FC2ブログ

独り言 その壱千六百壱拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 アズールレーンをキッカケに始めたDiscord。
 その中でお世話になっているコミュニティに、香港の方がいらっしゃいます。
 元々アズールレーンの中国版をプレイしていた方で、日本版の展開に合わせてわざわざアカウントを取得して、香港で日本版をプレイしているそうで。
 日本語は分からないものの、サブカルの影響から日本に興味があったとかで、これを機に日本語を勉強したい…と、日々、翻訳ツールを使いながらチャットをされています。
 そうした都合上、普段使いの砕けた言い回しやネタ的なものは理解し難いらしく、堅い、余所余所しいと言われる私の言葉を指して『鈴蘭さんの日本語は分かりやすくて助かります』と言われたことも。

 誰が読むか分からないチャットの言い回しには、注意しないとなぁ…。

 …改めて、そんなことを思ったものです。



 今日、その方が『もう香港は終わりだ』と。
 そんなことを口にされました。






 中国の特別行政区である香港は、かつてイギリスの支配を受けていた為か、自由民主的な政治思想を持ち…中国共産党の支配に反発する人が少なくないのだとか。
 香港の人たちの、中国に阿る行政区長への失望、不信感は私たちが思う以上に深刻なようです。
 報道を見るに、デモという形で激しく民衆の思いが表れているかのように見えますが…。
 実際の雰囲気は、ちょっと違うらしく。
 こうしてデモで訴えたところで民衆の声は届かず、本格的な中国の介入を招くキッカケになるだけで。
 所詮、後ろ盾を持たないデモ隊の抗議活動では、この先など望めないだろう…と、諦観しているようです。






 先日、米国国防総省が台湾を国家として承認し、軍事的に協力する意向を示しました。
 『一つの中国』を標榜する中国共産党に対して、NOを突き付けた格好です。
 当然、中国政府の強い反発と、圧力が予想されます。
 それを見越してか、既に米国は台湾に武器弾薬を売却し、有事に対する備えを進めています。

 香港が台湾のように米国の支援を受けられないのは、米国が香港の取り扱いについて定めた法律(米国-香港政策法)に縛られているからだそうです。
 先の香港の方も、『関係法を見直してほしい』と仰っていました。
 そうすれば、もしかしたら…と。

 デモを主導している人たちも、何か目算があっての事ではないかとは思いますが…。
 時代が進んでも、こうした形でなければ変われないというのですから。
 人というものは、何処まで行っても人…なのですね。



■今日のニークス

 昨日の独り言を読み返し、少しネガティブに過ぎたか…と反省。
 心配させるために書くつもりはなかったのですが、どうにも言葉が…。

 どのように始まり、どのように変わり、どのような今があるのか。

 …ちゃんと形にしてから書くべきでした。
スポンサーサイト

独り言 その壱千六百壱拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日のPSO2の海外展開のお話ですが…。
 フレさんがTwitter上で『今後、運営が世界展開する上での経験値稼ぎが目的なのでは?』という話をされていて、なるほどと思いました。

 サービスを10年続けるとしているPSO2は、今年の7月にはサービスインから満7年を迎えます。
 残り3年。
 既に折り返し地点を過ぎたゲームで、なぜ今更…という疑問は確かにありました。
 何をするにも、今からでは遅きにすぎるのではないかと思ったのです。

 しかし、こうした考えは私が『PSO2』を基準にしているからこそのこと。
 後継作となるPSO3の存在についても噂される時期です。
 運営は『次』を考えて…PSO3の為に、海外展開を計画したのではないのか…と。



 飽きっぽい私が、なんだかんだで7年続けたゲームです。
 こうしてブログを続けてこられたのも、PSO2で得たものがあればこそ。
 愛着の無いはずがありません。
 確たる話ではありませんが、そこに『先』を見たようで。
 それを嬉しく思った鈴蘭です。



■今日のニークス

 フレさんから『昔は支援職が楽しいとしていたのに』と、GuやHrであることが多い最近の私について、心配されました。
 以前にも似たような話をされましたが…。
 今回のエキスパ条件の達成の為にHrで臨んでいたことが、私が『楽しくもないことを強制されている』ように見えたのかもしれません。
 …いやいや。
 私は、嫌なことを続けられるほど真面目じゃありませんけどね;
 HrはHrで楽しんで遊んでいますよ?



 …ただ、そうですね。
 少し…正直なところを独り言。



 私が支援職から離れ、他の職を頼みとするようになったのは、結構前の事です。

 アクションが苦手な私でも、支援職であれば貢献できるのではないか。
 そう考えていた時期もありましたが。
 ほどなく、そんな考えでは務まらないものだという事を知りました。

 今でこそパーティーメンバー限定とはいえ、距離に関係なく支援が出来るようになったTeですが…。
 かつては誰が何処にいるのかを常に把握し、どのタイミングで支援するかを考え抜かねば、せっかくの支援効果を途切れさせてしまうことがままありました。
 自身のHPの管理をしっかりしている人にとっては、私のような不安定な支援では自身の計算を狂わせる不確定要素でしかなく、何の助けにもならないのですね。
 助けにならないどころか、逆に迷惑になるとあっては使うわけにはいきません。
 かと言って、実戦で使わないことには上達しようがありません。
 なので練習を…と言って私の都合に付き合わせては、ご一緒して下さる皆さんに悪いでしょう。
 此処は、皆さんが自身の遊びの為に来ている場であって、私の世話の為に来ている場ではないのですから。

 そんな場所にあって、死んで皆さんの手を煩わせることが一番の迷惑です。
 そんな場所にあって、私の選択で皆さんの行動を阻むことが次に迷惑です。

 そうした迷惑を掛けずに済むには、どうするのが良いのか。
 そればかりを考え…。 
 いつしか、私はTeから距離を置くようになりました。



 …それから随分と時間が経ち、その中での紆余曲折があり。
 今の私はHrをやっています。
 これは、別にTeであることを嫌ってのことではありません。
 求められれば、喜んでTeにもなりましょう。

 …ですが。

 そんなことでやってしまってもいいもの…なのでしょうか?
 此処にいてもいいものなのか。
 それすらも曖昧な私にとって、その選択に意味があるのか…判断がつかないのです。



 そんな私のHrだから、心配させてしまうのでしょうね…;

独り言 その壱千六百壱拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。



 現在、アメリカのロサンゼルスにおいて、世界最大のコンピューターゲーム見本市『Electronic Entertainment Expo(通称:E3)』が開催されています。
 世界の耳目の集まるこの場において、世界各国のクリエイター、エンジニアが心血を注いだ作品が発表されており…。
 Microsoftの新ハード発表、リメイク版『ファイナルファンタジーⅦ』の発売決定、等々が報じられています。
 そうそう、フロム・ソフトウェアも新作の発表をしてましたっけ。

 しかし、中でも個人的に…というか、アークス的に驚いたのが…





 PSO2を海外展開するという発表です。



 PSO2については、以前にファイナルファンタジーXⅣとのコラボが実現し、PSO2のフィールドにオーディンが登場するようになりました。
 このとき、ファイナルファンタジーXⅣ側でもPSO2の何某かを登場させることになっていたそうですが、結局、現在に至るまで実現せず仕舞い。
 公式のアナウンスはありませんが、あるイベントのインタビューの中で、何故そのような事になったのかを示唆する話があったそうで…。
 それによれば、『世界展開しているファイナルファンタジーにおいて、ローカルなネタを入れ込んでもユーザーに受け入れられない』というのが、双方向のコラボが実現しなかった理由だとされています。
 その意趣返し、という訳でもないのでしょうが…。
 しかし、何故、今になって海外展開を決めたのでしょうね?
 香港、タイで展開していたサービスは課金コンテンツがユーザーに受けず、低迷の末にEp.2で打ち切りとなってしまったと聞いています。
 今回、海外展開に改めて挑むに当たって、何か勝算があるのでしょうか。

 Ep.5はアクティブユーザー数が減少傾向にあったそうですが、Ep.6が始まって以降は増加に転じたと言われています。
 国内向けとしては、何かしらの手応えを感じているのかもしれませんが…。
 それが海外に通用するのかはまた別の話。
 海外ではゲーム性が重視され、演出に偏った日本的ゲームは敬遠される傾向にあったと言われています。
 しかし近年、日本的ゲームの再評価が進み、『これはこれで』と受け入れられるようにもなったのだとか。

 でも、だからと言って…ねぇ?

 このままでは、香港やタイの二の舞になりそうです。



 そういえば、Ep.6はゲーム性にも手を加える…みたいな話が出ているとか?
 それを思えば、今後のアップデートで海外に通用する形にまで持って行った上で展開させたい、という開発の意気の表れなのでしょうか。
 それとも、何か別の意図が…?

 親しんだ世界がより広くなる。
 そのことに喜びを感じつつも…不安も感じている鈴蘭です。

独り言 その壱千六百壱拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 この週末は、Hrでのエキスパ条件の達成に向けて、アークスとして頑張っていました。



 最近かかりきりであった独極については、ようやく突破を果たしました。
 同じところで足踏みを続けた事もあり、フレさんからは『これだけやればいいから』とアドバイスも頂きました。
  『二段ジャンプとヴェイパーさえ使えればクリアできる。そういう難易度です』…と。
 しかし、頭の固い自分は融通というものが無く、これと思ったものに固執し…必要なもの分かっていても、身に馴染ませるのに随分と時間がかかってしまいました。
 ロックオンとか、久し振りに使いましたからね…;
 その一事だけを見ても、これまで如何にいい加減にしていたか、それが分かろうというものです。



 …さて、次はソロマウスです。



 Ep.6を指揮する吉岡氏の話では、独極とソロマウスの達成率を比べると、ソロマウスの達成率の方が高い…ということでしたが。
 よくご一緒して下さるフレさんからは、『普段の立ち回りから言って、鈴蘭さんは独極よりソロマウスのほうが心配』と言われており…。
 簡単な独極(フレさん談)でこれなのだから、ソロマウスでは一体どうなってしまうのか…と、始める前から戦々恐々としておりました。
 …しかし。
 だからと言って、怖がってばかりでは何も始まりません。

 取り敢えずは、先ず一戦。
 …。
 ……。
 20分30秒ですか。

 …ふむ。
 心配していたほど、難しいとは感じませんでしたね。
 そもそも死ぬような事がありませんでしたし…。
 なんだかんだで緊急で何度も戦った相手ですし、相手の手の内が分かっていたのが大きかったのかもしれません。
 この点、独極のファレグより遥かにやりやすいと感じます。

 戦いを終えて、改めて攻略動画を見て何処にポイントがあるかを確認。
 自身の戦いを振り返って、チャージ気弾の使いドコロが私の課題と見定め、それを念頭に再挑戦しました。

 二度目の正直です。
 …。
 ……。
 19分11秒。

 タイムは縮みましたが、まだ突破には至りません。
 チャージ気弾の問題もありますが、もっと根本のところで間違いを犯していそうです。
 ここで私をよく知るフレさんから、ダウン時のコアへの攻撃の手際の悪さを指摘され、実地で指導を頂きつつソードによるコンビネーションを見直しました。

 三度目の正直。
 …。
 ……。
 18分15秒。

 外すまいと狙っていたヒーローフィニッシュを無駄打ちしたのが響いたのでしょうか…。
 最後の一発を入れる前に演出に逃げられてしまうとか;
 気を取り直して、四度目の正直。



 うん…無駄打ち云々以前に、相手体力の把握が杜撰すぎるのが問題にも思えます;
 これに限らず、いつもいつも仕掛けが遅いのが私の悪いところ。
 次は早め早めで行きましょう。

 五度目。 



 …あ、結構縮みましたね。
 よかったです;



 こうして、都合2週間ほどで私のエキスパ条件達成ミッションは終了しました。
 これをせずに他のことに手を出しては、申し訳が立たない…と思い詰めていたところもあったので、無事に済んで何より。
 はぁ…やれやれ、ですよ;

 …っと、そう言えば。

 聞いたところでは、エキスパ条件の達成に苦労した人の中には『もうやりたくない;』と零す人も少なくないとか。



 …ふーむ…。



 苦労したのは私も同様ですが…。
 私に関して言えば、これは私自身の不出来で招いた苦労です。
 そこに厭う気持ちが無かったと言えば嘘になりますが…一戦ごとに感じたのは、やり切れなかったことへの後悔であり。
 それは、達成した瞬間も変わりありませんでした。

 『やっと終わった』というよりも。
 『次はもっと上手くやらないとなぁ…』と思った鈴蘭です。



 これで終わりなのではなく。
 これは始まりなのですから。



■今日のニークス



 今回の褐色集会ですが…。
 迂闊なことに日付を勘違いしておりまして;
 開催日当日の6月8日を、開催一週間前だとばかり。
 皆さんが会場に集まっている頃、トリガー推奨ブロックのロビーで一人、『今日にも告知のGJ送らないとなぁ…』などと考えていました。
 いやはや、失態です;

 GJを送る予定だった皆さんにお詫びしたものの…。
 一期一会とも言います。
 これが唯一無二の機会を逃すことに繋がったかもしれないと思うと、どの様な言葉も虚しく感じます。





 …そんなことを余所に、今回の集会も盛況となりました。




 私一人が気を揉んだところで、それは些細な事。
 この世界は常に大きく、広く。
 何もかもが、変わらず、そこに在ったのですね。

独り言 その壱千六百九

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日のニュースは…っと。

 国内外のニュースについて、日本以外でどのように扱われているのかを知る為、翻訳サイトなども定期的に巡回している鈴蘭です。
 こうしたサイトは、訳者の恣意的な選別によって内容が偏ることもあるので、公平性という点では難があることは理解しています。
 いくつかのサイトを合わせて読むことで偏りを少なくしていますが、余計な手間をかけていると言わざるを得ません。
 直接、自身で海外のサイトから読み取れればいいのですが…私の不勉強の為になかなか;

 …で。

 私のことはいいとして、今回は別の話です。
 巡回先のサイトで、今日、少しばかり不愉快に感じた事がありまして…。



 芸能人の結婚報告の会見です。
 これに寄せられた反応に、『こんなのはおかしい』といったネガティブなものが少なくなかったのですね。

 やれやれ…。

 人の幸せに何を言うのか、と。
 呆れを感じた鈴蘭です。



 人は、それぞれに価値を測る物差しを持っています。
 自分の物差しは大事にせねばなりません。
 …が。
 自分の物差しが絶対ではありません。
 相手にも自分と同じように、相手が大事にしている物差しがあるのです。
 それを、『自分と違うのはおかしい』と批難するとか…。
 年齢、容姿、富貴…それらを測る物差しだけとは限らないでしょうにね。
 それだけに価値があるというのなら、多くの人にとって人の世は不幸しか有り得なくなってしまいます。

 …全く、やれやれ…です。

 そんな、自身の不幸を測る物差しで、他人の幸福を測るな…と。
 そんな事を思った鈴蘭です。



 …とはいえ、『かくあれかし』と人に望むこれも押し付けにほかならない訳で。
 私が偉そうに言えたものではないのですけどね…;



■今日のニークス

 今週、来週と、木金土の3連休。
 できれば、この機会に…。