FC2ブログ

独り言 その壱千六百六拾壱

 大きいだけの鈴蘭です。



 おー…。
 ねこクラゲさんが。



 良かった…。



■今日のニークス

 最近、三国志関係に触れていないなぁ…。

 …などと思っていた今日この頃。
 何かシュミレーションゲームを遊ぶ…と言っても、アークスにハンターに、レジェンドに指揮官に…と、今の鈴蘭にはそう簡単に新しいゲームに手が出せそうにありません。

 …いや、ちょっと違いますね。

 時間はあるのです。
 ただ、あれやこれやと理由を見つけては、手を伸ばすキッカケを掴みかねているだけ。
 単に怠けているのです。
 私のウダウダした気持ちを吹き飛ばすような何かが…。



 …っと、時間ですか。
 また後ほど。
スポンサーサイト



独り言 その壱千六百六拾

 大きいだけの鈴蘭です。



 ニュートリノに関する歴史的発見を成し遂げた観測施設『カミオカンデ』と、『スーパーカミオカンデ』。
 それらに備えられた機能を強化した施設、『ハイパーカミオカンデ』を新たに建設しようという計画が動き出しました。
 今年度は調査・検討費用などに十数億円。
 実際に施設を建設するにあたっては、更に670億円あまりが必要になるとか。

 確か『カミオカンデ』は神岡の廃坑を利用して建設されたんでしたっけ。
 今回はどうするのでしょう?
 期待のかけられている研究でしょうし、一から掘って作るのでしょうか。
 その為の670億円…。
 果たして安いのやら、高いのやら。
 億単位の建設費用の大小など、私などにはピンときませんね;

 この手の研究への投資は、何某かの見返りが期待されるもの。
 学術的に意義がある…というだけでは、そうそうお金は動きません。
 たとえ首尾よく陽子崩壊が観測されたとしても、目の前の社会的な問題が解決する訳ではありませんから。

 今の自分達にとってどんなメリットになるのか。
 政府や企業はそこに着目し、判断するでしょう。



 そうして言うのです。

 『自分たちには関係ない』

 …と。



 しかし、そこで考えを止めてしまえば、人は進歩できません。
 未知への好奇心が人を此処までにしたのです。
 『無駄だから』『関係ないから』で切り捨ててばかりでは、人の文明は後退を続けるでしょう。
 無論、衣食住の充足は大事です。
 それらを怠ることはできません。
 ですが、こうしたものへの投資もまた、同じくらい大事なものであると思うのですよ。



 私に、金額の大小は分かりません。
 私に、それの価値は分かりません。
 ですが…。
 私よりも何よりも、後の人の為に。
 ちゃんと必要な予算が付くと良いな…と。
 そんな風に思う鈴蘭です。



■今日のニークス

 現在のApex Legendsは、期間限定でソロモードが実装されていますが。

  『ソロモードは、ゲームが上手くなる訳じゃないですね』

 そんな言葉を聞きました。



 …ふむ。



 確かに、私個人の課題…例えば足音や発砲音への警戒、位置取りの注意、索敵…そういったものを養うには、良いと思うのですが。
 ただ、これをこのまま続けたところで、スクワッドで戦うのに必要な、味方への注意力というものが全く養えません。
 絶対的な対戦能力を獲得できるのであれば、話は別でしょうが…。
 私のような人間は、最低限の動きを覚えた先は、味方を活かす動きが出来るかどうかを考えるべきでしょう。
 なまじ個人の戦闘能力を磨いたために、スクワッドで味方を窮地に陥れるようになっては目も当てられません。
 これはこれとして、先を望むのであれば従来のスクワッドでの戦いに傾注すべきでしょうね。



 …むぅ…。



 しかし、こうしてソロで戦ってみると、私個人の戦い方の拙さが際立ちますね…;
 先制して相手のアーマーを剥がすところまでは一方的。
 ただ、そこからダウンまで奪えず、反撃に遭ってひっくり返される…という。
 狙いの拙さもあるのでしょうが。
 諦めの悪さというか…見切りの遅さが致命的であるようにも。
 撃ち続けていい状況でもないのに、倒そうとして欲をかいて倒される。
 そんな戦いをしているのかもしれません。

 押し引きの判断を、もっと早くにすべきなんでしょうかね…。
 なんか、それだと隠れっぱなしになってしまいそうで不安なのですけどね;

独り言 その壱千六百五拾九

 大きいだけの鈴蘭です。


 おー、アニメの放映スケジュールが決まりましたか。

 10月7日から全25話…。

 最近のアニメとしては長め…でしょうか?
 しかし、それでもEpisode1〜3を再構成したシナリオで尺が足りるのか、ちょっと心配です。
 元ネタに忠実に行くなら、エルダーで前半、ルーサーで後半という感じに…。

 …。

 いや、それはボリューム的にどうなんでしょう?
 そもそも、エルダーの結末はもっと先のお話だったハズですし、それを押し切って無理に詰め込んだら容量不足で中途半端になりそう。
 それならいっそ…と。
 制作側も、そんな風に考えたのでしょうか?
 キービジュアルを見るに、エルダー関連はバッサリ切ってルーサーで一本化…という感じにまとまっています。

 …うん。

 欲張ってアレもコレもとするよりは、よほど良いのではないかと思います。
 詰め込み過ぎて話の掘り下げができず、ゲームを遊んでいる人だけが出来るであろう、脳内補完頼みのお話になってしまう…ということも少なくないですしね;

 そっか、ルーサーかぁ…。

 …などと言って。
 予備知識を入れていない、私の憶測だけの話で信憑性など皆無ですが…;
 期待を膨らませられるのは、今だからこそできる楽しみです。
 今はこれを楽しみつつ…
 何れの形になるものか、楽しみにしておきましょう。



■今日のニークス

 久々のApex Legends。

 毎日、少しずつでも練習を…と言われていたのですが。
 正直なところ、そうして練習せねばならない自分と組まねばならなくなった相手を思うと、申し訳ない気持ちでいたたまれず…。
 いつしか、すっかり足が遠のいていました。
 こんな考えは、何の足しにもならない…ただただ悪循環を生む元でしかないのですけどね。

 まぁ、でも…。

 私の考えなど、浅薄なものです。
 人と遊んで『楽しい』と感じた…ただそれだけで、前に進もうという気持ちにとって代わるのですから。



 そうした時間を作ってくれる方々に、感謝感謝。
 今日の遊びの中で、改めて課題となることも分かりました。
 また頑張りますかな。

独り言 その壱千六百五拾八

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近は、Twitterのトレンド入りした言葉を流し見て、心に引っ掛かったものについてアレコレ考えるようになりました。
 …と言っても、世情に疎いので…どの言葉も『何これ?』という疑問から始まることが多いのですけどね;

 今日は8月19日。
 俳句の日…ですか。

 日中の暑さは厳しいものがあるとはいえ、夜の空気は夏の盛りを過ぎ、秋の訪れが近いと感じさせます。
 こうした時期の、ヒトやモノの移ろいゆく様を感じたままに言葉に残す。
 ありふれたことと見過ごしている人も少なくありませんが。
 言葉を持つヒトだからこその幸福ですよ、これは。
 それは上手や下手など関係ありません。
 それは自身の言葉であるからこそ価値のあるもの。
 だというのに見過ごしたままでいるなど、勿体無い…と。
 そんな風に思う鈴蘭です。

 私自身、見過ごし、思い過ごし…。
 見るべきを見ない人間ですけどね;
 だからこそ、なのです。



 しかし、そうか、俳句かぁ…。
 …などと思いながら、更にトレンドの一覧を繰り…。



 …ん?





 …ホントに何故、って感じです。
 『モンハン持ち』がトレンド入り…?
 何かありましたっけ???

 現在、モンスターハンターワールドを遊ぶ鈴蘭ですが。
 コントローラーを握ってはいても、『モンハン持ち』などしていません。
 これは他の多くの現役ハンターも同様ではないでしょうか?

 アレは操作系が独特なPSポータブル(或いは3DS)でモンハンを遊ぶ上で、アナログスティックと十字キーを同時操作する為に、通常のコントローラーとは違う持ち方をする必要があったからこそ生まれたもので。
 今のPS4やパソコンの環境で、敢えてモンハン持ちをする必要は無いと思われます。

 モンハンに限らず、キーボード操作が前提であるかのような複雑な操作系のゲームを、わざわざコントローラーで遊ぼうとしたが為に、普通ではしないような持ち方をせざるを得なくなった…というのは、あると思いますけどね。
 FPSをコントローラーで遊ぶ人なんかは、独特な持ち方をしてる人もいるのではないでしょうか。


 …そうそう、こんな感じに…って。
 これって、もしかして『AC持ち』ですか;

独り言 その壱千六百五拾七

 大きいだけの鈴蘭です。


 この週末はPSO2感謝祭でしたね。
 Twitterなどで会場に行かれた皆さんの楽しそうな様子を見て、幸せを分けてもらったような気持ちになった鈴蘭です。

 …いや、何よりですよ。

 なんだかんだで、こうして楽しんでいる人の多いこと。
 本当に素晴らしいと思います。
 アークスの皆さんがいつにも増して活動的に映るのは、夏という季節によるものもあるのでしょうかね?



 …そういえば。
 夏は国を問わず、この手のイベントが多いのでしょうか?

 いえ、そんなことを思ったのも…。



 お隣のアメリカでは、北米版アズールレーンの配信1周年を記念したオフラインイベントが、第二次世界大戦に実際に参戦した戦艦アイオワの艦上で開催されました。
 艦内を博物館、催事場として一般公開しており、結婚式場として使われることもあるとかで、イベントの開催自体は不思議なことではありませんが…。


 …日本発の艦船擬人化が中国に渡り、舞台となった戦役に参加したアメリカの戦艦でイベントが開かれる。


 …こんなことになるとは、戦艦が作られた当初は予想できなかったでしょうね。
 鉄と血、硝煙と炎の歴史を思えば、これは幸せな誤算…でしょうか。
 …いえ。
 誤算というのは失礼ですね。



 因みに。
 私の今年の夏のイベントはというと…。



  昨日、エアコンが壊れました(´・ω・`)



 何分急なことで…買い替えやらにグラボ購入費用を流用することになりそうです。
 最近の陽気を見るに、そこまでして急ぐことも無いかとも思えるのですが。
 日中の暑さは、まだまだ厳しいものがあり…。
 昨日は、濡れタオルを掛けた扇風機を前に私一人涼んでいるというのに、ゲームで頑張るパソコン様が気の毒で気の毒で…。

 …うん。

 私が良くても、このままではパソコン様が心配です。
 自衛のできない機械のこの子に『多少の暑さも我慢してくれ』…とは言えませんからね。

 やむを得ません;

 あ、秋には…Steam版アイスボーンまでにはミドルクラスに買い替えますから…!