独り言 その六百十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は『PSO2アークス候補生』の卒業スペシャルとしてニコ生での放送があったようです。

 …ようです、という伝聞の形なのは…鈴蘭自身、有名人や著名人に疎く。
 特別、『誰其が出るし観よう』という行動を起こさない人間なもので…。
 普段の生放送も見逃しがちな自分では、伝聞以上の形にはならないのです;

 とはいえ。
 この一年の放送期間中、何かの折に触れて話題になっており。
 関心の薄い鈴蘭でも、何とは無しに内容を知ることが出来ました。

 その意味では…これも含めて、鈴蘭のPSO2として馴染んでいた…そう言えるのかもしれませんね。

 出演者の皆さんにおかれましては、一年間お疲れ様でした。
 この一年、鈴蘭のPSO2に色を添えてくださり、有り難うございました。
 そして、ご卒業おめでとうございます(´・ω・`)ゞ



 …今後の候補生の枠は、以前に一般公募をしていた広報部(でしたっけ?)が引き継ぐことになるんでしょうか?

 まだ選考中とも聞きますが…。
 何れどなたが担当する事になるにせよ、頑張ってほしいと思います。



■考えすぎ?
 【公式】 ネパール地震の被災者・被災地への支援について(4/28 21:20更新)

 先日ネパールで発生した大地震。
 この大災害の被災者への義援金を募る呼びかけを、運営が打ち出しましたが…。

 聞けば、この方策に対して『プレミアムセットの収益の一部を義援金に当ててはどうか』という意見があったそうです。

 この件については、鈴蘭が問題を正しく理解しているか分からないので、鈴蘭が把握している範囲での解釈になりますが。
 少なくとも、個人的には運営の今回の判断は妥当なものではないか…と、思う鈴蘭です。

 既に購入、適用されたプレミアムセットの売上の一部を義援金に…というのでは、それは『セガの義援活動』であって、『私達の義援活動』にはならないように思います。
 また、仮にプレミアムセットの新規購入分の売上を義援金に…という形を採るとしても。
 実用性の高い商品がユーザーの手に渡る形…明確な利が私達にある形は、義援金を募るのに相応しい形ではないようにも思うのです。

 自身の利から離れたところにある行動だからこそ、意志が明らかにもなる。
 …これは、そういうものではないでしょうか?



 …まぁ。
 ここで敢えてコスモである必要は、ないのかもしれません。
 欲を言えば、ゲーム内で周知する上ではステッカーの方が良かったのではないか…とも思います。

 しかし…その準備に時間を掛けて、義援金の受け渡しが遅れてしまうのでは、それも話が違うように思います。

 今回の方策が最上の形であるかは分かりません。
 …ですが、少なくとも体は成していると思う鈴蘭です。



 口ほどに行動が伴わない鈴蘭のこと。
 出来ることなど、この程度しかありません。

 それでも、少しでも足しになるのであれば…。

(´・ω・)
( つ○と
少ないですけど、使ってください




■コメントのお返事
 …また後程。
スポンサーサイト

独り言 その六百十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 世間様では、明日から大型連休のスタートという方も多いのでしょう。
 PSO2でも、大型連休に合わせてキャンペーンが展開されます。

header2015GW.jpg
            (C)SEGA

 その日にログインすることで獲得権利が発生するようですし…。
 木曜日の『エステ無料パス』だけは、忘れたくないものです。

  命のストックが一つ増えるのですから…(´・ω・`)!!

 …という冗談(?)はさておき。
 ちび鈴の顔の作りで、以前からどうしても気になっている点があります。
 鼻の高さを色々と変えた結果でしょうか。
 目の下に影が出来てしまっており…、カットインの度に『しかめっ面』をしているように感じていました。

 いっそ、平板になる『すっきり顔』などに変えるのも…と、考えもするのですが、踏ん切りがつかず。
 今もって、命のストックを増やす日々が続いています。

  何れ納得の出来が得られるはず…(´・ω・`)!!

 …と、信じていますが…何時のことになるのやら;



 話変わって。
 こちらは、GW中のキャンペーンというわけではありませんが…。
 忘れずにおきたいことがもう一つ。

bnr05998.jpg
          (C)SEGA

 第6回目となるプレイヤーアンケートです。
 5月15日(金)14:00まで受け付けているということですし。
 この休みを利用して、日頃思っている事を時間を掛けて書いてみるのもいいかと思います。

 …伝えようという努力無しに、相手に伝わるものではありませんから。



 則非知之難也、処知則難也 【韓非子:説難篇】

 古代中国の思想家『韓非(かんぴ)』の言葉です。

 この人は、『史記』にも紹介されている人物ですが。
 その生涯について詳しく記述された文献が少なく、謎が多い人物ともされているのだとか。

 少ない史料によると…。
 彼は王族に生まれながらも、先天的に重度の吃音だったらしく。
 流麗な発音が貴族のステータスとされていた社会において、随分と不遇を囲ったそうです。
 しかしその反面、非常に文才豊かな人であったようで。
 人に理解してもらうにはどうすべきか…そんな事をテーマの一つにして、後世に著作『韓非子』を残しました。



 『物事の真実を知ることは難しくはないが、それにどのように対処するのかが難しい』
 …という、この言葉はそこから更に進み。

 相手に自身の語りたい事を語るのが難しいのではなく。
 相手に自身の語りたい事を理解させるのが難しいのではなく。
 相手の望む結果を自身の中から示す事が難しいのだ。

 …そんな意味を持つのだそうです。



 不平、不満を訴える事は難しいことではありません。
 思うことを表に出すだけで事足ります。

 その不平、不満を感じている事を理解してもらうのも、難しいことではありません。
 如何に自身が不自由をしているかを、説明すれば事足ります。

 …しかし、その不平、不満をどのように解消するべきか。
 相手が望み、自身が望む要所が何処に在るのか。
 それを見極め、示すことこそが本当に難しいのでしょう。

 もし、この休みの間にアンケートを書き上げるというのであれば。
 少し時間をおいて、書き上げたそれを見返してみてはどうでしょう?

 …或いは、自身の独りよがりが見えてくるかもしれません。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は、変則的な定期メンテナンスが実施されます。

  【公式】 4/29、5/6 定期メンテナンス日程変更のお知らせ

 これは、GWに向けた対応…ということになるのでしょうね。

 長期のお休みの度、ラグの発生頻度が高くなるように感じるPSO2。
 折角のお休みなのに遊べない…というのは悲しいものですが。
 快適な環境を維持するためにも、ここは敢えて…とも思います。

 今年は、仕事の都合で金、土、日、月の晩が休みとなり。
 久し振りの4連休を取れることになりました。

 この休みに、色々とやりたい…と楽しみに思いつつも。
 少しの不安を感じてもいる鈴蘭です。



  頑張れサーバー…p(´・ω・`)q!!



■今日のアークス
 先日のリリーパ壊世区域における『天候変化』について。
 ブログを読んでくださったフレさんから、ご指摘を頂きました。

 聞けば、そのフレさんはリリーパULTでの『天候変化』に違和感を感じることはなかったそうです。



 『メタ的発言になりますが』と断りを入れた上で。
 エメラインのクライアントオーダーに一つのヒントがある…と。
 そう仰っしゃいました。

 『気象観測オーダー』と名付けられた彼のオーダーは、各惑星で発生する特有の自然現象の観測が目的となっています。
 彼が『気象』とするものの中には、海底の遺跡内で観測されるものもあり。
 閉鎖空間であろうとも、自然現象の変化であれば『気象』『天候』と称するのがアークスの定義なのではないか。

 その定義に則って、ヒルダ達はアンガの及ぼす変化を『天候変化』と言い表しているのではないか。
 …と。



 また、それに加えて、もう一つの可能性も挙げてくださいました。
 こちらは、先日のerythさんから頂いたコメントのお返事の中で、鈴蘭自身も触れている部分なのですが…。

 現場のアークスは、外界から隔絶された閉鎖空間でアンガと対峙しており、外の様子までは分かりません。

 防衛系クエストにおいて、ダーカーが空を赤く染めるように。
 アンガは有視界内…半径40Km範囲は言い過ぎ?…とかのレベルで、自然現象を変化させる事が出来る存在なのやも知れず。
 後方でアークスを指揮するヒルダには、アンガを中心とした半径数十Km単位の気候変動が観測できているのかもしれません。

 ヒルダはアークスの居る場所を指して『天候変化』としているのではなく。
 周辺地域全体を指して『天候変化』としているのではないか。
 …と。



 何れが正しいのか…いえ、どちらも正しいようにも思える鈴蘭です。

 こうした、世界観についてアレコレお話をするのは楽しい事で。
 自分が思いもしなかった切り口で世界が広がるとき、喜びを覚えます。

 ストーリーに則して、世界が形作られているのが当然のゲームの世界。
 全ては主人公のために在る世界。

 しかし時には、その主人公の視点から少し離れ。
 プレイヤーの…世界の一住人の視点から見た、世界の形。

 それを楽しむのも良いのではないでしょうか?



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百十

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20150422_215039_003.jpg
           (C)SEGA

 リリーパULT。
 …この新しい壞世区域に足を踏み入れて思うのです。

 これまでの採掘場のイメージからはかけ離れた、『綺麗』で『明るい』空間。
 其処には、うそ寒い冷たさを感じるほどに、無機的な清潔さを感じます。

 しかし、この区域は一体なんなのでしょうね…?

 リリーパの地下施設において、今なお往年の機能を有している区画で。
 アークスが説明する『地下資源の掘削施設』…というには、あまりにも物々しい警備システムで守られています。

 というか…警備システムとしての戦闘用ロボットは目にしても。
 掘削作業用のロボットや機器を目にすることがありません。

 …その為でしょうか?

 この施設の印象が酷く曖昧で。
 無機的だから…というのとは別の理由で、居心地悪く感じてしまうのは。

 …この世界に、拒絶されているかのように感じてしまうのは…。



■今日のニークス
 週末に共通鯖で開催された『トナ会』に参加してきました。

pso20150425_205706_032.jpg
           (C)SEGA

 この手の同好の士の集まりに参加する度に思いますが…。

 普段、個々に目にすることはあっても、繋がりがあるわけでも無く。
 近くに居ながらも、お互いの距離を感じるようにも思います。

 しかし、こうして一堂に会して時間を共にすると…同じであることの連帯感がそうさせるのでしょうか?
 …なんとも言えない感動を覚えるのです。

pso20150425_205405_030.jpg pso20150425_203841_024.jpg
           (C)SEGA               (C)SEGA

 何かをしよう、という集まりではない…『構えない』からこその雰囲気であったのかもしれません。

 クエストを楽しむのとは、また別に。
 こうした雰囲気も、また良いものです。



 …そこで、ふと。
 翻って、週末に開いている共通鯖での雑談の時間に、思うところを感じた鈴蘭です。

 この…同好の士の催しと、趣旨が違う訳でもないのですが。

 『対話』とするところに、相手を構えさせるものがあるのではないか。
 『話す』こと。
 それが、『話さねばならない』こと…と、取られてはいないか。

 …そんなことを。



 …まぁ、相手が『4鯖の(自称)アイドル』では、ハードルも上がろうというものか…(・´ω`・)

 …ただ。
 冗談ではなく、私達自身の『それ』が。
 人と人の間を隔てる枠そのものなのではないか。
 そんな風にも思うのです。




■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百九

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨夜の事です。
 職場の廊下を歩いていたら…あまりの寒さに、思わず身震いしてしまいました。
 4月も終わろうかというのに、冬に逆戻りしたかのような寒さです。

 聞けば、昨日は未明の気温が5℃程度。
 日中の最高気温が25℃以上の夏日という…寒暖差20℃以上のトンデモナイ天気だったそうで…;

 この変化の激しさに、体調を崩す人もいるのではないか…。
 そんな心配をした鈴蘭です。



 天気の変化といえば…。

 新実装のリリーパULTでのことですが。
 地下坑道をぐるぐる回っていると…。

 『強力な反応を感知した。おそらく急激な天候の変化もそいつが原因だ。早急に対処しろ』

 …などと指令が来る訳ですけど…。

  (´・ω・`)…天候?

  ( ´・ω・)……天候。

  (・ω・` )………天候。

  (´・ω・`)ここ…屋内と違うん?

 そんな細かいことが気になり、改めて辞書で『天候』を引いてみました;



 『天候』
  数日間、或いは十数日間という長い時間に渡る天気の総合的な変化。



 屋内の環境変化で使うのは問題ないの…かな?
 なんとなく、『坑道』という閉鎖空間で使うことに、違和感を感じ無くもないのですが…。
 私だけでしょうか…?;



 …いやはや、これに限った話ではなく。
 改めて考えると、言葉の使い方というものは難しいものですね…;



■今日のニークス
 明日は左カラムの告知スペースにあるように、共通鯖におけるペリシアさんとの対決が控えています。

 …ええ、対決です。
 何を対決するのか分かりませんが、何かそんな絵が脳裏に浮かんだ気がしなくもないような気分がするのを夢に見た記憶が朧げに…。

 …という、冗談はさておき(ノ・ω・)ノ ⌒ ☆

 これは、何か特別なことをしようというのではありません。
 気が向いたら足を運ぶ。
 …その程度の集まりですので、良ければクエストの休憩がてらにでもお越しくださいな。

 何事も、緩急がなければ、伸びきって切れてもしまいかねませんから…(´・ω・)



 更に、明後日にはトナカイの祭典が催されます。

 これらのイベントが今から楽しみで仕方なく。
 首を長くして待っているのですが…。

pso20150423_130857_016.jpg
             (C)SEGA
ζζ
(´・ω・)
  …いやはや…リリーパは遠いね…


 …鈴蘭の坑道探索は難航しそうです。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百八

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日はアップデートの日。
 様々な追加、調整が為されたようです。
 インターフェイス関連の細かな調整については、フレさんの中にも好印象を持っておられる方が多く。
 特にマイショップの使い勝手が良くなった、という言葉は方々で耳にしました。

 今日はファッションアップデートの日でもありますし。
 早速マイショップの使い勝手を実感…。

  (´・ω・`)…。

 …出勤前のことなので、それの確認する時間が持てず。

pso20150422_215039_003.jpg
            (C)SEGA

  (´・ω・`)ここが…リリーパ壊世地区…!

 …と、一言だけ残して。
 入口で引き返し、出勤した鈴蘭です。

  (´・ω・`)明日から本気だす!!
  (´・ω・`)…。
  (´・ω`・)……タブン。



 今回は火弱点の敵が出るというULT。
 鈴蘭なりの準備として…。

pso20150422_222853_009.jpg
            (C)SEGA

  (`・ω・´)シャキーン!!

 …と、構えるほどのものでもありませんが…;

 近接職において、普段から愛用しているワイヤードランス。
 その中の一つである『ヘレティックエンド』です。

 外観が特徴的で、気に入っている武器なのですが…。
 先日の緊急参加の折に、ある拾いものをしました。

 これも何かの縁。
 折角なので、これを強化してリリーパULTへの備えとする事にしたのです。

ヘレティック
       (C)SEGA


 天然7sとしては、面白い構成ではないかと思います。

 自作では5sがせいぜいの鈴蘭です。
 たとえ自分で弄ったとしても、これ以上の性能は早々望めませんし。
 このタイミングで手元に来てくれたことに感謝しつつ。
 ご覧のように、一先ずの強化を施しました。



  『潜在3にしないの?』

  (´・ω・`)あ、うん…機会があれば…

  『クラフトは?』

  (´・ω・`)あ、うん…出来ればしたいかな…



 …そんな、色々まだまだ手が回っていない鈴蘭ですが。

 でも、これはこれで…とも思います。
 何しろ、これから長く付き合う事になるのでしょうし。
 まずは此処から…です。

 足りないことを楽しむのもまた、一つの在り方なのでしょうから。



■業務連絡
 『イオ横丁』に関してですが。
 今回のアップデートによりブロック構成が変化したため、これまでのB222より引っ越して、カジノ推奨ブロックのB226に仮住まいする事になりました。

 これは、B222が『おすすめクエスト推奨』となったことで、ソロ活動をされている方の妨げにもなりかねないという判断によるものです。

 今回の引っ越し先についても、先住の方がいる等の理由により再度の引っ越しも考えられます。
 横丁をご利用になられている方は、気がついた時で結構ですので、ご自身の活動時間帯のブロックの状況をご確認くださいますよう。

 宜しくお願い致します(´・ω・`)ゞ



■コメントのお返事
 …また後程。
 【※下のリンクから、追記部分にお返事を記載しています】

独り言 その六百七

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は春の中規模アップデートの先駆けとなる、コンテンツの追加実装・調整が為されます。

 開始時間を4時間前倒して行われる定期メンテナンス。

 明日の朝、いつもの時間には既にメンテが始まっており。
 メンテ前の最後の時間は持てなくなってしまいました。



 なので、出勤前に…。

pso20150421_214842_003.jpg
                               (C)SEGA

 セブン-イレブン オラクル支店のナナイさん。
 何気に化粧が濃かったんですね…ナナイさん…(´・ω・`)メモトクッキリ!


pso20150421_214741_002.jpg
                               (C)SEGA

 esから出張してきたというセラフィさん。
 古い携帯使ってるもんで、esやってなくて…ごめんなさい(´;ω;`)マタネ


pso20150421_214600_001.jpg
                               (C)SEGA

 過去作から時空を越えてやってきたナギサさん。
 小柄なちび鈴と並んでも、更に華奢に見える…(´・ω・`)ミニマム!



 明日には会えなくなる人達を、改めて目にしてきました。



 …こうして見ると、自身が如何に彼女等自身に無関心であったのかが分かります。

 機能を提供するNPC。
 その機能だけが、彼女等の存在価値であるのか。
 あるべきだったのか。
 …あってほしいと望んでいたのか。

 明日には此処を去る彼女達を通して。
 狭隘な視野でモノの価値を決めるばかりで、一向に省みない…。
 そんな、小さい自身を見たように思った鈴蘭です。



■考えすぎ?
 今日のお昼のこと。
 フレさんと少しお話をする機会があったのですが…。

 人と人を繋ぐことの難しさ。
 形を定めず形を求める在り方。

 悩みを新たにされたフレさんは。
 それを例えて、『水』と称されていました。

 …それを聞き。
 ふと、一つの言葉が浮かんだ鈴蘭です。



   上善如水、水善利万物而不爭。
    上善は水のごとし、水はよく万物を利して争わず。

   処衆人所惡、故幾於道。
    衆人の悪むところに処づきて、道に於いて幾し。

                           【老子:八章】



 先日も触れた、老子の言葉です。
 物事の自然の流れに逆らわず、高いところから低いところへ流れる水のように、全ては何れ収まるべきところに収まる。
 …大きくは、そうした意味があるそうです。

 この解釈は老子の思想のほんの一部を切り抜いただけで、その表層でしかないのでしょうが。
 それを掘り下げるのは、別の機会とするとして…(´・ω・)



 …水のような在り方は、或いは『より高いところ』を望むことは出来ないかもしれません。
 かと言って『より高いところ』を望み、留まる事で流れに抗い続ければ。
 ともすれば、周りとのより良い関係を望むことも出来なくなるのではないでしょうか?

 周りが望み、自身が望む収まるべき場所。
 そこは、もしかすると両者を大きく引き離すのかもしれませんが。

 それこそが在るべき。
 それこそがより良い。

 …そういうものかもしれません。

 それでも『より高いところ』を、と望むのであれば。
 流れてきた今までを思い。
 この先を見据えて。
 まずは、低いところから始めてみてはどうでしょうか?



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百六

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日から、4鯖に居を構えているペリシアさんが3鯖に出張されているようです。

 最初にWISでご挨拶を頂いた時。
 実は、キャラ名で似た雰囲気の名前をお持ちのフレさんが別におり。
 てっきりその方の挨拶だと勘違いしていました;

  (´・ω・`)いや…まさか来ると思ってなかったからねぇ…。 

 後日、横丁においでになっていたことをフレさんから伺い。
 ペリシアさんからのフレンド申請を受けて、ようやくそれと悟ることが出来ました。

 その節は大変失礼致しました…。
 改めて、宜しくお願い致します(´・ω・`)ゞ



 ペリシアさんは、3鯖では全くの真っさら状態のスタートという事で。
 当面はレベリングや解放に勤しまれるようです。

 丁度、ウチの爺様が同じくらいの立ち位置なので。
 時間が合うようなら、お供…便乗もしようかと思います。

 鈴蘭にとってのレベリングとは。
 目的を達する為の手続きとしても、あまりに味気ない作業なので…;
 そこに彩りを添える道連れを得られるというのであれば、何よりのこと。

 良ければ、また遊んでもやってくだされ(´・ω・`)



- ◆ -




 お話変わって…。

pso20150419_172526_002.jpg
                           (C)SEGA

 日曜のお昼には、ご縁のある方達による都合三回目になるという、合同チャレンジにお邪魔してきました。

※SSが微妙なのは鈴蘭の仕様です(・´ω`・)

 …とはいえ。
 鈴蘭の活動限界をオーバーした時間帯での集まりであったので。
 集中を欠き、意識が解けていた状態での参加となってしまいました(´・ω・`)

 チャレンジに関しては、鈴蘭ごときが何か言うべきことがあろう筈も無く。
 自身が楽しかった時間を過ごすことが出来。
 皆で楽しめたのであれば、それ以上の事はないと思うのですが。

 しかし一方で。
 もう少しでも、何か出来たのではないか。
 そんな後悔も残りました(´・ω・)=3

 いや…まぁ、これこそ考えすぎなのですが…;
 これあってこその鈴蘭なのです;


 次に機会があるようなら。
 その時は、もう少し。
 …そんな事を期する鈴蘭です。



■ちょっとだけ考えすぎ?
 最近は、週末に余所の鯖の方と過ごす機会が増えてきました。
 こうした交流の形は、当初は鯖の垣根が存在していたために、言うほど簡単ではありませんでしたが。
 共通鯖の出来た今となっては、それも容易となりました。

 …しかし。
 これが果たして、いいことであるのか。
 その答えは単純ではないようにも思います。

 共通鯖は全ての鯖の間に、等距離に在る『場』ですが。
 それは、同時に全ての鯖から隔離する『壁』でもあるのでしょうから。

 自身が身を置くコミュニティと隔絶された場所。
 そこは、公私を分けるように使い分けられる場所であるのか。

 夢の世界の住人として幸福を望むとしても。
 それは叶うものなのか。

 夢は、現実と対になって初めて、夢になり得るのではないか。

 …ふと、そんな事を考えました。




■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百五

 大きいだけの鈴蘭です。

 25日の土曜の晩。
 ある祭典が開かれることを耳にしました。

  ヒ コ 『鈴さんや。25日に共通でイベントが有るみたいですよ』
  鈴 蘭 『ふむ?』
  ヒ コ 『リツィートしてるので見てみるといいです』

 あまり積極的にTwitterを利用している訳でもない鈴蘭です。
 言われて、漸くタイムラインを確認…。

  (´・ω・`)…。

  ヒ コ(TL)『トナ会in共通Ship開催

  (´・ω・`)…と…トと、トナ会…とな…!?

 催しの内容は存じませんが。
 要項を見るに、自由参加の形式で。
 何かしなければならない…という催しでもないようです。

 今までに目にしたことがない数のトナカイの群れ。
 それを目にする事ができるかもしれないと思うと…。

ζζ
ヽ(´・ω・)ノ
今から楽しみでしょうがないですね…!!




■考えすぎ?
 …最近、改めて思うのです。

 私が『鈴蘭』として形を与えた個性が。
 人との繋がりの中、『鈴蘭』として以上の形を得ているのを。

 それは喜ばしくもあるのですが。
 その『鈴蘭』は、私自身に訴えかけているようにも思います。

 鈴蘭には、私に見えてない『鈴蘭』としての一面があり。
 私がそれを意識していないがために、何れ多くを取り零していくのではないか。
 …そんな危惧を。



 自身の目にする形が、果たして物事を正しく捉えているのか。
 連続する思考の中で、自身の目にする形が正しい…いつの間にか、そう思い込むだけになってはいないか。

 週末、短いながらも機会を持つことが出来た『雪割りの花』でのお話の中。
 振り返ってみれば、そうしたものに触れた瞬間があったように思います。



 『難易度』
 プレイヤーにとっての物差しであるそれは。
 果たして人の間に在って、どれだけの価値が有るのでしょう?

 長じた人にとってのそれは、『たかが』という存在で。
 始めて間もない人にとってのそれは、手の届かない『高み』を示しています。

 長じた人が立つ『たかが』という『高み』から何を言ったとしても。
 人と人の間にある物差しは、距離を示すばかり。
 人と人の間が、如何に遠いかばかりを突き付けてしまうのではないでしょうか?



 不覚にも鈴蘭自身が見過ごそうとしたそれを。
 後になってからでも、話をしてくれ、再考を促すキッカケを与えてくれる。
 そうした関係を持ち得たことを有り難く思った。
 …そんな週末でした。



■リンク追加のお知らせ
 『かれんちゃんのぷそにっき』 
 3鯖で活動されている、火燐大尉さんのブログです。
 以前、独り言に足跡を残されていた際に、逆に辿っていって拝見したのですが…。

 後日、ロビーに居るのをお見かけして、GJでご挨拶。
 火燐さんから御返礼を頂き…その流れでリンクをお願いしました。

 楽しく遊んでいることを、素直に表現されている内容で。
 こうした文章を書くのが苦手な鈴蘭には、羨ましく感じます。

 火燐さんには、独り言について評価して頂いて恐縮ですが。
 何のことはありません。
 鈴蘭自身にそれを知る学も知恵も無いからこそ、先人の言葉を借りているのです。
 自身の言葉を持つ皆さんをこそ、私は羨むのです。

 何かと至らない鈴蘭ではありますが。
 これから宜しくお願い致します(´・ω・`)ゞ



 『巫女侍・アルカネット
 こちらも同じ3鯖で活動されている、『巫女侍』こと神村マサトさんのブログです。
 火燐さんとは旧知のようで…或いは、火燐さんと私のやりとりをご覧になって、リンクを検討してくださったのかもしれません。
 …奇特な方ですね(´・ω・`)

 PSO2の世界、オラクルに住まうアークスとして。
 マターボードの存在が、非常に親しいものだと改めて教えてくれる内容です。

 鈴蘭個人としては、マターボードの内容は小説のように読んで楽しめれば、それに越したことはないと思っているので。
 こうして紹介されるのは、有り難いと感じます。

 …何より、違う人が見る同じようで違うお話…マターボードそのものを目に出来る訳ですから。

 ご自身のPSO2を、これからも描いていってくださいな。
 更新を楽しみにしております(´・ω・`)ゞ



 『ふる☆える姉妹のPSO2ブログ
 最近、お互いの足跡を辿りながら(?)行き来を続けていた、ふる☆えるさんのブログです。
 コメントをよく頂いていたこともあり、ウチのような辛気臭いブログに関心を持ってくださる奇特な方と見て。
 この機会に、思い切ってリンクをお願いしました。
 
 毎回、近況を伝える記事の最後に、ご自身のコーディネイトについて書かれているのですが…。
 衣装の組み合わせというものは、どうにも発想が貧弱な鈴蘭には難しく。
 改めて服飾の魅力に気付かせてくれる、良い機会と思っています。

 とはいえ。
 こうした服飾に限らず、物の価値というものを改めて気付かせてくれる内容であるように思います。
 丁寧な文章は、それを優しく教えてくれますから。

 また伺わせて頂くかと思いますが…。
 鈴蘭に、一つご教授下されば幸いです。



■今日のニークス
 就寝前の日曜のお昼過ぎ。
 魔女さんから合同チャレンジに誘われて行ってきました。

 …とはいえ。
 実のところ、既に意識が鈍化しており、受け応えも実のあるものになったとは言い難く思え。
 後悔ばかりの鈴蘭です。



 今日のところは長くなりそうなので、明日の投稿分で触れられればと思います。

 ご一緒してくださった皆様、良い時間を有り難うございました。
 そして、あまりお話そのものに参加できず申し訳ありませんでした。
 またの機会を楽しみにしております。
 良ければ遊んでやって下され(´・ω・`)ゞ



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百四

 大きいだけの鈴蘭です。

 …最近、改めて気になっていることがあります。

Twitterキャンペーン
                           (C)SEGA

 …今回のブーストの告知なんですが…。

  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)…なぁ…。
  (´・ω・`)ブラックニャックのブーストは無いん…?

 まぁ、『さぁさぁ!! ボクと勝負するニャウ!!』と毎回言われても大変なんですが;

 一説には、初日の不手際の責任を取らされて、巨額の負債を抱え込み。
 とあるツテから、近所に開店したコンビニで掛け持ちのバイトしている…なんて話もあるとかないとか。

  不憫な…(´;ω;`)ウッ

 …なんというか…何処か『報われないキャラクター』というイメージのあるニャウ。
 少しくらい、良い目を見せてあげてください…セガさん。



■考えすぎ?

 『大道廃れて仁義あり』 【老子:第十八章】

 元は古代中国の思想書、『老子』にある言葉だそうです。
 『大道』とは、老子が説く『無為(人が自ずから在るべきものに従う生き方)』を指すと考えられ、人が行うべきことを行わなくなった世の中では、言葉にする必要も無いはずの仁(思いやり)や義(人が行うべきこと)が重きを為してしまう…という意味があるのだとか。

  大道廃有仁義
   大道が廃れたので、仁義が生まれた。
  知恵出有大偽
   知恵のある者が居るために偽りが生まれた。
  六親不和有孝慈
   親子、兄弟、夫婦の不仲があるために、孝行者が目立つようになった。
  国家昏乱有忠臣
   国家が乱れたので、忠臣というものが出てきた。

 …確かに、そうしたものなのかもしれません。

 進むべき道が明らかで。
 皆が迷うこと無くその道を進むというなら、改めて道についてアレコレ論じる必要もないでしょうから。

 道程に疑問があればこそ。
 その道程の正しさを示す言葉が必要となり。
 時として、その言葉が道程の形を歪めてしまう。

 …振り返ってみれば。
 私達は、この仮想空間でずっとそれを繰り返してきているのではないでしょうか?



 ただ一つの正解が全てとするには、複雑に過ぎる世界。
 いえ…本来は単純なそれを、私自身が複雑にしてしまっているんでしょうね;

 大道を示す言葉を探すうちに。
 さて、そもそも自身の大道とは何なのか。

 道を知っているつもりで、いつの間にか迷子になっている…。
 きっと、そんな鈴蘭です。



 …うん、堅い。
 これこそ人を惑わす、不要の言葉でしょうな…(´・ω・)=3




■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百三

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日より、TwitterのPSO2公式アカウントを通じて、『Twitterキャンペーン~TVCM放映記念~』というイベントが催されていました。

TVCMmem.jpg
              (C)SEGA

 このイベントは、公式の呟きのリツィートされた件数に応じて報酬が出されるというもので。
 鈴蘭もTwitterのアカウントを持っていたこともあり、ちょくちょく参加していたのですが…。

  普段あんまり呟かないので、見逃しも多かった…(´・ω・`)スマヌ

 しかしながら、期間中に規定のリツィート件数に到達したということで。
 各種の記念品の配布と…今日から一週間、レアドロップ率と経験値獲得量が+100%されるそうです。

 この機会を利用して…とも思うのですが。

 こうしたキャンペーンのベースアップ。
 …改めて考えてみると、何の為のベースアップなのでしょうね?



 何かにつけてベースアップが為されていますが。

 より早く、より効率よくキャラを育成させ。
 より多く、より効率よくアイテムを取得させ。
 運営は私達に何を望むのでしょう?

 より早く、より効率よくキャラを育成し。
 より多く、より効率よくアイテムを取得し。
 私達は運営に何を望むのでしょう?



 …何故でしょうか。
 鈴蘭には、誰も彼もが何を望むでもなく望んでいるようにも見えるのです。

 手にすること、到達することは一つの目標足り得ますが。
 その目標は、貴方にとって…私にとって何を意味するのでしょう?

 今、目指す先があるというのなら。
 そのもう少し先。
 そこに目を向けてみても良いのではないか。
 …そんな事を考えた鈴蘭です。



pso20150415_210334_000.jpg
            (C)SEGA

 かつて、デューマン実装の折に作ったキャラクター。
 今日、漸くサブクラスの解放が終わりました。

 遅い…と、お思いでしょうか?
 …確かに遅いのでしょう。

 しかし、そう思われる人に、逆に問うてみたい気もします。

 その『遅い』という感覚。
 何をするに『遅い』というのでしょうか?
 …と。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百二

 大きいだけの鈴蘭です。

 『言わぬ事は聞こえぬ』 【諺】

  言わなくてもわかるだろうと判断して、はっきり言わずにいると、こちらの意思や考えは相手に十分に伝わらないということ。
  後になって聞いてなかったと言われないよう、誤解の無いよう念を押して相手に伝えるほうがよいということ。




bnr05918.jpg
                               (C)SEGA

 来週からは、春の中規模アップデート『究極なる機甲』が実施されます。
 4月22日からの実施要項が、公式サイトに掲載されていますが…。

 『エネミー調整』の項目に、このような記述があります。

 エネミー「ガウォンダ」「グウォンダ」「シル・ディーニアン」「シル・サディニアン」の盾を攻撃した場合に、攻撃が弾かれなくなるように変更します。
 ※これまでと同様に、盾を攻撃した場合はダメージを与えることはできません。


 この記述に、最初は疑問を覚えることはなかったのですが。
 フレさんとお話する中で、この文で全てを説明できているのか、疑問を感じました。

 PSO2において『攻撃が弾かれる』というと…『近接攻撃が当たると攻撃モーションが強制的に中断させられ、仰け反り状態になる事』を指すのだと思い浮かぶのですが。
 しかし、ただ『攻撃が弾かれる』という表現では、遠近何れのどんな攻撃が当たると『弾かれた状態』になるのか…それが不明瞭です。
 言ってみれば、『射撃攻撃が通らない』ことが『弾かれる』と表現されても、一般的には不自然ではないのですから。

 マニュアルを作る際に陥りやすい陥穽。
 理解している人間が『これくらいは分かるだろう』という思い込みで書いてしまい、結局はマニュアルを必要としない人間にしか理解できない内容になってしまうという…。

 この文には、そこに通じる不親切さがありはしないか。

 今一度、改めて読み返してみて。
 そんな風に思い直したのです。



 この文を、ゲームに不慣れな人が読むかもしれない。

 この一文に限った話ではなく。
 自身が作ったものを、一歩引いて見詰め直す。

 …そんな余裕が欲しいと感じた鈴蘭です。



■考えすぎ?
 引き続いての事になりますが。
 上記の調整内容に関して、鈴蘭としては少し疑問を覚えた点があります。

 盾を持った敵に悩まされたクエストとして、タイムアタックのアムドゥスキアがあるでしょうか。
 最奥部でヴォル・ドラゴンと共にガウォンダやグウォンダが登場し、これに幾度と無く攻撃を邪魔されて。

  ( ;´Д`)そんなトコ立って、ヴォル・ドラゴン守らないでー!?

 …などと、絶叫した事もしばしば。

 今回の調整で、今後はストレスから解放される。
 そう思うと、快適に遊べるようになると考えもするのですが。

 ただ一方で。
 そうしたストレスを感じるほどに厄介な状況を、如何にプレイヤーが工夫して切り抜けるか。
 そうした機会を減らす事になりはしないだろうか。
 …そんな心配をした鈴蘭です。

 戦闘のテンポが悪くなる…という皆の不満が、今回の調整に繋がったのでしょうが…。

 ヴォル・ドラゴンを守る盾の存在感が失せ。
 一絡げに薙ぎ払える感覚に爽快感を覚えるよりも。
 きっと、ストレスから絶叫できない事に寂しさを覚えるだろう…そんな鈴蘭です。



 私だけかなぁ…(´・ω・)?



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百一

 大きいだけの鈴蘭です。

 ニャウの春の装いは『サクラ・ニャウ』ですが。
 ニャウの衣更えに関しては…どうした訳か、印象が薄い鈴蘭です。

 公式による告知もあったと思うのですが。
 ラッピーのようにコスが出る訳でもなく。
 目にする機会が必然的に少ないのが原因なのでしょうか…。

pso20150412_120810_000.jpg
            (C)SEGA

 今回のニャウがドロップする武器迷彩…サクラランドセル。
 よく見ると…このランドセルには、『にゃう』と名前が入ってるんですねw

 何気に芸が細かくて、感心しました(´・ω・`)

 …しかし。
 桜色のランドセルに名前があるニャウですか…。

 もしやニャウはボクっk…。
 …ああ、でも『ニャウ』がそもそも個体を指しているのか、種族名なのかも曖昧なんでしたっけ;

 …ということは。
 女の子のニャウからランドセルを奪取できる…という認識でいいのかな…(´・ω・`)?

 (´・ω・`)…。
 (´・ω・`)……。
 (´・ω・`)非道だな、アークス…。



■考えすぎ?
 『敵を知り、己を知らば、百戦するも危うからず』

 皆さんも、何処かで触れたことがある言葉であろうかと思います。
 出典は古代中国の兵法書である『孫子』。

 『孫子の兵法』というものは広く知られていますが。
 この『孫子』とは誰のことなのか、実はよく分かっていないそうです。
 何人かの人が『孫子』として仮託(他の物事を借りて言い表すこと)されているらしく…。

 著名な戦術家のエピソードを集めて『孫子』として成立した、という見方もされているとか。

 その著名な戦術家に数えられる人の中に、呉起という人が居ますが。
 この人に関して、こんなエピソードがあります。



 呉起が、仕えた主君に従って船で川を下っている時のこと。
 船上で周りを見渡して『美しきかな。この山河の堅固さこそ国の宝だ』と言った主君に対して。
 『国の宝は徳にあって険阻にはない。かつて栄華を誇った強国も、みな要害の中に居たが滅びてしまった。君が徳を修めなければ、この船中の人も尽く敵となろう』と答えたとか。

 主君は、呉起のこの言葉に感心したそうです。

 …ところが、この呉起という人。
 後年、国政を預かることになるのですが、法を厳しく定めたことにより人心を失い、反乱を招いた挙句に殺されてしまいました。

 賢人と讃えられる人であっても。
 自身の言葉ほどに、自身で行動出来るとは限らない。
 …鈴蘭のような愚鈍な人間であれば、尚のことでしょうね;

 器が立派だからといって、中身を疎かにしては。
 全てが台なしになってしまいかねません。

 …これは、そんなお話。



鈴蘭600

『それは貴方の最善かね?』


 自身にそう問い掛けてくる、鈴蘭の声が聞こえるかのようです。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その六百

 大きいだけの鈴蘭です。

 この週末は、色々と忙しくさせて頂きました。
 こうして人と遊ぶ機会を多く持てることは、鈴蘭にとって何よりのこと。
 ログインする甲斐もあろうというものです(´・ω・`)ウム



 …そう感じられた、本当に長かった、鈴蘭の週末を独り言。



- ◆ -




 仕事が休みの金曜日の晩。
 先だってより作成が進められていた、チームイベントの双六が催されました。

pso20150411_012922_003.jpg
            (C)SEGA

 横丁においでになっていた文菜さん、ヴォルさんに捕まったフレさんを巻き込んで。
 フィオナさん苦心の自信作を遊ばせてもらいました。

 今回の双六は、実際に遊んでみてどうなるか…その確認で。
 いわばデバッグ…テストプレイ。
 それでも、鈴蘭としては楽しめる内容であったように思います。

 内容が高度であったり、バランス的にどうなのか…そこに見直すべき点はありましたが。
 進行自体には、不備となるような大きな問題は無かったように考えます。

 このまま詰めれば、きっと良い遊びになるでしょうね。
 皆で出来る限り意見を出して、より良い形を目指せたら…と。
 そう思う鈴蘭です。

 製作者のフィオナさん的には反省点が多々あったようですが。
 省みる事は、前進の為の下準備。

 諦める事なく進んでくださいな(´・ω・`)b



 双六が終わったところで451に移って、ペリシアさん達とお話。

pso20150411_042739_006.jpg
            (C)SEGA

 この取り留めもなく過ごす時間について、ペリシアさんのご提案もあり。
 今後は、隔週ペースでの開催を…ということになりました。

 鯖の間に、こうした時間を過ごす場がある。
 その目印の一つになれば…と。

 …まぁ、見込みや目論みがあってのことでもなく。
 続けていく内に形になるならそれでいい…それぐらいの気持ちです。

 左カラムに『異船間交流イベント』として、告知文を掲載しました。
 もし興味を持たれた方がいらっしゃれば、お気軽にお越しくださいな。

 この日も、此処で見た(?)という3鯖の方と新たに知り合い。
 今後に資するであろう機会を得ることが出来ました。

 具体的に何に繋がるかは分かりません。

 ですが。
 先が分からないからこその面白さがある。
 …そうは思いませんか(´・ω・`)?



 夜が明けて、フレさんとチャレンジに行き、自己記録をこっそりと更新。

pso20150411_113926_001.jpg
            (C)SEGA

 Mission10の80%に到達。
 久しぶりに参加して、尚且つ自身では未経験の領域に踏み込んだ今回。
 周りの人には、随分と迷惑を掛けてしまったでしょうね;

 …ただ、お陰で実際に体験することが出来て、得難い経験を得ることが出来ました。
 次は、これを活かして、もう少しだけ先を目指せれば…と思います。

 機会があれば、また宜しくお願いします(`・ω・´)ゞ



 土曜の晩は褐色集会。

pso20150411_232233_013.jpg pso20150411_225413_005.jpg
          (C)SEGA              (C)SEGA


 予告マガツ目前のイベント開始とあって、当初は人も少なめでしたが。
 参加者の皆さんでマガツの固定マルチを組んで挑戦したりもしました。

 緊急後は、会場に来られる人も増え。
 記念撮影をする頃には、見学者も含めて随分と人が集まりました。

 既に4回めを数える褐色集会ですが。
 開かれる度に馴染みの参加者と、新しい参加者が増えていく様は。
 緩やかな時間の流れを楽しむ機会が、自身で思っている以上に少なく、貴重なのだと感じさせられます。

 日付が変わる頃に、2次会的に共通鯖での交流会へと雪崩れ込んだ褐色集会。
 24時からフレさんとの約束があった鈴蘭は、そこでお暇しました。

 何れ機会があれば、共通鯖での集会というものにも参加してみたいものです(´・ω・`)



 そして、休憩を挟んで日曜の朝。
 よくご一緒しているフレさんと遊び。
 お昼過ぎからは、1,3,4鯖合同のチャレンジ挑戦企画(?)に参加してきました。

pso20150412_150442_001.jpg
            (C)SEGA

 …生憎、仕事の都合もあって一回だけの参加となってしまいましたが…。

 繋がりのある人達の集まりのこと。
 何れまた、何処かで機会を得てお会いすることもあるでしょうし。
 その時にでも、改めてゆっくり出来ればと思います。

 まぁ…何が出来るでもない鈴蘭ですが。
 ご縁を感じてくださったのであれば、また宜しくお願い致します(´・ω・`)

 最近、独り言に足跡を残して下さっているブロガーの方(?)もおられたのですが。
 鈴蘭自身の眠気もあって、あまりお話も出来なかったのが心残り。

  …折角の機会だったのになぁ…(´・ω・)=3



- ◆ -




 この長い週末で得た某か。
 これらを、求める人へ押し広げられれば…とも思いますが。
 …それはまた別のお話。

 今日のところは、この辺で。
 週末に時間を共にして下さった皆様に感謝を。



■リンク追加のお知らせ
 『アイノのはじめてのPSO2
 最近お世話になることが多い、フレさん(?)のアイノさんのブログです。

 横丁のことで気に掛けて頂いており、何かと頼むことも多く。

  何か返さないとなぁ…(´・ω・)

 …と、考えつつも。
 具体的に返せるものがない鈴蘭であったりします。

 コミュニティの在り方について、持論をお持ちのようで。
 それについての考えを纏めるために、方々を旅しているのだろうか…と。
 鈴蘭としては、そんな印象を受ける方です。

 これからも、ご迷惑をお掛けすることになるやもしれませんが。
 一つ宜しくお願い致します(´・ω・`)ゞ



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その五百九十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 …実は、メンテが明けてから、ずっと気になって仕方がない事があります。

Premiumset9.jpg
             (C)SEGA

 トンネルの中で目にした方もいるかと思う、この広告。
 プレミアムセット購入キャンペーンの第9弾を知らせるものです。

 鈴蘭が気になっているのは、今回の購入者特典。
 足にニャウがしがみついていますが…。
 
  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)…なぁ…。
  (´・ω・`)…これ、走ったらどうなってしまうん…?

 皆さんは気になりませんか?
 フィールドで、ロビーで…走るアークスの足にしがみつくニャウの姿が。

  ニャウ『も゙ゔ無゙理゙ニ゙ャヴ…(ウプ』

 これは…先の『リリーパさん』並に、壮絶な事態になると思うのです。

  この目で確かめてみたい…(´・ω・`)!!

 …とは思うものの。
 如何に気になるといっても、既にプレミアは半年分を適用済み。
 この上、更に買い置き…というのは、ちょっと勿体無いとも感じます。

 かと言って、メセタで解決するとしても。
 昨今の人気コスの高騰ぶりが、鈴蘭の薄っぺらい財布を直撃。
 今回実装のライラ・レプカ購入も、脂汗を流しながらビジフォン前で悩み続けているくらいです。

  何か…何か手を打たねば…(´・ω・`)!!



 誰か…賢い買い物の仕方、ご存知ありませんか…?;



■今日のニークス
 …といっても、ペリシアさんのご提案の件についてのお返事ですが…(´・ω・`)

 『もふもふサバト』なる雑談会的な催しを、金曜日の晩(23:00~)に共通シップB451(チャット推奨ブロック下層。番地が違えばご指摘ください)にて行うことになります。

 …まぁ、なにをする訳でもない集まりで。
 対外的な告知や宣伝も行いません。

  …宣伝するような内容が無いですし(・´ω`・)

 そんな集まりでも。
 此処で知り、興味を持ってくださった方にお越しいただければと思います。

 なお。
 今回は3鯖の魔女殿が会場を焼き尽くす(※追記1.)ということです(((´;ω;`)))ウボァ

 『もふもふサバト』-異船間雑談交流会2nd-
 月  日 : 4月10日(金)
 時  間 : 23:30頃~(終了時間不定)
 場  所 : 共通シップB451[チャット推奨]

 ※1.開催要項に関しては前回のものに準拠
 ※2.開催時間については、鈴蘭自身はその時間からの参加が叶いませんが。
   始められる方が三々五々に集まって…として頂ければとも思いますし。
   一つの目安として考えてくださませ。


 上記は4月10日14:00現在の改定版になります。
 変更点があれば、随時更新しますことをご了解ください。

 ※追記1. 2015/04/10 10:50
  Esuteruさんの参加は、ご都合により不透明とのことです。
 ※追記2. 2015/04/10 14:00
  23:00開始の予告緊急を考慮し、開始時間を23:30頃に修正。




■コメントのお返事
 上記をもってお返事と代えさせて頂きます(´・ω・`)ゞ

独り言 その五百九十八

 大きいだけの鈴蘭です。

  世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし

                                   在原 業平

 『古今和歌集』に収められた和歌の一つです。
 世の中に桜なんて無ければ、春を心穏やかに過ごせるだろうに…。
 そんな意味で。
 少し斜に構えて桜の美しさを讃えている…という印象のある歌です。

 当時の時代背景を踏まえると、言葉の裏に意味があるそうですが…。
 それは、また別のお話。



 …しかし。

pso20150408_184038_003.jpg
             (C)SEGA

 『絶えて桜のなかりせば』と、詠んだ在原業平も。
 季節が変わるといって、一夜で満開の桜が消えうせるようになるとは思いもしなかった事でしょうね…(´・ω・)=3



 ただ咲き誇る桜にではなく。
 散り行く桜にこそ、風情を感じるものと思う鈴蘭です。

 過ぎ行く季節を惜しむ気持ちを、そんな桜に映している…とでも言うべきでしょうか?

 名残を惜しむ間もなく。
 移ろうではなく、こうして切り替わる季節では。

 時間の過ぎる早さを知りはしても。
 季節の変化を感じる事は出来ないようにも思います。

 暑い寒いばかりが季節ではなく。
 それを感じる心の移ろいが、季節を生むのではないか…と。



 今日からはイースター。
 荒涼とした砂漠の遺跡で、春の訪れを祝うアークス達ですが。
 アークス達が祝い、私達が祝う春とは何処に在るのでしょうね…?

  …いっそ、桜が無ければ良かったのに。

 ロビーの卵を見上げ。
 ふと、そんな事を思った鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その五百九十七

※FC2ブログのメンテナンスの影響により、作業途中の記事が投稿されてしまいました(´・ω・`)
 修正しようにも出来ない状況が続いていましたが。
 2015/04/08 03:30に再投稿が出来ましたので、改めて独り言を。

 このことで、通知設定においてご迷惑をお掛けすることになるかもしれません。
 お騒がせすることをお詫び申し上げます。

 大きいだけの鈴蘭です。

 週末から降り続いた雨で、満開だった桜が散ってしまい。
 見上げる桜の枝には、がくだけの花がチラホラ。

 寒の戻りで、まるで真冬のような陽気であっても。
 留まる事なく季節は移ろい。
 いつしか、春も盛りを過ぎようとしているのを感じました。

 遠目にしていてばかりでは気付けないこと。
 近くにするからこそ見えてくるもの。

 …これは、そんなものの一つなのでしょうね。



 森を見るには遠く眺めるのが良いのでしょうが。
 木を見るには近く寄るのが良いのでしょうから。



- ◆ -




 最近、共通鯖での交流の話を見聞きする機会が多くなりました。

 …とはいえ。
 そのどれもが人伝によるもので。
 鈴蘭自身が体験したものではありません。

 週毎のイベントの話を聞いて、人の集まる様を思い浮かべ。
 それだけで、何とは無しに嬉しさを覚える鈴蘭ですが。

 …しかし、そうして遠く眺めるだけでは、何が分かる訳でもないのかもしれません。
 全ては近くして実際に触れてこそ…なのでしょうから。



 共通鯖が出来たことで、他の鯖の人達と会う事が容易になりましたが。
 逆に容易になったからこそ、相手との距離を実感するようになった気もします。

 …ですが。
 それを理由に遠くに引き篭っていては、何れ起こるであろう小さな変化を目にすることは叶いません。

 もう少し。
 ほんの少しだけでも。
 外に出て、移り変わる様を近くにしても良いのではないか。

 ペリシアさんの言葉を受けて。
 そんな風に思った鈴蘭です。



 この分だと、今週末には600回を越えてしまう独り言。
 キリの良い数字の度に『何かしたほうがいいのかなぁ(´・ω・`)』と考えつつも。
 結局何もしないままに回数を重ね、半年ほど後に同じ考えを繰り返します。

 一時は絵でも…と、思いもしたのですが。

 いやいや…完成する訳でもない落書きを載せて、誰が喜ぶというのか。
 …自己満足にもならんではないか。
 絵というのも烏滸がましい…;

 埃を被ったペンタブを横目にして。
 相も変わらず成長のない言い訳ばかり。
 …そんな鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その五百九十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 …どこぞのお団子頭さんが『唆された』らしいので。

pso20150406_213839_002.jpg
              (C)SEGA

 ご覧の姿になった『唆した』鈴蘭です。

  …嗚呼…もふもふ(*´ω`)

 何気に、この絵が気に入ってしまい。
 以前に触れたサポーターズリンクの更新に使うことにしました。

 ついさっき。
 出勤前に、チームサイトから独り言への変更申請を出したばかりなので…。
 右カラムにある新しいリンク先は、未だ正しく表示されないかと思いますが。

 気まぐれにでも投票してくださると、鈴蘭が畏れ戦きます(((´;ω;`)))ウオァァ



■告
 褐色集会が近日開催の運びとなったようですので、告知をば(´・ω・`)

 『褐色集会』
  月 日 : 4月11日
  時 刻 : 21:00~24:00(予定)
  場 所 : ship3 B224 ショップエリア赤部屋(エメライン側の小部屋)
        ※先客が居た場合は青部屋


 【参加条件】
 ・種族、性別を問わず褐色であること
  褐色か否か判断が難しい場合がありますが、その場合は本人が褐色と言えば褐色キャラであるとします。
 ・見学も歓迎です。
  褐色キャラでなくとも見学OKとさせて頂きます。
  ただし、集合SS撮影等で見学者の方にはフレームアウトして頂くようにお願いすることがあります。 

 【注意事項】
 ・SS撮影は自由、公開は名前非表示で。
   基本的にSS撮影は個人で自由に行ってもらって構いません。しかし、ネット上に公開するものはキャラ名
   等の頭上表 示を消した物をご使用願います。
  ※撮影NGの方はあらかじめフリーワードに「撮影NG」と記入し、できるだけ集団には加わらず見学者と
    して参加して下さい。
 ・他人のキャラを誹謗中傷しない。
   誰しも我が子は可愛いものです。特にこういった集まりに来られる方は自キャラに愛着を持つ方が多いと
   思われますのでご注意を。
 ・緊急クエストが発生した場合は各個人にて判断し行動して下さい。
   できれば集会参加者でクエストに行きたいと思っておりますので、その際はご協力お願い致します。


 皆様のご参加、心よりお待ちしております。

 詳しくは、主催者のヴォルフィードさんのTwitterプロフィールを参照のこと。
 上記の内容は、そちらからの転載になります。




■考えすぎ?
 『管鮑の交わり』
 『管』とは古代中国の斉の国の宰相、管仲(かんちゅう)を指し、『鮑』とは管仲の友人であった鮑叔牙(ほうしゅくが)を指しています。

 管仲は、諸葛亮が自身の才を自負するのに『管仲に比する』と引き合いに出した人で。
 古代中国において、理想的な政治家とされているそうです。



 管仲と鮑叔牙は、若い頃に二人で店を開いて商売をしていましたが。
 困窮していた管仲は、鮑叔牙を欺いて店の売上をより多く取っていました。
 しかし、鮑叔牙は管仲の人物を知っていたため、そのことを咎めることはなかったそうです。

 後年、管仲と鮑叔牙はそれぞれ出仕して、公務に就きますが。
 時流に逆らった管仲が、罪に問われ処刑されることになります。

 この時、鮑叔牙は管仲の助命を願い、更には彼を宰相として推薦し。
 それが認められると、自身は管仲の部下となって働いたのです。



 後に管仲は、その才能を発揮して斉の国を飛躍的に発展させましたが。
 鮑叔牙との関係を振り返って、次のような言葉を残しています。

 「私は、かつて困窮したときに、鮑叔と店を開いて商売したことがある。
 利益を分配するとき、私は鮑叔より多くとった。
 だが、鮑叔は私を欲張りだと思わなかった。
 私が貧しいことを知っていたからである。

 また、かつて鮑叔のために事を画策して失敗し、さらに困窮したことがある。
 だが、鮑叔は私を馬鹿だとは思わなかった。
 有利なときと、不利なときがあるのを知っていたからである。

 私は、かつて多くの君主に使えたが、そのたびに君主に免職された。
 だが、鮑叔は私を愚か者だとは思わなかった。
 私が時代にあっていないことを知っていたからである。

 私は、かつて三戦して三度とも逃げたことがある。
 だが、鮑叔は私を臆病だとは思わなかった。
 私に老母がいることを知っていたからである。

 公子糾は敗れ、召忽は殉死し、私が拘束され辱めを受けた。
 ※管仲の元の主君と同僚。政争に敗れた管仲はこれによって処刑されそうになった。
 だが、鮑叔は私を恥知らずだとは思わなかった。
 私が小さな節義を守らないことを恥じず、
 功名が天下に知られわたらないことを恥じるのを知っていたからである。

 私を生んでくれたのは両親であるが、私を知ってくれているのは鮑叔殿である。」

 この人のエピソードについては、史記において以下のように締め括られています。

 鮑叔は既に管仲を推挙して、自らはその部下になっていた。
 子孫は代々、斉に禄を与えられ、封邑を保つこと十数世にわたり、常に名大夫として存在していた。
 天下の人々は管仲の賢さを賞賛するよりも、鮑叔の人を見る目を賞賛した。


 …自身を理解してくれる友人を持つことの大切さ。
 それが二千年も昔から伝えられている。

 これは、そんなお話。

 現実であれ仮想であれ。
 私は理解されているのでしょうか?
 私は理解しているのでしょうか?



 ※訳に関しては、I think; therefore I am!様より引用しました。

■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その五百九十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は『アークスキャラバン』の仙台会場から『PSO2放送局』の放送がありました。

 鈴蘭自身は、時間の都合もあり。
 例によってタイムシフト予約だけして視聴しておらず、今の段階では内容を詳しく知らないのですが…。

 次に実装されるというリリーパULTについての発表があったとかで。
 既に、市場では弱点属性となる炎関連のアイテムが品薄となり、高騰していると聞きました。

  いやはや…機を見るに敏…か(´・ω・)=3

 生き馬の目を抜くかのような市場の動きには、ただただ感心するやら呆れるやら…です;



 普段使いの武器の多くが光属性の鈴蘭です。
 それで『なんとなく』アークスをしていますが…。

 しかしながら、炎属性のデュアルブレードで一本。
 属性こそ上げたものの、強化は手付かずの品が倉庫に眠っています。

 緩和期間は過ぎてしまいましたが、これも何かの縁でしょう。
 頑張ってこれを強化して、鈴蘭なりの準備をしようかと思います。

 迷いもあって倉庫に置いていたのは…或いは、この時を待っていたのかもしれないのですから。



 ニコ生視聴者のアンケート企画で、今晩はブーストマガツがありますが。
 今日も今日とて、いつものように仕事のため不参加です。

 クーナのライブを遠くに聞いて、マガツに向かう人を見送り。

  『だてたろう』

 独り、PTチャンネルで呟いて船を後にしました。



  皆の幸運を祈る(`・ω・´)ゞ

 …そんな、いつもの鈴蘭のニコ生放送日。



■今日のニークス
 週末の空いた時間を使って、また少し箱を弄りました(´・ω・`)

pso20150404_082038_007.jpg
             (C)SEGA

 身長を削ったところ、アクセサリのショルダーコンテナの大きさも比例して小さくなることを知り。
 この方向性でのアクセサリの調整は断念。
 ユニットで見せる…という提案を幾つか受けたものの、作ったばかりのキャラには『レベルの都合』という覆し難いものがあり。
 尚且つ、共通鯖にはユニットが持ち込めないという、痛恨の仕様が存在するため、出来ればユニットには頼りたくない気持ちがあります。

 或いは、そこを割り切って。
 背面はユニットの使用を前提にして、脚部の特徴的なブースターの再現に傾注すべきなのかもですが…。
 コメントで頂いたように、アクセの組み合わせでも如何ともし難いんですよね…(´・ω・)ナヤマシイ…。



 しかし…。
 こうして箱を弄ってみて、よく解ったのですが。
 輪郭が直線で構成されているせいか、人間の素体を弄るより明確に違いが出るようにも感じます。

 単純な直線の構成。
 これを実現する為にパーツを組み換え、体型を調整し…。
 単純であるがために、理想に容易に近付けないのがもどかしくもありますが。
 それこそが、最大の楽しみなのかな…と。

 人の造形を作り込むのと、似ているようで違う面白さを得たように思う。
 そんな鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その五百九十四

 大きいだけの鈴蘭です。

  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)……。
  (´・ω・`)むぅ…難しい…。

 鈴蘭が豚面で悩んでいるのは…。

pso20150402_161949_001.jpg
                (C)SEGA

 先日、初めて作ったキャス男の造形に関して。

 なんだコレ…という感じになっていますね;
 どこぞのケルベロスというかなんというか…。

 体のバランスもですが。
 背面のオプション(二期で登場した宇宙戦装備のワイヤー射出装置)のボリュームが不足している印象が否めません。
 最大身長で全体のバランスを考えていましたが…オプションとのバランスを考えると、身長を低くしてバランスをとるべきなのでしょうね…これは;

 小さくなると、存在感に難が出るようにも思うのですが…。
 そも、形が出来ていなくては話になりませんし。

 今週末は、妥協点を探して試行錯誤してみますかな…(´・ω・)=3



■考えすぎ?
 最近…いえ、毎度のことを繰り返し…なのですが;

 マガツの仕様変更と、金マガツの追加実装によって。
 かつてエルダーで経験した、『緊急待機』の風潮が出て来ているようにも感じています。

 …ただ、昔のそれと今のこれとは、若干の違いがあるような気もしていました。

 その違いを確とした形で持っていなかった鈴蘭ですが。
 今日、フレさんのお話を伺って、その形が見えたようにも思います。

 …その違いとは…。

 一つに、常設クエストと緊急クエストの難易度設定の格差。
 二つに、高難度を謳うクエストにおける、『マルチ協力』を前提とした設定。



 鈴蘭の拙い言葉で上手く伝えられるか、甚だ自信が無いのですが…。

 難易度の格差は、かつてのエルダーにおいても存在しました。
 今だから…という理由には、当たらないようにも思われるかもしれません。

 ただ、現状の『マルチ協力』と相俟って、クエストに新しい認識を生み出しているのではないか…とも思うのです。



 個人個人の個性に合った力を出して協力するのが、これまでのPSO2であったように思います。
 しかしながら、ここ暫くの状況を見るに。
 マルチにおける、『必要とされる役割を果たすこと』が協力すること…という形になっているように感じるのです。

 所謂…『職指定』と言われるものですね。

 ランダムマッチングが前提のシステムでは。
 今の難易度をクリアするのに、開始前から諦めざるを得ない…。
 そんな状況に陥りかねず。

 『このマルチはダメ…運が悪かった』

 そして、マルチのメンバーによっては、すぐに破棄してしまう…そんな『当たり前』を生み出してしまってはいないでしょうか?
 そして、その『当たり前』が、常設クエストのマルチへの期待を減じさせる事に通じてはいないでしょうか?

 『行ったところで人がいないし』…と。



 そこから、翻って思うのです。
 私は、人を求めてマルチヘ赴くとしても。
 人の何を見ているのだろうか…と。

 人がいないと嘆くのは、私が人を見ていないだけではないのか…と。

 既にこの点については、他のフレさん達が触れている事ではありますが。
 今日、改めて思い致した鈴蘭です。



 個人を育て、個性を伸ばすのがゲームの在り方ではないか、と考えます。

 新コンテンツの追加を重ねていくPSO2というゲームは。
 人を育てるに足るものであろうと思いますが。

 果たして…。

 …こんなことばかり。
 飽きもせずに繰り返す鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その五百九十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 4月1日。
 年度始めの今日は、世に言うエイプリールフールでした。

 エイプリールフールがどのようにして始まったのか、その起源は明確ではないそうです。
 3つほど有力とされる説があるそうですが、今のエイプリールフールに繋がる確証がなく、どれも伝説の域を出ないのだとか。

 …しかし、不思議なものですね。
 この日、各企業はこぞってエイプリールフールの企画を出しています。

 こうして『当たり前』とされているにも関わらず。
 それは何故なのかを、誰も知らないというのですから。

 …でも、それも良いのかもしれません。

 今に繋がる何故を知るよりも。
 先に繋がる何故を生み出す。

 これはそうしたもの、なのでしょうから。



 しかし…実のところ、冗談というものが苦手な私です。

 その時々の咄嗟の機知…機転というものが乏しく。
 また、感情の起伏が少ない為に、場の雰囲気に同調することもありません。

  ????『布団が吹っ飛んだ!!!』
  鈴蘭『なるほど』
  ????『…いえ、あの…』
  鈴蘭『はい』
  ????『…面白くないでしょうか…?』
  鈴蘭『面白いですよ?』
  ????『(´・ω・`)』
  鈴蘭『(´・ω・`)』

 淡白…というより、冷淡とも言われる由縁であったりします。

 とはいえ。
 苦手ではあっても、嫌いという訳ではなく。
 むしろ、冗談を楽しみにしているのですが…。

 自分が関わるとなると、どうにも…(´・ω・)ムズカシイ



 その場その場、私の不足を言葉で補うには時間が足りません。
 …或いは、それを稼ぎ出す為の『距離』なのかもしれません。

pso20150401_213559_001.jpg
                (C)SEGA

 今日も今日とて。
 こうして流れる時間を眺めるだけ。

 楽しみの中にある喧噪を遠くに聞いて。
 自身を独り、静寂の中に置く。

 …だからこその独り言。



 自分の身の丈に合うのが心地よいのであって。
 自分が服に合わせるばかりでは、息が詰まってしまいます。

 自分なりの楽しみを自分なりに。

 …そんな、マイペースな鈴蘭です。



 …あれ。エイプリールフールのネタは何処行った(´・ω・)?



■コメントのお返事
 続きよりどうぞ。

独り言 その五百九十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 2014年度が終わります。

 年中、何かの節目があり。
 その度に振り返っていては、進めなくなってしまうようにも思いますが。
 ペリシアさんにご紹介された事もあり。
 改めて、少しだけ思い返してみよう…と。



 形とは何か。

 それは容器?
 それは偶像?
 それは結界?

 いや、そもそも何の形を問うているのか。

 目に見える形があるわけではなく。
 感じられる何かがあるだけだというのに。

 或いは、形を問うているが為に、人は囚われるのだろうか。
 形を与えようとしている私が、人を深みへと引きずり込むのだろうか。

 目に見えないものに目に見える形を持たせるのは、新たな差を生むだけなのだろうか。
 目に見えないものを目に見えないままにするのは、新たな差を生まずに済むのだろうか。

 …どちらがより良いのか。
 どうすればより良いのか。



 …ただ、こうも思う。

 差があるからこそ、形を嫌うのでは無く。
 形があるからこそ、差を嫌うのであって。

 形であれ、差であれ。
 分ける『何か』を理解すること。

 その『何か』は『何故』在るのか。

 出来上がった形、生まれた差に何かの価値があるのではなく。
 それに常に問い掛ける人にこそ価値があるのではないか。

 …そんな風にも思う。
 そんな鈴蘭です。



 故事を例に引くだけの学も無く。
 言葉として伝えるだけの知恵も無い私ですが。

 その中からでも何かを感じてくだされば、これ以上の喜びはありません。



 …なんとも纏まりのない文ですが…。
 これを、本年度お付き合い下さった皆様へのお礼と。
 新たにお会いした皆様へのご挨拶に代えさせて頂きたく思います。



 …堅いか(´・ω・)?



■告
 フィオナさんの作成している双六に関してのお知らせです。
 チーム内での会話を載せる方が分かりやすいかとも思いましたので、そのまま引用する形で…。

  フィオナ『現在募集してる双六ネタの締め切りを今週末に区切ると同時に…
        1人最低2個以上の募集を行うものとします(´・ω・`)』
  ハスワリ『努力義務?』
  フィオナ『はすわりさま努力義務っていうと逃げるから出してネ。(断定』
  フィオナ『メセボは私がいない間(寝ぼけなければ)常時解放、もし寝ぼけて忘れ
        たら手間だけどWikiのコメント欄のとこに記入も』
  フィオナ『(´・ω・`)で、今週末の日曜日までを一旦の締め切りとして、そこから
        一週間ほど掛けて作ります』
  フィオナ『まぁ、もちろん「こんなん思いついた!!」ってあるなら作成中にも、
        メセボ出すからそこに書き込んでもらえれば』
  フィオナ『で、再来週の金土(らんらんのいる日)を目安に双六大会を行うという
        形で進行予定』
  ハスワリ『後で確認しないとお題はわからんね・・』
  フィオナ『まぁ、メセボに色々書いてあるし、それらを見てから考えてもええよ』
  フィオナ『双六部屋本体の解放は万が一をやらかされると困るので、途中経過で
        たまにロック外して解放(宣言)するぐらいになります(’’』

  フィオナ『・各マスでの「単体でのメセタ減少」に関する物は、ネタ提供としてさ
        れても減少は絶対に行いませんのでご了承ください』
  フィオナ『・同様に、マスを踏んで「マスを戻る」というマスを作る事もないので
        ご了承ください』
  フィオナ『・TASルートにはありませんが、通常ルートには「アイテム購入マス」、
        或いは「アイテム取得ミニゲームマス」を実装予定です』
  ハスワリ『マグナムトルネードかなり飛ぶけど・資金が少し減る的な…はOUT?』
  フィオナ『アイテムとして使うかもだから、そーいうのでも何でも入れていいよ』
  フィオナ『・極端に身内ネタに走るようなものは提供されても採用されない可能
        性がありますので予めご了承ください』
  フィオナ『※ただしらんらんの熊の扱いのような「割と周りにすら認知されてる
        ネタ」に関しては許可(ちんたま君が脱ぐとかの内容もギリ可』

  フィオナ『ブラック・ミズーリンソウル
        特定対象に勝負を挑む(勝利時は掛け金の2倍を貰えるが、敗退時掛
        け金1,5倍消費』
  フィオナ『熊バリアー
        あらゆる攻撃効果を1回のみ無効にする。
        自動消費 とか(’’』



  …以上、現場からの中継でした(´・ω・`)

 熊うんぬんの風評は、○共広告機構から是正勧告が来てもおかしくない事案です。
 ハスワリさんのブログでも、何やら不穏な記事が載っているとか。

  …世の認識の改まる日が待ち望まれます(´・ω・`)



 なお、チームメイト向けの会話となっていますが。
 ネタの募集に関しては広く受け付けております。
 何か思い付いた、双六のマスに使えそうなプチイベントのネタがあれば、フィオナさんの自室のメッセージボード、或いはTHSのwikiまで。



■コメントのお返事
 …また後程。