時期だからこその難易度でしかないのか…という点でしょうか?

 Ep.4の実装は目前であり。
 各職の調整、新職サモナーの実装が控えています。
 ソロEXが、これらを踏まえた設定だとしても、おかしくはありません。

 今はできないことが、当たり前にできる状態を前提とするから。
 …そんな形で実現されている『難しさ』で無いことを、祈るばかりです(´・ω・`)ハテサテ



 …まぁ。
 いつもの鈴蘭の、見当違いの杞憂でしかないのかもしれませんね;




■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百八十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は定期メンテナンスの日。
 そして、Ep.3としては最後のアップデートとなるのでしょうか。

 まず、ファッションアップデートとしては『シャイニングライブアンコール』の実装があります。

 セガの人気シリーズタイトル、『シャイニング』の一つ…『シャイニング・レゾナンス』のコラボスクラッチの第二弾。
 毎回、『シャイニング』のコラボはアークスに人気がありますが…。
 今回は、何に注目が集まっているのでしょうね?

 最近の三人娘(擬装時)は、アルフライラかマリアージュドレスが専らで。
 特に…緊急の参加においては、マリアージュドレスでツインマシンガンを握っている機会が、圧倒的に増えました。
 
ぶりゅんひるで(´・ω・`)
           (C)SEGA

あかりの双短機関銃(´・ω・`)
           (C)SEGA

 …これらの姿が定着しているのか。
 フレさんからは、『マリアージュドレスといえば鈴蘭さんのイメージが』と言って頂けているようで…。
 いやはや。
 馬子にも衣装とは、よく言ったものです(´・ω・`)

 そんな、フォーマルのイメージが働いているのでしょうか。
 フレさんからは『エクセラ・ノア・アウラ』のコスが似合いそう、と言って頂けました。

  ふむむ…(´・ω・`)

 鈴蘭の目にも、悪くはない…ように見えます。
 しかし、この手の服は、鈴蘭のようなキャラが着ると、違和感が先行することも少なくありません。
 『似合いそう』と言われても、どうしても警戒してしまうのですね;

 まぁ…ここは、手にしてから判断しようかと思います。
 実際に目にしてこそ、でしょうから。



 明日は、久し振りにスクラッチを引こうかとも考えていますし。
 …首尾よく出ることを期待しましょうかな;



ー ◆ ー




 そして、明日はもう一つ。
 ソロ用エクストリームクエストとして、『独極訓練:天極と地極』が実装されます。

 これは、先日も触れましたが。
 個人的には、このクエストが『自身の現実』を掴むキッカケになれば…と思っています。

 『こうしたものは、上級者向けのエンドコンテンツなのだから、好んでやることも無い』

 この手のコンテンツを評するに、よく聞く言葉であるように思います。
 …確かに、その通りなのでしょう。
 ただ…その言葉に納得する一方で、改めて思うのです。

 果たしてそれは、自分自身を正しく表している言葉でしょうか…と。

 ソロEXで獲得できる報酬が、ラムダグラインダーやフォトンブースターなどである以上。
 このクエストが、一定以上の人を対象にしているのは間違いありません。

 しかし、その言葉を自身の先に立てて。
 今の自分を肯定するための、都合の良い『理由』にしてしまってはいないでしょうか?

 採算を度外視して、勝敗を無視して、無茶をするのが遊びだ…とは、私は言いません。
 私が求めるべきと思うのは…

 何事においても、最善を。

 …ただそれだけです。



 この困難を前にして。

 自身の最善とは何か。
 何故、それが自身の最善なのか。

 今の自身は最善を成しているか。
 今の自身は最善を求めているか。

 …それと、正しく向き合えればと思います。



 何れも楽しみな明日。
 さてさて、どうなりますか…(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百八十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 この週末は、恒例となった『褐色集会』に参加してきました。

 新年第一回目となる『褐色集会』。
 よく、一年の計は…などと言いますが。
 我ながら間の抜けた話ですが…鈴蘭は日付を勘違いをしており、フレさんへのGJでの事前告知が、前日になってしまったという不手際をしてしまいました…(´・ω・`)モウシワケナイ

 しかし、皆さんも開催時期は分かっておいでのようで…。
 Ep.3目玉の予告専用緊急である【防衛戦:終焉】…それも、ベースアップ実施期間中の…の時間帯こそ、来場者も10人ほどと少なめでしたが。
 緊急が終わる頃には、三々五々に来場者が増えていき…。

pso20160109_223713_010.jpg
             (C)SEGA

 22時を過ぎる頃には、ご覧のように会場が人で一杯に。
 延べで、50人は数えるほどになったでしょうか?

 しかし…。
 ここ数ヶ月の『褐色集会』の様子を見るに…3鯖の人達は、こうしたイベント事を…。

 …。

 いえ…『イベント事』というと、少し的を外しているようにも。

 正確を期して言い直せば、『気兼ねなく人が集まる機会』というものを求めている。
 …そんな風にも思えますから。

 兎角、最近のアークスが一所に集まると言えば…緊急クエストの安定を求めての事で。
 それが遊びの本来とは言え…。
 其処には、遊びであるのに『遊び』が少ないようにも感じます。

  『これは、何をする集会なんです?』

 …そんな問いを頂く事もあります。

 特別な事などありません。
 何でもない時間を、共に過ごすだけ。

 …でも、それこそが、今のアークスには特別なのではないでしょうか?
 


 今回はヴォルフィードさんの発案で、鈴蘭の所属するチーム…THSのチームシップが、記念撮影の場に設定されました。
 …思うにこれは、Ship10で先日に開催された『大忘年会』での記念撮影にヒントを得られたんでしょうね。

 冬の只中な現実より一足早く、春の盛りな仮想の世界。
 美しく桜の咲き乱れる、庭園の一角にて…。

pso20160110_000946_022.jpg
             (C)SEGA

 穏やかな春の陽射し。
 日を照り返し、柔らかに輝く桜…。

 うん、見事です(´・ω・`)



 次の一枚は、フレさんが撮られた集合写真になりますが…。

 元の画像の解像度が横幅6,060pixelという…(・ω・;)デカイ
 フレさん曰く『等身大にキャラを映せる』というレベルらしく…いやはや、凄いですね;

pso20160110_001629_013.jpg
             (C)SEGA

 流石に、そんな大きな画像は載せられないので、縮小してペタリ。

 …こうして、人の為になるのであれば。
 チームシップも、取った甲斐があろうというもの。

 次のイベントに備えて、私もポイントを貯めましょうかな…(´・ω・)



 ちなみに。
 今回のイベントで鈴蘭が撮った写真でお気に入りは…この一枚。

pso20160109_234215_016.jpg
             (C)SEGA

 戦い終わって帰り道…という感じでしょうか。

 或いは、楽しさというよりも、寂しさを感じさせる絵かもしれません。
 でも…。
 なんでしょう…これが『らしく』も見える。
 そんな絵であるようにも思います。



 皆が向いている先。
 其処を自分も望むような…。



■今日のニークス
 週末。
 午前中に『いざない』の予告がなされていたこともあり。
 のんびりと育成している、オレンジ色のハコを引っ張りだした鈴蘭です。

 最近は、すっかり足の遠のいたSHブロックにやってきて。
 緊急を前にして、何処か浮ついた雰囲気の漂うロビーをぐるり。

 そして、ふと…神社に目を向けると…。
 神社の前で、向かい合って立ち尽くす、二つの人影に目が留まりました。

  …あれ…(´・ω・`)

 人の多いロビーのこと。
 殊更、目立つ様な所作をしていた訳では無い二人は、別段珍しいものではなく。
 目を引くことも無い筈でした。

 …が。

 もう三年前の今頃の事になりますか。
 一人のフレさんが、仕事の都合で引退をされたのは…。

 あまりに突然の事で。
 親交のあった人達の間で、随分と落胆の声を聞いた記憶があります。

 …その当人が、この時。
 目の前に居たのですね;

  …なにごと…(´・ω・`)!?

 挨拶すべく、大慌てで声を掛け。
 簡単に事情を伺うと…。
 どうやら引退の原因となった仕事が一段落したらしく、アークスとして復帰を…とのこと。

 …いやはや。
 新年の始まりに、随分と驚く再会があったものです;



 この方は、以前はシンボルアートの職人さん達の間で、様々な活動をされていた方でもありますし…。
 これは鈴蘭個人の、勝手な期待ではありますが。
 この一年…これからの展開が楽しみです。

 こちらをご覧になっているかは分かりませんが…。
 改めておかえりなさい、ですよ(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 番外

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は仕事のお休みを頂けたので、アークスの鈴蘭として夜を迎えます。
 常であれば独り言はお休みですが…。
 アークスシップで少しばかり、鈴蘭なりに触れておきたいことがあるようにも思い。
 今夜は番外として、少しばかりの独り言を。



 …昔の話になりますが。
 私はモノを作る仕事に携わり、人の下で勉強をしていた時期がありました。

 幸い…というべきか、私はその方向に適性があったのか。
 間もなく、自分自身の考えでモノを作るようにもなりました。

 認められたとはいえ、まだまだな自分でしたが。
 ある時に、自分の作ったものをプレゼンする機会がやって来ました。

 初めてのプレゼンに臨むとき。
 私を指導してくれた先生が、私に言ってくれた言葉があります。 

   『「最後までやったら面白いので、一度試してください」というモノはダメ』

 面白いものは、最初から最後まで面白くできている。
 演出として山や谷があるとしても…たとえ谷底にある場面であれ。
 山へと繋がる面白さが、その谷底に無ければ意味がなく。

 谷底に居るお客に『最後までやったら面白いから』と、先を促す…それは、作り手として最後までの展開を知っていればこその言葉で。
 お客に『今は面白くなくても我慢して下さい』と言うに等しい、その言葉は。
 ただただ、作り手の甘えでしかないのだ…と。

 これは、作り手としての矜持なのでしょうね。



 …ただ…そうして、難しく考えるまでもないことなのかもしれません。

 形あるものを作る人が居て。
 その形から何かを得る人がいる。

 形を間に挟んで、自分が居て…相手が居てこその関係。

 その形が、言葉であったとして。
 言葉が足りないこと。
 相手に配慮が足りないこと。
 …それは、相手に理解を求めるべきことでしょうか? 
 


 少し考えれば、難しいことなど何もなく。
 ただただ、当たり前のこと。

 形を見るであろう人、形に触れるであろう人…。
 そうした、自分ではない誰かのために、大事にすべきこと。

 しかし、小手先の技術しか無かった私は、それに思い至らず。
 相手に甘える結果となり。
 甘えることに慣れて、その状況に心地よさすら覚え。
 結局…今も、きっと相手の好意に甘え続けているのでしょう。



 私の気が付いていない処は、貴方の目にはどう映っているのでしょう?


【告知】褐色集会 @ Ship03

『褐色集会』開催のお知らせ

CXycdrPUAAALMap.png
             (C)SEGA

 【開催日時】
  21:00~およそ0時ぐらいまで

 【開催場所】
  ship3 B228 ショップエリア赤部屋(エメライン側の小部屋)
 ※先客が居た場合は青部屋
   状況によって共通鯖への移動も有るかも?

 【参加条件】
 ・種族、性別を問わず褐色であること
  褐色か否か判断が難しい場合がありますが、その場合は本人が褐色と
  言えば褐色キャラであるとします。
 ・見学も歓迎です。
  褐色キャラでなくとも見学OKとさせて頂きます。
  見学の場合は、オンラインステータスに表示する等して分かりやすくして
  頂けると有り難いです。
  ただし、集会イベント(集合SS撮影、緊急クエスト等)への参加は見学者
  の方にはご遠慮頂いております。
 ・ハッシュタグは「#褐色会
  撮影したSSにハッシュタグをつけてツイッターにUPする際は「#褐色会
  で統一して頂けるとありがたいです。 

  【注意事項】
 ・SS撮影は自由、公開は名前非表示で。
  基本的にSS撮影は個人で自由に行ってもらって構いません。しかし、ネット上に公開するものはキャラ名等の
  頭上表示を消した物をご使用願います。
 ※撮影NGの方はあらかじめフリーワードに「撮影NG」と記入し、できるだけ集団には加わらず見学者として参加
  して下さい。
 ・他人のキャラを誹謗中傷しない。
  誰しも我が子は可愛いものです。特にこういった集まりに来られる方は自キャラに愛着を持つ方が多いと思わ
  れますのでご注意を。
 ・緊急クエストが発生した場合は各個人にて判断し行動して下さい。
  できれば集会参加者でクエストに行きたいと思っておりますので、その際はご協力お願い致します。




 鈴蘭の手違いで、直前の告知になり…大変申し訳ありませんでした(´・ω・`)

独り言 その七百八十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は1月7日…人日(じんじつ)の節句。
 所謂『七草』の日でした。

 普段から少食の上に粗食の鈴蘭は、正月だからといって特別に何か食べたわけでもなく。
 胃を労るために食べる『七草粥』など、必要としないのですが…。

 そもそも、何故この日に『七草粥』を食べるのでしょうか?

 疑問に思って調べてみると…この『七草』という言葉は、元々は『秋の七草(女郎花、尾花、桔梗、撫子、藤袴、葛、萩)』を指す言葉なのだそうで。
 一説には、奈良時代の歌人『山上憶良』が歌に詠み込んだことが由来とされているとか。

 …はて、全く今の『七草粥』と結びつきませんね、コレ(´・ω・`)

 どうやら、現在の人日の節句の『七草』は、元々『七種』と書いたようで…。
 古代中国の『七種菜羹』…人日の節句に、野菜を煮込んだ羹(あつもの)を食べて、その年の無病息災を願う行事…が元になっているようです。
 日本に渡ってきて、『秋の七草』と言葉だけが交じり、『七種』が『七草』に変化した…と。

 因みに、古代中国では1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日…とし、それぞれの日で、その動物を殺さない事としていたそうです。
 そして、7日の人日は人を殺さない日とされ。
 この日は、犯罪者への刑の執行が控えられたのだそうです。

 人の健康を願う日に、人を害する行為は避けたかったのかもしれません。

  …節句…というのも色々なんですね…(´・ω・`)



 人を害さない…そんな日に思います。



 日々、緊急事態に遭遇し。
 『敵を倒す』ことに明け暮れる仮想世界の私達。
 世界を救う為に、巨大な悪と向き合うことすら日常としています。

 かつては、初めて降り立った未知の惑星…ナベリウスの森で、不意に現れたダガンに狼狽していた自分が嘘のようです。

 あれから幾多の死線を潜り抜け、経験を積んで来た私達は。
 最早、ダガンを見て慌てることも無くなりました。

 …本当に、随分と立派になったもので。
 あの頃を思い返すと、よくぞ今の姿にまで…と、感心してしまいます。



 …しかし、ふと思うのです。



 新しい惑星に降り立った、アークスの私達。
 あの頃の私達は、探索者でした。

 未開の地を切り拓いて、困難を乗り越えて進む。
 それは未知を既知にする楽しみであり。
 先が見えない…ただそれだけの事で、喜びを感じていました。



 それが、いつの頃からでしょうか…?
 私達は使命のために戦う、兵士となりました。



 アークスが『ダーカーの殲滅』という目標を掲げている以上、戦闘行為は避けられないでしょう。
 いざ戦闘となれば、負けは許されません。

 何より負けない為に。

 …ただただ、それだけの為に。
 兵士となった私達は、いつしか…先の見えない喜びを、厭うべき不確定要素として、避けるようになってはいないでしょうか…?



 人日の節句。
 常に親しくすればこそ。
 たまには立ち止まってみてもいいのではないか。
 …そんな事を思った鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百八十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 まだまだ先の話と思い込んでいたのですが。
 今週から、PSO2のアニメの放映が各地域で始まります。

 そう言えば、年明けからだったんですよね…。
 制作発表がされて驚いたのが、つい先日の事のようで。
 私の感覚では、『え、もう放送(´・ω・`)?』という感じです;

 今回のアニメの放送に合わせ、ゲームの方でもキャンペーンが展開されるようで。
 公式サイトには、

  TVアニメ「PSO2 ジ アニメーション」 放送記念キャンペーン一覧

 …という、紹介ページができています。
 お馴染みの、チャット発言で権利が発生するタイプの企画もあるようですし…忘れないようにしないと、ですね。
 公式のTwitterなどは、要チェックです(´・ω・`)



 …しかし。
 ゲームが原作のアニメ化は、展開が難しく。
 原作ゲームのファンに支持される内容を作ったものが、過去にあまり例が無いと聞きました。

 個人的には楽しみにしているのですが…。
 今回のPSO2のアニメが、周囲でどのような評価を受けることになるのか…。
 少し、心配でもあります。

 自分自身の評価こそが大事であることに変わりはありませんが。
 一般に認知される一つの『顔』として、このアニメが位置することになるでしょうし。
 仮に、自分が常日頃から親しんでいるゲームに、周囲から某かのレッテルが貼られる事になれば…。
 それが、例え良い評価のものであれ。
 小心な鈴蘭は、その『差』を意識せずにはおれなくなるでしょうから…。



  『はじめましてから始まる』



 そのイメージコンセプトに沿うというのなら。
 特別な事のない、ありふれた日常を繰り返す…そんな、穏やかな内容のアニメでも良いのではないか。
 …そうも思います。

 広告塔として期待されてもいるでしょうし、アクションゲームとしては、それは難しいのかもしれませんが。
 オンラインゲームとしての魅力とは何か。

 それを思えば、ここは敢えて…とも思う鈴蘭です。


 物語に語られるような世界にいる、仮想の私達ですが。
 現実の私達は…物語になるような、特別な何かばかりを追い求めて、此処にいる訳でもないのですから。



■コメントのお返事
 …また後ほど。 

独り言 その七百八十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 今年の正月は暑いくらいの陽気で。
 関西圏では、新宮の方で日中の気温が20℃を超えたこともあったとか。

 20℃…春を通り越して、初夏を思わせる陽気ですね;

 …かと思えば。
 週間予報で見ると、明日からは『冷え込みが厳しくなる』そうで…。
 着るものに困る天気ですね…本当に…;

 ただ、この冷え込み。
 正月の暖かさから一転…というニュアンスでのことで。
 平年で見ると、3月くらいの陽気だとも聞きました。

 どうやら、大した冷え込みではなさそうですが…。

  はて、冬は一体何処に…(・ω・`三´・ω・)?



 まぁ…現実では、近所に出掛けるにも色々と考えねばならない陽気でも。
 仮想では、正に別世界のお話。

ニークスの朝(´・ω・`)
           (C)SEGA

 緊急事態発生のアナウンスが流れ、緊迫した空気が漂うロビーの片隅で。

 フレさんと三人。
 寒風吹き荒ぶ雪山に、モンスターを狩りに出ていた鈴蘭でした。



  …やはりトナカイさん、暖かさが違うな(´・ω・`)!!



■今日のアークス
 チームメイトのミウさんが、PSO2の装備品強化に関しての、解説動画を作られました。

 『おしえて、さがせんせー

 この動画から、改めて感じる鈴蘭の疑問…。

 強化とは…求める『強さ』とは何か。

 PSO2というゲームにおいて、常日頃からこの疑問を感じるのは。
 個人的には、このゲームの大きな魅力であると同時に、大きな問題だと…そう思います。



 個人個人の『強さ』が集まって出来上がるマルチ。

 本来、こうしたマルチの形成とは、このゲームにおいての一つの終着点ではないか…そんな風に考えている鈴蘭です。



 12人のアークスが集まったマルチの『強さ』は、現状のPSO2においては『暴力』と言っても過言ではありません。

 マルチに登場する敵の多くは、アークス達の『強さ』に抗う事は叶わず。
 多少の戦理戦術など、圧倒的な火力の前は消し飛んでしまいます。

 立ち会えば、ただ打ち倒すのみ。
 その『暴力』の如き『強さ』。

 しかし。
 それは、個々の『強さ』というものではなく。
 それは、集団の…数の『強さ』です。

 今のPSO2においては。
 数の『強さ』を、クリア評価などの数字で知る機会はあっても。
 個々の『強さ』を実感する機会は、少ないようにも思います。
 
 キャラクターや装備品のステータスは、個々の『強さ』を数字にして示していますが。
 その数字の意味を、果たしてどれだけの人が、実感を伴って把握しているでしょうか?

 それを知らずとも楽しめる。

 それは大きな魅力であり。
 そして…問題であるでしょう。



 近く、一人用のEXクエストが実装されると聞きました。

 ネットワークゲームにおいて、一人用の遊びなどナンセンスではないか…という向きはありますが。
 人と遊ぶ…そんな風に捉える事のできる、ネットワークゲームだからこそ。

 マルチにおける数の『強さ』だけではない、自分自身の『強さ』を知る機会が必要なのかもしれません。 

 それは、自分自身という個の『強さ』の為。
 …しかし。
 それが通じて、マルチという数の『強さ』にもなるのでしょうから。



こうして追記を重ねる日々…(´・ω・`)

 …こうも遅れるようなら、投稿時間をずらす事も考えるべきかもしれませんね…;



 
■コメントのお返事
 …また後ほど。
 
 

独り言 その七百八十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 年が明け、神社の生えたショップエリア(´・ω・`)

pso20160104_211716_000.jpg
           (C)SEGA

 ロビーの木々には注連縄が巻かれ、繭玉飾りがショップの軒先に垂れ。
 街の装いは、正に日本のお正月…といった風情です。

 …しかし。

 そんな中にあって、一人。
 クリスマスの雰囲気を残している方が…。

  シーさん…(´・ω・`)

 新年を迎えても『クリスマス』を冠した彼女。
 何処か取り残されているかのようにも見えてしまいますが…。

 ただ、先日のクリスマスについて調べた知識を元に考えてみれば。
 今は、未だ生誕節の最中であり。
 …ある意味、彼女は正しい装いで新年を迎えているのかもしれません。

 戦災孤児(?)の世話をしていたりしますし…。
 教会関係の人だったりするのかもしれませんね。

  お勤め、お疲れ様…なのですよ(`・ω・´)ゞ

 いや、サンタと生誕節は別ですかな…?;



■考えすぎ?
 先日、思いがけず手に入れた夢の武器。

 こうした形で手にする事など、全く考えてもいなかったので、戸惑うばかりでしたが…。
 一晩経って、少し落ち着いて来たところで、散文的な問題が浮かび上がってきました。

 鈴蘭の倉庫には、オービットの交換に必要な石が、一本分はストックされています。

 以前、交換が現実的になってきた頃、チームメイトのミウさんやフィオナさんに『オービットの交換は、何がいいんでしょ(´・ω・`)?』と、相談を持ち掛けたことがありました。

 そして、頂いたアドバイスが…

 『メイン職のサブウェポンを取るのが良いかもね』

 …というものでした。
 これは、火力は別の武器で賄い、オービットはその潜在性能に着目して、PP回復用に携行しよう…という考え方です。
 メイン職をFoと自認する鈴蘭(最近はRa、Gu、Fiでいる事が多く…Foに戻すと、Esuteruさんに『Foとは珍しい』と言われる始末)です。

  タリスで交換しようかなぁ…(´・ω・`)

 そう、漠然と考えていました。



 しかし、其処に降って湧いたウォンドです。
 …ここで、新たな選択肢が生まれました。

 それはつまり…

 当初の予定通りに、タリスを交換するか。
 それとも、属性強化の為にウォンドを交換するか。

 …そんな選択です。

 PSO2のダメージ計算においては、属性値というものは大きなウェイトを占めており。
 属性値が低くては、高ランクの武器といえども、下位の武器に劣ってしまうこともある程です。

 …その為、装備品に関しては。
 『+10強化(潜在開放)>属性強化>特殊付与』
 この優先順位での強化が、(例外があるものの)暗黙のうちに推奨されている…そんな風潮があるかと思います。

 とは言え。
 実際の使用においては、このシリーズの☆13クラスともなれば、完成品でなければXHやULTで登場する雑魚を一人で処理出来ない…という訳でもなく。
 個人的には、『それなり』でも構わない…とも、思えるのですが。

 …怖いのが、この『それなり』の基準です。

 どこまで手を着ければ、『それなり』なのか。
 人によって解釈の違うそれは、酷く曖昧です。

 私にとっては『それなり』でも。
 相手にとってはそうではない…ということは、あり得るのですから。



 こうした部分は相互の意見の行き違いも多く、人との衝突も起こりますし。
 敢えて曖昧でも…という人もいらっしゃるでしょう。

 しかし、パブリックマルチにおいて不特定多数の人と共にする以上、周囲に縋るしかないような強さでは、申し訳が立ちません。

 何故なら。
 私が、私の楽しみの為にスタイルを守るにせよ。
 周囲の人は、私のスタイルを守る為に、マルチに居る訳では無いのですから。

 私が、私自身で在るための強さを。

 …さて。
 そう望む鈴蘭は、どうするべきなのでしょう…?
 


■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百八十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 職場で過ごした大晦日。
 年が明けて帰宅して。
 お正月の雰囲気に包まれたアークスシップに乗り込んだものの…。
 仕事が明けてすぐのこと。
 気分までもがお正月…とは、なりませんでした;

 結局、いつもの平日のように過ごした元旦でしたが…。

  …あ、初詣…(´・ω・`)

 特別、信心深いわけでもない鈴蘭のこと。
 何よりも、外に出る億劫さが先に立ちましたが。
 折角の季節のイベントです。
 近所の神社に詣でてもいいか…と、思えました。

 しかし…その時、目に入ったのがショップエリア中央に聳え立つ、ラッピー神社。

  …ここでも良いか…(((´・ω・)

 拝殿の階を上がり、賽銭箱の前に立ったところで…。
 鈴乃緒に不意に現れたレティクル。
 
  あれ…去年コレ鳴らせたっけ…(´・ω・`)?

 ものは試しと、鈴を鳴らすと。
 おもむろに柏手を打ち、一礼するトナカイさん。
 そして、眩く輝き出す拝殿…。

pso20160102_094708_001.jpg
            (C)SEGA

  …おー…あるまだ鈴蘭(´・ω・`)!!

 神社におみくじ機能がついたんですね;
 しかし、『向かうところ敵なし』とは大きく出たものです。
 これは…終焉で働きなさい、という神様のお告げでしょうか?



  ま、なるようになるさ…(・´ω`・)



 …などと、暢気に構えていた鈴蘭ですが…。



 その後の終焉で…。

pso20160103_121300_003.jpg
            (C)SEGA

  …神様は急かしておいでのようでした…(´・ω・`)

 日々、自分の出来る範囲で出来ることを、出来るだけ。
 それを信条に、交換用の石集めも適当で。
 手に入るべくして手に入るのだし、今を急ぐことはない…と、考えていた鈴蘭でしたが…。



  …なんてこったい(´・ω・`)



 自分には過ぎた新年のお祝いに。
 喜びよりも困惑を覚えた…そんな鈴蘭です。



■考えすぎ?

テンプレート
 テンプレート(英:Template)とは、「雛形」を意味する英単語である。同じ物を複製する時に利用される道具のこと。略して、テンプレとも呼ばれる。

概要
 英単語のTemplateには「鋳型」「雛形」などの意味があり、コンピューター用語としては「同じ内容を複製する時の便利プログラム」のような意味でも使われる。
 製図道具としては「同じ記号・図形を書くための定規・ステンシル」のこと。

 元々の語源は建築に使う「梁受け」の意味だったらしい。さらにその語源はインドヨーロッパ祖語の「引っ張る、伸ばす」というtempという単語にまで遡るとされる。

インターネット用語としてのテンプレート
 日本でインターネット用語としてテンプレートと言えば以下の意味でも使われる。
 1.2ちゃんねるなどの掲示板で新しいスレッドを作成した時に毎回貼られる、前のスレッドのログやQ&A、情報の
  まとめ。だいたいPart〇〇で続くスレッドの>>1~>>10あたりに存在する定型文のこと。
 2.漫画やアニメなどにおけるありきたりな登場人物の特徴付け(例:金髪・ツインテール=ツンデレ)
 3.ネットの書き込みなどにおける決まりきった文章。(例:書き込みがテンプレばかりでうざい)

 だいたい「定型文」「複製されたように同じような文章・造形・物」などそういった意味で使われることが多い傾向にある。


                            【出典:ニコニコ大百科(仮)



 終焉の実装から、じきに2週間が過ぎようとしています。
 既に、巷には攻略の道筋…所謂『テンプレート』が、浸透しているかのようにも見受けられますが…。

 この『テンプレート』というものに、少しばかりの違和感を覚える鈴蘭です。



 高難度のクエストにおいては、攻略のために知っておきたい要点…というものは、少なからず存在します。

 終焉で言えば、最終WAVEで登場する大型ボスの弱点は何処か、挙動はどうか…といったものです。

 この要点を如何にして対処するのか。
 …これが言わば『作戦』だと思います。

 そして、その『作戦』を出来る限り一般化したものが、『テンプレート』ではないかと思うのですが…。

 しかし、一般化する上では、不特定の人間を対象とする為に、具体性…要点を実際にどのように対処するかの、肝心な部分が曖昧になりがちです。

 また。
 一本の道筋をつけた『テンプレート』は、上手く事が進んでいくのが前提となっており。
 道筋から外れた場合、どう進めていくのかまでは示されません。

 そんな『テンプレート』を、ただなぞるだけでは…それは『作戦』には到底なり得ない。 
 …そう考える鈴蘭です。



 実際に自身が『テンプレート』を用いる上では。
 一般化された『テンプレート』を元に、対象を自身に置き換えた『作戦』を組み上げる…そんな想像力が必要だと思います。

 『非固定より、固定マルチの方が安定する』という話をよく耳にしますが。

 鈴蘭の見立てでは、これは『テンプレート』はそのままに、『テンプレート』が想定する参加者に準じた人間を、固定マルチで揃えるからこそではないか…と、思います。

 …それは確かに、一つの方策です。

 ただ…そうした遊びを繰り返して。
 そうした遊びに慣れきってしまっては。
 不測の事態が起きた時に対応する、柔軟性…創造性を忘れてしまうのではないか…と。
 そんな心配も覚えます。

 …つまるところ、皆の求めるマルチの安定の本来とは。
 『テンプレート』は『テンプレート』として弁えた上で。
 では、自分にできる、マルチにできる『作戦』とは何か。
 …それを想像することにあるのではないでしょうか…?



■コメントのお返事
 お返事が滞って申し訳ありません;
 また後ほど、させて頂きますので…(´;ω;`)

独り言 その七百八十一【新春来福】

 大きいだけの鈴蘭です。

  …(´・ω・`)



 新年が明けました。

 今年で四回目となる、アークスとしての年越し。
 …今年は仕事の都合もあり、ご覧のように職場で侘びしく新年を迎える事に…。

  …ポッキーがうめぇです(´・ω・`)

 …そんな鈴蘭ではありますが。
 また新しい年を、こうしてなんとか迎えることが出来たのも、日々、何かと気に掛けてくださる皆さんのお陰です。
 旧年中は、本当にお世話になりました。
 改めて皆様に、この上ない感謝を。

 GJ、ブログ、Twitter…その形は様々ですが、ご縁が続く限りは、それぞれに望み得るものがあろうかと思います。
 もし皆様も鈴蘭と同様に、それに価値を見出してくださるのであれば。
 また、この一年。
 よろしくお付き合い下さいまし。



 ブログを通じては、年越しについて触れられている皆さんには、コメントにてご挨拶をさせて頂きました。

 …しかし、時間の使い方の拙い鈴蘭のする事で。
 生憎、その全てに…とは、いかなかったかもしれません;
 新年のご挨拶も改めてさせて頂くつもりですので、その時にでも。
 何卒、ご理解賜りますよう。



■コメントのお返事
 …また後ほど。