独り言 その三十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 2012年最後の独り言になるでしょうか。
 (五橋さんの落書きは出来次第掲載予定。震えて待て!)

 自分は会話の手法として、相手の対論を張ってみる…というのを基本にしています。
 白と言われれば黒。左と言われれば右。
 本当にそれが正しいのか、自分自身で確認しながら相手と違う視点に立ってみる。
 そのために、随分煙たがられるような発言を繰り返してしまいました。
 うたぐり深く、心配性、常に人と距離を置く…そんな狐のような自分の話に耳を傾け、向き合って下さった皆様に感謝を。

 きっと鈴蘭は、これからもこうした物言いを続けて行くでしょう。
 その事で迷惑を被る方も出るかと思います。
 ただ、こうした考えもある。モノの見方があるという事を知って頂ければ幸いです。

 自分の考えは正論ではありません。
 自分の狭い了見に基づいた私見です。
 自分の意見に耳を傾けても、ご自身の意見を安易に曲げないでください。
 ご自身の意見に理があると思えばこそ、自分も違う視点に立てるのですから。

 こうした意見の対立が不和に直結するとは限りません。
 不和を呼び込むのは、相手への無理解にある…そう自分は思っています。

 理解したいと思えばこそ、自分は対話を望みます。
 相手によって言葉を変えたり、態度を変えたりすることは出来ない鈴蘭です。
 お世辞も気の利いた言葉も出てきません。
 追従やおべっかは嫌いです。
 人によっては、それを不快と思う方もいらっしゃると思います。
 ただ、裏表なく在りたいと望む自分を知って頂ければ、これ以上の喜びはありません。



 …投稿を重ねるに従って、内容が堅くなっていきますねw
 新年からは落書きやSA挑戦等を頑張るつもりです。
 ノリが変わる訳ではありませんが、宜しければ今後ともお付き合い下さいますよう。

 この半年、鈴蘭とお付き合い下さった皆様、本当に有難うございました。
 そして新年も宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

独り言 その三十二

■2012.12.30 03:00加筆修正有り

 大きいだけの鈴蘭です。
 今年も残すところ後2日となりました。
 振り返ってみればα2テスト参加以降、PSO2を中心に生活が回ってきました。
 なんとも脳天気で…本当に幸せな事だと思います。

太公釣魚
(C)SEGA
 □考える鈴蘭

■考えすぎ?
 …最近は本当に考えさせられることが多く、クエストに行くよりもフレさん達と話をしている時間の方が長くなっています。
 楽しんでいるのは確かでしょうが、ゲーム性そのものを楽しんでいるのかと問われれば、首を捻らざるを得ません。


 武器掘りに特化したクエストをいかに楽しくするか。
 それに皆さんが腐心している中で、自分はクエストに行くこと自体に魅力を感じなくなってきています。
 お手伝いに請われて行く場合は、その方の為になる…という充足感がありますが、自分から進んで武器掘りをする意欲には乏しいのです。
 メセタやアイテムに対する欲が無いせいかも知れませんね。
 自分が掘り当てるより、誰かが掘り当てる方が『良かった』と思えますし。
 

 交流を目的としたクエスト周回などもありますが、自分としては、それらはお祭りの一環であり、それを日常として継続して行うのは疲れてしまいます。
 元々、人付き合いをしない人間ですからね…どうしてもテンションの差に無理が出るのです。

 交流という形には様々なものがありますが、画一的に『こうしよう』『これをしよう』と言っても、場のすべての人を満足させることは出来ないでしょう。
 結局、言い出した人の意向に沿った内容になりますからね。
 皆で楽しく…というのは理想ですが、その『皆』がなにを指すのか。
 誰のために、なんのために、なにをしたいのか。
 それを忘れれば…思い違えば、一人よがりの場を作ってしまいます。
 理想は理想として、『楽しませたいと思う人をだけを楽しませる』…意地の悪い言い方ですが、そうした割り切りも必要でしょうね。

 主催者の望む形の楽しさと、参加者の望む形の楽しさが合致する。
 実際的にはそれを目指すべきであって、普遍的に皆を楽しませる形を求めるべきでは無いのかも知れません。
 
 なので『これが俺の楽しみだ!』と叫んで、賛同者を得られるのであれば、それは参加者の多寡に関わらず、成功だと思います。
 なにがしたいのか。その為になにをしたのか。
 それさえ誤らなければ、失敗した…なんて後悔するイベントは無いと思います。
 


 自分が望む形は…ひどく小さく、ひっそりとしたものですが。
 たとえ二人きりでも、穏やかに流れる時間が過ごせれば満足です。

 ここまで駆け足で来た一年でした。
 その途中、忘れて置いてきてしまったものもあります。
 それを取り戻すためにも、新年からは少し歩き方を覚えようかと思います。

独り言 その三十一

 新服のハートブレイカーを暗赤色に染めた、冒険心の足りない鈴蘭です。

 実は服だけで無く、肌色や髪の色も変えました。
 変更前後で見比べても判らないレベルでしょうが、赤系統の色味を混ぜました。
 自分の印象としては、変えたことで柔らかい感じになったかな…と思っています。

 ただ『変える』と言った割に、見た目の変化が少ないのが微妙です。
 …ここは、もう一回チャレンジしてみるべき…?

 服装に関しては、
 ファニートレイターを普段着。
 他所行きはハートブレイカーとドレス。
 武器はマグロで安定でしょう…。



■今日のアークス
 先日新しいフレさんが出来ました。

 朝に日課のTAへ行くまでに、GJのお返事、メールの確認、馴染みのフレさんとWISなどでお話したりしていますが…。
 傍目にはロビーに呆っと突っ立っているだけの、大きい鈴蘭です。

 端末に近いところに立っていると、朝とは言えそれなりに人の行き来はあります。
 WISの傍ら、人の動きを目にしていると…。
 端末の前を行ったり来たり。何故か目に留まった方が居ました。
 何の気無しにカードをチラ見。
 …その方のコメント欄の物言いに思わず『うんうんw』
 笑ってしまいました。

 その場でGJを送ったんですが…。
 程なくして、その方からGJでお返事が来ました。
 こういう形でのGJは流されることが多いので、正直お返事が頂けたのは驚きでした。

 『感想が頂けるとは思いませんでした』

 聞けば、話し好きなものの、マルチやロビーで『話せる人』と知り合う機会に恵まれず、すっかりソロ活動が定着してしまったとのこと。
 確かに、マルチでご一緒してもそれっきり…という人は多いですからね。
 話し込む事もそうそうありませんし、フレ申請を決める『人となり』を知る機会も、それほどありません。

 フレ関係になったとしても、その後の関係を維持するのも難しいです。
 特に自分やこの方のように『基本は受け身』の人は、自然消滅してしまう事が多々あります。
 マルチで知り合い、連絡を待っていたらいつの間にやら…。
 こうした事を繰り返し。
 いつかいい人に会える…と思っていたら、すっかりソロプレイヤーになっていた…と。
 これは、このゲーム(…に限った話ではありませんが)の陥穽ですよね。

 別にソロプレイが悪い訳ではありません。
 ただ、知らない内に意に沿わないプレイスタイルに慣らされてしまう…という状況が良くないんじゃないか…そんな風に思います。



 自分は稼働開始からソロプレイを続けているフレさんがおり、その方とソロプレイの状況、チームでの活動の在り方、プレイスタイルのアレコレについて、ずっとお互いの意見を交換してきました。
 こうすることで、常に自分の置かれた状況を自分なりに確認する機会に恵まれた訳です。
 お蔭さまで、こうした陥穽には陥らずに済んでいると思います。

 本当に、幸いという他ありません。


 この方にも、そうした『話せるフレさん』が出来てくれることを願わずにはおれません。

独り言 その三十

■2012.12.28 03:00 加筆
 FC2の緊急メンテで段取りが狂って、記事がグダグダになっています…。


 大きいだけの鈴蘭です。

 ハートブレイカーは人間限定だったのを失念していました…。
 白詰草には可哀相ですが、お気に入りの色で染めて鈴蘭に着せてあげることにします。

 最近はラッキーユニット装備して(見た目だけ)燃え上がっていますので、これに合った色が良いんですが…。
 やっぱり赤ですかね…?
 仮に赤系統にしたとして、問題は色の明るさです。
 鈴蘭は大きいので、明るい色だとケバい感じに見えるような気がするんです。
 個人的には暗い感じが良いかと思っているんですが…なんというか『いつもの』感じになってしまうんですよね…。
 好きな雰囲気にまとまるから、安定といえば安定なんですが…。
 ううむ、それではツマラナイと考える自分がいます。

 …いっそ肌の色や髪の色を変えてしまいましょうかね…。
 大元の鈴蘭は『その外見で鈴蘭?』という感じでしたしね。
 これを機会に原点回帰も良いかも知れません。



■考えすぎ?
 先日チームブログに帰っておいでよ~と言ってくれた方(ミウさんなんですが)は、個人ブログとの両立を望んでいます。
 以前から思うところがおありだったようですね。

 なるほど、両立ですか…。
 とはいえ、何を書くか…それが見えて来ません。
 チームで何処かに行く、アプデがある、イベントがあるならリーダーのモンさんが記事を上げますから敢えて書くことがありません。
 考察ならミウさん永久さんが打ってつけです(というか自分には、考察記事がそもそも書けませんが)。
 
 自分の身の回りの、日々のPSO2での出来事を…という事になるとチームの事と殆ど関係が無くなってしまいます。
 クエストに関しては一日一回、TAに行くだけの毎日ですし、それ以外はフレさん方への私信がメインになりますからね。
 自分のチームでの毎日…というのが今一つ…。

 ずっとどうするか悩んで、アレコレあって、ようやく一つ落ち着いたばかりですからね…。
 先日、気付いた事の提案とかをチームブログに挙げてみました。
 (これがミウさんの望んでるものではないのは百も承知です)
 チームでの楽しみについて…というのは、お願いされた以上は応えたいと思うんですが…。
 自分の中で、明確な答えが見付かっていないのが正直なところです。

 或いは目の前にあって、自分が気付いていないだけなのかも知れません。
 簡単なことを、相も変わらず難しく考えているだけなのかも知れません。

 このブログはフレさんとの交流の為に開設しました。
 言わばPSO2を遊ぶためにブログを書いているつもりです。
 どんなに思い悩もうとも、このブログを書くためにPSO2をするようなことをしたくはありません。
 この点だけは、自分の変わらないスタンスとして持ち続けたいと思います。

 ああ…ダメですね。いつにも増して考えがまとまっていません。
 もう少し、自分の整理をつける時間を頂きたいと思います。



■今日のアークス
 昼に貴志さんがおいでになりました。
 なんでも、この間の落書きをブログの紹介イメージ画像に使いたいとかなんとか。
 …あんな絵で良いのかい…貴志さん…?
 てか、わざわざそれを言いに訪ねて来てくれたのかい?
 君って…本当にいい子だよ…。

 汗顔の至りというやつですが、貴志さんのご厚意で絵が使われることになりました。
 
 また描くかせてもらうこともあるかも知れません。
 その時まで、その絵をお預けする…ということでお願いします。



 全く…悩んでばかりの自分は、人生の達人の境地にはまだまだ遠く及びませんねw

独り言 その二十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近倉庫を追加して余裕が出来たので、マイルームの改装を検討しています。
 …とは言え、今の路線(部屋の中の緑の空間)を捨てるのも…。
 和風に惹かれもするんですが、和の家具が少ないのが寂しい限り。
 畳部屋に椅子を置いて…というのも据わりが悪いですしね。

 ちゃぶ台、座布団、鏡餅。
 これじゃ、ちょっと寒々しい…。
 ここは発想の転換が必要かも知れません。
 
 まぁ、こうして悩むところに楽しさがあると思うんですがね…w



■考えすぎ?
 本日のアップデートで、FUNスクラッチ景品のグラインダーが1個から5個セットに変更となりました。
 これに伴って、一時期13kまで上昇していたグラインダーの取引価格は、アプデ後7kまで下落しました。
 PSO2の稼働開始前後からの中堅以上のプレイヤーには朗報でしょう。

 ただ一方で、新規で始めたプレイヤーにとっては有力な金策の一つが価値を減じたことになります。
 無論、今もってグラインダーは高価であり、取引商品として十分な価値がありますが、この次に実施されるという強化の緩和(強化に必要なグラインダー数の下方修正)の後、グラインダーの価値がどう変化するのかが心配です。
 ★10以上の強化には大量のグラインダーが必要になりますが、★10以上のアイテムの絶対数が少ない以上、今後供給過多によるグラインダー取引価格の大幅な下落…というのは考えられないんでしょうか。
 
 NPC下取り価格の改訂以降、クエスト報酬(取得アイテムの売却益)の目減り分をグラインダーが肩代わりする形になりました。
 このグラインダーが価値を減じたら、新規の方の資金調達は何を頼ればいいのでしょうかね…?

 難しいことは分かりませんし、経済についても素人です。
 見当外れな事を考えているのかもしれません。

 …ただ、少し不安なんですよね…。



■今日のアークス
 …マトイクラスタ…鈴蘭には厳しかったよ…。
 多くは語るまい…。

 ハートブレイカーを買って、染める色を思案中。
 白詰草に着せてあげる事を考えると青系統の色味を加えたいところですが…。
 悩みますね…。

 ちなみに白は買って(ハートブレイカーが出なかった!)鈴蘭に着せました。
 最近燃え上がっているので、この子の分を赤く染め上げてしまおうか…とも。
 うん、こういうのを考えるのは楽しいですね。

独り言 その二十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 実はチーム残留を決めてから、『ブログでも戻ってきなよ』というような事を言われました。
 確かに、今はこちらをメインにしていますからチームブログはご無沙汰してしまっています。
 
 一鈴蘭としての活動記録を…と、このブログを立ち上げたつもりですが、いかに普段チームと離れたところで活動しているとは言っても、実際のところ不可分の部分もありますしね…。

 落書きなどをチームブログに上げるのは個人的に抵抗がありますが、折り合いの付けられるところは考えていこうかな、と。
 …とはいえ、『じゃあ独り言がチームブログに相応しいのか…?』と自問してしまうんですがw

 大袈裟に考えてしまうのは自分の病気ですが、理があると認めるお話には真摯に向き合いたいと思います。
 そのお話も、言ってみれば自分を必要と思ってくれたからこそと思えますしね。
 人には我が儘と取られる事かも知れませんが、自分には嬉しかったですよ?

独り言 その二十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今更ながらに、鈴蘭の姿をこのブログに載せていない事に気付きました。
 以前『今後SSも載せていく…』なんて言っていたようにも思いますが。
 …すっかり忘れていました。

 とはいえ準備不足も否めないので、取り敢えずの1枚を。
 ここで『次の機会に』なんて言ったら、何時になるか分かりませんからね。

独り言 その二十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 昼の番外でもお知らせしたように、先日のチーム脱退に関しては残留という形で落ち着くことになりました。

 先の記事では事の詳細を述べておりませんでしたので、ここで改めて…。


 先ずは鈴蘭から皆様にお詫びを。
 自覚はありませんでしたが、皆さんのお話を伺ったことで自分が皆さんを軽んじていたことが分かりました。
 この点を深くお詫び致します。申し訳ありませんでした。

 実のところ脱退を宣言した時、自分は自分のチーム脱退を引き止める人がいるとは思ってもいませんでした。
 活動時間帯の違い。そこから来るコミュニケーションの不足は補いがたいものです。
 自分なりの方法で補ってきたつもりでしたが、自分はチームの皆さんと十分な関係を構築できていない。
 そう思っていました。

 しかし脱退宣言の後、皆さんから伺ったお話からそれが自分の思い込みであることを知りました。

 この記事を書いている今現在も実感がありませんが、どうにも鈴蘭は人にとって一緒に居て楽しいキャラクターであるらしいのです。
 自己評価の中に『人を楽しませる』なんてものはありません。
 自覚がないことを評価されても戸惑うばかりですが…。

 得てしてそういうものなのかも知れないと、実感することができました。

 交流を大事に…と言いつつも、自分自身がそれを分かっていなかった。
 何とも滑稽な話ですが、その誤りが今回の脱退話にまで行き着いた訳です。


 PSO2の現在の状況を実感する上で、野良での活動をする…というのは今もって関心があります。
 ただ、必要として下さる皆さんを置いて行くほどの事ではありません。

 チーム内では、相変わらずお会いする機会も少ないでしょうが、そうした状況であってもよい関係を作り、続けていきたいと思っています。
 些か以上に難物ですが、宜しければ今後もお付き合い下さいますよう。
 宜しくお願いいたします。





 今回の一件でご意見を頂いたフレさん達と、自分を心配してくれた皆さんに、あらん限りの感謝を。

独り言 【番外】

 大きいだけの鈴蘭です。
 
 先日来の自身のチーム脱退に関してですが…。
 先ほどチームのメンバーとお話しをして、チームに残して頂くことで落ち着きました。
 
 今回の一件で、自分の不明を思い知らされました。
 自分をわかっていなかったばかりに、周りには随分と心配をさせてしまいました。
 この点は、改めて皆さんにお詫びいたします。



 チームの皆さんには、後ほど自分の方から説明をさせていただきますが…。
 今後も皆さんと同じチームで遊ばせて頂くことをお知らせしたく、番外を設けました。

独り言 その二十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 脱退宣言以降、皆さんから「チームを脱退すること」についてご意見を伺うことが出来ました。
 
 先日リーダーから「時間を設けるので予定を空けておいてほしい」と連絡を頂いたので、皆さんの判断は後日改めて伺う事になるかと思います。
 現時点ではいつになるのか伺っておりませんが、何らかの形でハッキリさせて皆さんには良い年を迎えて頂きたいと思っております。

 今しばらくこの状況が続くことに関しては、ご容赦くださいますよう。


■考えすぎ?
 最近実装されたDF戦。
 12人で行う超大型ボス戦ということで、マルチの楽しさを堪能できる緊急クエストです。
 またレアの割り当ても豊富で、既存の武器が霞んでしまう強力な武器が多数積まれています。

 非常に魅力的な緊急クエストなんですが…。

 一方で「強いアイテムが欲しい」と思っている人たちを中心に、「緊急待機」というプレイスタイルが定着してしまいました。
 既存のマルチPTやシングルPTクエストを時間を掛けて回っても、結局DF戦で得られるアイテムには敵いません。
 DF緊急が来ていない間、通常のクエストをしない人が増えてるんですね。

 この影響を受けているのが、ソロプレイを基本スタイルとする人たちだと思います。
 
 自分は、フレさんのお手伝いでソロプレイヤーや新規の方向けにマルチを楽しんでもらう…という集会に定期的に参加しています。
 ソロプレイが確立している方を別として、何らかのコミュニティに参加するまでが往々にしてツライのが、この手のゲームです。
 新規の方やコミュニティへの参加で迷っている方などに、「繋ぎ」として提供できる場を…というのが主旨なんですが…、
 こちらの参加者がDF戦実装以降、減少傾向にあります。
 
 ゲーム自体がDF戦を優遇してしまったために、「コミュニケーションしなくても、DF戦参加すれば何時もマルチは一杯だし、必要ないんじゃ?」という考え方が出来てしまうんですよね。
 (参加者の減少は必ずしもDF戦が直接の影響を及ぼしたとは限りません。時節柄、ただの偶然かもしれません)
 
 極論かもしれませんが、程度の差こそあれ、こうした違和感を感じている方は多いと思います。

 お祭り…と思えば楽しめますが、楽しんだ後に何が残るのか。
 その辺を、出来ればプレイヤーだけでなく運営にも考えてもらいたいと思います。

独り言 その二十四

■2012.12.21 05:00追記

 大きいだけの鈴蘭です。
 冷凍マグロ背負っていたら、フレさんから一言。

  「光属性なのが許せませんw 氷属性に変えるのです…」

 すいません、DFさんと遊ぶための道具なんです。
 見た目氷属性なのは全面的に同意しますが、光でなくなったらDFさんと遊べなくなってしまいます…。


■今日のアークス
 先日、勇敢にも犠牲を希望された貴志さんをば。
 やっつけなので、出来に関しては勘弁してください…。
 実際の貴志さんは精悍な感じですが…自分の落書きだとどうしても…こう、なんというか残念な感じに…。
 
 貴志さん2
 □貴志さん
  子供っぽくなっちゃったよ…ゴメンよ貴志さん…><。


■考えすぎ?
 自分には野良で活動するフレさんが何人かいます。
 それぞれに事情をお持ちで、何れ来るフレさんが作るチームに入ることを楽しみにしている人、自身が作るチームをどうするか真剣に考えている人、チームという枠だけで遊びが制限されるのに納得できない人、常に変化を求める人…イロイロです。

 画面の表示の上では同じ「無所属」でしかありませんが、決してその中身は無味乾燥なものではありません。
 …きっと、その中にはイロイロなものが詰まっているんだと思います。
 


 チームメンバーの人達、フレさん達とお会いして、昨日の脱退宣言についてお話を伺う機会がありました。
 お話を伺う中で、自分の中にあったものについて一定の結論は出たように思います。
 自分としては、チームで活動することと野良で活動することは等価として捉えています。
 コレに自分の結論と、チームの皆さんのご意見を合わせて今後の指針にしたいと思います。
 
 人の迷惑になるような形での決着は望んでいません。
 別に自分はチームを嫌って脱退を宣言したわけではありませんから…。

独り言 その二十三

 大きいだけの鈴蘭です。
 メンテが延長した上にイロイロと立て込んで、皆さんにGJを送れませんでした…。
 朝も全くでしたしね…。
 無念です。


■今日のアークス
 今日は先日知り合った、噂の貴志さんと落ち合って少しお話をしました。
 最近ブログを始められたということで、方々を回っておられるそうですが…うん、本当にいい子です。
 正直、周りに染め上げられてしまわないかと心配になってしまいます。

 お話の中で自分の絵を褒めて下さいました。
 貴志さんの人を素直に認められる、その心根を羨ましく思いましたよ…。
 なんというか、自分は汚い大人だなぁ…と再認識しました。

 貴志さんが犠牲に志願されたので、次の落書きは貴志さんに決定です。
 どんなモノが出てきても知りませんからね…?
 明日は仕事がお休みですし、すこし挑戦してみますか…。

 時間の都合であまりお話出来ませんでしたが、今度時間のあるときにでもご一緒できたらと思います。
 その時はよろしくです。


■ちょっと考えすぎなお話?
 実はずっと悩んでいた…というか、迷っていたことがありまして。
 踏ん切りがつかないまま、時間の経過と共に自分の悪癖から来るトラブルだけが積み重なっていきました。
 これは皆のためにならないと思っていた矢先、一つ契機となる出来事を目の当たりにして、ようやく心が決まりました。

 今日、WGのリーダーに年内一杯でのチーム脱退を申し出ました。
 多分に個人的な理由によるものですが、ゲーム内で自分のしたいこととチームのこととの両立が困難であること、これの原因の一つである活動時間帯の違い、メンバーとの距離感を掴みきれなかった自分自身の問題、これらでチームの雰囲気に水を差すようで心苦しく、脱退を決めました。
 自分一人でそうそう雰囲気が…という見方はできますが、こればかりは自分がそう感じてしまっている、というのが問題であろうと思います。
 フレさんから『チーム設立の手伝いを頼む』とお願いされておきながら、自身の悪癖から皆に迷惑を掛けるようでは話になりません。
 この辺りが自分の限界でしょう。

 メンバーの方々には良くして頂きましたが、これを機会に少しチームというものを改めて考えてみたいと思います。
 誠に身勝手な考えではありますが、ご理解下さいますよう。


 もし、メンバーの皆さんが自分を必要として下さり、自分がチームを必要とした時には改めてお願いすることになるかも知れません。
 そうした機会が訪れる事を願いつつ…。

 もとより野良で過ごすつもりで始めたPSO2。
 なかなか楽しい寄り道でしたが、そろそろ元の道に戻ろうかと思います。

独り言 その二十二

 大きいだけの鈴蘭です。
 昨日のGJコメントで『DFのチ●ー●ュートレインが…』と送ったら、『JGすればいいよ』という近接職の皆さんのご意見と、『進路をよく見て…』という射撃職寄りのご意見を多数頂きました。
 今の鈴蘭の背負っているのは冷凍マグロ…!
 JGだって出来るじゃないか…!!

 ログオンした矢先にDF戦発生。
 こいつは好機と早速挑戦です。
 マルチの手際が良すぎると、DFさんが電車ごっこで遊ぶ暇も無く蒸発してしまいます。
 幸い(?)、今回のDFさんは遊ぶ余裕があったようです。
 待望の列車…! 決めてやろうじゃないか…!


 上りの一撃目で空に舞いました。

 さらに折り返しの下り列車が、着地寸前の鈴蘭を華麗にボレー。

 …そうね、DF列車は折り返し運行だもんね。
 なんちゃってHuの鈴蘭に耐えられる筈がありません。

 暫くは、列車の運行状況を身体をもって確認する毎日になりそうです…。



 先日のパラレルでSWが出た時のこと。

  フィオナ『ここぞという時の鈴ちゃんの引きはおかしいから…』

 …そうでしょうか?
 フレさんに自掘り縛りをしている方が居ますが、自分も縛りという程ではありませんが、装備品は自分で掘ったものを使っています。
 掘らずに買って装備品にしたのは、ヴィスバーンくらいでしょうか?
 (※属性強化に購入したものを除く)
 この話をすると、引きが強いと言われます。
 でも、周りを見渡せば皆さんの方が余程…と、思います。
 
 印象なんでしょうかね。
 無課金に近いプレイスタイル(マイショップを殆ど利用しない)で、それなりにやってますから…。

 このSWラムダブラオで当面の運は使い果たした気がしますし、暫くはマッタリしますかな…。



 リアルの自分は人付き合いをしません。
 人と話すのが苦手でして…。
 人を前にして考えていることが口から上手く出ません。
 所謂、吃りなんですね。

 子供の頃に、『言いたいことが沢山あって羨ましい』と言われました。
 …子供ながらに、そんな風に物事を捉えることが出来るものかと、感動したのを覚えています。

 人付き合いは苦手ですが、人と違うということを尊重したいという気持ちは持っているつもりです。
 ネットではチャットさえ出来れば不自由はありませんし…。
 こんな自分でもそれなりに快適に暮らしています。

 まぁ、フレさんがこんなに増えるとは思ってもみなかったんですがね…w
 快適といいつつも、自分には大変な毎日です。
 些細なことで人を嫉み妬み。小さいことこの上ない自分ですが、あの時のことは忘れたくないと思います。

独り言 その二十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近は朝と夜、2回に分けてGJのお返事をしています。
 履歴が溢れてしまうので、小まめにしないとお返事が読めなかったりします…。
 皆さんへの送信は大体一括ですが…メモリの問題か、皆さんに送っている最中に動作が不安定になることが多く、よく送信途中でリストを一旦閉じて読み込み直します。
 …その間にオンライン/オフラインが切り替わったフレさんが居ると、送れてなかったり、ダブってしまったりする訳ですね。

 やっぱり、個別の送受信履歴が欲しいよ…。


 今朝の出来事を少し。
 ログオンして、先にログオンしていたチームメイトのフィオナさんに挨拶。
 さて、朝のTAに行く前にフレさんにGJのお返しを…とロビーの定位置に腰を下ろしたところでフレさんからのWIS。
 最近は朝の定時以外暇そうにしているのを悟られたのか、はたまた考え過ぎな自分への気遣いかWISが飛んでくるようになりました。
 雑談好きな方からだったので、何かお話かな…と思ったら、

  フレ「パラレル出たんですが行きませんか?」

 待望のパラレル突入の機会が、思わぬ形で訪れました。
 
 2枠の空きがあるというので、無理を言って譲って頂きました。
 ぱっとフレリスト見ると、いつもはチームメイトでTA仲間のミウさんがこの時間にインしているんですが、おらず。
 (後で聞いた話では昨日寝る直前の午前2時にDFが発生して、夜更かしをしたんだとか。そのせいかな?)

 さっき挨拶したフィオナさんに一言。
 
  鈴蘭「ゆーあーらっきーがーる!」
  フィオナ「は?」
 
 まだパラレルに行った事がないというフィオナさんを誘ってフレさんのPTに乱入。
 どうやらラッピー以外のパラレルらしく(廃墟が~という表示があったとか)、エリア2で雑魚狩りをして突入。

 そこに居たのは…。【初邂逅を期待する人はSS閲覧注意】















pso20121217_100258_011.jpgpso20121217_100527_013.jpg
■左:ゼクシアとパラレル廃墟に墜落したキャンプシップ
■右:ゼクシア固有のレーザー砲撃モード


 トラン・ゼクシア率いるシグノブルーの群れでした。
 幸い、PTの火力に余裕があったのでSS撮ったり動作確認したりと、まったりと終始和やかに展開しましたねw
 (ホントはもっとSS撮っているんですが、いまひとつでして…)

 一通り堪能して討伐。
 ゼクシアからお土産にSWラムダブラオを頂きました。
 綺麗なオチまでつけて頂いて至れり尽くせりですよ、ちくせう。

 今度はこちらからお返しをしないとなんですが…リアルラック低いからなぁ…w
 フレさんには期待しないで待ってて貰いましょう…。

独り言 その二十

■2012.12.17 04:34 ちょっと修正

 大きいだけの鈴蘭です。
 最近は冷凍マグロ背負ってダークファルスとかいう「職業:破壊神(自称)」を殴り飛ばす毎日です。
 最近「熊」という通称が定着しつつありますね。望むところです。


 ちゃんとした絵が描けないけれども、ネタに困ったので折を見て落書きを掲載してみようかと。
 先日のアルさんの落書きはチューチューロケットさんのブログに掲載(アルさん、記事ありがとう!)されて、気恥ずかしいものがあるんですが…。
 ただ、喜ばれるのなら少しは練習しないと…と、思い立った今日この頃。
 飽きっぽい自分が何処まで出来ることやら…ですw
鈴蘭の落書き2
 ■鈴蘭  
     …のつもり。やっぱり歪だなぁ…ホントに難しい…。



 最近は緊急DF戦待ちの人が多いですね。
 レアが多く積まれていますし、大人数での戦闘が楽しいと評判ですから仕方ないですが^_^;
 そんなDF戦、早くも腕戦、本体戦共に戦法の練り込みが進んで、ほぼ固まりつつあるようです。

 鍵はやはり状態異常の「ショック」。
 これをいかに上手く使うかが重要なようです。
 特に本体戦ではレアドロップの追加枠が腕に設定されていますので、振り回してくる腕を出来る限り破壊したいところです。
 しかし、腕の弱点(手首の辺りの赤い部分)を攻撃するチャンスは、あまりありません。
 基本、DFの攻撃の隙を窺うだけですからね…。
 
 ところが、実の所本体にもショックは有効で、ショック状態になると『おおおお…』とうめき声を上げた後に、腕を全てフィールドに投げ出します。
 この時、フィールドの一番端訂正:一番内側ですの腕を狙って攻撃するのがベストです。
 というのも、一番内側の腕はDFの一番高いところに位置する腕で、最も破壊するチャンスが少ないと見られているからです。
 腕は無限に再生しますが、再生のタイミングが限られる(?)ので、出来る限り普段攻撃するのが難しいものを優先するといいでしょう。

 部位破壊を優先するのであれば、最弱のライフルにショックⅢの特殊効果を付けワンポイントで攻撃、ダウンを奪って近接職の人が破壊…というのが最も破壊数を稼ぐ方法になると思われます。

 …しかし、ショックかぁ…武器のファングソールが売れ行き伸ばすのかな?

 いつもこうしたお話を聞かせてくださるフレさん方に感謝です。
 自分は効率とか対策とか、良く分かっていないもので…大変助かっています。



 先日マルチに行く集まりに顔を出したところ、既に参加者が沢山いたのでお暇しました。
 呼ばれもしないでフラリと寄っただけで枠を埋めて、その後の人数調整とかで人の手を煩わせたり、或いはマルチで別部屋にしてしまうのもどうかと思ったんですよね…。
 既に人の輪ができていて、みんなが楽しくやっているのなら、それで良いと思うんですが…。
 お暇する時に「気にせず来たければ来ればいい」とは言われましたが…自分はお手伝いの立場ですし、出しゃばるのは苦手です。
 この辺は人と感覚が違うんでしょうかね…?

 必要とされて呼ばれる。不要とあれば呼ばれない。
 その認識が自分の基本なんですが、それでは済まないものなんでしょうか。
 イロイロと齟齬があるようですし…難しいものですね。
 
 こうした思考や言動が場の雰囲気を壊すんでしょう。
 参加されていた方々には申し訳ないことをしました。
 最近は、この手の問題で考えさせられることが多いです。
 でも、結局アレコレ考えても、やっぱり自分にはこうした集まりは向いてないんだろうかな…。
 過去の些細な発言が取り返しのつかない事になる。
 全く…我が身に返ってくると何とも辛いものです。

 …これも考えすぎ…なのかな?
 


 先日、PSPo2iでお世話になったフレさんが移民して来ました。
 WISでの情報交換やフレさん経由で状況を伺ってみると、やはりこの時期の完全新規さんは厳しいようです。
 何かお手伝いを…とも思うのですが暗に断られました。
 迷惑になっては申し訳ない、と思っているんでしょうね。
 相変わらずらしい…と思いつつ苦笑い。
 
 お互い変に堅いですからね…。
 お手伝い出来ないのは少し残念ですが、またご一緒出来る日が目の前に来たかと思うと嬉しくなります。
 状況は決して良くはありませんが…頑張ってほしいですね…。

独り言 その十九

 大きいだけの鈴蘭です。
 
 実は冷凍マグロ担いだ日のDF戦で、エルダーライフルとかいうモノを拾いました。
 一緒して下さっていたフレさんに『アヴェンジャーより強いですよ』と言われて喜ぶよりも先に困ってしまいました。
 サブの白詰草はRa/Guですが、以前出たラトリアレインとかいう長銃も+5強化でOPも付けずに使っていましたからね…。
 …あまり『良いもの』が出ても鈴蘭には扱い切れません。
 こういうのは、ちゃんと強化の出来る人、欲しがっている人に出たらいいのに…。
 
 困惑しつつもエルダーライフルを装備。
 そこにTAに来たミウさん登場。
 
  フレ『鈴蘭さんがエルダーライフル出したんですよ』
  ミウ『爆破してもいいですか?』
  鈴蘭(堪忍してください…;)

 …そういえば、ラトリアレインの時も同じような感じでしたね。
 なんで自分に出るかなぁ…。
 譲れるものなら譲りたいよ…。

 バルさん、ミウさん、フレさんから『ドゥドゥしちゃいなYo!』とけしかけられ。
 ★10強化は+7までは無心で連打…というフレさんの言葉に従って連打開始。
 …。
 7連打で+7…。
 だ、騙されんぞ!? お前、次は落とす気だろう!!!
 ただのCGの筈なのに…ドゥドゥの目が捕食者のそれに見えてきました。
 …これ以上は精神衛生上宜しくないので、逃げるように強化屋を後に…。
 結果としては上々ですが、心理的には追い詰められた鈴蘭でした。

 (★11は最大リスク-5とか聞きます。初日に炎獄Lv.2までやった人がいるという話は聞きましたが…自分とは違う次元の住人の方のようです…)



 
 …レベル上げにDF戦は良かったけれど…、
 もう少し装備を何とかしてからにしよう。うん。
 大して貢献していないのにレアだけ取ってくなんて、あまりにもマルチのみんなに悪すぎるよ…。

独り言 その十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 朝の時間、三無のバルさんとTAを回るのが日課なんですが…。
 人が集まるまで時間もあるし、少し鈴蘭の職解放でもしようかとHuに変更。
 Fo/Te特化で考えていたので、この子はFi/Guが未解放なんです。
 暫く近接なんてやってなかったので、装備にロクなものがありません。
 『まぁ、ハードのロックベアだし…』と適当にチョイス。

 さて行くか、というところで普段からお世話になっているフレさんが登場。
 昨日はこちらのフレさんとDFに行くつもりでしたが、偶然久しぶりにお会いしたフレさんに遠慮して、PT枠を譲ってくださいました。
 改めて昨日のお詫びをして雑談に…。

 そろそろ皆来るかなー、という時間に緊急警報発令。
 ロビーのムービーを見て『え、あれ? DF??』という困惑がありましたが、どうやら予告緊急は最初の1回だけで、後は他の緊急と同じくランダムでの発生のようです。てっきり、次も予告があるのかと勘違いしていましたw
 DFについてアレコレ話しているウチに時間です。
 
 レアも一杯出ますし、気合い入れて…!
 …。
 ……Hu Lv.41…。
 『あ、公式のDF戦受注条件Lv.45は誤表記です。Lv.40からいけますよ』
 『経験値美味しいですから、レベ上げに良いですよ』
 …という、フレさんのお言葉に甘えてHuで突入…って、装備!?

 パレットに入っている武器
  ガンスラ:ブラックベロウ
   本職FoのPP回復用に、最近出たので持たせた。
   未強化。
  パルチ:パティルメリア
   かつてHuで愛用していたお気に入り。今となっては骨董品?
   一応+10。
  ソード:フリーズツナ
   最近クリスマスプレゼントで鳥サンタから強奪したった。
   SWだったので+3。

 …以上。
 …。
 ……え? 冷凍マグロでダークファルス殴るの??
 これって人類の存亡を賭けた戦いなんだよね…?
 さすがにこれは…。
 ああ、でも他にロクな武器が…。

 悩む時間なんてありません。
 テレポーターは30秒しか待ってくれませんし。

 もう開き直って行ってやりましたよ。
 場違いな感じがクセになりそうですよ。
 大きいだけに悪目立ちしている分、堪りませんよ。
 マルチでご一緒してくださった方々は、きっとこう思ったでしょう…。
 『それはないわー…』って…。
 うん、自分もそう思う。

 (先ほど、チームで少し集まる機会があったので同じ恰好で行ったら、『白熊みたい』『築地帰りの奥様』などと評されました)

 この有様で腕戦~本体戦までやりました。
 途中、過密のB09に居ながら腕戦のマルチに自分を含め3人しか居ないという惨劇にも見舞われましたが…。
 なんとか乗り越えることが出来ました。
 ご一緒してくださったフレさんに感謝!




 追記。
 腕戦の状態異常:ショックは有効のようです。
 ゾンディ>ギゾンデ>ゾンディ>ゾンディ…でショックを付与しつつ、指を破壊する、という戦法が有望視されている模様。
 テリトリーバースト+ボルトテックセイブのFo/Teが2人で交互に撃ち合うと捗りそうです。

独り言 その十七

 大きいだけの鈴蘭です。
 ネタバレはいけない…と言いつつ、チームチャットでレアドロップの報告情報を流してしまいました。
 アイテムの情報もネタバレですよね…やはり考えているようで足りてませんね、自分は…。
 もう少しちゃんとした距離感を持たないといけませんね。
 …そんな、無自覚に過ぎた鈴蘭でした。



 メンテ前。
 平日の朝の時間は閑散としているものですが、メンテ前ともなると更に人は少なくなります。
 B31に行ってみるとnoutさん、アルさん、Esuteruさん、ゼロスクさんを始めとするいつものメンバーがロビーで車座になってました。
 人が少ない分、なんとはなしに集まってしまったのかも知れません。
 
 挨拶して自分も参加。
 以前『もうこっちに来たら?』なんてお誘いも受けましたが、ホームとして腰を据えれば、恐らく飽きと窮屈さを感じて余所に出向くでしょうねw
 この辺、根っからの野良なのかも知れません。

 アルさんがわざわざ改めて『記事を消しにくくしてやったぜ。うへへ』と宣言してくれたので、非公開じゃ効果薄いでしょ? …という疑問をぶつけたら、『真面目なわっしを人に見られるなんて!』…難儀な人です。
 ここで晒しておきますから、アルさんの良いところを皆により知って貰ってください。

 軽く雑談したところで…
  nout『FiのSPオーダーしないと』
  nout『アルさん手伝って!』
  アル『眠いんですけどw』
 …先週とまったく同じ展開です。
 この2人はいつもこうなんでしょうかね…?w
 
 車座を解いて、その場に居た面々で三々五々にクエに出発。
 自分はnoutさんのお供です。
 目標はクォーツドラゴンを5頭。メンテ開始まで後1時間あったので、直行すれば問題無いんですが…。
 1周目、クリスドラール。
 2周目、クォーツドラゴン。
 3周目…『であ~~る』

  nout『よっぽど私にSPオーダー達成させたくないんですねw』

 まさかのアンブラフラグにPT騒然。
 折角なので、インしている人を呼ぼうということで、それぞれのツテを当たることに。
 ねおちのsaiさん、カリオン(筋肉王)さん、スピカ(Spica2)さんなどを呼んでマルチを増員。
 (直前にカリオンさんからのWISで雑談をしていたので、お呼びできました。筋肉が予感したんでしょうか…)
 突発的にアンブラ探しに突入です。

 結果は皆仲良くメセタサークルでしたが…なかなか波瀾万丈な展開に楽しませて頂きました。
 こうした展開は大歓迎ですので、また機会があればご一緒したいものですw


 さて、12日の20時からDF戦が開始されました。
 昨日言っていたように、フレさんとPTを組んでDFに挑戦しました。
 チームに入っているフレさん達の多くはチームで回っておられるようでしたが、自分は当面クエストは野良でやると決めてましたので、難儀はしましたが…どうにかPTは組めました。
 普段より人が多く、久しぶりに復帰したフレさん達と再会する機会にも恵まれ、こうした大きなイベントの効果かな…と感謝したり。
 こういうのもいいなぁ…。


 …と言ったところで、終わりたいところですが…。
 DF戦に触れない訳には行きませんので、ちょっとだけ。
 親切なフレさんからのDF戦の情報。

  【腕 戦】
  指先5つが破壊可能
  指先3つ破壊でドロップが4から6へ
  指先全部破壊で4~8
  破壊部位ごとにドロップ枠1つ追加されるのかも?

  【本体戦】
  無数にある手が破壊可能。
  掌のコアを壊せば勝手に腕全体が壊れる。
  DFに破壊箇所が他にあるかは現在不明。

 意外とダメージが通るので、部位破壊をする前に倒してしまうかも知れませんね…。
 私見ですが、雷テクのショック付与で腕戦の腕が倒れていたように思うので、あるいはショック付きの武器での攻撃が有効なのかもしれませんね。


 
追記。
 数日前に発覚したノンチャギメギが修正されました。
 ノンチャで1HIT、チャージで3HITの大幅な下方修正です。
 セガだしなぁ…なんて言ってましたが、ホントにセガでした。

独り言 その十六

■2012.12.12 03:11追記

 大きいだけの鈴蘭です。
 天気予報で『全国的に雪に…』と聞いて、フレさん達に『明日は全国的に雪』って送ったら、多くの人から『降ってたっけ?』というお返事。
 うん。豪雪地域に住んでいるフレさんは少なそうです。
 …というか、天気予報ェ…。


 先日掲載した落書きについて、当のアルさんからお礼のWISを頂きました。
 鳥らしい八つ裂きにしても飽き足らないお礼に、アルさんらしさを感じましたよ。ええ。
 さらに掲載した絵をどうにかしたいらしく、『記事を消しにくくしてやったぜ、うへへ』と、落書き記事にコメントを頂いたんですが…。
 アルさん、そこで管理者のみの限定公開コメントにしたら効果ないんじゃ…?

 …とまぁ、冗談はともかく。
 アルさんがホントに必要とされるなら、もう少し頑張ってみようかと思いますので、その落書きは『あの時のネタ』ということで扱って頂けると。
 (もうちょっとそれっぽく描けるかもしれないので、出来たら改めてお渡しします)
 ご要望通りに落書き記事は残しますので、良識の範囲内で使ってくださいね?

 無茶振り~なんて言いましたが、迷惑なら…厭なら断っていますよw
 自分が好きでやったことなので、アルさんは『もっとちゃんと描け』ぐらいの返しをして頂けたら、自分としても有り難いですb

 何やらnoutさんの振りがあったようですが…そっちは敢えて言いますまい。
 …それこそ薮蛇でしょうしな…。
 にしても、あの絵…使うような出来ですか??
 描いた自分自身、今ひとつ良さが分からないんですが…。


 明日…というか今日からDF戦が実装ですね。
 ストーリーを追えてない人にはネタバレが怖い状況に突入しますねw
 フレさんの中には『ネタバレが嫌い』という方も居ますし、今後は発言に注意が必要です。

 自分はマターを進めきれなかったので、ネタバレをされる側になる訳ですが…。
 その事で気を遣わせて、他人様の会話を制限させるのは申し訳ないので、マターが追い付くまではソロか、ストーリーと切り分けてプレイしているフレさんを頼って回ろうかと思っています。
 個人的にネタバレされるのは構わないんですが、周りに気を遣われる状況が居たたまれません。
 折角のストーリーの見せ場ですし、皆さんには気兼ね無く楽しんでほしい。
 そう思います。

独り言 その十五

 大きいだけの鈴蘭です。
 
 日付的には明日になりますが、いよいよDF戦が実装されます。
 全鯖共通の緊急イベントということですが…。
 昼夜逆転の鈴蘭としては、ピークタイムでの緊急参加は不可能です。
 果たして平日朝にDF討伐は可能なのか。
 システムを把握していない自分としては、そこが非常に気になります。


 以前公式ブログで『1日2時間程度のプレイで欲しい高レアが3、4個手に入るよう調整を…』みたいな内容があったように思います。
 ここしばらくレアなんて見てないな…と思ってたんですが…。
 毎日なんだかんだで4hはインしている鈴蘭です。一度スケジュールを整理してみましょう。
 TAに2h、フレさんへのGJとメールの送信等で2h…って、あれ? クエスト行ってないんじゃ…??

 TAでもレアは出ますが…レア掘りに特化して行っている訳じゃ無いですしね…。
 なるほど。出ないのにも理由はありましたか。

 こうした時間の都合はなかなかつけられるものではないですし、出来る範囲でやり繰りするしか無い訳ですが。
 折り合いを付けるのは難しいですねw
 
 
 時間もそうですが、フレさん…いや仲間かな。
 同じモノを共有出来る人を見付けることも大事ですよね…。
 
 自分の場合、レア掘りに関心はあっても先に言ったように行く機会が少なくなっています。ゲームの進行に関してもかなり遅いですし、手を付けている箇所も非常に限定的です。
 単純に非効率的な遊びをしているが故のことなので、ゲームでついて行けなくなったとしても、そのツケと思えば納得もします。(これは前にも言いましたねw)

 そんな偏ったスタイルの自分ですが…それでも訪ねて来てくださるフレさん方、話をして下さるフレさん方と日々を楽しく過ごしています。
 有り難くもある訳ですが、好意に甘えてばかりで慢心してはいないか?
 フレさんの輪が広がるのに得意になって、その実を確かめもしないで解った気でいるんじゃないか?
 なんのかんの言って、口ばかりで実が伴わない。
 そんなだから…。


 …そんな風に思った鈴蘭でした。




 こんな事書いたら、また『考えすぎ』って言われるでしょうねw
 

独り言 その十四

 大きいだけの鈴蘭です。
 こうして振り返ってみると、随分と小難しく自分の偏ったプレイスタイルについて言い訳してますね…。
 いや、まぁ、普段お会い出来ないフレさんに向けたモノなので、鈴蘭がどんなヤツか…というのがお分かり頂けたら充分なんですが。
 
 …しかし、読み返しているとPSO2のブログとは思えない内容ですな…。

 ちなみに週末の更新が滞るのは、ブログでフレさんと交流を図る分をPSO2内で交流している為です。
 とはいえフレさん全員とお会いすることも出来ないので、このスタイルもなかなか難しいですね…。


 過日、ボス周回とぐるぐるのマルチのマッチングについて考えたことがあります。
 以前フレさんから『ボス周回PTはマルチ制限を掛けて行くのが良いかと』と言われました。
 マナー…というよりは心遣いの話でしょうか。

 特に時間の制約の厳しい緊急マルチでは、鍵を掛けてマルチ入場制限をしてしまうと時間内に人数が揃わない可能性が高く、それを嫌って鍵無しマルチにして広く人を集めるのが一般的です。
 ところが、これにボス周回PTが混じってしまうと、マルチでぐるぐるしている人達がボス周回PTの抜けた分の敵の湧きの減少などのデメリットを負ってしまいます。
 逆に、ボス周回PT側からすると、敵の撃破数を単独PTでマルチを進行するより効率的に稼げるために、メリットが大きいんですね。
 (一定範囲内での撃破は、他PTのものであっても自PTの撃破数に加算されます)
 このことから、マルチ制限の鍵無しでボス周回をする人達を、『狙ってしている』として嫌う向きもあるようです。
 中には次のマッチングで入ってこないように、BLに登録する人も居ると聞きます。

 『誰でも入れるようになっている』というのは確かですし、そこに入った以上はどのように振る舞うのも自由なんですが…。
 『誰でも入っていい訳じゃない』と思っている人も居る…というところが難しいですね。
 ボス周回PTからすれば『そこまで斟酌してられない』話かも知れません。
 …認識の違いなんですが、些細な行き違いでお互いの次の出会いが減ってしまうのは悲しいかな…などと思った鈴蘭でした。




 実は以前に、鍵を掛け忘れて緊急でボス直をしたことがあります。
 マルチはフレさんを含めて満室の状態で…。
 人が居るのを見て間違いに気付いて、マルチのみんなに平謝りです。
 幸い、みんな笑って許してくれましたが…。
 人のとりようで、如何様にもなるんですね…。

落書き。【B31の早朝】

■2012.12.10 03:39追記

 CCRのアルさんが「わっしの絵を描いてほしいなぁw」なんて無茶振りをしたので、雑談の裏でちょっと落書き。
 まぁ、目の前でめでたくもマネージャーに就任したので、そのお祝い…にはならんかな?w
 たとえ冗談でも、「絵が欲しい」と言われて嬉しかったですしね。
 自分なりの、そのお礼です。

 …しかし、アルさんから言われるとは思いもしませんでしたよ…。

  アル『わっしの絵を描いて欲しいなぁ』
  鈴蘭『何を言い出すんです?』
  アル『わー、怒ったw』
  鈴蘭『いえ、怒ってる訳じゃなく、単純に何を言っているのか、と』
  アル『え? 前にブログに載せてなかった?』

  …案外しっかりしてるじゃないか…ちくせう。

 その場に居たnoutさんが周囲にお題を振っている話をアルさんから聞き。
 アルさんがnoutさんを焚きつけているのを見て、ちょっと気まぐれを起こしました。
 (わざわざ見てくれたnoutさん、ライさん、グッドマンさん感想有難う)

 ホントはその場で見せてお終いにするつもりでしたが、アルさんが思いの他早く落ちてしまわれたので、アルさんが確認するまで掲載なう。

 アルさん
     【アルさん(多分)】 
          しかし我ながら…どうにかせんとイカンなぁ…これは…。

独り言 その十三

 桃子さんのブログが、イラストなどを積極的にアップされているのに触発されているんですが、フレさんに贈る絵も満足に描けない手の遅い鈴蘭です><。
 時間の使い方が下手なんです。無駄に大きい訳じゃありません。


 自分は電話(WIS)が苦手です。
 来るのは歓迎なんですが、こちらからするのがどうにも…w
 リアルタイムで相手の手を止めさせてしまうのが、悪い気がしてしまうんですよね。
 以前、WGのモンさんは『拉致』と称してフレさんを連れ出していましたが、自分には真似出来ませんね…w

 用事があって、誰かにコンタクト取るときも…
 
  鈴蘭『少しお耳を拝借しても宜しいでしょうか?』
  相手『はい? なんでしょう?』
  鈴蘭『実は…(用事)』
  相手『畏まって、何事かと思いましたよw』

 …てな感じです。
 どうしても遠慮が先に立つんですよね。
 自分の用事に付き合わせるのが悪い気がしてしまいます。
 実のところ、カードの交換をして頂いた方は多いんですが、自分からWISで誘ったりする人、お話する人は少ないんです。
 日常的に…となると、スピカ(2)さん、ミウさんぐらい??
 所用でnoutさんやモンさんにお話する機会があったりもしますが、基本、自分のWISは受信専用です。

 先日、GJでフレさん達に『スタイル模索中』と送信したら『気軽に誘えばいいよ』といった内容のお返事を多く頂きました。

 『一杯フレさん居るんだし、社交的な鈴さんならより取り見取りでしょ?』 …なんて言われたこともありますが、とんでもないです。
 『社交的』なんて言葉、大きいだけの鈴蘭の何処を探しても出てきません。
 フレさんが多いこの状況に、一番戸惑っているのは自分自身だったりします。

 クエスト一覧でフレさん達が組んでいるPTを見つけても『邪魔しちゃ悪いな…』と、こっそりソロに行きます。
 チームメンバーでも同様ですね。PTやマルチを組んでいる人達に途中から参加することはしません。
 場や人の間に割って入るのに抵抗があるんですよね…。
 
 自分が変に構えるから、相手にもそれが移ってしまうんでしょう。
 それは理解しているつもりですが…いやはや性とはなんとも厄介ですw
 まぁ、それでも少しずつ変えようとは思っています。
 (…そう思いつつもロビーで呆っとするんですが…)


 ただ…もう少し、お会い出来る機会を大事にしよう…そう思った鈴蘭でした。



 今回のアプデは「不具合(バグ)の集いし場」などと揶揄されていますねw
 表示関係、ゲーム進行関係、ゲームバランス関係の多岐にわたり不具合が見られます。
 原因についてはイロイロと憶測が流れているようですが…PSVita稼動までに終息してほしいですね。

 個人的には、公式で修正対応に挙げられたノンチャージのギ・メギド(ノンチャギメギ)に、ノーマルテック系の地位向上を図るセガの姿勢が垣間見えた気がして、今後に少し期待しているんですが…。
 どういう形に収まるんでしょうね…。
 全部無かったことにして元通り、なんてのは寂し過ぎますが。
 セガだしなぁ…。


 
 本当はTAについてまとめようかと思ってましたが、WGの永久さんが熱心に進められているようなので、そちらを軸にして自分なりのTA解説をしようかと考え中。
 (楽をしたいというのが大きいですが、無駄が省けるならそれに越したことはありませんし…永久さん頑張れb)

独り言 その十二

■2012.12.06 02:55加筆

 大きいだけの鈴蘭です…いえ、大きいだけではありませんでした…。
 ジンクスは健在です。

 この日の為に準備した●AC…(せめてもの情けです、額は聞かないで下さい><)…全部突っ込みましたよ。ええ。
 結果は、サンタドレス青と緑…ロビー歩いてる赤、白、黒、ピンクがどれだけ遠い存在に見えたことか…orz
 不憫に思ったのか、赤サンタドレスは自分をいつも気に掛けてくれているフレさんに譲って頂きました。(いつもいつも有難う!)

 …白、黒が無いのはいつもの事かと青サンタを装着。
 …。
 5秒で外しました。
 色が明る過ぎて、大きい鈴蘭が着ると『可愛い』というより『ケバい』と思えてしまいます…。
 やむなくTAで稼いだお金をかき集めて、どうにか6Mを確保。
 白サンタをショップで買いました。

 早速装着…。
 …。
 …ま、まだマシか…な…?
 正直、『コスプレ100%』っていう違和感が拭いきれない…。
 一応、お披露目にB31に出向いたりもしましたが、なんというか…落ち着きませんね…。
 実際どんな感じになっているのか気になる方は、Esuteruさんや昴陛下さんのブログに画像が掲載されるかと思いますので、そちらを参照のこと。
 (いずれ自分もSS上げようか、とは思ってますが)

 対して今回の新服では、モフモフのケモ服が個人的にヒットしてます。
 リリーパが無いのは残念ですが、実装されるまではこれに雪わんこのユニット装備してモフモフ感をアップした恰好をデフォルトにしようかな…。
 (noutさんには『襲われそうですね!』みたいな事を言われましたが…鳥でもなければ襲いませんb)

 今回のスクラッチでの救いは、スノーティアラが2個出たこと。
 (初めてスクラッチでアクセサリが出ました!)
 一個はメインの鈴蘭に使って装備。
 …白髪頭とアホ毛のせいで存在感が今ひとつですが…まぁ、いいでしょう。
 残りは、ほぼ相場の最高価格でマイショップに展示。あれで買われたら諦めます。うん。
 サブの白詰草にも装備させてあげたいんだけど…貧乏から抜け出すチャンスなのかもと思うと…ううむ。
 迷いがある内はマイショップの『展示用非売品』ですね。


 ロビーで呆っとしていると、いつも良くしてくださるフレさんからの仕様変更のお知らせWIS、チームチャットでTAを検証している永久さんのレポート、様子を見に来たフレさんが集まって来て…。
 自分的には大騒ぎでした。
 ロビーで昴陛下さんと白チャでお話しているところにブリジットさんがやって来て…話をしているとスピカ5さんが通り掛かり。レイラさんが(様子見かな?)やって来て。グウーニェさんが最後に合流してきました。
 最初は紹介も1:1で済んだんですが、鈴蘭以外お互い初対面の方ばかり(既知はスピカ5さんとグーニェさん、昴陛下とブリジットさんの組み合わせだけですねw)で…段々紹介が面倒になって、最後のグウーニェさんには『みんな自分のフレさんです』で済ませてしまいました。
 グウーニェさん、ぞんざいにしてゴメンね。
 
 自分にはあまり無いシチュエーションだったので、戸惑いもありましたが、嬉しくもありましたね…。
 こう、人の繋がりが広がって行くところに居合わせるのは。



 さて、コス話が長くなりましたが、今回いくつかの仕様変更が行われています。(フレさん談)
 テクニックの威力の1割減少。サブマシンガンの滞空性能の下方修正(射撃後落下するようになり、滞空し続けることが不可能に)。サブマシンガンの★10、ヤスミの実質的な下方修正(フル強化してもラムラディに劣ることになりました。ラムラディの潜在がJA加算、ヤスミには潜在が無いため、最終的な火力で最強の座をラムラディに譲ることになります)
 Fiもツインダガーに下方修正が入ったと聞きましたし…自分の使う職にどういった変更が加えられているのか。情報を集めるといいでしょうね…。

 TAは、永久さんがさっそくソロ用で確認に行かれたようです。
 (その時、B31でEsuteruさんとフィオナさんとで踊ってた馬鹿は自分です)
 報酬はクロトの支払額に変更なし。
 TAのコースは、ボタンなどのギミックが制限時間型に変更されたり、ショートカット用のワープが追加されたりと、ソロ用への配慮がされているようです。
 ただ、基本複数人での攻略を前提としているため、高難度のオーダーのSクリアはかなり厳しい…というのが永久さんの見立てでした。

 明日以降、自分もTAには行くつもりなので、出来れば詳しいところを書けたら…と思っています。

 皆さん、情報有難うb




 零れ話。
 ブリジットさんとの会話。

  鈴蘭『折角ですので宜しければ…』
  (フレ申請を試みるもソコにあるのは『登録解除』の文字)
  鈴蘭『あれ? …登録してますね?』
  ブリ『ですねw』
  鈴蘭『…これは失礼しました…』

 以前回った時にご一緒したんですな。
 何たる失態><。ごめんよブリジットさん…。

 …うん、本格的にフレさんの情報を整理しよう…。

謝辞

 PSO2、Ship3(ソーン)にて活動中の鈴蘭と申します。
 ブログ開設より数日。
 お世話になった方、気になっていた方々へのご挨拶も一段落したところで、改めて。
 
 今回、勢いで始めたブログですが、イン時間中に取れないコミュニケーションをココで…。
 そうしたコンセプトで自分なりに頑張っていこうと思っています。
 いまだ形になっていない、拙いものですが、この先もお付き合いくだされば幸いです。

 一人思い込んで静かに暴走するのが自分の性です。
 そのことで、一切ならず周りの皆さんのご迷惑になったことと思います。
 このブログを通じ皆さんと繋がりを持って、そうした自分を直していけたら…と。
 そんな希望を持っています。
 いずれ鈴蘭が、皆さんにとって良いフレとなれれば、これ以上の喜びはないでしょうから。
  


 開設に当たり、今日までに多くの方にお世話になりました。

 『茸街道九丁目』祐樹様
 『EsuteruがゆくPSO2の日々』Esuteru様
 『ふもねこの野望』桃子様
 『猟犬だもの。』Hound様
 『リードマンのまとまりのない日記Return!』リードマン様
 『そういえば。陛下日記(仮)』昴陛下様
 『始末屋-幽玄花-の散策日記』やゑ様
 『PSO2 LIFE!!』dolepia様
 『Tic-Tac-Toe PSO2』keikei様
 『TRGまみれ。』小麦様
 『ラストダンス』のこ様
 『戯言日記人間失格』のヮの様
              【順不同】

 突然のリンク要請に応じて頂いた皆様。本当に有難うございました。
 また、チームブログ開設にあたってお世話になったnout様、sai様、アリア・ラルフォート様、バル・ゼ様、さらに当のチームブログからの独立の際にご迷惑をおかけした、mon-p様をはじめWGメンバーの皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

 そして最後に、鈴蘭とご一緒してくださった皆様に最大の感謝を。
 皆さんのお陰で、自分はココに居られるのですから。
 これからも皆さんと楽しい時間を共に過ごしたい。そう願い、頑張ろうと思います。

                                            
                                                      鈴蘭

独り言 その十一

 大きいだけの鈴蘭です。
 今日は公式の生放送があったんですよねw
 フレさんに言われるまですっかり忘れていましたよ…。
 
  フレ『今晩は生放送もありますし…楽しみです』
  鈴蘭『あれ? 今日でしたっけ?』
    (明日の決戦に備えてACチャージ手続中)
 
 …ダークファルスよりも何よりも、頭の中はコス獲得で一杯です。
 サンタコス…大きい人にも似合うのか…それをひそかに心配する鈴蘭です。

 公式による盛大なネタバレ…と言っても肝心な部分は見せてくれません。
 とはいえ、番組として作る以上、ある程度の情報は出る訳で。
 製作側の狙い通りに『おー…こんな感じなのか…』と期待を煽られてはおります。

 と、いったところで…発表内容については他の方にお任せしましょう。
 仕事で中座した自分は、そもそもこれを書いている時点では全部を見ていませんので内容を詳しく書けませんし、他人様の未知のモノに触れる喜びというのは、おいそれと奪うべきではないと思うので…ここでは敢えてスルーします。
 (こう言えば面倒な事を書かなくて済みますね…いえ、分かってます。一般論で逃げを打つ卑怯者です。はい)

 緊急ヴァーダー初めての出撃の時は、テレポーターに続々と人が集まるにつれ、『え、なにこれ』『どうなるの?』という不安から、ヴァーダー登場での『こういうのを待ってた!』という喜びへのプレイヤーの気持ちの変化が、一体感を生んでいましたっけ。

 今回もそうした雰囲気が味わえるといいんですが…。
 なんにせよ、明日が楽しみです。
 …。
 ……あれ? ダークファルス緊急実装は来週?
 
 スケジュールも把握していない鈴蘭でした。





-追記-
 今日、自分がフレさんを作ることが、目的ではなく手段になっていないか…ということに気付かされました。
 状況に流されて、見失いかけていましたよ…。
 軽んじているつもりはなかったんですが、結果として知らず失礼をしていた皆さんにお詫びを。
 そして気付かせてくれた貴方に感謝を。
 (こんなの書いたら、また『堅いw』って言われてるでしょうが…ねw)

独り言 その十

 大きいだけの鈴蘭です。
 最近知り合ったフレさんに、クエスト中…

 フレ『…鈴蘭さんはテク使いが本職ですね!?』
 鈴蘭『何故です?』
 フレ『バフと回復を小まめにやるスタイルは昔を思い出します』
 
 …効果時間が短いせいで、バフに気を取られると攻撃が出来ないくらいですもんね…。
 『常時バフを維持』というのは、PSO2では難しい話です。
 回復だって、メイトがあれば事足ります。
 『それより攻撃してくれよ!』って言う人も多いです。
 そんなご時世にあって、鈴蘭のスタイルが目に留まったんでしょうね。

 ちなみに、『本職』なんて言われていつもより余計に支援していた鈴蘭です。
 褒められる事がないので、こうした事で簡単に舞い上がります。
 木に登るどころではありません、はい。
 いえ、豚ごときと一緒にしないで下さい。


 12月中にタイムアタックが1人でも受注できるように仕様が変更される、というのはご存知かと思います。
 関心事としては…
  1.1人でやるとTAの内容はどう変わる?
  2.もしかしてクロトの報酬が減るの?
 この2点でしょうか。

 この辺について、TAでご一緒するフレさん達に呼び掛けて、変わった点を確認してみようと思っています。
 変更があった初日は1人用と複数人用の比較検証をやってみよう、と。
 …ただ、セガのことなのでドエラいバグを抱えている可能性もあるので、「この方法で行きましょう」的なものは様子を見てからになるでしょうね…。

 このついでに攻略の真似事なんぞしてみるのもいいかな、なんて思ってみたり。 理論的な攻略記事は恐らくWGの永久さんやミウさんが書かれるでしょうし、自分の出る幕はないんじゃないかと考えています。
 なので、自分としては『初めてのTA』と題して、講習に参加される皆さんが共通して躓きそうな部分などを解説出来れば…なんて。
 目指したのはいいけれど…内容的には備忘録になるでしょう。
 なにせ自分がTA初心者そのものですからw

 でも、だからこそ見えるものがあるんじゃ無いかな…。

独り言 その九

 大きいだけの鈴蘭です。
 先の記事で野良をするのは減った…と書きましたが、それでもふとした折に新しく知り合う方はいらっしゃいます。
 
 (おもむろに横に並ぶ新しいフレさん)
 フレ『…やっぱりデカイ!』
 鈴蘭『↓マギカ装備で205cm』
 フレ『Σ(゚A゚)』

 …こいつはテンプレですね。

 元々、ファンタシースターポータブルで『名前と身体の大きさがミスマッチなのが面白いか?』…という思いつきで始まったキャラクターです。
 結構長い付き合いになりますが、こうして皆さんにネタにして頂けるとは有り難いことです。


 鈴蘭の放置していたあれこれを、少しずつですが進めています。
 リリカル鈍器をマグロに持ち替えてFiの開放に。或いはブーケライフルに持ち替えてGuの開放に。
 もはや懐かしいスタイルに戸惑いを覚えるぐらいです。
 
 そんな時にフレさんから聞きました。
 『WBにホーミングはオススメですよ?』…と。
 聞けば、破壊可能部位に個別にロックが可能な大ボスは、ダメージを与えたい箇所にWB貼付け→破壊可能部位にホーミングの複数同時ロック→WB貼付け箇所に接近して零距離射撃…とすることで、最低でもスニークの3倍程度のダメージが得られるそうです。(ホーミングがロックした分だけの弾が発射されますが、零距離射撃だと全弾が目の前の部分にヒットします)
 現行のPAの中ではデッドリーを抜くDPS(Damage/Second:単位時間当たりのダメージ量)を誇るんだとか。

 ただ、問題は…ホーミングを使うには肩越し視点での操作が(ほぼ)必須なんですよね。
 パッドで適当プレイをしている自分には敷居が高い技です。
 フレさんから『肩越し視点は別ゲームと思って、それ用にオプションでボタン配置を工夫すると良いですよ』とアドバイスを頂きました。

 …そうか、肩越し視点が別にボタン設定できるのにはそういう意味があったのか…!

 …今更過ぎる事に気付いた鈴蘭です。
 今からでも練習しよう…。


 昨日、WGの定期交流会で『ひかりもの』のスピカさんがアヴェンジャーを掘り当てたと聞きました。
 あいにく、自分が離席から戻ってインした時には満室で、交流会には参加出来ませんでした…。その場にてお祝いできなくて申し訳ありません。
 取り敢えず、GJにてお祝い申し上げましたが…改めて。
 都市伝説に勝利した貴方に、あらん限りの祝福をb

 ご覧になっているかは存じませんが、お喜び申し上げます。

独り言 その八

 先日、B31に生息する鳥に「安産体型ですね」とホザかれ、実はコッソリエステで腰周りの調整を試すだけ試していた鈴蘭です。

 大きいのは身長であって、腰周りではありません。

 その鳥はタイムアタックに関心があるとか聞いたので、リリーパでの爆殺予告を出したものの「お姉さんなら大歓迎」的な返事をいただいて敢え無く断念。
 ご褒美になってたんじゃ話になりません…。
 
 でもまぁ、それを理由にTAに参加してくださるのであれば、大歓迎と言ったところです。
 楽しく出来るのに越したことはありませんしねb



 実は昨日、TAで知り合ったフレさんから指導役のヘルプを頼まれました。
 そのフレさんは野良で初心者の方にTAの説明をしながら周回をしているんですが…。
 最近、装備が調った所謂「上級者」の方が、装備の完成度の低さを理由に初心者の方をPTから蹴ろうとするトラブルに遭ったらしく、野良での募集に二の足を踏んでいたようです。
 どうしたものかと悩んだ挙句、フレリストにB44のロビーで暇そうにしている(と思われる)自分を見つけて、声をかけた…と。

 
 無論、効率を求めるのもゲームの楽しみの一つですし、否定は出来ません。
 ただ、まぁ…それはあくまで個人の好きでやる事ですから、人にまで強要するのはどうかとも思います。
 TAは全員で協力することが前提ですし、イロイロとお互いが決めておくべき事柄があります。
 自分としては、決めておく事柄の最優先事項に、「みんなで楽しく」があるんですが…。
 効率優先のTAではそれも通用しないんでしょうかね…。

 TAが終わった後。
 フレさんが「鈴蘭さんのような人がいてくれてよかった」と言ってくれました。
 それは大変嬉しい言葉ですが、同時に大変悲しいことだとも思いました。

 野良でPTを募集して周回をしたり、乱入することも減りました。
 ソロでマルチに潜り込むぐらいでしょうか。
 最近は、部屋主の独自ルールの縛りがきつく、以前ほど気軽に乱入が出来ないとも聞きます。
 効率を求めるあまり、楽しい部分を置き去りにしているんじゃないか…そんな風に思う鈴蘭です。




 ミウさんと共通のフレさんですが、そのときミウさんに声を掛けなかったのは、単純にミウさんがクエスト中だったからでしょうね^^;

独り言 その七

 大きいだけの鈴蘭です。

  鈴蘭「デッドリーいいなぁ」
  フレ「つエステ利用権」
 
 …心の奥底をえぐる素晴らしい返しを頂きました。
 負けません。公式がロリ推奨というケシカラン方向へ進むのを、座して受け入れるわけにはイカンのです!

 何気に最大身長の女性キャラを見ると、無条件に親近感を覚える最近の鈴蘭です。



 WGの考察記事で不肖鈴蘭が掲載した、ヘイトに関してなんですが…。
 少し限定的な使い方を補足。
 「少人数で回っている時に、励起結晶のEトラが起こった場合の対処法」です。

 大人数での防衛ならば、火力に十分な余裕があるため、基本は結晶付近に湧く敵を順次殲滅する形になりますが、火力に余裕がない場合(人が少ない、レベルが低い等)は、湧いて出た敵に殺さない程度にダメージを与えて逃げる、という方法で結晶を守ることが出来ます。
 敵は、最初に結晶に対してのヘイトを一定量持って湧いてきます。
 これを超えるヘイトを攻撃して貯める事で、敵の攻撃対象を結晶から自分に変えることが出来るわけです。

 基本的に1度の湧きで配置された敵が殲滅されない限り、新しい敵は沸きません。
 なので、湧いた敵を1匹だけ残し、自分に対するヘイトを貯めた状態で結晶から離れれば、その結晶の安全は保証されます。
 (敵は逃げる自分を追いかけて、結晶には見向きもしません)
 
 緊急に行ったフレさんが、そのことに気付いておられないようでしたので、一度文章にしてみました。
 ヘイトは使いようによっては、イロイロ出来るんですね…。



 Esuteruさんがこのブログを見てくださっているらしいのですが…。
 GJコメントに「ニマニマしながら読んでます。。」なんてあったので、「そんな事言うと、リンク張っちゃいますよ?」と返したら「望むところよ」と返ってきたので、本気にして張ってしまいます。

 ふふ…訳の分らない鈴蘭のブログへようこそ!
 ゲーム中ではあまりお会いできませんが、こうした場所での交流もあるとありがたいので…。
 正直感謝しております。(勝手に張ってこの言いようである)
 こうした輪が広がるのは嬉しい限りです。
 …ここは調子に乗って、フレさんにリンクお願いしてみようかな…。 



 アプデの告知が出てましたが…。
 WGの方で書いておられるようですし、正直自分はサンタ服以外に関心がありません。
 DF? パラレル? フレさんが行くのでしたら喜んでいきましょう。
  …でも自分から行く事はしないだろうなぁ…なんて思っています。
 
 フレさんのお手伝いでクエに行ってばかりだったので、実は最近まで砂漠探索の開放すらしていなかった鈴蘭です。
 (乱入やPTメンバーでの参加なら不都合ありませんし)