独り言 その四百四十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 ここ数日は急な冷え込みで、朝晩に限らず日中も肌寒さを感じた方も少なくないかもしれません。
 天気予報によると、秋の高気圧が南下しており、一足早く秋が訪れているらしく…。
 今週末まで、この秋空は続くそうです。

 ただ…来週からは、また夏の暑さが戻ってくるとも聞きます。

 急な温度変化で、風邪を引く人も少なくありません。
 皆さんも十分にご注意を。



 …かくいう鈴蘭自身、咳が止まらないのですが(´>Д<)з゚゚・。・゚゚・



■今日のニークス
 EP3実装から、活動の基点がカジノに移ったフレさんがチラホラ。

 横丁が『カジノ推奨ブロック』になった事もあるのか、何気なくカジノに入ってみたら、フレさん達がスロットに興じているのを見掛けたりもします。

 ただ…台に向き合うフレさんの背中を遠目にしていると、『遊びに興じている』というよりは…『疲れて腰を下ろしている』という、哀愁めいたものを抱く鈴蘭です。

 鈴蘭は、リアルでもギャンブルの類に関心が薄く。
 だから尚更…という事で、偏見が入っているのかも知れませんが;



 カジノでの楽しみは、既存のクエストでの楽しみとは切り分けられているので。
 この辺は、何を求めるのかによって、プレイヤーが選択する事になるのでしょうね。

 …とはいえ。
 このカジノパス…使わない人は、どうするのが良いんでしょうね(´・ω・`)?

 カジノコインは、クエストに恩恵を齎すアイテム類と交換出来ますし。
 コインに換えて貯めておく…というのも、手なのかも知れませんが…。

 これはこれで、勿体ない気もしますね…。
 使える人、使いたい人に譲れれば良いのでしょうけど(´・ω・)=3



 暫くは、マイペースに周りを見回すつもりの鈴蘭です。
 周りが動く今だからこそ、自分のペースを。

 そうすれば、周りが動いた分だけ、自分と周りとの『差』が見えて来るようにも思いますから。

 攻略、解析、考察…色々と情報が出回っていますが。
 それらに触れるのは、きっと『差』を知ってからでも遅くはないでしょう。


pso20140828_221138_000.jpg
                   (C)SEGA


 …怠惰な自己をそうして守りつつ。
 今日も、ロビーに腰を下ろす鈴蘭でした。



■コメントのお返事
 …また後程。
スポンサーサイト

独り言 その四百四十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 本日、EP3が実装されました。
 …されました…が。
 いつもとあまり変わらない鈴蘭だったりします。

pso20140827_182624_011.jpg
                   (C)SEGA


 ロビーが変わったものの、定位置が在ることに一安心。
 腰を下ろして、一息おいて。

 …そうして、埒もない考えを巡らせます。



 とかく、エッジに立たねば不便と言われるネットゲーム。
 旬は、常に先端に在る人のために提供され。
 時期を逃せば、後から手にすることは叶いません。

 先へ先へ。
 自ら駆けることには異存ありませんが。
 『走れ』と、急かされるのは煩わしさを感じます。

 今、この状況だからこそ。
 此処は敢えてマイペースに。

 …それは損にも繋がるのでしょうが。
 その損で、自分だけの時間を作るのも良いかと思います。

 今の損が、変わらず先も損で在るとは限りません。
 望むものは…もっと先に在る、自分自身に向けて残せる何かなのですから。



 誰も彼もが、先を…上を見て駆け出して。
 いち早く、『辿り着くこと』『完成すること』を目指している。
 その在り方は真っ直ぐです。

 ただ…思います。
 そうして辿り着いたとして。

  『…その先は?』

 辿り着いた場所からが本番…などとも言われますが。
 なれば、尚の事。
 今という時期を如何に過ごすのか。
 立ち止まって考えてみるのも、良いのではないでしょうか?

 一時の熱が冷めた後、何も残すものが無い。
 …それもまた、楽しみ方の一つでしょうが。

 そればかりでは、淋しいと感じる鈴蘭です。



 B228で「イオ横丁」と称して集まりもしていますが…。
 今回の仕様変更で、「EX推奨ブロック」から「カジノ推奨ブロック」に変更になったことで。
 より「飲み屋街」のイメージが強くなってまいりました(・´ω`・)



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その四百四十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 この記事が投稿される頃には、EP2も残すところ@2時間となっています。

 その瞬間が差し迫った今だからこそ、残しておきたいものもあるだろう…と。
 フレさんが『最後に記念撮影でもしませんか?』と一言。
 これに、Esuteruさんが『フレさんも巻き込んでみるか…(’'』と乗り出して。
 便乗して鈴蘭も出勤前に何人かにご案内。

 生憎、鈴蘭は参加は叶いませんが。
 …フレさんの目を通して、先日の記念撮影の風景とは、また違ったものを見られるかもしれません。

 それを楽しみにしつつ。
 EP2の最後を、鈴蘭は鈴蘭なりに迎えたいと思います。



 …しかしながら。
 しきりと『最後』と言われ。
 鈴蘭自身も言ってきましたが。

 これが『何』の最後であるのか。
 その意味するところは、何処に在るのでしょうね?

 PSO2というゲームとしては、EP2とEP3の節目であり。
 節目を迎えることで、仕様上の変化がプレイヤーに齎されます。

 …ですが。
 『齎される』という言葉の通り。
 この変化は、他者に与えられたものであり。
 自分自身の変化に直結するものでも無いように思います。

 与えられたものを、どう活かすのか。
 何より自身が変化を望み、自身に取り込まなければ、何も変わりがないようにも。

 連続した時間の中での変化。
 節目とは、断絶を意味するのではなく。

 過去の自身の上に、新たに何を積み上げるのか。
 そうした…過去から現在、未来へと続く流れの一部であろうと思います。

 もし。
 節目を最後として、過去との断絶を意識するのであれば。
 果たして、それは何からの変化になるのでしょうか?

 今、まさに過ぎ行こうとしているEP2。
 此処で得たものの意味を置いて『最後』とし、EP3を迎えるのであれば。
 何れ同じ倦みの中、同じ事を繰り返すようになるのではないでしょうか?

 …周囲の期待の声の中に。
 そうした、ある種の危うさも感じている鈴蘭です。



 私達が迎える節目の意味とは、どんなものなのでしょう…?



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その四百四十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 …EP2も、実質的に残すところ@1日となりました。

pso20140825_203736_000.jpg
                  (C)SEGA


 こちらは、2年に渡ってショップエリアを練り歩いてきたアンリさん。
 空中回廊から突如として地上階に降り立ち、平然と歩きつづける彼は、もしかするとMOBの中で最も親しまれるキャラであったかも知れません。

 しかし、今回のロビー改装に伴って、彼を始めとするNPCが削除される事になっています。
 開発いわく『容量の都合上』ということですが…。

 閉鎖環境のアークスシップにおいて、『お前を置いておく容量がない』というのは、何を意味するのか…。
 …冷たい方程式な末路を想像した鈴蘭です(・ω・;)

 まぁ、アークスの施設内からの退去…ということなんでしょうけどね、きっと;

 …ただ、この分だと。
 何れフランカさんも、アプデによってビジフォン経由で会話するだけの、遠い存在になってしまいそうですね…(´・ω・)



 居れば邪魔とも思えても。
 いざ居なくなるとなれば、寂しさを覚える。
 …なんとも都合の良い生き物です。



■今日のアークス
 昨日の記事で触れられなかった、チームイベントについて少し。

 チームメイトのミウさん、フィオナさんが発案、企画、進行を担当して開催された『エクストリームサバイバル』。
 …まぁ、凝り性のお2人の事なので。
 お話を伺った時に、『色々考えてくるだろうな…(´・ω・)』と思っていたイベントです。

 フォトンアーツやテクニックを含む、武器、防具、回復アイテムの一切を現地調達。
 30分のマルチ周回で装備を整え、ボスに挑戦する…という概要です。

 途中、死亡した場合は取得したアイテムは全て売却。
 無手状態に戻してのリスタートという点が、なかなかにハードルを高くしてくれました。

 …実の所、この対策として。
 鈴蘭は武器を一つ拾った後、死亡した時の事を考えて極力『拾わない』事にしていました。
 リスタートしたら、落ちている予備を回収して対応していたんですね。

 …ルール的に『落ちているモノをどうするか』は、言及されていませんでしたから(・´ω`・)



 …そんな鈴蘭の腹黒いトコロはさておいて。

 序盤から雑魚の大量湧きに悩まされ。
 終始波乱の展開を見せ、残念ながらクエストとしては成功とは言えない形で終わりました。
 しかし、イベントとしては満足できるモノであったのではないでしょうか。

 今回の内容から。
 次回開催に向けた課題と。
 何かのキッカケを掴めたのではないか…とも思います。



 …もし『足りない』と感じるというのであれば。
 それを言葉にして、皆に示してほしいと思います。

 相手のためと信じる言葉であればこそ。
 時として厳しくもなるのでしょうから。

 その先に関係を望める…望みたいと思えばこそ、このチームに在るのだとすれば。
 躊躇う事なく、言葉にしてほしいと思う鈴蘭です。



 堅くなりましたが…鈴蘭のイベントレポートは、こんなところです。

 結果ではなく目的のために。
 良い時間を有り難うございました。

独り言 その四百四十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週末はイベントが多くセッティングされていたこともあり。
 楽しくも、なかなかに忙しく過ごすことが出来ました。

 チームで企画された『エクストリームサバイバル』イベント。
 『ふもねこの野望』の桃子さん主催のファッションショー。
 鈴蘭的には、大きくはこの2つ。

 合間合間に、フレさん達とのお話を挟み。
 …気が付けば、あっという間に休みが終わってしまいました(´・ω・)ハヤイナー

 そんな中でも日常は日常として在った訳で。

pso20140824_085710_091.jpg
                  (C)SEGA


 最近、何かと言われているダンボー姿で、アブダクションを突破して来ました。

 EP3実装を前に、フレさんにスフィアをお届けという事で…。
 一つ宜しくしてやってください[゚△゚]ゞ



■今日のアークス
 桃子さんのファッションショーは、開催したブロックがパンクするほどの賑わいを見せ。
 オプションで詳細モデル表示数を100体に設定しても、来場者や出場者を表示しきれないという有様でした。

  いやはや、流石ですね…(・ω・;)

 イベントの詳細に関しては、主催者の桃子さんのブログに挙げられていますので、こちらの『☆サマーファッションショーレポート o(´▽`。) ふもねこの野望』をご覧ください。

 ここでは鈴蘭なりに、思った点を少し触れようかと思います。

pso20140823_232957_082.jpg
                  (C)SEGA


 イベント終了後の記念撮影の模様。
 いくつか不自然に空いている場所がありますが…そこにも人がいらっしゃいます;
 表示が追い付かず、虫食い状態に…(・ω・;)

pso20140823_225727_058.jpg
                  (C)SEGA


 イベント中の模様。
 壇上の出場者が、ステージを取り囲んで座る観衆に、ステージの縁を移動しつつアピールする形で進行しました。

 全体として進行もスムーズで、出演者も手慣れたものがあり…出場者、観衆共に、楽しめるイベントになっていたのではないかと思います。

 これだけ大規模でありながら、進行上問題になるようなgdりが全く出なかったのは感心しました。
 …ある意味、会場に居た人達が同じものを求めていたからこそ…なのかも知れませんね。

 鈴蘭としては、非常に楽しませて頂きました。
 携わった全ての皆さんに。
 週末に良い時間を下さり、有り難うございました。



 …ただ、一つ気になった点もありました。
 それは、壇上でのアピールでの『ネタバレ』。

 ステージを半分に分け、それぞれの位置でアピールする都合上、後半のアピールをする位置に座る観衆には、前半のアピールの『姿は見えなくとも、声は聞こえる』という状況になってしまい。
 観衆の『未知に触れる楽しみ』が、損なわれているようにも感じました。

 この点だけを見るなら…ステージにこだわる事なく、リサイクルショップ前の広場や、ジグ爺さんの前の広場に別れて…という形も、考えられるかも知れません。

 …もっとも。
 ただ分けるだけでは観衆の一体感が望めないので、これはこれで悩ましいのですが…(´・ω・`)

 いやはや…イベントというのも、難しいものですね;



 そんなこんなで、EP2も残り僅か。
 ロビーでの最後を…と、思い立った時に横丁に居合わせた人達で記念撮影。
 EP2最後(?)の横丁の風景。
 …個人的には『記念撮影』なんて形式張らずに、『日常』を撮っても良かったのではないかな…とも、思います。

pso20140824_213859_012.jpg
                  (C)SEGA


 残り僅かではありますが。
 EP2で得た『日常』もまた、残せたらいいですね。





 …長くなってしまったので、チームイベントについては、明日にでも触れようかと思います。

独り言 その四百四十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 …今日は(今日も?)、少し取り留めもなく書き流します…。
 夏の疲れが出ているのでしょうか…。
 皆さんも、お気を付けを(・ω・;)



 さて。
 メンテが明け、EP2最後の1週間が始まりました。
 こうして見回す事の出来るロビーとも、これで最後かと思うと感慨深いものですね(´・ω・`)

 PVで見た感じ、EP3のショップエリアのステージは、今までのものに比べて小さいようにも思います。

 ユーザーイベントの舞台として、何度となくお世話になってきた場所。
 …もしかすると、カジノのそれより変化を感じられる場所になるかもしれません。

 今週末…土曜の晩には、『ふもねこの野望』の桃子さんが主催するファッションイベントがあり。
 鈴蘭の中では、EP2最後の大規模なユーザーイベントになりそうです。

 フレさんが出場されるとあって、応援にも行くつもりですが…。

 個人的には。
 『ファッションイベント』というだけではなく、EP2最後のステージイベントの思い出を…という感じで楽しめればと思います。



 今週はWEB連動イベントの追い込み期間ということもあり。
 予告緊急は控えめで、なおかつ鋼刃のブーストが連日組み込まれています。

 恩恵を受けるばかりでなく貢献を…と、精を出す方もいらっしゃいます。
 それはそれで立派な事とも思うのですが…。

 今この時期だからこそ、したいこと。
 後に残しておきたいものは何でしょうか?

 事は各々の在り方に関わることで。
 他人様に確と言えるものではありませんが…。

 ただ一点のみを見据えるばかりでは、疲れてしまうようにも思いますし。
 節目にほんの少し。
 これまでを振り返って見ても、いいのではないでしょうか?



 週末には、チームの方でも『サバイバルクエスト』イベントがありますが。
 クエストを行うこと自体が目的ではなく。
 クエストを通して、自身の何かを見詰める手段として。

 『参加することに意義がある』などと言いますが。
 結果に関わらず、自身を知ること。
 そこから目的を見つける…或いは再認識することが、大事なのかもしれません。

 大袈裟かもしれません。
 しかし、『知ること』のキッカケは得難いようでいて、何処にでもあるもの。
 …そんな風にも思います。



 楽しさの中にあるもの。
 楽しさを作っているもの。
 それらに対する意識は、忘れたくないものですね。

独り言 その四百四十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 連日厳しい残暑が続いています。
 ここ数日は、夜勤な鈴蘭にとっては寝苦しい毎日で…。
 タイマーを設定して空調を点けているのですが。
 タイマーが切れる度に、目が覚めるような状況でして(;´ω`)

 およそ、充分な睡眠が取れているとは言い難い有様です。

 朝も、仕事明けにインをして。
 緊急があれば参加もするのですが…、いまひとつ集中出来ません;

 週末にもう少し、長めに休んでもみますかの…(´・ω・)=3



 皆さんも、夏バテには充分ご注意を…。
 残暑お見舞い申し上げます。



■今日のニークス
 先日、あるフレさんとの雑談の折。
 『マインクラフトをしてて、抜け殻の事が多いんですが…w』
 …そんな一言から、そのフレさんのされている、他のゲームの話になりました。

 …そこから途切れることなく、2時間余り。
 『興味があれば、この動画を見てみると良いですよ』
 魅力、面白さを語ってくれたフレさんは、そう締め括りました。

 人がここまで熱中するゲームとは、一体どんなものなのか。
 そんな少しの興味から、勧められた動画を視聴…。

  …ふむ(´・ω・`)

 私は子供の頃、レゴブロックで遊ぶことが多かったのですが…。
 自分の思い描く形を手にするための、思考と試行。
 そこにレゴブロックの遊びの楽しさがあったように思います。

 最近、PSO2では人との繋がりを考える一方で、ゲームそのものでは斬った張ったの繰り返し。
 そこに楽しさは感じるのですが…一瞬の煌めきのような、はかないもののようにも。

 動画で見た『マインクラフト』には、久しく触れていなかった『作り出す楽しさ』が感じられ。

  …これは、やってみてもいいかも…(・ω・;)

 などとも思ったのですが。
 いまひとつ踏ん切りがつかず、悩むばかりの数日を過ごしました。

 …ただ、縁というものはあるのでしょうか;
 全く別のフレさんが『マインクラフト始めました。一緒に遊んでくれる方を募集!』などと声を上げているのを知り。
 『3鯖でマイクラ』などと、コミュニティを作って活動を始めているのを見て。
 一つやってみようと、気持ちを進める事が出来ました。

 wikiを片手に右往左往。
 ぬえJさん、かのぷーさん、のヮのさんがご一緒にされている場所で、鈴蘭も巣を張ってみました。

 どの程度出来るのかは分かりませんが。
 PSO2とは違う、PSO2から始まった関係を、この場所で。

 これもニークス…なのでしょうか;



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その四百四十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 EP3実装も目前となり。
 これまで慣れ親しんできたロビーとも、いよいよお別れとなりそうです。

 鈴蘭にとって、原風景とも言うべきものの変化。
 それで鈴蘭が変わる訳ではありませんが。
 或いは周りの変化で、鈴蘭が変わってしまったように見えるかもしれません。

 …それとも鈴蘭自身、知らず変わるものでしょうか?
 そうでないように思いますが。
 そうであるようにも思います。

 変化を変化として自覚できる、自分自身をハッキリさせるためにも。
 残り僅かとなった此処での時間を、大切にしたいと思う鈴蘭です。



■考えすぎ?
 今回のロビー改装の目玉に、カジノ実装が挙げられると思いますが。
 このカジノ…個人的には、利用法に少し心配もしています。

 ロビーには多くの人が居て。
 それぞれに、様々な楽しみを求めています。

 これまでの楽しみは、クエストとチャット…主に2のスタイルに分けられ。
 どちらもある意味、『プライベート』な空間での楽しみが中心だったように思います。

 しかし…新しく追加されるカジノというコンテンツは、『公共』のもので。
 ロビーに居合わせる、皆の真ん中に在るべきものでしょう。

 『プライベート』な雰囲気の中。
 自分が…、自分達が…という意識で、周囲の人達を忘れてしまっては。
 何れ、自分自身が忘れられる存在になってしまうかもしれません。



 リアルでも見聞きする、グループでの占有。
 …迷惑行為として、注意喚起などもされていますが。
 得てして、当の『している方』には、自分自身が迷惑行為をしているという意識が、薄くなりがちではないでしょうか?

 楽しみを楽しみとして享受する一方で。
 自分達がしていることを振り返り。
 自分から見た他者と。
 他者から見た自分と。
 見較べることを忘れないように。
 …『差』を『差』として理解する。

 それがなくては、求める楽しみ自体が、他の何かに塗り潰されてしまうのではないか…。
 そんな風にも思います。



 夏風邪でしょうか。
 日中の眠りが浅く、いまひとつ頭が働いていない鈴蘭です。
 …独り言、というよりも譫言に近いかもしれませんが。

 何か思うところを感じていただければ、幸いです。

独り言 その四百四十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 リアルでの感謝祭が終了したということで。
 フレさんのマイルームでの打ち上げにお誘い頂き、少し参加してきました。

pso20140817_213746_004.jpg
                  (C)SEGA


 趣旨としては、GP決勝に参加された2人(Vita部門なのでペア)の慰労を…というものでしたが。
 まぁ、人の来ること来ること…。
 あっという間に満員御礼です(´・ω・`)

 当日、現地での応援が叶わず。
 こうして事後にお話を伺うだけ…というのも、寂しさを感じますが。

 ただ、コロシアムの中心で感じたことを。
 参加者だけに分かる目線のお話を聞けたのは、大変興味深いものでした。

 出勤前ということで、中座してしまいましたが…。
 また時間があるときにでも、お話を伺ってみたいものです。

 ヴァントさん、お誘い下さって有り難うございました。
 短い時間でしたが、お蔭様で良い時間を過ごさせて頂きました。
 宜しければ、またお願い致しますね。

 そして改めて、感謝祭に携わった皆さん…お疲れ様でした(´・ω・`)ゞ



■リンク追加のお知らせ
 『しろたま活動記
 最近知り合うこととなった新しいフレさん、しろたまさんのブログです。

 人と楽しく遊びたいと望んでおられ。
 下らない事でも、みんなとチャットで話して時間を過ごすことが出来れば幸せ。
 …そんなプレイスタイルを求めて、鈴蘭の元を訪ねておいでになりました。

 果たしてお応え出来るものか、鈴蘭には分かりかねますが;
 鈴蘭なりの楽しさに、何か感じるもの、何か通じるものがあれば。
 …こうして知り合えたのも、何かの縁…という事なのでしょうね。

 宜しければ、今後ともお付き合い下さいませ。



 『寄らなくとも斬ります!
 冒頭の打ち上げに参加されていた、まやまやさんのブログです。
 以前から、ブログの方にはこっそりお邪魔していたのですが…。
 こうしてお会いするのは初めての方でした。

 打ち上げの場に現れた、頭にラッピーを乗せたツインテーラー。
 その姿に、ピンときました。

  鈴  蘭『あれ…まやまやさんって…ブログ書いてません?』
  まやまや『大きい人だ!』

 …グッドです(´・ω・`)b
 そうして反応して頂けるとは嬉しい限り。
 『あらぶります』という、まやまやさんですが。
 静か過ぎるくらいの鈴蘭には、むしろそうした方こそ望ましいのかもしれません。

 宜しければ、これをご縁にこれからもお付き合い下さいませ。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その四百四十

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は決戦の日…(´・ω・`)!!
 有明コロシアムで開催された、PSO2感謝祭2014。
 その来場者特典として配布される『ダンボースーツ』獲得が、今日の私の至上命題です。

 お盆休みを充てて、ひそかに遠征準備もしていたのですが…。
 どうしても外せない仕事が入り。
 やむなく、メセタでの入手を選択せざるを得なくなりました。

 この日の為に、メセタを備蓄すること数週間。
 思えば、此処まで真剣に金策を考えたのは、このゲーム始まって以来かもしれません;

 鈴蘭にとって、ダンボーのバリューは10M程度。
 流通数が不明なので、相場の動きが読めませんが。
 高めのアクセを買うと思えば、それぐらいの出費はニークスには妥当に思えます。

  強化費用で10Mなんて、高くて出せたものではありませんがな(´・ω・`)?

 そんな価値観の鈴蘭ですから。



 …さて、実際に蓋を開けて見れば。
 開場待ちの人が多く、予定を繰り上げての入場開始となったようで。
 私がインする頃には、マイショップに若干数の出品がありました。

 早朝からインしていたフレさんに伺うと、『一時期8Mの出品がありましたよ』とのこと。
 しかし、私が見た時には15Mの品が一点のみ。

  …15Mかぁ…(´・ω・`)

 十分予算内ではありますが。
 バリューには、ちょっと高い印象です。

 買おうかどうか迷うこと30分。
 …そっと置かれた、10Mポッキリのダンボースーツを見付けました。

  そのダンボー買ったぁぁぁぁあ!!!!!(多・ω・)多 |ビジフォン|

 …そんな訳で。

pso20140816_115131_003.jpg
                   (C)SEGA


 ご覧の通り、手に入れることが叶いました。

 会場入りしていた三咲さんは勿論の事。
 実物を見たフレさんが入手を決めたりで、増えはじめるダンボー達。

 そんな中、おいでになったトナカイ…キャラクリ勢なフレさんの、muさん。

  mu( トナカイ )『おー、ダンボー』

  鈴蘭(ダンボ-)『手に入れました(フフン』

  mu(ダンボー)『(ニコッ』

  鈴蘭(ダンボー)『(´・ω・`)』

 …いやはや…流石です;



pso20140816_125722_004.jpg
                   (C)SEGA


 ダンボーは手足の関節…肘や膝の挙動が無いので。
 個人的には、ロビアクが非常にコミカルに映る印象です。

 こうして、色々なシーンを撮影してみるのも面白そうですね。

 …ただ、悩ましいのは。
 グラマー以上の体型だと、頭身のバランスが変わってしまい…。
 鈴蘭ダンボーの場合、『中に人が居る』かのような印象があるんですよね;

  ちび鈴に着せようかなぁ(´・ω・`)

 …などと、思い悩む鈴蘭です。



 長い感謝祭期間もこれで終了。
 参加された皆さん、お疲れ様でした。

 ダンボーなら上げる…なんて言ってくれたフレさん。
 会場から接続して、色々教えてくれたフレさん。
 ありがとうございました。

 会場に行くことは出来ませんでしたけれど。
 皆さんのお陰で、鈴蘭にとって良い感謝祭となったのですから。

独り言 その四百三十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 お盆休みも終盤です。
 今日から東京ではコミケの開催とあって、Twitterなどは関連した話題で賑わっているようです。
 …まぁ、初日の来場者が17万人とか言われているそうですし。
 なんというか…この暑い中、皆さんお疲れ様です;

 そんな、人がごった返すコミケ会場の近所で。
 いよいよ明日、PSO2感謝祭2014…GP決勝大会が開催となります。

 何故、この時期、その場所で…(´・ω・`)?
 そんな疑問は感じない訳ではありませんが。
 両方行く、という方もおられるようですし、或いはそうした人への『配慮』なのかもしれませんね;

 ただ、遠方にお住まいの方からは、『当日早くに会場入りしたいし、一泊して行こうと思うけど…会場近くの宿泊先を探すにも一苦労』なんて話も耳にしました。

 ネットカフェに宿泊する…という方もおられるようです。
 しかし、家や宿泊施設のそれと違い。
 十分な睡眠がとれる環境とは限りませんし。
 くれぐれも、無理はしないで頂きたいと思います;

 暑い日が続く中、体力も落ちていることでしょうし。
 ご自身で思っている以上に、身体に負担をかけてしまうかもしれませんから…。



■考えすぎ?
 さて、問題は何処だろう?
 …そうして考え始めるのが鈴蘭です。

 物事に取り掛かるとき、何処に問題が在り。
 どのように修正すべきかを考え、対策を施す。
 そうして、物事を理想の形へと近付けていくのですが…。

 ふと思ったのです。
 『問題が何処に在るのか?』
 それを起点とする鈴蘭にとって、理想の形とは…果たしてどんなものなのでしょうか?

 もし仮に、全く問題のない完全な形を実現したとして。
 それは鈴蘭が満足を覚える形なのかどうか。

 …それを知るが故に。
 理想を追いながらも、その理想の何処かに矛盾を求めてはいないか。
 理想に鈴蘭が必要とされる為に、敢えて矛盾を作ってはいないか。

 …そんな事を考えました。



 完成されたものを求めたとして。
 何れ、その完成を見た時。
 その完成を見届ける自分は、何処に居るのか。
 自分は、変わらず自分で在り続けているのか。

 そんな不安を抱え、物事の問題を探す鈴蘭は。
 自分自身の在るべき場所を探しているのかもしれません。



 さて、そんな鈴蘭の問題は何処だろう?



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その四百三十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週はお盆休みという方も多く。
 『○連休(´・ω・`)b』なんて話を耳にしたりしますが。
 鈴蘭は…水曜の晩、木曜の晩の二連休の後、来週の木曜日までの六連勤が決まっております(´・ω・)

 まぁ、誰かが大型連休に働くからこそ、回るのが社会ですし…ね;
 こればかりは、やむを得ません(´・ω・)=3

 その為、今週の独り言は、明日と明後日の更新はお休みです。
 多少変則ですが、ご理解くださいませ。



■今日のニークス
 今朝は緊急が少なく。
 仕事明けにInをしたのが9時頃のことですが。
 14時の予告まで、特に何もありませんでした(・´ω`・)

 この時間を利用して、三咲さんとTAを一回。
 空いた時間を、お話とアイテム強化や倉庫整理に宛てて。
 『折角だし、14時の予告も一緒に行こう』と言って頂けたので。
 それまでに食事などを済ませよう…という事になり。
 過密ブロックに移動して、腰を落ち着けてしばし。

  にゃーそ『・ω・`)』

  (´・ω・`)!?

 まさかの御仁からの突然のWIS。
 8鯖在住のキャス子至上主義なブロガーさん。
 この独り言でもリンクさせて頂いている、『強火で2分』のにゃーそさんからでした。

 先日、この3鯖にサブキャラを作成されたらしく…。
 旅行がてら、メインキャラと共にお越しになっているようです。

 8鯖には、にゃーそさんやソアラさんがおられ、機会があれば会ってもみたいとは思っていたのですが…。
 いやまさか、こんな形で実現するとは…w

 今、2鯖(4鯖?)からは、おとうふさんがおいでですし…。
 今年のお盆は、なんとも賑やかな事になりそうです。

 生憎、三咲さんとの先約もあったので、今回は立ち話とフレンドの交換だけになりましたが。
 また改めて、お話などもしてみたいと思います。

 こうして、折角出会えたのですし。
 このソーンでの楽しみの、一端にでも触れて頂けたら…と。
 そんな風に思います。



■今日のアークス
 一方で、もう一つの新しい出会いがありました。
 チームに、新たに加入したいと申し出てくれた方がいらしたのです。

 自らが望むものを探す。
 そのために、チームというものをどう扱うのか。
 …まだ仮加入の段階で。
 鈴蘭の説明不足もあいまって、難しく捉えすぎているのかもしれませんが…。

 チームとは、所属することに意味がある、という『枠』ではありません。
 …少なくとも私達が目指すものは、そう在りたいと考えています。

 漠然としているかもしれませんが。
 鈴蘭にも、確かな答えがあるわけではありません。

 一緒にそれを探して、作って。
 そうした中で、ご自身なりの答えを得られる事を願っています。



 ようこそ、私達のTrinity HeartSへ。

独り言 その四百三十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 過日。
 350万ID記念キャンペーンの期間中、毎日当日限りでヴィジホン端末から記念品が受け取れる事を、GJでフレさん達にお知らせしました。
 …というのも。
 案外『当日限りの受け取り』を知らなかったり。
 そもそも『受け取れる』のを、知らない方が多かった為です。

 実は、鈴蘭自身が初日の記念品を受け取り損ね、『ああ、こうなってたのか』と体験をもって知った口で…。
 翌日のGJで、皆さんにお知らせすることにしました。

  『キャンペーン報酬は当日限定。ヴィジホンを要確認!』※文は微妙に違います。

  (´・ω・`)よし、GJ送れた…。

 フレさんにお知らせして一安心。
 一眠りして仕事に向かい。
 電車の中、携帯からブログを書いているところで気付きました。 

  (・´ω`・)あ…私、今日の分を受け取り忘れてた…。

 …いつもながらに、詰めの甘い鈴蘭です。



■考えすぎ?
 目の前にプリンがあります。
 生憎と料理に暗い鈴蘭には、このステキお菓子がどのように作られるのかは知りません。
 作り方を知らねば味わえないモノでもありませんし、知らない事に不都合を覚える訳でもありません。
 幸いな事に我々の生活圏では、店に行けば様々な種類のプリンを気軽に買い求めることが出来ますから。

 量産品のプリンの多くは、プラスチックのカップに入って売られていますが。

 小皿を準備して、カップをひっくり返して、底のツメをプチリと折る。
 そうして現れるのは、お馴染みの形のプリン。

  (´・ω・`)…なんというか、幸福を感じる形だなぁ…

 子供の頃、多くの人が思った事に。
 『もっと大きなプリンは出来ないのかな?』…なんてものがあるかと思います。

 聞けば、何処ぞでは『バケツプリン』なる巨大プリンがあるとか。
 しかし実際のところ。
 プリン自体の強度から、大きくしては形が保てずに崩れてしまうそうで。
 大きなモノを作ったところで、幸福な形のプリンは出来ないそうです。

 …でも、考えれば不思議なものです。
 形を崩しても、プリンとしての風味が変わる訳ではありません。
 ですが、カップに入っているものを、誰もが『プリン』と称したとしても。
 カップから出して崩れてしまったそれを、『プリン』と称する人は多くないのではないでしょうか?

 自らのあるべき形が、なんの扶けもなく。
 …それだからこそ、人は認められるのかもしれません。

 カップに入っていなければ、プリンでいられないというのであれば。
 そのカップにこそ、意味が出てきてしまうようにも思う鈴蘭です。

 大事なものはカップでしょうか?
 それとも、中身のプリンでしょうか?



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その四百三十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 週末に、3人の方と知り合う機会に恵まれました。
 右カラム上段に掲示している、『がんばろうPSO2』企画の発起人であるフートさんと。
 そのフートさんのブログの読者である、通り縋り(?)の方。
 そして、先日ブログをリンクさせて頂いた、白犬わんこさん。

 特に、フートさんと白犬わんこさんは他鯖への旅行をされている方達で。
 知識ではなく実体験として、此処ではない此処を知る方達です。

 基本、受け身で相手の出方待ちの鈴蘭です。
 こうした行動的な方達を見ていると、目にしている世界の広がりの違いを感じるようにも思います。

 自分にとっての世界は、途方も無く広いものに映りますが。
 この方達にとっての世界は、もう少し違って見えるのかも知れません。

 鈴蘭も、同じ場所に立てば見えてくるものでしょうか?
 …そんな気もしますが。
 同じものは見えないだろうという、予感もあります。

 この方達が目にした世界について。
 鈴蘭の知るそれと比べてみたいものですね。

 …それはきっと、楽しいことに違いありませんから。

 今回は生憎と時間があまりとれず。
 なんとも慌ただしく、話し込むほどには至りませんでしたが…。
 何れ機会があれば、ちゃんとお話も伺ってみたいと思います。

 その時は、改めてお願いいたしますね(´・ω・`)b



■今日のニークス

  ('ω'『あ、鈴さん、戦車とロボのコラボが見たい('ω'』

 …突然飛び込んできた謎のWIS。

  ('ω'『お安かったので買っちゃったから、テ(ry』

 しかし、この時の鈴蘭は、少し込み入った話の最中で。

  ('ω'『待つのには慣れてる。スナイパーだもの』

 なんて言葉に甘えて、少し待って頂いたものの。
 ついに話の切れ目を掴みきれず。

  ('ω'『コスト空けて?』

 というお願いに。

  (´・ω・`)『後で空けておきますね』

 なんて答えた結果…。

pso20140810_202611_000.jpg
                    (C)SEGA


  (´・ω・`)/toge ニークスェ…!!

 …窓からテムジンが覗き見る安らぎの空間。
 見守られているという安心感は、堪りませんね?

 分室の蒲団を囲んで配置し直してやるから、覚悟しちょれよニークスが…っ(´・ω・`)!!



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その四百三十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日はフレさんにお誘い頂いて、EXに行ってきました。

 ブースト期間とはいえ。
 そこは鈴蘭らしく、大当たりは出ませんでしたが…かつての高嶺の花、「グロームシンボル」を入手しました。

 かつては時価20Mとも言われた装備も、いまやショップの相場は700k程度。
 …ただ、コレ一つでTA1セット分と考えると、決して安いとはいえません。

 それに、鈴蘭には最近狙っているモノがあり、その購入資金としては非常に手頃だったので。
 思わず手を叩いて喜んでしまいましたn(´・ω・`)nバンザーイ

 そのモノとは…。

pso20140807_220713_002.jpg
                  (C)SEGA


 バーカウンターです。
 再販がなかなかされず、高騰を続けてきた家具で。
 今回のスクラッチ更新が入るまでは、500kから800k程度と結構な値がついていました。

 ウォパルのシーナリーパス実装を見越して、砂浜に合った部屋を…とBルームの改装に着手した際。
 バーカウンターの数が足りず、Aルームの自宅警備保障の分室にあったものを、撤去して移したのです。

 …その後、分室の間仕切りは…。

pso20140807_220624_001.jpg
                  (C)SEGA


 ご覧の有様な訳ですが(・´ω`・)

 安らぎの場に牢屋があっては心が荒んでしまいますし、これを機に戻そうか…と。

 ただ、分室の住民代表の『('ω'』が、『分室に戦車が欲しい!!』と要望を出しているのを長らく放置してきたこともあり。
 それを踏まえた改装プランを考えようか…とも、思っています。

 …ところで、戦車…『エーデルワイス号』って時価で7M程度するんですが…これの購入費用は、自宅警備保障の経費で出るんだろうかね(´・ω`・)?

 このダンボー購入資金は死守しますからね?
 余分なお金なんて、何処にもありませんよ?
 欲しいのなら、自分でちゃんと貯めてくださいね?



 …ニークスと大家の福利厚生の戦いは続く(´・ω・`)



■リンク追加のお知らせ
 『椛散る白犬商店の日常
 3鯖で活動されている、白犬わんこさんのブログです。
 先日、わんこの足跡を見付けて、熊が辿ってみたら行き着きました(´・ω・`)

 今、わんこさんは他鯖への旅行をされているようで。
 他鯖のフレさんと楽しくしているご様子が伺えるのですが…。

 実は、この内容が非常にタイムリーでした。

 各鯖を巡り歩いているフレさんは、鈴蘭は他に心当たりがあります。
 先日からは、DDoS攻撃の際の『がんばろうPSO2』企画の発起人、フートさんが4鯖からお越しになっていますし。
 3鯖のフレさんの中にも何人か、『訪ねてみようかな…』と考えている風な方がおられます。

 感化された…という訳でもありませんが。
 他の鯖を見てみたい…という欲求を覚えました。

 かつて、人探しで他所の鯖を巡ったことはありますが。
 ヴィジホン端末と向き合うばかりで、何をする訳でもありませんでしたから…;

 白犬わんこさんのブログを拝見して。
 改めて色々と思いを馳せることができました。

 もし、こんな鈴蘭でもよろしければ。
 これを機会に、ゲーム内でもお相手してくださると嬉しいです(´・ω・`)b



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その四百三十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 メンテが明けて。
 350万ID記念のブースト期間が始まりました。
 鈴蘭の活動時間帯で言えば、今週は予告分のエルダーさんのお出迎えは出来そうなので。
 そこはかとない、淡い期待を持ってもいるのですが…。

  …望み過ぎてもねぇ(´・ω・)

 出るも出ないも運次第。
 個人の努力の外にあるものですし。
 ここは、ゆるりと構えるのが良いでしょうね。

 『ブーストだから』
 そんな理由で動くばかりでは。
 いつしか、自分の遊びが出来なくなってしまいそうですから…。



■考えすぎ?
 太公望。
 この呼び名は死後に贈られた名前で、実際の名前は呂尚と言うそうです。
 紀元前11世紀ごろに活躍した周の軍師で。
 後に伝えられる兵法書の多くに仮託される、伝説的な人でもあります。

 逸話として有名なのが…。
 周の文王が、占いで『狩りに出れば獣ではなく人を獲るだろう』と言われ出掛けた先で出会ったのが、太公望だと言われています。

 この時、太公望は釣り針のない竿で釣りをしていて。
 文王が『それでは、魚は釣れないではないか』と言うと、『私は此処で天下を釣っているのだ』と答えたとか。

 自分を必要とする人物、自分が必要とされる時機を待っていた事を例えた逸話でしょうが…。

 この逸話のように、天運や天命を待つだけ…という程に、人事を尽くせるものなのか。
 凡人の鈴蘭には、想像のつかない境地です。

 下手な考え休むに似たり、などと言いますが…。

 自分に出来る範囲の事で、最善を尽くすこと。
 例え範囲が狭くとも。
 自分に出来ること、出来ないことの見極めが重要で。
 その範囲を越えて思い悩む事が、下手な考えなのでしょうね。

 とかく人は、自分の出来ることを他人のそれと比べてしまうもので。
 出来る事が少ない事を『劣っている』と感じてしまいがちですが。

 自身で出来る最善であるのかどうか。
 そこにこそ意味があるもので。
 本来、人と比べて優劣を決めるものでも無い…と、思う鈴蘭です。



 目に見える成功は、結果に過ぎず。
 それそのものは、目的とは違うようにも思います。

 目的…自身が最善を尽くして求めるもの。
 そこに結果が伴うのであれば、それに越したことはないのでしょうが。

 …結果と目的。
 果たして、どちらが貴方にとって大切でしょう?

独り言 その四百三十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、コラボ品の翼を二枚手に入れたことには触れましたが。
 何度か天使と悪魔に切り替える事で気付きました。

 天使スタイルよりも、悪魔スタイルの方が周囲にウケが良いのです。
 
  …はて、何故なんでしょ(´・ω・`)?

pso20140805_222027_005.jpg
               (C)SEGA


 …露出の問題でしょうか…。
 もし『らしい』とか、面と向かって言われたら…。
 感謝のあまり、口にした方達を衝動的に柳川風にしたいと思ってしまいます。夏ですしね、ええ…後悔はありません(´・ω・`)



 …冗談(?)はともかく。
 この定番コス以外で、悪魔スタイルの模索もしたいところです。
 『黒』ばかりが前面に出てしまうこのコスは、個人的には寂しいというか…物足りないようにも感じていますから;

  (´・ω・)とはいえ…さて、何が合うかな…。



■今日のアークス
 今朝方の3鯖では、歯医者さんの往診が3回連続で発生するという、歯科検診デーとなっていました。

 3回目の往診時間前に帰宅した鈴蘭は、タイムロスなく過密ブロックに直行…。
 この辺の行動は、ゴールデンタイムの過密ブロックを自在に行き来する、THSメンバーの面目躍如というところでしょうか;

  『THS登山部』は伊達ではない(´・ω・`)!!

 …などと、一人登頂成功の喜びを噛み締めつつ。
 診察開始までを、倉庫整理や診察券(ブーストチケットとも言う)の準備、GJのお返事に費やしていた訳ですが…。

 そんな中、最近【仮面】姿が板についてきた、沼男なフレさんからお誘いを頂き。
 歯医者さんの診察を、ご一緒することになりました。

 眷属戦を数回こなし。
 近接不如意な鈴蘭で、床掃除に励み。
 そうして、緊急開始後27分で受注した眷属戦。

  これがラストかな(´・ω・`)

 そう思いつつ、眷属を迎えて戦うことしばし…。
 時計が残り1分を切ったところで、ふと見た情報ウィンドウ。
 『マルチ参加人数: 4 / 12』

  …(´・ω・`)!?

 ゴッソリと人が消えてしまいました…w

 『うわーw』などと叫びつつ。
 そこからは残ったフレさんと、行き会わせた方2人とで眷属との激闘を繰り広げることに。
 いやはや…鈴蘭にとっては大変な戦いでしたが…;

 …ですが、その時間は本当に楽しかったです。

 元より負ける戦いは性には合いませんが。
 負けるのを恐れて遊んでいる訳でもありません。

 ゲームを、遊びを楽しむ…という事に賭けて。
 眷属を征するまでの十数分は、鈴蘭にとって良い遊びとなりました。

 居合わせた人それぞれに、思うところはあったでしょうが。
 そのお陰で得ることが出来た、不意の出来事に感謝したいと思います。



 他の皆さんも同じように感じていて下されば、喜ばしい限りですが…。
 

独り言 その四百三十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 EP3の実装まで間もなくとなりました。
 実像は定かではありませんが…一部のPA、テクニックの弱体化が正式に予定されています。

 それを前に、EP2で強かったPA、テクニックの御用納めでも…と。
 EXクエストで出てくるダークラグネのコアにこれらを当てて、各人の最大ダメージの記録更新でもしようという話になりました。

 発案者のフレさん…三咲さんのお誘いを受けて乗り込んだEXですが…。

 実のところ、鈴蘭は自身の火力の向上という点に関しては、全くの無頓着。
 装備もスキルも、何をどうすれば…という最適解は既に在り。
 鈴蘭個人は、それに沿うかどうかで思い悩んだり、考えたりはしません。

 これで無いと戦えない…そんな、ギリギリの遊びをしている訳でもありませんから;

 …そんなエンジョイ勢の鈴蘭ですが。
 自分のいい加減なスタイルで、何処までダメージが伸びるものなのか…。
 そこに、ちょっとした興味が湧きました。

 Esuteruさんと三咲さんで脚を折ってもらい。
 転倒したラグネのコアに、ノンチャージのイル・バータを6発。
 ご一緒してもらったエリさんにWBを貼ってもらい。
 ジャストアタックでチャージしたイル・バータを叩き込んで…。
 出たダメージが60万。

  (´・ω・`)おー…。

 見事に自己記録更新です;



 最適化を進めると、100万にも迫ると聞きました。
 たいしたもの、と感心する一方で。
 皆に手伝ってもらって、どうにか出した60万。

 …うん、これで…いや、これこそが良いと思える鈴蘭です。



■考えすぎ?
 最近、【防衛戦:絶望】のマルチでの声掛けがよく見られます。
 或いは、オンラインステータスのフリーメッセージで、某かの行動指針を表示している人も。

 これらは主に、攻略の鍵となるA.I.S.の運用に関してのものが多いようにも思いますが…。

 ショートカットで工夫してみたり。
 更にはSAで工夫してみたり。
 アプローチの仕方は様々のようです。

 …ただ。
 今日の絶望での事でしたが…。
 開始時に、ショートカットによるものと思しき、行動指針の提示をされている方がいらっしゃいました。

 …その、整理された説明文を読みながら…一つの疑問を覚えた鈴蘭です。

 この人に限らず。
 フリーメッセージを使ったり、SAを使ったり、ショートカットを使ったり…。
 果たしてこれは、相手の理解を求める為の工夫なのか。
 それとも…面倒を嫌っての工夫なのか。

 戦闘が激しい絶望でのこと。
 一度始まってしまえば、チャットに掛ける手間も惜しいという状況です。
 手間や無駄を排する工夫は、あって当然…とも、言えるかと思います。

 …しかし。
 無駄を無駄とするにしても。
 果たしてそれは…何にとっての無駄なのでしょうか。

 一方の見方でしかありませんが。
 無駄という程に、それらは無価値ではないのではないのか…。
 そんな風に思った鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。

独り言 その四百三十一

※2014/08/04 00:35 表題のナンバリングを訂正しています;

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週は木曜の晩の仕事が非番で、久しぶりの三連休となりました。
 とは言え…お盆休みが丸々無くなる事になったので、喜んでも居られないのですが…(´・ω・)ヤムナシ

 そんな、盆暮れ正月に無縁なお仕事で頂いた薄給をやり繰りして。
 必勝を期して臨んだ、先日のスクラッチでは大敗北を喫した訳ですが。

  (´・ω・`)…やはり、欲しいモノは手に入れて後悔しよう。

 調子よく、そんな風に切り替えて。
 ダンボー購入予算と、倉庫内で眠っているアクセ類を処分してやり繰り。
 鈴蘭としては随分と散財したものですが…。

pso20140803_211745_003.jpg
                (C)SEGA

 天使(?)と。

pso20140803_204542_002.jpg
                (C)SEGA

 悪魔と。
 二通りのアクセを揃える事が出来ました。

 …こうして見ると、肌が黒いのでダーク系の方が収まりが良さそうですが…。
 対比を引き出せるなら、白い服との組み合わせも考えてみても良いのかな…?

 天使像には、ユーノーカリスが安定ですが。
 ある意味、面白みに欠けるようにも思います。
 肌がもっと露出した、アルフライラの方が『らしく』見えるのではないか…なんて思ってもみたり。
 やはり、こうした組み合わせを考えるのは楽しいですね。

 …しかし。
 出勤前にやっつけで撮ったので、随分なSSですね…コレは;

 明日にでも、もう少し工夫して撮ってみるかなぁ(´・ω・)=3



■今日のニークス
 週末の朝に、予告のエルダーさんがお越しになるということで、召喚の儀式を鑑賞しようと思い立ち。
 ショップエリアを駆け抜けようというところで…ふと、足が止まりました。
 見上げれば、黙然と屹立しているテムジンさん。

  (´・ω・) 乗れるんかな、これ…。

 思い立ったら即行動。
 3階に駆け上がって、空中回廊からジャンプ一発。

pso20140731_110046_005.jpg
                    (C)SEGA


  …無事に乗れました(´・ω・`)b

 いやはやしかし、分かっていたことですけど…ステージが遠いです;
 これでは、オペラグラスでもないとステージ上が見えません…。
 ステージを観る…というには、微妙な感じになってしまいました;

 でも、きっと。
 これは今年の…今年の夏だけの風景に違いありません。
 「あったあったw」と、振り返ることの出来る良い一枚になるでしょうね…。



■考えすぎ?
 言葉には力があります。
 その力は、言葉そのものが持つもので。
 発した自身の思いとは関係なく、言葉そのものの力によって、相手の心に響きます。

 言葉が力を持つことに無頓着であれば。
 自身の発した言葉は、何れ相手の心を壊すまでになるかもしれません。

 ただの文字の羅列…などと思わないでください。

 言葉が大きな価値を持つ、この仮想であればこそ。
 その力の在り方に、無関心ではいられないのですから。

 気安い言葉。
 その言葉の持つ力を、貴方は理解しているでしょうか?
 その言葉の持つ力を、貴方は使っているのでしょうか?

 気安い言葉を重ねるうちに。
 貴方はいつしか、言葉の力に使われてしまってはいないでしょうか?

 相手の心に響く言葉。
 その在り方を、改めて考えてみても良いのではないか。
 …そんな風に思う鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。