fc2ブログ

独り言 その弐千参百四拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 『アルスラーン戦記』、『SPY ✕ FAMILY』、『おっさん冒険者ケインの善行』、『やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中』…と。
 それにプログラミング関係と歴史・政治関係…。

 …こんなものか(´・ω・`)

 少し時間に余裕ができて…。
 いや。
 私の気持ちにゆとりができて、『本を読みたい』という欲求が生まれました。
 そこで幾つかの本を電子書籍で買い、手元に置いておきたいものを本屋まで行って買ってきたのでが…。


 …おや。

 個人的には『ああ、やっぱり』という印象です。
 最近は数えるほどしか行っていませんでしたが…こう、雰囲気が暗く、お店を営業する気があるのか疑わしく感じたのを覚えています。
 早朝、裏口に運送会社のトラックが横付けされ、店員が大量の商材を運び込む…なんて光景が、かつての日常だったのですけど、それを最後に見かけたのはいつのことだったか…。

 何れは此処も閉店するのだろうかな、とは思っていたのですけど、そうですか…とうとう…。
 私自身、今回買った本のいくつかは電子書籍で買っていることを思えば、これも時代の流れ…なんでしょうかね。



 あ、ちなみに。
 『やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中』はアレです。
 『デルフィニア戦記』を読んでいた人なら親近感を持って楽しめるんじゃないでしょうか。
 個人的には好もしい展開です。
スポンサーサイト



独り言 その弐千参百四拾五

 大きいだけの鈴蘭です。


 奏功…。

 据え置き型のコンシューマゲーム機が時代とともに高性能化し、『玩具』というには高価になる一方で…。
 ハードの性能に見合ったソフトが求められ、多額の開発資金が投じられた『作品』を提供できる会社だけが生き残り。
 そんな会社も、開発資金を回収できる見込みのあるナンバリングタイトルを選好して制作する為に、最近のコンシューマゲームには寡占、停滞…といったネガティブなイメージを覚える鈴蘭です。

 …まぁ、私はそんなにゲームを遊んでるわけじゃないので、実情を知らないだけなんでしょうけどね;


 
 Steamで好調、というカプコン。
 Steamには小規模スタジオが手掛けたものも多く、様々なジャンルのゲームが犇めいています。
 大手だからこそ作れるゲーム、というのも勿論ですが。
 大手だからこそ、ということに囚われずに新しいものに挑戦してもらえたら…。
 などと思う鈴蘭です。

独り言 その弐千参百四拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 先月末に買ったAmazonの『中華イヤホンガチャ』。
 買った翌日には中国広東省の業者の発送通知があり…翌々日には深セン市に到着。
 そこで1週間ほど留め置かれ…Amazonの通知によると今日、日本行きの船に載せられたようです。

 やれやれ…(;・ω・)=3

 税関の検査だけなら心配はしていなかったのですけどね。
 深セン市は3月頃からコロナウイルスの感染者数が増え始め、幾つかの街区がロックダウン措置を受けて人と物の行き来が止められているとか。
 先週にもロックダウンの対象地域が拡大したという声が聞かれ、『このままだと港湾地区の封鎖も時間の問題か?』という憶測も囁かれていました。
 ロックダウンによって荷物を止められたら、いつ動き出すのか見当もつきません。
 心配もしようというものです。
 
 経済の回復と感染再拡大。

 ウクライナの紛争で変数が増えはしたものの、今の世界は何処も2つの問題で揺れ動いています。

独り言 その弐千参百四拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 週末の夜。
 作業が一段落したところで小腹が空いたことに気が付き。
 塒を這い出し、近所のコンビニに出向きました。

 未明に近い時間というのに、人の気配の絶えることがない街。
 治安が悪い地域として知られ、トラブルには事欠きません。
 長年住んでいる身としては、そこまで…とも思うのですが。
 
 でも、そうですね…。

 こんな時間に出歩いている人たちは、何をしてるんでしょうか。
 改めて考えてみると異常です。

 …まぁ、自分もその一人な訳ですが(´・ω・)

 などと考えているうちに目的地に到着。
 煌々と輝く店を見て驚きました。
 窓は雲でも吹きかけたかのように露で真っ白。
 店内のクーラーが強い、というのもあるでしょうが…湿度が高いのでしょうね、これは。

 そういえば、九州の西の海上から台風が接近しているんでしたっけ。
 勢力は然程強くないそうですが、もう影響が出ているのかもしれませんね。

 季節柄、偏西風に乗れないために迷走、鈍足な台風になりがちだそうですが…。
 雨の少ない地域にとっては救いの神になるかもしれません。

 …なって欲しいものです。



 災いも恵みも表裏一体。


独り言 その弐千参百四拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 夏はこれから。