FC2ブログ

独り言 その壱千九百九拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 さて、今日は何が起きたのかな…っと。

 目を覚まし、枕元のスマホ様を手繰り寄せ、布団の中で通知を確認。
 ニュース、天気予報、配信者の動画投稿通知、ゲームの通知…。
 ざっと確認して、Twitterへ。



 フレさん『NGS当たった』



 …む。
 今日が『PSO2:NGS』のテスター当落発表の日でしたか;
 Twitterでのフレさんの呟きを見かけ、慌ててメールボックスを確認。

 はたして…。



 当たってました。



 テスト期間は、今月末の3日間。
 31日の日曜日の晩は仕事の為に参加は難しそうですが…。

 2021年1月29日(金) 15:00 ~ 21:00
 2021年1月30日(土) 15:00 ~ 25:00

 この2日間のテストには参加できそう。
 特に、この週は木曜日も休みなので、金曜日のテストには余裕を持って臨めるハズです。
 選ばれたからには、ちゃんとフィードバックせねば。

 ええっと…。

 公式サイトでは、テスト期間中のお題として、ボスエネミー『ナグルス』討伐、PSO2ブロックにてクエストを1回クリア、PSO2:NGSのマイショップ利用、アンケート回答の4つが挙げられています。
 クローズドテストですし、ユーザー環境下でのNGSの動作確認と、無印とNGSの連携確認をしよう…といった感じですかね。
 NGS側だけでなく、無印側でもそれなりに色々やってみるのが良さそう。

 とはいえ、連携が謳われているNGSですが、今回のCβテストでは、PSO2無印と以下の情報が紐付けされない、とのこと。

  ・マイルーム情報
  ・マイショップ情報
  ・チーム情報
  ・フレンド情報
  ・コミュニケーション情報
  ・メール
  ・AC残高
  ・SG残高
  ・プレミアムセット有効期限
  ・拡張倉庫、素材倉庫有効期限
  ・一部オプション情報

 …ふむ。
 キャラクターに近いところの情報で無印とNGSを行き来してね、ということですか。
 この辺は次回以降に期待ですね。

 今回のテストでは1/20の定期メンテ時点のユーザーデータをコピーして使うらしく、メンテ明けに準備してもテスト用のユーザーデータには反映しないようです。
 準備する人は急がないとですね。

 私も仕事から帰ったら倉庫を確認しないと。

スポンサーサイト



独り言 その壱千九百九拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 『Sherpa(シェルパ)』
 エベレストの南麓に居住する少数民族の名前。
 農耕、牧畜などで生計を立てる一方で、エベレストの訪問者を相手に宿を提供したり、ガイドをしたりするそうです。
 エベレストの登頂を目指す探検隊も、荷役や案内をシェルパの人に頼むことから世界的に名前が知られるようになり、『困難に向かう人を手助けする人』を『シェルパ』と呼ぶようになったとか。



 リアル系FPSである『Escape from Tarkov』では、初心者を救済してくれるようなシステム的な仕組みはなく。
 熟練者が獲物を求めて彷徨う戦場に、右も左も分からない初心者が放り出されることも珍しくありません。
 こうした場合、初心者は為す術もなく倒されてしまうのがオチですが…。
 これは、ただ『戦闘に負ける』というだけの話ではありません。
 このゲームでは、負けて死亡したキャラクターの装備品は誰かに奪われ、基本的には戻ってきません。
 自身の空腹、喉の渇き、骨折、出血、病気…それらを癒やす物資も全て戦場に出て集めねばならないというのに、です。
 戦うことに集中できるゲームとは違い、『Escape from Tarkov』では、この世界で生きる為に、敵の目を盗んで物資を集める…そんな知識とスキルが必要になります。

 しかし…例えば『Apex Legends』であれば、全滅しても新たなマッチを開始すれば、どんなやられ方をしようともキャラクターは万全の状態で復活しますが。
 『Escape from Tarkov』では、やられたときの怪我を治療せねばなりませんし、攻撃を受けて破損した装備品を修理せねば使いものになりません。
 トライ・アンド・エラーで技術を身につけようにも、簡単には行かないゲームなのですね。
 一応、物資収集用のモードもありますが、ゲームの難易度が変わるわけでもなく…初心者にとって厳しい点は変わりありません。

 こうした、何処か初心者を突き放したかのような作りをしたゲームですが…。
 開発側もその辺りを意識して、対策を講じてきました。


 どうやらゲームシステムに手を加えて初心者を救済するのではなく、リアルの人の手で初心者を育てる方針のようです。
 こうしたゲームの導き手は、他のゲームにも見られます。
 かつては、PSO2でも盛んに『GMを置いてほしい』という話が出ていましたっけ。

 私も、タイムアタックが実装された当初、日々の金策用に皆で知識を共有できたら…と、講習会を開いたりもしましたが。
 今にして思うと、これも良し悪しであったろうか…とも。
 遊びの幅を広げる一方で、遊びの幅を狭めてしまってもいましたから。
 ネットワークゲームの楽しさは、一緒に遊ぶ人の存在…などとも言いますが。
 私は、ある意味…良い遊び相手とは言えなかったでしょうね;
 
 閑話休題。

 『公認Sherpa』…良いと思います。
 同じゲームを遊ぶ仲間が、協力しあう。
 それは素晴らしいことですから。

 しかし、開発側が望むように行くのかは…。
 
 それだけで上手くいくなら、ネットワークゲームは…世界は…もっと単純であったろうと思うのですよ。



 それだけに…上手く行くことを願わずにはおれません。

独り言 その壱千九百九拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 …人が減りましたな。

 日曜の夜、この時間帯の夜の街には、明日からの戦いに備え、残り僅かな自由な時間を使い尽くさんとする人の気配があったものですが。
 緊急事態宣言の発令以降、人の流れは途絶え…。
 夜の街は静まり返り、まるで廃墟のような有様です。

 変われば変わるものですね。

 数年前、出勤前にセガ・アビオンに通っていた頃など…。
 通りを行くにも、人の間を縫うようにせねばならなかったというのに。
 今は、視界を遮る人の姿はありません。
 こうした光景も趣のあるものですが。
 やはり…寂しくもあります。

 いやはや。

 人混みを苦手とする私が、人混みを懐かしむとはね…。



■今日のニークス

動画撮影(´・ω・`)


 動画の数も増えてきました。
 …が、私の口数は相変わらず。
 人の口に戸は立てられぬ…とは、人が噂するのは止められない…という意味の諺ですが。
 私の場合…。
 文字通り口に戸が立てられ、鍵までかかっているかのよう。
 鍵を開けて言葉が出る頃には、もう…。

 難しく考えすぎ、とは言われたのですけどね;



 考えすぎ…かぁ。


独り言 その壱千九百九拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。

 電力需給の逼迫は関西でも同様で。
 他の地域から電力を融通して貰ったり、災害時に使用する電源車を投入したり…。
 聞けば、電力需要が高まっているところに、火力発電用の石炭の不足が重なったとかで、炉に重油を入れて燃焼させている…という話も。
 火力発電の炉に重油を入れると、炉の寿命が縮んでしまうそうで…非常時にしか採らない方法だそうですね。



 今の日常の風景は、ぎりぎりの処にあるんやなぁ…。




 そして、もう一つ。

 大阪も非常事態宣言の対象となりました。
 しかし今回の措置では、学校などの閉鎖は含まれない方針なのだとか。
 この辺りの判断も、ぎりぎりの処…ですよね。
 この冬を乗り越えようと、どこも必死です。

 冬が始まったばかりというのに。
 穏やかな春の訪れを、待ち遠しく思う鈴蘭です。



■今日のニークス

 動画を撮って見返して…。

 …。

 自分の考えを口にする…と決めたものの、全く意識できていませんね…。
 考えをまとめて口にするのは先の話、先ずは思ったことをそのまま口にするところから始めるよう、アドバイスを受けましたが。
 先は長そうです;

独り言 その壱千九百九拾

 大きいだけの鈴蘭です。

 近畿圏では、日本海側の福井県で大雪となっており、交通網が麻痺しています。
 先週末から、北陸地方からの荷物は届かなくなっており…雪害による物流の混乱は結構なもの。
 既に北陸での降雪のピークは過ぎているそうですが、日常が戻るには未だ時間がかかるかもしれません。

 今日、大阪でも雪が降りました。
 昼前には融けて消えてしまうほど、薄っすらとではありますが…それでも、積もるほどに。
 雪に対する備えなどなく、雪に弱い街ではありますが…流石にこれでどうこうなるようなことはありません。
 私の周りでは、今日も然したる変化のない日。

 …でも、変化は確実に起きています。

 
 この寒さに暖房用の電力消費量が増え、需給バランスが危うい状態であるとか。

 ははぁ…。

 夏の暑さは如何ともし難いですが。
 冬の寒さは多少であれば、着るものを工夫すれば凌ぐことも出来るはず。
 難儀している地方で電力が足りなくなるようなことがあれば、それこそ生死に関わります。

 暖房の代わりに、着るものをもう一枚。
 それくらいは…ね。



■今日のニークス

 …さて。

 ゲームの動画を撮るのは良いとして。
 ええっと…。
 先日、ブログに動画を挙げる上でYouTubeを使ったりしましたけど…。
 こういうのって、サービスの良し悪しがあるんでしょうかね?;

 編集は…切り出すぐらいで、特に何か手を加えることはありませんし、何のツールを使っても大して違いはないでしょうが。
 動画共有をする上でのサービスの違いというのは…サッパリです。
 こんなこと、まさか自分がするとは思っていませんでしたからね;

 取り敢えず、フレさんの使っているサービスを覗いてみますか…。