独り言 その壱千八拾九

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、方方のサイトを見て回っている中で、『スケルトニクス』というものの存在を知りました。
 
 これは、スケルトニクス株式会社という会社が製作、販売している『動作拡大型スーツ』と呼ばれるもので…。

 …って、私が説明するより紹介動画を見たほうがいいでしょうかね;
 スケルトニクスが公開している動画がありますので、まずはそちらを…。







 …このスーツは、機械的な動力を用いて装着者の筋力を増加させる所謂『パワードスーツ』とは異なり、四肢を動かすのは全て『人力』です。
 このスーツを着けたからといって、超人的な力を発揮できる訳ではなく、あくまでスーツは装着者の四肢の動きの範囲を拡張するだけのもの。
 スケルトニクスのサイト上でも説明がありますが…装着者には、装備に応じて相応の負荷がかかるようです。



  …でも、このままでもイベントとか使えそう(´・ω・`)カッケー



 これは名前の通り、骨組みだけの存在です。
 しかし、今は骨組みだけでも、これに肉…動力が付けば…もしかすればA.I.S.のようなものが出来上がるのかもしれませんね。

 私達の目は、人の容姿を目にはできても、その人を内側から支える骨の存在を目にする事はできません。



 …っと、時間が。
 また後ほど(´・ω・`)



■今日のニークス


                        (C)SEGA

 花も見ごろ。



 …ところで。
 花見というと…。

pso20170327_212656_001.jpg
                        (C)SEGA

 こうして、お茶や団子があるのが当たり前に感じますが。
 そもそも花見の文化が中国から伝わった当初は、花を眺め、歌を詠む席であって…今のような飲食を伴うものではありませんでした。
 この形は、平安から室町にかけて変わることなく。
 庶民には縁遠い、貴族のお祭りとして催されてきました。

 これを変化させたのが、天下人である豊臣秀吉だと言われています。

 彼は天下統一を果たした後、京都の醍醐寺において大規模な茶会を催しました。
 この時、『季節の花を眺めながら盛大にやろう』と、派手好きな秀吉が桜の木を数千本を集めて、醍醐寺に植え替え。
 それだけではなく、茶屋を建て、土産物屋を作り、温泉を掘って…一つのテーマパークを作ったのです。

 この花見は、貴族や諸大名だけではなく、庶民も参加できるものだったそうですが…。
 秀吉は、各地の大名に地元の銘菓を持参するよう命じ、これを参加した人に振る舞ったのだとか。

 当時は砂糖など貴重品でしたし…甘いお菓子など、とても贅沢なものだった筈です。
 庶民にしてみれば、お菓子の振る舞いは本当に有り難いことだったのではないでしょうか。

 そして、この振る舞われた菓子が庶民の間で広まり、今の花見の団子の始まりになった…と。

 今、我々の目の前に当たり前にあるものにも、当たり前になるまでの歴史があるのですね。



 ちなみに。



 花見では三色団子が定番ですが…。
 あの色には、ちゃんとした意味があります。

 桜色は春の花の色。
 緑は夏の新緑の色。
 白は冬の新雪の色。

 春、夏、冬の順番で、串に刺して作られています。

 …ここでお気付きかと思いますが、三色団子には秋がありません。
 これが昔の人の遊び心でして…。
 秋が無いから、いくら食べても『飽き』が来ない、という言葉遊びなのですね、これが。



  …って、はて(´・ω・`)?



pso20170327_212656_001.jpg
                        (C)SEGA

 アークスシップの花見団子は、秋に加えて冬も見当たりませんが…。

 これは、何の言葉遊びでしょうね?
スポンサーサイト

独り言 その壱千八拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

 この週末は三連休でした。
 来週の3月31日、4月1日は通常通りのお休み。
 そして、再来週はまた木金土の三連休になります。

 仕事の都合があるので、今後もこのペースで休みが取れるものなのかは分かりませんが…。
 独り言の更新も、これに合わせて少しだけペースダウンする事になるかもしれません。



  まぁ、実のある事を書いている訳でもなし(´・ω・`)?



 …なし…。
 なし、なのですが。

 その実…内容…読んで為になる何か。
 こうしてブログを書いていると、そこは悩ましく思うところでもあります。

 以前に、特別な出来事がなくとも、自分の思うように思ったことを書くのが大事であり、人はそうしたものを求めている…などと言ったように思います。

 その考えに、今も変わりはありません。
 変わりはありません、が…。



  そうは言っても、ね…。(´・ω・`)



 自分自身、『何かを書く』という事に拘って詰めていけば。
 得てして書きたいものから遠ざかり。
 結局、何も書けなくなってしまうという…。



  …まさに考えすぎ、か(´・ω・`)



■今日のニークス

 金曜の晩のこと。
 フレさんと話している中で…。

  『午前4時からスプラトゥーン2の先行試遊会があるので、おすすめしておきます』

 …と言われた鈴蘭です。



 一人称視点であれ、三人称視点であれ、基本的にアクションゲーム全般が苦手な私のこと。
 スプラトゥーン自体に特別な思い入れはないのですが…。
 以前から、フレさんの間で話題になっているのを耳にしており。
 人を惹き付けるスプラトゥーンとは、どんなゲームであるのか…そこに純粋な興味はありました。

 ただ、買ってまで…となると、なかなか手が出ません。
 好奇心から買ってはみたものの、その好奇心が持続するとは限りませんしね;
 ちょっと触れて満足して、それっきり遊ばなくなってしまう可能性も高い訳で。
 それを思うと、ソフト一本分の代金は…ちょっとお高く感じます。

 そこに飛び込んできたのが、オンライン体験会…『先行試射会』のお話でした。

 これこそ絶好の機会。
 実際に行って、見て、触れてみよう。
 そう思い…。



(´・ω・`)
(つ■と)

…いざ。




〒 〒
(´・ω・`)
(つ■と)
Switch!!!





(´・ω・`)
(つ■と)

…。





(´・ω・`)
(つ■と)

…これがイカ…。






 こうして、アークスシップのトナカイさんは、Switchでイカになりました。



 初めてスプラトゥーンに触れてみたのですが…よく出来ていますね、このゲーム。
 こうした対戦型のガンシューティングというと、相手との撃ち合いに如何に勝利するのか、という部分を抜きには語れないもの。
 …この点は、アークスシップのアリーナが良い例ではないかと思います。
 しかし、このスプラトゥーンでは…撃ち合い以外に陣取りの要素があって、これが遊びに幅を持たせています。

 相手の色のペンキの上では、自身の行動が制約されて不利になる。

 …ただそれだけのことなのですが。
 これがあるために、ただ相手と撃ち合うだけではなく、ペンキを塗り替えることで状況を作る…そんなゲームメイクが出来るようにも。



  …なるほどなぁ(´・ω・`)



 アリーナの戦いは、遊びのようで…遊びが少ないように思っていたのですが。
 スプラトゥーンを体験してみたことで、アリーナに何が足りないのか…それが見えてきたようにも感じた。
 そんな鈴蘭です。

 

独り言 その壱千八拾七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は定期メンテナンスの日。
 そして、アップデートの日でもあったんですね。

  すっかり失念してたわ…(´・ω・`)

 22日区切りのアレコレに手を付けないままに終わってしまった…そんなモヤモヤしたものが鈴蘭の中に蟠っています。

 受取期限を過ぎる配布品を受け取ってなかったなぁ…とか。
 スクラッチを引くつもりで、引かないままに終わっちゃったなぁ…とか。
 ホワイトデーロビーでのイツキ達の写真撮り損ねたなぁ…とか。
 報酬期間に報酬期間らしい事を出来なかったなぁ…とか。

 …思い返してみると、際限がありません。
 いやはや、何をしてるんでしょうか…私は;



 …でも、まぁ。



pso20170322_212443_000.jpg
                       (C)SEGA

  それもこれも、ただ一時の幻(´・ω・`)



 冬が終われば、桜は咲くもの。
 春が過ぎれば、桜は散るもの。



 …そして、また季節が巡ってくるのを楽しみに待つのです。



― ◆ ―




 …ところで。



pso20170322_213641_002.jpg
                       (C)SEGA

 この紅白の幕…しれっと張ってありますけど、これ…そもそも何の意味があるんでしょう?
 よく、お祝い事の場なんかで目にしますが…。
 これが何の為に掛けられているのか、その理由を気にしたことはありませんでした。

  こういうときは、ちょっとネットで調べてみましょ(´・ω・`)

 …と、いつものように検索をかけてみて。
 出てきたものに驚いた鈴蘭です。



  紅白幕の専門店…(´・ω・`)?



 検索上位で引っかかったのが、専門店のサイト。
 失礼な物言いを重々承知の上で言えば、こんなものに専門店があることに驚きました。
 いえ、何かの折に必要となるものですし、取り扱う店があるのは当然ですが…。

  専門店まであるとは(´・ω・`)

 その専門店のサイトに、由来などの説明があったので転載します。



 紅白幕の由来
 紅白幕(こうはくまく)は、結婚式や祭りなど祝い事で使用される紅白の2色で構成される幕です。近年ではあらゆるイベントに登場し会場を盛り上げています。
 紅白(こうはく)とは、赤色と白色の組み合わせのことで、紅白幕、紅白戦、紅白歌合戦、紅白まんじゅう、など世間一般的に使用される言葉です。
 この紅白という言葉は2つの意味で使用されています。まず、相対する(対抗する)2つの組を意味しています。紅白戦や紅白歌合戦などはその例で、古くは源平合戦に赤と白の旗印に別れて戦った事が由来しているとの説が有力です。以来、対抗する2つの組を表す意味で定着したのではと言われています。
 次に、めでたい、お祝い、縁起がよい、といった意味でも使用されています。これは由来に諸説ありますが、赤色が赤ちゃん、白色が死や別れを意味し、その2つの色を組み合わせることによって人生そのもの(人の一生=ハレの舞台)を表しているという説や、花嫁衣裳の色であるという説、古くからお祝に赤飯を食べていたからという説などが主な由来として知られています。
 日本では、2つ目の意味合いより、お祝いや、めでたい場に、紅白幕を使用するようになり、一般的なものとして広まっていきました。

紅白幕は赤白幕とは言わないのか?
 紅白はなぜ、紅白(コウハク)なのでしょう?赤白(セキハク)とは言わないのでしょうか...
 それは、漢字の読みにおいて、「セキ」という意味が中国では「赤裸々」「赤貧」などのように「裸」「むき出し」などの悪い意味を持つためです。現代でも中国では「赤」と言う文字は使用せず、あかい意味で「紅」の文字が使われています。

 以上、『紅白幕JP』様のサイトより



 …この説明を見るに、アークスシップの桜のロビーとは直接関係がないように見えますね。
 人生…晴れ舞台を表す紅白…ですか。
 紅白幕の意味に沿わせるのなら、アークスが桜が咲く季節を迎えたことを喜び、祝い、紅白幕を掛けた…というところなのかもしれません。

 …『らしい』といえば『らしい』ものなのかもしれませんね、この幕は。



pso20170322_214508_003.jpg
                       (C)SEGA

 生憎と、今日の出勤までに時間がなく…アップデートの内容についてはまだ殆どを知りません。
 今週末は三連休。
 いつもよりも時間もあることでしょうし、少しだけ新しいPSO2を、ゆっくり確かめてみようかと思います。



  これから始まる…か(´・ω・`)



pso20170322_213641_002.jpg
                       (C)SEGA

 紅白幕。
 紅が始まりで、白が終わりを意味する…ですか。

 ここで何が始まり。
 ここで何が終わるのでしょうね。



■コメントのお返事
 また後ほど。

独り言 その壱千八拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日、PSO2のクライアントを立ち上げると…お知らせの一覧の中に、気になる文言を見つけました。



  GJの仕様変更…(´・ω・`)?



 NEW 「グッジョブ」の仕様変更について ※以下は公式サイトからの抜粋

 2017年4月下旬に予定している新交流システム「コーデカタログ」の実装にともない、コミュニケーション履歴に関する以下の仕様変更を実施させていただく予定です。
 「コメントありグッジョブ」および「コメントなしグッジョブ」の履歴の保存件数をそれぞれ最大100件に拡張します。
 「コメントありグッジョブ」および「コメントなしグッジョブ」の履歴を送信場所で絞り込んで表示できるようにします。
 ※なお、本アップデートにおいて、仕様変更前の「コメントありグッジョブ」および「コメントなしグッジョブ」の履歴をすべて削除させていただきます。
 皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、仕様変更を行うために必要な対応となりますので、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。



  …ふむ(´・ω・`)



 先日の生放送では、鈴蘭の意識は『トナカイハットの実装』という一事に全てが集約されていた為、この説明の中にある『コーデカタログ』なるものが一体どのようなものなのかを知りませんでした。

 聞けば、個人個人のコーディネートを確認してGJを送ることが出来るようになる…とかなんとか。

 …なるほど。



〒 〒    ζ ζ 
(´・ω・)   (    )
( つ■と)   (  ノシ )

『そのツノ良いですね』




 …そんなトナ界GJが送れるようになる訳ですね。
 なるほどなるほど。

  …。(´・ω・`)

 …いえ、具体的にはサッパリです…;
 服装に関してコメントを寄せる…という事は、アークスサーチか何かでもリアルタイムに相手の服装を確認できたりするんでしょうか。
 上のように相手を目の前にして送る…というのなら、現状でも出来ていますし、していますからね…。
 公式のこの説明だけでは、何がどうなるのか、皆目見当がつきません。

 しかし、それにしたところで…この『送信場所で絞り込んで』…という部分が引っ掛かります。
 現状では、クエストリザルトでの一括送信とキャラメニューからの送信を切り分けて表示するくらいしかありませんが…。
 この表示がもっと細分化されるんでしょうか。
 それとも、この表示を元にソートをするという事なのでしょうか。

  …ふむぅ(´・ω・`)

 それで何が便利になるのか、私にはすぐに思いつきませんが。
 何か出来る事が増える…増えるかもしれない…というのは、純粋に楽しみです。



 しかし、敢えて。
 この仕様変更に不満を感じる点を挙げるとすれば。



 履歴保存上限を従来の倍の100件にする…という部分でしょうか。



 いえ、履歴の保存上限が増えること自体は喜ばしく思います。
 …ただ。
 喜ばしく思う一方で、単純に増えるだけ…というのは物足りなくも感じるのですね。

 せっかくなのだから、上限を増やすだけではなく、もうひと捻り欲しい…と。

 GJを普段から使う方であれば、覚えのあることかと思うのですが。
 例えば、受信した履歴だけではなく、送信した履歴を残す機能であったり。
 或いは、各個人ごとの最終受信分だけを残す(所謂、最終ログインの目安)機能であったり。
 …そうした機能の実装への期待というものが、大きいと思うのです。

 しかし、個人別の履歴機能の実装は、運営にとって負担にもなるのでしょうか。
 要望としては、以前から何度もユーザーから上がっているであろうと思われるのですが…実装される気配はありません。

 ならば…と、少し考えた鈴蘭です。



 思うのですが…フレンドリストのカテゴリごとに履歴の上限数が割り当てられている…という形はどうでしょうかね?



 赤、青、黄、緑、紫、カテゴリなし…現状では6つのカテゴリ分けがフレンドリスト上で可能になっていますが…。
 このカテゴリそれぞれに、履歴保持の上限数20件が割り当てられていて。
 それぞれのカテゴリに割り当てられたフレンドで、その20件の履歴の枠を使う…というような。

 遣り取りの多い1人だけを赤に割り当てて、20件を1人に使うもよし。
 あまり遣り取りのない10人を緑に割り当てて、20件を10人で使うもよし。
 
 …こんなGJの形はどうでしょう?



 まぁ、思いつきで適当なことを言ったので、穴がありそうなシステムではあります;

 しかし、私のコレはともかくとしても。

 容量を増やす余地があるのであれば、そうした『遊び』も出来るのではないか。
 …そんな期待を持たせてくれる話として。
 仕様変更の今に不足を感じつつも、今後を楽しみにしている鈴蘭です。

独り言 その壱千八拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 …いやはや。
 昨日は失敗しました。

 此処に挙げるSSは、出勤前に自室のPC様で加工して、ブログの管理フォルダにアップロードしているのですが…。
 昨日は、本文で使うつもりだったSSとは別のSSを貼り付けている事に、昼過ぎまで気が付きませんでした…;

  むぅ(´・ω・`)

 疲れ…でしょうか。
 思えば、睡眠時間も短めな日が続いています。
 世間様的には取るに足りない事でも、自分なりに忙しくしている結果なので、これはこれでいいと納得はしているのですが…。
 やっぱり、気を付けるべきは気を付けないと…でしょうね;

 そんな中で幸い…といいますか。
 有効期限の迫っている有給休暇が少し貯まっていて…向こう半年、月に2日のペースで消化することになりそうなのです。

  隔週で週休3日やで(´・ω・`)!!

 …と言っても、木曜の晩の休みが増える形でしょうし、皆さんと都合が合うかは微妙なところかもしれませんね;
 もう3月も下旬に差し掛かり、学生さんは春休みシーズン。
 社会人の皆さんは、春からの生活に備えて忙しくしている頃でしょうか。
 その何れであっても、週の半ばの夜に暇を持て余している人…というのは少ないでしょう。

  そこで人を訪ねて…というのも、な(´・ω・`)

 相手があって、初めて成り立つものですからね。
 トナカイリンクならば一人旅が当たり前ですし、気に病むこともないのですが。
 私の勝手に巻き込んでしまう…というのは、トナカイアークスとしては、やはり…



  いや、トナカイとして…(´・ω・`)



これぞ運命でしょう(´・ω・`)!!
                         © Cygames, Inc.

  グラブルで、こんなトナカイに出会った(´・ω・`)!!



 …トナカイはトナカイを呼ぶのですね。
 こんなキャラが居るとは知らなかったもので…偶然の出会いに、奇妙な縁を感じています。
 どうも…トナカイのキグルミを着ている、という設定のようですね、このキャラは。

  若いのに、いい趣味をしているじゃないか(´・ω・`)

 思わず感心してしまいましたよ、ええ。



 …しかし…はて。



 そういえば…トナカイであることが、このキャラに縁を感じる理由…なのでしょうか。
 確かに、このキャラが『トナカイ』というキーワードに関わっていなければ、私も反応はしなかったでしょう。
 でも…そこに…トナカイに意味を求めても、仕方のないことなのかもしれません。

 今回の私の場合、トナカイがポイントになりましたが。
 自分の中の何かが、相手の何かに触れ合うこと。
 そこに意味があるのであって。
 コレがなければならない、というものでは無いのでしょう。



 コレがなければ。



 …そう考えてばかりでは、何も前には進まない。
 私の杞憂が正にそれ…なのでしょうね;