独り言 その七百十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日の15時。
 PSPo2iのサービスが終了しました。

 かつては足繁く通ったクラッド6ですが。
 オラクルに移ってからは、すっかり足も遠のいてしまいました。

 一度、そこに別れを告げて出た身としては。
 これまで続けてきた人達に混じり、最期を見届けるのも悪いように思え…。

20150929115135.jpg
              (C)SEGA

 こうして一人、ロビーで絵を眺めて過ごしました。


 
 ここから、今の全てが始まったのだと思うと。
 もう、ここに来れなくなるというのは、寂しくもありますが。

 …ただ、だからこそ。
 これからも変わらない思い出として、区切りがついたのだとも思えます。

 良い事、悪い事…色々でしたが。
 ここでの時間は、いいものでした。

 ありがとう。

 …全てに対して、それ以上はありません。



■今日のアークス

 ディアボイグリシス。
 先日の修正を受け、俄に賑いを見せているナベリウスULTに登場する、世壊種(NA)の大型ボスです。
 
E38387E382A3E382A2E3839C2E6A7067.jpg
引用:PSO2 ファンタシースターオンライン2 攻略 Wiki
              (C)SEGA

 その姿から、アークスから『鳥』などと呼び習わされていますが…。
 この『鳥』に関しては、ナベリウスULT実装当初から、アークスの間で一つの憶測が飛び交っていました。

 壊世区域に足を踏み入れるアークスには、以下のアナウンスがされます。



  惑星ナベリウスの局所地域にて異常値の観測とともに環境が劇的に変化する原因不明の現象が確認されている。
  周辺では原生種の異変も確認されておりこのまま放置しておくわけにはいかない。
  かの地域……「壊世区域」の調査と原因究明として、一定以上の能力を持つアークスの派遣を行う。




 このアナウンスの中にある、『原生種の異変』という言葉から。
 世壊種には必ず、元になる原生種が存在する筈…と思われるのですが。
 『鳥』には、それらしいモノがラッピーしかないのですね。

 そう思って、改めて『鳥』を見上げて見ると…。

  …コレ、ラッピーかよ…(´・ω・`)デケェ

 事の真偽は明らかではありません。
 しかし実際、このナベリウスULTにおいて、ラッピーの登場はなく。
 その点が、『原生種が変異した』という推測の根拠となっていたのですが…。

 先日のアップデート以降。
 炎の雨の降り頻る灼熱の森に、唄うラッピーが現れるようになりました。

 個人的には、☆13の追加実装よりも、この変化に関心が大きかった鈴蘭です。



 これは、運営からのメッセージなのでしょうか?

 思えば…ラッピーがフォトンの変調だったかで変異してナヴ・ラッピーになる…という話でしたし。

 『ラッピーの変異した姿が、ディアボイグリシスである』

 …そんなアークスの推理に、修正を促すもの…とも思えます。

 これに関して、公式のコメントがなかったように思いますし。
 その変化をどう受け止めるかは、我々アークス次第…という事になりますが…。

 はてさて。
 種の進化の失われた繋がりを、皆さんはどう埋めていかれるでしょうか(´・ω・`)?



 まぁ、個人的には。
 カジノで流暢に言葉を操るリリーパに、何があったのかも非常に関心があるのですがな…。

 アークスお得意の、機械化手術でも受けたんじゃないかと思ってもいたり…。

 …いや。
 実は、此処がホントの壊世区域…(´・ω・`)!?




■コメントのお返事
 …また後ほど。
スポンサーサイト

独り言 その七百十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日は中秋の名月としたものの…。
 ホントの月の見頃は、今日らしいですね(´・ω・`)

 国立天文台によると、月は、地球の周りを楕円形の軌道を描きながら回っているらしく。
 このため、地球と月の距離は平均では約38万4000kmとなりますが、月が地球に最も近づく時と最も遠く離れた時では、約5万kmもの差が生じるんだそうです。

 5万km…。
 地球の赤道を一周して約4万kmと言います。
 『差』というには…人間にはあまりに大きいスケールですね;

 月が地球に最も近づいて大きく見える満月は、スーパームーンと呼ばれ。
 9月28日の今夜の満月は、今年最も小さかった3月6日の満月に比べて、大きさは直径の比較で1.14倍となり、3割ほど明るく見えるのだそうです。



 …2割3割当たり前か…流石スーパー…(´・ω・`)!!



 …そんなわけで?
 なんとなく、トナカイさんが月を待つ図。

トナカイの日々
            (C)SEGA

  アークスシップからの月は、相変わらずじゃの…(´・ω・`)

 関東では天気が優れないようですが、未明には晴れるそうで。
 普段より大きな月を、直に見ることが出来るかもしれない…との事。

 平日とあって、夜更かしも難しいかもしれませんが。
 たまの『遊び』と思って、望んでみても良いかもしれませんね。



■考えすぎ?

             〒 〒
             (´・ω・)
 フハハハハ
      -=≡⊂⌒っ 熊 )っ
                  Presented by うにゃ

 …最近は空も飛ぶようです。
 ※注:首が離れて見える方は、PC用のブログのテンプレートと、携帯向けテンプレートでの表示の差異によるものです。
 怪奇現象ではありませんので、ご安心ください(´・ω・`)


 トナカイの姿で熊と呼ばれ。
 豚の面貌で人の言葉を操る。

 さて。
 そんな鈴蘭の姿とは一体?



 自ら進んで広めた訳でも無いので。
 時として、腑に落ちないものを感じることもありますが…。

 ただ、鈴蘭の…私の一面を表すものだというのであれば。
 そうして、言葉が当て嵌められていくのは、喜ばしいことでもあるのでしょう。

 言葉だけの、仮想の『私』という…形の無いそれに。
 言葉だけでは無い、形が与えられた。

 それは、『私』が鈴蘭であることの証のようなものでしょうから。



 ただ…。
 これは『私』に紐付く意味であり。
 必ずしも、他人にまで意味があるわけではありません。

 言葉の力。
 それは、たとえ同じ言葉であろうとも。
 受け取る人によって、重みが変わるもの。

 受け取る人だけでなく。
 発する人が、弁えるべきもの。

 『私』だけではなく。
 日々、日常的に使う言葉全てに。
 人それぞれの意味があるということを、忘れないように。

 …そうでなければ。
 遠く響く言葉によって。
 人の間に縁を繋ぐのではなく。
 人の間に壁を作ってもしまうでしょうから。
 

 

独り言 その七百十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 今夜は中秋の名月。
 古くより、最も美しく輝く天上の月を楽しめる日とされています。

 しかし、この中秋の風習が中国から伝わった頃の平安の日本では。
 『観月(かつては月見をこう呼んだそうです)』の宴では、月を直接に見上げるのではなく。
 船上から見下ろした湖面や、盃に満たした酒の水面に写し込まれた月の姿の、さざなみに揺れる様を見て楽しんだそうです。

 定まらない、朧げなそれこそが面白い…ということなのでしょうが。
 …それは、現代とは趣が違うようにも感じます。



 それは、人の見方が変わったのか。
 それとも、世の在り方が変わったのか。

 朧であるよりも。

 …そんな意識が、今。
 私に月を見上げさせているようにも思った鈴蘭です。



 …しかし、残念な事に。
 聞けば、この時期は西日本で晴れる確率が低いそうで…。
 今日も生憎の曇り空だったりします。

 …なので。

pso20150927_214246_001.jpg
            (C)SEGA

 今宵の名月は、仮想に写し込まれた此処で。



■考えすぎ?
※2015/09/28 4:50 追記

 『今、必要なもの』
 
 得てして、そうして思いつくものは。
 本当に大事なもの…物事の核の部分と、ズレている事が多いようにも思います。

 自分が求めている。
 …ただそれだけでは、実際の形に足りず。

 他人から求められている。
 …ただそれだけでは、理想の形に足りず。

 求め、求められる。
 ただ『それだけ』では、きっと足りない。
 お互いが、大事なものとは思っていないもの。

 …それこそが、必要なものではないか…とも思います。



 『今、必要なものとは何か。』

 仮に、誰かにそう問われたとしても。
 その答えを、鈴蘭は持ち合わせていません。

 鈴蘭の考えは在りますが。
 それでは…それだけでは、問いの答えにはなり得ないでしょう。

 人に答えを求めるのではなく。
 人に意見を求める。

 それは余計と感じるでしょうか?

 …そうかもしれませんね。
 或いは、随分な遠回りをするかもしれませんから。

 ただ、こうも思う鈴蘭です。

 誰かの答えだけで、必要なものが全て賄えるというのなら。
 其処に『私』というものは、必要なくなるのではないでしょうか…と。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

 

独り言 その七百十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 秋分の日も過ぎ。
 朝晩は言うに及ばず、日中の暑さも随分と和らぎました。

 既に夏は遠く。
 もうすっかり秋なんですね…。



 そして、この季節になるとやってくるイベントが…。

 定期健康診断…です(´・ω・`)



 毎年恒例ではありますが…個人的には、このイベントが酷く憂鬱だったりします。

 秋の健康診断には、血液検査が含まれており。
 決まって注射が打たれるのですが…これが苦手でして;



   看護士さん『はーい、採血しますねー』
   看護士さん『袖を捲って、お好きな腕を出して頂けますかー?』

   (´・ω・) お、お願いします…
  (つ    )

   看護士さん『…んー…反対の腕もいいですかー?』

   (´・ω・) ア、ハイ
  (つ    )つ

   看護士さん『…んー…?』

   (´・ω・) ……。
  (つ    )つ

   看護士さん『私じゃ無理なんで、別の人呼んできますねー』

   〒 〒
   (´・ω・) えっ
  (つ    )つ

 血管が平均より細いらしく、注射の難易度が高いようで…。
 看護士さんが、私の腕をアルコールで入念に擦り上げながら、『どれよ…?』と言わんばかりに目を凝らすのが常だったりします。

 これから針を刺そうという人が、自信なさげにしていては、こちらとしても不安を煽られる訳で…。

  …どうにも苦手なんです(´・ω・`)

 こういう苦手意識の克服法って、何かあるんでしょうか…。
 何か簡単なものがあれば、知りたいものです;



 ちなみに。
 最近ツノが出すぎ…というご意見を頂いておる鈴蘭ですが。
 笑いの基本には『反復』というものがあってだな…(´・ω・`)?




■今日のニークス

 今日は各種のアップデートが実施されました。
 それに合わせて、課金アイテムのお買い得パックの販売もされています。

お買い得201510
            (C)SEGA

 ここで販売されている『初心者お買い得パック』は、個人的には重宝しています。

 サブキャラを作るのは良いのですが、インベントリの上限がデフォルトの50だと、服を持たせ、消費アイテムを持たせ、装備を持たせ…それで一杯になってしまいかねません。

 かと言って、上限を拡大させるにも…キャラクターの稼働率を考えると、投資に見合うだけ動かすのか…そこが疑問となり、なかなか手が出ないのですね;

 そういうケチ臭い鈴蘭には、まさにピッタリのパックです。
 新規さん向けの商品ではありますが、良い機会ですし…有り難く、今回も一つ買わせて頂こうかと思います。



 …あとは…。
 今回はスクラッチ券27回分を4,900AC(5,400AC相当分)、56回分を10,000AC(11,200AC相当分)で販売してるんですね…。

 今回のスクラッチは『ネプテューヌ』のコラボですか…。

20150924.jpg
            (C)SEGA

 服のデザインは良さげなのですが…。
 『可愛い』成分の乏しい、ウチの娘達には難しそうにも…;

 個人的には、三人娘にはフォーマル系がしっくりくると思っているんですよね(´・ω・`)

 …それとも、私の性格がそう思わせているだけなんでしょうか…。
 ちょっと考えてしまいます;



 まぁ、今回のコスが似合う似合わないは別として。
 折角ですし、給料日前ではありますが、先で使うことも考えて…ここは奮発して、スクラッチのパックを買い置きするのもいいでしょうかな。

 また、財布が軽くなる…(´・ω・)=3



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 昼夜逆転の生活を送る鈴蘭は。
 毎夜20時頃に起き出して、出勤までの2時間余りをPSO2にログインして過ごします。

 ログイン、とは言え…緊急に一回参加できれば良い方で。
 大抵は、出勤準備などで大半の時間が潰れてしまいます。

 それでも。
 馴染みの人と一言二言交わすだけでも…と。

 鈴蘭にとっての平日の夜とは、そんな時間です。



  ■■■   (・ω・`) 今夜は予告禍津…
  ■■■  (つ と )  みんな忙しくしてるかな…


  ■■■   (・ω・`) まぁ、横丁でのんびりするか…
  ■■■  (つ■と )  …OTP入力…と


pso20150923_201122_001.jpg
              (C)SEGA


          〒 〒
  ■■■   (・ω・`) えっ
  ■■■  (つ■と )


 8月末に発生したワンタイムパスワード…OTPの認証障害は、記憶に新しいところです。
 9月16日に収束宣言が出され、補填や事後の対応なども決定しましたが…。

 この22日の晩に再発したらしく。
 この日は間もなく沈静化したようですが、明けて23日の今晩に再度発生。
 運営が対応に追われる事態になりました。

  9/23 ワンタイムパスワードに関する障害発生のお知らせ

 少なくとも、20時から22時の間、鈴蘭はログインが叶いませんでしたが…。
 Twitterなどを見るに…私に限った話ではなく、フレさん達もログインできずに往生しているようで。 
 なかなかに、大きな騒ぎになっているようです。

  (´・ω・`)流行りモノに疎い私が、当事者になるとは…。
  (´・ω・`)…。
   〒 〒
  (´・ω・`)波に乗ったか、私!?



 現象としては、前回の認証障害と似通っているようにも見えますし、『再発』…なんでしょうかね、これは。

 明日のアップデートを前に、少しばかり不安も感じます。

 コンテンツの追加も大事でしょうが。
 少しだけ立ち止まって、安心して遊べる環境の整備…というものにも傾注して頂ければ…と、思う鈴蘭です。



■今日のアークス
 上記とは別の話になりますが…。

 先日より、チームメイトの一人に『Eトラが発生するとAltキーがロック状態となり、キーボードでの操作が不能になる』という現象に悩まされている方が居ます。

 キーロックに関しては、Windowsのユーザー補助機能の一つで提供されていますが。

 このフレさんの場合、その設定は無効にしているにも関わらず、特定のタイミング(Eトラの発生)で強制的に設定されるらしく…。

 Eトラが発生すると、キーボードからはロビアクしか実行出来なくなり、チャットも不可。
 F4キーを押すと、アプリケーションの終了ダイアログが表示され。
 そこからPSO2を終了させても、Altキーのロック状態は解除されず。
 再起動して漸く…という状態なのだとか。

 多機能型のキーボードやマウスでは、マクロキーが標準で備わっており、其処にAltキーが割り当てられていることもありますが。
 この方の場合は、そうしたキーはあっても、Altキー関連の割当はしておらず。
 当人の誤操作による何か…というのは考え辛いようです。

 何より、他の何かでも発生する訳でなく。
 PSO2のEトラ限定で発生する…というのが不可解です。
 ドライバ関連、BIOS関連、ハード関連…何れに起因するにしても、『そのタイミングで』というのが…;

 OS(この方はWindows7を使用)のクリーンインストールをしても再発するらしく。
 ハードかBIOSが怪しいと鈴蘭は見ているのですが…何分、素人なもので;



 フレさん方に呼び掛けて、情報を募ったりもしているのですが…。
 寡聞にして、そのような不具合は聞いたことがないので、どうにも(´・ω・`)

 此処をご覧になられている方で、似たような症状を見聞きした事がある方がいらっしゃれば、ご一報下さると助かります。



 宜しければ、ご助力賜りたく(`・ω・´)ゞ



■コメントのお返事
 …また後ほど。 

独り言 その七百十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 PSO2の話ではありませんが…

  【PSPo2i】インターネットマルチモードのサービス終了について

 来週の9月29日(火)の15時をもって、PSP版のファンタシースター…『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』のインターネットサービスが終了します。

 今では、このPSO2においてアークス業に勤しむ毎日ですが。
 かつては、リトルウィングの一員として活動していました。

 『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』の発売が2011年2月24日(木)という事は…。
 あの日々から、もう4年が経つんですね…。

 早いように感じますが…でも、まだそんなものなんですね;



 あの日々が無ければ、今はありませんでした。

 かつての私には、今の私を全く想像出来ませんでしたが…。
 ただ…振り返ってみれば、こうなったのも必然だったようにも感じます。

 それを思うと、不思議なものですね…。



 …無くなるという前に、もう一度だけ。
 帰るのではなく、訪ねてみようかと思います。
 あの場所を。



■考えすぎ?
※2015年09月23日04:30 追記しました。

 先日のPSO2放送局における発表について、ある程度、自分の中で形になってきたようにも思います。

 木曜日のアプデを前にして。
 …少しばかり、独り言。



 今回の発表の中、鈴蘭が気になったのは二つ。
 『ウェポンブースト』と『新☆13インヴェイドシリーズ、オフスティアシリーズ』です。

 昨今、新規と中堅以上の差というのは著しく。
 最新コンテンツに参加はできても、装備面で遅れをとって、戦闘を辛く感じる新規の方は少なくないと思います。

 この種の問題は、サービスを一定期間以上提供しているネットワークゲームにおいては、よく見られるものであるでしょう。

 PSO2は、課金の有無やプレイ期間の長さによって出来る差が(議論の余地はありますが)そこまで大きいものではないと思います。

 しかし、それでも…新規と中堅の差というものは出来てきます。

 その差を埋める…いえ、差を感じる新規の人達を、中堅の入り口にまで引き上げるのが、この2つの要素なのでしょう。

 コンテンツの達成に求められる、最低水準の引き下げ。

 …そうしたものだと、鈴蘭は受け止めています。



 ただ…この手法には、疑問を感じなくもありません。



 『出るまで繰り返し、ひたすら掘る』のが、ハクスラの本来というもので。

 見渡す限りの荒野の真ん中。
 粗末なスコップを一本渡され。
 ただの地面を指し示され、『好きなように掘ってください』…それが『遊び』という…。

 しかし、昨今のゲームの風潮を鑑みるに、その本来では、ユーザーに対して間口を広く持てません。
 
 『すぐにでも一番の楽しさを』

 そうしたものが求められている中で、先の見えない目標…断絶した未来に向かって、『自分のしたいことの何か』から探す…というのは、言ってしまえば『面倒』です。

 このPSO2は…私の主観的な考え方に拠るものですが…アークスとしての自身と、ゲームの目標の間に、こうした断絶があるように思います。

 自分自身で、その断絶を埋める。

 一見『面倒』で、分かりにくくはあっても。
 それが『楽しさ』なのだろう…と。



 その『面倒』を簡単にしようというのであれば。
 スタンダードとなり得る装備…クラフト武器や赤武器がそれに当たるでしょうか…を与え。
 『それを元にして、頑張りましょう』というのが、一つの方策であろうと思います。

 掘るためのスコップを与える。
 或いは。
 掘るための道具の作り方を示す。

 …そうして、自らの力で掘ってもらう。

 ただ。
 掘るべきは荒野の真ん中。
 指し示すのはただの地面。
 この点は、変わるべきではない…と、思う鈴蘭です。



 坑道を示し、『この先に進めば、成果が得られます』と教えるかの如きは。
 それは、ともすれば『遊び』を『作業』と誤解させてしまうのでは…と。

 その坑道の先にある『成果』とは。
 必ずしもゲームの唯一の目的というわけではなく。
 自身の目的に至る(かもしれない)、上等なスコップが…手段の一つが有る、と言うに過ぎないのではないでしょうか?



 坑道の存在を知りながらも。
 自身で新たに穴を掘り進める。

 そうした行為に報いよう…という気持ちは、有り難いものです。
 努力が報われる…それが確かであれば、人の励みにもなりますから。

 ただ…この点が上手く表現できないのが、もどかしい限りですが…。

 心から感謝しつつも、ある種の疑問も感じるのです。



 私は、与えられた仕事の対価としての報酬を期待しているのでしょうか…と。



 荒野の真ん中。
 粗末なスコップで穴を掘る。

 先の見えない、傍目には無駄とも言える行為。
 其処に見出す『やり甲斐』とは。
 また、別の何かであるような気がするのです。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百十

 大きいだけの鈴蘭です。

 何かとオフラインでのイベント事が多いPSO2ですが。
 地方民にとって、PSO2のイベントの多くが関東中心に展開するのは、やはり辛いものがあります。
 諸条件から言って、首都圏でイベントを開催する…というのが、合理的なのは理解しているんですが…;

 何かのついでに行ければいいんでしょうけど…そうそう東京に行く機会もありません…。
 仮に、いざ行くとなったとしても、新幹線で片道2時間あまり。
 旅費も2万円は掛かります。
 たかだか2時間の旅ですが…旅慣れない鈴蘭にとっては、されど2時間なのです(´・ω・)=3

 遠い異郷での催し。

 …そんな認識でいた、オフラインのイベントですが…。



 「PSO2アークスカフェ」がスイーツパラダイス 四条河原町店にてオープン決定!

  (´・ω・`)…なんか来た。

 縁遠く感じていたイベントの一つ、スイパラの『PSO2アークスカフェ』が、近く京都に出店されるようです。

 京都四条河原町。
 鈴蘭の塒から、阪急電鉄などを利用して片道1時間、運賃500円ほどの距離です。

 新幹線で小旅行…というより、遥かにハードルが低くなりました。

 行って、食べて、帰って3時間。
 予算も合計3,000円ほどと、非常にお財布に優しい。
 …出不精(吝嗇か?)な鈴蘭にも、十分許容範囲なお出かけプランです。

 しかし。
 最大の問題は、どちらかというと…実は其処には無かったりします。

  (´・ω・`)食べ放題…。

 食の細い私にとって、外食というのは非常に気が重いものであったりしまして。
 例え好きなだけ…と言われても。

  ・゚・(´・ω・`)・゚・ お、オレンジジュースだけで…!

 そうして、ランチタイムの食べ放題で、ジュースだけ飲んで帰る…なんて事も。

 アークスカフェのメニューを頼んだところで、食べ切れないのは目に見えています。
 それが分かっていて注文するのは、あまりに勿体無い事です。
 …折り詰めにして持ち帰りが出来れば、まだしもなのですが…。



 距離が近くなろうとも、やはり遠くに在る…鈴蘭にとっては、そんなイベントですね;



  (´・ω・`)アークスカフェ…かぁ。

  ???『いやいや…繁華街に熊出没って、普通に事件やん?』

  (´・ω・`)…。

   〒 〒
  (・´ω・`)…えっ?



(´・ω・`)
幻聴が聞こえるとは…ヤレヤレだぜ…。




 しかし、この京都の出店期間って…大阪の感謝祭開催日とは被らないんですね;
 色々と都合のあることでしょうけど、ちょっと意外にも感じました;

 出来れば、5都市で開催する感謝祭に合わせて…或いは、会場内で。
 アークスカフェの出張販売などしてくれると有り難いのですけど…。

 (´・ω・`)難しいかのぅ。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百九

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近は緊急クエストの『禍魂集いし戦道』が発生する度に、Fiにクラスチェンジして最奥部を目指しています。

 ガルグリさんがドロップする、あのダブセに用があるのですよ(´・ω・`)!!

 …と、力強く口にしたところで。
 此方に用があっても、向こうが振り向いてくれるかは別の問題です。

 望むほどに遠く感じる。
 遠く感じるほどに望み、続ける。

 …いやはや。

 なんとも楽しいものです。
 アークス、というものは…。



 今日のPSO2放送局では、次回以降のアップデートについての内容の発表があり。
 その内容に、色々と思うところのある方は、少なくないように見受けられます。
 かく言う鈴蘭自身にも、思うところはあるのですが…。
 それは、また何れ改めて…。

 ただ…敢えて今、一つ言えるとすれば。
 今回の発表に思うところがあっても、鈴蘭の『欲しいもの』に変わりはなく。
 自身の中の何かが変わるわけでもないという事。

 鈴蘭は鈴蘭として。
 …ただそれだけ、です;



■考えすぎ?

 『山吹伝説』と呼ばれる、日本の故事があります。

 これは、室町時代に関東地方で勢力を誇った武将、太田道灌(おおた どうかん)の逸話とされるもので。
 落語においては、この話を元にした『道灌』という演目がある、有名な話だそうです。

 概要としては…Wikipediaから例をお借りしましょう(´・ω・`)



 道灌が父を訪ねて越生の地に来たところ。
 突然のにわか雨に遭ってしまい、道灌は近くの農家で雨具を借りようと立ち寄りました。
 家から出てきた若い娘に『蓑(みの)を借りたい』と、道灌が求めると。
 娘は『お恥ずかしい事ですが』と、そっと一輪の山吹の花を差し出したのです。

 蓑を借りようとしたのに花を出され、道灌は娘に馬鹿にされたように感じ。
 内心腹立たしく思いながらも、そのまま黙って立ち去りました。

 後に、この話を家臣にしたところ。
 それは後拾遺和歌集の『七重八重 花は咲けども 山吹の 実の一つだに なきぞ悲しき』の兼明親王の歌に掛けて、『山間(やまあい)の茅葺きの家であり、貧しく蓑(実の)ひとつ持ち合わせがない』ということを奥ゆかしく答えたのだろう…と、教えられました。

 自身の教養が足りないが為に、娘の意図を察することが出来なかった。

 それを理解した道灌は、古歌を知らなかった事を恥じて、それ以後は歌道に励み、歌人としても名高くなったのだそうです。

 【Wikipedia:『太田道灌』より



 今、自身に向けて差し出された、一輪の花。

 …しかし、私の見ている花は、花でしかないのでしょうか?

 私が正しいと信じる何かが、ただの花であると見せているだけではないのでしょうか? 


pso20150920_002101_007.jpg
             (C)SEGA

 人との関係の事であれ。
 考えに触れる事であれ。
 物の価値に関わる事であれ。

 いつも私が見ている風景は、私の視点が見せるもので。
 その風景は、私が見たいと望むものに他なりません。

 それは、『正しさ』などではなく。
 ただ一方から見た、というだけの事。

 それは、当たり前過ぎるほどに当たり前で。
 当たり前だけに、忘れがちなこと。

 示されたものと、求められているもの。
 …その距離を思った鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百八

 大きいだけの鈴蘭です。

 台風18号において、北関東以北で大きな被害の出た、河川の氾濫災害。
 これに、セガは義援金を送る事に決めたようです。

  『台風18号の大雨被災地支援の募金活動について

 今回は、ネパールへの義援金とは違って、セガが既に売り上げているお金から出される形のようです。
 個人的には、個別の形式でないのに些か寂しくも感じるのですが…。
 『早さ』を第一に、必要とする人に届く形としては、これで良かったのかも…とも思います。



 何が最善なのか。
 その場その場でそれを見つけ出すのは、なんとも大変な事ですね…(´・ω・`)



■今日のニークス

 今日は、『ファンタシースターオンライン2 EPISODE 1&2 設定資料集』の発売日でした。

ファンタシースターオンライン2 EPISODE 1&2 設定資料集
              (C)SEGA

 フレさんの中には、書店や通販で事前予約した方が多いようで。
 鈴蘭も、通販で予約をしようかとも思ったのですが…。

  (´・ω・`)当日、朝イチに行けば買えるんじゃ?

 …などと思ってしまい。
 発売するその日まで、特に手を打たずに過ごしました。



ー ◆ ー




 そして迎えた、発売日の今日。

 仕事を終えて塒に帰り。
 いつものようにインをして。
 朝の日課を済ませて、時計を見れば10時前になっていました。

 近所の本屋の開店時間は11時。
 その本屋までは、片道徒歩10分というところです。

  (´・ω・`)やっぱり、早めに行くのが良いよね…。

 開店まで、本屋の前で待つのもいいでしょう。
 心配性な鈴蘭は、出立しようかと立ち上がり…。

  (´・ω・`)あ、緊急どうなってるんかな?

  wiki『11時:戦道』

  (´・ω・`)…。

 避けて通れない道は、此処に在ったのですね…!!

 緊急に参加して、終わってから出たとすれば、本屋に着くのは12時前になります。
 早々に売れてしまわないか、心配ではありましたが。
 縁があれば出会える筈と信じ、ここはアークスとして頑張る事にしました。



ー ◆ ー




 時計は11時40分。
 緊急を終えて、取るものも取り敢えず塒を飛び出しました。

 見上げれば、生憎の空模様。
 僅かながらに、雨も降り出していました。

  (´・ω・`)まぁ…いけるやろ!!

 根拠のない自信を持って、傘も持たず本屋を目指した鈴蘭です。



 …しかし。
 本屋はいけません…魔窟です。

 お目当ての設定資料集は無事に見付けられたものの。
 それを手にした安心感からか、久しぶりの店内をウロウロ。
 新刊やら買い逃しやら、面白そうなのをアレコレ物色してしまい。

 気付けば、『魔法使いの嫁』や『GANGSTA』を持ってレジに…。

  (´・ω・`)…アレ…なんで財布が軽いん…?

 そんな本屋の不思議(?)に首を傾げつつ。
 …予定外の買い物で、少し重くなった手提げ袋を抱えて帰路に就きました。

 途中、まるで狙ったかの様に降る、スコールのような激しい雨にも見舞われてしまい。
 傘を持って出なかった事を、心の中で泣きながら後悔したりもしましたが。
 本屋の手提げ袋がビニール製だったこともあって、本を濡らさずにどうにか塒に帰還することができました。

 帰り着いて、思わず安堵の溜め息を漏らしたのですが…。

 …しかし。

  お陰で、風邪をぶり返した阿呆です(´・ω・`)



 皆さんは、天気の悪い日は、ちゃんと雨具を持って出ましょうね…;



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百七

 大きいだけの鈴蘭です。

 現在、セガでは東京ゲームショウとSympathy2015に合わせて、セガID利用者を対象としたアンケートを実施しているようです。

tgs_sega.jpg
              (C)SEGA

  アンケートに答えるとPS4が貰えるんか…(´・ω・`)

 今度、PSO2がPS4でも出るという話も聞きます。
 今のPCから乗り換える事は考え辛いですが、PS4を持っていない鈴蘭としては、『これを機会に』というのも…。

  本体価格も引き下げられたしのぅ(´・ω・`)

 関心が高まっているのは感じるのですが、いざ買うとなると踏ん切りがつきません;
 先ずはアンケートに応募して、夢に手が届くものか。
 ここは一つ、運試しといきますかな。



■考えすぎ?
 ここ最近。
 ゲームへの『飽き』を口にする人を見掛ける機会が増えたようにも思います。

 曰く『やることがない』…そんな嘆きを。



 ゲームの何処に価値を見出すのか。
 それは人それぞれに違いがある為、主観的なモノの『有る』『無し』で計れはしないと思います。

 その人にとって、有価値と評するに足るモノが無い。
 …その嘆きは、他者には容易に知り得ないでしょう。

 例え同じモノを前にしても。
 人が持つ、モノの価値は一様ではないのですから。



 …ただ、それでも敢えて…と言うのなら。



 アメリカの詩人、サミエル・ウルマンという方が書いた『青春』の詩というものがあります。
 太平洋戦争終結後、日本にやってきたマッカーサー元帥が座右の銘とした事で有名な詩なのだとか。

 その一節に、こんな言葉があるそうです。



   人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

   人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

   希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる



 …鈴蘭なりの解釈ですが。
 『青春』とは、多感な青少年の時間、その一時期を指す言葉ではなく。
 精神の在り方を指す言葉であって。

 前向きである限り、人の精神は若々しく。
 前向きである限り、人の精神は老いることが無い。

 これは、そんな意味であるのかもしれない。
 …そんな風にも思えます。



 私達が普段親しむ仮想の世界においては、肉体の老いはなく。
 どれだけ時間が過ぎようとも、キャラクターの姿形は変わりません。

 ある意味これは、形の上では永遠に『青春』を謳歌することに通じるのかもしれません。

 それは、現実の時間の流れとは違います。

 …しかし。
 現実に生きる私達の『青春』の終わりは、肉体に老いの無い仮想において、則ちキャラクターの『老い』…ひいては、『死』に通じるのではないでしょうか?



 コンテンツが。

 …それは原因に挙げられるでしょう。
 しかし…『飽き』とは、果たして全て其処に起因するものなのでしょうか…?



 私は、触りの良い言葉で、私の中の別の『何か』を都合良く隠しているのではないか。
 …そんな事を考えた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百七(…のようなもの)

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は、先月末の臨時出勤の代休でお休みを頂きました。
 常とは違うタイミングで、独り言のお休みとなります。

 一日だけですが…アークスを頑張ってきますぞ(`・ω・´)ゞ

pso20150915_231657_000.jpg
            (C)SEGA




  (´・ω・`)…え? シルバーウィーク?
  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)ナニソレ?

 連休の方が仕事が増えるという立場なので、世間様のカレンダー通りにはならないのですね;
 まぁ、社会はこうして回るのですし…嘆くには値しませんが…w;

独り言 その七百六

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日の大雨の件で心配していたチームメイトは、幸いにして大過なかったようで。
 北関東以北に住む、メンバー全員の無事を確認することが出来ました。

 他の地域のメンバーにも被害らしい被害はなく。
 どうやら一安心、といったところです。



 …ただ、被災地域では未だ水が引かず。
 行方不明の方の捜索も続いていると聞きます。

 いつものように台風が通過する。
 その程度の認識で。
 ここまでの災害が起こるとは、想像もしていませんでした。

 こうした時にボランティアで行動できる方は、本当に凄いですね…。
 自分の事で手一杯な私では…いえ、そんな事を言ってる時点で、ダメなんでしょうね;



 近所のコンビニなどでは、義援金の受付も始まっていましたし。
 せめて、今の自分に出来ることだけでも、やっていきましょう。



〒 〒 
(・ω・`)
(つ⑩と )

困ったときはお互い様なのよ




■考えすぎ?

 空を見上げて、目にする事のできる白い雲。
 手の届かない高みに在るそれに、憧れのようなものを感じます。

 子供の頃に思い描いた『雲に乗った自分』を、大人になった今でも夢想します。

 乗れないことを知識で得たとしても。
 其処への憧れが、消えてなくなった訳ではありません。

 …夢は、夢として在り続けているのです。



 …現実には、決して叶わない事ですが。
 仮想であれば、そうでもないのですね。



 先日のアップデートで、夢に触れる機会を得ました。

pso20150913_222100_001.jpg
           (C)SEGA

  おお…雲の上だ…(´・ω・`)

 高みから見下ろす景色は。
 普段見慣れたそれとは、まるで違います。

 この景色は仮想に過ぎませんが。
 きっと現実も、こんな風に見えるのでしょうね…。



 …ただ。
 この風景は望んでいたものであり。
 何処か、望んではいなかったものであるのかもしれません。

 雲の連なりの行き着く先。
 其処に至り、見下ろして。

 『帰ろう』と思った。

 憧れていた、この高みではなく。
 見上げてばかりいた、あの場所に。 

 …乗ったことで分かったこと。
 それが、あの景色にはあったように思う鈴蘭です。



 みなさんは、高みに在って何を感じたでしょうか…?



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百五

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近は、スマホを使ってブログの更新をする毎日ですが。
 スマホの扱いに慣れない鈴蘭には一つ、悩みどころがあります。

 それは…。

  /toge バッテリーの減りが早いんよ…(´;ω;`)!!

 この一月ほど、使ってみて感じたのですが…。

 出勤途上での独り言ブログの記事作成。
 職場での休憩時間には、ブロガーの皆さんの記事を訪ねて回り。
 仕事を終えて、塒に帰り着いてバッテリーの残量を見れば、残りは大体60%弱。
 これならば、2日は充電なしでも行ける計算ですが…。

 何かで余計に使えるほどの余裕はないようにも感じました。
 これでは何れ、出先で何か…という肝心な時、使えない状況にもなりかねません。

 特に、この冬には感謝祭も控えています。
 当の会場で電池切れ…なんて目も当てられません(´・ω・`)



 …そんなわけで。
 予てより聞き及ぶ、モバイルバッテリーなる文明の利器を手にする事に決めた鈴蘭です。



 …ただ、決めたはいいものの。
 何を基準に選べば良いのか、今ひとつ分かりません。

 Amazonで、モバイルバッテリーをアレコレ探してみても、似たりよったりな形と色のハコがズラリ。
 『バッテリー』というタグが無ければ、今様な文鎮か何かかとも思ったり。

  折角なら、何かヒネリが欲しいよね…(´・ω・`)

 そんな風に思いつつページを繰っていき。
 …。
 ……。
 …見付けました。

PowerPlusDANBO_topimage04.jpg
© TRA CO.LTD All Rights Reserved.


  ダンボーか…(´・ω・`)!!

 ただのハコ以外の何者でもない、このデザイン。
 ですが…きっとこれは、持っていて楽しいハコに違いありません。
 一目見て、迷いなく買ってしまいました。



 その形に実利がある訳ではありませんが。
 これから持ち歩いて行くのが、楽しみに思える。
 …そこが大きいと思えるのです。



 まぁ、なにはともあれ。

 バッテリーの不安がなくなるのは、素晴らしい…(´・ω・`)!!



■考えすぎ?
 アークス秋のDIO祭り(´・ω・`)

 …脳裏にそんなフレーズを浮かべてしまいそうな、新緊急『禍魂集いし戦道』。
 ヘンリエッタからは、事前に『状況調査』と『敵性存在の鎮圧』を指示されている訳ですが…。

 道中の、黒の民と玩具ダーカーの交戦地帯を切り抜けていく展開は、ボスの連戦という感じで。
 個人的には、程よく乱戦で。
 地形的に戦い辛くもあり、戦い易くもある変化に富んだマップで。
 これは、ナカナカに楽しめる緊急ではなかろうか…とも、思います。

 …ただ。
 最奥部に待ち受けるのが、謎生命体のニャウで。
 ニャウが確定でガルグリを呼ぶ…という展開には、正直なところ首を傾げてしまいました;

 いえば。
 ヘンリエッタがアークスに指示する『状況調査』というよりは。
 運営がユーザーに示した『サービス』に見えてしまい。

 なんというか…遊びの中に野暮があるような。
 そんな、モヤモヤとしたものを感じてしまいました。



 前回の季節限定緊急では、『ガルグリが出ない』事が取り沙汰されましたが。
 その『改善』が今回の緊急とするならば。

 出来うることなら、今一度の再考を…と、望む鈴蘭です。



 『結果に辿り着けさえすれば』

 …そんな考えを、形に見るような今。
 これは運営に限ったことではなく。
 私達がそんな風に望んだ果てのこと。

 この緊急に、今のPSO2を見たような…そんな気持ちです。



 ニャウはガルグリを呼んでいるのではなく。
 ただ、ガルグリを呼ばされている。

 そんなニャウの姿は。
 運営や…私達を映しているかのよう。

 …そうも思えるのです。

独り言 その七百四

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日、フレさんに…
   
  『ブログ七百回おめでとー!』

 …と、お祝いを頂き。
 我が事ながら、『ああ、確かに…(´・ω・`)』と、何処か他人事のように思い出した鈴蘭です。

 折々で触れたように、自分のブログを『続けること』が目的ではなく。
 変わらず『続くこと』が、有り難いと思っています。

 PSO2のブログとしていますが、直接それに触れているのか、よく分からない話題が少なくありません。
 読んだところで、利になるものではないでしょう。

 …ただ、この仮想に限らず。
 自身の何処かに、通じるものがあるのではないか…と。
 そんな事を思い、呟き続けています。

 祝辞を頂ける事よりも。
 読んで下さる皆さんの、日々の何かのキッカケになれば幸いです。



 遅まきながら。
 七百回まで、ありがとうございました。
 そして、これからも宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ



■今日のニークス

 台風一過 【たいふういっか】
 台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。 出典:デジタル大辞泉

 幸いな事に、私の住む地域は『なんか、雨が降ったね(´・ω・`)』という一言で済ませられる程度で。
 台風通過後の曇り空を見上げて、『台風一過とはいかんか…(´・ω・)=3』と、溜め息を漏らしたくらいでした。



 しかし…北関東では、台風の影響で河川が氾濫し、一帯が水没する事態にまでなっていると聞きました。

 チームメイトには、北関東から東北にかけてお住まいの方もおられます。
 実は、お一人…浸水被害の出ている地域付近にお住まいの方がいらして、随分と心配をしていたのですが…。

 鈴蘭が起床してインした20時頃には、その方はアークスシップに乗船されており。
 取り敢えずの無事は確認できました。



 一先ず安心…と、安堵したのも束の間。

 間もなくして、その方が唐突に落ちられたのです(´・ω・`)



 色々と調べたエリさんのお話では。
 被災地域では救助活動中の安全確保の為、送電が停止されるケースがある…とのことで。
 被災地域に近いと思われる、この方の家も送電が止められたのかもしれません。

 …こうなると、いかに便利とはいえ。
 インターネット…仮想の繋がりも、無力なものですね…;



 無論、打てる手は打ちますが。

 インフラが復旧するか。
 或いは、周辺事態が落ち着いた頃に、またお会いできればと思います。

 …今はただ。
 いつもの場所を、鈴蘭なりに見守りつつ。
 無事を祈って、お帰りを待つのみ…です。



 台風は遠く過ぎ去ったものの。
 鈴蘭にとっての台風一過は、まだ先の事ですね…。


独り言 その七百三

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20150909_214301_005.jpg
            (C)SEGA

 秋が来ました。

 暑い夏が終わり。
 冬に向けて、ゆっくりと自身の熱を冷ます。
 過ぎゆく時間にこれまでと、これからを思わせる。
 …そんな季節が。

 さてさて…。
 これからどうしようかね…(´・ω・`)



■考えすぎ?

 埒も無いことを考え、ぼんやりとして。
 ふと、頭上の紅葉を透かし月を見上げ。

 遠く空に輝く月と。
 ロビーを回り巡る月と。

 私が望む月とはどちらなのか。
 …そんな疑問が浮かびました。



 『天上に月が二つ在っては天下は治まらない』

 かつて天下を治めた江戸幕府第二代将軍、徳川秀忠の言葉だそうです。

 彼は、初代の徳川家康から将軍の座を譲られましたが。
 家康公が存命の間は、家康公の指示を忠実に守り、秀忠は将軍でありながら、自身では意思決定をしなかったのだとか。

 その為、後世においては秀忠公の評価は低く見られがちだったそうです。

 曰く『徳川家康の傀儡政権ではないか』と。



 ただ、秀忠公は考え無く家康公に従っていたのではなく。
 自身の立場を考えた上で、従っていたのだ…と、最近になって分かってきたそうです。



 先の『二つの月』の言葉は。
 秀忠公が、自身の政権について言及したものだそうで。
 この言葉は『月を二つにするも一つにするも自分次第』と続くそうです。

 自分が将軍として我を通せば、無用な争いが起きる。
 自分が家康公を立てることで、世の中を治めるのだ。
 
 …そんな、秀忠公の考えの表れで。
 考え無く家康公の指示に従っていたのではない、という証拠の一つなのだとか。



 …この話を聞いて。
 二つの月と自身の今を思い。

 果たして、求める月とは何か。

 …そんな事を考えた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百ニ

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日の深夜のこと。
 仕事の合間、ご飯休憩の為に休憩室に入った折。
 備え付けのTVを点けると…。

   \ /
  ■■■   (・ω・` )
 お、天気予報?
  ■■■  (つ旦と )


  テレビ『…接近中の台風18号は…』


   \ /
  ■■■   (・ω・` )
 …。
  ■■■  (つ旦と )


  テレビ『速度を急激に早め、明日の昼には関西に上陸する見込みです』


   \ /    〒 〒
  ■■■   (・ω・` )
 は…?
  ■■■  (つ旦と )




 昨日、出勤前には『週末に最接近』という話だったように思ったのですが…。
 そう思い込んで、昨日のブログを書いていたので、天気予報を聞いて本当に驚きました。

 今現在、風が強く吹き始めた夜道を、出勤のために歩いていますが…。

 明日、帰宅困難者になったりしないか心配です…(´・ω・`)

 職場が陸の孤島のような場所でして…。
 強風なんか吹こうものなら、連絡橋が通行止めになって閉じ込められかねないんですよね…;

 …まぁ、明日は定期メンテナンスの日。
 出勤前にデイリークラフトは済ませてきましたし。
 雨中の街を、時間を気にせず、敢えてゆっくり帰るのもいいでしょうかね…。



(´・ω・`)しんぎんだれん!!
…いや、歌いませんが;



 
■今日のニークス
 9月に入り、朝のロビーも随分と見通しが良くなりました。

 人が減り、常の風景が戻って来たのは、夏休みが明けたから…とばかり思っていた鈴蘭ですが。

 ただ、以前にも増して人が減ったようにも感じます。
 違和感は覚えつつも『こんなものかな(´・ω・`)?』と流してきたのですが…。

 フレさんにお話を伺う限り。
 どうやら、夏休み明けばかりが原因ではなさそうです。

 最近、同業他社のオンラインゲームのビックタイトルが、次々とサービスインしたらしく。
 オンラインゲームにおける『スタートダッシュ』に参加するためか、少なくない数のアークスがそれらに移っているとか。

  …まぁ、PSO2には目玉が無い感じだしのぅ(´・ω・`)

 お話を聞いて、ひとつ溜め息を漏らした鈴蘭です。



 これは鈴蘭個人の考え方になりますが。
 楽しさを求めて、新しいゲームを始めるのは良いことだと思います。

 未知に触れる期待というのは。
 やはり、何物にも代え難いものでしょうから。

 …ただ、その喜びを一過性のものにするのか。
 その喜びを継続するのかは、ゲームそのものの新旧、種類を問うものではなく。
 遊ぶ当人の、志向に拠るところが大きいようにも思います。

 新しい環境で、新しい自分を。

 心機一転…とは、よく言いますが。
 環境が変わることで、自分が変わるとは限りません。
 環境に影響されることはあっても、結局…自分が自分であることに、変わりはないのですから。

 何かを始めるというのなら。
 何かを変えようというのなら。

 先ずは自分の『何か』から…ではないでしょうか?

 …そうでなければ。
 手にした喜びも直ぐに色褪せ、ありきたりとなり。
 それを過去に押し込めて、あるかも分からない、次の喜びに縋るだけになってしまうようにも思います。



 考えすぎかもしれません。

 ただ、何処か。
 自らで楽しみを追い求めるというより。
 自らが追い立てられているかのような。

 閑散としたロビーの風景に、そんな不安を感じる鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百一

 大きいだけの鈴蘭です。

 例年この季節は、多くの台風が日本にやってきますが…。
 特にこの週末は、荒れ模様の天気になりそうです。

1518-00.png
出典:気象庁ホームページ (台風情報


  (´・ω・`)にしても、台風2つ同時て…。
  (´・ω・`)…限度があるやろ。

 遠く、日付変更線を越えてやってくる台風17号。
 台風って、あんな風に来るものでしたっけ…?;

 東から西進してくるって…。
 台風というものは、日本の南の海上で発生して、そこから北上するのが当たり前だと思っていたんですが…。
 気象の変化によるもの…というのは、素人の下手な考えなんでしょうが。

 理由はどうあれ、台風が接近している現実があります。
 週末、お出かけの予定のある方は、くれぐれもご注意ください。

  (´・ω・`)私はアークスシップに籠るけどね!!



■考えすぎ?

 今週はアップデートを目前にして、Twitterのキャンペーンによる、各種ブーストが配信されていました。

 ただ、アークスシップを見渡すに。
 このブースト期間を、持て余し気味に過ごしている方も見受けられました。

 こうした方たちにお話を伺うと、

 『クエストに行くべき場所が無い。』
 或いは、『行きたいと思う場所が無い。』

 …そんな理由を挙げられる方が多いように思います。



 『レア』

 …その価値は人によって様々です。

 本来、人それぞれの価値は並び立てるもので。
 例え同じ物であれ、手にする人によって違う価値…その物の見え方があろうかと思います。

 …ただ、昨今のアークス事情を思うと。
 (これが上手い例えかは自信がないのですが。)

 『クエスト』というボックスティッシュから、『レア』というティッシュペーパーを抜き取る…そんな『行為』に、倦んでいるようにも見受けられます。

 抜き取ったティッシュペーパーに、当人の求める特別な価値があるのではなく。

 日常生活の中で『使い捨てる』道具。

 これを、如何に早く抜き取るか。
 ボックスティッシュを、如何に早く『空』にするか。

 ティッシュという、道具を求めるのではなく。
 …その『行為』そのものに比重が移ってしまっているように感じます。



 『空』にすれば終わる。



 …そうなのでしょうか?

 それは、ボックスティッシュを『使い切る』のとは違うようにも思います。

 道具を、道具として。

 それが求められていること…。
 …いえ。
 求めるべきことであるように思う鈴蘭です。



pso20150907_214002_000.jpg
            (C)SEGA

 何れに責任を…という話ではなく。
 私達は楽しさを求めて、楽であることに慣れてしまった。

 誰が、ではなく…私達が。

 …いつか覚えのある感覚。
 それを新たにしたようにも思います。



 相変わらず、意味の分からないであろう話で、申し訳ない(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その七百

 大きいだけの鈴蘭です。

 Vita生活継続…(´・ω・`)

 週末は、VitaでチャレンジにTAにと繰り出した鈴蘭です。
 フレさんに伺うと、OTPの解除依頼は即日…なんて話しておいでだったので、簡単に済むものかと思っていたのですが…。
 『弊社指定休日のサポートは行っておりません』という、サポートページの但し書きを目にして。

  これは週明けに期待、かな…(´・ω・)=3
 
 …そう嘆息混じりに呟いた、金曜の晩。
 フレさんにこの事を話したところ、『もう一度問い合わせてみては?』と、勧められ。
 改めて問い合わせてみたのですが…。

 ここで気付いたことが一つ。
 運営の問い合わせフォームから問い合わせると、運営から自動返信でメールが即座に返されるんですが…。
 前回の問い合わせ時に、この返信が迷惑メールと認識されていたようで…受信できていなかったようです;

 セキュリティの設定を見直してたら、秒単位で最初のお返事が来ました;

 これに返答しないことには、手続きが先に進まないんですね…。
 返事が遅いとか言って…私の落ち度でした…(´・ω・`)ゴメンナサイ



 それにしても。
 必要事項の記入テンプレートが書かれた、運営からのメール。
 これに目を通してみて、改めて思ったのは…。

 OTP登録時のニックネーム、シリアル番号の重要性です。

 運営のサポートを受ける前…解除を求める前に、OTPの提供元で問題が解決するケースも多いようで。
 こうした時に本人確認のため、これらの登録情報が必要となります。

 メールには、問題解決に向けた手順が幾通りか記載されており。
 その一つ一つを確かめて…。

 …運営に泣きつくしかないと確信した鈴蘭です(´・ω・`)
 
 今度からは、こうした情報はちゃんと控えておくようにしましょう…うん;



 一人、反省しながらメールを書き上げ。
 改めて返答を送ったのが、土曜の未明。

  土日は休みだろうし…月曜を待つしかないかな(´・ω・`)

 そうして、そのまま週末朝の習慣であるTAをフレさんとVitaで熟し。
 その日は昼前に眠りに就きました。



ー ◆ ー




 その日の夜。
 いつもの時間に起き出して、メールボックスに目を通してみれば…。

  サポートからメール…(´・ω・`)!?

 てっきり、土曜は休みと思っていたので…驚きました。
 早速開いて読み込みます。

  サポート『ご記入頂いた情報と、登録情報に一部差異が認められました』

  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)……。
  (´・ω・`)…さ、差異…?

 登録してから引っ越しをした訳でもなく。
 何が変わった訳でもない筈なんですが…。

  (´・ω・`)差異ってなにさ…。

 見に覚えのないことで、大いに焦り始めた鈴蘭です。
 取り敢えず、送信済みのボックスから朝に送ったメールを取り出して、読み返すことに。
 記入した内容を指でなぞりながら、ゆっくり読み進め…。

  『登録住所:…XXX市XXX町X-X-X アパート名 XXX号室』

  (´・ω・`)…んん?

 一点、気付いたのです。
 私の現住所は…

  『…XXX市XXX町X-X-X アパート名2 XXX号室』

 …そう、抜けるとべきではない部分が抜けていることに…。

  (´・ω・`)一文字違えば別棟だもんね…。
  (´・ω・`)…仕方ないね…。
  (´・ω・`)……。



  (((´・ω・`)))うおぉぉあぁぁ!!
  焦りすぎですね…私;



 気を取り直し、改めて正しい住所でお返事を送り。
 自分の詰めの甘さに打ち拉がれた…そんな夜でした。



ー ◆ ー




 …しかし、運営さんのサポートは手厚いものでした。

 OTPに関しては、休日であっても対応してくれるようで。
 日曜のお昼前には、お返事とともに解除の手続きをしてくれました。

 …私がちゃんとしてれば、一日で終わりましたね、これは…。
 …いやはや。
 手続き関係では、注意すべき事を注意しないとですね;

 運営さんにおかれましては、お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。
 また、迅速に対応して下さって、有り難うございました。

 遅い…というのは、完全に私の不注意が原因でした…。
 改めて、申し訳ありません(´・ω・`)

 それと。
 週末にかけ、ご心配をお掛けしたフレさん方には感謝を。
 お陰様で、復帰する事が叶いました(`・ω・´)ゞ



 急いては事を仕損じる。

 …これは、そんなお話。



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その六百九十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 Vita生活3日め…。

  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)……。
  (´・ω・`)…連絡…なかった…。

 聞けば、先日来のOTPトラブルを機に、ログイン出来ない不満を解消するため、OTPを解除する人が少なからずおられたようです。

 ただ、その一方で…。
 この混乱を狙っていたかのように、アカウントハックの被害が急増しているという話も聞きました。

 運営の『3営業日以内』としている返事の遅れも。
 そうした、事後の対応に追われている為でしょうか…。



 不便を解消するのに、セキュリティを低下させてしまった結果…という事で。
 個人の判断、責任問題という向きのようですが…。

 一時の面倒のために、後々まで後悔をしてしまうのは、やるせないものがあります。

 『今』は、大事ではありますが。
 『先』を思って耐えることも、時として必要なのかもしれません。



  鈴蘭の今がまさに…(´・ω・`)!!



 OTPでのトラブルを記事にしているブログなども拝見したのですが…。
 中には、問い合わせ後、運営からの返答が無いまま、いつの間にかOTPが解除されていた…などという体験談を書いている方もおられました。

  …いつの間にか…って…(´・ω・`)

 セキュリティを考えると、怖くて堪らないんですが…。
 そうそう無いこと…ですよね?;




■考えすぎ?

  惻隠の心は仁の端なり

 性善説を唱えた古代中国の思想家、孟子の言葉です。
 『惻隠の心』とは、人を同情する心という意味で。
 『仁』とは、孟子の思想における、人間の精神を構成する4つの要素…仁・義・礼・智と呼ばれる、『徳』の一つです。
 孟子は、この4つの『徳』に通じる基本的な心の働きは、生まれながらにして人に備わっており。

  『惻隠』 他者を見ていたたまれなく思う心
  『羞悪』 不正や悪を憎む心
  『辞譲』 譲ってへりくだる心
  『是非』 正しいことと間違っていることを判断する能力

 …これらを『四端』…4つの端緒と呼びました。
 『四端』を自らの努力によって伸ばすことで、『徳』にも成り得る。
 冒頭の言葉は、『人を同情する心を大事にすれば、仁の徳にもなる』という意味なのだそうです。

 ここで、一つ疑問が生まれた鈴蘭です。

 …そもそも『徳』とはなんでしょう?

 それを不勉強な鈴蘭は理解していませんが。
 敢えて、足りない頭で考えてみるに…。
 『徳』を『行動』と、言葉を置き換えてみれば、なんとなく分かる気もします。

 何かを見て。
 そこに『四端』の何れかを感じる…思う。
 それは、誰しも覚えがあることだと思います。

 しかし、それを自らで具体化して、実際の行動に移す。
 …それは、誰しもが出来るものではないでしょう。

 誰かが、自身が思ってはみても成し難い事を成した。
 だからこそ、それを『徳』と称し、人は讃えるのではないでしょうか?



 何かの到達点として、何処か高みにある場所を目指す訳ではなく。

 自身の中に当たり前にあるモノを、『つまらないモノ』として見過ごさない。

 何か自身には縁遠い、特別なことを指している訳ではなく。
 日常の、ごくごく当たり前のことを指しているのかもしれない。

  『そう思った…それで、君のその先は?』

 冒頭の言葉を目にして。
 …そう問われたように感じた鈴蘭です。



 口だけの私には耳の痛いことです…(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その六百九十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 Vita生活2日め…。
 とは言っても、未明からのメンテナンスにより、ほとんどプレイする時間も得られず。
 出勤前にインをして、マガツのドアノックに居留守を決め込み、フレさんとGJの遣り取りをする程度でした。

 今日のメンテではコンテンツの追加はありませんでしたが。
 先だって実施された、Twitterでのキャンペーンの報酬が配信されました。

 【TVCM放送記念】Twitterキャンペーン第2弾 プレゼント報酬実施!

 経験値+150%とレアドロップ率+150%…。
 ベースアップとしては、随分と大きいですね;

 レベルアップクエストに行けば、基本の+50%と合わせて経験値取得量が3倍ですか(´・ω・`)

 のみならず、キャンペーン報酬が全てのクエストを対象…となれば…。
 これは…この一週間、アーレス狙いのULT篭もりが流行りますね…;



 この機会に鈴蘭も…と思わなくもないのですが。
 今ひとつ、気乗りがしない部分もあります。

 これは全く個人的な理由で。
 Vitaでの操作環境に、多少の不満がある為です。

 元より、そこまでハイレヴェルな操作をしていた訳でもなく。
 プレイングスキルを突き詰めるような真摯さを持ち合わせていた訳でもありません。

 私個人で言えば。
 PCとVitaが入れ替わったとしても、ゲームを遊ぶ上では、どうとでもなると思っています。

 …ただ。
 チャット周りの不便さが、鈴蘭には堪えます(´・ω・`)

 普段のクエスト中は、周囲、PT、チーム、Wisの4チャンネルで複数同時に会話もしている鈴蘭です。

 戦闘中であれ、PAの硬直中に相槌の一つでも返すようにしています。
 (この辺りは、フィオナさんの域に到底及びませんが)
 例え簡単な反応でも、有るのと無いのとでは全く違います。
 相手に『聞いている』と、知らせる為に。
 相手に『話したい』と、思って貰えるように。

 出来る事をしたいと思っているのです。

 このチャット周りのVitaの仕様が、何かをしながら…というには、鈴蘭には難しいのですね;



 一旦クエストに出てしまえば、全くの無言にもなりかねない。
 何かを振られても、直ぐには反応できなくなる。

 反応のために足を止めて、チャットに集中…。

 フレさんだけで集まれば、話は違ってくるかもしれませんが。
 パブリックともなれば、そうもいきません。

  (´・ω・`)クエスト、かぁ…。

 赴く先を思い。
 嘆息の漏れた、そんな鈴蘭です。



 どなたか、Vitaでのチャットに役立つ何かをご存知の方はいらっしゃいませんかのぅ(´・ω・`)

 

 運営さんの問い合わせのお返事は、通常3営業日以内を目処にしているそうですが…。
 明日には、進展があるのかなぁ…(´・ω・`)?


  

独り言 その六百九十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 2015年9月1日。
 今日は…おそらく、このブログを書き始めて初となる、『PSO2にログインしなかった日』に…なりかけました(´・ω・`)

 …というのも。
 先達て隠居なされた携帯端末様のお世話で、ログイン用のOTPの発行をしてきたのですが。
 今朝、帰宅後にログインをしようとすると…。

  OTPアプリ 『ネットワーク自動調整をお願いします』

  (´・ω・`)あれ?

  OTPアプリ『アプリを終了しますか?』

  (´・ω・`)いあいあいあ…

  OTPアプリ『ネットワークの自動調整をお願いします』

  (´・ω・`)ぐぬぬ…

 …と、こんな押し問答をすること暫し。
 察しの悪い鈴蘭に、朧気に分かったことといえば。
 このアプリって、定期的に時間情報を更新しないと、起動しなくなる仕様なんですね…;

 OTPの理屈を少しでも考えれば、至極当然とも言えることですが。
 オフラインとなった端末でも起動することをいいことに、面倒臭がって思考停止してしまったため。
 そんなことにも思い至らなかったので、なんの対策もとっていませんでした…;;

 慌てて運営のサポート窓口にメールを送り。
 OTPの解除について問い合わせたい…と、連絡を入れました。

 ここで気が付いたのが、OTPアプリに登録されるニックネームなどの情報の重要性。
 運営側は、この辺の個別の情報を元にして、本人確認をしているんですね。

 以前の独り言でアドバイスを頂いていた鈴蘭は、もちろん抜かりなく…。



  (´;ω;`)嗚呼…嘘…メモがない!?



 …ええ。
 非常に鈴蘭らしい展開ですね…。

 一応は、何も無い状態でも、OTP解除の手続きは可能とは聞き及んでいますが。
 その為に、それに代る本人確認の手続きをせねばならず。
 それなりに面倒…なんだとか。

 コレばかりは致し方ありません…。
 モノグサな鈴蘭が面倒を嫌って、より大きな面倒を背負い込んだ。
 そんな、ただただ間の抜けた話に過ぎず。
 他でもない、鈴蘭自身の至らなさが招いたトラブルです。



 忙しい時期に、余計な手間を増やして申し訳ない、運営さん…(´・ω・`)



ー ◆ ー




 …さて。
 当面は運営さんのお返事待ちとなったところで、問題になるのは。
 この件が解消するまで、鈴蘭のアークス業をどうするか…という点です。

 しかし、こういう時、PSO2のマルチプラットフォームの強みが出ます。

  (´・ω・`)出番だ、PSVita君!!

 早速取り出し、PSO2を起動。

  (´・ω・`)…そういや、Vitaでやるのも久し振り…。

  Vita『アップデートがありますがダウンロードしますか?』

  (´・ω・`)ああ、ですよね…実行っと。

  Vita『ダウンロード完了まで残り2,400分』

  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)……。
  (´・ω・`)………は?

 2,400分…40時間…て。
 …ここで思い出したのが、我が家のWi-Fi事情。
 有線接続を基本とする鈴蘭は、かつてPSP用に設えた、時代遅れの低速Wi-Fi環境があるだけで。
 スマホを買ったというのに、その辺の見直しをしていませんでした;

  (´・ω・`)使わないと思ってたからなぁ…。

 暢気な鈴蘭でも、流石に40時間は待てません。
 大急ぎでルーターを買いに出掛けました。



 給料日直後ということで、多少は財布の紐の緩みがあり。
 アレコレと買い求めて帰ってきてみれば、既にお昼を回っていました。

  (´・ω・`)フレさんとのTAがあったのだけど…無念。

 待たせてしまったかと思うと、申し訳ない気持ちで一杯です。
 イン出来るようになったら、お詫びしなくてはですね…;



 …などと気落ちしながらも、慌ただしく新しいルーターを設置して。
 新しい環境にVitaを接続したところ…。
 
  Vita『ダウンロード完了まで残り300分』

  (´・ω・`)よしよし。

 残り時間が減っていることを確認して、安心したところで就寝しました。
 …いやはや…技術の進歩は目覚ましいモノがありますね…;

 (´・ω・`)…私が疎いだけか。



 出勤前にはVitaでログインでき。
 取り敢えず、取り急ぎの状況だけを説明して家を出てきました。

 当面は…常とは違う、小さい窓から世界を眺める事にもなりそうですが。
 こうして繋がることができて、何よりの事と思います。

 多少の不便は、繋がることのできる今となっては、大した問題ではありませんから。

 何を大事にしているのか。
 …それを改めて感じた鈴蘭です。 



■コメントのお返事
 …また後ほど。

独り言 その六百九十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日触れた、OTP由来の認証障害。
 どうやら…30日の晩にも発生したようです。

  『8/30 ワンタイムパスワードに関する障害について(8/31 0:30更新)

 運営は発生の間もなくに対応し、解消に努めている…と、していますが。
 一方で、現時点では根本的な問題解決に至っていない、ともしています。

 今日の21時過ぎにインしてきたフレさんのお話では、今晩もOTP認証にいつもより時間が掛かった…と、漏らしている方がおられました。

 ゴールデンタイムに限って起こる…というのが、素人目には不可解にも映るのですが…。
 アカウントを管理するサーバーに、過負荷が掛かっているんでしょうか…(´・ω・`)?

 たとえ単純な問題だとしても。
 この辺りは、去年の今頃に攻撃を受けた部分でもありますし。
 不具合が起こっている現状は、なんとも不安です;

 この対策のために。
 今週のメンテナンスは、8時間も前倒しして行われることになりました。

  『9/2 定期メンテナンス時間変更のお知らせ

 『対応が遅い』と、口にされる方もいらっしゃいますが。
 運営としても、必要な機材の準備などもあるのでしょうし…。

 打つべき手は尽くしている事を信じ、此処はゆるりと構え、結果を待つことにしては如何でしょうか?

 変な言い草に聞こえるかもしれませんが。
 こうした事ですら、長い目で見れば。
 後々になって振り返り、懐かしむべき『醍醐味』にもなるのでしょうから。



ー ◆ ー




 …時々、思うのです。
 我々アークスは『ユーザー』と呼ばれ。
 ゲームの世界に自分を写し込む事に、お金を払う人間です。
 この点で見れば『ユーザー』とは、『お客』であろうと思います。

 しかし。
 お店でお金を払って商品を買い求める。
 そうした『お店』と『お客』の関係に等しいのか、と言われれば…。
 それは、必ずしも正確ではないのではないか…と、思う鈴蘭です。



 商売の上で、『お店』にとって『お客』は神様…なんて言われもしますが。
 ネットワークゲームの運営にとって『ユーザー』は、神様という訳ではなく。
 言わば…『同居人』のような存在ではないでしょうか?

 お金を払う以上は。

 確かにその通りです。
 …しかし。
 私達は、お客様扱いを望んで、神様扱いを望んで、お金を払っているのでしょうか…?

 望むべき関係。

 自身の意識が何処を向いているのか。
 相手の意識が何処を向いているのか。

 その点に、思うところのある鈴蘭です。



 神様というなら、運営であれユーザーであれ、皆が神様よ(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。