独り言 その壱千壱百七

 大きいだけの鈴蘭です。

 トナカイさんは忍従の日々を送っています。

 バトルアリーナの交換景品である、『ラッピースーツ・ミニ』。
 マイショップで手に入れるには、なかなか勇気の要るお値段ですが…。

らっぴーみにめ…(´・ω・`)
                          (C)SEGA

 ロビーを歩いていると、意外と持っている方を見かけるのですよ、これが。



 この皆さん、どうやって手に入れたんでしょうね…。
 本道のバトルアリーナで頑張ったのか、はたまた金策を頑張ったのか。
 どちらが多いのか、ちょっと気になります。

 因みに、鈴蘭のフレさん周りで限って言えば、買った人が多いようにも感じました。
 インフレと言われて久しいアークスシップのこと。
 お金を持っている人が、それだけ多いのかもしれませんが…。
 ただ、この価格で安定しているということは、需要に対して一定の供給があればこそ。
 バトルアリーナで交換して、自分では使わずに売りに出している人も少なからずいる…ということなのでしょうか。

  …バトルアリーナかぁ(´・ω・`)

 今のバトルアリーナで稼ごうと思っても、素人がノコノコ出掛けて行こうものなら、それこそアークスの前のエンペラッピー。
 降臨>撲殺>再降臨の無限ループは必至です。
 FPSに通じる知識や経験を持った人でなければ、ポイントを稼ぐのは難しいでしょう。

 いえ…或いは、それは先入観というものかもしれません。
 案外、実際にやってみれば、そんなことはないものかも…?

 しかし、そう考えてみても、アリーナの敷居が高く感じるのは確かです。
 虫の良いことを期待しているのは百も承知ですが。
 敷居を低くするような調整は出来ないものなのでしょうか…。



 思えば、バトルアリーナでは各個人の戦績に応じてランクが付けられるのですし、エキスパートブロックのようにランク帯別の入場制限の掛かったブロックがあっても良いような…?
 何と言っても、同じレベルの者同士のマッチングというのは、私を始め、多くの初心者が望んでいることでしょうから。

  ふむ…(´・ω・`)

 一度はいい考えのようにも思ったものの。
 よくよく考えて先々を見ると…そうした住み分けは、あるべき流れを止め、コンテンツそのものを腐らせる事に繋がりそうな気もします。

 ゲームコンテンツにとっての良いこと、悪いこと。
 それらの判断は、私のような素人には本当に難しいですね…;



 …まぁ、ともかく。



〒 〒
(´・ω・`)
( つ@と)
驕れるラッピー久しからず!!!

トナカイスーツ・ミニの実装までの我慢です…。



スポンサーサイト

独り言 その壱千壱百六

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20170423_212207_003.jpg
                 (C)SEGA

 …梅雨には少し早いかもですが。
 でも、もう4月も終わろうとしていますし、そろそろ梅雨の話が出てきてもいい時期ではないでしょうか。
 実際、ここ暫くの陽気は初夏を思わせるものがありますしね;

 しかし…。

 なんとなくで撮った絵なのですが。
 緊急を知らせるドームのスクリーンが、こう…遠赤外線を程よく放射して、トナカイさんを焼き上げようとしているようにも見えます。

 とは言え、トナカイさんもアークスの端くれ。
 遠赤外線如きで焼かれるような、やわな毛皮をしていません。
 歴戦のアークスたるもの。
 煮え滾る溶岩に浸かり『温いぞ親父!!』と文句を言い。
 全身が氷漬けになろうとも意識を失わず。
 天体クラスの重量物の圧力に耐え。
 事象の水平線の向こうまででも二本の足で駆け抜ける…そんなタフさが求められるのです。
 この程度の火力で私をグリルしようなど…。



  …。(´・ω・`)



 ここで、ふと思ったのですが。
 以前、ウルクがアークスを志願したものの、適性を認められずに落ち込んでいた時期がありました。
 あれを見て思ったのですが…アークスって、個人の適性や労働条件について、ちゃんと明示して求人情報を出したりしてるんでしょうか?
 例えば、こんな風に…

  ●作業環境温度:-273.15℃〜6000℃
       (※防護装備無しで活動出来る人に限る)

 …正気の沙汰ではないな(´・ω・`)



 遠赤外線対策程度で十分。
 そんなトナカイアークスで良かった。
 つくづく、そう思います…;



■今日のニークス

 コーデカタログ実装から少し経ちました。
 みなさんは、活用されておいででしょうか?

 当初、その機能が増えることで何が変わるものかと思っていた鈴蘭でしたが。
 実際に触れてみると、この機能の面白さが見えて来たように思います。
 コーデでここまで…と。
 簡単な事だけに、そこに奥の深さがあるのかもしれません。

 しかしながら…。

 同時に、どうにも不便を感じ、改善してほしいという点が出てきました。
 これは、コーデカタログでの遣り取りを経験された方であれば、覚えのあることではないかと思います。



 それは何かというと…。



pso20170423_214449_004.jpg
                           (C)SEGA

 フレンドリストやコミュニケーション履歴を開いて。
 そこから、コーデカタログを開いて…。



pso20170423_214506_005.jpg
                           (C)SEGA

 相手のコーディネートを確認して、『いいね』を送り。
 『戻る』のボタンでコーデカタログを閉じると…。



pso20170423_214538_006.jpg
                           (C)SEGA

 フレンドリストやコミュニケーション履歴のウィンドウ諸共、消えてしまうという…。
 個人的な感覚のものかもしれないのですが、『戻る』と言われると『一つ前の段階に戻る』ものと思ってしまうのですね。
 それがまさか、一番最初にまで戻されるとは…;

 私たちには窺い知ることの出来ない何かの都合で、このような仕様になっているのかもしれませんが。
 これならば、出来ることなら『閉じる』と『戻る』の2つのボタンを作って欲しかった…とも思います。
 フレンドリストやコミュニケーション履歴を開き直す手間から、相手のコーディネートを確かめてコメントを付けて回る…という基本的な行動そのものが、面倒に感じて仕方ないのですね;

 折角、気軽に使えるツールが出来たのです。
 もう少しだけ。
 …そう思っても、バチはあたらないと思うのですが…。



  …欲張りだろうかのぅ(´・ω・`)?


独り言 その壱千壱百五

 大きいだけの鈴蘭です。
 
pso20170420_212728_004.jpg
                        (C)SEGA

 緊急後のひととき(´・ω・`)



 横のラッピーミニなフレさんが、アクセサリーのトナカイヘッドを大きくして被せて下さり完成した、夢のコラボレーション。

 …なのですが。

 いえ。

 というか…ですね?



〒 〒
(´・ω・`)

ヒヨッコはアクセ対応で、トナカイは未対応やと!?




 これは由々しき事態でしょう。
 これはトナ界を揺るがす大問題でしょう。
 種族格差など許されるべきではないでしょう。

 考えてもみてください。

 ラッピーもリリーパも、服を着たバージョンが存在するというのに、未だにトナカイだけが素っ裸です。



〒 〒
(´・ω・`)
オカシイだろう!!!




〒 〒
(´・ω・`)
CREOのレーティングはどうした!!?




〒 〒
(´・ω・`)
戦えトナカイ!! 尊厳の為に!!




 …きっと、近くトナカイもアクセサリー対応になることでしょう。
 その時は、その新しい力をなんとしても手に入れねばなりません。

 …因みに。

 3鯖では『ラッピースーツ・ミニ』のマイショップ価格は約一億二千万メセタとなっています。
 トナカイが同様の扱いになれば、似たような価格帯になるのではないかと思われますが…。
 しかし、買うにはちょっとお高いですね;

  …むぅ。(´・ω・`)

 これってバトルアリーナの景品でしたよね、確か。
 なるほど。
 アークスの屍を積み上げて勝ち取れ…と。



〒 〒
(´・ω・`)

トナカイの為には必要な犠牲…か。




■今日のニークス

でうす(´・ω・`)
                        (C)SEGA

 セフィロス…セフィロト由来でしょうか。
 しかし、セフィロスという言葉はファイナルファンタジーⅦで登場した人名が初出だったような…?
 スクエニとはFFやニーアでコラボしたりもしてますし…知らない仲ではないでしょうが、これは大丈夫なんでしょうか?
 それとも、欧米では比較的見られる名前だったりするんでしょうかね?;



  …ものを知らんので、こうした時に判断に迷うん(´・ω・`)



 ものを知らないついでに恥を晒すと。
 実は、この公式サイトの告知の絵を見て、『ニーベルングの指環』に出てくるユグドラシルを思い浮かべた鈴蘭です。
 てっきりユグドラシルだと思いこんでいた私は、フレさんにGJで「ウルズの泉は何処に…」と送っていたのですが…。
 何のことはありません。
 私が登る木を間違えていたんですね;

 セフィロトは旧約聖書に登場する『生命の樹』。
 ユグドラシルは北欧神話に登場する『世界樹』。

 全く違うものなのですが…知識が浅いために、混同してしまう鈴蘭です。



  …基本、横文字に弱いので(´・ω・`)



 と、此処まで書いておいて、残りを送信し忘れるという…。
 最近、帰宅してから眠くてしょうがない日が続くのですが、これも陽気のせいでしょうかね;
 少し変則ですが、遅ればせながら続きを書き足しておきます(´・ω・)



 『ウルズの泉』とは、北欧神話に登場する世界樹『ユグドラシル』の3つに別れた根のうち、神族の住まうアースガルズに伸びたところに在るという泉です。
 その名前は運命の女神の長女ウルズに由来すると言われ、泉には強力な浄化作用があったとされます。
 この泉の水のお陰で、ユグドラシルはその活力を維持できたのだとか。

 因みに、霜の巨人の国に伸びた根の先には『ミーミルの泉』という、知恵と知識の隠された泉があったとされ。
 こちらは、北欧神話の主神であるオーディンが知識を求めて片目を代償に泉の水を飲んだ…という逸話があります。


 

 三つの根が幹を支えている。『グリームニルの言葉』第31節によると、それぞれの下にヘルヘイム、霜の巨人、人間が住んでいる[3]。また『ギュルヴィたぶらかし』での説明では、根はアースガルズ、霜の巨人の住む世界、ニヴルヘイムの上へと通じている[4]。 アースガルズに向かう根のすぐ下には神聖なウルズの泉があり[5]、霜の巨人の元へ向かう根のすぐ下にはミーミルの泉がある[4]。
 この木に棲む栗鼠のラタトスクが各々の世界間に情報を伝えるメッセンジャーとなっている。木の頂きには一羽の鷲(フレースヴェルグとされる)が留まっており、その眼の間にヴェズルフェルニルと呼ばれる鷹が止まっているという[6]。
 ユグドラシルの根は、蛇のニーズヘッグによって齧られている。また、ダーインとドヴァリン、ドゥネイルとドゥラスロール (古ノルド語: Dáinn ok Dvalinn, Dúneyrr ok Duraþrór, en) という四頭の牡鹿がユグドラシルの樹皮を食料としている[7]。また、『グリームニルの言葉』第25節によると、山羊のヘイズルーンがレーラズという樹木の葉を食料にしているとされる[8]が、レーラズがユグドラシルと同じ樹木かははっきりしていない[9]。
                         【引用 Wikipedia:ユグドラシル





 根の残りの1本は、人間の住む場所に伸びているようですが…泉が在るとは書いていません。
 これは何かを示唆しているんでしょうか…。

 まぁ。

 神話というものは、上の引用を見ても分かりますが…概要だとチンプンカンプンな内容だったりしますからね;
 そこに何かある、と思えばあるのでしょうし…そこに何もない、と思えば何もないのかもしれません。

 大昔の人が、今に生きる人達に残したナゾナゾのようなもの。
 …そんな風にも思って、楽しんでいる鈴蘭です。



  …このセフィロスも、楽しませてくれるのかのぅ(´・ω・`)


独り言 その壱千壱百四

 大きいだけの鈴蘭です。



  〒 〒    
□_(・ω・_)⌒[布団]

…むぅ。




 先日の健康診断の結果、血圧の再検査指示が出ました。
 遺伝的に血圧が高い家系なので、何れこうした事になるのだろうと思ってはいたのですが…。

 面倒なことですね…;

 特に大病を患っている訳ではありませんが、元々、健康・健全とはとても言えない身体なので、今更、血圧一つでどうこうするのも…などと思ってしまいます。

  …って、不謹慎か(´・ω・)

 まぁ。
 『燐寸箱』を好んで火に投じるつもりもありません。
 ここは一つ、出来ることからやっていきましょう…。

 高血圧の改善には、適度な運動と野菜中心の食生活が効果的…などと言われますが。
 実際問題として、運動はともかくとしても、食事の方は難しいものがあるそうです。

 コレステロールを抑える意味で肉や脂肪分の摂取を避ける。
 塩分の過剰摂取を避ける。
 …そういった取り組みはありますが。 
 血圧を下げるのに効果的な食品を…となると、なかなか。

 カリウム、大豆ペプチド、ポリフェノール、不飽和脂肪酸…こういった成分には血圧を下げたり、血管を強くする作用があるそうです。

 ただ、これらを食事だけで補えるのか…というと…。
 マグロで例えると、確か…刺し身の盛り合わせ三人前が一日のノルマだったハズです。

  魚は好物だけど、サスガに…(´・ω・`)

 そこでトナカイさんが目をつけたのが、胡麻ペプチド。
 最近、これを含んだ麦茶がサントリーから発売されたそうで。
 聞けば、毎日一本(350mlペットボトル)を目安に飲めば、一月ほどで効果が表れるとか。

 これは手軽でいい感じですね。
 …では早速。



  …飲むで!!(´・ω・`)グビグビグビグビ



■今日のニークス

 今日は定期メンテナンスの日。
 多くの追加、変更がなされました。

 世の注目は、新緊急のデウス戦…なのでしょうか?

 しかし生憎と、鈴蘭は出勤前とあって時間が合わず、今日のところは見送り。
 出勤準備の合間に、今日一番の気になる変更点を確認することにしました。



pso20170419_214209_001.jpg
                            (C)SEGA

 各個人のコーディネートを確認し、『いいね(GJ)』を送る新機能。



 …早速…。



pso20170419_212859_000.jpg
                            (C)SEGA

 登録しました。



〒 〒
(´・ω・`)

…。




〒 〒
(´・ω・`)

何か問題でも?




 問題など、あろうはずがありません。
 現に…。

pso20170419_214309_002.jpg
                            (C)SEGA

 早速、こうして『いいね』して下さった方が現れたのですから!


独り言 その壱千壱百参

 大きいだけの鈴蘭です。



  〒 〒    
■_(・ω・_)⌒[布団]

…むぅ。




 …なんか最近の記事を読み返してみると、PSO2の日常というより、政治関係のまとめサイトみたいになってますね…;

 しかし、これは特別に意識しての事ではなく。
 個人的に気になることを書きまとめてたら、自然に…という感じなのです。

 元々、歴史関係が好きな鈴蘭ですが。
 歴史が好きな理由として、当時の情勢の帰結を、一つの大きな流れとして見ることが出来る…というところにあると思います。

 当事者では、自分の視点から見えるものしか分かりませんが。
 後世の人間は、関係した全ての人の視点を借りて、ものを見ることも出来るのです。

 一方向から平面的に捉えるのではなく。
 多方向から立体的に捉えることが出来るのです。

 しかし、視点を借りる…と言っても。
 歴史の立役者が何を思い、どう行動したのかを追うことは出来ても。
 市井の人間が何を思い、どう行動したのかを追うことは難しいものがあります。

 古代ともなると、そもそも字に書いて残せる人が限られた訳で。
 歴史に名を残している偉大な人物を、当時の民衆がどのように見ていたのか…その実は、よく分かりません。

 なので。

 いま当に起こっている歴史的な出来事に、自分が何を思っているのか。
 その感じたままを大事にしたいと思うのですね。
 歴史の流れの中、自分の感じているこれこそが、もしかすれば、大昔の人たちが感じていたものに通じるのかもしれないのですから。



  〒 〒    
■_(・ω・_)⌒[布団]

なので、今日もアークスシップから世界を眺める。




 …そして、トナカイさんの視界に飛び込んできた一つのニュース。
 昨日触れた米中の電話会談からの流れを受けて、今日、中国外務省がコメントを発表したそうです。

 『中国は、半島核問題の火つけ役でもないし、問題発生に関わるキープレーヤーでもない



  〒 〒    
■_(・ω・_)⌒[布団]

…いいように転がされてるなぁ…。




 アメリカは…北東アジア情勢に通じた誰かがシナリオを書いているんでしょうか。
 今の状況は、アメリカに向けられた北朝鮮の矛先を労なく逸らし、ともすれば背後に向けさせようとしているように見えます。

 …それというのも…。

 アメリカは、北朝鮮の核問題について強硬姿勢を示していますが。
 実力行使にいつ移るのかは決めていない、決めるつもりはないと言っています。
 …そう。
 アメリカにとっては、今、急いで実力行使をする必要などないんでしょうね、きっと。

 この圧力は、中国を北朝鮮問題の当事者として、世界に認めさせるため。
 問題の解決が長引けば、それは中国の責任。
 仮に中国が北朝鮮を何らかの方法で押さえ込めばよし。
 そうなれば、北朝鮮国内の不満は中国へと矛先を変える可能性もあります。
 北朝鮮という国家体制を潰すことは、アメリカにとって難しいことではありませんが…アメリカを敵視する民衆がテロに走った場合、これを防ぐのは困難です。
 中国が狙われる分には、それはアメリカにとって…。
 
 そんな思惑があるようにも。

 大統領になったばかり…それも政治家ではなく企業人上がり…のトランプ氏がここまで出来るとも思えません。
 …そう言えば…少し前にキッシンジャー氏の名前が出てきてましたが…あの人が入れ知恵してるとか…?



  〒 〒    
■_(・ω・)⌒[布団]

…それもこれも、私の妄想だけどね。




 歴史上の人物も、こうして話のネタにされていたんでしょうかね…。