独り言 その六百三十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 フレさんと話題になったのですが…。

pso20150528_205038_000.jpg
             (C)SEGA


  (´'ω')…このケーキ、何を材料に出来てるんでしょう…?

 日々、少なくないアークス達が足蹴にするケーキ。
 星を壊すような存在と渡り合う重装備の戦闘員が上に乗っても、ビクともしないケーキらしからぬ堅牢性と。
 恐らくは、1ヶ月常温放置しても腐りはしない、生菓子らしからぬ保存性の高さも備わっている事でしょう。

  (´'ω')…このケーキにどんな秘密が…。

 …そも、これ…食べられるケーキなのか、それともイミテーションなのか…それもよく分かりません。

 食品サンプル的なオブジェクトと考えるのが自然なのかもしれませんが。
 決死の作戦に向かう戦闘員に、子供の玩具やパーティーグッズを支給するようなアークスの事。

  (´'ω')…侮れぬ。

 人の外傷をたちどころに癒す、アークス謹製の謎の飲み薬は、製造年月日も消費期限もありません。
 或いは、これこそフォトンの為せる業かとも思いますが。

  (´・ω・`)なら、卵もチョコもフォトンして?

 …そう思う人は少なくない筈です。
 最近お見限りなナウラ三姉妹が作るケーキは、消費期限がないというの…に…。

  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)…まさか。

 このケーキ…ナウラのお手製ですか…?
 一口食べればアークスのテンションが上がる、不思議なナウラのケーキ。

  ( ;'ω')これは…これは、その集大成的な何かなのか…!?

 しかし、こんなに大きいナウラのケーキだと…。
 食べたら一体どれだけの効果があるんでしょうね?;



 …あ。
 もしかして…普段は、イベント使用済のケーキを切り分けて店で売ってるとかじゃ…。

 …考え出すと、怖い方向に行きそうです…(´;ω;`)



■考えすぎ?
 …最近、本屋に足を運ぶ機会が減り。
 人の残した思索の形に触れる時間が、本当に減ってしまいました。

 生活の中に溶け込んだネットワーク。
 親しんでいるネットワークにおいて、知識を瞬時に呼び出すことが出来る便利さは感じますが。
 生の形を実際に手にする喜びは、感じられないようにも思います。

 直ぐに結果を得る事が出来るという事は。
 その利便性と裏表の関係に在る、『何か』を犠牲にしているという事で。

 便利だからと頼ってばかりいては。
 自分が『感じる』という感覚を忘れてしまうのではないか。

 …そんな風にも思います。



 不便であればこそ。
 そこから汲み取ろうと、感じようとする。

 親しんだ便利さに慣らされて。
 私達は…自分自身が何であるのかをすら、忘れてしまってはいませんか?
スポンサーサイト

独り言 その六百三十一

 大きいだけの鈴蘭です。

マリアージュドレス20151908
            (C)SEGA

  (´・ω・`)Oh...

 高いだろうとは予測していましたが…やはりお高い;

 …しかし、ここで怯んではいられません。
 清水の舞台から、慣れた動きで飛び降りて。
 非常時の為の資金をやり繰りして、どうにか三人娘のドレスを確保した鈴蘭です。

 これで、向こう一ヶ月はパンと水でディナー確定です…(´;ω;`)ウッ

 アクセサリやロビアクにまでは、とてもではありませんが手が回りません;
 幸いなことに…マリアージュドレスが、予想以上に大鈴でもどうにか見られるようにも思うので、ここはドレスだけで満足しておくことにします;



 …しかし、改めて大鈴のドレス姿を眺めてみると。
 若干、素足だと寂しいようにも感じるので、ストッキングと合わせようかとも思うんですが…。

 大鈴の服は紅か白が基本で。
 今回は特に、紅の場合の組み合わせが悩ましくもあります。

 肌の色との兼ね合いもありますし…。
 紅に白ストッキングだと野暮ったいようにも思うのですよね…。

  少し組み合わせに悩んでもみるかのぅ(´・ω・)

 これからを思うと、これは何処か楽しくもある悩みでしょうか?



 そんなこんなで手に入れたドレスを着込み。
 フレさんなどに声を掛けて、ロビーで記念撮影をさせて頂きました。

201505272230_010.jpg
            (C)SEGA


 新コンテンツ実装初日の夜。
 拡張されたアドバンスドクエストに繰り出す方も多くいらっしゃる中。
 こうして集まってくださった皆様に感謝を。

 キッカケを作ろうと思い立ち、声を挙げてはみたものの。
 いつものように、出勤の為に中座する形になったのが悔やまれます。

 …出来ればもう少し…とも思ったのですが。
 また、折をみてイベントとして何か形にしてみるのもいいでしょうか…。

 その時は…また宜しくですよ、皆さん(´・ω・`)ゞ



- ◆ -




pso20150527_201850_003.jpg
             (C)SEGA


 今日、チームの拠点シップを水上遺跡に着陸させました。
  立ち会って下さった皆さんに感謝です。
  記念撮影は…またの機会にでも;


 ウチのチームは、個々人の理想を追求する上での『何か』が重なり合う場所で。
 接点があるようでなく。
 接点がないようである関係を築かんとしています。

 人によってはバラバラ…と見えるかもしれませんが。
 自分自身を含めた全ての等しくは、何の為に在るものなのか。

 それを求める機会と思って、積極的に活用して頂ければ…と思います。



 (´・ω・`)【心の声】
 しろたまさんに、チーム拠点を利用した集会の企画、運営をお願いしています。
 これは、しろたまさん自身の志向に沿うものであるかどうか…その機会を提示するためでもあります。

 今回は、記念撮影の折にも協力をお願いしました。

 自身が誰かのきっかけになり得るということを。
 その為の行動は…ただの一歩、ただの一言で構わないことを。
 …それを知って頂ければと思います。

 ヴォルさんは…望み、ご自身で集会を開くまでになられました。

 集会の主催が答えという訳ではありませんが。
 それを知るのは決して損にはならないだろうと。
 そう思う鈴蘭です(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百三十

 大きいだけの鈴蘭です。

 この水曜日にはファッションアップデートがあり。
 新しいデザインのウエディングドレスが実装されると聞きました。

 デザイン的に…大鈴(の想定年齢的)には厳しい、若い娘向けのものなので、入手は慎重に検討した上で…となりますが。
 ちび鈴には、きっと似合う事でしょうし…手に入れたいところです。

 鈴蘭のメセタ事情は厳しいものがあり。
 昨今のマイショップでのスクラッチ景品の高騰ぶりを思うと憂鬱で。
 一着くらいは、出来れば自前で引き当てたいものですが…。

  こればかりは、ねぇ…(´・ω・)=3

 自身の幸運を祈るばかり、です;



 ウエディングドレスの入手も、PSO2では今回で4回目の機会。
 3年前の今頃にサービスインをして、初めてのスクラッチ景品がウエディングドレスではなかったでしょうか?

 …こうして思い返してみると…このゲームとも随分と長く付き合ってきたものだと、改めて感じます。



 4年目に入るPSO2。
 鈴蘭の累計プレイ時間も随分と長くなりました。
 短時間の離席、AFKはあるものの。
 長時間に及ぶ放置は出来るだけ避け、積み上げてきた時間です。

 …が。
 今日の朝の事です。

 帰宅後にインをして。
 折角のブースト期間、ULTにでも篭ろうかと過密ブロックに足を運びはしたものの。
 意識が今一つ纏まらないようにも感じた私は、コーヒーを一杯飲み干して、少し横になる事に決めました。

 聞けば、カフェインが人体に効きはじめるのが、服用から10分ほど後とのことだそうで。
 コーヒーを飲んでから10分ほど寝ると、覚醒に合わせてカフェインが働き、比較的質の高い休息が取れるのだとか。

  ( うω=`)…ではでは…。

 10分で戻ることですし、このまま倉庫前で…。

  (´=ω=`)…オヤスミナサイ…。



  ……。



  (´・ω・`)ハッ

 …気が付けば、4時間が過ぎていました。
 カフェインが効くのに4時間も掛かったというのか…!?

 …いやいや。
 季節の変わり目で寒暖差も大きい最近のこと。
 自覚がなくとも、疲れがあったのでしょうか。



 眠り込んでしまったのは仕方ありません。
 そのこと自体は鈴蘭の失態…よく言われる『ネトゲの風物詩』をやらかしただけのことです。

 ただ…何より悔やまれるのは、放置している間に『放置をしない鈴蘭』を知る、フレさんを待たせてしまったこと。

 いつの間にか倉庫の隣にいらしたフレさんを見つけた時。
 画面の前、深く深く慨嘆して。
 自身の積み上げてきたものが、数字だけではない事を思い知りました。

 これまでの自分を裏切らないように。
 これまでの自分に甘えないように。

 …そうでなければ。
 どれだけ積み上げようとも。
 数字は、ただの数字でしかなくなってしまうのでしょうから。



  慎まねばなりませんね…本当に;
  現実の自分自身が在ってこその仮想であること。
  それを日頃から口にしているというのに…全くなっちゃいません;

  (´;ω;`)



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百二十九

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20150525_135233_008.jpg
            (C)SEGA

(・ω・`)…。




pso20150525_135244_009.jpg
            (C)SEGA

(´・ω・`)…そこか。




 …収納時にお尻にめり込んで見えるのが残念ですが。
 チャーンソーを持ったトナカイというのもナカナカ…。

  (´・ω・`)凛々しくて良いと思いませんか?

  (´・ω・`)…。

  (´・ω・`)思いませんかっ!?



 ブースト期間中にレアドロチケットまで切って、撮影ポイント探してる私は一体…。
 行き当たりばったりも大概にしないと、ですね;




■考えすぎ?
 忠犬ハチ公の銅像。
 待ち合わせ場所の目印として、定番とも言えるかと思います。

 個人所有の携帯端末が普及した昨今。
 直接、相手を呼び出す事も簡単になり。
 敢えて場所を決める必要性は、低くなったのかもしれませんが。

 それでも。

  『そこに行けば』

 …そんな期待を担う存在ではないか、と思う鈴蘭です。



 個々に『点』で存在する我々は。
 『線』でお互いを結びはしても。
 自身が『面』の一部である事を認識しがたいように思います。

 常日頃から『横丁』と称している『面』。
 そこにおける、鈴蘭の最善の行動とは何か。
 …それを考え続けています。

 鈴蘭が『面』の全てを作る訳ではありませんし。
 鈴蘭が『面』の全てを作ってはいけません。

 何故なら。
 それで形作られるモノは、『面』のような『線』に過ぎないように思いますから。

 それは一見、力強く繋がっても見えるのでしょうが。
 ただ一点を衝けば崩れてしまいかねない…酷く脆い強さではないでしょうか?



 今日、フレさんとお話をする中で。
 そのフレさんは、『鈴蘭』をハチ公像に例えてくださいました。

 実利的な何かの機能を提供するのではなく。
 『面』の一端を示す目印としての名前。

 そうあれかし、と望む鈴蘭にとって。
 その例えは有り難いものですが。
 いまひとつ実感が無いのも確かです。

 正しい選択の末に今が在る…と、信じている訳でもありませんから…。



 …ハチ公の気持ちが、鈴蘭に分かればいいのですが。
 或いはそうすれば。
 鈴蘭の迷いなど、一笑に付してくれもするのでしょうね。

pso20150525_222001_005.jpg
            (C)SEGA

(´・ω・)明日は何処に在るのだろう?


 …そんな鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百二十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 週末のこと。
 一人、リリーパULTマルチに潜った鈴蘭ですが…。
 途中で道連れの乱入を得る幸運に恵まれ。

 束の間のことではありますが。
 望外の二人旅を楽しむことが出来ました。



 しかし、この二人旅…。

  ホントの二人旅になるとは思ってもみなかったよ(´・ω・`)!!

 ボスを倒した処で訪れる、人の入れ代わりのタイミング。
 気付けば、マルチから人気が引いてゆき。

  (´・ω・`)新たに人が…。
  (´・ω・`)人が…。
  (´・ω・`)…。

 アンガが登場するも、緊急の裏だった事もあって新規の参加者がなく。
 鍵をかけている訳でもないのに、二人だけでマルチを作るという事態に。

 …しかし、此処で簡単に退いてしまうのも面白くありません。
 結局、フレさんと二人でアンガを討伐して、クエストを終えました。

 倒したという実感が得られて、個人的には楽しい時間でしたが…。

  /toge 疲れたよ(´・ω・`)!!

 …そんな。
 笑いながら悪態をついた鈴蘭です。



- ◆ -




 最近の緊急は、Fo、Bo、Fi、Raで通うことの多い三人娘。
 …その結果でしょう。
 改めて倉庫を見てみると…Teのクラスキューブが殆どありません。
 『支援を信条に』と言っておきながら、このテイタラク。

  これではイカン…(´・ω・`)!!

 先の二人旅ではTeのレベリングも兼ねており。
 Te/Huで、リンドレイクを振り回してフレさんの足を引っ張っていました。

 此処暫くで、FoやFiの装備更新の機会に恵まれ、不自由はないものの。
 Teの主武器たるウォンドにまで手が回らず。
 倉庫には、El時代のエリュシオンが一本きり…。

 そこで、これに代わってリンドレイクを手にしたのです。
 代わって…というにも、鈴蘭には過ぎたものですが;

 リンドレイクを握るスタイルは魔法剣士そのままで。
 これはこれで気に入っている鈴蘭ですが。

  Teって感じじゃ無いよね…(´・ω・`)

 そんな、釈然としないものも感じます。



 懐事情は厳しいですが。
 ここは、Teで使う装備を何か作るべきか…と、考えていた矢先。

 Te装備可能という、リリーパULT産のブーツを手に入れました。

 フィオナさんが『あれがあれば理想的なんだけど(''』と漏らしていたブーツ。
 …思えば、エリュシオンの時もそうでした。
 特化のフィオナさんが『欲しい』としているものを、半端な鈴蘭が手にしてしまうという…;

 折角の拾いもの。
 前回はフィオナさんの厚意を受けて、強化を助けて頂きましたが。
 あれから時間が経ち、鈴蘭も成長した(?)ということで。
 今回は、鈴蘭なりの強化を施しました。

 こうしてみると…つくづく、縁というものは奇妙なものと感じます。
 …或いは、そう感じる鈴蘭が理由をつけて、縁を作っているのでしょうか?

 そうであるようにも思え。
 そうでないようにも思えます。

 何事も、そんなことの積み重ねなのでしょうね。



 …さて。
 この新しい靴で、梅雨空を歩いてもみますか…。



 歩き方は鈴蘭のそれで。
 未だ慣れない靴に、戸惑いを覚えますが。

 ここは、靴擦れの一つも作りましょう。

 履き慣れる頃には、見えてくるものもあるでしょうし。
 …きっとそれは、鈴蘭にとって良いものになるでしょうから。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百二十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 降って湧いたブースト期間。
 折角の機会…ということで。

pso20150415_210334_000.jpg
             (C)SEGA

  (´=ω=`)…わし?

 寝てばかりだった爺様の育成を始めました。
 以前から少しずつ手をつけていた事もあり、先程の予告緊急『いざない』に参加したことで、メインクラスのBrがLv.53に到達。
 この分なら、じきにSHで不自由することは無くなりそうです。

  (´=ω=`)せわしない…。

 ブースト様々ですよ?



 しかし…。
 デュマBrでカタナなこの爺様。
 かつて、これらが鳴り物入りで実装された際に作ったものの。
 手が回らずに放置を重ね、今になってこのスタイルでクエストに足を運んでいる訳ですが…。

 爺様が生まれた頃は流行りだったスタイルも。
 今となっては時代遅れ…どころか、不要論が囁かれもしているとか。

 そんな、世の移り変わりを目の当たりにして。
 なんというか…浦島太郎にでもなったかのような気持ちです。

 このまま鶴にまでなれれば…ある意味、それもいいのでしょうが。
 生憎、私の浦島太郎はそういうお話では無いかもしれません。

 自分なりにやれることをやり。
 自分なりに楽しめるように楽しみ。

 その様が何れ、人から鶴にも例えられるかもしれない。

 此処が終わりと決まった訳ではなく。
 未だに、お話の結末は見えていない。

 …そういうものではないでしょうか?



 『こういう時代もあった』

 そんな語りを入れるスタイルは…或いは、最も爺様らしいと言えるかもしれませんね。



■今日のニークス
 今週末には共通鯖での集まりがあります。
 主催者様が、しきりと何か鳴き声らしきものを上げているようですが…。

  (´・ω・`)意味が分かりませんね?

 私のスタンスとして、場の参加者は平等…としており。
 声がより大きいから。
 声がより遠く届くから。
 それを理由に参加者の間の『差』となって欲しくはありません。

 …まぁ。
 それらは今更『言わずもなが』なのでしょうが;

 分かっていると思いはしても。
 一度形としてしまっては、どうにも落ち着かない鈴蘭です。

 慣れてしまえば、大事な事でも忘れてしまうのが鈴蘭の常であり。
 些細であればこそ。
 同じ事で、同じ過ちを繰り返したくはありませんから。



 なので。
 タイトルはいつまでも誰のものでもなく、未定のまま。

 …それも良いとは思いませんか(´・ω・`)?



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百二十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は定期メンテナンスの日。
 …とはいえ、これといったアップデートの予定は無く。
 静かにメンテ明けを迎えてログインした鈴蘭でしたが…。

header.jpg
             (C)SEGA

  (´・ω・`)……え。
  (・ω・`三´・ω・)…あれ?
  (;・`ω・´)なに、このキャンペーン…。

 突如降って湧いた、一週間のブーストキャンペーン。
 先日もあったばかりというのに、また100%の大盤振る舞い。

 あまりの気前の良さに、裏が無いか心配してしまう小心者の鈴蘭です。

 (´・ω・`)【心の声】
 Twitterやブログを見て回ると、『黒い砂漠』というネットワークゲームの話題を目にする機会が増えました。
 動画での紹介などを見るに、個人的には面白そうと思いもするのですが…。

 やっぱり運営としては、この辺のユーザーの動向も意識しているんでしょうかね…。


 しかし、折角の機会です。
 先日から育て始めた、4thの爺様のレベリングに活用しようかと思います。

 …とはいえ。
 レアドロにしろ、経験値にしろ。
 何れは届く筈の場所に、少しだけ早く着くというだけのことで。

 今、此処で、どう行動するのか。
 それは自身で選ぶのであって。
 他者から選ばされるものではないことは、変わりありません。

 何事もマイペース、です(´・ω・`)



■今日のアークス
 メンテ明けに予告マガツがあり。
 ミウさんの紹介で、固定マルチに参加しました。

pso20150520_203929_003.jpg
             (C)SEGA

 お邪魔したマルチは、XH前哨戦を4回行くもので。
 ペースが順調であれば、複数キャラクターを持つ人は毎回キャラクターチェンジ(CC)を挟み。
 流れのまま、マガツ・サイを参加者全員で1回討伐して解散。
 後は個々に立てたフラグの回収に行く…という手順のものでした。

 …XH4回はまだしも…。
 CCを3回入れるということで、前哨戦1回当たりの所要時間は更に短くする必要があります。

  ミウ『らんらんは火力職で(・´ω`・)』
  鈴蘭『(´・ω・`)アッハイ』

 …火力…。
 マガツで火力と言われ、FiBo位しか思い付かない三人娘達。
 正直、不安で仕方ありません。

  (´・ω・`)…火力って、どの程度あればいいんだろ…。

 皆さんが手慣れていた事もあり、無事(?)成功はしたものの…。
 疑問は、やはり疑問のまま。
 自身の内容を思い返してみると…ああした集まりに参加するには、まだまだ自分は足りていないと思う鈴蘭です。

 戦い方を言語化出来るほどに整理できていないようなもので。
 何が悪いというより…。
 それより遥か以前の…もっと慣れなさい、というレベルなのでしょうから;

 機会があれば、また参加もしてみたいものですが。
 その前に一度。
 改めて、ミウさんにも鈴蘭のスタイルの評価も伺わねばならないでしょう。

 何処まで出来るものなのかを。
 何が出来るものなのかを。

 …そして、何を為すべきなのかを。



 なにせ、とにかく鈴蘭は不如意ですから(´・ω・)=3
 そこから選び、成すべきを成していこうか…と。




■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百二十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 来週には、春の中規模アップデート後半の実装が予定されています。
 多くの人が注目しているのは…アドバンスドクエスト(AD)拡張でしょうか。

 対応レベルの拡大、輝石交換武器の追加、固有ドロップ武器の追加…。
 今回の拡張によって、再びAD熱が高まる事になるのでしょうか?



 …近く、期間限定クエストの実施がなされると聞きました。
  ※2015/05/20 05:45
   後述する夜桜に関してコメントにてご指摘頂きましたので、文を修正しました。


 アルティメットクエスト、チャレンジクエスト…それぞれで産出される☆13を巡り、様々な意見が出されている現状を見ると。
 とかく『人気のクエスト』というものは、☆13の存在を中心にしているのだ…と、感じます。

 入手難度が低いという、AD由来の☆13…夜桜武器。
  ※夜桜のAD入手は誤りでした…勘違いばかり、申し訳ありません;
 入手が容易である分、他のシリーズに比べて性能は控えめだとか。

  『属性強化用には良いかも』

 …夜桜武器の、そんな前評判を耳にします。
 でも、不思議なことに…前評判のその言葉。
 その言葉の響きに、そっくりそのまま覚えがある鈴蘭です。

 ADも限定クエストも。
 後の事を思うと、果たしてどうなるのか…擬えはしないかと、心配でもあります。



 目的に向かって真っ直ぐに。

 …それはスマートな在り方です。
 しかし、最短距離を駆け続けることに喜びを感じているのが、私達であるのか。
 また、改めて考えてみるのも良いのかもしれません。



ss_13.png
            (C)SEGA

 来週には、新しいチーム拠点が実装されます。

 こうした場所で生まれるものにも、形に残らずとも求めるべき価値もあるのではないでしょうか…?



 奇しくもそこは、先人達の夢の成れの果て。
 或いは自身が残すものの幻視…かもしれないのですから。




■今日のアークス
 支援。
 鈴蘭が信条として口にしている、この言葉。
 辞書的には…

 しえん【支援】
 他人を支えたすけること。援助。後援。

 …とあります。

 類義の言葉に『応援』がありますが、『応援』は人やチームを『元気づけて精神的に助ける』という意味であり。
 労力や金銭などの面で、その活動や事業を助ける場合は『支援』という言葉を使うそうです。

 …しかし、このゲームにおける支援とは何か。
 それを思うと…単純なようでいて、難しいものがあると知りました。



 体力回復、復活蘇生、補助付与…それを行う事が支援なのでしょうか?

 辞書的な意味に沿った、分かりやすい『他者の支えになること』。
 それは支援でもあり。
 それは支援でもない。
 …先日、それをフレさんにご指摘頂きました。



 そのフレさんはおっしゃったのです。

 回復の為に窮地にある同行者に近寄るのは、理に適っているのか?

 …と。

 直接的に助ける、という意味では正しいと言えるのでしょう。
 ですが、同行者に接近するということは即ち、同行者の被弾のリスクを上げてしまうことに通じること。
 …その点を忘れてはならなかったのです。

 厚意が徒にも成り兼ねない支援。
 …それでは、本末転倒になってしまうのですから;



 自身の行動のメリットとデメリットを、正しく把握すれば。
 例え、お互いが離れた場所に居たとしても。
 意図の明確な行動であれば、それもまた支援となり得る。

 同行者の窮地を救う支援とは何か。
 …それを思うと、自分はまだまだだと感じた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百二十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 過日。
 muさんから気になるGJコメントを頂きました。

  muさん『グルグルパンチをトナカイでやると涎が…』

  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)???
  (´・ω・`)…よ…涎…?

 『グルグルパンチ』とは、先日のファッションアップデートで新たに実装された新しいロビーアクションの一つ、『エネミー2』の事で。
 何かにつけてアークスに勝負を挑んでくる謎の生命体、『ニャウ』の武器喪失時のアクションを再現しています。

 今回の…というか、FUNスクラッチはあまり引かない鈴蘭のこと。
 ロビアクなどは、自然と疎くなりがちです。

 フレさんが盛んにグルグルしていたり。
 ロビーをグルグルと行き交う人を見掛けていたので、存在は知っていましたが。
 …言われてみれば、トナカイでグルグルしている人は見掛けた覚えが無く。
 muさんのコメントにピンと来ませんでした。

 最近実装されたFUNスクラッチの家具も欲しいですし。
 これを機会にスクラッチを引くのも悪くないのですが…。

 先日、未曾有の大惨事に見舞われたばかり。
 これ以上は、鈴蘭の精神がもちそうにありません。

 …此処は大人しくウィンドゥショッピングで我慢です。



 では、早速…。

トナカイさん…(´・ω・`)
             (C)SEGA

  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)……。
  (・´ω・`)きたない。

 …いやいやいやいや。
 コレはあくまで涙であるはず。
 でも、涙…とすると、私が口と思っているアレが目になるワケで…。

  (´・ω・`)…。

トナカイさん…(´;ω;`)
            (C)SEGA

  (´・ω・`)…あれ? 私、トナカイじゃないん…?

 もしや…着ぐるみの中の人が流す涙が、口から溢れ出ているとか…。
 いやいやいやいやいやいやいやいや。
 魂の形であるこの姿に、『中の人』などというものが在るはずがありません。
 …でも、そうなると…。



 あれは…。



 …あれは…なんだ…?



 そんな。
 かつて無いほどに深く悩む鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百二十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 常から心許ない財布を叩き。
 先日、『GW限定』という響きに惹かれ、『ACスクラッチゴールド券(12個)』を買い求めました。

 ただ、買い求めはしたものの。
 確とした遣うアテがあった訳でもなく。
 暫くは倉庫の肥やし…と、考えていたのですが。

 日曜日の早朝。
 鈴蘭に突如、『今、此処で引かねば…!』という衝動が生まれました。
 …何故にそう思ったのか、それは鈴蘭にも分かりません。

 衝動のままに引いた結果…。
 クライセイヴァー紅セット、ヘヴィスクード紅セット、穂群原学園女子制服B箱、アブソリュートレイヤー雪箱、アブソリュートレイヤー影箱、ローヴァCVセット、ポップスコア影セットB、ハイライトなしCセット、ハートアイセット×2、コロッサスルックス×2…。

  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)…あれ?
  (・ω・`三´・ω・)私のゲイ・ボルグは…?

 …欲に塗れると碌な事がありません…;
 フレさんにはGJで『スクラッチG×12で3M獲得』などと送って、ネタとして活かして傷心を慰めもした鈴蘭です。

 ただ…後で調べたら、アブソリュートレイヤーの雪と影の出来が良く、結構なお値段をしていたので…『3M』というのは誤りでした。
 GJをお送りした皆さんにご心配をおかけして、申し訳ありませんでした;

 …まぁ、皮算用ほどには…でしたが。
 鈴蘭自身、そこまで凹んでもおりません。

 手にできなかったのは残念ではありますが。
 足りないことで、自分の足りている事を知ることも出来たように思いますから。
 今はこれが分相応、と…



  次のウェディングドレスで勝負や(´・ω・`)!!



 …そんな、懲りない鈴蘭です。



■今日のニークス
 週末に『雪割りの花』が開催されました。

pso20150517_000315_010.jpg
            (C)SEGA

 告知という告知はせず。
 案内という案内はせず。
 関心を持って頂けた方に『何か』を示し。
 或いは『何か』を示せるかもしれない機会。

 …まぁ。
 鈴蘭が弁を垂れるだけでは意味が無く。
 鈴蘭が人を教化したところで先が無いもの。

 人が、それぞれに考えを持っていることを知る機会。
 示唆に富んだ、深い話が聞けるやもしれず。
 違う顔触れと、常と変わらない他愛ない話が出来るやもしれず。

 この機会がどうなるかは、鈴蘭が決めるのでは無く。
 皆さんが望むように形を変える。

 …そうしたもので在ってほしいと思います。



 ただ望むばかりではなく、伴うべき行動も…なのですが。
 上手くいっているかは…甚だ疑問です;

 そんな、成り切れていない機会ではありますが。
 参加して下さった皆さんに、某か感じるものがあったというのであれば…幸いです。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百二十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は関西圏で予想最高気温が30℃を超えると聞きました。
 幸い、予報では午後からは雨が降るようで…多少は凌ぎやすくもなるのかもしれません。

pso20150514_221549_003.jpg
            (C)SEGA
『であ~る』


  (´・ω・`)…うん。雨をありがとう。

 雨風と共に来た真夏の陽気。
 梅雨の話も未だなのに。
 早くも、熱中症の心配をせねばならなくなりました…;



 熱中症対策で言われていることらしいのですが…。

 ・汗を拭くときは、濡れタオルなどで。
 ・水分補給は15分~20分を目安に、小まめに。

 汗は、蒸発する時の気化熱で体表面の温度を下げると言います。
 暑い時に出る汗に不快感を覚え、肌が乾く程に拭いてしまっては、下がる筈だった体温が下がらなくなってしまいかねません。

 どうしても汗が不快というのなら。
 乾いたタオルではなく、濡れタオルなど湿ったもので肌を拭くのが良いそうです。
 タオルの水分が、汗の代わりに熱を奪ってくれますから。

 一方の水分補給においては。
 得てして、喉の渇きを感じた時に一気に飲んだりしがちですが。
 一度に多量の水分を摂取しても、人は体内に吸収出来ません。
 それどころか、摂取した水分以上を尿として体外に排泄してしまう事もあるそうです。

 気分を落ち着ける上では効果があるかもしれませんが。
 暑いから、喉が渇いているから…。
 そう感じる前の水分補給。
 そして…そう感じるからこそ、摂り過ぎないように心掛けるべき…と。



 週末の明日からは、仕事休みの鈴蘭ですが…。
 我が事として注意したいものです;



- ◆ -




 週末には『雪割りの花』の開催を控えています。

 改めて、最近の事を思うと。

 渇きを覚えるという私達は。
 日々、何をどれだけ口にしているのでしょうか?

 手にするそれは真水でしょうか?
 手にするそれは酒精でしょうか?

 一息にそれを飲み干そうというのでしょうか?
 それは飲み干すべき量でしょうか?

 …そも。
 その渇きは、何処から来ているのでしょうか?



 渇きを癒すに水を思う様に飲んだとしても、癒されるものではないように。
 何故そうなっているのかを知らず、欲求のままに行動したとしても。
 真実、望む結果を得られるとは限らない。

 私達の感情と行動は、そんな関係にあるということ。
 今、改めて考えてみても良いのではないか。
 …そんな事を考えた鈴蘭です。

独り言 その六百二十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 今年は、『アークスキャラバン』として、各地方を回るイベントが順次開催されています。

 去年まで五都市で開催されていた『感謝祭』は、今年の夏は開かれないようで。
 代わりに…
 
bnr06058.jpg
            (C)SEGA

 有明で祭りが催されるようです。

  有明かぁ…(´・ω・)=3

 狭い日本とはいえ。
 地方在住の人間にとっては、たかだか数時間の移動でもナカナカ行きづらいものがあり。
 普段、星々の間をフォトンの力で瞬間移動してしまう仮想世界ほどに、現実は便利になっていません。

 とはいえ、そうそう無いイベントです。
 仕事の都合が合えば、行ってもみたいものですが…。

  有明かぁ…(´・ω・)=3

 …夏を前に、溜め息ばかりの鈴蘭です。



■今日のアークス
 いよいよ雨が降り始めました。
 …が…雨雲の気配を前に、まずはファッションアップデートの確認をば。

  コスがなくては、PSO2は始まりませんから!! 三(((ノ・ω・)ノ



 今回のスクラッチ品では、Fateのコラボ品にも関心はあるのですが…。
 マギアセイヴァーの色違い品の『影』『紅』が出ているのを知り。
 何をおいても手に入れねば…と、ビジフォンに駆け寄った鈴蘭です。

 『影』の方は、スカートと膝裏、肩部分の白さをどう取るかで評価が分かれるかもしれません。
 黒く染めた場合、その部分が白く残ってしまい。
 思うほどには『黒い』印象にはならないようにも思いますから。

 特に…鈴蘭のように肌の色が濃い人だと、肩の部分が散らかってしまうかも?

 一方の『紅』は。
 上着の長く伸びた裾部分が淡く赤く染まっており、全体的に退廃の雰囲気を醸し出しているように思います。
 惜しむらくは、裾部分の色が固定化しており、染色しても同期しない点。
 このために、赤色の明暗を弄るくらいしか出来ないようにも。

 『影』も『紅』も、染色は可能ですが。
 どちらも、完成品として楽しむのが堅実かもしれませんね(´・ω・`)



- ◆ -




 そんなこんなで買い求めた服を着込み。
 雨の降りしきるナベリウスに行ってきました。

pso20150513_213822_001.jpg
           (C)SEGA

 思えば、去年の今頃も。
 身に過ぎたロッドを手に、曇天を見上げていたように思います。

 …あれから一年。
 装備は立派になったものの。
 鈴蘭自身には、さしたる成長が無いようにも感じています。

 同じ処を、ぐるぐるぐるぐる回って回って。
 果たしてこれで良いのかと自問しながら、下手な考えばかりの毎日です。

 同じではない、いつか見上げた曇天。

  私の心は、前を見据えて進んでいるのでしょうか…?

 …ふと。
 雲の向こうに在るはずの青空を思い。
 埒もなく、そんな事を考えたのです。



■リンク追加のお知らせ
 『☆コキュートスのアイスキャンディー☆
 主に2鯖で活動されているという、るのーさんのブログです。

 ご本人の明るい性格がよく出ている内容で。
 日々の楽しさを素直に表現されていると思います。
 …こういうのは、日々をアクティブに楽しもうとする姿勢があればこそなんでしょうかね…(´・ω・`)
 鈴蘭も見習いたいものです。

 この辛気臭いブログに、何度となく足を運んで下さったこともあり。
 今回、リンクをお願いしたところ、有り難くも快く受けてくださいました。

 何かと至らない鈴蘭ではありますが。
 改めて、これから宜しくお付き合いくださいまし(´・ω・`)ゞ



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百二十

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日の定期メンテナンス開始と共に、長かったアークスシップでのイースターと黄金週間が終わりを迎えます。

 この終わりを前に。
 景品のアクセサリの多くを持ち合わせていない鈴蘭にとっては、何が出ても使える…ということで。
 遅ればせながら、GW限定のスクラッチを削ることにしました。

 言葉は不要。
 …無心で削る…。



 結果、ロビアクやダークレイスウィングといったものが当たったものの。
 ひそかに本命としていた髪型には、掠りもしませんでした。

  …雑念が入ったか…(´・ω・`)グヌヌ

 やむなく、ビジフォンに駆け寄った鈴蘭です。



レコーダーショート
           (C)SEGA

 買い求めたのは、自称『全知』なアノお方の髪型です。

 えりすさんイチ押しの、この髪型。
 実装当初から、欲しいとは思っていたのですが…。
 経済的に厳しい時期でもあり、泣く泣く見送ったという経緯があります。

 思いの外に早い再販という事で。

  これを逃せば後が無い…(((´・ω・`)))ウォアァァ!!

 …などと無駄に気合いを入れて、震えて待っていましたが。
 待った甲斐もあったというものでしょうか?

  うん…良い感じ(*´ω`)

 これから暑くもなりますし。
 今年の夏は、この髪型で通しますかな…。



 こういう絵では、どうしても鼻の辺りが気になりますが…。
 この調整は別の機会にしましょう;




- ◆ -




 いよいよ…雨が降ります。

 雨空はアンブラ様の晴れ舞台。
 あの方も、きっとステッキの確認に余念が無いことでしょう。



 …思い返してみれば。
 降り立つやいなや、殺気立ったアークス達にタコ殴りにされて追い返されていたのはいい思い出(?)です。

 しかし、殴り回されることに懲りたのか。
 今年のアンブラ様は一味違います。

 アークスの攻撃に対して完全無敵になり。
 ステッキで殴った人に、レアドロップアップの祝福を与えるのです。

  …得意顔のアンブラ様が目に浮かぶようですね(´・ω`・)

 ただ、この2つ以上にアークスの関心を集めているであろう事があります。

 最近は高レアを狙う上で、ボスの『箱割り』前にラッキーライズⅢ付き開放済みアンブラステッキ…通称『テンプラ』を持つのが、一つのスタイルになっています。

 ところが…。
 ラッキーライズⅢ付きのアンブラステッキは、市場価格2,100万メセタ(3鯖:鈴蘭調べ)
 おいそれと買えるお値段ではありません。

 一獲千金を夢見て。
 更に、その先を…。

 そんな思惑に駆られたアークス達に囲まれるであろうアンブラ様。

 殴られはしなくなるのでしょうが。
 物欲しそうに囲まれる様を思うと…。

 …はてさて。
 何れが幸福であるのやら…です(´・ω・`)



 …ともあれ。
 長いようで短かった春も終わり。


           (C)SEGA

 …お疲れ様、また来年(´・ω・`)ノシ



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 じきに、雨の季節を迎えようかというアークスシップ。

 期せずして、というべきでしょうか。
 季節限定緊急『雨風とともに』の実装予定日である水曜日に、台風6号が最接近する見込みだとか。

  …現実と、こんな形でリンクするとは…流石ですね(´・ω・`)ヤリオル



 出勤の際の天気が、今から気掛かりでなりません;
 皆さんも明日、明後日の外出の際には十分にお気を付けを…。



■考えすぎ?
 クエストにおける『戦闘不能』が何を意味するのか。
 …そこに、少し考える事があります。



 PSO2においては、携行アイテムの一つ『ムーンアトマイザー』を使用することによって、同行者の復活が行えます。

 復活アイテムは貴重品とされるのが、この手のゲームの通例のようにも思いますが。
 このPSO2では特別入手が困難というわけでもなく。
 キャンプシップ備え付けのベンダーでも、比較的安価に買い求める事が出来ます。

 …しかし、この為でしょうか?
 チャレンジクエストを除き、デスペナルティーが存在しないと言っても良いこのゲームでは。
 『戦闘不能』に陥るという自身の状況を、得てして軽く見られてしまいがちではないか…とも思う鈴蘭です。

 さして貴重ではないアイテムで補って貰うことの出来る、自身のミス。
 …でも。
 アイテムの価値が低いからといって、補って貰うミスの意味が軽くなるとは限らないのではないしょうか?

 何故なら、自身のミスが一回増える度に。
 誰かのミスをフォロー出来る筈の機会が、一回減るのですから。



 誰でも楽しく。
 事の成否に関わりなく。

 利に囚われないスタイルを求める中で、そんな事を口にする鈴蘭ですが。

 一方で、それを成すには。
 先ずは自身が自身の力で立つこと。
 立ち続ける努力をしてこそではないか。

 困難の中、自身でそれを望むからこそ。
 他人の、そうしたスタイルに貢献できるのではないか。
 …そう思うのです。



 先日の『魔の誓約』。
 これは、必ずしも時々のゲームにおける正しさを示すものではありません。

 確かに、かつて『教え』は頂きました。
 それは鈴蘭にとって大事なものですが。
 それは、鈴蘭が鈴蘭であることのキッカケを与えてくれた言葉であるから、という意味であって。
 『教え』そのものを『正しさ』として崇めているからではありません。

  …立ち続けようと努力する人の、手助けが出来るのではないか?

 そんな、一人で遊ぶスタイルからの変化を与えてくれて。
 今に通じるその言葉。

 だからこそ、鈴蘭の『魔の誓約』なのです。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 定例…というと個人的には異を唱えたい、異鯖間交流イベントの『タイトル募集』。
 …ああ、いえ。
 『定期開催』の部分に異があるのではなく。
 私がコンテンツの一部として、当たり前のように在る…という形に慣れないのです(´・ω・`)



 私は、鈴蘭を通して繋がりを広げ、ご自身の新しい形を作って欲しいと思っています。

 私が枠を望むように作るとしても。
 私の枠の中での遊びだけが遊びである訳がなく。

 私の枠に価値を見出だして下さるのであればこそ。
 私の枠に囚われず、ご自身を意識して欲しい。



 …言葉にすれば、堅苦しくも感じるでしょうが。
 なんの事はありません。

 鈴蘭に使われるだけの人にはならないで下さい。
 鈴蘭を使って何が出来るのかを考えて下さい。

 ただ、それだけの事なのです。

 まぁ…周囲に期待をして頂いているにも関わらず。
 その期待に応えきれていないのが、鈴蘭の不誠実な部分ですが。




pso20150509_010848_004.jpg
            (C)SEGA

 今回は、興味を持ってくださった方の参加もあり。
 常に無く賑わったように思います。

 こういう時に限って、ペリシアさんが仕事の都合で欠席されるのは…。
 そういう生まれ…これが所謂『ネタ体質』というヤツでしょうか…。



 日付変わって、その翌日は『褐色集会』に。

pso20150509_224821_009.jpg
            (C)SEGA

 この手の写真が今ひとつなのは相変わらずです;
 撮影のスキルも磨かねば…と、思いつつも。
 こればかりはセンスがモノを言いますしねぇ…(´・ω・)=3


 特に今回は、この集会に参加したお陰でフレさんが増えました。
 記事にコメントもくださっている、まーるさんがその人ですが…。

 こうした機会を得られたことに、感謝です。



 フレンドとは何か。
 その答えは、人によってマチマチです。

 これを機会に、その答えの一端を鈴蘭にもお教え頂ければ、と思います。

 …更に、望んで頂けるのであれば。
 鈴蘭自身も、その答えを示すことが出来るやもしれません。

 何が、と問われても困ってしまう鈴蘭ですが。
 なにか感じるものがある…というのであれば。

 ひとつ、お付き合い下さいませ(´・ω・`)ゞ



■コメントのお返事
 …また後程。

 ※下のリンクから、追記部分を展開してご覧ください。

独り言 その六百十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 GWが終わり、一日ズレたメンテが明け。
 ラボの5%弱体化期間が無事に終わりを告げました。

  …ええ…無事に…(´・ω・`)

 いくつか装備で不足していたものを、これを機会にと手を加えるに留め。
 今回は慎ましくやり過ごすつもりだったのですが…。

 …そうも言っていられなくなりました。



 先日、ひょんな事で手にした『スレイヴ』。
 鈴蘭が新たに手にしたのは長杖『スレイヴセイジ』でした。 

 潜在の『魔の誓約』が、『PP半分以上で打撃、射撃、法撃力が上昇する』というもので。
 フレさんの間では、『PP消費の激しいロッドとは相性が悪くて使いにくい』『PP消費が少ないウォンドが相性良い』…というやり取りがされているのを耳にします。

 これらを聞くと『その通り(´・ω・`)』と、一々納得してしまいます。
 確かに、チャンスに畳み掛けるには不向きな潜在でしょうから。

 …ただ、鈴蘭にとっては『だからこそ使いやすい』と思えるのです。



 脳裏に、かつてFoを教えて下さったフレさんの言葉が甦った鈴蘭です。

  『FoのPPが自分のためにあると思うな』
  『回復と支援を途切れさせるな。行動がなければ、PTに信用されん』

 …これらは、今のPSO2には不向きな教えなのかもしれません。
 高火力を背景に、敵をどれだけ早く倒すのかを競うかのような風潮の中。
 一人分のリソースを支援に宛てるのは、非効率でしょうから。

 …しかし、そんな風潮だからこそ。
 皆が前を向いている今だからこそ。

 誰かが後ろを見ていても良いように思います。



 鈴蘭のFoは、何かの時に備えて、回復支援用に常にPPを残すように立ち回ります。
 いざというとき、前衛を支援しなくては意味がないのです。
 いざというとき、前衛を不安にさせては意味がないのです。

 …そんな、『PP半分以上』の時に攻勢となる鈴蘭にとって。
 この『使いにくい潜在』は、正に『使いやすい潜在』と思えます。

 強い潜在だから。
 強い武器だから。

 その点が気に入ったのではなく。
 何より、鈴蘭の中に生き続ける教えに合っていた。

 …そう思えたので。

 服を買うために…と、貯めていたお金を切り崩し。
 今回の緩和期間を利用して、自分なりの強化を施しました。



 最近は三人娘の育成に掛かり切りで、色んな職を巡り巡って。
 久しく、鈴蘭のFoにも触れていません。

 ようやく育成が一段落して。
                             Foの教え
 さて、好きな職を…というところで示された『魔の誓約』。

  『忘れてないか?』

 …まるで、過去の自分にそう言われたかのようです。



 この杖を手に、ほんの少し背筋を伸ばし。

  ― あの頃を思い出して、また励んでみよう ―

 そう思った鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 黄金週間も終わろうとしています。
 慣れ親しんだ日常が帰ってきました。

  (´・ω・`)さぁ、気分も新たに…

日常
             (C)SEGA


  (´・ω・`)…新たに…。
  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)クマー…。



■考えすぎ?
 かつて触れたことではありますが。
 最近の自身や周囲を見回して、改めて思うところがあって独り言…。



 …私は、このゲームにおいて。
 仮に体力が10,000の敵を前にしたとして。
 手にする武器が、相手に1しかダメージを与えられないとしても。
 『私が倒れずに、相手が倒れるまで叩き続ければ良い』として、挑むのが基本のスタイルになります。

 武器の強弱、善し悪しを論じる前に、自分自身の身体の扱い方を論じる…。
 …とでも言えば良いでしょうか?

 とはいえ、そんな風に偉そうに言っても、理解できる範囲は狭く限られ。
 実行できる範囲は更に狭いのが現実です。

 スーパープレイに憧れが無いではありませんが。
 それを実現するほどに才を持ち合わせない鈴蘭は、一つの問い掛けをして自身のスタイルの出来を計ります。

  『今の自分の姿は、周りの皆がしたいことに見合った姿であるのか?』

 …と。



 個人のスタイルを突き詰める上では、人と見合っているかどうかを考える必要はないのかもしれません。

 同じ遊びであっても、個人個人が別の楽しみ方を持つのは当然の事で。
 それを譲り合ったところで、個人の楽しさには通じないかもしれません。

 しかし、自身で自身がしたいことをするだけでは、『ネットワークゲームにおける遊び』には不足だろうと考える鈴蘭です。

 自分がしたいことだけで全てが成り立つのであれば。
 たとえ人と遊ぶ形を持ったとしても。
 相手を見ることも無く。
 相手を必要とすること無く。
 それはただ、自分の楽しみに相手を利用しているに過ぎないのではないでしょうか?



 自身の遊び方が、周囲にとってどんな意味を持つのか。
 それを正しく知り、理解して。
 自身の中で、出来ることと出来ないことを切り分けて。

 その上で、言葉と共に相手に示すべきが『遊び方』であり、『スタイル』ではないか…と、そう思います。



 体力10,000の敵を10,000回叩いてでも倒す。

 …これは鈴蘭個人の『遊び方』…『趣味』の一つです。
 しかし、これは貴方の『趣味』と合うでしょうか?

 私は、貴方の楽しみの邪魔になってまで『私の趣味』を押し通したいとは思いません。

 鈴蘭と遊びたいと望んでくれる貴方に応えられるのであれば。
 私は、一撃で相手を倒すこともしてみせるでしょう。

 『人と遊ぶ』

 …それを求める上での大事とは何か。
 鈴蘭の中の『スタイル』という天秤は、そんなバランスをとっているのです。



 …今、貴方の天秤はどうなっていますか…?

独り言 その六百十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週は、年末年始以来の久しぶりの4連休でした。
 …かと言って、どこかに出かけるでもなく。
 特別した事と言えば、自室の整理と掃除を少しばかり…そんな鈴蘭です。



 積み上げて、高くなるばかりだった本の山を切り崩し。
 鬱蒼とした森を拓いて、小さな並木道を整えました。

 ほんの少し片付いた部屋。
 いつもの場所に腰を下ろし。

 並木道の一画から本を手に取って。
 雨音を聞きながら、お茶を片手に読み耽りました。



 読み終わった本を、新しく設えた書棚に収め。
 並んだ背表紙を眺めて、嘆息ひとつ。



 ただただ新しい刺激を求めるのでは無く。
 私は、自身に馴染んだ感覚を呼び起こしたいのだと。
 …改めて、そう思える週末でした。



■告
 今週末の土曜日に、第四回(でしたよね…?;)の『褐色集会』が催されます。
 左カラムに告知を掲載していますので、ご興味のお有りの方は当日会場に足を運んでみてください。

 ただ、告知では『Ship3』としていますが。
 今回は共通鯖での開催も前提に、企画を考えているようで。
 何がどうなるか…色々と未知数のところがあります。

 各鯖でも、同時に開催していると言われる『褐色集会』。
 どの程度の人が集まるものか…正直、読み切れていないのです(´・ω・`)



 何れどのような形になるにせよ。
 今までと変わる事なく。

  『皆が楽しめる時間』

 …そうなる事を願っています。

CEA0tnfUUAApdBd.jpg
            (C)SEGA
 
 実は、この宣伝絵…個人的には、凄く気に入っていたりします(´・ω・`)b
 なんというか…方向性が分からない上に、凄く怪しい雰囲気なのに、自信満々に前だけを見ているかのような、プラスのイメージがあるのです。
 …まぁ、一言で言えば。

  『キミタチ、どこ行くんさ…(・ω・;)??』

 という感じです。
 …まさに相応しいと思いませんか?
 …私だけかな?;



■考えすぎ?
 かつて、森で出ると言われた幻の虹。
 ソレを求めて、炎風吹き荒れる森に随分と通ったように思います。

 最近は、砂漠に打ち捨てられた遺跡の奥にも虹が出ると聞き。
 隙をみては、足しげく遺跡に通う毎日です。

 しかし。
 虹を求め彷徨ってみて、改めて思います。

  …私は、これを望んでいるのだろうか、と。

 私は、自ら進んで見えない形を求めているのではなく。
 見えない形に、ただ囚われているだけではないか…と。

Rainbow.jpg
            (C)SEGA


 虹に囚われた挙句の隷属の証。
 ☆13の冠する名前…『スレイヴ(Slave:奴隷)』とはよく言ったものです。

 虹を手にする喜びを感じる一方で。
 虹に囚われている自身を嗤われたような。

 心の熱を感じる一方で、凍えたような。
 …そんな思いを抱いた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 水曜の朝のこと。
 大手家電量販店から小包が届きました。
 
  (´・ω・) …。
  (つXenobladeX

 …本体同梱版を予約注文までしておきながら、発売日を失念していたという…;

 ゼノブレイド自体に特別思い入れが強かったりする訳ではないのですが。
 ネットで販促用のPVを目にする機会があり、直感的に『コレが欲しい(´・ω・`)!!』と思ってしまい。
 当時は、まだ予約を受け付けていた事もあって、後先を考えずに衝動買いをしてしまいました。

 しかし、実物を前にして気付くのは、アークス業で手一杯のこの状況。

  (´・ω・`)どうしたものか…。

 …皆さんは、お金を計画的に遣いましょうね…;



■考えすぎ?
 リリーパULT実装から1週間が過ぎました。
 日々、リリーパULT推奨ブロックは賑わいを見せており。
 その状況は、アークスの関心の高さを伺わせます。

 ほかならぬ鈴蘭自身、暇を見つけてはリリーパULTに潜っている訳で。
 かつてと姿は変わりましたが、久しぶりのマルぐるです。
 時間を忘れて回っていた頃を思い出し、今を楽しもうと臨んでいます。



 目の前の敵を倒して、目の前の敵を倒して…。
 マルチでの緩やかな連帯感を感じながら、ぐるぐるぐるぐる…。



 …こうして、同じ動作をひたすら繰り返していくのは…自身の精神に、凪の状態をもたらすような気がします。
 無心…という程に悟れている訳ではありませんが。
 自身の中が、少しばかり見通し良くなるようにも感じます。

 こんな時に、ふと思うのです。

  『鈴蘭に求められているものは何なのだろうか?』

 …と。

 私が鈴蘭に期するように。
 周囲が鈴蘭に期するものがあるとして。

 それは、双方にとって良い形を成しているのだろうか。
 双方が求めるべき形を成しているのだろうか。

 …そんなことを。



 同じものを目にしても、見え方が違うもの。

 私がいつも背中を見ている鈴蘭は。
 皆から、どのように見えているのか。

 この疑問は常に頭に在りますが。
 これはお互い様のことであり。
 皆が同じ条件の中、日々の積み重ねを続けています。

 改めて考える事でもないのかもしれませんし。
 考えたところで、答えが出るものでもないのかもしれません。

 ただ…今日、3鯖においでになっていたペリシアさんとお話する中で。
 『他人の目を意識して着飾る』という喩えを出された事で、少し考えこんでしまいました。



 自身で仕立てた服の出来をアレコレ評する内に。
 鈴蘭は『着ようと思っていた服に、着られているのではないか?』…と。



 仕立て直す事も出来るかもしれませんし。
 新たに仕立てる事も出来るかもしれません。

 しかし、出来ることが良いこととは限りませんし。
 考えも無く仕立てて『同じ』では、ただの繰り返しになるかもしれません。

 …などという、埒もない考えも今だけのことで。
 着慣れない内は、とかく収まりの悪いもの。
 くたびれて、多少痛むほどに着古した頃に良さが分かるのでしょうね。



 とはいえ…はてさて。
 私は『熊』と称される鈴蘭とやらに見合うのでしょうか…?

 ぐるぐるぐるぐる…。

 マルチばかりではなく。
 思考も同じところを回っている鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。