年越しを前に。

 大きいだけの鈴蘭です。

 ココ数年の慣例となりつつありますが。
 Ship3 B-224[共用]カジノ推奨 ショップエリア『イオ横丁』において、年越しの集いを催そうかと思います。

 とはいえ。
 催す…と言っても、周囲に呼び掛けて人を集め、何かしよう…という訳でもありません。
 行く年来る年に、それぞれが思いを馳せて。
 年越しの瞬間を、気の向いた人たちで見届けよう…という程度です。

 31日、1日、2日…それぞれの晩に、『鈴蘭が主催する』…というのではなく。
 皆が皆、『らしく』過ごす機会になれば…と。
 …そんな、何もない時間を望んで頂けるのであれば、お気軽にお越しくださいませ。



 31日は、鈴蘭は仕事のために(業務の都合上、出来るかは不透明ですが)職場からVitaでのログインとなります。
 不在の折は…。

   憐れんでやって下さい(´・ω・`)
 
 
 
スポンサーサイト

独り言 その七百八十

 大きいだけの鈴蘭です。

 投稿日付的には、今回が年内最後の独り言となります。

 この一年…この独り言においで下さった皆様に感謝を。
 大層読み辛く、なんとも意図の解らない鈴蘭の文字の羅列から、某かの意味を拾い上げて下さった皆様があってこそ、こうして続いてきたのですから。



 『横丁』と称する集まりを中心にした、この一年。
 …さて…コミュニティとして、これで良いのか。
 そんな、自問自答を無駄に繰り返すばかりで。
 傍目には、堂々巡りをしているようにも見えたことでしょうね;

 判りにくい形を、敢えて好んで求め。
 判りにくい形だからこそ、面白い。
 判りにくい形だからこそ、在り難い。

 …これに利はあるのか。
 いえ…多分、利は無いでしょう。



 …それでも。
 そう鈴蘭が望むのは。



 こと、クエストに関して言えば。
 利を求めての事であれば、成しやすい別の方策があります。

 しかし、このアークスシップには様々な人が居て。
 様々な考えが隣り合っています。

 利を求める事が、唯一の正解ではありません。

 多様な価値観を持つ人が、そこに居るのです。
 人の数だけ、求めるものがあるのです。

 ただ一つだけの利が…正解が、その場に初めから在るのではなく。
 その場で、皆が何を求めていくのかを決めていく。

 多様な価値観に折り合いをつけ。
 その結果に利があるのであれば。

 それこそが。



 …そうした場であって欲しい…と、願う鈴蘭です。



 最後の最後まで、あいも変らずな独り言となりましたが…。

 改めて、この一年間…色々と有り難うございました。
 そして、皆様さえ宜しければ。
 新しい年も、大きいだけの鈴蘭にお付き合い下さいまし。



 最近は、ブログの巡回もままならず、コメントでの年内のご挨拶も…出来るのかどうか…(´・ω・`)

 でも、出来る限り早い内に回らないと、年を越してしまいますね…。
 明日にでも、挨拶回りをしますかな…;

 …では、皆さん
 良いお年を(`・ω・´)ゞ



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百七十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 終焉の実装から一週間が経とうとしています。

 アークス達の適応力の高さは、目を見張るものがあり。
 事前の意思疎通が難しい非固定のパブリックマルチにおいても、S評価クリアが珍しい話ではなくなってきました。

 高難度…とは言われていましたが。
 要所を押さえれば、【防衛戦:絶望】よりも易しいとも言えるでしょうし…。

 情報の共有がしやすい現代の環境であれば、これも自然な流れなのかもしれませんね…;



 一方で、固定マルチにおいては縛りプレイが見受けられるようにもなりました。

 防衛戦攻略の鍵である、AISの使用制限をかける…という、それは。
 早くも、『AIS・粒子砲不使用のS評価クリア』にまで至ったのだとか。

  …いやはや、凄いねぇ…(・ω・;)

 感心しきりの鈴蘭ですが。
 ただ…。
 ここは、昨日のマニュアルの話にも通じるのですが。

 『この方法で出来る』というマニュアルがあるとしても。
 それが、自身の為のマニュアルであるとは限りません。

 自身のマニュアルは、自身の為に書かれたものがある筈です。

 『この方法で出来る』という…そのマニュアルの出来が、どれだけ素晴らしいものであっても。
 自身に沿わないものであれば、結局のところ意味はない…と、思います。

 何事にも挑戦する姿勢は大事ですが。
 自分は、自身のマニュアルには無い事をしようとしている。
 …そうした、自分を客観視した自己評価を、常に忘れないで欲しい。

 そんな事を考えた鈴蘭です。



pso20151228_214649_004.jpg
            (C)SEGA

 自分は、見上げているはずなのに。
 底の見えない、深淵を覗き込んでいるかの様な。

 …このお話に、そんな印象を受けた鈴蘭でしたが。
 皆さんは如何でしたでしょうか…?



■今日のアークス

 運営が新たな試みを始めたようです。

bnr07584.jpg
            (C)SEGA

 これは、プレイヤーを育てる試み…とも、言えるものかもしれません。

 …何しろ。
 改めてアークスシップを見渡してみれば。
 カウンターエリアに、アスタルテさんが所在無げに立ち尽くしているばかりで。
 これと言った、中堅未満のアークスに向けたカリキュラムがありませんでしたから。

 …ジャン爺さんの後進教育は、本当の本当に『初心者向け』であって、その少し先へ進んだ人向けのものではありませんしね…(´・ω・)

 この取り組みを、面白いものと受け止めている鈴蘭です…が。
 ただ一方で。
 公式に、具体的な形をもった『強さ』というものが示されることにもなる、今回の試みは。
 行く行くは、アークスの中に線を引いてしまわないか…心配でもあります。

 聞けば、近く開かれる動画コンテストのお題に、この企画の続きを据える…という考えもあるとか。

 ユーザーの視点に立ったものが…というのは素晴らしい事と思います。
 しかし。
 人のためのものである筈のそれが。
 人を区切るようなものになってしまわないように。
 何より人を思いやって作って欲しい。

 …そう願う鈴蘭です。



 自身が持つ言葉は致死の毒であり。
 その使い方に心を砕くからこそ、人を生かす薬になる。

 …正しさとは、そういうものではないか…と。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百七十八

 大きいだけの鈴蘭です。


           (C)SEGA

 所謂、日本人の言うところの『クリスマス』が終わって、数日が経ちましたが。
 アークスシップは、今もクリスマス一色です。

 …とは言え。
 この、ロビーの静かな雰囲気とは裏腹に、気分は年の瀬を目前に浮ついており。
 なんともちぐはぐで…心の中では、据わりの悪さを感じています。



 しかし…。
 こうして、ロビーを見渡して。
 今年のアークスのクリスマスを振り返ったとき…。

  …何か足りないような…(´・ω・`)?

 クリスマス…

pso20151227_102026_003.jpg
           (C)SEGA

 …ナウラのケーキ屋…。

 先日、森林で助け出したお礼に、ケーキを分けて頂いたのですが…。
 どうしちゃったんでしょうね、彼女達…。
 今年も、ちゃんとクリスマスの営業してるのに、アークスに見向きもされないなんて…。

 プレゼントボックスとか、この日この時に必要なアイテムが入手困難とか…やるせないものがありますね;

 ロビーに代理店くらい出してもいいと思うんですけど…。
 経営厳しいのかなぁ…(´・ω・`)



■考えすぎ?
 昨日は、終焉について自分でも分かるような、分からないような…纏まりのないお話をしましたが。

 それに加えて、もう一つ…。
 終焉に限った事ではない点に、少しばかり触れてみようかと思います。



 複数の人が、皆で何かに取り掛かるとして。
 その何かを処理するに、定められたマニュアルが存在するとしたら。

 そのマニュアルに沿って処理を進めることが、大前提となるでしょう。

 何故なら、マニュアルは無用に存在している訳ではなく。
 それは、作業を効率的に進めるのに必要な手順であったり。
 それは、作業を安全に進めるのに必要な手順であったりするのですから。

 …しかし。
 マニュアルに書いてある事が正しいとしても。
 それに、全ての人が沿える訳でもありません。

 全ての人が沿うべきもの。

 …そう定められたとしても。
 個人個人の出来る範囲は限られます。

 それは。
 人に沿うために、マニュアルが存在するのではなく。
 マニュアルに沿うように…と、人に求められるがために生まれる…『齟齬』ではないかと思います。

 人が、一人一人違う個性を持つからこそ生まれる、当たり前の『齟齬』…。



 そんな『齟齬』が、人の良し悪しを測る目安にもなります。



 処理を進める上では、マニュアルに沿わねばなりません。
 『齟齬』が大きいほどに効率は落ち、安全性は低下してしまいますから。

 だからこそ、正しいマニュアルに沿えない人は、悪。

 …そんな評価が下されるのも、珍しい事ではありません。



 でも…。



 正しいマニュアルが在ればこそ、人は正しく在れるのでしょうか…?



 より正しいマニュアル。
 自身のそれは、正しく人のためのものになっているのか。
 …ふと、そんな事を考えた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百七十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今年も残すところあと僅か…。
 今年の冬は、例年の冬に比べて冬らしさが感じられないようにも思っていましたが。
 ここ数日は冷え込みが厳しく、なんとも『年の瀬』…という感じになってきました。

 冬が冬らしくなったのは、良い事とも思いますが。
 この天気の急変で、体調を崩している人もチラホラ。

 …本当に、気を付けてくださいまし(´・ω・`)



 一方、外界の天気とは無縁のアークスシップ。
 週末には、Esuteruさん主催のファッションショーに参加してきました。

クリスマスファッションショー2015in横丁
            (C)SEGA

 他所の鯖からの参加者さんもおられ。
 今が旬の緊急の裏での開催でしたが、結構な人数の方がおいでになられました。

 イベントの模様については、主催されたEsuteruさんのブログを見て頂くこととして…。
 ここは、私なりに簡単に感想を。

pso20151226_232814_007.jpg
            (C)SEGA
二次会的に、参加者で終焉突撃(`・ω・´)!!



 …年の瀬とあってか、インする方は多いのですが。
 用事が立て込み、時間が取れず。
 行きたくとも、イベントに間に合わなかった…という方も、少なくないようでした。

 …ただ、思うに。
 ホームパーティのように催される、こうしたイベントにおいて。
 大事なのは、『相手との距離の近さ』ではないかとも思います。

 イベントは規模が大きくなるにつれ、相対する個人の存在が不確かになっていきます。
 賑やかにするには、規模が大きいに越したことはありませんが。
 ただ、それは『街の雑踏』を求めるようなもので。
 イベントによっては、その趣旨から大きく外れてもしまいかねません。

 『間に合わなくて残念』

 その言葉の意味を。
 そう言って、イベントの終わった会場に足を運び、腰を下ろす人の存在を。
 それをこそ。
 …そう思う鈴蘭です。
 


■考えすぎ?

 昨今のマルチについて…少しばかり、思うところがあっての独り言となります。
 時間がないので、考えをまとめて後ほど追記もしていくつもりです。
 …が、まとめきれるか自信はありません…;
 いつにも増して、読みにくいかと思いますが…ご容赦下さい。

 ※28日00時00分の投稿段階では書きかけとなります。
  28日05時50分に追記しました。




 事を起こすに当たっては、事前の準備が必要となりますが。
 その準備に相当する考え方を表すに、二つの言葉があります。

 戦術 せんじゅつ 【出典:Wikipedia
 戦術(せんじゅつ、英: Tactics)は、作戦・戦闘において任務達成のために部隊・物資を効果的に配置・移動して戦闘力を運用する術である。そこから派生して言葉としては競技や経済・経営、討論・交渉などの競争における戦い方をも意味するようになる。

 戦略 せんりゃく 【出典:Wikipedia
 戦略(せんりゃく、英: Strategy)は、一般的には特定の目標を達成するために、長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術・科学である。



 主に軍事の分野で使われる言葉になるでしょうが…。
 仮に、PSO2の中…クエストにおいて、この戦術・戦略を当て嵌めるとすれば、どうなるでしょうか?



 鈴蘭の認識においてお話すれば…。

 一個人レベルの話で言えば。
 防衛戦で言うところの、各WAVEでの注意点の確認。
 マップ内での担当、登場する敵の倒し方、クリア目標の設定など…。
 自身のキャラクターを如何に使いこなして、クエストを攻略するのか…という部分が、戦術になるでしょうか。

 それに対して。
 クエストに臨むより前の段階において、個人個人の能力を必要なだけ育成する。
 参加条件のレベルにまで引き上げ、相対するであろう敵を倒すだけの武器を調え、敵の攻撃から身を守る防具やアイテムを調える。
 …これらの事前の準備が、戦略になるでしょうか。

 …ただ、これはあくまで一個人の話で。
 マルチにおいては、自分一人だけの話では済みません。
 マルチにおいての戦術とは、マルチの参加者全員の戦い方を意識せねばなりませんし。
 マルチにおいての戦略とは、マルチの参加者全員の戦力要件を意識せねばなりません。
 


 ここで考えたいのが…。
 非固定のパブリックマルチにおける戦術と戦略です。



 マルチのメンバーがどのような戦術や戦略をもって参加するのかは未知数です。

 クエストのクリアに必要な戦術的、戦略的な要素があるとして。
 それを自分自身で満たせないまま、クエストに臨むというのなら。
 そのクエストの失敗は、別に不思議な事ではありません。

 失敗したというのであれば、それは理解の及ばない、不思議な失敗ではなく。
 失敗するべくして失敗したのであり。

 成功したというのであれば、それは自身に拠らない、幸運な成功であり。
 他者の努力が齎した成功とも言えるでしょう。
 
 …例えて言えば。

 パブリックマルチにRaが不在だったとしても。
 それは、嘆きべき不幸な偶然ではなく。
 他でもない、自分自身がその要件を満たしていないからこそ招いた、必然でもある…ということです。
 
 不運を嘆く前の段階で、自分自身に出来る事がなかったでしょうか?
 
 戦術や戦略の要件を調えるには、固定マルチが一番でしょう。
 それが難しいというのであれば、パーティメンバーで。
 それも…というのであれば、せめて自分自身が。

 …くじに当たることを、ただ願うような遊び方ばかりではなく。
 自分自身が果たすべきを果たす…そうした遊び方も、あるのではないでしょうか…?



 自分自身が設定した戦術、戦略の結果の今。
 その今が導き出すであろう、最終的な結末。

 …それは因果の連なりです。

 マルチに背を向ける前に、マルチのメンバーと共にすることの意味を。
 他人のこととしてではなく、自分自身のこととして考えてみてはどうか。
 …そんな事を考えた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。 

独り言 その七百七十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日はクリスマス・イブ。
 聞くところによると、英語圏の『クリスマス(降誕節)』は12月25日の『前晩の祈り』に始まり、1月7日~1月13日の間の日曜日の『主の公現後の主日』で終わるのだとか。

 敢えて日本人の感覚に沿うならば、『クリスマス』は…24日の晩から25日の日没までが『クリスマス』になるようです。

 『I wish you a Merry Christmas!』

 …クリスマスの挨拶としては、これが定番だそうですが。
 これは『良いクリスマスを!』という意味で。
 クリスマス当日を迎え『おめでとう』ではなく、近く迎えるクリスマスを恙無く過ごせるよう祈る意味であり、日本人が年越しを前に『良いお年を』と、相手に言葉を送るのに近いようです。



 ホント…文化が違うと、ちょっとした事でも知らない事が一杯ですね…(´・ω・`)



 …何故、こんな事を言い出したかと言えば。

 今日のアークスには、クリスマスの祝福か…全てのクエストに、レアドロップ確率50%アップのブーストがついていました。
 クエストの一覧に点いたレアドロのマークを見て、

 『あぁ…クリスマス・イブだしねぇ(´・ω・`)』

 …と、独り納得していたのですが…。
 今週のスケジュールを確認すると、明日の25日のクリスマスには、ブーストが無いんですよね…。

 この、24日と25日の扱いの差には何かあるのかな…と、疑問を感じて。
 少しばかり調べてみた鈴蘭でした。

 でも、こうして見ても、特に意味があるようには感じない…かな(´・ω・`)?

 …疑問は疑問のまま。
 こうして、アークスの謎が一つ増えたのでした。



 …しかし、改めて予告スケジュールを見渡すと。

 例年、クリスマスなどのイベントには、予告緊急が目白押しになるものでしたが…。
 今年は随分と控えめな印象です。

 疎らなスケジュールに、寂しさも感じますが。
 一方で、自分のペースを守って自分の遊びを…というには丁度良く。
 これくらい静かな方が良いのかな…とも。

 目が回るほど忙しいのも、悪くはありませんが。
 誰かに『遊ばされる』…では、正しく自分の楽しみを求める事ができないでしょうから。



 今週末のお休みには、終焉の予告(時間が合わず、未だ一回しか行っていない鈴蘭です)に、イベントのお手伝い…幾つかの予定もありますし。
 鈴蘭なりのクリスマスを、楽しむ事にしましょう。

 …皆さんも、良いクリスマスを(`・ω・´)ゞ



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百七十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 日付上では、クリスマスイブな今日。
 …平素と変わらず、お仕事の鈴蘭です…ええ(´・ω・`)

 年末もいよいよ目前となり。
 世は忘年会シーズンということもあってか…夜ごと酒盛りに連行されていく、フレさんのお話などもよく伺うようになりました。

 …しかし、聞くところによれば。
 これは現実ばかりの話ではなく、アークスシップでも『大忘年会』と銘打った、大規模なユーザーイベントが進行中なのだとか。

 10鯖に、全ての鯖から参加者が集まって、イベント用のチームを作り。
 一夜限り(?)のお祭り騒ぎを楽しもう…という。

 話を伺った時には、その企画を実行に移すバイタリティに、素直に感心してしまった鈴蘭です。



 …すごいなぁ(・ω・;)



 …多少なりとも、その内容に関心もあるのですが…。
 ただ、地元のフレさん方の事もあります。

 鈴蘭の場合、夜に居るタイミングは少なく。
 イベントに参加すれば、その分だけフレさんとの時間を失ってしまいます。

 無論、得難いのはイベント参加の機会でしょうが。
 やはり、遠出をするには地元への未練もあって、躊躇いがありますね;

 皆が皆、参加出来れば言うことはないのですけど…。
 仮想とはいえ、そこまでは望み難い…ということですね…(´・ω・)



 …まぁ。
 この催しには、ヴォルフィードさんが参加されますし。
 ここは…土産話を楽しみにして、大人しく留守番をすることにしましょう。

 …そうすることもまた、イベントに携わる事に通じもするのでしょうから。



■今日のアークス
 今日、向こう約三ヶ月に渡って開催されることとなる、『ファンタシースター感謝祭2015』の第一日目が、東京会場で催されました。

 今日は、会場から『PSO2放送局』の生放送もあり。
 終焉を迎えたEp.3に続く、Ep.4に関連した様々な発表がありました。

CW5oQDOUQAE0d-D.jpg
            (C)SEGA

 ロードマップの公開もあり…。

 Ep.4の舞台となる惑星の発表。
 名前だけは先行して紹介されていた、『サモナー』の情報公開。
 グッズ関連の展開予定の発表。
 新クエストの実装予定の発表。

 …挙げれば、幾つも出てきます。



 その中でも、鈴蘭が特に関心を持ったのが…。

CW5SL-iUEAAcDs-.jpg
            (C)SEGA

 この…コスチュームの仕様変更、でしょうか。
 これまでのオールインワン、トータルコーディネートの仕様から。
 インナー、ベース、アウター…現実に服を着るのと同じ感覚で、自分の着るものを選択出来る仕様に変更されるそうです。

 今後は、より自由な着合わせの楽しみが出来る…というのは、正に朗報と言えます。

 この仕様変更が、今から楽しみでなりません。



 ただ…既存の服については、仕様変更後も変わらずに着ることが出来るそうですが、オールインワンの現状は変わらないようです。

 この辺は、今後Ep.3までの同じデザインの服も、Ep.4仕様として順次リニューアルされ、再販もされていくのでしょうか?

 …それを見越してか。
 聞くところによると、既に既存の服を処分してしまおう…という動きが、マイショップ市場で見られるとか。

  …反応はやいなぁ(´・ω・`)

 いやはや…感心するばかりです;



 しかし、私としては。
 今の服の、一点物としての価値が…少なくとも、私の中での価値が、仕様変更で変わるとは思えず。
 ものの好きって難しい…などと、考えさせられるお話でもありました。



 周りが好きだからこそ、自分が好きになったのか。
 自分が好きになったものが、周りも好きになったのか。

 私達は…私は、そのどちらなのでしょうね(´・ω・)?



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百七十四

 大きいだけの鈴蘭です。
 
 …変則的なメンテナンスを経て。
 いよいよ、今日…終焉が実装されました。

pso20151222_190037_000.jpg
            (C)SEGA


 内容的には…。
 この独り言では例によって、詳しくは触れません。
 …が。



  アークス&【若人】『…。』

  運営『第百問…いよいよ最後の問題です!!』
  運営『この激戦を制するのは、果たして誰なのでしょうか!?』
  運営『さぁ…ここで、ま・さ・かの展開!!』
  運営『なんと、この問題に正解すると、無条件で優勝です!!』

  アークス&【若人】『…え(´・ω`・)?』



 …などという場面が思い浮かびました(´・ω・`)

 終焉に関しては、『やり過ぎ』なんて声も聞こえてきそうですが。
 ギリギリの緊張感を…というのには、これはこれで良いのかも…と思えます。

 …何しろ。

pso20151222_205146_015.jpg
            (C)SEGA

 一戦を終え。
 こうして、色々と話すことも出来たのですから。
 



 まぁ…ネットワークが発達した現代のこと。
 こうした熱はすぐに拡散して、冷めてもしまうのでしょうね。

 …それを思うと、少し寂しくも感じます。



 …しかし、この熱は。
 すぐに冷めるのだから、価値がないもの…なのでしょうか?

 もしかすれば。
 そこに在る熱は変わらないのに。
 ただ、私達が感じる熱さに慣れてしまっただけのことで。
 …目の前の熱を『冷めた』というのは、また違うようにも思います。

 自身の持つ熱に気付かずに、『冷めた』と言い続けたとして。
 その果て…自身は、一体どうなってしまうのでしょう…?



 そんな。
 終焉の先にあるかもしれない自身を思い。
 少しばかり、気掛かりを感じた。
 …いつもの鈴蘭です。



ー ◆ ー




 …話は変わって。
 今日は、メンテナンスに合わせて、いつもより一日早くファッションアップデートもありました。

 今回は、やり込みゲームとして有名な『ディスガイア』とのコラボで。
 個人的には、なかなかにいい出来ではないかとも思います。

 中でも…。

ぶりゅんひるで(´・ω・`)
            (C)SEGA

 このTMG迷彩は好みです。
 ギミックがないのは、少しばかり拍子抜け…とも思いますが。
 程よい大きさで、見栄えがする銃だと思いますし、逆にギミックのないシンプルな方が良いのかもです。

 細かい装飾が可愛らしくもありますし。
 ちび鈴には、この迷彩を持たせましょうかな(´・ω・`)



 個人的には得るべきを得て、喜びを覚えたスクラッチでしたが。
 その一方で、残念でならないのが…。

ぷりにー(´・ω・`)
            (C)SEGA


 このプリニー、非常にいい感じなんですが…。



 できれば、これをキグルミで欲しかったよ…(´・ω・`)!!



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百七十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 水曜日が天皇誕生日のために、明日は一日前倒しての定期メンテナンスが予定されています。

 いよいよ、冬の中規模アップデートの目玉…【防衛戦:終焉】の実装です。

 以前、ニコ生PSO2放送局において、出演メンバーによる実況プレイ企画がありましたが。
 ULTも熟せるだけの十分な装備を与えられながらも、VHのクリアがならなかったという…曰く付きのクエストです。

 (ただ…あの企画に関しては、マルチのメンバーに習熟度のバラつきがあり、適正なレベルでの挑戦であったのか、疑問視する声もあると聞きますが…)

 鈴蘭は、明日もいつものように仕事があるため、深夜帯の予告緊急では参加が叶いませんが。
 横丁では、Esuteruさんが『遊んでくれる人と楽しめれば』と、固定マルチの呼び掛けを考えているようです。
 もし、早い時間に予告緊急が組まれているようなら…折角なので、鈴蘭も参加してみようかと思います。

 さてさて、どうなるものやら(´・ω・`)



 真剣にクリアを目指しながらも、気兼ねなく。
 相反するように聞こえもするでしょうが。

 どちらに偏ることもなく、そのバランスを保つこと。
 …それも、一つの形ではないかな…と。



■今日のニークス
 今年の大晦日は、職場で過ごすことが決まりましたが…。
 実際の処、仕事に必要なデータが出揃うのは、年が明けてからになり。
 出勤時の移動時間中はインはできませんが、23時過ぎには職場からスマホ様のディザリング機能に頼って、Vitaでアークスシップに乗船できるかと思います。

 ショップエリアで初詣に…というのが、PSO2サービスイン以来の年越しの形となっている鈴蘭ですが。
 新年も、どうにかショップエリアの神社を詣でることが出来そうです。

 イベントというほど、畏まったものではありませんが。
 気の向いた人たちで、行く年を振り返り、来る年を思いやれれば…と、考えています。

 Vitaでの緊急参加は不安でなりませんが。
 ロビーで、チャットに興じるくらいは…。



 まぁ。
 年越しの前に、クリスマスです。
 26日には、Esuteruさん主催のファッションショーが予定されています。

 褐色集会ではタイムキーパーを任せて頂きましたが…。
 こちらでも、お手伝いを任せて頂けるようです。

 こうした忙しさは、むしろ歓迎…という鈴蘭ですし。
 私なりに、楽しませて頂きましょうかな(´・ω・`)!!



■リンク追加のお知らせ
 先日の黒羊さんのイベントでご縁ができた、お二方のブログとリンクを結ばせて頂けることになりましたので、ご紹介。

 『grindaのPSO2ブログ

 9鯖で活動されておられる、grindaさんのブログです。

 プレイ動画などを積極的にアップされているようで、そうした活動が出来るgrindaさんを、鈴蘭は…もう、ただただ感心するばかり。

 こうした遊びに積極的に。
 やりたいと思っても、余計を考えてしまい、なかなか実行できないもので。
 頭で思うほどに、体は動かないものですから…。

 ウダウダとツマラナイ事ばかりを繰り返す鈴蘭ですが。
 これも何かの縁の始まりと考えて頂けるのであれば。
 一つ、これから宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ



 『激情!♂忍道♀のツンデレエクスタしぃ日記

 8鯖で活動されおられる、忍道勇士さんのブログです。
 ご自身を『コミュ障』などと言っておいでですが…。
 面識のない黒羊さんのイベントに混ざり、ブログの宣伝を出来る辺り、自分などよりよほどアグレッシブだと思うのですが…;

 色々と多方面にわたって活動されているようで。
 まさに、退屈のないブログ…という印象です。

 これも何かの縁。
 このような辛気臭いブログですが…宜しければ、これから宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ



 お二人とも。
 相互のお申し出、ありがとうございました。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百七十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 週末の金曜日と土曜日の晩は、幾つかのイベントがありました。

 とはいえ。
 生憎と金曜日の夜は、私個人の野暮用もあり…鈴蘭の中身が半分無いような有様であったため、地元のキャンプシップに篭っている感じになりましたが…。

 しかし、土曜日の晩には2つのイベントに顔を出してきました。



 一つ目は、コメントをよく頂く黒羊さん主催の、クリスマスイベント。

 連日開催だったこのイベント。
 金曜日の晩は、チャレンジへ行く企画だったようですが…。
 土曜日の晩は趣向を変えて、雑談会となっていました。

  こうした趣向なら気兼ねは無用かの…(((ノ・ω・)ノ

pso20151219_203118_000.jpg
            (C)SEGA


 方方でお付き合いをされている黒羊さんらしく、Esuteruさんかれんさん月神セレナさん、うにゃさんといった、見知った方(セレナさんとお会いするのは初めてだったので、見知った…というのも変ですが;)を始め。
 以前に黒羊さんのイベントでお見かけした方に、再びお会いしたり。
 他所様のブログのコメントで、お名前だけはお見かけしたことのある方や…。
 お初にお目にかかる方もあちらこちらに…。

 実のところ。
 鈴蘭は、独り言ブログに残された、皆さんの足跡を辿って訪ねて行くことが専らで。
 自分からブロガーさんを訪ねる機会が、少なかったりもします(´・ω・`)

 人の賑わう会場に足を運んで、一人。
 『こうした方々がいるんだなぁ…』と、オラクルの広さに感じ入ったりしていました。

 出来れば、皆さんとはこの機会に、色々お話もしてみたかったのですが…。
 この後の21時から開催予定のイベントもあり。
 そちらへの参加の為、ご挨拶だけでお暇させて頂きました。

 機会があれば、改めて…とも思います。
 宜しければ、その時はお付き合い下さいまし(´・ω・`)



 二つ目は、地元の三鯖で開催された、桃子さん主催のファッションショー。
 実は、時間的にはイオ横丁の定例イベント(?)の『雪割りの花』に被っていたのですが…。
 こちらの独り言で、急遽(直前で済まぬ…)上げたとおり。
 社会科見学的にイベントに行こう…と、呼びかけて参加することにしました。

 こうして他所様を訪ねて行くのも、『雪割りの花』の趣旨的に、そう離れたものでもないのではないか…とも思っての事でしたが…。

  どうだったろうか…(´・ω・)

 …次も、という時は事前に計画はしないとですけどね…;



pso20151219_220756_013.jpg
            (C)SEGA

 既に過去何回も開催を経た催しとあって、モデルさんの皆さんも、見学者の皆さんも慣れたもので。
 鈴蘭も、会場の雰囲気を楽しませて頂きました。

 こうして人が集まって、常にはない楽しみに触れる。
 …これはこれで…。
 そんな事を、埒もなく考えた鈴蘭です。



 ファッションショー終了後には、皆と記念撮影。

ファッションショー2015(´・ω・`)
            (C)SEGA

 どうにも…こうしてSSを掲載する度、我ながらSS撮影のセンスがなくて、情けなく思うのですよね;
 会場にお越しになっておられた、あんりーなさんが撮ると全く違う感じになるんですよねぇ…(´・ω・)

 …鈴蘭ももっと積極的に撮って、場数を踏まないと…ですね;



 こうして、ファッションショーの終わりに記念撮影をして。
 その後に丁度やってきた予告緊急に、希望者でマルチを組んで参加することになりました。

 この際に桃子さんにお誘いを頂いて。
 ジルさん、なのうささんと同じPTでご一緒することに。

 実のところ、桃子さんと知り合った頃に、このお二人とも知り合ったのですが…。
 これまでお会いする事はあっても、フレンド関係を結ぶ機会がありそうで無く。

 今日この日この時、いい機会を頂けたと思い。
 お二人に、フレンドの関係をお願いしました。

 …まぁ。
 関係を結んだからといって、何が出来るという訳でもありませんが;
 一つ、大きいだけの鈴蘭を宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ

 全ては、システムが保証するから…ではなく。
 それぞれの心掛けにこそ、かかってもいるもの。

 …他でもない、私自身がしっかりとしないと、なのです;



 振り返って見れば、もっと出来ることもあったように思う週末でしたが。
 皆さんのお陰で、出来ることは出来たと思える週末でもありました。

 …えぇ…本当に。

 良い時間をありがとうございました。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

告知(´・ω・`)

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は定期座談会的な『雪割りの花』の開催日ですが。
 社会科見学ということで…B228にて開催される、ファッションショーの見学をしようかと思います(´・ω・`)

 足を運んで下さる皆さんに於かれましては、申し訳ありませんが宜しくご理解くださいまし。

独り言 その七百七十一

 大きいだけの鈴蘭です。

(´・ω・`)
…。


) ) ) 〒 〒 ( ( (
(`・ω・´)
むっ!?


 …という訳で。
 昨日は手に入れられなかった『クロス』ですが。
 近所のショップに急遽入荷した情報を掴み、無事に手に入れることが出来ました。

〒 〒
(´・ω・`)

アンテナを張っておいて正解だったな…!




 待てば海路の日和あり。
 …そんな一日だった鈴蘭です。



■考えすぎ?

 馬鹿 ばか
 相手の思考の鈍さ、行動の軽率さを見下して、侮蔑する言葉。

 …誰もが知る言葉ではありますが…。
 その用法、語源は、私達が知るほどには一様ではありません。

 よく、関西の人にとって『馬鹿』は強い侮蔑の言葉であり。
 一方で、関東の人にとっては関西のそれに比べて軽く、むしろ親しみを込めた言葉である…と、言われています。

 私は関西人ですが、確かに『馬鹿』と言われることには強い侮蔑を感じ、抵抗を覚えます。

 同じ言葉であっても。
 使う人、受け取る人がそれぞれに解釈を持ちます。

 発してから『そんなつもりではなかった』…では、遅く。
 先んじて、常に気遣う事が相手との信頼関係を築くのだと…。
 そう思います。



 …ところで、この『馬鹿』という言葉。
 語源は諸説ありますが…中でも広く知られているのが、史記の『指鹿為馬(しかをさしてうまとなす)』の故事でしょうか。



 秦の2代皇帝・胡亥の時代のこと。
 胡亥の信任をいいことに権力をふるった宦官の趙高は、謀反を企みます。
 しかし、宮廷には対立する者も多く、誰が味方なのか分かりません。
 そこで、廷臣のうち自分の味方と敵を判別するために、趙高は一策を案じました。

 彼は宮中に鹿を曳いてこさせ、『珍しい馬が手に入りました』と皇帝に献じたのです。

 皇帝は怪訝に思い、趙高を始めとした廷臣に『これは鹿ではないのか』と尋ねます。
 しかし、趙高が左右の廷臣に『これは馬に相違あるまい?』と聞くと、彼を恐れる者は馬と言い、彼を恐れぬ気骨のある者は鹿と答えました。

 後に、趙高は鹿と答えた者をすべて殺したのだそうです。

                                       【出典:Wikipedia



 …さて、このお話の中。
 『馬鹿』と言われるのは誰なのでしょうか?

 この後まもなく、皇帝であるはずの胡亥は廷臣の専横に荒廃していく国を顧みること無く、秦を滅ぼしてしまいます。
 一方の趙高は、『指鹿為馬』の策まで用いて味方を増やそうとし、クーデターを決行しますが…賛同者を得られずに失敗…惨めな最後を遂げます。

 果たして『馬鹿』とされるのは…
 胡亥でしょうか?
 趙高でしょうか?
 鹿を馬と偽った廷臣でしょうか?
 鹿を鹿と言った廷臣でしょうか?

 …後世に生まれた私達は、彼らが生きた時代とは違う価値観を持っています。
 そして、すべての結果を踏まえ、その時々の事象を高所から俯瞰するように、一望できます。

 …いえ、一望できてしまいます。

 そうして私達の価値観で、過去の事象を切り抜いてしまえば。
 その時々の人の思いまでをも、切り抜いてしまいかねません。
 
 人を『馬鹿』と評する私達。
 その私達の方こそが考えが足りず、見るべきを見ていないのではないか。
 『指鹿為馬』の故事を笑う私達こそが、まさに…。

 …そんな事を考えた鈴蘭です。



 これは、遠い過去を振り返るばかりに当て嵌まる訳ではないこと。
 …そうは思われませんか?



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百七十

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は、OTPの移行対応を兼ねているとかで、深夜から9時間も前倒ししてのメンテナンス開始となりました。

 …ただ、私がこれを知ったのは、今朝の仕事が明けてからのことでして…。
 帰宅してログインできなかった時の、このやるせなさはどうしたものでしょうか…(´・ω・`)



 …とはいえ、折角できた空き時間です。
 呆然としてばかりでは、あまりに勿体無いので。
 最近は何かと忙しく…巡回しようにも巡回できていなかった、方々のブログを訪ねて回りました。

 色々と拝見し、色々と感じることもあり。
 久し振りにコメントなども…と考えているうちに、気付けばいつの間にかお昼前に。

  あ…ちょっと出掛けようかな(´・ω・)

 用事の一つを思い出した私は、再びコートを羽織り。
 曇り空の下、街へと繰り出しました。



ー ◆ ー




 先日の事になりますが…。

 いつものように、出勤前の野暮用をマイルームで片付けていると。
 懇意にして頂いてる、うにゃさんとフレさんがおいでになられました。

 うにゃさんには、『マイルーム数珠つなぎ』への参加をお願いしており。
 うにゃさんは、そのフレさんへ繋ごうということで、その場でお話を切り出され…。
 その流れから、このイベントについて暫く3人で話し合いました。

 このイベントは、人との関係を形にするようなもので。
 このイベントを機に…というのであれば何よりなのですが。
 このイベントの為に…と形を作るのでは、趣旨が変わってしまうように思います。

 時間が掛かっても、焦らずに。
 形を作るのではなく、出来た形を。

 …などと難しい(?)話をしている中。

  うにゃ『朗報があります』

 そう切り出した、うにゃさんは。

  うにゃ『くまさんがクロスを買うそうです』

 …あ、はい(´・ω・`)



 『クロス』…先日、3DSで発売されたハンティングアクション『モンスターハンター』の最新作、『モンスターハンタークロス』の事です。

 かつて、初代PSOを見本に作られたと言われるモンハン。
 私も2Gの頃はよく遊んだのですが…最近は、すっかり狩猟生活から遠のいてしまいました。

 それというのも。
 当時、一緒によく遊んでいた人がおり。
 その人と遊ぶからこそ、続いていた…とも言え。
 人と遊ぶ機会が無くなってからは、自然と関心が薄れていったのですね。



 うにゃさんとフレさんは、モンハンを一緒に遊んでおられるようで。

 『良ければ、ご一緒に如何でしょうか?』

 …そんなお誘いを受け、すっかり薄れていた関心が復活し。
 俄然興味が湧いてきたのです。

 ネットワークゲームたるもの。
 やはり、誰かと遊んでこそ…でしょうから。



 そんな訳で。
 前置きが長くなりましたが…。
 今日のメンテナンスの時間を利用して、近所に『モンスターハンタークロス』を買いに出掛けたのです。

  電気街の何処かで手に入るでしょ((((´・ω・)

 …しかし。
 世情に疎いアークスには、現実はあまりにも過酷でした。
 まさか…行く店行く店、何処の店も品切れとは…;

 聞けば、うにゃさんもパッケージでは手に入らず。
 諦めてダウンロード版を購入したのだとか。

  …ぬぅ(´・ω・`)

 何分、古い人間なので、出来ればパッケージが手元に欲しいのですが…。
 皆とマイルームでモンハン…。
 実現の為に、ダウンロード版を買うべきか。
 はたまた、今こそ我慢のしどころか。



 今日から始まった、受賞記念ブーストを横目に。
 一人、暢気に悩んでいた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百六十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨夜の仕事の休憩時間のこと。

(´・ω・`)
(つ■と)

っと…クイック探索するかな…(タップタップ

スマホ様『ACを…』


〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)

えっ

スマホ様『一回目の結果』


〒 〒
。・゚・(´・ω・`)・゚・。
(つ■と)

ああっ!? 課金してる!?

スマホ様『五回目の結果(キリッ』


¥ ¥
(´;ω;`)
(つ■と)

あぁ…私の500ACが…。


 …クイック探索について、特別思うところはありませんが。
 出来れば、課金のアナウンスの際には、商取引に関する表示などで、それと気付けるようにして頂けたら…と;

 いえ、不注意な自分が何よりも迂闊だった…というだけのことなんですが(´;ω;`)



■考えすぎ?

 邀撃 ようげき
 迎えうつこと。迎撃。【出典:デジタル大辞泉



pso20151209_202224_002.jpg
            (C)SEGA

 六芒均衡も、こうして子供達のために駆け回っていると思うと、激しい戦いの中にあっても、和みを感じます。

 聖夜の主役はトナカイ…至言ですね(´・ω・`)

 …そんな、トナ界において好感度急上昇のヒューイはさておき…。



 季節限定緊急の『氷上のメリークリスマス』。
 そろそろ、実装から一週間が過ぎようとしています。

 当初の期待通り、多くのボスが登場する賑やかなクエストになっており。
 鈴蘭としては、彼らのドロップにかける期待も大きく。
 毎回、勇んで赴いているのですが…。

 その中で。
 ふと…気になった事があります。



 それは、マップの周回方法について…です。



 現状のパブリックマルチにおいて、8の字のマップの全てを回るよりも。
 マップの中央を逆L字型に往復する方法が、よく見られるように感じます。

 これは、この緊急における目玉であろう、ディーオ、ニャウに関するEトライアルの、単位時間当たりの発生が、最も効率よく期待できる回り方…なのだと思います。

 目的のための最適化。
 それは、遊びの中で自然に求められるもので。
 それを見つけ出していくのもまた、素直に喜びに繋がることだと思います。



 …ただ。
 そうした遊びが、アークスとしての遊びの全てというわけではありません。
 アークスには、所属する人の数だけの遊びがあります。

 …あるはず…なのですが。

 これは…このゲームに限ったことではないように思うのですが…。
 最近の遊びを見るに。

 『示された課題を如何に熟すか』

 …という事にかけては、皆が一流であるのに。

 『何を自身の課題とするのか』

 …という事にかけては、全くの素人…いえ、関心の外にあるかのようにも感じることがあります。

 それもまた在り方…とも思うのですが…。
 その一方で、思うところのある鈴蘭です。



 アークスが出撃要請を受ける緊急クエストは、基本的に『邀撃』です。
 そこに、私達の選択の余地はありませんが。

 その『邀撃』は、私達の遊びです。

 …そして。

 その『邀撃』を、遊びとするのは私達です。



 迎えうつ。

 それは、何を、どのように?
 自分だけが答えを決められる…それが遊びと思う鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百六十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 ネットでニュースを見ていると…。

 『DNAにデータ保存する手法を米国大学が開発、全人類の情報が9Lの溶液に

 …という記事を見かけました。



 前々から、液体状の記憶媒体が研究されている…という話は聞いていたのですが。
 DNAの構造を人為的に組み替えることで、記憶媒体として活用しようとは…;

 …まぁ、私達アークスが常に親しんでいる仮想世界は、電気信号の集合体で。
 2進数…オンとオフの組み合わせが、人の感覚では気の遠くなるほどに積み重なって出来ています。

 極論、0か1かが解る形で記録でき、読み取ることができるのであれば、アークスシップは作れるわけです(´・ω・`)

 この水は、今の私達が手にしている記憶媒体よりも、遥かに密度が高く、遥かに複雑に、それを記録できるということなんでしょうね。



 でも…。
 思えば不思議なものです。

 9リットルの液体に、全人類の情報を記録できるとしても。
 その液体を前にしたところで、人はその価値を理解できないでしょう。

 本のように手に取って、触れられる訳でもなく。
 目にするのは、ただの水のような何かに過ぎず。

 とても、全人類の知識の全てがそこに在るとは、感じられないでしょうから。

 それをそれと知る人がいるからこそ、ただの水ではないと分かるもの。

 …そう思うと。

 自分の周りに在るものもまた。
 そうしたものではないのか。

 …何も、その水に限ったことではないのではないか。
 そんな事を思った鈴蘭です。



■今日のニークス
 先日に企画した『マイルーム数珠つなぎ』のイベントですが…。

pso20151214_213802_002.jpg
           (C)SEGA

 …ご覧のような形に、暫定のスタート地点を設定しました。

 私の場合、複数の方を紹介する事を念頭にしているので、サイコロを利用していますが…。
 ウェルカムマットで、お一人の方を紹介する形でも良いですし。
 或いは逆に、もっとたくさんの方をウェルカムマットに書いて、設置しておくのもアリだと思います。

 出来れば、ブログでお付き合いのある方々や。
 褐色集会で知り合えた方々などに、繋げて行ければ…とも考えています。

 ブロガールート、褐色ルート…みたいに。
 ただ、レッテルを貼る形にもなりかねないので、要検討というところです。


 告知…いえ、周知でしょうか?
 そうした活動も必要であろうと思いますし。 
 これから出向いて、説明もしていけたら…と。

 もしそれで。
 これを機会に…と、思って頂けるのであれば。
 一つ、話に乗って貰えたら幸いです(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百六十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 普段の生活サイクルの中。
 毎日、夜に起床して。
 出勤までの時間を利用して、アークスシップに乗り込み。
 『鈴蘭』としての、細々とした用事を片付けるのですが…。

 今日は、珍しくも寝過ごしてしまい。

 出勤までの、アークスシップでの時間を持つ余裕がありませんでした。

 …ここしばらくは、体調が思わしくありませんでしたし…。
 なんだかんだで、疲れが溜まっていたんでしょうかね…;

 仕事に遅れるほどの寝過ごしではなかった事は幸いでしたが。
 こうして独り言を書く余裕も無かった、慌ただしい一日の始まりでした。

 …うん。
 やっぱり、余裕は大事(´・ω・`)



■今日のニークス
 週末には、ヴォルフィードさん主催の『褐色集会』に参加してきました。

 参加者の皆さんの視点については、Twitterにて主に『#褐色会』のタグで纏められていますので、そちらをご覧いただくとして…。

 ここでは、自分なりの『褐色集会』について、独り言。



 今回は、初の共通鯖での開催となり。
 3鯖でのローカルイベントとは、多少なりとも勝手が違う感じになりました。

pso20151212_223046_027.jpgpso20151212_231649_039.jpg
pso20151212_233929_051.jpgpso20151213_003151_057.jpg
                              (C)SEGA

 …何と言っても。
 いつもの『赤の部屋』の入り口で人を迎えるように、ロビーで人を迎えることが出来なかったのが悔やまれます。

 会場の端にいると、対岸の人が表示限界を超えて消えてしまうので、誰が来たのか把握できないという…(´・ω・`)

 出来れば、来場者全員に挨拶を送りたかったのですが…今回ばかりは、それが出来ませんでした。

 次の機会があるようなら、この辺は何かしら考えておく必要がありそうです。

 等しくゲストとして。

 …それを、私なりに望んでの事なのですから。



 まぁ、そんな鈴蘭個人の反省は別として…。
 もう一つ二つ。
 今回は、ファッションショーでのタイムキーパーを担当したのですが。
 気になったのが…モデルさんの時間の使い方。

 ファッションショー開催に当たり、応募してくださったモデルさんには、『5分の持ち時間でアピールして下さい』という事前の説明がされていたのですが…。

 実際のモデルさんのアピールタイムを振り返ってみると、大体2分強というところで。
 持ち時間の5分を使い切ったモデルさん、というのが少なかったんですね。

 今にして思えば。
 それぞれのキャラクターのアピールを、自由課題とするだけではなく。
 それとは別に『お題』として、全員に共通の課題を示し、時間内にこなして貰っても良かったのかもしれません。

 運営上の課題として、この点は次回以降に検討してもらっても良いかなぁ…と。



 イベント全体としては、現実におけるコスプレイベントの会場に近いような雰囲気で。
 各所で自分のキャラクターをアピールしたり、雑談の輪が出来たりと…程よく、グループ分けが出来ていたようにも思いますが。

 参加者が発意した『撮影会』に人を誘導したり…という部分で、少しばかり気を回せていなかったようにも思います。
 もう少し、会場全体を見渡せていれば…と。

 人が多かった。

 だからこその気遣いを、もう少し。
 …そんな思いで振り返る鈴蘭です。



 Twitterなどでの反応を見るに。
 参加者の皆さんには、概ね楽しんで頂けたようで、何よりの事と思いますが…。
 …やはり、自分自身で出来る事があったのではないかと思うと…。

 『良かった』だけで、済ませたくはないですね;

 …次こそは(´・ω・`)ナノデス



 最後に。

 参加された皆さん。
 主催されたヴォルフィードさん。
 運営に関わった皆さん。

 良い時間をありがとうございました。
 また、次の機会があれば…その時も宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百六十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日の仕事を頑張れば…週末のお休みです。
 風邪の症状は落ち着いてきていますし。
 この分なら、お休みはアークス業に専念出来そう…とも、思えるのですが。

 病の峠を越えた、という…経験的な感覚が未だになく。
 まだまだ、油断はできません。

 …まぁ。
 昨日には、ハチミツの備蓄を買い増しており、備えは万全。

  明日からはハチミツざんまい(´・ω・`)!!

 

■考えすぎ?
 お昼のこと。
 二人のフレさん達とお話する中で、プレイスタイルについて触れる機会がありました。

 両人とも、高みを目指す点では似通っており。
 一見すれば、人からは相似形にも映るのかもしれません。
 …しかし、鈴蘭の目には少々違っても見えたので。
 その事について、お話をしたのです。



 『職人』であるのか。
 『芸術家』であるのか。

 何かの折で、独り言で触れたようにも思いますが。
 私は、プレイスタイルの中に、こうした方向性を持つ人が居るように思っています。



 最良の道具を作る『職人』。
 それが道具である以上、人が使う為のものでなければなりません。
 時には、人が使う為にこそ、機械としての性能に妥協も必要とします。
 …たとえ、そうすることで自身の理想の形から外れようとも、です。

 何故なら。
 機械として、どれだけ優秀であろうとも。
 人が使えない機械では、道具とは成りえないのですから。

 理想は理想として。
 現実に形となる最高のものを求める。
 …それが『職人』ではないか、と。



 一方で。
 自身の世界を表現する『芸術家』。
 自身の中に思い描いたものを、忠実に形にする以上…現実に合わせて、理想に手を加える訳にはいきません。

 何故なら。
 現実に表現し難いからといって、形を変えてしまっては。
 どれだけ、その形が優れていようとも…それは自分の世界の形ではなく。
 作品としての意味が無くなってしまいますから。

 理想を理想のままに。
 現実に妥協することなく追い求める。
 …それが『芸術家』なのかな、と。



 どちらが優れている、という話ではなく。
 当人にとって、どちらがより『らしく』あるのか。

 …そして。
 自身は『職人』に『芸術家』たれと言ってはいないか。
 また逆に。
 自身は『芸術家』に『職人』たれと言ってはいないか。

 それぞれの良さを理解すること。
 それぞれを尊重すること。

 何れを選ぶにしろ。
 そうした、並び立つ相手を思う気持ちは、必要なことだと。
 …そう思う鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百六十五

※仕事の都合で、断りを書く暇もなく書きかけでの投稿となりました。
 後ほど、休憩時間にでも追記しますので…;

 2015年12月10日 午前4時30分に更新しました。




 大きいだけの鈴蘭です。

 先日の風邪が…ぶり返したようです(´・ω・`)グゥ

 自分の常の風邪の症状は、高熱からくる吐き気や倦怠感…というところなのですが。
 今回は珍しく、咳が酷く出ます。

 仕事が終わって帰宅して。
 メンテナンス開始までの僅かな時間を、アークスシップでの雑談で過ごし。
 その後、直ぐに床に就いたのですが…。

  (||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ
  (;=ω=)…。
  (||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

 咳が止まらず、眠れません…;
 風邪薬は飲んでいたものの、総合感冒薬の類いで。
 特別、咳止めに効果があるものではありませんでした。

 …気が付けば、床に就いてから2時間が過ぎています。

  薬を買って来るか…(´・ω・`)

 これ以上は…と思い、床を抜け出し。
 ふと、目に止まったのが…ハチミツのど飴。

 ハチミツは、風邪に効果のある食べ物として知られています。
 特に、薬の投与が難しい子供にも与えられるので(1歳未満の子供には、ボツリヌス菌の感染の恐れがあるので、控えるべきだそうですが)、風邪の時に食べさせたい、食べておきたい食べ物なんだとか。

 果たして、のど飴で効果があるのかは謎ですが…。
 薬をたくさん服用するのも避けたいところ。
 モノは試しと、飴を舐めて床に戻りました。

 果たして…。



  …咳が止まった(´・ω・`)



 鰯の頭も信心から?
 どうにか、無事に眠ることが出来ました。

  ハチミツすごい(´・ω・`)!!

 ハチミツのお陰(?)で、メンテナンス明けをスッキリした気持ちで迎えて。

pso20151209_204754_007.jpg
            (C)SEGA

 …こうして。
 見事に、鮮やかに、しげることが出来ました。



〒 〒
(ノ・ω・)ノ

ヒャッハ-!!




 …待望のトナカイの新色。
 無論、迷わず手にした鈴蘭でしたが…。
 後ろ姿の見事さに比して、正面からの…特に顔の頬紅の有様が残念でなりません。

 …なんというか、『汚れ』のようにも見えてしまうのですね;

 これなら、くまモンのようにディフォルメした表現でも良かったんじゃないかなぁ…などと。
 …贅沢な悩みでしょうかな(´・ω・`)?




ー ◆ ー




 黒トナカイを満喫した後、マイルームでフレさんとお話をして…。
 時間は瞬く間に過ぎ。
 気付けば予告緊急の15分前。

 予告緊急のアナウンスを聞いて、フレさんと過密に移動して…。

 そこで、フレさんの青薔薇のリリィさんから、固定マルチのお誘いを頂いて。
 折角なので、フレさんと二人でお邪魔してきました。



 …何かと言うべきはあるかもしれない、『氷上のメリークリスマス』ですが。
 鈴蘭的には、ただの一言に集約されます。

pso20151209_202224_002.jpg
(C)SEGA


 よく言った、ヒューイ。



■在りし日のニークス
 話は火曜日まで遡ります。

 毎朝、仕事明けにログインすると、コミュニケーション履歴から、GJを確認している鈴蘭です。

 …が。
 この日は、少しばかり勝手が違いました。

 フレンドリストに付いた『!』のマーク。
 …フレンド申請のお知らせです。

  …はて(´・ω・`)?

 最近、新しく見知った方はいるものの。
 申請に至るような気配に覚えはなく。

 誰のものであるのやら、サッパリでしたが…。

  名前を…(´・ω・`)

 …と、名前を見て氷解。
 ブログで日頃お世話になっている、黒羊さんが出されたものでした。

 …その後。
 実際にお会いして、お話を伺ったのですが…。
 どうやら、新規キャラクターを3鯖に作っておいでになったようで。
 『イベントの参加などに、レベルは関係ないですし』とのこと。

 鈴蘭がフレさんに放り投げた『マイルーム双六』などにも、関心を寄せておいでのようで…。

  …半端なことが出来なくなってきましたな…(´・ω・`) 

 期待には応えたいところですが…はてさて;



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百六十四

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20151208_205331_000.jpg
            (C)SEGA

 …失敬、明日の準備をしてました(´・ω・`)



 明日は水曜日。
 定期メンテナンスの実施と併せて、冬の中規模アップデート『煌めき舞う絶対防衛戦』の第二弾が実装されます。

 いよいよ明日から、アークスシップは本格的にクリスマスに突入です。

 『氷上のメリークリスマス』も一年ぶり。
 今年は、アークスから『レアコンテナ輸送機』とも揶揄されるガルグリに加え、DF系のボスが3体も出ると聞きました。
 なんとも豪勢なことで…。
 色々と賑やかなクリスマスになりそうです。

 しかし…ハロウィンでの様子を見るに、ドロップ目的の周回方法が直ぐにも…となるのでしょうか?

 出来れば、混乱の無いように…と願うばかりですが、今回はアーレスの交換なども絡んできそうですし…。

  一波乱、あるのかなぁ…(´・ω・`) 

 …まぁ、なるようになりますかね;



 また、明日はファッションアップデートの日でもあります。

 今回の『レジェンドオブヒーローズ』では、日本ファルコムの『閃の軌跡Ⅱ』とのコラボ。
 同業他社の看板タイトルと…というのは、色々と難しいのかもしれませんが。
 運営さんには頑張って貰って、こうしたコラボをこれからも増やしていって欲しいですね。
 (ただ…PSO2の世界観から言えば、SFのタイトル…キャストにも恩恵のあるコラボも、増やして欲しいものですが…)



 個人的には、日本ファルコムの『ガガーブトリロジー』のシリーズは印象深く。
 中でも『白き魔女』は、自分の好きなタイトルの一つです。

 最後に遊んだのは、もう随分と前になりますが…。
 今でも、エンディングの内容をよく覚えています。

 …結局、何が正しかったのか。
 そんな疑問を残す終わり方で。

 それは単純明快な、勧善懲悪のお話ではなく。
 自分に問いかけられるかのような…そんなお話でした。



 思い出したら、またやりたくなってきました…(´・ω・`)



 その後継(?)の『英雄伝説』シリーズも、『空の軌跡』は楽しませて貰いました。
 やっぱり、日本ファルコムのシナリオは、私の好みに合っているようです。

 生憎、『閃の軌跡』になってからはアークス業が忙しく、手を出せずにいますが…;



 本命が首尾よく手に入ったら、コラボ服とかも見繕ってみましょうかな…。



 …などと言っている間に。



 …いい感じに焼けてきたで…(´・ω・`)

pso20151208_205353_001.jpg
            (C)SEGA

 明日には、しげるんや…私(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百六十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は12月7日。
 朝方、職場から家に帰る道すがら。
 スマホ様の画面に映し出されるニュースを、ジッと見詰めていました。

 宇宙航空研究開発機構が、5年前に打ち上げた金星探査機『あかつき』。
 主エンジンのトラブルにより、最初の金星の衛星軌道への投入に失敗して後、太陽の周りを今の今まで周回していました。

 それが今朝方、姿勢制御用の小型エンジンで、探査機に残る燃料の全てを使い、最初で最後の金星の衛星軌道への遷移に挑戦したのだとか。

 設計寿命を過ぎて、動くかどうかも分からなかったエンジンは、予定通りに噴射を行ったという事で。
 どうやら、金星に向けての移動はできたようです。

 果たして探査機が、金星を観測できる形で軌道に乗ったのか。
 それがハッキリするのには、まだ二、三日かかるそうです。

 ただ、まぁ…。
 探査機から送られてくるステータス情報によれば、機能は十全という事ですし…。
 たとえ、期待通りの軌道に乗っていなかったとしても。
 今の『あかつき』が見る、宇宙の姿を見せてくれるだけでも…とも思います。



 5年越しの挑戦。
 そんな話を聞いただけで、嬉しくなれたのですから。



■考えすぎ?

 今日の出勤前に、マイルームを訪ねて来てくださったフレさんと、少しばかりお話する時間があり。

 『悩みってありますか?』

 …そんな事を聞かれました。



 それほど大した人間ではない鈴蘭のこと。
 人様に比べて、『悩み』と言えないような悩みであれば、いくつもあるように思います。
 ゲームの事であれ、リアルの事であれ、悩みらしい悩みというと…。

 …はてさて(´・ω・`)

 悩みが多い事はネガティブに捉えがちですが。
 ただ、一方で。
 その事柄の大小に関わらず、悩みを持つこと自体は、人が自身を成長させる絶好の機会ではないか…とも思います。



   We could never learn to be brave and patient,
   if there were only joy in the world.


    もしもこの世が喜びばかりならば、人は決して勇気と忍耐を学ばないだろう



 日本では『奇跡の人』とも言われる、ヘレン・ケラーの言葉です。 

 今の自分では成し難いと思うからこそ、今の自分を省みて。
 今の自分から変わろうと望み、考え、実行するのだ…と。



 何事においても…そうしたものではないでしょうか?



 悩めば全てが解決するわけではありません。
 結果の伴わないことも、当たり前のようにあります。

 …それを、ただの失敗としてしか見ないのであれば。
 決して、それ以上のモノは得られないでしょう。

 しかし。
 失敗の中、自身がどのように考え、実行したのか。
 その経験は、ただ成功するだけでは得られないもので。

 それを大事にするからこそ、自分というものの形を、確かに作ることが出来るのではないか。
 …そんな事も考えた鈴蘭です。



 そう、それがゲームであれ…。



■コメントのお返事
 …また、後ほど。

独り言 その七百六十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 以前にも少し触れましたが…。
 来週末には『褐色集会』が開かれます。

 この独り言をPCでご覧になっている方は、左カラムに告知が出ているので、既にお気付きかと思いますが。
 次回の集会は、今までの3鯖から場所を移し。
 チャレンジ用の共通鯖、B849にて開催される予定です。

 今回はイベント形式として、事前の募集に応えられた有志のモデルさんによる、『ファッションショー』が企画されています。

 今回は、ローカルイベントとは多少勝手の違う部分もありますので、主催されるヴォルフィードさんのブログ(コチラ)をご確認の上、お気軽にお越し下さいまし。

 当日は、鈴蘭もイベント運営のお手伝いとして案内などを致しますが…。



  …。(´・ω・`)



 これは…炭焼きトナカイの晴れ舞台ですかな。



 そしてもう一つ。
 Ship3でのローカルイベントとして、Esuteruさんがクリスマスに因んだ『ファッションショー』を企画しておられるようです。

 Esuteruさんのブログにて要項などが紹介されています。

 聞けば、モデルさんの募集もまだされているようですし…興味のある方は、奮ってご参加くださいませ。

 …と言っても、雑談などを交える緩やかな形のイベントのようですし。
 常の横丁のように。
 『なんとなく』で、足を運ぶくらいが良いのかもしれませんね。



 …更に追加で。
 私の方で提案させて頂いた、マイルームのイベント企画については。
 ヴァントさん、うにゃさん、まやまやさん、ハスワリさん、エリさん、クリシュナさん、しろたまさん、ヴォルフィードさん、リオさん、Esuteruさん…(順不同)…といった方々に、企画の趣旨を簡単に説明するメールを送信しました。

 実際に、どのように企画を進めるのか。
 不明瞭な点もあるかと思いますし、そこは詰めて行かねばなりませんが。

 どう繋がるか、何処まで繋がるのか。

 …それが楽しみになるような形になれば…と、思います。

 スタートは、今のところは鈴蘭のマイルームを想定していますが。
 これも、何れ大きな輪の中に入り。
 何処から始めても良いような形に。



  …なればいいなぁ(´・ω・`)



 年末年始に向けて、他にもイベントの企画のお話は耳にしています。
 無論、イベントだけが楽しみという訳ではありませんが。

 …いやはや。
 忙しくも、楽しい冬となりそうです。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百六十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日触れた、職場での年越し。

 どうにかして、大晦日のアークスシップに紛れ込めないものかと調べてはみたものの。
 職場にあるWi-Fiスポットは、どうやら私用では利用できそうになく。
 また、外来向けに設置されたものは、オフィスの位置の都合で、電波が届きそうになく。
 …別の方法を考える必要が出てきました。

 世のことに疎い、出不精な鈴蘭は知らなかったのですが…。
 ポケットWi-Fi…レンタルのモノもあるんですね。

 大晦日の一日だけ、こうしたものを借りるのも手でしょうか。

 タブレットなどを持ち歩くことは考えていないので、新たに契約してまで持つ事には躊躇いもありますし…。
 ちょっと検討してみますかな(´・ω・`)
 


■今日のアークス

 今日、公式サイトに2つのお知らせが出ました。
 そのひとつは、間違いなく慶事です。

 「PlayStation® Awards 2015」にて「PlayStation™Network Award」を受賞いたしました

 …PlayStation Vita版PSO2を評価された…という事なのでしょうね。

 これはPC版を主に遊ぶアークスには、ピンと来ない話であるかもしれません。

 何かにつけ、Vita版のインターフェイス関連、処理能力の問題は論われてきました。
 実際、鈴蘭自身にも思うところがあります。

 …しかし。
 物事の悪い点を見てしまいがちですが。
 PCと同じゲームを、携帯機で遊べる環境の実現を目指す…という事は。
 それは、遊びの間口を広げるための挑戦に他ならないでしょう。

 …それを、無意味と見る方もいるかもしれませんが。
 こうした挑戦を続ける事で、技術が育ち。
 更に先が望めるのではないでしょうか?

 出来ないことは出来ないことと、嘆くにしても。
 出来ることまでをも、悪く見てしまわないように。

 大樹の苗が大きく育つのも。
 苗が苗のままに枯れてしまうのも。
 私達、一人一人の『声』にかかっているのですから。



 評価する人がいなければ、こうした受賞など叶わない話です。
 本当に、何よりの事と思います。

 改めて…受賞おめでとうございます(´・ω・`)b



 …もう一つは…。

 『Google認証システム』導入予定のお知らせ

 この一年、こればかりでは無かった筈なのですが。
 今年のアークスを表す言葉の一つであろう、『OTP』。
 …この一連の出来事に、新たな筋道が出来ようとしています。

 ユーザーにとって選択肢が増える…という形ですが。
 実質的には、移行に向けた準備段階というとことでしょうか。

 対応の遅さを指摘する声も聞かれますが。
 トークンの事などを含めて、お金に関わってくる問題でもあります。

 事は何れ、私達への某かの『負担』という形にもなるでしょう。

 時間がかかったのは、そこにそれだけ慎重であった…ということではないでしょうか?

 

 まずは、事態が進展したこと。
 進展させてくれたことを、鈴蘭としては喜びたいと思います。
 


■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百六十

 大きいだけの鈴蘭です。

 私が日々のご飯を頂いているお仕事は。
 日曜、祝祭日の別なく、一年を通して業務が発生します。

 それは、盆暮れ正月とても例外ではなく…。

 スケジュールを組み立ててみたところ…今年の大晦日は、職場に詰めることに決まりそうです(´・ω・`)

 まぁ。
 休みの日であれ、働く人がいればこそ社会は回るのですし。
 今年は、私に番が回ってきた…というだけの事。

 ここは、一年の締め括りと思って、気を入れて働きます…;



 今年のアークスシップでの年越しは、無理かなぁ…(´・ω・)



 …そういえば。
 職場にWi-Fiスポットがあった筈ですし…。
 スマホでディザリングして、Vitaからアークスシップでの年越しを…という手も?

 …これは…ちょっと、確かめてみますかな(´・ω・`)!!




ー ◆ ー




 最近は忙しさに拍車がかかり、仕事の休憩時間にブログを回ったり、頂いたコメントにお返事をしたりも、満足に出来なくなっています。
 この状況は、まだまだ落ち着きを見そうにありません。

 あと一ヶ月は我慢…というところでして(´・ω・)=3

 ブログでお付き合いくださっている皆さんにおかれましては、色々と不義理を働いているようで…申し訳ありません。
 落ち着いた頃に、また改めてコメントなりもさせて頂きますので;



 今日から再び、400万ID突破記念の…合計400%という、破格のブースト週間が始まりました。
 
 各種緊急は言うに及ばず。
 ULTで手にしていないレアも、まだまだある鈴蘭です。

 仕事の忙しさは別として。
 ブログにしろ、ゲームにしろ。
 この機会に、出来る限りの事をしたいものです。

独り言 その七百五十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 門松は 冥土の旅の 一里塚
  めでたくもあり めでたくもなし


 『一休さん』でお馴染みの、一休和尚の言葉と言われています。
 …毎年、年末年始が近付くと、この言葉が頭に浮かぶ鈴蘭です。

 新しい年を迎えられるという事は。
 過ぎゆく旧年を、どうにかこうにか乗り越えたからに他ならず。
 それは喜ばしい事に違いありません。

 しかし、人の一生として見れば。
 また一年、限られた時間の終わりに近付いた…とも、考えられます。

 喜ぶべきは、大いに喜ばねばなりません。
 でも。
 物事は、自分の見ている一面だけで成り立っている訳ではない…という事を。
 喜びの中にあっても、心に留めておくべきなのかもしれません。

 そうでなければ。
 自身の喜びが他人を…巡り巡って自身をも…傷付ける事になるかもしれないのですから。



■今日のニークス

 今日、今年の『流行語大賞』が発表されていました。
 世情に疎い鈴蘭は、言葉を聞いてもピンと来ませんでしたが…。

 ふと。
 翻って、アークスの今年の流行語は何だったのだろうか…と、考えました。

 毎年、何かしら事件の起こるPSO2。
 『必滅』、『HDDバースト』、『DDos攻撃』…。
 その何れも、決して良いイメージの言葉ではありませんが。
 その一年の大事として、皆で振り返ることのできる思い出には違いありません。

 …それに類する、今年の出来事といえば…。



 やはり、『OTP』…でしょうか?



 今日、公式サイトに一つの告知が掲載されました。

  『OTPのアプリケーションで新規登録できない場合がある現象について(12/1 12:00更新)

 件のOTPの不具合について、状況に進展があり。
 その説明を…という事のようです。

 以下は、その転載になります。

 下記にてお知らせしておりました、携帯電話もしくはスマートフォンにて、ワンタイムパスワードを新規登録する際に、エラーが発生し登録することができない場合がある現象につきましては、11月27日(金)20:30に対策を実施し、11月30日(月)まで継続して監視を行い問題が発生していないことを確認しております。
 監視対応により、対策実施のご報告が遅れましたことをお詫び申し上げます。

 また、ワンタイムパスワードのアプリケーション「i-SecureOTP」および「SecureOTP」にて復元を行うことができない現象が発生しておりましたが、11月27日(金)20:30に対策を実施いたしました。

 対策の実施までに時間がかかり、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。


 …これを読んで、首を傾げた鈴蘭です。



 この説明では、アプリの登録ができない事を運営が詫びていますが…。
 この『お詫び』とは。

 登録できないアプリをアナウンスしていることを詫びているのか。
 アプリに不具合があったこと自体を詫びているのか。

 …その点が、曖昧であるようにも見受けられます。

 前者であれば、私でも理解できるのですが…。
 後者であれば、セガが詫びるのは筋が違うようにも思います。

 …私の理解が足りないせいで起こる、取るに足りない誤解なのかもしれませんが。
 この言葉を、そう受け止める人もいると思って頂いて。

 ここで敢えて。
 今少しの説明を…と、願う鈴蘭です。



 『流行語』…そんな言葉だけが、何処かの遠くに、宙に浮いて存在する訳ではなく。
 その時々において。
 私達は、当事者の一人として、確かに関わってもいるのですから。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百五十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日…というか、投稿日付的には今日からですが。
 師走の始まりです。

 本当に…一年も、あっという間です;

 為すべきを為さず、ただただ無為に過ごしてきたからこそ、私は時間を短く感じているのでしょうが…;

 日々を実りあるものに。

 それは、実際に実らなければ意味がないのではなく。
 実りあるものにしたいと望む、その人の姿勢にこそ、意味があるのだとも思います。

 今年も残り僅か。
 せめて、今からでも…。
 そんな事を、今更ながらに考えた鈴蘭です。



■今日のニークス
 以前から考えていた、マイルーム訪問型の双六イベントについてですが…。

 最初に考えていた、マイルームグッズ『アノサイコロ』を使って各マイルームを繋ぐ…という構想から、少し手直しをしようと思います。

 この企画のこれまでを見直してみて、改めて感じたのは。
 『アノサイコロ』の六面全てにフレさんを繋げる…という当初の構想は、参加の前提条件としてハードルが高く。
 イベントに参加する上で『(他の参加者と重複しない)フレさんを六人、必ず繋げなければならない』…と、参加者に受け取られてしまうと、協力を求めていくのも難しくなります。

 …そこで。
 マイルームを『数珠繋ぎ』の形…フレさんを一人、紹介するように…マイルームグッズ『ウェルカムマット』に、次の行き先を記入して設置。
 一人一人のマイルームを、順を追って訪問していく…。

 そうした形にしてみようかと考えました。



 マイルームは、その当人が居なくとも、その人の人柄…内面を偲ばせるものがあり。
 自身の空間に人を迎えるに当たって、その人は何を見せてくれるのか。
 何を見せようとしてくれるのか。

 …それに触れられるだけでも、意味があるのではないか…と、思います。

 たとえ、直に誰かに出会うことがなくとも。 
 そこから生まれる縁もあるのではないか…と。



 実際の参加に当たっては、『ウェルカムマット』に『鈴式マイルーム訪問イベント』等と、(参加する上で、訪問者を歓迎する…そんな前提条件を了承する意味を込めて)合言葉を入れ、次の紹介したいフレさんのIDを記入して設置。

 何かギミックで楽しませようというのなら、それは各個人の任意。
 また、複数のフレさんを紹介したいというのであれば、『アノサイコロ』を利用するも良し。

 …そんな形で、各マイルームを繋いでみようかと思います。

 開催期間は不定。
 取りあえずは、年末年始の時間を利用して、挨拶回りも兼ねて楽しめれば十分でしょうか。



  こんな形で如何でしょうかな(´・ω・`)?



 また、何人かのフレさんに協力をお願いにも伺おうかと思います。
 よろしければ、ご一考くださいまし。



■コメントのお返事
 …また後ほど。