FC2ブログ

独り言 その壱千九百壱拾六

 大きいだけの鈴蘭です。

 菅義偉内閣がデジタル庁の設立に動き出した…というニュースを見かけました。

 これまで安倍内閣において官房長官の職にあり、組織のNo.2として辣腕を揮ってきた菅義偉氏ですが。
 この難局に、果たしてトップの座に就いて、人を導くことができるものか…不安視する声もありました。
 しかし、こうして自身の方針を示して手を打って行くあたり…やっぱり、ただの人ではありませんね;



 菅義偉氏は、かつて次期首相にと打診を受けた際には『自分には不向き』と断ったとか。
 聞けば、豊臣秀長の生き方に憧れている…と。

 ほほぅ…。
 豊臣秀長ですか。

 農民から天下人にまで上り詰めた稀代の英雄、豊臣秀吉の弟。
 信長の下で各地を転戦する兄に代わって、よく家を守り、また時には兄と共に戦場に立ち…内と外で幾度も兄の窮地を救ってきた人物です。
 たとえ血を分けた肉親であっても、権力を巡って骨肉の争いを繰り広げるのが珍しくなかった戦国の世において、終生、兄の補佐に徹し続け…関白となった秀吉からは『政治は弟に任せているので、何事も相談は弟に』と全幅の信頼を置かれていました。
 それは身内の贔屓目ではありません。
 秀長が統治を任されていた紀伊は、寺社勢力や雑賀衆を始めとする独立勢力が、室町の昔から中央の支配を拒み続けてきた難治の土地。
 旧主信長も度重なる反乱に悩まされ続けていましたが…。
 秀長は法を敷き、税を公平にし、罪を明らかにし、諸勢力と向き合って諸問題を解決。
 秀長が統治している間、彼の治める土地で大きな諍いは起きなくなりました。
 秀長の政治手腕は確かなものだったのです。
 しかし惜しむらくは、果たすべき大仕事を前に病で夭折したこと。
 豊臣政権が短命に終わったのは、内政を司る秀長を早くに失ったから…とも言われます。

 後世の歴史書において、多くの事績は秀吉が成したと記録されていますが。
 それらは、記録には残らずとも、兄を支え、実現させてきた秀長があってこそ。



 …そんな秀長に、ねぇ。



 菅義偉内閣は、安倍前首相の残り任期の間だけの短命政権ともされていますが。
 そんなところまで倣うこともなかろう…と思います。
 この分野では諸外国に比べて遅れていると言われますし…。
 デジタル庁…芽が出ると良いのですが。



■今日のニークス

 _(:3」∠)_
 しくじり…。

 ぶっちゃけるにしても、卑怯な方法を選んでしまいました。
 私の生活において、影を落としている部分であり、ゲームに対する姿勢に影響が無いではないのですが…。
 これは私の都合であり、私が消化すべきこと。
 ネット上での関係は、現実の柵に囚われることなく…と思う鈴蘭です。
 故に、聞くは無作法、語るは無用。
 だと言うのに…。

 うぬ。

 分かる人に分かれば、という私信。

スポンサーサイト



独り言 その壱千九百壱拾五

 大きいだけの鈴蘭です。

 木曜日の仕事明け。
 金曜日の朝10時にPS5の予約受付が解禁されるということで、急いで帰宅した鈴蘭です。

 事前に調べたところでは、近所に店を構えるSofmapやGEO、ソニーストア、ヤマダ電機、ビックカメラ、ジョーシン…何処も店頭での予約受付はしない方針だとか。
 これもコロナウイルスの感染拡大防止の措置…なのでしょうかね。

 そんな訳で、真っ直ぐ帰宅してパソコン様の前に待機。
 午前10時を待ちます。

 転売防止のため、ソニーストアでは予約受付は会員限定、過去に購入履歴のある会員は抽選の際に優遇される…という対策を打ち出して話題となりましたが。
 それに倣うように各販売店も対策を打ち出し、会員であること、会員でも過去に購入履歴があること等を前提条件とした受付を行っています。
 これといった前提条件を示していないのはAmazonくらい。 

 …なので、というか…。

 予約受付が解禁されてからのAmazonでは、随分な混乱が見られました。
 私が実際に見たところでは、マーケットプレイスにおいてメーカー希望小売価格の10倍、40万円の価格で出品されていたり。
 そんな、焦っている人間からせしめよう…という詐欺が横行し、真っ当な取り引きが成り立っていない状況でした。

 その日の内に、AmazonはPS5の高額出品を制限し、事態は収拾されたものの…。
 こうした混乱がSNSで拡散したことで『PS5は入手が難しい』というネガティブなイメージが広がる事に。

 これを受けて、ソニーは声明を発表しました。


 さらなるチャンス…ですか。
 その言葉通り、より多くの人の手に渡るといいですが…;


 取り敢えず、私としてはヤマダ電機、Sofmap、ソニーストアの3つの抽選販売に申し込んで…。
 後は野となれ山となれ。
 発売日に買えれば僥倖ですが、今のところ急いで買わなければならない、という理由もありませんしね;
 ここは慌てず、ゆっくり構えていきましょう。



■今日のニークス

 不用意に死んではならない。

 私の前に出る動きは、敵を倒そうという意識が強く、死亡するリスクばかりが高くなっている。
 敵を意識する気持ちを抑え、もっと上手く隠れなければ。 

 …と考えるものの。

 攻撃と防御の塩梅がサッパリです。
 今までの私の動きは間違いだとして。
 では、何が正しいのやら。

 相手の動きを見るには、隠れてばかりという訳にもいかず。
 また、隠れてばかりでは相手に圧をかけられず、行動の自由を許してしまいます。

 此処で見ていれば良いのか。
 此処で敵を撃てば良いのか。
 此処で隠れておれば良いのか。

 メリハリ、切り替えが大事とは言われたものの…。



 むぅ。


独り言 その壱千九百壱拾四

 大きいだけの鈴蘭です。

 『アズールレーン』は今日から3周年記念のイベント期間に突入です。
 直前の25時間放送企画などを通じて、情報は開示されており…。
 追加要素が色々とあって、人によってお目当てが違うかと思います。
 皆さんは、何を期待していたのでしょうね。

 私にとっての目玉は、なんと言っても大和型で初実装となる信濃。
 いつか来るであろう大和型のガチャ実装に備え、キューブをコツコツ貯めていた身としては、念願の瞬間とも言えます。
 しかし、信濃は初のガチャ産DR。
 排出率もアズレンとしては低く…深い沼を覚悟していました。

 …が。


 一先ず、やれやれです;



 紀伊はイベントのポイント交換で入手できますし…。
 残りの涼月はSSRとはいえ、『アズールレーン』のSSRは、なんだかんだでちゃんと確率通りに出てくれますからね。
 これがSRだったら不安で一杯ですが…。
 開発艦の入手がまだ済んでいませんし、元より達成率に拘りはありません。
 ここは焦らず行きましょう。



■今日のニークス


 ついに金曜日の午前10時から、PlayStation5の予約受付が解禁となるそうです。
 しかし、昨今の転売騒ぎを受けてか…或いはコロナを慮ってか、量販店では店頭での予約受付をしないようで。
 SofmapやGEOでは、会員限定でネット上での抽選を行うと発表。
 ソニーストアも店頭販売はせず、ソニーストアでID登録をし、購入履歴のある人から優先的にネット上で抽選販売する方式をとるようです。
 先着順となりそうなのはAmazon…でしょうか。

 競争激しそうだなぁ…。

 取り敢えず、冷やかし気分で覗いてみるとしますかな;



 出来れば手に入れたいものですが。
 人と遊ぶ楽しみを得られるのであれば、別段ハードに拘ることもありませんしね。
 のんびり構えて眺めるが吉です。

独り言 その壱千九百壱拾参

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は水曜日。
 PSO2のメンテの日です。

 今日のメンテ明けから、新クラスのラスターが実装となりました。
 かくいう私は、まだ触れていないのですが…。
 どんなものでしょうね?
 また機会があれば触れ、お話なども伺ってみたいものです。

 浦島太郎な鈴蘭から見た最近のアークスシップは、ラスターの準備に余念のないアークス達が、目白押しのキャンペーンで忙しそうにしている姿が印象的でした。
 そんな彼らが待ちに待った瞬間がついに…ということもあってか。


 Twitterでの反応を見るに、どの鯖もレベリングに臨むアークスでごった返しているようですね。
 ゴールデンタイムには、全ての鯖が『混雑』か『満員』状態であった、と。
 楽しそうで、なによりです。



 しかし、その賑わいの一方で…。
 今日はVita版PSO2のサービス終了の日でもありました。

20160101003839152.jpg


 以前、年越しを職場で迎えることになった私を、アークスシップに繋いでくれたのがVitaでした。
 PC版を基本とする私にとって、Vitaに馴染みがあった訳ではなく。
 特別な思い入れがあった訳でもありませんが…。
 あのとき助けられたことは忘れていません。

 ありがとう。
 お疲れ様でした。

独り言 その壱千九百壱拾弐

 大きいだけの鈴蘭です。

 420年前の9月15日。
 岐阜県で大きな戦いが起こりました。
 世に言う関ケ原の戦いです。

 近年はネットワークの発展が著しく、今生の治部少輔殿はSNSを活用して戦に臨まれたようです。


 意気込みや良し。
 …しかし、世相が味方しませんでしたな;


 ソーシャルディタンスを守って、礼節を欠くとは…。
 コロナ禍が、このような形で現れるとは、なんたる不運。
 …結果。


 企業、個人を問わず、色々な関連ツイートが紐付いているので、戦国時代のアレコレに興味のある方は、覗いてみると良いかもです。

 個人的には、こうしたノリは好きですね。



■今日のニークス

 昨日のP2020で戦った話ですが。
 『DPSが低い武器で…』という私の解釈に…

  『P2020はDPS低くないですよ』

 …と、指摘されました。



 ふむ…。
 ちょっと自分なりに考えてみましょう。



 ネットには、『Apex Legends』に登場する武器のDPSTTKを比較したデータがあり…。
 それらを見るに、P2020は決して強い武器ではありません。
 ただ、P2020を使う場面…先のような初動での乱戦を想定したとき、このデータだけでは分からない、P2020の強さが見えてきます。

 P2020より数値の高い武器…中でもアサルトライフルは、高い命中精度が売りですが。
 それを実現するADSは、近距離戦では使えません。
 移動力低下のデメリットが大きく、ADSでは恰好の的になりかねないからです。
 かと言って、移動力低下を嫌って腰うちをすれば、大抵のアサルトライフルは集弾性が極端に悪化し、よほど近付かなければ全弾当てることなど不可能です。

 一方、ハンドガンであるP2020はADS時も移動力が低下しません。
 セミオートであるためマウスボタンを連打せねばならず、エイムを維持するのに一定の慣れが必要ですが…。
 単発威力も悪くなく、近距離戦においてはアサルトライフルよりも頼りになる武器であり、初動の混戦状態の中で使うにはうってつけ、と言えるのではないでしょうか。

 まぁ、サブマシンガンやショットガンがあれば、そちらを拾うべきでしょうが…。
 だからと言って。
 P2020しかなかった…と、嘆くにはまだ早い、ということですね。