独り言 その四百三 【がんばろう!PSO2アークス共闘リンク2014 鈴蘭編】

 大きいだけの鈴蘭です。

 今回、大阪の感謝祭に参加するために3連休を取り、当日に感謝祭報告の記事を上げたことで。
 「出勤時間に投稿」という原則から外れ、いつもとは更新間隔が変わっております。
 更に日曜の朝に「がんばろう! PSO2アークス共闘リンク2014」の企画に参加するために記事を投稿。
 独り言が、久しぶり(?)に忙しいことに…(´・ω・`)

 …でも、この時期にプラス方向で忙しくなるというのなら…むしろ喜ばしいこと、ですよね;



■がんばろう! PSO2アークス共闘リンク2014 鈴蘭編
 このカテゴリに関して、自分なりのPSO2というのは先日の記事にしたものの。
 さて、それではリンク…輪を広げるには…、というところで悩みました。

 ブログを介してのやりとりは、比較的しているつもりの鈴蘭です。
 しかし、実のところ…ゲーム内で「お話している」方を中心に、ブログの交流を広げてきた面もあり。
 記事を切り抜いて「この記事が良い!」というお勧めよりも。
 こうした記事を書く、「この人が良い!」というお勧めのほうがしっくりくるように思え。

 鈴蘭としては、ブログ記事の紹介…というよりも。
 少し書き手の紹介をしてみようかと思いました。

 …そんなこんなで、まず一人。
 『ねおちらっぴ(カテゴリ:キギ)』様にて記事を書いておられる、キギさんを。

 フレさんになったのは随分と前。
 今は共通の知り合いである、Esuteruさんが主催された交流会がキッカケであったと思います。

 ただ、話をするようになったのは、ほんの最近で。
 その頻度も、他の方に比べて高い訳でもありません。

 しかし、その数少ない話の中に。
 『この人は私の言葉に何かを感じてくれているんだな…』という感慨があり。
 話している中で、共感を感じられる人であろうと思います。

 ご自身を『本の虫』と評されていますが。
 それが故なのかも知れません。

 文字から相手の想いを汲み取り。
 文字として自身の想いを伝える。
 スキルではなく、感受性の豊かさと心根によって生まれてくる言葉は、気持ち良く響いてきます。

 ご本人は、色々ともどかしさも感じておいでのようですが。
 読んでいて、優しい気持ちにさせてくれる言葉だと思いますし。
 ブログ記事を今まで読んだことがない、という方は。
 一度、読んでみる事をお勧めします。


 …紹介、ということで。
 誰かを推すことを考えたとき。
 他に思い浮かんだ人が、いなかった訳でもありません。

 ただ、必ずしもブログなどの発信手段をお持ちである訳でもなく。
 紹介したくとも難しい方もいらっしゃいます。

 そうした方を除いて、より誰を推すべきか考えたとき。
 もっと自信を持って前に出てください…という、エールの意味も込め。
 今回、キギさんを紹介させて頂く事にしました。



 …紹介って、こんな感じで良いのかな…(・ω・;)ウーム
 また機会があれば、お話でもお相手してくださいな、キギさん。



■DDoS攻撃続報
 PSO2に対するDDoS攻撃の続報が、14時に発表となりました。
 福岡での感謝祭開催決定の通知に「サービスの状況にかかわらず」という注釈があったことから、事前に予測されていた方も多かったかもしれませんが…。

BqyjLrGCMAAyWbu.jpg


 …やはり、DDoS攻撃への対応は難しいようですね。

 これに関しては…素人故の的はずれな意見を言ってしまえば。
 サービスが停止している今だからこそ出来ることを、運営にして頂ければ…、とも思います。
 全てのサーバーが、長期にわたってユーザーの手の届かないところに置かれる機会というのは、そうはありませんし。
 或いは、通常のメンテナンスでは難しい大規模な改修…というのも、出来ない話ではないのでは…なんて、考えてしまいます。
 …まぁ、出来るのなら苦労はない、という話かもしれませんが;
 
 今、運営の現場の皆さんが、どのような体制を以って事態に当たられているのかは分かりませんが。
 マイナスをプラスに捉える…そんな発想をして頂けたらと思います。 

 対応に追われる中、ご自身を見失って潰れてしまわないように。
 こんな時だからこそ、心を遊ばせる先を作ってみるのも良いのではないか…などと思った鈴蘭です。



■今日のアークス
 …PSO2にインできない今を、皆さんはどう過ごしているでしょう?
 連絡を取り合っているフレさん達の中には、連れ立って別のゲームを始めた方達もいらっしゃいます。

 元々、自由に使える余暇の時間であったところに、何を充てがうのか。
 それは、人それぞれに違ってくると思います。

 鈴蘭の中ではPSO2というゲームが、一つのコミュニケーションツールとして認識されていたこともあり。
 PSO2がサービス停止している今。
 「暇だから」という理由で、何か代わりの「ゲーム」を…という考えは、あまり持ち合わせていません。

 同じものを他のゲームで再現したとして。
 「仮住まい」では、やはり落ち着きませんしね;
 
 なので私は、PSO2に掛けていた時間の分、なおざりになっていたことに手を着けています。
 実のところ…先日の感謝祭の折に、メッセージボードに絵を描き込んでみたものの。
 まぁ、うん…ままならなかったんですよ、これが(´・ω・`)

 手を動かす作業というものは。
 日頃の積み重ね、反復が何より大切で。
 「上手くなりたいな-(´・ω・`)」と、ぼんやりとしてるだけじゃダメなんですよね…(´・ω・`)

 もちろん、自分が上手くなった時の事を思い描く…というのは大事ですが。
 それに結びつく行動が伴わなければ…何を望むことも出来ません。

 チームメイトのフィオナさんは、資格試験の勉強に集中しているということですし。
 私も少しくらいは…と、久しぶりにペンタブを手に取った次第。

練習(´・ω・`)


 (´・ω・`)…いつもの絵になってしまった。
 (´・ω`・)…てか、アナタ誰よ…?

 …いやはや…先は長そうです…;



■コメントのお返事
 …また後程。 
スポンサーサイト

独り言 その四百ニ【がんばろう!PSO2アークス共闘リンク2014 鈴蘭編】

 大きいだけの鈴蘭です。



 右カラム最上段にもリンクを表示していますが。
 『実家は創業130年豆腐店!アークス活動日記』様 が発案され、インできない今こそブロガーでPSO2を応援しようという企画をされています。
 過去に感動した他所様のブログ記事を紹介し、PSO2の魅力を皆で再認識し。
 これを機会に、縁のなかったブロガー同士の縁を結ぼうというのが主旨のようです。

 …が。
 必ずしも、これに沿う必要はなく。
 PSO2の魅力を伝える記事であるならば、形に拘らないともされています。

 ご興味のある方、ご賛同頂ける方は右カラムのリンクから画像をDLLして頂き、ご自身のブログ記事に添付してくださいな(´・ω・`)

 自分なりに、皆が手に触れられないPSO2を形にして表して。
 変わらず皆の中に在り続けると、お互いで確かめ合う。

 …それが、今の私達に出来る事に違いないでしょうから。



 …などと、紹介はしてみたものの。
 私の語るべき言葉となると…難しいですね(´・ω・`)

 私がPSO2に感じている魅力は、一言で言えば…「ままならない」ことであるように思います。
 自分の思い通りにならないからこそ、人は自らを省みて考えを巡らし、先へ進むための道を模索するもので。
 何もかもが思い通りになるのであれば、人は何も省みること無く、考えることをやめてしまうでしょうから。
 …こうした事を考えさせてくれるPSO2に、鈴蘭は魅力を感じています。

 とは言えこれは、ゲームに直接関係のないことで。
 それは、PSO2で無くても良かったのかもしれません。

 ですが、「縁」というものがあろうかと思います。
 PSO2に来たからこそ、出会えた人達。
 その人達と共に過ごした、決して短くはない時間。
 その中で、私は「鈴蘭」という人間を育てました。

 …これはおそらく、成る可くして成ったもので。
 PSO2でなければ成らなかったことなのでしょう。

 時として、このゲームを嫌になると思うこともあるかもしれません。
 ですがそれは、嫌な点が見えてくるほどにPSO2を知ればこそ。
 PSO2が「ままならない」という嘆きは、PSO2の住人たればこそ、出るものではないでしょうか?

 嘆きの裏にあるものを見通して。
 初めて、自分が望むものがわかるのかもしれません。

 楽しいばかりが楽しさとは限らない。
 …それを此処で知り。
 鈴蘭は、鈴蘭として在るように思います。


 …なんか…主旨と外れてるような気がヒシヒシと…w

 ともかくですね(´・ω・`)?
 考える鈴蘭を形作ったPSO2には、これからも頑張って欲しい。
 そういうことです(´・ω・`)b

 他所様の紹介は、本人たちの確認が取れてからにしようかと思います。
 今回は、私の考えだけでご容赦下さいませ;